採用サイト制作のおすすめ会社5選!費用や選び方のポイントも解説

採用サイト制作のおすすめ会社5選!費用や選び方のポイントも解説

近年の求人市場では、紙面ではなくインターネットを通して採用活動を行う機会が多くなってきました。

採用サイトは、求職者に直接的にアプローチをして企業の魅力を伝えられる手段としても重要視されています。

応募者の目を引き、エントリーしたくなるような採用サイトを作ることが、今後の課題となるでしょう。

そこで今回は、採用サイトの制作について、費用や相場、制作会社の選び方などを解説します。

この記事でわかること
  • 採用サイト制作の費用・相場
  • 採用サイト制作会社の選び方
  • 採用サイト制作のメリット・デメリット

多数の実績を誇るおすすめの採用サイトの制作会社も紹介するため、ぜひ参考にしてみてください。

採用サイト制作の目的と役割

まずは、採用サイトを制作する目的や採用サイトの役割について知っておきましょう。

採用サイト制作の目的

採用サイト制作の目的と役割

採用サイトの目的は、人を採用することです。つまり、採用サイト完成がゴールなのではなく、求める人材が入社することをゴールに設定することが大切だと言えます。

採用サイト制作を通して、自社が求める人材を明確にすることも目的の一つですね。

採用サイトの役割

採用サイト制作の目的と役割

人材を確保しようとした場合、求人サイトや求人誌に掲載することもできます。しかし、採用サイトを充実させるのには重要な役割があるのです。

採用サイトの役割
  • 会社への興味・理解を深める
  • 来訪者の自社志望を高める
  • エントリー数を増やす
  • 入社後のミスマッチを防ぐ
  • 求人広告掲載料をかけずに求人を行う

このように、採用サイトの制作は来訪者の志望意欲を掻き立てるほか、自社について細かく紹介することで入社後のミスマッチを防ぐことができます。

広告費をかけずに自社をアピールできることも重要ですね。

採用サイト制作の費用・相場

ここからは、採用サイト制作における費用や相場について解説していきます。

作成ページの規模による相場

採用サイト制作では、作成ページの規模により料金が設定されているケースが多いです。まずは、費用相場と作成ページ内容を紹介します。

無料~10万円

採用サイト制作の費用・相場

無料から10万円の低価格では、採用サイト制作会社にすべて任せるのではなく、自社も制作に携わる必要があります。

無料~10万円で依頼できる内容例
  • 採用サイト制作会社のパッケージの利用
  • テンプレートを利用したデザイン作成

低価格での依頼は、採用サイト制作会社が作ったパッケージを利用して依頼者が完成させるものがほとんどです。

発注から完成まで短期間で完了するのが特徴です。

プランによっては追加料金が発生し、10万円を超えることもあるので事前に見積を依頼しましょう。

10万円~50万円

採用サイト制作の費用・相場

10万円~50万円の相場では、テンプレートとオリジナルを交えた独自の採用サイトを作れるケースが多いようです。

10万円~50万円で依頼できる内容例
  • 最低限のコンテンツを提供
  • テンプレートとオリジナルを合わせた採用サイトの構築

なお、原稿や写真などは依頼者が用意しなければならない場合もあります。

作成期間は、1カ月前後が目安です。

テンプレートだけでなくオリジナル要素も取り入れられることから、融通が利くのが特徴です。

50万円~150万円

採用サイト制作の費用・相場

自社独自の採用サイトのほか、さまざまなコンテンツが盛り込まれたのが50万円~150万円の価格帯の特徴です。

50万円~150万円で依頼できる内容例
  1. オリジナルのコンテンツ制作
  2. インタビューや社風の紹介などを盛り込む
  3. 多数の写真を掲載

読み応えのある採用サイトやランディングページの作成が可能になります。

撮影なども制作会社にお願いするため、作成までに2カ月前後を要することが多いようです。

また、社長インタビューやブログ記事など、コンテンツを充実させることも可能です。

150万円~

採用サイト制作の費用・相場

低予算の採用サイトであれば、小さな制作会社でも対応できますが、150万円~規模の場合は実績のある大手に発注しましょう。

150万円~で依頼できる内容例
  1. 採用コンサルティングサービス
  2. 応募数や採用数に直結するブランディング
  3. テンプレートを使用しないオリジナルの採用サイト制作

150万以上規模の採用サイト制作では、サイト作成に対する費用より、運用に向けたコンサルティング費用が大きくなります。

採用サイトを作成しても応募が来るとは限らないため、運用ブランディングが重要ですね。

制作サイト内容による相場

では、採用サイト制作会社に依頼する項目別に、どれくらいの予算が必要であるか相場を解説します。

企画・ディレクション

採用サイト制作の費用・相場

企画・ディレクションにかかる費用相場は、10万円~30万円です。

企画・ディレクションの内容例
  • 採用サイトの方向性の決定
  • コンセプトやデザインの決定

主に制作に入る前の準備段階を指します。企画が定まらなければ採用サイトの仕上がりも左右するため、重要な段階だと言えるでしょう。

デザイン・コーディング

採用サイト制作の費用・相場

デザインやコーディング項目の費用相場は、15万円~40万円です。

デザイン・コーディングの内容例
  • 採用サイトのデザイン作成
  • サイト全体のコーディング

企画やディレクションが終わると、デザイン・コーディングの工程に入ります。サイト全体の仕上がりに直接影響するプログラミングなどを行います。

サイトの規模が小さければ、コストを抑えることができますよ。

コンテンツ制作

採用サイト制作の費用・相場

コンテンツ制作の内容例
  • 写真撮影やインタビュー記事の作成
  • インフォグラフィックスの作成
  • 動画作成

コンテンツ制作の費用相場は、コンテンツ内容により異なります

インタビュー・撮影 5万円~10万円
インフォグラフィックス 15万円~25万円
動画制作 15万円~35万円

いずれも規模や内容が多くなるほど費用がかかります。

運用・保守

採用サイト制作の費用・相場

運用や保守にかかる費用相場は、月額3万円~8万円です。

運用・保守の内容例
  • 採用サイトのメンテナンス
  • 新規記事やコンテンツの追加
  • サーバーの管理

採用サイトを運営する場合、多くは作成後に記事やコンテンツを追加していきます。

新たなコンテンツを追加することで、応募者に常に新しい情報を届けられますね。
サイトの運用を任せる場合は、作成費とは別にレンタルサーバーの月額料金など追加料金がかかることがほとんどです。

採用サイト制作会社の選び方

ここからは、実際に採用サイトの制作会社を選ぶ際に意識したい2つのポイントを紹介します。
選ぶポイント
  1. 採用サイトの制作実績の有無
  2. 企業に合った企画・デザインができるか

①採用サイトの制作実績の有無

採用サイト制作会社の選び方

採用サイトを選ぶ際は、制作実績をチェックしましょう。

チェックポイント
  1. 制作した採用サイトのページ
  2. 採用サイト作成以外のブランディング等実績

自社が大規模な採用サイトを検討しているのに、中小企業向けの小さな採用サイトの作成実績しかないのであれば、ニーズがマッチしない可能性があります。

採用サイトの実績から、自社に合う企業を選びましょう。

②企業に合った企画やデザインができるか

採用サイト制作会社の選び方

採用サイト制作実績のほかに、企業のイメージに沿った企画やデザインができるかどうかも選ぶポイントとして重要です。

チェックポイント
  • 実績掲載の写真
  • ページ全体のブランディング・デザイン

企業に合った企画やデザイン、ブランディングができるかどうかが制作会社決定の重要なポイントです。

無料相談を実施している制作会社もあるため、まずは相談してみてはいかがでしょうか。

採用サイトを制作するメリット

ここからは、採用サイトを制作するメリットについて解説します。

採用サイトを制作するメリット
  1. 競合他社と差別化できる
  2. 求職者のミスマッチを防止できる
  3. 好きなデザインで作成できる
  4. 応募率アップを期待できる

①競合他社と差別化できる

採用サイトを制作するメリット

優秀な人材を採用する上では、自社の求める人材を奪い合う競合となる企業に勝たなければなりません。

 例え業種や企業規模などが違っていても、求める人材の志望軸によっては、さまざまな企業が採用競合となり得る可能性があります。

そのような時に採用サイトがあれば、自社の魅力や強みを求職者にダイレクトにアピールできるため、差別化が可能です。

競合他社との差別化を図るコツとしては、以下のものがあります。

競合他社との差別化を図るコツ
  • 採用競合に真似できない要素を洗い出す
  • 採用競合が自社と比較して優れている点を洗い出す

求職者の目線で採用競合の求人内容や収集した情報を分析すれば、他社にはないオリジナルの採用サイトを作成できるでしょう。

サイトの公開後も定期的にアクセス解析を行い、改善を重ねることが大切です。

 

②求職者のミスマッチを防止できる

採用サイトを制作するメリット

たくさんの応募があっても、企業と求職者との間でミスマッチが起こると採用まで繋げられません。

効率よく採用活動を進めるためにも、ミスマッチは事前に防ぎたいものです。

自社の採用サイトで、求人媒体で伝えることのできなかった下記のような情報を掲載すれば、求職者に正確な情報の提供が可能です。

採用サイトの掲載例
  • 部署ごとの細かい仕事内容
  • 経営理念・社風
  • 従業員の仕事風景や雰囲気
  • 求めている人材について
  • 代表取締役のインタビュー

このように、入社前に知っておいて欲しい情報をしっかりと伝えられます。求職者は、求人の応募前に採用サイトをチェックし、自分に合っているかどうかを見極められるでしょう。

③好きなデザインで作成できる

採用サイトを制作するメリット

求人媒体では、デザインや掲載内容があらかじめ決められているものが多いです。掲載できる枠の制限があるため、企業の魅力を表現しきれないこともあります。

 同じテンプレートデザインになるため、他社との差別化を図りにくいデメリットもあります。

一方、採用サイトなら、煩わしい制限もなく好きなデザインで作成可能です。

掲載する写真や動画も自由なので、より濃い内容の情報を伝えられますよ。

以下のような独自性の高いデザインも作成可能です。文章だけではなく、魅力的なデザインで画像や動画を使えば、求職者の応募意欲を向上させられます。

 求職者が見やすい位置にエントリーボタンを設置すれば、応募率をアップさせることもできるでしょう。

④応募率アップを期待できる

採用サイトを制作するメリット

ひとつの求人媒体で採用活動を行っても、求める人材がその求人媒体を見ていなければ、思うように応募が集まらないこともあるでしょう。

一方、採用サイトを作成すれば、以下のようなあらゆる媒体経由からアクセスを集められます。

採用サイトが見られる媒体の例
  • facebookやtwitter、lineなどのSNS
  • googleなどのインターネット検索
  • 企業HPに採用サイトバナーを設置
  • ポスターやパンフレットに採用サイトのQRコードを設置

現在は、1人1台スマホを持っている時代です。

さまざまな媒体経由からのアクセスを逃す心配がないため、応募率アップも期待できると言えるでしょう。

採用サイトを制作するデメリット

次に、採用サイトを制作するデメリットについて解説します。

採用サイトを制作するデメリット
  1. 費用がかかる
  2. 広告をする必要がある
  3. 維持費がかかる

①費用がかかる

採用サイトを制作するデメリット

採用サイトを作成する際、制作会社に依頼する必要があります。依頼内容にもよりますが、ある程度のコストがかかってしまう点がデメリットです。

 一般的に、採用サイトの制作費は10万円から高額なもので100万円以上かかるケースもあります。

本格的な内容の完全オーダーメイドプランを選択すると、料金が高額になる傾向があります。

少数名の採用である場合には費用対効果が合わない可能性があるので、注意が必要です。

あらかじめ予算を決めて、複数社に見積もりを取るようにしましょう。

②広告をする必要がある

採用サイトを制作するデメリット

採用サイトを制作しただけでアクセス数が伸びるとは限りません。広告を行い、求職者に採用サイトの存在をアピールする必要があります。

 求人媒体やSNS、パンフレットなどで積極的にアピールしましょう。

紙媒体の宣伝の場合、URLよりもすぐにサイトにアクセスできるQRコードを活用するのもおすすめです。

求職者に興味を持ってもらいやすい方法で、効率的に広告活動を行うことが大切です。

自社に興味のありそうな求職者が集まりやすいメディアや場所はどこか、考えながら進めていきましょう。

③維持費がかかる

採用サイトを制作するデメリット

制作会社にサイトの管理を依頼する場合、毎月費用がかかってしまいます。いくら人材採用に成功しても、毎月支払う費用が高額であれば赤字になってしまうこともあります。

 維持費をかけたくない場合は、作成後自社で管理できるシステムを用意してもらうことがおすすめです。

なお、採用サイトは一度作成したら終わりではありません。企業情報や応募内容に変更があれば、都度修正をする必要があります。

情報が古いままでは、求職者の応募意欲を向上させることはできません。

定期的に写真を撮り直すなどして、リニューアルしていきましょう。

採用サイト制作におすすめの会社5選

株式会社ONE

株式会社ONE

株式会社ONEは、採用サイトのほか、企業サイト制作、動画制作などオンライン集客に特化した会社です。

おすすめポイント
  • 人事事業に精通しているため密度の濃い採用サイト制作が可能
  • SEO・広告などから集客ができる
  • 自社のサイトや動画、資料まで発注可能

株式会社ONEでは古い採用サイトを再構築して新たな応募者を増やすほか、早期退職者の削減に取り組んだ制作を行っています。

オーダーメイドやテンプレートの使用など、さまざまなプランが用意されていますよ。
運営会社 株式会社ONE
主なサービス内容
  • 採用サイト制作
  • 企業サイト制作
  • パンフレット、漫画、動画制作
費用例 プランにより月額5,000円(税込)~

株式会社アドヴァンテージ

アドヴァンテージ

アドヴァンテージは、横浜の本社のほか、札幌や大阪に支社を構える採用サイトの企業です。

おすすめポイント
  • 採用のコンサルティングサービスの実績も多数
  • 大手求人サイト以外での求人を可能にできる独自のルートを提供
  • 求人特化型の広告運用の代行可能

アドヴァンテージは、1,000社を超える採用サイト等の支援実績があります。テレビや雑誌など、さまざまなメディアに取り上げられた実績もある企業です。

採用サイトのほかに、採用コンサルや集客支援も併せて行っていますよ。
運営会社 株式会社アドヴァンテージ
主なサービス内容
  • 採用ランディングページの作成
  • 採用コンサルティングサービス
  • 自社サイト運用サポートサービス
費用例 ちょくルートチャレンジパック:726,000円(税込)

株式会社プラットイン

プラットイン

大阪に本社を構えるプラットインは、2,000社以上の採用サイト分析を行ってきた企業です。

おすすめポイント
  • 自社求人サイトを運営しているノウハウを持つ
  • web制作や採用サイトの専門家が集まる
  • 東証一部上場企業の採用サイトを担当した実績

プラットインの魅力は、自社も採用サイトのメディアを運営している点です。

自社採用メディアで得られた知識を活かしてもらえるのは嬉しいですね。
採用サイトを制作すれば終わりではなく、より効率的な採用に結び付けるようなブランディングも提案してくれます。
運営会社 株式会社プラットイン
主なサービス内容
  • 採用サイトの制作
  • 採用に関わるパンフレット・動画・記事等の制作
  • 求人に関わるプラットフォームインフラ事業
費用例
  • バリュープラン:68万円~
  • レギュラープラン:190万円~

株式会社ネオキャリア

ネオキャリア

ネオキャリアは採用サイトやwebサイト作成に特化した企業です。

おすすめポイント
  • 1億社以上の採用サポート実績
  • ほかの広告と組み合わせたブランディング
  • 社外へのクリエーターに外注

自社の採用サイトを構築するほか、無料でインディードへ掲載されるようなブランディングも行っています。

採用サイトなどのwebページ作成だけでなく、オンライン採用に関するセミナーの開催など、採用に関しての豊富なノウハウが魅力です。
運営会社 株式会社ネオキャリア
主なサービス内容
  • 採用サイトの制作
  • ホームページの制作
  • 採用支援サービス
  • 採用に関するセミナー開催
費用例
  • 採用サイト:70万円~
  • 企業サイト:150万円~
  • ランディングページ:30万円~

株式会社SPC(セカンドペンギンカンパニー)

SPC(セカンドペンギンカンパニー)

SPC(セカンドペンギンカンパニー)は、採用マーケティングのほか、インフルエンサーマーケティングやECサイトの制作など、メディアに関する事業を展開する会社です。

おすすめポイント
  • 採用サイト作成だけでなく実際の採用までを仕組化する
  • 各ジャンルの専門家が作成
  • 面接代行まで行う

SPCは、採用サイトを制作するだけでなく、採用までの流れを仕組化することに力を注いでいる企業です。

一貫してコンサルタントを請け負ってくれるため、募集から採用までがスムーズです。
運営会社 株式会社SPC
主なサービス内容
  • 採用サイトの制作
  • 採用コンサルタント
  • 採用アウトソーシング
  • サイトリニューアル
  • SNS運用
費用例 非公開

まとめ

今回は、採用サイト制作の費用やメリット・デメリット、おすすめの制作会社などを解説しました。採用サイトの制作はサイト訪問者数自体を底上げする要因になり、人材確保に役立つでしょう。

採用サイトを制作すると、競合他社との差別化や、求職者のミスマッチの防止、応募率アップなどさまざまなメリットがあります。

制作会社によって費用や依頼できるメニューが異なるため、気になる会社があれば無料相談や見積もりを依頼するのがおすすめです。

今回解説した内容を参考に、採用サイト制作会社とうまく連携して自社に有力な人材確保を行いましょう。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事