パナソニックの転職難易度は?年収や口コミ・評判、面接も詳しく紹介

パナソニックの転職難易度は?年収や口コミ・評判、面接も詳しく紹介

日本の大手電気メーカーであるパナソニックは、転職先としても人気が高い企業のひとつです。

パナソニックの魅力には、幅広い事業内容や実績、福利厚生の充実などがあげられますが、未経験での転職はほぼ不可能ともいわれています。

パナソニックへ転職を考えるのであれば、専門分野の経験やスキルは必須です。

そこで、今回はパナソニックへの転職を成功させるコツや転職難易度口コミ・評判面接対策などについてご紹介します。

この記事でわかること
  • パナソニックの企業情報
  • パナソニックの口コミ・評判
  • パナソニックに転職できる職種例
  • パナソニックへの転職成功のコツ
  • パナソニックを目指す方へおすすめな転職エージェント

パナソニックへの転職を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

転職前に要チェック!パナソニックの企業情報

Panasonic

企業情報

パナソニックは、2018年に創業100周年を迎えた電気機器業界3位の日本の大手電気メーカーです。

家庭用家電は世界的にシェアされ、エレクトロニクス分野でも活躍しています。家庭用電化製品に限らず、住宅関連機器車載用機器情報通信機など幅広く手がけている企業です。

 創業者の松下幸之助氏の経営理念を軸に、人を大切にする会社でもあります。

また、パナソニックは2022年4月1日付で、「パナソニック株式会社」から「パナソニックホールディングス株式会社」となり、カンパニー制から持株会社制へ企業体制が大きく変化します。

さらに「事業ポートフォリオ改革」を進め、今後成長が見込める市場への投資を行なっていくなど、高収益企業を目指した事業展開を行なっていきます。

パナソニックは時代とともに変化し、発展し続ける会社ともいえるでしょう。
会社名 パナソニック株式会社
創業 1918年3月7日
代表取締役 楠見雄規
資本金 2,590億円
従業員数 24万3,540名
パナソニックグループ会社数 523社
事業内容 家電、住宅、車載、電子部品などのBtoC、BtoB事業

出典:https://www.panasonic.com/jp/corporate/profile/overview.html
※https://gyokai-search.com/4-denki-uriage.html

年収

転職前に要チェック!パナソニックの企業情報

パナソニックの平均年収は、2020年度の有価証券報告書によると743万9,769円です。※1

国税庁の調査(平成30年度)によると、正規給与所得者1人当たりの平均給与は504万円という結果から、パナソニックの年収は一般的な平均年収よりも高いといえます。※2

 一般的な年収よりは高めですが、学歴や職種、勤続年数などによって年収に差はあるようです。

また、キャリア採用の給与は、前職での経験や能力を考慮したうえで、会社規定に基づき決定されます。そのため、前職での実績やキャリアがないと高収入は期待できないでしょう。

パナソニックへの転職が成功すれば、職種によっては年収アップが期待できるかもしれませんね。

※1:https://www.panasonic.com/jp/corporate/ir/pdf/Report2020.pdf
※2:国税庁

パナソニックへの転職は難易度が高い?

パナソニックへの転職は難易度が高い?

パナソニックの転職求人では、条件として資格やスキル、経験が細かく求められています。職種ごとに必須条件は異なりますが、どの職種もその分野における専門知識を求められることがほとんどです。

また、パナソニックのブランドスローガンである「A Better Life, A Better World」の実現を可能にするため、グローバルに活躍できる人材が求められています。

そのため、職種によってはTOEICなどの語学の資格が必須条件となっていることも珍しくありません。

 語学力が必須な職種の場合、日常会話程度ではなくビジネスで使えるレベルが必要です。

専門分野に対する経験やスキル、堪能な語学力が必要となることから、パナソニックへの転職は難易度が高めといえるでしょう。

未経験での転職は難しいので、経験のある職種に応募しましょう。

転職先としてどう?パナソニックの口コミ・評判

転職先としてどう?パナソニックの口コミ・評判

パナソニックへの転職を検討している人にとって、会社の口コミや評判は気になるところではないでしょうか。

実際にパナソニックで働いている、働いた経験がある人の口コミや評判をまとめてみました。

パナソニックの口コミ・評判まとめ
  • 年齢・性別関係なく責任ある仕事を任せてくれる
  • 福利厚生や社内制度が把握しきれないくらい充実している
  • ワークバランスが実現しやすい
  • 出産や育児で退職する人は滅多にいない
  • 配属先によっては残業が多い

パナソニックでは働きやすい環境が整っているという口コミ・評判が多くみられました。

創業者である松下幸之助の「ものをつくる前に、人をつくる」「人間はダイヤモンドの原石」などの、人材を大切にする考えが活かされているといえるでしょう。

一方で、老舗の大企業ならではの保守的な考えが残っている部分もあるようです。

パナソニックに転職できる職種例

パナソニックでは直轄部門や主要カンパニーだけではなく、グループ会社の求人募集も行われています。そのため、募集されている職種はさまざまです。

ここでは、パナソニックで募集されている職種の一部を抜粋して紹介します。

パナソニックに転職できる職種例
  • 営業・マーケティング
  • 製造・技術職
  • プログラマー・エンジニア
  • 経理・事務・人事

上記の職種について詳しく解説していきましょう。

営業・マーケティング

パナソニックに転職できる職種例

営業・マーケティングは、顧客への営業活動、新商品企画、市場調査などが主な仕事です。住宅、車載、半導体などの活躍できる分野は多種多様となります。

また、国内だけではなく、海外マーケティング分野の募集もあるため、TOEICやビジネス英語を使えることが採用の必須条件です。

コミュニケーション能力の高さが求められる職種でもあります。
主な職務内容
  • ルート営業・販売促進
  • 営業企画・新規開拓
  • 共同開発推進
  • デジタルマーケティング全般業務
  • 顧客開発支援
  • 新商品企画
  • 市場調査
求められる資格・スキルなど
  • 営業・マーケティング経験(3年〜)
  • TOEIC700点〜
  • ビジネス英語
  • 各分野における高度な専門知識

製造・技術職

製造・技術職は、車載用電池開発などのパナソニックの基幹事業に携われる職種です。電動化市場の拡大に向けて、豊富な知識と経験が求められています。

海外工場の新規量産ラインの立上げなどを担当する可能性もあることから、語学力や海外勤務経験が必須の募集も多々あります。

マネジメント経験や英語が堪能な人が優遇されるようです。
主な職務内容
  • 専門分野における技術開発
  • 新規工法、設備設計
求められる資格・スキルなど
  • 機構設計技術などの専門技術
  • 3D-CADなどを用いた業務経験
  • デバイスモノづくり開発経験
  • 商品開発及び量産化経験(5年以上)

プログラマー・エンジニア

パナソニックに転職できる職種例

プログラマー・エンジニアは、システム開発や運用管理が主な業務です。業務範囲は多岐にわたり、AIに関することなど多種多様な専門的な知識や技術が必要となります。

未経験での転職が難しい専門分野になるため、経験がない人は、まず他社で実績を作ることから始めなければなりません。

 グローバルで幅広い実務を行うために、語学力も求められています。

しかし、営業職に求められるTOEIC700点より低い500点が必要となるため、語学力に自信がない人でも可能性はあるでしょう。

自主性やリーダーシップを発揮できる環境でもあるそうです。
主な職務内容
  • システムの企画開発、運用管理
  • アプリケーションの開発
  • セキュリティ対策業務
求められる資格・スキルなど
  • スマホアプリ、クラウドを用いたサーバーアプリの開発経験(3年以上)
  • 開発設計などに関する高度な専門知識
  • AIに関する知識や技術
  • TOEIC500点以上

経理・事務・人事

パナソニックの経理や人事などの事務系は、会社の運営に大きく関わることができる職種です。

経営部門でも経理・会計業務全般や経営管理など、人事部門では人材戦略・人材開発などを行なっています。

 即戦力が求められているので、実務経験や専門分野の知識を有するという学歴、資格保有が重視されているのが特徴です。

とくに経理部門は横の繋がりが強いため、さまざまな経験ができ、キャリアアップするチャンスが多くあります。

経理部門はキャリア採用が比較的多いそうです。
主な職務内容
  • 経理・会計業務全般
  • 経営・財務管理
  • 人材リソース戦略、人材開発
  • タレントマネジメント
  • 風土づくり
  • 新卒採用業務全般
求められる資格・スキルなど
  • 経済、経営、商学部等で経済・会計分野を専攻
  • 経済・会計の専門知識

パナソニックの転職面接でよく聞かれること

ナソニックの転職面接でよく聞かれること

パナソニックへの転職では、面接の受け答えが重要になります。応募する職種によっても異なりますが、パナソニックの転職選考の流れとしては以下通りです。

パナソニック転職選考の流れ
  1. 応募(エントリー)
  2. 書類選考
  3. 一次面接
  4. 適性検査
  5. 二次面接
  6. 内定

選考の中でも面接は、企業側に自分自身を知ってもらうチャンスといえます。数回ある面接で自分自身をアピールできるように、面接対策はしっかりしておきましょう。

ここでは、パナソニックの転職面接で焦らないために、よく聞かれる質問や対策などをご紹介します。

パナソニックの面接でよく聞かれること

パナソニックの転職面接で聞かれやすい質問は、以下の通りです。

パナソニックの面接でよく聞かれること
  • これまでの経験やスキル
  • パナソニックを選んだ理由
  • 入社後のキャリアビジョン
  • 自分自身について
  • 最近、気になったニュース

技術面などの専門的な知識を聞かれるのではなく、転職面接でよく聞かれる基本的な質問が多いようです。

 転職面接であれば、パナソニックを選んだ志望動機を具体的に伝える必要があります。同業の他社研究をしておくこともポイントです。

また、パナソニックでの転職には経験やスキルが必須なので、前職でどのような経験をして、どのような実績を積んできたかなど、明確に説明できるように準備しましょう。

そのほかにも最近のニュースに対する感想を求められることもしばしば。ニュースの情報を得るだけでなく、自身の想いもまとめておきましょう

いかに自己分析や情報収集ができているか、入社への熱意をアピールできるかが、面接成功の鍵となります。

オンライン面接への対策も必要

ナソニックの転職面接でよく聞かれること

近年、就職においてはオンラインでの面接が主流になりつつあります。パナソニックでも新卒は完全オンライン面接、キャリア採用も部署によってはオンライン面接が取り入れられています。

直接企業に足を運ばなくても良いのはオンライン面接のメリットといえますが、対面面接との違いに戸惑ってしまい「実力がだせなかった」ということもあるようです。

そこで、オンライン面接成功のポイントを5つ押さえておきましょう。

オンライン面接成功のポイント
  • 目線はカメラに向ける
  • 表情や話し方に気をつける
  • 会話のキャッチボールを心がける
  • 通信障害などトラブルには対処できるようにしておく
  • 身だしなみを整える

カメラの位置設定や通信障害などの弊害は、オンライン面接ならではの対処法です。しかし、画面越しの映りが面接官に与える影響は大きいため、手を抜かず下準備しておきましょう。

また、カメラを見て話すことや表情については、練習することで対策がとれます。

対面面接とは違った下準備を行っておく必要がありますね!

パナソニックへの転職を成功させるコツ

転職を成功させるためには、自己分析と情報収集は必要不可欠です。ここでは、パナソニックへの転職を成功させるためのコツを解説します。

1.パナソニックの転職イベントに参加する

パナソニックへの転職を成功させるコツ

パナソニックでは定期的に転職相談会が開催され、応募するか否か迷っている段階でも参加可能です。相談会は30分〜1時間程度、個別で行われます。

「パナソニックで自分のスキルが活かせるのか」「給与や福利厚生について知りたい」「最新の求人情報が知りたい」「選考はどのように進むのか」などの疑問をキャリア採用担当者が答えてくれます。

 転職相談会に参加するためには事前エントリーが必要なので、ホームページで開催日程を定期的にチェックしておきましょう。

転職相談会に参加できない場合、「キャリア登録」を利用することもおすすめです。

パナソニックに職務経歴を登録すると、非公開の職種の紹介や自身の希望にあった職種の募集があった場合、情報を提供してくれます。

ほかにも採用イベントや新規募集など、パナソニックのキャリア採用に対する情報を得られます。

2.面接対策をしておく

パナソニックの面接は職種によって異なることもありますが、基本的には2回ほど面接が行われます。選考を進めてうえで、面接のステップごとに対策をしておくことがベストです。

一次面接では「職歴」や「志望動機」「自分自身のこと」など基本的な質問をされるため、転職でよく聞かれる質問を一通り回答できるようにしておきましょう。

 自己分析を行っておくことが重要です。

二次面接以降では、「パナソニックを選んだ理由」「入社後のキャリアビジョン」など、より具体的な質問をされることが想定されます。

志望動機やキャリアビジョン、これまでのスキルや経験なども明確にしておきましょう。

最近の気になるニュースなどを質問されるケースもあるので、時事問題もチェックしておきましょう。

3.転職エージェントを活用

パナソニックへの転職を成功させるコツ

パナソニックは人気がある企業のため、競争率が高いと予想されます。転職を成功させるためには、転職のプロからのアドバイスやサポートを受けることが内定への近道です。

転職エージェントを活用すれば、経験豊富なスタッフから無料で転職ノウハウや有益な情報を得られます。

 提出書類の添削や面接対策などの手厚いサポートが受けられるのもポイントです。

また、転職エージェントを利用することで、自分でも気づかなかった強みを知ることもできます。

どの転職エージェントに登録をすれば良いか迷ったときは、パナソニックへの転職支援実績のある転職エージェントを選んでみるのがおすすめです。

実績があるとノウハウが得られるため、転職成功が期待できるでしょう。

あなたにぴったりの仕事が見つかる適職診断を受けてみよう

仕事が辛いと感じたら、今の仕事は自分にとって適職でない可能性があるでしょう。そんな方はまず、適職診断を受けてみましょう。

適職診断でわかること
  • 自分にはどんな仕事が適しているのか
  • どんな社風の会社が自分に適しているのか
  • 自分のパーソナリティ・性格
dodaの適職診断は無料の会員登録をするだけで、すぐに受けることができます。

 診断結果を元に、実際に自分に合っている企業名を見ることもできますので、転職の第一歩も踏み出しやすくなるでしょう。
パーソナリティの診断結果のサンプルはこちらです。会員登録のみの完全無料でかなり詳しく診断をしてくれるので、ぜひ受けてみましょう。

dodaキャリアタイプ診断 次にキャリア診断結果のサンプルです。自分がどのような仕事スタイルなのかが、ひと目でわかります。

dodaキャリアタイプ診断 さらにdodaでは年収査定診断も受けることができます。今の仕事の給与に不満があるのなら、一度年収査定診断を受けてみて、自分の適正年収を調べてみましょう。

自分の適正年収が今の給与よりも高ければ、自分の能力を正しく評価してくれる会社への転職を検討しましょう!
 

パナソニックを目指す人におすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 完全無料で利用できる
  • 転職支援実績No.1
  • 業界最大級の非公開求人を保有

リクルートエージェントは、転職支援実績No.1を誇る転職エージェントです。非公開求人も多数保有しており、2021年9月19日時点で非公開求人を含む31万件以上の求人を取り扱っています。

 パナソニックの求人も複数件掲載されており、キャリアアドバイザーのサポートを受けながら応募が可能です。

各業界に精通したキャリアアドバイザーにより、応募書類の添削面接対策などをサポートしてもらえるため、転職活動が初めてでも安心して利用できるでしょう。

パナソニックへの応募に向けて、自分の強みやアピールポイントなどもアドバイスしてもらえますよ。
公開求人数※2021年9月19日時点 130,155件
パナソニックの求人取り扱い実績 あり
主なサービス・機能
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • キャリアカウンセリング
  • 書類の添削や面接対策
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社リクルート

出典:https://www.r-agent.com/

doda

doda

おすすめポイント
  • 完全無料で利用できる
  • 専任アドバイザーから充実したサポートを受けられる
  • 非公開求人を豊富に扱っている

dodaは、豊富な非公開求人を保有する転職エージェントです。パナソニックで募集中の求人だけでなく過去の求人もチェックできるため、ニーズのある職種や年収の傾向などを知ることもできます。

 2021年9月19日時点で掲載されているパナソニックの求人は、技術系総合職や人事総務、システム開発など多岐にわたります。

パナソニック社員による口コミ・評判も掲載されているため、職場環境についてリアルな情報を入手可能です。

パナソニックに関する転職相談もチェックできますよ。
公開求人数※2021年9月19日時点 97,961件
パナソニックの求人取り扱い実績 あり
主なサービス・機能
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • スカウト
  • 転職ノウハウ
利用可能地域 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

出典:https://doda.jp/

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

おすすめポイント
  • 完全無料で利用できる
  • 年収800万~2,000万円の求人が充実している
  • 登録はスカウトを待つだけでOK

リクルートダイレクトスカウトは、年収800万~2,000万円のハイクラス求人を豊富に扱う転職エージェントです。登録後はスカウトを待つだけで自分に合った求人を紹介してもらえるため、忙しい人でも利用しやすいでしょう。

 過去にはパナソニック株式会社の特集が組まれたこともあり、インタビュー記事を通してパナソニックが求める人物像を知ることができます。

魅力的なレジュメを作成することで、ヘッドハンターの目に留まりパナソニックの求人を紹介してもらえる可能性も高まるでしょう。

レジュメは匿名で作成できるため、個人情報が公開される心配はありませんよ。
公開求人数※2021年9月19日時点 75,207件
パナソニックの求人取り扱い実績 あり
主なサービス・機能
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • スカウト
  • ヘッドハンティング
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社リクルート

出典:https://careercarver.jp/

まとめ

今回はパナソニックへの転職について詳しく解説しました。パナソニックへの転職は、前職での経験やスキルの有無が内定に関わってきます。

キャリア採用の募集は、専門的なスキルやある程度の経験年数が必要な職種がほとんどです。

世界的な企業であるからこそ、語学力も求められています。

パナソニックで活躍したいのであれば、自分の経験やスキルが通用するのか確認しておくことが重要です。

パナソニックへの転職を成功させたいのなら、パナソニック独自の転職イベントに参加したり、転職エージェントを活用したりと積極的に行動しましょう。

記事内で紹介した転職エージェントはいずれも無料で利用できるため、ぜひチェックしてみてください。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事