オリエンタルランドの平均年収は?口コミや転職難易度も詳しく解説

オリエンタルランドの平均年収は?口コミや転職難易度も詳しく解説

ディズニーリゾートを運営しているオリエンタルランドは、人気企業として転職を目指す方も多いです。

「年収は低いのか」「職種別で給料に違いがあるのか」など、年収に関して気になる方も多いでしょう。

そこで本記事では、気になるオリエンタルランドの平均年収について解説します。

この記事でわかること
  • オリエンタルランドの平均年収(職種別)
  • オリエンタルランドの転職難易度
  • オリエンタルランドの口コミ・評判

オリエンタルランドへ転職を目指す人向けにおすすめの転職エージェントも厳選して紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

【転職前にチェック】オリエンタルランドの基本情報

オリエンタルランド

オリエンタルランドは、東京ディズニーランドを運営する企業で、1960年設立と歴史のある会社の一つです。

会社概要

オリエンタルランドの会社概要は、以下の表を参考にして下さい。

社名 株式会社オリエンタルランド
設立 1960年7月11日
資本金 632億112万7,000円
代表者 吉田謙次
従業員数 社員5,409名

準社員13,669名

所在地 葉県浦安市舞浜1番地1
事業内容 テーマパークの経営・運営および、不動産賃貸等
売上 1,705億8,100万円

売上や資本金、従業員数から判断しても国内有数の大企業の一つです。

 ディズニーランドのスタッフの多くはアルバイトなどの準社員なため、正社員以外の人数が多い点は特徴です。

また事業所は本社以外に、舞浜と新浦安にも構えており、連結子会社数も15社と規模が大きく、テーマパークの運営を軸にさまざまな事業を展開しています。

コロナ禍で一時期は客足も遠のきましたが、着実に入場者数も増え回復傾向にあります。

オリエンタルランドの平均年収

お金

オリエンタルランドの平均年収は451万円となっており、他の東証プライム上場企業と比べると、突出して高いわけではありません。

しかしテーマパーク事業を運営していることから、年収や待遇よりも、夢ややりがいを軸とした多くの人が働いています。

有価証券報告書より

総合職の平均年収

オリエンタルランドの総合職の年収は約667万円となり、管理職を除く他の職種の中で最も高い結果となりました。

主に新卒がオリエンタルランドへ入社する際、まずは総合職からキャリアを伸ばしていくことが一般的です。

 プランニングやマーケティング、サポートなど多様な業務を行います。

総合職は新卒しか応募できないわけではないため、中途で挑戦することも十分可能。

総合職はさまざまな業務を経験するためスキルアップが早く、将来的に管理職などを目指せるポジションです。

オリエンタルランドへ転職を考え、年収も意識している人は総合職がおすすめです。

Openworkより

一般職の平均年収

スーツ

次に一般職の年収は558万円と総合職よりやや低いものの、500万円中盤と比較的高い部類と言って良いでしょう。

総合職同様に、新卒から一般職に就く人が多く、勤務年数に応じて年収を上げやすい点もポイントです。

 男女比率も約半々となっているため、性別に関係なく活躍しやすい環境です。

シフト制のため休みは不定期になりがちなものの、有給消化率も高い部署で、働き方に満足している人は多いようです。

また一般職を経て、企画職などステップアップの道もあり、中長期的に活躍が見込めるポジションと言えるでしょう。

一般職は将来マーケティングや企画など、本社で裁量を持った仕事を目指す際の成長家庭と言えます。
Openworkより

企画職の平均年収

企画職の平均年収は約546万円となっており、一般職とほとんど同じラインです。

基本的に総合職で成果を出すことで企画職にステップアップが可能であり、ディズニーランドの運営全体を支える仕事ができるようになります。

 テーマパークのオペレーションを設定したりと、ディズニーランドを裏から支える存在。

実際には足りているキャストのモチベーションを管理したりと、人材教育に通ずる分野も業務範囲内

携われる仕事が多く責任も問われる部署のため、年収レンジは高めに設定されています。

総合職以外にも、一般職を経て企画職に加わってくるメンバーも少なくありません。
Openworkより

管理職の平均年収

スーツ管理職の平均年収はオリエンタルランドで最も高く、約690万円です。

企画や一般職などを経て経験を積み、管理職としてチーム全体をマネジメントするため、他の職種と比べて100万円以上年収が高い結果となりました。

 社員数が多く日本文化が尊重されているオリエンタルランドは、管理職になるまで年数がかかります。

社員の口コミなどを見ても、管理職になっている人の社歴は15~20年となっており、経験年数を積まないとたどり着けないポジション。

そのため、キャリアアップまでは時間がかかりますが、その後は安定して高い年収を手にできます。

管理職として裁量の大きな仕事を目指す場合、最低でも10年ほどは見積もっておくと良いでしょう。
Openworkより

オリエンタルランドの転職難易度

グラフ

オリエンタルランドの転職難易度は、以下3つ理由により他の企業と比較しても高い部類と言えます。

人気が高く応募者が多い

まず第一に東京ディズニーランドの知名度・人気の高さから、多くの応募者が集まるため、他のライバルと競い内定を勝ち取らなければいけません。

新卒採用の時点ですでに応募者が多いですが、中途採用においても同じことがいえます。

 自己アピールももちろん大事ですが、他の人と比べ負けない要素や、自分ならではの強みも必要不可欠

そのため事前研究も、ただ自分の強みをアピールするだけではなく、他の応募者と比較し、差別化した際に自分が優秀であることを伝えなければなりません。

人気が高く応募者の多いオリエンタルランドへの転職は、相対的に見ても難易度が高くなります。

求められる要件が高い

グラフ

次にオリエンタルランドの中途採用は、職種ごとに必要な経験、資格が定められています。

応募要件に達していない場合、書類選考で不合格となってしまうため、自分のスキルと見合わせて挑戦できるかどうか確認して下さい。

ITエンジニア
  • 3年以上のシステム開発経験
  • システム企画提案力
  • 開発ではなく運用部への配属を受け入れられる許容力
エンジニア(施工管理・工事監理)
  • 電気工事・情報通信工事に関するスキルと知識
  • ベンダー管理能力・社内折衝力
コスメトロジー
  • 美容師免許・理容師免許
  • 美容業界における実務経験
  • アップスタイル技術習得者
スーシェフ
  • 仏・伊・和・中いずれかのジャンルでの調理実務経験5年以上
  • メニュー開発のスキル
パティシエ
  • パティシエの実務経験3年以上

上記の通り現在中途採用が行われている5職種においては、明確な実務経験年数や資格、免許が必須とされています。

そのため、書類選考を突破し面接に進むためには、最低限上記の要件をクリアすることは必須。

 経験年数は3年以上が必須なため、第二新卒での転職は基本的に難しいでしょう。

免許や資格であれば努力次第でどうにかなりますが、3年以上の経験年数に関しては時間の問題。

年数が要件を満たしていない場合、まずは定められた年数働き、実力をつけてからオリエンタルランドへ挑戦すると良いです。

経験者採用のみで、未経験からの挑戦は極めて難しいです。

採用人数が少ない

書類

オリエンタルランドの中途採用は通年、大量に行われているわけではありません。

時期によって明確に必要な人数が定めれらており、いずれも人数が少ないことから倍率は高くなります。

各職種の採用人数
  • ITエンジニア:12名
  • エンジニア(施工管理・工事監理):4名
  • コスメトロジー:若干名
  • スーシェフ:若干名
  • パティシエ:若干名

 

特にエンジニアは上限が決まっているため、いくら実績があっても、他に優秀な人がいれば採用枠は埋まってしまいます。

コスメトロジー、スーシェフ、パティシエに関しても若干名と少なく、ハードルは相当高いでしょう。

 「若干名」であれば上限がないため、絶対評価で高く評価されれば入社のチャンスはあります。

職種ごとの採用情報は随時更新されるため、オリエンタルランドへの入社を考えているのであれば定期的に採用ページを確認することがおすすめ。

情報を漏らさずにキャッチして、採用枠が開放された瞬間にすぐ動けるようにしておきましょう。

採用枠が決まっているオリエンタルランドは、応募するタイミングも合否に大きく影響します。

オリエンタルランドの口コミ・評判

iX転職の口コミ・評判を調べる人

オリエンタルランドの口コミ・評判を見ていくと、良い評判悪い評判それぞれが挙げられていました。

社員からの評判

社員の口コミを集めているOpenworkによると、評価は3.33点(5点満点)と高く、全企業の上位5%に入っています。

有給消化率84.6%、月間残業時間約17時間と、労働環境に関しては極めて高水準です。

 全企業を対象としているわけではなく、あくまで投稿した社員のみの評価です。

特に法令遵守意識の高さと、社員相互遵守の項目においては平均以上の評価を集めています。

テーマパークを通して人々を楽しませるオリエンタルランドでは、まずはじめに社員同士の関係を良好に保つよう力を入れているようです。

実際の社員から集められている口コミ・評判のため信憑性は高いです。

Openworkより

良い口コミ

メリット

オリエンタルランドの良い口コミを見ていくと、以下の様な声が挙げられています。

良い口コミ・評判
  • 風通しがよく社員を大切にしていると感じる
  • 労働環境がよく、勤務する上でのストレスが少ない
  • 企業理念はしっかり浸透していると思う
  • 自由度が高く、お客様にとってプラスになることは自分の考えのもと行動できる
  • ゲストのリアクションが間近に見られるため、高いモチベーションが維持できる

 

人間関係や労働環境に対して高い評判の声が寄せられており、職場でストレスを感じるシーンはあまり多くないとの口コミが目立ちます。

オリエンタルランドはテーマパークの運営に徹底したブランディングを行っていますが、その徹底ぶりは社内の理念浸透にも十分活かされています。

 理念が浸透しているからこそ、透明度の高い職場環境が整っています。

ストレスを抱えやすいサービス職でも、しっかり管理職がケアをするなど、労働環境への配慮は高水準。

ゲストから見て評判の高いディズニーランドですが、運営元のオリエンタルランドも社員から高い支持を集めています。

年代を問わず、多くの社員がオリエンタルランドでの勤務に対して満足している姿勢を見せています。

悪い口コミ

一部ですが、以下のような悪い口コミも挙げられています。

悪い口コミ・評判
  • コンプライアンスが厳しすぎて裁量を発揮できない
  • 良くも悪くも日本の風土が強い
  • 土日祝がかきいれ時のため、カレンダー通りには休めない
  • ディズニーランド一択の選択肢しかなく、幅広い業務に携われない

 

保冷遵守意識が高いあまり、自由度の高さを求める社員からは不満の声もあげられています。

また日系企業の風土が強いため、若くしてスピード出世が出来ない点もデメリット。

 国内有数のテーマパークを取り扱うため、些細な違反も出来ない状況から、コンプライアンスには厳しいようです。

プライベートに関しては、キャストの場合土日祝に休みが取れないとの意見が挙げられていますが、これはオリエンタルランドにかぎらずサービス業の共通事項です。

悪い評判も一定数挙げられていますが、長所の裏返しのような意見が多く、労働環境が劣悪といった声は見受けられません。

オリエンタルランドの転職を成功させるコツ

転職難易度の高いオリエンタルランドに転職をするには、大きく3つのコツが存在します。

企業研究に力を入れる

ノートに貼ったポイントのふせんと虫眼鏡

まず第一に、徹底して企業研究を行う必要があります。

特に職種ごとに細かく必要要件が定められているオリエンタルランドは、自分のスキルや現状と照らし合わせ対策をたてて行かなければなりません。

 入社後のキャリアを想像するなど、中長期的な視点で対策を整えましょう。

また採用人数が決まっているオリエンタルランドは、随時採用情報をチェックすることも重要。

いつ募集が始まっても良いように、万全の体制を整えて準備しておくようにしましょう。

採用ページや転職エージェントを活用し、より多くの情報を集めていきましょう。

自分だけの強みを見つける

応募者が多いオリエンタルランドを攻略するためには、自分にしかない強みやアピールポイントを見つけると良いでしょう。

自分が優れていると思っていても、それ以上の成果を上げている応募者がいる場合、そのインパクトは弱くなります。

 前職の実績やスキルをアピールする場合、数値やデータとして明確な情報を伝えていくと効果的です。

ただ何をしてきたのか伝えるのではなく、実際にどのような成果が現れたのか、どういった役割を全うしたのかを伝えることは効果的。

より具体性をもたせたエピソードをアピールすることで、採用担当に良い印象を与えられます。

他の応募者に埋もれないように、差別化された強みを積極的にアピールしてきましょう。

相性の良い転職エージェントを見つける

握手

最後のポイントは、自分と相性の良い転職エージェントを利用することです。

転職エージェントでは、主に以下のようなサポートを無料で行っています。

転職エージェントで受けられるサポート
  • 書類添削
  • 面接対策
  • 企業上の資料共有
  • 自己分析のサポート
  • 企業の内部事情の共有

 

特に面接対策や自己分析のサポートは効果的で、プロの目線からもらえるアドバイスは役に立つでしょう。

事前によく出る質問も共有してもらえるため、面接当日なにを応えるのかなど、ある程度予想が立てられます。

 質問内容が予想できれば、落ち着いて受け答えができるでしょう。

転職エージェントは長年転職支援を行っているため、サポートの質が高く、事前対策を一人で行うよりもより完成度の高いものとなります。

より内定獲得率を高めるためにも、自分が必要とするサポートに強みを持つ転職エージェントを見つけ、有効活用していくようにしましょう。

転職エージェントのサポートを受けることで、時間効率も上がり余裕を持って転職活動が進められます。

高年収を目指すならまずは年収査定を受けてみよう

自分の年収を上げたい...と感じている人はまず、自分がどれくらいの年収をもらう価値があるのか、適正年収を知る必要があります。

適正年収が自分の今の年収よりも高ければ、転職によって年収アップの可能性があるでしょう。
dodaの年収査定サービスでは、無料の会員登録だけですぐに年収査定の診断を受けることができます。doda会員の186万人のビッグデータから算出された数字なので、信頼感もあります。
dodaの年収査定でわかること
  • 今の年収から何円アップするか
  • あなたの適正年収の求人
  • 転職によって年収がどう推移するか
診断結果のサンプルは以下のようになっています。

年収査定 今の年収から何円アップするかは以下のように表示されます。dodaは転職サイト・エージェントの機能もありますので、そのまま転職を開始することもできますよ。

年収診断

自分の市場価値を知ることは年収アップの近道になるでしょう。ぜひ年収査定を利用して、年収アップを達成しましょう。

オリエンタルランドへの転職を目指す人におすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 業界でもトップクラスの非公開求人数!
  • 全国どの地域に住んでいても利用可能!
  • 模擬面接など、選考対策も手厚い!
  • 完全無料
リクルートエージェントは16万件以上※1の非公開求人を持つ転職エージェントです。

 非公開求人は公開すると応募が殺到してしまうような好条件求人である場合がほとんどです。
自分のアピールポイントや、どのような仕事がわからない、といった場合でもキャリアアドバイザーとの面談を通して、自分にぴったりの求人を見つけることができます。

応募書類の添削や、面接の対策も受けることができます。
企業の分析も細かく行っているため、求人を紹介する段階から、企業について詳しく教えてもらえます。入社後のミスマッチを防ぐことができますよ。
運営会社 株式会社リクルートキャリア
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 職務経歴書エディター
  • 面接力向上セミナー
  • 担当者面談
公開求人数 114,943件※2021年6月10日時点
拠点 全国対応可 東京/西東京/宇都宮/さいたま/千葉/横浜/京都/大阪/神戸/名古屋/静岡/北海道/東北/岡山/広島/福岡

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • アドバイザーや担当者の対応がよく、親身に相談に乗ってくれる!
  • 各企業の情報を分析し、手厚い選考対策で内定率UP!
  • 経歴に自信がない方でも正社員転職が目指せる!
  • 全国の転職に対応!WEB面談も可能
  • 完全無料
マイナビエージェントはアドバイザーの質の評価が高い転職エージェントです。

ハードルが高く感じる面談も非常にスムーズで、信頼できる担当者に出会えたという利用者の声が多数あります。 また、大手企業であるマイナビの太いパイプを生かした各企業の分析は選考対策の際に役立ちます。
 マイナビエージェントはスキルや経験が少ない20代の転職をメインターゲットとしていますので、スキルに自信がなくても正社員として転職できる可能性は大いにあります。
未経験業種への転職を目指している方や、転職に不安を抱えている方はぜひマイナビエージェントに登録をしましょう!
運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 履歴書添削サービス
  • 面接対策
  • サポート期間は無期限
公開求人数 28,152件※2021年8月17日時点
拠点 全国対応可 京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

ビズリーチ

ビズリーチ

おすすめポイント
  • 年収1,000万円以上の求人が3分の1を占める!
  • 優秀なヘッドハンターからアドバイスをもらえる!
  • ハイクラス求人多数!登録後は企業・ヘッドハンターからのスカウトを待つだけ
  • 優良企業と直接コンタクトを取ることも可能!
ビズリーチ年収1,000万円以上の求人が3分の1※2以上を占める転職エージェントです。

年収600万円以上の方に支持される転職サービスNo.1※1に輝いています。
ビズリーチでは「プラチナスカウト」というものがあり、一流のヘッドハンターがユーザーの情報を見てスカウトを送ります。スカウトが届くと、確実に面接へ進める仕組みです。

厳選された優秀なヘッドハンターが約4,600人在籍※2しているので、優良企業とのマッチングを待ちながら転職活動を行えるでしょう。 ※1 転職サービスに関する調査/調査会社:シード・プランニング/調査期間:2019年1月〜2月/調査対象:年収600万円以上で、転職意欲がある人 ※2参照 公式サイト
運営会社 株式会社ビズリーチ
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • タレント・ハイクラス会員制度
  • ヘッドハンター
  • スカウト
公開求人数 72,762件※2022年4月1日時点
拠点 東京/首都圏拠点(渋谷)/関西/名古屋/福岡
出典:公式サイト

よくある質問

オリエンタルランドは外資系企業?
結論から言うと日系企業で、京成電鉄、千葉県が主な株主となっています。
アメリカのウォルト・ディズニーから出資を受けているわけではなく、あくまでフランチャイズとして日本のディズニーランドは運営されています。
正社員のキャストはいる?_
基本的にキャストは準社員、つまりアルバイトで構成されています。
社員はキャストのシフト管理や企画などを行うため、基本的にディズニーランド内での業務はあまりありません。
未経験からオリエンタルランドに入社できる?
可能性はゼロではありませんが、極めて難しいです。
中途採用においては、各職種で実務経験が求められ、経験年数も3年以上とハードルが高いものばかりです。
オリエンタルランドで年収1,000万円は可能
管理職に登り成果を上げれば不可能ではありませんが、現実的に見て難しいでしょう。
日系企業の風土が強いオリエンタルランドは、若いうちに成果次第で年収を上げたり、高額なインセンティブを受け取れるような環境とは遠いといえます。
オリエンタルランドの初任給はいくら?
新卒最初の給与は、総合職で21万8,000円、調理で19万7,000円となっています。
平均より低いわけではありませんが、人気企業であることを考慮すると特段高いわけでわありません。

まとめ

今回はオリエンタルランドの基本情報から職種別の平均年収について紹介しました。

オリエンタルランドの総合職の年収は約667万円なので、一般的な平均年収と比較すると年収は高い水準にあるようです。

オリエンタルランドへの転職成功を目指すには、転職エージェントの活用がおすすめです。

今回の記事内で紹介したエージェントはどれも無料で利用することができるので、ぜひ参考にして見てください。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事