【徹底比較】薬剤師向けおすすめ転職サイト8選!選び方もご紹介!

【徹底比較】薬剤師向けおすすめ転職サイト8選!選び方もご紹介!

「薬剤師としてキャリアアップ転職をしたい」「結局どの転職サイトを選べば良いのか分からない」このような悩みを持つ方もいるでしょう。

実際に、薬剤師向けの転職サイトは数多くあります。しかし、それぞれ特徴や強み、求人の種類などには違いがあります。

サイトの特徴を理解すれば、自分に合ったものを見つけられるでしょう。今回は、薬剤師向け転職サイトに関する以下の項目をご紹介します。

この記事でわかること
  • 薬剤師向けおすすめ転職サイト8選
  • 転職サイトの選び方
  • 年収アップのコツ

転職を検討中の薬剤師の方はぜひ参考にしてみてくださいね!

薬剤師向けのおすすめ転職サイト8選

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は、非公開求人を含めた求人総数が約63,000件(2021年5月)の転職サイトです。

 マイナビグループのネットワークを活かした豊富な求人の中から、ぴったりの求人を紹介してもらえます。

薬剤師専任のキャリアアドバイザーが直接職場に足を運んでいるので、採用担当者や現場の薬剤師にヒアリングした生の情報を教えてもらえます。

面接では聞きにくい福利厚生・休暇・手当や職場の雰囲気を代わりに聞き、年収の交渉もしてくれるので安心です。
運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • キャリアカウンセリング
  • 応募書類添削サービス
  • 面接対策
  • 退職交渉
  • 転職相談会
公開求人数※2021年7月10日時点 58,602件
拠点 東京

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

おすすめポイント
  • 大手リクルートが運営しているので安心感がある!
  • 日程調整を代行してくれる
  • 全国から利用可能

リクナビ薬剤師は、面談の日程調整や合否連絡、退職手続きの方法など、わずらわしい連絡業務、事務手続きなどを強力にサポートしてくれる転職サイトです。

 転職に関する不安や不明点に、プロの視点でアドバイスしてくれます。

スピーディーな転職サポートを強みとしており、登録から最短3日で転職が可能です。

大手薬局から町の小さな薬局、ドラッグストア、製薬会社、病院など、幅広い求人が揃っていますよ。
運営会社 株式会社 リクルートメディカルキャリア
主なサービス(機能)
  • キャリアアドバイザー
  • 企業との条件交渉
  • 職務経歴書の作成サポート
  • 面接の日程調整
  • 条件交渉
  • 面接対策
公開求人数※2021年7月10日時点 非公開
拠点 東京/名古屋/大阪/福岡

お仕事ラボ

お仕事ラボ

お仕事ラボは、利用者満足度は90%以上※1を誇る実績ある転職サイトです。各薬局の事情を把握している担当者が面談まで行う、ワンストップ型の仕組みを採用しています。

 薬局担当者とコンサルタントが同じなので、求人票にはない職場の雰囲気などを教えてもらえます。

面談時間を極力少なくする大手企業とは異なり、面談時には時間をかけて細部までヒアリングを行う点も特徴です。業界の動向を見据えた精度の高い求人を紹介するために、対面でじっくり話を聞いてくれます。

利益を度外視した求職者目線の仕組みを取っているため、紹介後の定着率は95.6%※2と高い水準を実現しています。

転職後に後悔しないか不安に感じている方も安心して利用できますよ。
※1 Medical Tribune 調べ
※2 株式会社AXIS調べ「求職者への3ヶ月間定着確認」2018年2月現在
運営会社 株式会社AXIS
主なサービス(機能)
  • キャリアアドバイザー
  • 個別面談
  • 応募書類添削サービス
  • 面接対策
  • 入社後のフォローアップ
公開求人数※2021年7月10日時点 27,951件
拠点 東京

JobBuddy

JobBuddy

おすすめポイント
  • 職場の雰囲気など、内部事情を詳しく知れる
  • 年収700万円の求人もあり
  • オンライン面談も対応

ジョブバディは、以下の3つの約束を徹底している転職サイトです。

ジョブバディが掲げる約束
  • すべての面談・面接に同行
  • 掲載企業には必ず訪問
  • ヒアリングは必ず対面

    職場の雰囲気や社員の人柄などもしっかりチェックして、転職後のミスマッチを防ぎます。面談については、現在はオンラインでも対応可能です。

    未経験歓迎の求人から、年収700万円以上のハイクラス求人まで用意されています。

    認定薬剤師の求人も豊富なので、キャリアアップを目指す方にもおすすめです。
    運営会社 株式会社スタイル・エッジCAREER
    主なサービス(機能)
    • キャリアアドバイザー
    • 個別面談
    • 企業とのマッチング
    • 応募書類添削サービス
    • 面接対策
    公開求人数※2021年7月10日時点 非公開
    拠点 東京

    ファーマシスタ

    ファーマシスタ

    ファーマシスタは、採用担当者が直接求人を作成している転職サイトです。採用担当者に直接応募と問合せができます。

     キャリアアドバイザーを介さずに転職活動が進められるので、短期間で転職を成功させたい方におすすめです。

    調剤薬局や病院はもちろん、臨床開発や治験コーディネーター、営業(MR・MS)などの求人も掲載されています。

    「ホスピタリティ力を高める」接遇講座など、薬剤師に役立つ情報も多数公開されていますよ。
    運営会社 シナジーファルマ株式会社
    主なサービス(機能)
    • 採用担当者に直接コンタクト
    • スキルアップ情報
    • キャリアアップ情報
    • 履歴書の書き方
    • 面接時のマナー
    公開求人数※2021年7月10日時点 非公開
    拠点 福岡

    ヤクジョブ.com

    ヤクジョブ

    ヤクジョブ.comは、ベテランの専任コーディネーターがライフスタイル・キャリアプランに合わせた求人を紹介してくれる転職サイトです。

     一人の転職活動では出会いにくい非公開求人も多数用意しています。

    創業から20年以上の実績があり、取り引き企業・医療機関は7,000社を超えています。

    現在、教育研修充実の求人や、20代・30代の採用を積極的に行っている企業の求人が特集されていますよ。
    運営会社 クラシス株式会社
    主なサービス(機能)
    • コーディネーターサービス
    • 提出書類のアドバイス
    • 面接のアドバイス
    • 求人のマッチング
    • 企業訪問レポート
    公開求人数※2021年7月10日時点 63,748件
    拠点 東京/北海道/宮城/埼玉/神奈川/愛知/大阪/広島/福岡

    ファーマキャリア

    ファーマキャリア

    おすすめポイント
    • 希望条件に合わせて求人をオーダーメイド!条件にあった転職先が見つかる
    • 優秀なコンサルタントが多数在籍
    • 完全無料で利用可能

    ファーマキャリアは、希望条件をヒアリングして求人をオーダメイドで作成してくれる転職サイトです。

     従来のように希望に合う求人を探すのではなく、コンサルタントが自分だけの特別な求人を用意してくれます。

    コンサルタントは、大手人材紹介会社で売り上げトップを誇っていた優秀な人材を中心に構成されています。

    ヒアリング力、交渉力に強みを持っており、満足できる転職を実現してくれますよ。
    運営会社 エニーキャリア株式会社
    主なサービス(機能)
    • オーダーメイド求人
    • コンサルタント
    • 履歴書添削サービス
    • 面接対策
    • 入社後のフォローアップ
    公開求人数※2021年7月10日時点 22,360件
    拠点 東京

    薬剤師ワーカー

    薬剤師ワーカー

    薬剤師ワーカーは、キャリアアップを目指す薬剤師向けの求人が多数用意されている転職サイトです。応募殺到を防ぐため一般に公開されていない非公開も多数保有しています。

     キャリアアップ転職で悩んでいる方向けに、東京都と大阪で個別お悩み相談会を開催しています。

    アドバイザーが薬剤師の面談から、病院・薬局との交渉まで全てを行うので、マッチング精度が高いです。

    勤務先の「実際の勤務時間」や、「働いている人の人柄」まで詳細に教えてくれますよ。
    運営会社
    • 株式会社トライト
    • 株式会社トライトキャリア
    • 株式会社トライトエンジニアリング
    主なサービス(機能)
    • キャリアアドバイザー
    • 面接の日程調整
    • 面接のアドバイス
    • 応募書類添削サービス
    • 条件交渉
    公開求人数※2021年7月10日時点 22,741件
    拠点 札幌/東京/大阪/宮城/神奈川/埼玉/千葉/群馬/新潟/愛知/静岡/京都/兵庫/広島/香川/岡山/福岡/熊本/鹿児島/沖縄

    転職サイト公開求人数ランキング

    本記事で紹介した転職サイトの中から、公開求人数の多い上位3つのサイトをあげています。

    ※公開求人数が非公開のものは除く

    ※公開求人数は2021年12月9日時点のものとなっています

    1. ヤクジョブ.com(公開求人数:63,748件)

    ヤクジョブ

    おすすめポイント
    • 業界最多級の求人数「60,000件以上」
    • 多数の取引企業・医療機関「7,000社以上」
    • 要望の整理とアフターフォローの充実

    2,マイナビ薬剤師(公開求人数:56,875件)

    マイナビ薬剤師

    おすすめポイント
    • 薬剤師専門アドバイザーによる情報・交渉力
    • キャリア面談の充実
    • 全国15拠点に展開

    3.お仕事ラボ(公開求人数:29,740件

    お仕事ラボ

    おすすめポイント
    • 薬剤師に特化したアドバイザーによりマッチング度が高い
    • 職場に交渉してくれる逆指名制度あり
    • 転職後も充実したサポートあり

    薬剤師向け転職サイトのおすすめの選び方

    転職サイトのおすすめの選び方
    1. 求人数は多いか
    2. 業界に特化したサイトであるか
    3. サポート内容やコンテンツ

    1.求人数は多いか

    薬剤師が転職サイトを選ぶコツ3つ

    転職サイトによって、保有している求人数には違いがあります。求人の数が多いほど、選択肢は広がるでしょう。

    しかし、大切なポイントとしては、自分の希望の職種の求人数が多いかどうかです。転職サイトによって、保有している求人の種類は異なります。

    転職サイトの種類
    • 全国の求人を幅広く保有している
    • 地域密着型でエリアを絞って求人を保有している
    • キャリアアップを目指す薬剤師向けのハイクラス求人を多く保有している
    • 薬学生向け・未経験歓迎の求人を多く保有している

    まずは今回、どのような理由で転職をしたいと思ったのか、目的から転職の軸を決めましょう。

    転職の軸が決まれば、ある程度利用すべき転職サイトは絞られてきます。

    2.業界に特化したサイトであるか

    薬剤師が転職サイトを選ぶコツ3つ

    転職サイトによっては、薬剤師業界に強いものや、医療業界に強いもの、転職全般を幅広く取り扱っているものなど、さまざまです。

     薬剤師業界に特化したサイトであれば、業界ならではの内部事情や具体的なアドバイスなどが受けられます。

    薬剤師業界に精通したキャリアアドバイザーのサポートがあれば心強いでしょう。公式ホームページなどで、薬剤師の登録者数やサポート実績などを公開しているものもあります。

    特に初めての転職なら、実績がありサポートが手厚い転職サイトを利用する方がスムーズに進みます。

    異業種への転職を考えていない場合は、総合型のサイトよりも、薬剤師に特化したサイトがおすすめです。

    3.サポート内容やコンテンツが充実しているか

    薬剤師が転職サイトを選ぶコツ3つ

    転職サイトによって、サポート内容やコンテンツには違いがあります。主なサポート内容・コンテンツは以下の通りです。

    主なサポート内容・コンテンツ
    • 転職ノウハウ
    • 転職成功者の事例
    • 履歴書・職務経歴テンプレート
    • 転職お役立ち情報
    • 個別説明会
    • 求人特集ページ
    • 求人のお気に入り登録

    サポート内容やコンテンツが豊富であれば、得られる情報量が違います。履歴書・職務経歴書テンプレートを使えば、文章の作成が苦手な方も安心でしょう。

     転職ノウハウや転職成功事例を見れば、転職活動をスムーズに進められるポイントが理解できます。

    転職ノウハウや転職成功事例は、転職活動の合間に見て参考にするのがおすすめです。

    求人探しばかりに目が行きがちですが、上記のようなサポート内容・コンテンツでは、大切な情報を見つけられることもあります。

    薬剤師の転職で転職サイトを利用するメリット

    薬剤師

    薬剤師が転職サイトを利用することで得られるメリットは、大きく分けて4つあります。

    おすすめの事業所・信頼できる求人が見つかる

    薬剤師向け転職サイトに掲載されている事業所は、事前に取材やリサーチを受けているため、信頼できる求人が多いです。

    また、おすすめの事業所特集なども組まれている転職サイトも多いため、事前にブラック企業を避けられるメリットもあります。

     情報量が多い転職サイトを利用することで、転職活動は有利に進みます。

    特に薬剤師は専門スキルが必要で、市場価値の高い職種のため様々な手法で人材確保へ動く事業所も少なくありません。

    転職サイトを利用し、健全な事業所に絞って求人検索を行うと良いでしょう。

    転職サイトランキング上位のサイトは、信頼できる求人がほとんどを占めています。

    事業所の評判など内部情報が手に入る

    iX転職の口コミ・評判を調べる人担当者が付く薬剤師向け転職サイトでは、各事業所の雰囲気や労働環境といった、「求人票だけではわからない情報」が事前に把握できます。

    各事業所と連携を取っており、入社前に社員しか知らないような情報が得られる点は大きなメリットとなるでしょう。

     事前に雰囲気やメンバーの特徴を聞くことで、入社後のミスマッチを防げます。

    転職を成功させるためには多くの情報を収集する必要があるため、担当者から様々な話を聞くことをおすすめします。

    その他キャリアビジョンの相談なども出来るため、不安なことがあれば積極的に質問してみましょう。

    非公開求人の紹介が受けられる

    薬剤師向けの転職サイトの中には、登録者のみが閲覧できる非公開求人を取り扱っているものもあります。

    登録後担当者から直接紹介を受け、一般には流通していない優良事業所へ応募することも可能です。

     応募者が少ない・待遇が良いなど様々なメリットがあります。

    特に実績やスキルに秀でている薬剤師であれば、積極的に非公開求人を紹介されるでしょう。

    非公開求人の紹介は無料のサポート。積極的に紹介を依頼すると良いでしょう。

    内定獲得率が高くなる

    握手

    様々な事業所を比較検討し、多くの情報を分析できることで最終的に内定獲得率が高くなります。

    また担当者からのサポートも受けることで事前対策の質も大きく向上し、自信を持って選考に挑めるでしょう。

     転職に慣れている人でも、転職サイトを有効活用することで効率的な転職活動に繋がります。

    薬剤師の場合事業所の数にも限りがあるため、1社ごとの選考は重要です。ひとつひとつの選考に万全な対策を取り、内定獲得率を高めて転職活動に望むと良いでしょう。

    面接対策・書類添削・年収交渉など様々なサポートを無料で受けられます。

    【薬剤師向け】転職サイトの評判・口コミ

    ここでは、薬剤師を目指す方向けに転職サイトの評判・口コミを紹介します。今回は、「マイナビ薬剤師」「リクナビ薬剤師」「ファーマキャリア」の3つの評判・口コミを取り上げます。

    マイナビ薬剤師

    親身な対応に満足
    求人数が多く、有名な会社だったのでマイナビ薬剤師に登録した。子供が生まれた時に正社員からパート勤務を希望して転職を決めた。初めての転職であったため、転職には不安が大きかったがパソコンから応募してみるとすぐに担当者さんからお電話をいただき、自分の希望条件に合う転職先をたくさん紹介してもらった。
    20代・女性
    アドバイザーの人柄の良さに惹かれた
    自分の事を理解した上て転職先を紹介してくれた。面接前から面接後のサポートまでしっかりしており、たくさんサポートしていただいた。担当の方が素晴らしく、自分の話をきちんと聞いて理解してくれた。アドバイザーさんの人柄や仕事の素晴らしさがとても気に入り、マイナビ薬剤師に転職サポートをお任せしたいと思った。
    50代・女性
    希望した条件に合わせた幅広い提案
    こちらの希望をヒアリングしていただき、自分の希望に合った幅広い提案をしてもらうことができた。一人で求人を探していたら気付けなかったことも多かったと思う。
    40代・女性

    リクナビ薬剤師

    豊富な情報量
    求人情報を豊富に取り揃えていた。自分は細かい希望を持っていたこともあり、一人ではなかなかいい求人を見つけることができなかった。しかし、リクナビ薬剤師に登録したことにより、絞り込みで細かい条件が設定でき、電話相談した際には希望に合う求人を20件近く紹介していただいた。最終的には条件をほぼ全て満たして、時給も希望以上の求人を見つけることができた。
    給料アップの交渉まで代理してくれた
    ずっと薬剤師として働いていたが、土曜出勤も多く、給料もそこまでいいとは思えなかったため転職しようと決心した。しかし、長らく薬剤師をやってきたので、今更他の職業という気にもなれずリクナビ薬剤師で転職することにした。担当の方が希望条件をすごく細かく聞いてくださり、現職よりも給料がよくなるように交渉してくれた。休みも希望通りで、無事給料も上がった。
    担当者の熱心な対応力
    薬剤師の仕事が大好きでひたすら働き続けていたが、精神的にも体力的にも厳しくなってしまい退職を決意した。しばらく休んで落ち着いた後、やっぱり「薬剤師の仕事をしたい」と思い直し、今度はゆっくり働けるパートでの薬剤師求人を探していた。他の求人サイトにも登録したが、リクナビの担当者さんが一番熱心に対応してくれたので最後はリクナビ一本で取り組んだ。おかげで近所のゆっくりしたペースで働ける環境で今は仕事ができている。

    ファーマキャリア

    年収もキャリアもアップ!納得のいく転職ができた
    ファーマキャリアの広告で「オーダーメイド求人」という言葉を見て、これだと思って登録した。そしたら、自分の期待していた通りにじっくり話を聞いてもらえて、安心感がすごく強かった。話した内容を参考に、本当に今ある求人から薬局に条件交渉してくださったようで、初めに聞いていた年収より100万円もアップした求人が最終的には提示された。さっそく見学・面接し、先方の責任者にも気に入っていただけたようで、スムーズに話がすすんだ。
    ブランクからの転職、勤務後のギャップもゼロ
    子ども3人のうち一人が病気がちだったたため、調剤現場から長らく離れて専業主婦をしていた。子供の病気が安定してきたときにそろそろ私も働こうと思って転職活動をはじめたときに登録した。10年以上ブランクのある私でも働けるのか初めは不安でだったが、コンサルタントさんが「今まで100人以上ブランクのある方のサポートをしてきましたが、みなさん今でも働かれてますよ」とおっしゃってたので、安心していろいろお話しさせていただいた。いくつも条件をあげさせていただきましたが、それにピッタリの薬局を紹介してくださいました。働き始めてから感じるギャップもなくてほっとしています。
    自分の生きたい企業の口コミ調査に利用
    以前は少し大きめの調剤薬局に勤めていたが、上司との人間関係に苦労していた。今は、大手の企業の調剤薬局でパートとして勤務していいる。特別、転職サイト等は使わなかったが、この企業の口コミを調べるなどで利用がさせていただいている。私自身は本当に転職して良かったと思う。

    薬剤師が転職を成功させるコツ

    ポイント

    薬剤師が転職を成功させるためには、以下4つのコツがあります。

    資格を取得して市場価値を高める

    より良い条件で転職を成功させるためには、市場から必要とされる資格の取得を目指しましょう。

    おすすめの資格
    • 認定薬剤師
    • 専門薬剤師

    認定薬剤師は取得することで、薬剤師認定制度認証機構」から認められたことが証明できるため、基本的なスキルの高さがアピールできます。

    また専門薬剤師は、それぞれの分野で特化した知識が求められるため、なにか一つのスペシャリストを目指す人におすすめです。

    事業所によっては資格手当などで月給が上がるケースもあります。

    マネジメント経験を積んでおく

    転職時には薬剤師としてのスキル以外に、マネジメントスキルや管理能力があることで、より多くの事業所から必要とされます。

    特に30代以降の薬剤師は管理経験が問われるシーンも多く、部下や新卒の教育、チームをまとめていた経験があると選考が有利になるでしょう

     ただマネジメント経験があるだけではなく、それをきっかけにどの様なことを学んだかまでアピールするよう心がけましょう。

    薬剤師としてのスキルはあることが大前提ですが、多くの人を巻き込み管理できる能力があればより良い条件で転職ができるでしょう。

    どの業界でもマネジメント経験は求められますが、特に薬剤師の場合は全体の人数が多くないため管理職の経験は重宝されます。

    近年ドラッグストアも増加し、新店オープン時の管理職候補としての道も見えてきます。

    複数の事業所を比較検討する

    一つの事業所だけではなく、希望条件に当てはまる事業所を複数比較しながら転職活動を行うと良いです。

    特に小さな薬局などはその事業所特有の制度があり、薬剤師のスキルに見合わない年収が提示されることも珍しくありません。

     視野を広く持ち、様々な選択肢を持つと良いです。

    自分の希望条件をなるべく実現するためにも、規模や待遇が近しい事業所は2~3つほど比較することがおすすめ。

    専門性が必要とされ市場価値の高い薬剤師は、希望条件が叶えられやすいため多くの情報を精査しながら転職活動を進めて下さい。

    転職サイトをいくつか利用することで情報量がアップし、意外な優良事業所が見つかるでしょう。

    薬剤師が転職で年収アップする方法3つ

    誰でも転職の際に気になるのは、年収アップでしょう。ここからは薬剤師が転職で年収アップするコツをご紹介します。

    薬剤師が転職で年収アップする方法
    1. 専門分野を持つ
    2. ドラッグストア求人も視野に入れる
    3. ポジションアップを狙う

    1.専門分野を持つ

    薬剤師が転職で年収アップする方法3つ

    条件の良い求人には、必然的にライバルも多くなるものです。得意な専門分野を持っておけば、他の応募者に差をつけて企業にアピールできます。

     薬剤師で比較的高い年収が見込めるのは、より高度な資格である管理薬剤師です。

    管理薬剤師には各種手当が支給されるため、年収の大幅アップが見込めます。さらに、希少価値が高いため、年収も高く設定されがちです。

    転職までの間に自己投資をして、自分の価値を高めておきましょう。

    2.ドラッグストア求人も視野に入れる

    薬剤師が転職で年収アップする方法3つ

    ドラッグストアの求人は、調剤薬局や病院の求人と異なり、年収が高めに設定されていることが多いです。年収が高い理由としては、以下のような理由が挙げられます。

    ドラッグストア求人の年収が高い理由
    • 調剤業務以外にも様々な業務を担うため
    • 夜間や土日にも営業する店舗が多い
    • 残業など勤務時間が長くなりやすい
    • 食品なども扱うため売り上げが安定している

    特に都心部のドラッグストアは会社帰りのサラリーマン向けに遅くまで営業している店舗が多く、勤務時間が伸びる分、年収も高くなりがちです。

    体力に自信のある方は、ドラッグストア求人を狙うのが良いでしょう。

    転勤ありの求人もおすすめ

    全国展開しているドラッグストアであれば、転勤有りの求人を募集していることも少なくありません。

     転勤すれば、転勤手当で家賃など居住費が会社負担になるメリットがあります。

    その他にも、これまでとは異なる勤務地で働くため、新たな学びを得られる、全国各地を知る良い機会になるなどの点もメリットです。

    勤務地にこだわりの無い方や新しい環境でチャレンジしたい方は、転勤ありの求人に応募するのが良いでしょう。

    3.ポジションアップを狙う

    薬剤師が転職で年収アップする方法3つ

    転職を機にキャリアアップを目指す方法です。薬剤師が高い年収を目指せるポジションは、以下の通りです。

    薬剤師が高い年収を目指せるポジション
    • 管理薬剤師
    • ラウンダー

    管理薬剤師については、先ほどもお伝えした通り、管理薬剤師資格手当や管理職手当が上乗せされるため、年収がアップします。

     ただし、管理薬剤師はその年収に見合うだけのスキル・知識が求められます。

    責任・業務量も一般薬剤師よりは多くなりがちであることにも注意が必要です。ラウンダーとは、同じ薬局の異なる店舗を回りながら勤務していく形態のことを言います。

    病気や薬について幅広い知識が必要であるため、年収は高い傾向にあります。

    薬剤師の転職によくある質問

    薬剤師向けのおすすめ転職サイトは?
    利用者満足度は90%以上を誇るお仕事ラボがおすすめです。各薬局の事情を把握している担当者が面談まで行う、ワンストップ型の仕組みを採用しています。面談時間を極力少なくする大手企業とは異なり、面談時には時間をかけて細部までヒアリングを行う点も特徴です。
    薬剤師が転職サイトを選ぶコツは?
    求人数は多いか、業界に特化したサイトであるか、サポート内容やコンテンツなどを見ることが必要です。まずは今回、どのような理由で転職をしたいと思ったのか、目的から転職の軸を決めましょう。転職の軸が決まれば、ある程度利用すべき転職サイトは絞られてきます。
    薬剤師の転職サイトの種類は?
    全国の求人を幅広く保有している、地域密着型でエリアを絞って求人を保有している、キャリアアップを目指す薬剤師向けのハイクラス求人を多く保有している、薬学生向け・未経験歓迎の求人を多く保有しているなどがあります。
    業界に特化したサイトとは?
    薬剤師業界に強いものや、医療業界に強いもの、転職全般を幅広く取り扱っているものなど、さまざまです。薬剤師業界に精通したキャリアアドバイザーのサポートがあれば心強いでしょう。
    転職サイトのサポート内容やコンテンツは?
    転職ノウハウ、転職成功者の事例、履歴書・職務経歴テンプレート、転職お役立ち情報、個別説明会、求人特集ページ、求人のお気に入り登録などがあります。サポート内容やコンテンツが豊富であれば、得られる情報量が違います。
    薬剤師が転職で年収アップする方法は?
    専門分野を持つ、ドラッグストア求人を狙う、ポジションアップを狙うなどの方法がおすすめです。転職までの間に自己投資をして、自分の価値を高めておきましょう。
    薬剤師の転勤ありの求人は?
    全国展開しているドラッグストアであれば、転勤有りの求人を募集していることも少なくありません。転勤すれば、転勤手当で家賃など居住費が会社負担になるメリットがあります。全国各地を知る良い機会になるなどの点もメリットです。

    まとめ

    薬剤師向けのおすすめ転職サイトを厳選して8社紹介しました。薬剤師が転職サイトを選ぶコツとしては、求人数やサポート内容をチェックするなどがあります。

    薬剤師が転職で年収アップするには、管理薬剤師になる、ドラッグストア求人を狙うなどがおすすめです。

    キャリアアップを目指すなら、ラウンダーなど高い年収を目指せるポジションの求人に応募しましょう。

    転職サイトを賢く活用すれば、良い条件で当たらな職場が見つけられますよ。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事