沖縄の転職事情は?求人倍率や人気の職業、転職のメリットも解説

沖縄の転職事情は?求人倍率や人気の職業、転職のメリットも解説

移住を視野に観光地や田舎への転職を考える人が増えています。なかでも沖縄県は海などの自然が豊かで、多くの人が移住を検討する地域です。

転職先として魅力を感じている人も多いでしょう。

そこで今回は、沖縄県の人気の職種求人倍率平均年収を紹介します。

この記事でわかること
  • 沖縄の転職事情
  • 沖縄で転職するメリット・デメリット
  • 沖縄への転職を成功させるポイント

また、沖縄県の地域特性のほかに、沖縄県への転職におすすめの転職エージェントも紹介します。沖縄への移住や転職を検討している人は、ぜひチェックしてみてください。

沖縄県の転職事情|求人倍率・平均年収など

沖縄県のシーサー

まずは、沖縄の転職で必要となる情報を詳しく見ていきましょう。

転職における地域特性

沖縄県は国内有数の観光地のため、観光産業が盛んです。ほかにも、海に囲まれた環境と温暖な気候を活かした、漁業や農業に関わる仕事も多くあります。

米軍基地があり移住者も多く、国際色豊かな人口構成であることが他県との大きな違いです。

 沖縄は現在IT産業の振興と育成に力を注いでいるため、ITを使って沖縄発の新規ビジネスの立ち上げができる人材が求められています。

そのため、沖縄県ではIT関連の技術者などの求人も増加傾向にあります。

沖縄県の求人倍率

スマートフォンとメモ

沖縄県の有効求人倍率は、0.79倍となっています。全国数値が1.14倍のため、現状は低い水準といえるでしょう。

 主に「サービス業(他に分類されないもの)」、「宿泊業、飲食サービス業」が新型コロナの影響を受けていると推察されます。

ただし「公務」、「卸売業、小売業」、「医療、福祉」で、各6千人就業者数が増加しているため、求人件数にはかなりのバラつきがでているようです。

また、今後はインバウンドや観光業の活性化が進んでいくと、有効求人倍率も回復していくでしょう。

平均値だけで判断するのではなく、自分の希望業種、職種の情報収集が必要ですよ。

出典:沖縄県公式

沖縄県の平均年収

沖縄県の平均年収は348万円です。全国平均の409万円と比較すると低いですが、もちろん業種やポジションによって年収には差があります。

大手メーカーや建設、メディカル関連などの業種は、沖縄でも高年収が見込めるといわれています。

専門職になると、全国平均を上回る平均年収500万円超えの求人も見つかりますよ。

出典:doda公式

沖縄県で人気の職業

オフィスのデスク

金融業

金融業の中でも、沖縄県地域密着型の銀行に人気が集中しています。地域密着型銀行は、銀行員のほとんどが沖縄県民のため地元で求人数が多いのが特徴です。

また、銀行は経営が安定しているイメージも強く、地元から信頼が高いことも人気の理由となっています。年収が比較的高い水準にあるのも人気に影響しているでしょう。

 沖縄県地域密着銀行では新卒採用がほとんどで、中途採用の枠がかなり少ない場合があります。

中途採用の場合は、人材確保に力を入れている琉球銀行のような銀行への転職を目指すと良いでしょう。

小売業

洋服店

沖縄で安定した就職先として有名なのが、大手スーパーの「サンエー」です。沖縄独自のブランドで、沖縄の独占企業でもあります。

沖縄県内全体に大小さまざまな規模で出店しているため、通勤面でのメリットも大きいようです。

 今後も店舗が増える予定となっており、将来性も高いことが伺えるでしょう。

また、観光地として有名な沖縄県では、琉球ガラスなどの特産品も充実しており、小売業ではお土産店の需要もあります。

小売業は正社員での募集だけでなく、アルバイトやパートなど働き方も多様であることから、主婦や女性など、一定層から強い人気です。

IT・通信

沖縄県がIT関連に力を注いでいるため、IT、通信業界も人気があります。

とくに、沖縄発インターネットベンチャー企業などはキャリアを問わずスキル重視で積極採用をしているので、ITに強い求職者から注目を浴びています。

また、IT関連はリモートワークにも最適なので、県外からの求職者も多いのが特徴です。

業績が伸びている会社ほど即戦力を求めるため、中途採用を積極的に行うようですよ。

沖縄県で転職するメリット

パソコンを見ながら談笑する男女

家賃や生活費が安い

沖縄県は首都圏と比べて生活費が安いのが特徴です。とくに家賃は都心と同じ金額で、より好条件の家に住むことができるでしょう。

物価も安く、生活費が全体的に抑えられるため、現在と同じような年収がキープできれば、沖縄県で経済的に今より豊かな生活が可能です。

自然豊かな環境

沖縄県の景色

沖縄県は温暖な気候で過ごしやすく、美しい自然に囲まれています。プライベートをより充実させたい人にとっては最適な環境といえるでしょう。

平日に仕事を頑張って休みの日には自然を満喫するなど、生活にメリハリも生まれます。

国内有数の観光地で毎日過ごせることはかなりのメリットですね!

通勤しやすい

観光地として発展しているため、バスやモノレールなど交通手段が充実しているのも沖縄県の特徴です。

 現在通勤に何時間もかかっている人や、通勤ラッシュなどでストレスを感じている人にとっては魅力的な環境となっています。

とくに那覇市や北谷町など中心部は、車がなくても不便を感じることはないでしょう。

ワークライフバランスがとりやすい

スキューバダイビング

沖縄県はハードな残業が少ない傾向にあり、ワークライフバランスがとりやすいのがメリットです。

大都市では埋もれがちなブラックな風土が残る企業も、コミュニティが狭い沖縄ではすぐに噂になってしまいます。そのため、沖縄県にはブラック企業が少ないとも言われています。

情報量が少ない県外からの転職者にとって、ブラック企業に転職してしまうリスクを防げるのは嬉しいですね。

沖縄県で転職するデメリット

海辺の風景

年収が下がる可能性がある

沖縄県は年収が全国平均よりも低いため、転職により現在の年収からダウンする可能性があります。

 高年収の募集もありますが、その場合はハイスペックなスキルが求められ、即戦力としてのキャリアも問われます。

ただし、年収と同様に物価や家賃も低いため、年収と生活費のバランスがとれるかどうか事前にシミュレーションが必要です。

家賃については今後上がる可能性も考えられるため、転職のプロである転職エージェントから沖縄県の市況感などの情報を入手するのがおすすめです。

沖縄県に詳しい転職エージェント選びが重要になってきますね。

求人数が少ない

資料を眺める人

有効求人倍率をみてもわかるように、求職者に対して求人の件数が少ないのが現在の沖縄県の状況です。

 求人件数が少ないと好条件の求人に求職者が集中し、自ずと転職のハードルが高くなってしまいます。

さらにIターン、Uターンといった、他県からの転職活動の場合は地元で公開される求人状況が分かりにくく、ひとりでの転職活動は困難が予想されます。

沖縄特有の気候

沖縄県は亜熱帯性の気候となり、平均気温や湿度が高いのが特徴です。また、台風の被害を受けやすいことでも知られています。

本州とは異なる気候条件と上手に向き合えない場合は、沖縄での生活自体がストレスとなりかねません。

仕事以前に生活環境がストレスになるなら、沖縄での転職は向いていないでしょう。

沖縄県への転職を成功させるポイント

メモとペン

前述の通り、沖縄県への転職状況は厳しいのが現実です。しかし、転職を成功に導くコツがいくつかあります。

ここでは沖縄県への転職を成功させるポイントをご紹介します。

沖縄特有の風土と自己分析を行う

沖縄県では、仕事でもプライベートでもコミュニティへの参加が求められます。首都圏では近所の人の顔と名前を知らないことも少なくありませんが、沖縄ではそうはいきません。

 地元のイベントなどへの不参加で、地域で浮いた存在になってしまう恐れもあります。

地域ならではの習慣に自分が馴染めるかどうか、自己分析をしっかりおこなうことも転職成功への重要なステップです。

沖縄県の転職フェア・イベントに参加

メモをとる女性

沖縄県では転職フェアやイベントを随時開催しています。地元の雰囲気を肌で感じるために、実際に沖縄県まで出向くのもおすすめです。

 時間や交通費の関係で直接参加できない人にはオンライン参加できるイベントもあります。

また、イベントには年代別、職種別、業種別、UIターン向けなどさまざまな種類があるため、自分である程度的を絞って参加すると良いでしょう。

転職エージェントを活用

ミーティング中の男女

転職エージェントでは無料で、求人紹介から選考通過アドバイス、交渉代行まであらゆる転職サポートが受けられます。

登録するだけで自分のキャリアやスキルに合わせた転職先を複数紹介してくれるため、すぐに転職予定がない場合でも、とりあえず登録しておくのがおすすめです。

沖縄県での求人、転職実績があるエージェントを選べば、よりスムーズに内定を決められるでしょう。

沖縄で転職&移住をしたい!手順を解説

沖縄県

沖縄には那覇や宮古島と言った魅力的な街がありますが、転職と合わせて移住をする際は主に5つの手順が必要です。

1.転職・移住のスケジュールを決める

まずはじめに入社日や引っ越し日、退職日など大まかなスケジュールを決めましょう。沖縄へ転職するとなると移住を伴う場合、通常のスケジュールより余裕を持つことがおすすめです。

必要な作業 必要な日数
転職先探し・情報収集 2~3ヶ月
物件探し 1~2ヶ月
退職準備 1ヶ月

近隣での転職と違い、沖縄へ移住するのであれば数ヶ月ほど余裕を持つようにして下さい。

正社員として高収入を実現したい、未経験から異業種へ挑戦したいなど条件はそれぞれあると思いますが、慣れない土地での企業探しは通常よりも時間がかかります。

 転職サイト・ハローワークなどあらゆる情報源を活用し求人を探しましょう。

また勤務先が決まった後は物件探しも必要となりますが、家賃相場や通勤時間なども含め確認する事項は多いです。

そしておおよそのスケジュールが決まれば、いつ退職して動き出せば間に合うのかシミュレーションし、求人を探す流れになります。

慣れない土地に移住する際はよきせぬトラブルが発生することも。余裕を持ったスケジュールが成功の鍵になります。

2.転職先を探す

高層ビル

次に求人探しを行い、企業研究や選考対策など準備に取り掛かります。

沖縄勤務の求人を探す方法
  • 転職エージェント
  • 転職サイト
  • ハローワーク
  • 地方求人雑誌

観光地として有名な宮古島では英語力を活かせるホテルスタッフ、那覇市では不動産、事務職など採用が行われている業種は様々です。

 特に不動産であれば20代から高収入を目指せます。

企業によっては引っ越し代の補助や面接交通費を支払ってくれる場合もあるので、コストが気になる人は福利厚生や待遇も確認すると良いでしょう。

また移住者向けに沖縄が支援金を用意していたり、提携企業を選択すると家賃補助が受けられるなど様々なメリットもあるので、転職先企業が対象か確認することをおすすめします。

移住に対して前向きな市町村の場合、補助金など支援体制が整っています。

3.選考に進む

選考に進む際、まずは企業・業界研究を行い志望動機や転職理由などを確立していきましょう。

また沖縄の転職に強い転職エージェントを利用すると、現地の転職市場やおすすめの企業など選考に役立つ情報が得られるメリットもあります。

 転職時に不安なことがあれば、沖縄の転職に強い転職エージェントの利用がおすすめ。

20代・30代と年齢に合わせた求人や、市場価値に合う転職先など様々な企業を紹介してもらいながら、書類添削や面接対策など進みます。

選考において事前対策は極めて重要なフェーズなので、転職エージェントを利用したり自力でリサーチしたりなど万全の体制を整えましょう。

現地の情報は転職エージェントに聞くことがおすすめ。自力でわからない範囲は協力を得て選考対策を進めていきましょう。

4.家を探す

地図

応募企業から内定が出たら家探しを行いますが、移住の際に最大のネックとなるでしょう。

もちろん移住前に自力で探すことも重要ですが、最近だと企業が家探しを協力してくれたり、社宅を用意してくれているケースもあります。

 飛行機代・引っ越し資金の補助をしてくれる企業もあります。

また首都圏から引っ越す場合は通勤時間にも注意しましょう。那覇市など都心部では交通手段も多いですが、沖縄でも地方に行くと交通手段が不便な地域も少なくありません

土地勘がないうちは、転職先から近いところに住むのがおすすめです。

5.入社

上記4ステップが終われば入社となるので、退職などの準備を進めていきましょう。また時間に余裕があれば転職後の業務や、沖縄の市場について予め勉強しておくこともおすすめ。

 環境が変わるとストレスを感じることもあるので、なるべく不安材料は消してから転職すると良いでしょう。

そして沖縄へ移住し、入社日を迎えると転職活動が終了です。

ここまでのスケジュールは時間が長くかかるので、余裕を持って進めましょう。

どんな職種が向いている?適職診断を受けてみよう

仕事が辛いと感じたら、今の仕事は自分にとって適職でない可能性があるでしょう。そんな方はまず、適職診断を受けてみましょう。

適職診断でわかること
  • 自分にはどんな仕事が適しているのか
  • どんな社風の会社が自分に適しているのか
  • 自分のパーソナリティ・性格
dodaの適職診断は無料の会員登録をするだけで、すぐに受けることができます。

 診断結果を元に、実際に自分に合っている企業名を見ることもできますので、転職の第一歩も踏み出しやすくなるでしょう。
パーソナリティの診断結果のサンプルはこちらです。会員登録のみの完全無料でかなり詳しく診断をしてくれるので、ぜひ受けてみましょう。

dodaキャリアタイプ診断 次にキャリア診断結果のサンプルです。自分がどのような仕事スタイルなのかが、ひと目でわかります。

dodaキャリアタイプ診断 さらにdodaでは年収査定診断も受けることができます。今の仕事の給与に不満があるのなら、一度年収査定診断を受けてみて、自分の適正年収を調べてみましょう。

自分の適正年収が今の給与よりも高ければ、自分の能力を正しく評価してくれる会社への転職を検討しましょう!
 

沖縄県への転職におすすめの転職エージェント5選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 九州、沖縄の事情に精通した専任アドバイザー
  • 沖縄の非公開求人数801件(2021年11月23日時点)
  • 沖縄UIターン歓迎求人多数

リクルートエージェントは豊富な求人数が魅力の転職エージェントです。沖縄専任アドバイザーが在籍しているため、県外から沖縄への転職活動をする人におすすめです。

登録しておけば求人件数自体が少ない沖縄での転職活動で、ライバルよりも一歩リードできるでしょう。

 非公開求人数も豊富で、沖縄だけでも801件の非公開求人を保有しています。

求人数が多いだけでなく、求人の質が高いのも特徴です。沖縄で転職を希望する人が重視する、「ワークライフバランス」がとれるホワイトな社風の求人が多数あります。

「残業少なめ」「転勤無し」など求人の段階で提示してあると安心してエントリーできますね!

公開求人数※2021年11月23日時点 146,368件
沖縄県の公開求人数※2021年11月23日時点 400件
主なサービス・機能
  • 求人紹介
  • 書類添削、面接対策
  • 交渉代行
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社リクルート

出典:リクルートエージェント公式

doda

doda

おすすめポイント
  • 豊富な沖縄県求人数
  • 沖縄県内の業種、職種、地域に特化した専門アドバイザー
  • 400社以上のエージェントからの多彩なスカウト

幅広い求人から転職先を選びたいならdodaがおすすめです。転職サイトと転職エージェント両方の機能をひとつのサイトで使えるため、転職活動においてより多角的なアプローチが可能になっています。

沖縄が推進するIT関連の求人が豊富で、未経験歓迎などキャリアやスキルにこだわらない求人も多数取り扱っています。

 未経験の業種でも内定の見込みが高いと判断された場合、エージェントからのスカウトが届きます。

UIターン転職の支援実績も豊富です。求人にもその傾向がみられ、県外からの転職希望者へのサービスが充実している企業が多いのも特徴です。

引越し代金会社負担や家具つきの転居先を用意してくれるなど、転職者に特典がついた求人もあります。

公開求人数※2021年11月23日時点 108,989件
沖縄県の公開求人数※2021年11月23日時点 1,186件
主なサービス・機能
  • 求人紹介
  • 書類添削、面接対策
  • スカウト
利用可能地域 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

出典:doda公式

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 20代、30代など年代別の転職サポート
  • 未経験歓迎の第二新卒求人多数
  • マイナビにしかない沖縄求人取り扱い

マイナビエージェントは、第二新卒や20代の若手転職支援を得意とする転職エージェントです。

マイナビはしっかりしたサポートが必要とされる若手の転職支援実績が多いため、エージェントの質が高いのが特徴です。また、転職エージェントとしては珍しい無期限バックアップがあります。

 難しいとされる沖縄での転職も、バックアップが無期限なら焦らずに希望の転職先を見つけられるでしょう。

沖縄の求人件数は他の大手と比べると少ないイメージですが、マイナビは新卒、第二新卒を希望する大手企業とのパイプが強い転職エージェントです。

そのため大手企業の優良求人が多く、高年収、好待遇の求人に出会えます。

大企業でも「急募」や「非公開求人」であれば採用のハードルが下がっている場合があります。

公開求人数※2021年11月23日時点 31,931件
沖縄県の公開求人数※2021年11月23日時点 241件
主なサービス・機能
  • 求人紹介
  • 書類添削、面接対策
  • 交渉代行
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社マイナビ

出典:マイナビエージェント公式

ジョブアンテナ

ジョブアンテナ

おすすめポイント
  • UIターンの転職プランナー多数在籍
  • 沖縄県特化型転職エージェント
  • 沖縄県内トップクラスの守備範囲

ジョブアンテナは、沖縄に特化した地域密着型転職エージェントです。

沖縄在住の転職プランナーはもちろん、UIターンを経験したプランナーも多数在籍しているため、実体験をもとにしたUIターン支援が受けられます。

 沖縄県内の転職情報だけでなく沖縄での生活スタイルの相談もできるため、県外からの転職者からの信頼が厚い転職エージェントです。

県外からの転職活動の場合、沖縄地元企業の情報収集が難しい場合があります。

ジョブアンテナは、地元ならではのネットワークを活用してリサーチをしてくれるため、提供される情報の信頼度が高いのが特徴です。

沖縄の交通事情や生活拠点など、転職に関連する生活全般のリアルな情報を教えてもらえます。
公開求人数※2021年11月23日時点 930件
沖縄県の公開求人数※2021年11月23日時点 930件
主なサービス・機能
  • 求人紹介
  • 書類添削、面接対策
  • 交渉代行
利用可能地域 沖縄県
運営会社 琉球インタラクティブ株式会社

出典:ジョブアンテナ公式

リージョナルキャリア

リージョナルキャリア

おすすめポイント
  • 各地域に特化した転職支援
  • 90%以上地元企業の正社員求人
  • UIターン支援に強い

リージョナルキャリアは、UIターン転職支援に定評がある転職エージェントです。正社員求人が多く、安定した転職先に出会えます。

プレエントリーをしておけば中長期的な転職支援が受けられるため、「今すぐではなく将来的に沖縄で転職したい」という人にもおすすめです。

 2021年度上半期の支援実績では平均年収が上昇傾向にあり、リージョナルキャリアの取引企業で高年収求人が増えている状況です。

リージョナルキャリアは、ハイクラスな求人の取り扱い件数が豊富なため、今より年収やポジションを落としたくない人にもおすすめのエージェントです。

沖縄でも年収800万円以上の好条件求人が見つかります!
公開求人数※2021年11月23日時点 12,773件
沖縄県の公開求人数※2021年11月23日時点 274件
主なサービス・機能
  • 求人紹介
  • 書類添削、面接対策
  • オンライン相談会
利用可能地域 沖縄県
運営会社 株式会社リージョナルスタイル

出典:リージョナルキャリア公式

よくある質問

Uターン・Iターンの転職活動では何を気をつければよいですか?
「なぜ沖縄に行きたいのか」といった、明確な理由も求められます。
わざわざ引っ越してまで転職をするため、本気度が問われることも多いので、なぜ沖縄に行きたいのか具体的な理由を考えておきましょう。
沖縄の正社員求人はどのように探せば良いですか?
基本的には転職サイトやハローワークで情報収集が可能です。
ただ自力で探すことが難しい場合や、より多くの情報が必要な場合は沖縄の転職に強い転職エージェントがおすすめ。
英語力が活かせる求人はありますか?
沖縄は米軍基地があったり観光地が多いことから、ホテルや飲食などを中心に英語力を活かせる求人が多数あります。語学力を活かしたい人や、人と関わる仕事が好きな人であれば自分に合う転職先が見つかるでしょう。
沖縄で高収入な求人は見つかる?
沖縄でも高収入求人はあります。転職エージェントを利用することで、月収30万円近い企業も見つかるでしょう。
宮古島にも良い求人はある?
観光スポットやレストランを始め、宮古島ではサービス業の正社員求人が多いです。

まとめ

沖縄県での転職事情についてご紹介しました。有効求人倍率からみると厳しい状況にある沖縄転職ですが、転職のプロによるサポートを受けることで内定へ一歩近づけます。

転職エージェントの保有求人には各エージェント占有のものもあるため、ひとつのエージェントだけでは紹介してもらえる求人に偏りが出ます。

登録の際はひとつのエージェントに絞らず、大手や地域密着の2社を掛け持ち登録するのがおすすめです。

無料なので、いくつか気になるところを登録しておくと良いでしょう。

おすすめの転職エージェントのサイトをチェックして、自分のスタイルに合うエージェントを見つけてみませんか?

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事