プログラマー(PG)へ転職するコツ!年収や役立つ資格・スキルも紹介

プログラマー(PG)へ転職するコツ!年収や役立つ資格・スキルも紹介

企業の高度なデジタル化が進み、どの分野においてもニーズが高いのがITの専門家です。なかでも、実際のシステム作りや運用に携わるプログラマーとエンジニアは、将来性が高く人気の職種となっています。

デジタル庁開設により、ますます需要が拡大するでしょう!

そこで今回は、プログラマー・エンジニアの仕事内容や転職を成功させるコツなどをご紹介します。

この記事でわかること
  • プログラマー・エンジニアの仕事内容や年収
  • プログラマー・エンジニアに向いている人の特徴
  • プログラマー・エンジニアへの転職に役立つ資格

プログラマー・エンジニアへの転職におすすめの転職エージェントも紹介するため、ぜひ参考にしてみてください。

転職前に知っておこう!プログラマー(PG)とエンジニア(SE)の違いとは

転職前に知っておこう!プログラマー(PG)とエンジニア(SE)の違いとは

プログラマーとエンジニアはどちらもIT関連の職種です。よく耳にする職種の2つですが、何が違うのか分からないという人もいるでしょう。

ここでは、プログラマーとエンジニアそれぞれの仕事内容や、年収など具体的な違いについてご紹介します。

プログラマーとエンジニアの違いを明確にしておくことで、自分に合った求人を探せますね!

プログラマー

プログラマーは、コンピューターを動かしている「プログラム言語」を使って、あらゆるシステムやソフトウェアをつくる仕事です。

一般的には、システムエンジニアがシステムの仕様書を作り、それに沿ったプログラミングをプログラマーが行います。

プログラマーの仕事内容

プログラマーの仕事は関わる業種によって異なります。ここでは業界別にプログラマーの主な仕事内容をご紹介します。

Web系 ショッピングサイト、データベースの構築
制御系 家電製品やスマホなどの機械を制御するプログラム
パッケージアプリケーション系 PCで使用するアプリなどの構築
社内システム系 自社システムの構築や運用
通信系 ルーターなどの通信関連のプログラム

このほかに工場、研究室など設備に関する制御や、クレジットカード、金融関連のシステムで使われるメインフレーム開発など、活躍の場は多岐に渡ります。

使用するプログラミング言語も多数あり、どの業界の仕事を担当するかによって、必要な言語も違います。多くの言語を扱えるスキルがあれば、エントリーできる求人の幅も広がるでしょう。

プログラマーの年収

転職前に知っておこう!プログラマー(PG)とエンジニア(SE)の違いとは

プログラマーの平均年収は勤続年数やスキルにもよりますが、初年度の場合300万円台が一般的なようです。

プログラマーはITエンジニア関連キャリアのスタート地点となる職種のため、決して高収入だとは言えないかもしれません。

 年齢が高くてもスキルによっては年収が低い場合も多いのが実情です。

スキルや扱える言語、携わるプロジェクトによって報酬に差がでるため、実績を積むことで年齢に関わらず高収入を得ているプログラマーも多くいます。

転職市場では、増え続けるニーズに対してスキルのあるプログラマーの人数が追いついていないのが現状です。

未経験でもポテンシャル採用に踏み切る企業も多く、入社後に実務を通してスキルを磨くことができます。

参考:マイナビ転職

エンジニア

転職前に知っておこう!プログラマー(PG)とエンジニア(SE)の違いとは

エンジニアは、クライアントから「システムを使ってやりたいこと」をヒアリングし、それに沿った仕様の決定と設計を担当する仕事です。

設計後はプログラマーによりプログラミングが組まれます。最終的にでき上ったシステムが設計通りかどうかをチェックするのもエンジニアとなります。

 システム構築のための予算や人員の見積もり、進捗管理などのマネジメント業務も、エンジニアの大切な仕事です。

エンジニアの仕事内容

エンジニアの仕事内容は、企業や開発チームによって異なります。ここではエンジニアが担当する上流工程をご紹介します。

要求分析・要件定義 クライアントの要望をヒアリング
基本設計 クライアントにニーズに沿ったシステム設計
詳細設計 プログラミングのために必要な細かな設計
テスト システムが設計通りの動作をするかテスト

プログラマーとして現場経験を積んだ上で、システム開発の上流工程を行うエンジニアにキャリアアップをする人も多いです。

エンジニアの年収

エンジニアの年収は452万円程度が目安のようです。スキルや経験、業界によっても異なりますが、一般的にはプログラマーよりも高収入を目指せる可能性が高いと言われています。

また、ITコンサルタントにステップアップすることで、さらなる昇級も可能です。

昇進することで年収アップにも期待できるでしょう。

参考:doda

プログラマー(PG)・エンジニア(SE)として転職できる業界

プログラマー(PG)・エンジニア(SE)を積極募集している業種

プログラマー・エンジニアはニーズが高い人材のため採用間口が広い職種です。なかでも積極募集をしている3つの業界を紹介します。

IT業界

IT業界ではプログラマー・エンジニアの求人が豊富にあります。今後も市場拡大すると期待されている業界のため、企業は人材確保に積極的です。

ただしIT業界とひとことで言っても、企業規模、業績、職種と責任範囲により、その待遇には大きく差があります

 企業選びでは、企業の将来性や、スキルアップへのサポート体制、またキャリアップを見込めるかも重要です。

Web業界

プログラマー(PG)・エンジニア(SE)を積極募集している業種

新しい技術を積極的に取り入れる土壌が育っているのが、Web業界の特徴です。トレンドに敏感で、新しいもの好きな人にも向いています。

また、システム開発が好きで、やりがいのある開発をしたい人にも、Web業界はおすすめです。

Web業界は開発スパンが短いこともあり、短期集中でさまざまな仕事をこなしたい人にもおすすめです。

ゲーム業界

ゲーム業界はほかの分野でプログラマーとして活躍していた人が、転職を希望するケースも多い人気の業界です。

 ゲーム開発プロジェクトは基本的にチームを組んで進行するため、チームでの連携が不可欠となります。

ゲームプログラマーにはプロジェクトチームの一員として高度なコミュニケーションスキルが必要です。人と協力して成果を得ることにやりがいを感じられる人は、ゲーム業界に向いています。

未経験でもプログラマー(PG)・エンジニア(SE)に転職できる?

未経験でもプログラマー(PG)・エンジニア(SE)に転職できる?

プログラミング未経験でもプログラマーになることは可能です。実際、プログラマーの求人要項で「未経験歓迎」という言葉がよく見られます。

 未経験歓迎だからといって、まったく基礎知識がない状態での転職は難しいでしょう。

プログラミングを一度もやったことがない、というのは企業に「やる気がない」というネガティブなイメージを与えてしまいます。

実務未経験の場合は、応募前にプログラミングを実際にやってみることをおすすめします。

 エンジニアの場合は、経験がなくてもプログラミングスキルがあれば即戦力として採用の可能性があります。

また、全くの未経験でエンジニアを目指す場合は、プログラマーとしてキャリアをスタートするのが一般的です。

未経験でもプログラミング自体に興味があることが転職の必須条件です。

プログラマー(PG)・エンジニア(SE)の転職事情を解説!

ここでは、プログラマーの需要や市場価値、転職事情について解説します。

プログラマーの転職事情
  • IT業界は深刻な人手不足|プログラマーの需要は高い
  • コロナ禍以降もプログラマーの求人数は増加傾向
  • 求められる人材は即戦力|未経験者も積極採用

IT業界は深刻な人手不足!プログラマーの需要は高い

プログラマー 需要
近年、IT業界においては「webサイトの需要増加」「AI(人工知能)分野の拡大」「IoT技術活用の広がり」などにより、プログラマー需要が高い状態が続いています。

 今後もこの傾向は続くとみられ、転職市場においても、需要に対して求職者の人数が足りない状態が継続すると考えられます。

IPA(独立行政法人情報処理推進機構)による調査「IT人材の“量”に対する過不足感」では、IT業界の約9割以上の企業が「IT人材が不足している」と回答しています。

プログラマーの転職事情は現在も「売り手市場」にあると言えるでしょう。

コロナ禍以降もプログラマーの求人数は増加傾向

プログラマー 求人数
IT分野業界の深刻な人材不足を受け、プログラマーの需要は高い状況にあります。

 採用動向についても、コロナショックのため一時採用を絞る企業などもみられましたが、現在は人手不足を受け、積極的に採用活動を行う企業が増えてきています。

AI技術の普及やオフショア開発の拡大によって、一時期「プログラマー需要は落ち着く」という見方もありましたが、代替が効かない人材のニーズが増しているため、求人数は減少していません

自分の強みを活かせる企業の情報を効率よく収集しましょう。

求められる人材は即戦力!未経験者も積極採用

プログラマー 採用基準
IT業界は現在、深刻な人手不足にあることから未経験の採用に積極的です。一方、経験者の場合は即戦力であることが重視され、高いスキルや実績が求められる傾向にあります。

 企業が即戦力となる経験者を求める背景には、未経験者を積極的に採用しているため、人材育成コストを経験者に割けないといった事情もあります

プログラマーへの転職の場合、未経験者は「ポテンシャル採用」、経験者は「資格・スキル・実績など実力を重視した採用」だと覚えておきましょう。

経験者・未経験者を問わず、プログラマーへの転職を成功させる鍵は自分の強みや資質を正しく理解することです。

転職活動をはじめる前に、転職エージェントなどを活用して、キャリアの棚卸しや自己分析を徹底的に行うことをおすすめします。

プログラマー(PG)・エンジニア(SE)への転職に役立つ資格

プログラマー(PG)・エンジニア(SE)への転職に役立つ資格

プログラマー・エンジニアへの転職に必須の資格はありません。そのため、無資格でもスキルがあれば働くことは可能です。

しかし、自分のスキルを証明するための資格があれば、転職活動に有利なのは間違いありません。ここではプログラマー・エンジニアの転職に役立つ資格を4つご紹介します。

ITパスポート試験

ITパスポートは、ITに関する基礎知識が証明できる国家資格です。ITを正しく理解し、業務に効果的に活用できるITスキルが身につきます。

社員の人材育成にITパスポート試験を採用する企業も多く、採用活動におけるエントリーシートへの記入を求める動きも広がっています。

主催団体 独立行政法人情報処理推進機構
受験資格 なし
受験料(税込) 5,700円
取得するメリット
  • 情報セキュリティに関する知識をもとに、オフィスツールを活用できる
  • 関連法規や情報セキュリティに関する規定に従って活動できる
  • 情報システム開発および運用に関する知識が身に付く
  • 新しい技術や手法の概要に関する知識が身に付く

基本情報技術者試験

プログラマー(PG)・エンジニア(SE)への転職に役立つ資格

基本情報技術者試験では、高度IT人材となるために必要な情報処理の基礎知識、機能、活用能力を試されます。

情報処理技術者試験の中でも基本となる資格ですが、ITパスポートや情報セキュリティマネジメント試験より難易度が高い資格となっています。

 2020年より、出題の見直しが行われているので受験の際には公式HPでの確認作業を怠らないようにしましょう。

基本情報技術者試験は、社会人が有利となるマネジメント系、戦略系問題の出題率がITパスポートに比べて低いため、受験の際には出題傾向をチェックすることをおすすめします。

主催団体 独立行政法人情報処理推進機構
受験資格 なし
受験料(税込) 7,500円
取得するメリット
  • 情報技術を活用した戦略立案の知識・技能を証明できる
  • システムの設計・開発・運用に関して知識・技能を習得できる

Javaプログラミング能力認定試験

Javaプログラミング能力認定試験は、日本国内の民間資格です。Javaの知識レベルを測り、プログラム作成能力を認定する、プログラマーを目指す人におすすめの資格のひとつです。

比較的難易度が低く、とくに3級はプログラミング初心者が腕試しとして受けるのに向いています。

主催団体 サーティファイ情報処理能力認定委員会
受験資格 なし
受験料(税込)
  • 1級:7,800円
  • 2級:6,400円
  • 3級:5,200円
取得するメリット
  • 1級:業務システムの流れを把握し、変更仕様に従ってプログラムの保守ができる
  • 2級:Javaに関する一般的な知識があり、小規模プログラムが適切に書ける
  • 3級:Javaに関する基本的な知識があり、簡単なプログラムが書ける

ネットワークスペシャリスト試験

プログラマー(PG)・エンジニア(SE)への転職に役立つ資格

ネットワークスペシャリストは国家資格で、ネットワークシステムの構築や運用に関わるネットワークエンジニアやインフラ系エンジニアを目指す人におすすめの資格です。

ネットワークスペシャリスト試験ではネットワークに関する幅広い知識が問われます。難易度の高い資格ですが、証明できるスキルも質が高いのが特徴です。

主催団体 独立行政法人情報処理推進機構
受験資格 なし
受験料(税込) 5,700円
取得するメリット
  • 目的に応じた適用可能な技術、サービスを選択できる
  • 組織の要求を理解したネットワークシステムの仕様を作成できる
  • 最適な論理設計・物理設計ができる

プログラマー(PG)・エンジニア(SE)への転職に向いている人の特徴

プログラマー・エンジニアの転職に興味があるけれど、自分がプログラマーに向いているのか分からず不安に感じている人も少なくありません。

未経験であればなおさらその不安は大きくなるでしょう。ここではプログラマー・エンジニアに向いている人の特徴を紹介します。

1.注意力がある人

プログラマー(PG)・エンジニア(SE)が向いている人の特徴

プログラマーの仕事は小さなミスが命取りとなります。コードの書き間違いひとつでシステムがうまく動作せず、チーム全体やクライアントに多大な迷惑をかける可能性があります。

そのため、ちょっとした不備を迅速に見つけて修正ができる注意力が必要です。

2.新しい知識を常に学び続けられる人

プログラマー・エンジニアとして仕事をするためには、専門知識を学び続ける覚悟が必要です。IT分野は技術の進歩が目覚ましく、数か月前の方法が今日はもう古い、ということもしばしばあります。

また、プログラミング関連の資格は種類も多く、セミナーや研修なども意欲的に開催されています。

積極的に学ぼうとする人とそうでない人では、スキルや任される仕事に目に見えて格差が出てくるでしょう。

3.コミュニケーション能力がある人

プログラマー(PG)・エンジニア(SE)が向いている人の特徴

プログラマーの仕事はチームのメンバーやクライアント、関係各所と連携しながら足並みをそろえなければ達成できません。

そのため、コミュニケーション能力が高く、協調性がある人は仕事をスムーズに進められるでしょう。

4.根気がある人

プログラミングはトライ&エラーを重ねて根気強く努力する仕事です。完成させたシステムをクライアントの新たな希望に合わせて大幅修正することも少なくありません。

コードの書き換えという地味な作業を単調にこなすだけでなく、目的意識をもって前向きに取り組める人はプログラマーへの転職に向いています。

プログラマー(PG)・エンジニア(SE)への転職を成功させるコツ

プログラマー(PG)・エンジニア(SE)への転職を成功させるコツ

プログラマー・エンジニアは求人件数が多い職種です。ただし、好条件の求人には多くの応募者が殺到します。

プログラマー・エンジニアへの内定を勝ち取るためにはコツを抑えた転職活動が重要です。

1.必要なスキルをしっかりと勉強する

転職活動および入社後のミスマッチを防ぐために、企業が求める分野の必要スキルを勉強しましょう。

ミスマッチがあると、たとえ高いスキルの応募者でも企業から内定を貰うのは難しくなります。また、入社後に現場で実際的な仕事をするためには、業界の基礎知識が必須です。

転職を希望する業種や職種に合わせたスキル習得に力を注ぎましょう。

2.なるべく早く転職活動を始める

プログラマー(PG)・エンジニア(SE)への転職を成功させるコツ

プログラマー・エンジニアの転職では、20代の若手採用が一般的です。これは企業側が「長く働いてくれそうな若い人材」を求めていることにほかなりません。

また、30代以降の転職の場合はポテンシャル採用がなくなり、採用率がぐっと下がります。

 30代以降の転職では、マネジメントスキルやプロジェクト実績など、即戦力になるレベルのスキルなどが求められます。

プログラマー・エンジニアへの経験が浅い人ほど、採用率が高い若手のうちに転職活動をスタートさせる必要があります。

3.経験者は人間力よりも実績を提示

プログラマー・エンジニア経験者であれば、即戦力として転職活動を有利にすすめられます。過去の職歴や経歴の棚卸をして、具体的どのようなスキルで貢献できるか提示しましょう。

人間性をアピールする未経験者や経験の浅い若手と同じ土俵に立たず、実績重視の自己アピールをするのがおすすめです。

ポートフォリオに実績をまとめて、面接などで提示できるよう準備をしておくと良いでしょう。

4.転職エージェントを活用する

プログラマー(PG)・エンジニア(SE)への転職を成功させるコツ

未経験の場合は、転職にまつわる情報収集に時間をとられるため、転職準備の段階でつまずいてしまう可能性があります。

また、経験者は自分のレベルに合った転職先を見つけるためには、自分の市場価値などを把握して転職活動をすすめる必要があるでしょう。

 そんな時は、転職のプロである転職エージェントを活用するのがおすすめです。

転職エージェントでは無料で転職活動のサポートが受けられるうえ、スキルに合わせて企業から直接スカウトが来るサービスを利用できることもあります。

プログラマー(PG)・エンジニア(SE)を目指す人におすすめの転職エージェント5選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 業界でもトップクラスの非公開求人数!
  • 全国どの地域に住んでいても利用可能!
  • 模擬面接など、選考対策も手厚い!
  • 完全無料

リクルートエージェントは16万件以上※1の非公開求人を持つ転職エージェントです。

 非公開求人は公開すると応募が殺到してしまうような好条件求人である場合がほとんどです。

自分のアピールポイントや、どのような仕事がわからない、といった場合でもキャリアアドバイザーとの面談を通して、自分にぴったりの求人を見つけることができます。

応募書類の添削や、面接の対策も受けることができます。
企業の分析も細かく行っているため、求人を紹介する段階から、企業について詳しく教えてもらえます。入社後のミスマッチを防ぐことができますよ。
公開求人数※2022年3月24日時点 176,080件
IT技術職の公開求人数※2022年3月24日時点 49,246件
掲載されている主なIT技術職
  • ソフトウェアメーカー
  • ネットワーク機器メーカー
  • 社内SE
  • ゲーム・ソーシャルアプリ
  • メディア・WEBサイト
主なサービス・機能
  • エージェントサービス
  • 職務経歴書エディター
  • 面接力向上セミナー
  • 担当者面談
利用可能地域 東京/西東京/宇都宮/さいたま/千葉/横浜/京都/大阪/神戸/名古屋/静岡/北海道/東北/岡山/広島/福岡
運営会社 株式会社リクルートキャリア

doda

doda

おすすめポイント
  • 完全無料で利用できる
  • 非公開求人を豊富に保有している
  • 専任のアドバイザーに相談できる

dodaは、非公開求人を含む豊富な求人数が魅力の転職エージェントです。求人は毎週月・木曜日に更新されるため、いつでも新しい情報の中から求人を探すことができます。

 エンジニアやプログラマーを含むIT技術職の求人も多数取り扱っているほか、ITエンジニアに特化したページも公開されています。

IT業界に精通した専任のキャリアアドバイザーが面接でのアピールポイントや転職先との年収交渉までサポートしてくれるため、より希望に近い条件での転職が実現しやすいでしょう。

アドバイザーとのカウンセリングは、オンラインでも実施しています。
公開求人数※2022年3月24日時点 129,686件
IT技術職の公開求人数※2022年3月24日時点 27,889件
掲載されている主なIT技術職
  • インフラエンジニア
  • Webサービス系エンジニア
  • プログラマー
主なサービス・機能
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • スカウト
  • 転職ノウハウ
利用可能地域 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

出典:公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

おすすめポイント
  • 無料で利用できる(有料プランもあり)
  • ヘッドハンターからスカウトが届く
  • 年収1,000万円以上のハイクラス求人も充実

ビズリーチは、年収1,000万円以上の求人を多数保有している転職エージェントです。ヘッドハンターによるスカウトも行っており、他では出会えなかった好条件の求人を紹介してもらえる可能性もあります。

 特にエンジニアの求人が充実しており、フロントエンドエンジニアやインフラエンジニア、ネットワークエンジニアなどさまざまな種類の求人を検索できます。

基本的には無料で利用できますが、より多くの求人数をチェックしたりすべてのスカウトに返信したりと、充実したサポートを受けたい場合は有料プランの検討もおすすめです。

ニーズに合わせて無料プラン・有料プランを選べるのが良いですね。
公開求人数※2022年3月24日時点 72,275件
IT技術職の公開求人数※2022年3月24日時点 16,986件
掲載されている主なIT技術職
  • システムエンジニア
  • フロントエンドエンジニア
  • インフラエンジニア
  • サーバーエンジニア
主なサービス・機能
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • スカウト
  • ヘッドハンター
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社ビズリーチ

出典:公式サイト

レバテックキャリア

レバテックキャリア

おすすめポイント
  • 完全無料で利用できる
  • IT業界の求人に特化している
  • 初回提案での内定率は90%

レバテックキャリアは、IT業界の求人に特化した転職エージェントです。エンジニアの転職支援実績のあるアドバイザーから、自分に合った求人を紹介してもらうことができます。

 公式サイトでは、企業に人気の職種やプログラミング言語のランキングも発表しているため、よりニーズの高い職種を目指して転職活動を進められるでしょう。

書類添削面接対策面接日の調整などアドバイザーがマンツーマンでサポートしてくれるため、安心して面接当日を迎えられます。

困ったことがあれば、アドバイザーにLINEで相談することも可能ですよ。
公開求人数※2022年3月24日時点 13,587件
IT技術職の公開求人数※2022年3月24日時点 7,453件
掲載されている主なIT技術職
  • アプリケーションエンジニア
  • サーバーエンジニア
  • 社内SE
  • ゲームプログラマー
主なサービス・機能
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 書類添削・面接対策
  • キャリアカウンセリング
利用可能地域 全国
運営会社 レバテック株式会社

出典:公式サイト

type転職エージェント

type転職エージェント

おすすめポイント
  • 27年の転職支援実績の信頼度
  • 独占求人・非公開求人多数!
  • 若い世代をターゲットにした転職サポートが充実
  • 利用者満足度87%※1

type転職エージェントは、主に都市部(東京・神奈川・埼玉・千葉)の求人に力を入れており、手厚い転職支援サービスを行っている転職エージェントです。

 27年間の転職実績とIT企業との結びつきが強いことから、IT系の業務を目指している方にはおすすめの転職エージェントです。

ベテランのアドバイザーが在籍しているので、ITについて専門知識を保持していることはもちろん、非公開求人も豊富なので活用するメリットは大きいでしょう。

20代を中心とした若い年齢層をターゲットにしているので、「20代初めての転職相談会」が開催され、20代ならではの悩みを配慮してくれます。

若い層をターゲットにしているということは、未経験歓迎の求人もある可能性が高いです。
公開求人数※2022年3月24日時点 24,000件
IT技術職の公開求人数※2022年3月24日時点 4,497件
掲載されている主なIT技術職
  • ITコンサルタント
  • アプリケーション開発
  • WEBデザイナー
  • 社内SE
  • クリエイター
主なサービス・機能
  • エージェントサービス
  • 応募書類の添削・面接対策
  • IT専任アドバイザーによるキャリアカウンセリング
  • 非公開求人の紹介
利用可能地域 全国・海外
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター

出典:公式サイト

よくある質問

未経験からプログラマー転職を目指す場合、スクールには通うべき?
転職だけを考えると、プログラミングスクールの利用は必須ではありません。しかし、未経験で資格・実績なしの場合、応募できる企業が少なく選択肢が限られてしまいます。選択肢を広げたい、少しでも好条件の求人に応募したいという場合は、スクールに通い、基礎知識やスキルを身につけることをおすすめします。
プログラマーの種類にはどんなものがありますか?

プログラマーの種類は多種多様で、厳密に分類するのは難しいと言えます。転職で人気の代表的なプログラマーを挙げると、「webプログラマー」「アプリケーションプログラマー」「組み込み系プログラマー」「汎用系システムプログラマー」「ゲームプログラマー」などがあります。「自分がどの種類のプログラマーに適性があるかわからない」「そもそもプログラマーの分類が理解できない」などの疑問がある場合は、IT業界に特化した転職エージェントを活用し、キャリアアドバイザーに質問や相談するとよいでしょう。

文系出身でもプログラマーに転職できますか?

プログラマーは理系出身者が有利と思われがちですが、文系出身者でもまったく問題ありません。プログラマーの仕事では、技術文書をはじめとする書籍や書類を読み解く力や、ストーリーを考える力も必要となります。これらは文系出身者の得意とするところと言えるでしょう。プログラマーは実力主義の仕事のため、資格やプログラミングスキルを身につけ、会社の利益に貢献できる人間と判断されれば、文系理系の区別なく採用・評価されます。

転職エージェントは何社登録すればいいですか?

非公開・独占求人の検索が目的であれば、何社登録しても問題ありません。検索機能を利用できる転職エージェントが多ければ多いほど、収集できる求人情報が多くなり、転職先の選択肢も広がります。ただし、キャリアアドバイザーによるサポートが目的であれば、2~3社程度がベターです。4社以上のキャリアアドバイザーを利用するとなると、連絡に追われたり、ダブルブッキングが起きたりと、様々な不都合が起きやすくなります。

プログラマーは重労働・低賃金って噂は本当ですか?
かつては、プログラマーは過酷な労働環境に置かれるケースも少なくありませんでしたが、IT業界の深刻な人材不足を受けて、現在では労働環境や待遇がかなり改善されています。また、正社員のプログラマーの平均年収は「437万円(※)」と、決して低賃金といった水準ではないので安心してください。
※出典:プログラマーの仕事の平均年収は437万円|求人ボックス

まとめ

今回は、プログラマー・エンジニアへの転職についてご紹介しました。転職市場でニーズの高い専門職であるプログラマー・エンジニアは求人件数が多いため、自分に合った業界、職種を見つけるのも一苦労です。

転職未経験者は何から準備をすればいいのか、転職活動自体への不安もつきまといます。

そんな時はひとりで悩まずに、転職エージェントに相談してみましょう。

転職のプロであるエージェントのサポートを受けることで、スムーズに転職活動が可能です。転職エージェントに登録しておけば、一般には公開されない優良非公開求人を紹介してもらえることもあります。

 いくつか掛けもちして登録することで、自分にピッタリの求人情報を逃さず入手も可能です。

記事内で紹介した転職エージェントは無料で利用できるため、上手く活用しながらプログラマー・エンジニアへの転職を成功させてくださいね。

当サイトでは転職に関する独自のアンケート調査を行っております。アンケート調査の結果はこちらのページを御覧ください。アンケート調査の結果はこちら

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事