年収300万円の手取りは?生活レベルや年収アップの方法も詳しく解説

年収300万円の手取りは?生活レベルや年収アップの方法も詳しく解説

「年収300万円の場合どのぐらい手取りで残る?」「年収300万円でどんな生活が送れる?」と知りたい人も多いのではないでしょうか。

手取り額は毎月異なりますし、ボーナスがあるのかどうかでも変わってきます。また、生活スタイルは世帯人数によって変化します。

年収300万円の生活レベルを知っておくと、計画的にお金を使うことができますね。

そこでこの記事では年収300万円の手取り額や、どんなライフスタイルなのか解説していきます。

この記事でわかること
  • 年収300万円の手取り額
  • 年収300万円の生活レベル
  • 年収アップを目指す方法

また、年収300万円からできる節税対策や年収300万円が目安の職業のほか、結婚やマイホームについても解説します。

年収アップにおすすめの転職エージェントも紹介するため、ぜひ参考にしてみてください。

年収300万円の手取りはいくら?

年収300万円の手取りはいくら?

【ボーナスなし】年収300万円の手取り額

ボーナスなしの場合の毎月の手取り額は、およそ20万円です。額面はおよそ25万円で、税金や社会保険料で5万円ほど引かれます。

 年間の手取り額に直すと、約240万円になります。

ボーナスがないため税金額はさほど変化しません。残業代などの変動手当が増減した場合、月に収める税金額も併せて変化します。

手取り額は扶養家族がいる場合にも変化します。扶養家族が多いほど税金は低くなります。

【ボーナスあり】年収300万円の手取り

年収300万円の手取りはいくら?

ボーナスありの場合は、ボーナス支給額によって異なりますが、ボーナスなしの場合より毎月の手取り額は低くなります

 リクナビNEXTの調査では、年収300万円台の場合の平均ボーナス支給額は41.2万円になります。

年収300万円でボーナス額が40万円だった場合の毎月の手取り額は、およそ17万円になります。ボーナスなしよりも約3万円違うことになります。

また、ボーナスからも税金や社会保険料などが引かれるので、40万円全てが手元に残るわけではありません。総支給40万円のボーナスの場合の手取り額はおよそ32万円です。

ボーナスの手取り額も前月の収入や扶養家族の有無などで増減します。あくまで目安と捉えてください。
参考:https://next.rikunabi.com/tenshokuknowhow/archives/9869/

月収と手取りの違いは?

月収とは会社から支給される総支給のことです。月収には基本給の他に通勤手当などの固定手当や残業代などの変動手当が含まれています。

 社会保険料や税金を差し引く前の金額が月収になります。

一方、手取り額は税金・社会保険料や組合費など全て引かれた後の金額のことです。手取り額は月収の増減によって変化します。

月収は毎月の変動手当によって変化します。平均を出したい場合は、年収を12で割った金額が平均月収になります。

年収300万円の職業例

年収300万円の職業例

事務職

dodaの調査によると事務職の平均年収は332万円で、性別で見てみると、男性の平均年収が391万円で、女性が317万円になっています。※1

 大手転職サイトのdodaでは、2021年10月29日時点で年収300万円~の「事務・アシスタント」の条件の求人が3,289件(※2)ありました。

事務職はどんな業界にも存在するので、求人件数も多いのが特徴です。

女性歓迎の求人が多くあるので、女性でもチャレンジしやすいですね。
※1:https://doda.jp/guide/heikin/syokusyu/
※2:https://doda.jp/

販売・サービス業

年収300万円の職業例dodaの調査によると販売・サービスの平均年収は329万円※1になります。サービス業には、アパレルやコールセンターなどの仕事があります。

 2021年10月29日現在、dodaでは年収300万円~の「販売・サービス職」の求人件数は5,243件(※2)扱っています。

性別で見てみると、男性の平均年収が358万円・女性が298万円となっているため、男性の方が稼ぎやすいようです。

販売・サービス業は求人数も豊富なので、条件を絞ってじっくりと探せそうですね。
※1:https://doda.jp/guide/heikin/syokusyu/
※2:https://doda.jp/

イラストレーター

dodaの調査によると、イラストレーターの平均年収は336万円になります※1。イラストレーターとは、雑誌やWeb、ソーシャルゲームなどのイラストを作成する仕事です。

 2021年10月29日現在、dodaで扱っている年収300万円~の「イラストレーター」の求人数は、796件(※2)です。

イラストレーターは正社員だけではなく、フリーランスで活躍している人も多い仕事です。

必須資格がなく未経験でも独学でスキルを身につけられるので、人気職種のひとつでもあります。
※1:https://doda.jp/guide/heikin/syokusyu/
※2:https://doda.jp/

年収300万円の生活レベルは?

年収300万円の生活レベルは?

【実家暮らしの場合】年収300万円の生活

年収300万円で実家暮らしの場合、余裕を持って生活できるでしょう。

では、年収300万円で実家暮らしをする場合の生活費をシミュレーションしてみましょう。なお、手取り20万円と仮定して算出しています。

給料 200,000円
家賃 0円
水道光熱費 0円
食費 10,000円
通信費 10,000円
交際費 25,000円
日用品 0円
娯楽費 30,000円
生活費合計 75,000円

家賃を支払わなくていい分お金が浮くので、好きなことにお金を使えたり、貯金に回せたりします

家庭によっては、毎月いくらかお金を入れる必要があるかもしれませんね。

【一人暮らしの場合】年収300万円の生活

年収300万円の生活レベルは?

結論から言えば、年収300万円で一人暮らしは十分に可能です。ただ、家賃が高いところに住めば生活が苦しくなるので、身の丈に合った生活しましょう。

では、手取り20万円と仮定し、年収300万円で一人暮らしをする場合の生活費をシミュレーションしてみましょう。

給料 200,000円
家賃 65,000円
水道光熱費 10,000円
食費 30,000円
通信費 10,000円
交際費 25,000円
日用品 5,000円
娯楽費 30,000円
生活費合計 175,000円

このように十分生活はできるものの、家賃が高い部屋に住んだり、自動車ローンを組んだりしている場合は年収300万円では足りなくなる可能性もあります。

【二人暮らしの場合】年収300万円の生活

年収300万円の生活レベルは?

結婚していて配偶者が働いていない場合、年収300万円ではやや厳しいかもしれません。

 二人暮らしになったからといって生活費がすべて2倍になるわけではありませんが、やはり実家暮らしや一人暮らしと比べると余裕はなくなるでしょう。

では、手取り20万円と仮定し、年収300万円で二人暮らしをする場合にかかる生活費をシミュレーションしてみましょう。

給料 200,000円
家賃 70,000円
水道光熱費 10,000円
食費 40,000円
通信費 20,000円
交際費 25,000円
日用品 10,000円
娯楽費 15,000円
生活費合計 190,000円

地域によっては、二人暮らしをするにはさらに家賃相場が高くなることも考えられます。

余裕を持って生活したい場合は、共働きをして世帯収入を増やすことも検討してみましょう。

【家族暮らしの場合】年収300万円の生活

年収300万円で子どもがいる場合は、生活することは難しいでしょう。子どもがいればそれなりに広いお部屋に住む必要がありますし、養育費は年々増えていきます。

 子どもの成長につれて教育費や生活費は増えていきます。そのため、収入アップが不可欠と言えるでしょう。

ある程度貯金があれば、切り崩しながら生活することは可能です。ただ、年収アップが見込めない場合は共働きするのが現実的だと言えます。

年収300万円では、毎月赤字になることを想定しておく方が無難です。

年収300万円では結婚できない?

年収300万円では結婚できない?結論から言えば、年収300万円でも結婚することはできます

とは言え、結婚して子どもが生まれた場合、年収300万円ではいずれ生活費が増してきてしんどくなってしまうでしょう。

 特に女性の場合は、妊娠・子育てなどによって働けない期間があることも想定し、将来のための備えが必要になります。

そのため、早い段階から将来を見据えて年収アップや共働きなどで世帯収入を上げるのを目指すことがおすすめです。

例えば、共働きで同じ額の収入があれば、かなり余裕を持って生活することができますね。

年収300万円でマイホームは購入できる?住宅ローンは?

年収300万円でマイホームは購入できる?住宅ローンは?

年収300万円でも、住宅ローンを組んでマイホームを建てることは可能です。しかし、住宅ローンを利用するには所定の審査に通過する必要があります。

住宅ローン組む際には年齢も重視されるので、同じ年収300万円でも20代と40代では、40代の方が審査に通りにくくなる可能性も考えられます。

 年齢が審査対象になるのは「今後の収入アップが見込めるのか」「ローン完済期間を長く確保できるのか」がポイントになるためです。

また、マイホームを建てるときには頭金が必要になる場合が多いです。頭金は契約するときの信頼性を高めてくれるものであり、頭金を全く用意できない時は契約できないケースもあります。

頭金の相場は契約金は5〜10%が目安です。

年収300万円の男女割合は?

グラフ

年収300万円の割合を見ていくと、男性が17.5%、女性が17.3%となっています。

新卒入社から約数年間は年収300万円前後が一般的なラインで、この段階で男女の差はあまり大きく出ていません。

 世界的に見ると、日本の男女における年収の差は極めて大きく、年収レンジが上がるに連れて割合が変化していきます。

日本の場合、年収だけ見ると男性の方が高い傾向が強いです。これは結婚や出産を機に正社員からパートタイム・アルバイトに移る女性が多いことに由来します。

男女の間で年収の差が出ますが、年収300万円の段階では大きな差はありません。

民間給与実態統計調査(令和2年分)|国税庁より

年収500万円を越えると女性の割合は大きく下がる

お金

新卒間もない頃、年収300万円のフェーズでは男女の間に年収の差は殆どありませんが、年収500万円を越えると一気に差が開きます。

年収500万円に絞って見てみると、男性が13.5%、女性が5.5%という結果となりました。

 30代を越えたあたりから年収500万円が見えてきますが、結婚や出産を機にフルタイムを辞める女性が多いです。

現状この様な男女における年収の差は国内でも問題視されているため、多くの企業が産休、育休など女性活躍推進に取り組んでいます。

しかし女性で年収500万円を越える人は、ごくわずかとなっているのが現状です。

年収500万円を境に、これ以上は男女の間で大きく差が開いていきます。

民間給与実態統計調査(令和元年分)より

女性で年収1000万円は可能?

選ぶ

年収1000万円を一つのラインにする人は多いと思いますが、男女の割合で見ていくと以下の通りです。

男女別年収1000万円の割合
  • 男性(50~59歳):4.65%
  • 女性(50~59歳):0.9%

年収1000万円を越える人が最も老い50代に絞っても、男女で上記ほどの差があります。女性に関しては年収1000万円を超える人は1%にも満たず、男女の差は大きく開いてしまう結果となりました。

 必ずしも女性が稼ぎづらいわけではなく、スキルや実績次第で1000万円を突破することは可能です。

そもそも年収1000万円を超える層が少ないとは言え、男女における差は如実に出ています。

ただこれは女性で正社員として働く人自体が少ないことも原因となっているため、女性の方が高年収を実現しづらいと直結するわけではありません。

民間給与実態統計調査(令和2年分)|国税庁より

年収1000万円を越えようとすると、どうしても雇用形態による差は出てきてしまいます。

年収300万円の節約術

お金

年収300万円で貯金を考え節約をするのであれば、まずは以下の項目から見直していきましょう。

家賃

毎月大きな出費となる家賃は、節約を考えた際に真っ先に見直すべきポイントです。

基本的に手取り月給の3分の1が相場となっているため、年収300万円の手取り額が240万円、つまり月給手取りが20万と仮定すると家賃相場は6万6,000円です。

 駅からの近さや築年数によって変わるため、あくまで目安として考えましょう。

ただあまり家にいる時間が多くない人、居住地は妥協しても良い人ならば1万~1万5,000円は家賃を抑えられるでしょう。

これだけでも年間12万円近くの節約になるため、まずは家賃を見直すことも検討してみてください。

賃貸を契約する際は、管理費もかかってくるため計算をする時は注意して下さい。

趣味・娯楽・交際費

旅行

年収300万円の場合、人にもよりますが自由に使えるお金は1万5,000円~2万円ほどになります。

ただ外食や買い物を抑えるなど、趣味や交際にかかる費用は抑えようと思えばいくらでも抑えられます。

 節約を考えるのであればお金の掛からない趣味を見つけることも方法のひとつです。

もちろん仕事をしていく上で、息抜きや自分の時間も必要ですが、なるべくお金がかからない趣味が見つかれば節約も捗ります。

もしもついつい毎月お金を使いすぎてしまう人は、一度趣味にいくら使っているのかを計算し、いくらまで下げられるかシミュレーションしてみましょう。

飲み会で2軒目、3軒目とお店が増えたり、タクシーを利用すると思いのほかお金がかかるので要注意。

食費

買い物かご

節約を考えた際、食費も抑えやすい項目の一つで、まずは自炊を中心とした生活に変えていくとよいでしょう。閉店前のスーパーでは割引商品が増えるため、さらに食費を節約できます。

 コンビニ弁当やウーバーイーツを多用している人ほど、1食ずつ自炊に切り替える意識が大切。

ただ仕事のパフォーマンスを保つためにも、1食まるまる抜くような節約はNG。

あくまで外食やコンビニ弁当など、抑えられるのに無駄に出費している部分を節約することで、年収300万円でも貯金に回せるお金が増えていきます。

月々の食費はなかなか見えづらいもの。1ヶ月間食べたものを計算しておおよその金額を把握するようにしましょう。

年収300万円の節税対策3選

ふるさと納税

ふるさと納税

ふるさと納税とは、生まれた故郷や応援したい自治体に寄付できる制度です。寄付金が2,000円を超える部分は税金控除の対象になります。

例えば、28,000円寄付したら2,000円引いて26,000円分の所得税や住民税が控除されます。

 ふるさと納税の良い点は寄付した自治体から返礼品がもらえることです。

ふるさと納税は確定申告をしなくて良い場合があります。寄付した自治体が5ヵ所以下であれば確定申告は不要になります。

ただし、総務省より税金控除の対象外とされている自治体もあるので確認が必要です。
参考:https://www.furusato-tax.jp/about

セルフメディケーション税制

セルフメディケーション税制

セルフメディケーション税制とは、健康維持や疾病予防の取り組みをしている人を対象に、医薬品・一部の市薬品を購入した際に所得控除を受けられる制度のことです。

 セルフメディケーションは、対象者は誰でも申請できます。

対象者は1年間(1/1〜12/31)で、購入した費用が12,000円を超えていれば控除の対象になります。ただし、定期健康診断や予防接種などを受けている人に限ります。

確定申告しなければならないので、申告のときに必要な診断書や領収書を必ず保管しておきましょう。

iDeCo

iDeCo

iDeCoとは、確定拠出年金法に基づいて実施されている私的年金のことです。

iDeCoの特徴は自分でプランを選択できることと、運用益や給付を受け取るときに税制が優遇されることです。

 老後の資産形成のしたい人におすすめです。税制を優遇されながら老後に備えることができます。

iDeCoの注意点は原則として60歳まで資産を引き出すことができないことです。資産形成はしたいが、生活が苦しい人は無理にやらない方が良いでしょう。

日本の平均寿命は伸びているので、自分で老後の備えをしておくのは大切です。

年収300万円から年収アップさせる方法

年収300万円から年収アップさせる方法

スキルや資格を習得する

スキル・資格を習得すれば会社で早く昇進ができたり、手当が出る場合もあります。スキル・資格は持っておいて損はないでしょう。

 会社が手当の対象にしている資格は異なります。事前に確認しましょう。

また、昇進すれば役職手当がつきます。基本給もアップするので、将来的に昇進したい人はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

資格を取得するための試験は開催日が決まっているので、計画的に学習を進めましょう。

副業する

年収300万円から年収アップさせる方法

副業することは当たり前になってきました。大手企業でも副業を解禁しているところもあり、今後さらに副業は当たり前になっていくでしょう。

 副業したい人向けのクラウドソーシングなどもありますし、副業できる環境は徐々に整ってきています。

副業は早く収入アップできる方法です。隙間時間や空いている休日を活用してお金を稼ぐことができます。

副業サイトにはさまざまな種類の仕事があります。中には未経験可の仕事もあるのでぜひ活用してみてください。

会社が副業禁止の場合はやめておきましょう。実際に会社にバレて解雇されたケースもあります。

転職する

転職で収入アップしたケースも多くあります。転職で年収アップさせるには、ある程度の経験とスキルが必要です。中途採用を出している企業は即戦力を求めていることが多いからです。

 即戦力になれることをアピールできればキャリアアップすることもできます。

将来的にも収入アップが見込めない場合は、今のスキルや経験を活かしてキャリアアップできる道を模索しましょう。

結婚や育児などで支出が増えていく予定があるなら、収入も増やしていかなければなりません。

年収300万円から年収アップさせるなら転職エージェントがおすすめ

年収300万円から年収アップさせるなら転職エージェントがおすすめ

年収アップを目指して転職をするなら、転職エージェントの利用がおすすめです。

初めての転職活動だと不安なことも多いかもしれませんが、キャリアアドバイザーがサポートしてくれるため安心して転職活動を進められるでしょう。

 転職エージェントの主なサポート内容は「キャリア相談・書類添削・面接対策・退職手続き」などです。

転職エージェントに登録すると、まずキャリア相談を行い、今後のキャリアについて共有します。そしてキャリアアドバイザーが求人を探してくれます。その後面接を行い、採用になれば内定という流れです。

また、転職エージェントには非公開求人があります。非公開求人とは公式サイトに公開していない求人情報のことです。

非公開求人には大手企業や人気企業の求人が多く存在しているため、自分のスキルや経歴に自信があれば、非公開求人から好条件の求人を探してみるのも良いでしょう。

転職エージェントによっては、スカウトサービスを提供していることもあります。

高年収を目指すなら年収査定を受けてみよう!

自分の年収を上げたい...と感じている人はまず、自分がどれくらいの年収をもらう価値があるのか、適正年収を知る必要があります。

適正年収が自分の今の年収よりも高ければ、転職によって年収アップの可能性があるでしょう。
dodaの年収査定サービスでは、無料の会員登録だけですぐに年収査定の診断を受けることができます。doda会員の186万人のビッグデータから算出された数字なので、信頼感もあります。
dodaの年収査定でわかること
  • 今の年収から何円アップするか
  • あなたの適正年収の求人
  • 転職によって年収がどう推移するか
診断結果のサンプルは以下のようになっています。

年収査定 今の年収から何円アップするかは以下のように表示されます。dodaは転職サイト・エージェントの機能もありますので、そのまま転職を開始することもできますよ。

年収診断

自分の市場価値を知ることは年収アップの近道になるでしょう。ぜひ年収査定を利用して、年収アップを達成しましょう。

年収アップを目指す人におすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 業界でもトップクラスの非公開求人数!
  • 全国どの地域に住んでいても利用可能!
  • 模擬面接など、選考対策も手厚い!
  • 完全無料
リクルートエージェントは16万件以上※1の非公開求人を持つ転職エージェントです。

 非公開求人は公開すると応募が殺到してしまうような好条件求人である場合がほとんどです。
自分のアピールポイントや、どのような仕事がわからない、といった場合でもキャリアアドバイザーとの面談を通して、自分にぴったりの求人を見つけることができます。

応募書類の添削や、面接の対策も受けることができます。
企業の分析も細かく行っているため、求人を紹介する段階から、企業について詳しく教えてもらえます。入社後のミスマッチを防ぐことができますよ。
運営会社 株式会社リクルートキャリア
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 職務経歴書エディター
  • 面接力向上セミナー
  • 担当者面談
公開求人数 114,943件※2021年6月10日時点
拠点 全国対応可 東京/西東京/宇都宮/さいたま/千葉/横浜/京都/大阪/神戸/名古屋/静岡/北海道/東北/岡山/広島/福岡

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • アドバイザーや担当者の対応がよく、親身に相談に乗ってくれる!
  • 各企業の情報を分析し、手厚い選考対策で内定率UP!
  • 経歴に自信がない方でも正社員転職が目指せる!
  • 全国の転職に対応!WEB面談も可能
  • 完全無料
マイナビエージェントはアドバイザーの質の評価が高い転職エージェントです。

ハードルが高く感じる面談も非常にスムーズで、信頼できる担当者に出会えたという利用者の声が多数あります。 また、大手企業であるマイナビの太いパイプを生かした各企業の分析は選考対策の際に役立ちます。
 マイナビエージェントはスキルや経験が少ない20代の転職をメインターゲットとしていますので、スキルに自信がなくても正社員として転職できる可能性は大いにあります。
未経験業種への転職を目指している方や、転職に不安を抱えている方はぜひマイナビエージェントに登録をしましょう!
運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 履歴書添削サービス
  • 面接対策
  • サポート期間は無期限
公開求人数 28,152件※2021年8月17日時点
拠点 全国対応可 京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

ビズリーチ

ビズリーチ

おすすめポイント
  • 年収1,000万円以上の求人が3分の1を占める!
  • 優秀なヘッドハンターからアドバイスをもらえる!
  • ハイクラス求人多数!登録後は企業・ヘッドハンターからのスカウトを待つだけ
  • 優良企業と直接コンタクトを取ることも可能!
ビズリーチ年収1,000万円以上の求人が3分の1※2以上を占める転職エージェントです。

年収600万円以上の方に支持される転職サービスNo.1※1に輝いています。
ビズリーチでは「プラチナスカウト」というものがあり、一流のヘッドハンターがユーザーの情報を見てスカウトを送ります。スカウトが届くと、確実に面接へ進める仕組みです。

厳選された優秀なヘッドハンターが約4,600人在籍※2しているので、優良企業とのマッチングを待ちながら転職活動を行えるでしょう。 ※1 転職サービスに関する調査/調査会社:シード・プランニング/調査期間:2019年1月〜2月/調査対象:年収600万円以上で、転職意欲がある人 ※2参照 公式サイト
運営会社 株式会社ビズリーチ
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • タレント・ハイクラス会員制度
  • ヘッドハンター
  • スカウト
公開求人数 72,762件※2022年4月1日時点
拠点 東京/首都圏拠点(渋谷)/関西/名古屋/福岡
出典:公式サイト

まとめ

今回は年収300万円の生活や年収アップの方法について解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

生活スタイルによって年収300万円でも生活することはできます。しかし家賃や自動車ローン、住宅ローンなどの出費が増えた場合は、生活収支が赤字になることがあります。

また、結婚や育児などによって家族が増えると年収300万円で苦しくなってくるので、早い段階から年収アップを目指して対策しておくのが良いでしょう。

転職によって年収アップを目指す場合は、転職エージェントの利用がおすすめです。

記事内で紹介した転職エージェントはいずれも無料で利用できるため、ぜひ上手く活用しながら転職活動を進めてみてください。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事