仕事が辛い・飽きたと感じる理由は?すぐにできる対処方法を解説!

仕事が辛い・飽きたと感じる理由は?すぐにできる対処方法を解説!

「仕事に行くのが辛い」「仕事に飽きてしまった」と考えている人も多いのではないでしょうか。

1日の大半を占める仕事が辛い・飽きてしまうと、身体やメンタル面で不調を招いてしまう可能性もあります。

しかし、仕事が辛い・飽きた原因が、いまひとつわからないという人も少なくありません。

そこで本記事では、仕事が辛い・飽きた人に関する以下の項目を解説します。

この記事でわかること
  • 仕事が辛いと感じる理由
  • 仕事に飽きたと感じる理由
  • 仕事が辛い・飽きたときの対処法
  • 仕事が辛い・飽きたときにやってはいけないこと

この記事を読めば、仕事が辛い・飽きたと感じる理由がわかるだけでなく、対処法のヒントを得られます。仕事が辛い・飽きたと感じる人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

仕事が辛いと感じる6つの理由

暗い部屋で頭抱えている人

仕事が辛いと感じる理由には、どのようなものが挙げられるのでしょうか。考えられる理由をひとつずつ解説します。

仕事が辛いと感じる理由
  • 職場の人間関係
  • 仕事が合わない
  • 企業文化・社風になじめない
  • 残業時間が長い
  • 給料や待遇に不満がある
  • セクハラ・パワハラの被害に遭っている

職場の人間関係

職場の人間関係が悪化していると、仕事が辛いと感じがちです。企業という組織に所属している以上、同じ職場の社員と協力しなくてはなりません。

 職場の人間関係が悪いと協力体制を構築できず、仕事がままならない場合があります。

特に、入社して間もない人はわからないことがあっても、質問しにくいと感じてしまうでしょう。

職場の人間関係は一度こじれてしまうと、元通りにするのが難しくなってしまいます

人間関係が悪い職場は息が詰まってしまいますよね。

仕事が合わない

シャッター越しに外を見つめる男性

仕事が辛いと感じている人のなかには、自分に合わない仕事を無理やりしている人もいます。

 一人ひとりの顔が異なるように、人間にはそれぞれ適性があります。適性に合わない仕事をし続けると、やりがいを見いだせません。

また、仕事中にミスを多発してしまい、仕事が合わないと感じてしまう人もいます。ミスを続けて起こすと自信を喪失し、より仕事が辛くなってしまうのです。

自信を失ってしまうとさらにミスを引き起こし、悪循環になってしまいます。

企業文化・社風になじめない

たとえ同業種・同職種であっても、企業によってそれぞれカラーは異なります。そのため、企業文化や社風にどうしてもなじめない人もいるでしょう。

例えば、20代・30代の社員が多く、活発な企業があったとします。

 そこに、物静かで内向的な人が入社すると、「企業文化になじめない」と感じがちです。

企業文化や社風は入社後にしかわからないケースも多い傾向にあります。自身の性格と企業のカラーがあまりにもかけ離れてしまうと、仕事が辛くなってしまうでしょう。

自分の性格を変えることは難しく、結果的に仕事が辛くなる人も多数見受けられます。

残業時間が長い

暗闇の中でパソコンを操作する女性

残業時間が長いと、仕事が辛くなってしまいます。なぜなら、残業時間が長ければ長いほど、プライベートの時間が持てなくなってしまうからです。

 例えば月60時間残業した場合、出勤日が20日間だとすると1日およそ3時間残業している計算になります。

定時が18時ならそこからプラス3時間されるので、退勤は早くても21時です。帰宅すると22時をまわってしまう場合が多く、余暇を楽しむ時間はほとんど残されていません。

残業が続くと身体だけではなく、メンタル面にも不調を招いてしまうので注意が必要です。

給料や待遇に不満がある

給料や待遇に不満がある場合、仕事が辛いと感じがちです。労働の対価である給料が十分に支払われなければ、モチベーションを保てなくなってしまうでしょう。

 特に、業務量や残業時間が多いのに、満足のいく収入が得られないと不満が大きくなります。

「何のために仕事をしているかわからない」と考える人もいるでしょう。

また、年功序列制の企業で働いている人も不満を抱えやすい傾向にあります。いくら成果を出そうと頑張っても、年次が上がらなければ給料アップしないからです。

給料や待遇はすぐに改善するのが難しく、仕事が辛いまま働き続けている人も少なくありません。

セクハラ・パワハラの被害に遭っている

ソファで頭を抱えている男性

仕事が辛いと感じている人のなかには、セクハラ・パワハラの被害に遭っている人もいます。

 セクハラ・パワハラ防止の認識は広まりつつありますが、それでも依然として被害に遭っている人がいるのは事実です。

セクハラ・パワハラに遭っていると、仕事どころではありません。心身に深い傷を負ってしまい、働き続けることが困難になってしまいます。

現在セクハラ・パワハラの被害に遭っている人は、信頼できる人や第三者機関へ相談してみましょう。

仕事に飽きたと感じる6つの理由

頬杖ついている女性

一方、仕事が飽きたと感じる理由にはどのようなものが挙げられるのでしょうか。考えられる理由は以下のとおりです。

仕事が飽きたと感じる理由
  • 仕事にやりがいを見いだせない
  • 単純作業のくり返し
  • 裁量がない
  • 成長を実感できない
  • 正当な評価を得られない
  • やりたいことが実現できない

仕事にやりがいを見いだせない

仕事にやりがいを見いだせないと、飽きてしまう人もいるでしょう。仕事は1日の大半を占めるため、やりがいがなければ長時間続けるのが難しくなります。

少しでもやりがいを感じられれば、たとえ仕事が辛くても「頑張ろう」と思えるはずです。

 しかし、一向にやりがいを見いだせないと、気分も落ち込んでしまいます。

仕事にやりがいを見いだせないままでは、パフォーマンスにも影響してしまうでしょう。ミスが続いて上司や先輩から叱責されると、ますます仕事へのやりがいがなくなってしまいます。

あまりにもやりがいを見いだせないと、仕事に飽き飽きしてしまいますね。

単純作業のくり返し

工場で働いている人

仕事に飽きてしまった人のなかには、単純作業のくり返しに嫌気がさしている人もいます。

 単純作業は慣れるまで時間がかかるものの、慣れてしまえばさほど目新しいことはありません。

そのため、何年も同じ単純作業をくり返していると、仕事に飽きてしまう場合があります。特に、工場のライン作業や簡単な事務作業によく見られる傾向です。

「単純作業=誰にでもできる仕事」だと考えてしまい、やる気が低下してしまう人もいます。

裁量がない

裁量がないと、仕事に飽きてしまうでしょう。裁量とは、個人の意思や考えによって仕事を処理することを指します。

 例えば営業職の場合、自分で顧客の候補をリストアップできる・営業方法を選べる・提案できる商品が多種多様であれば、裁量のある仕事といえます。

一方、決められた顧客にしか営業できない・営業方法が固定・提案できる商品が少なければ、裁量がない仕事になってしまいます。

裁量がないと創意工夫できず、仕事がルーティン化してしまうでしょう。

日々同じことを繰り返すだけなので、仕事に飽きてしまいます。

成長を実感できない

パソコンを操作する人

成長を実感できないと、仕事がつまらないものになります。人間はできることが増えていくと、モチベーションが高くなり、やる気に満ち溢れるものです。

 しかし、仕事を通じて成長できなければ、「これ以上、仕事を続けても意味がない」という心境に陥ってしまいます。

特に、挑戦の機会が少ない仕事は、成長の実感を得にくいでしょう。代わり映えのしない毎日が続き、気持ちが滅入ることも少なくありません。

挑戦したい・成長したい気持ちを絶やさず持ち続けるのは、案外難しいものです。

正当な評価を得られない

正当な評価を得られないと、仕事に対するやる気が生まれません。結果的に、仕事に飽きてしまうケースも多数見受けられます。

 入社した当初は評価してもらうために頑張っていても、正当に評価されなければ「頑張っても無駄だ」と感じてしまいがちです。

特に年功序列の企業では、たとえ成果をあげたとしても、給料アップや昇進・昇格が叶うとは限りません。

評価制度は自分だけの力で変えられないため、余計に落胆してしまう人もいるでしょう。

やりたいことが実現できない

パソコンを見て考える男性

今の会社でやりたいことが実現できないと、仕事に飽きてしまう場合があります。やりたいことが明確に決まっているのに、実現できないと大きなストレスを抱えてしまうでしょう。

 また、他人と比べて落ち込んでしまう人も見受けられます。「大学の友達は楽しそうに仕事しているのに…」とSNSを見て、落胆しがちです。

他人と自分を比べてしまうと、ますます仕事へのモチベーションが低下してしまうでしょう。その結果、現在の仕事に飽きてしまう人も少なくありません。

少しでも今の仕事とやりたいことにつなげられないか、模索してみるとよいでしょう。

仕事が辛い・飽きたと感じるときに起きる身体の異変

この章では、仕事や辛い時や飽きたと感じるときに起きる身体の異変を紹介します。

これから紹介する症状が出てきた場合は、仕事が辛いや飽きたと感じている証拠です。

身体の異変
  • 朝起きるのが遅くなる
  • 休日が楽しみではなくなる
  • 職場に行くことが苦痛になる
  • ケアレスミスが増える

朝起きるのが遅くなる

たくさんの本と時計仕事が辛い・飽きたと感じると、朝起きるのが遅くなります。

単純に前日に夜ふかしをして寝る時間が遅かったり、2、3日の間、睡眠不足の日が続いたなどの原因がなく、普段どおりに就寝しているのに朝起きるのが遅くなる日が続いているときは注意しましょう。

 仕事などの大きなストレスが掛かることによって、睡眠の質が落ちて、朝スッキリと起きれなくなってしまいます。

自律神経がバランス良く働いていれば、夜は自然と眠くなり、昼間は活動的に行動ができます。

しかし、ストレスによって自律神経が正常に機能しなくなるスイッチが入らず、どうしても朝起きられず、起きる時間が遅れていくため、日中の仕事にも影響を与えるでしょう。

「朝起きられない」や「夜眠れない」などの症状で長期間悩んでいる場合は、かかりつけ医や精神科へ相談することをおすすめします。

休日が楽しみではなくなる

休日が楽しみではないと感じている場合は、今の仕事が辛い・飽きたと感じている場合が多いでしょう。

仕事には以下のようなストレスを感じます。

ストレスを感じるポイント
  • 肉体的にきつい
  • 精神的にきつい
  • 人間関係に悩みがある
  • ミスをしてしまった
  • 現状や将来への不安

休日が楽しみではなくなると、仕事のストレスは発散できません。

 仕事などで過度なストレスを感じてしまうと、休日が楽しみと感じなくなってしまいます。

その他にも、仕事へのモチベーションが上がらなかったり将来に期待が持てなかったりなど、仕事だけでなく日常生活にも支障を与える恐れがあります。

休日が楽しみじゃなくなったと気づくのは遅くなってしまいがちのため、趣味の時間が減っているなどから判断しましょう。

職場に行くことが苦痛になる

仕事が辛い・飽きたと感じると、職場に行くことが苦痛になっていきます。

休み明けだけでなく、仕事に追われている場合や人間関係の悩みがあると、どんどん職場に行きたくない感情が生まれるでしょう。

 ただし、仕事が忙しいや人間関係が上手くいっていないなどの原因がなくても、職場に行くのが苦痛になることもあります。

例えば、仕事でミスをしてしまってプレッシャーを感じていたり、現在の職場ではやりがいを見い出せないという原因もあるでしょう。

解消するためにはどのような原因で職場に行くのが苦痛になっているのか解明する必要があります。

仕事後のご褒美を決めてみたり思い切って1日休んでみたりして、リフレッシュできる習慣を取り入れてみましょう。

ケアレスミスが増える

仕事が辛い・飽きたと感じたまま仕事をしていると、ケアレスミスが増えていきます。

特に「以前まではこんな失敗しなかった」や「短期間に同じミスを連発している」と感じている人は注意しましょう。

 ケアレスミスが増える原因の一つとして、脳疲労が挙げられます。

脳疲労が起こるとノルアドレナリンとセロトニンという脳内物質の分泌低下に繋がることもあります。

特にノルアドレナリンは外的ストレスへの防御反応として分泌され、集中力や注意力と深く関わっており、不足するとミスが増えてしまいます。

脳疲労は、睡眠不足や慢性ストレス、過度な仕事量などが原因が影響するため、仕事が辛いと感じている判断基準になるでしょう。

仕事が辛い・飽きたときの対処法とは?

相談している女性

仕事が辛い・飽きた場合、どう対処すればいいのでしょうか。具体的な対処方法をいくつかご紹介します。

仕事が辛い・飽きたときの対処法
  • 信頼できる人に相談する
  • クリアしやすい目標をたてる
  • リフレッシュする
  • 業務改善を図る
  • 資格取得を目指す

信頼できる人に相談する

仕事が辛い・飽きたとき、まずは信頼できる人に相談してみてください。的確なアドバイスをもらえると、視野が広がる可能性があります。

 例えば、同じ職場の先輩に相談してみると、辛い気持ちを乗り越える具体的な解決策を教えてくれるかもしれません。

職場に信頼できる人がいなければ、家族や友人に話を聞いてもらうのもおすすめです。決して1人で抱え込まず、塞ぎこまないようにしましょう。

周りに相談できないなら、カウンセラーに相談するのもおすすめの方法ですよ。

クリアしやすい目標をたてる

TODOLISTとペン

クリアしやすい目標をたてることで、仕事の辛さや退屈さから脱却できるかもしれません。

 なぜなら、クリアしやすい目標を日々達成するうちに、仕事へのモチベーションが復活しやすくなるからです。

例えば、始業前に軽くデスク周りを掃除する・職場で3人に挨拶するなど、小さな目標で構いません。

クリアしやすい目標を達成していけば、自然と自己肯定感が高まりますよ。

リフレッシュする

リフレッシュするのも、仕事が辛い・飽きたときに有効な手段です。いちど仕事から離れてみると、気持ちを切り替えやすくなります。

 これまでさほど有給消化していなかった人は、思い切って旅行に充てるのもおすすめです。

旅館やホテルでのんびりすると、気持ちが穏やかになります。

有給の取得が難しい場合は、小さなご褒美を日常に用意する方法がおすすめです。例えば、好きなお菓子やドラマなどを見つけておくとよいでしょう。

毎日小さなご褒美があると、仕事が多少辛くても頑張れるはずです。

業務改善を図る

パソコンと文房具

仕事が辛い・飽きたときは、改善できないか考えてみるのもよいでしょう。仕事のやり方を変えてみると、思いがけず仕事の辛さを乗り越えられるかもしれません。

 もし単調な仕事が辛くて悩んでいるのであれば、作業量を少しでも減らせないか考える方法がおすすめです。

すぐにアイデアが思い浮かばなくても、考え続けることが重要です。継続して考えていくうちに、まだ誰も思いつかなかった効率的な方法が見つかるかもしれません。

仕事への創意工夫はモチベーションを高めます。柔軟な思考で考えてみてください。

資格取得を目指す

スキルアップのために、資格取得を目指すのも効果的な方法です。資格取得という目標が設定されるため、自然とやる気が出てくるでしょう。

 特に、業務に直結する資格がおすすめです。資格取得によって、仕事の奥深さや楽しさに気付ける場合があります。

また、資格を取得すると、企業によっては資格手当が支給されます。給料が上がらなくてやる気が出なかった人にうってつけです。

資格手当の制度は企業によって異なるため、事前に確認しておきましょう。

仕事が辛い・飽きたときにしてはいけないこと

スーツを着た女性

仕事が辛い・飽きたときに、してはいけないことがあります。それぞれ詳しく確認していきましょう。

仕事が辛い・飽きたときにしてはいけないこと
  • 無断欠勤を続ける
  • いきなり会社を退職する
  • 1人で抱え込む

無断欠勤を続ける

仕事が辛い・飽きたからといって、無断欠勤し続けるのは避けるべきです。無断欠勤は、職場からの信頼を失ってしまう行為といえます。

 職場からの信頼を失うと、会社に居づらくなるでしょう。結果的に、無断欠勤をする前よりも仕事が辛くなりがちです。

どうしても仕事が辛くて休みたい場合は、必ず連絡してから休むようにしましょう。連絡すれば問題ないケースがほとんどです。

無断欠勤を続けると、解雇を言い渡される可能性もあるので気をつけましょう。

いきなり会社を退職する

契約書にサインする人

いくら仕事が辛い・飽きたからといって、いきなり会社を退職するのはおすすめできません

 次の転職先が決まらないまま退職すると、金銭面の問題から焦って次の転職先を決めてしまいがちです。

しかし、焦って転職先を決めると、転職後にミスマッチを引き起こす可能性が高くなります。

勢いで退職するのではなく、次の職場が見つかってから会社を辞める決断をしましょう。

1人で抱え込む

仕事が辛い・飽きたときに、1人で抱え込むのはNGです。1人で抱え込んでしまうと、偏った思考に陥ってしまう場合があります。

 よく見られるのが、「すべて自分が悪いんだ」と過度に自分を責めすぎてしまうケースです。

過度に自分を責めてしまうと気分が塞ぎこんでしまい、ますます孤立してしまうでしょう。

決して1人で抱え込むのではなく、信頼できる家族や友人に相談してみてくださいね。

仕事が辛い・飽きたら転職するのもひとつの手段!

交渉が成立した瞬間

仕事が辛い・飽きたときは、転職するのもひとつの手段です。転職によって得られるメリットをいくつかご紹介します。

転職によって得られるメリット
  • 人間関係をリセットできる
  • ワークライフバランスを改善できる
  • 年収アップが期待できる

人間関係をリセットできる

転職すると、人間関係を一から構築できるのがメリットです。職場の人間関係で悩んでいる人におすすめの方法といえます。

人間関係がリセットされると、仕事がやりやすくなるでしょう。

 業務内容はさほど変わらなくても、悩み事をすべて解決できる場合があります。

企業を選ぶ際は、ぜひ社風や企業文化にも注目してみてください。

自分と同じような雰囲気の企業なら、良好な人間関係を築きやすいでしょう。

ワークライフバランスを改善できる

草原を歩く家族

ワークライフバランスを改善できるのも、転職する醍醐味といえます。残業時間や休日出勤が多くて悩んでいる人にうってつけです。

 求人を探す際は、残業時間や休日数をチェックしてみてください。特に、休日数が120~125日以上の企業を選ぶとよいでしょう。

また、リモートワークやフレックス勤務制度など、柔軟な働き方を導入している企業もおすすめです。

柔軟な働き方ができれば、よりワークライフバランスを改善しやすくなりますよ。

年収アップが期待できる

年収アップを期待したいなら、転職がおすすめです。成長している分野の企業なら、社員の給料に還元してくれるでしょう。

特に、現在の仕事を次の職場にも活かしたいなら、年収アップが期待できます。

 即戦力として働ける人材には、年収を高めに設定している企業が多いからです。

また、一時的に年収が下がったとしても、昇給によって前職の収入を上回ることもあります。年収だけでなく、昇給のタイミングや昇給率も確認しましょう

年収アップすると、仕事へのモチベーションを保ちやすくなりますよ。

仕事が辛い・飽きた人必見!ホワイト企業に転職を成功させるコツ

この章では、仕事が辛いや飽きたと感じる人がホワイト企業に転職を成功させるコツを紹介します。

先に結論から言うと、転職を成功させるためには「自己分析」と「企業分析」に力を入れましょう。

ホワイト企業に転職を成功させるコツ
  • 自己分析を行う
  • 嫌なことを明確にする
  • 希望条件を決める
  • 企業研究を行う

自己分析を行う

パソコンとノートを広げて勉強する人

ホワイト企業への転職を成功させるためには、自己分析をしっかり行いましょう。

選考通過率を高めるためには、面接で自分の強みをアピールしなければいけません。

 転職先の候補を探しながら、並行して自分のどこが強みなのか分析しましょう。

自己分析とは、今までの経験を棚卸しして強みと弱みを明らかにすることで、自分のアピールポイントを正しく自己認識する目的があります。

自己分析を解析した情報は面接や自己PR文で活用しましょう。

正しく自己分析ができれば、選考で効果的なアピールをできるだけでなく、自分らしく働けるホワイト企業を見つけやすくなります。

嫌なことを明確にする

仕事が辛くて転職しても、転職先が前の企業と似たような職場環境では意味がありません。だからこそ、職場環境で嫌なことは明確にしましょう。

 これまでの仕事に関して嫌だった経験を振り返ってみることをおすすめします。

例えば、自分のスキルが正当に評価されなかったことが嫌だった場合は、社員に均等に活躍できる機会が与えられるような企業などです。

肉体労働が辛くて辞める場合は、仕事内容の肉体的・精神的負担が少ないという企業を選びましょう。

なぜ、前の企業で働き続けることが辛いと感じたのか再確認することで、転職に失敗するリスクを極限に抑えられます。

希望条件を決める

ランキング

ホワイト企業の中でも自分に合った企業を見つけるには、自分の中で希望条件を決めましょう。

この条件は外せない」や「これは特に重視したい」など、企業選びには重視するポイントが人によって違います。

 すべての条件を併せ持つ企業は少なく、ある程度の取捨選択はしなければいけません。

あれもこれも希望通りの条件になっている企業は少ないからこそ、自分が本当に求めている条件を決める必要があります。

そのため、自分がどの条件が絶対に外せないかなどを、優先順位を付けましょう。

真のホワイト企業とは、自分の価値観に合った企業です。

企業研究を行う

ホワイト企業に就職したいならば、企業研究をしっかり行わなければいけません。

企業研究を適当に行ってしまうと、転職先もブラック企業に当たってしまう可能性があります。

 条件が悪く、体力的にも精神的にも削られる企業は誰もが回避したいと考えるでしょう。

入社しても、なにかしらのトラブルが起きると転職先の企業が倒産危機に陥る可能性も出てきます。

自分の希望条件だけに目を向けるのではなく、実際の職場環境や制度なども確認しなければいけません。

企業分析などは実際に働いている人からの口コミも必ずチェックしましょう。

仕事が辛い・飽きた人はまずは適職診断を受けてみよう

仕事が辛いと感じたら、今の仕事は自分にとって適職でない可能性があるでしょう。そんな方はまず、適職診断を受けてみましょう。

適職診断でわかること
  • 自分にはどんな仕事が適しているのか
  • どんな社風の会社が自分に適しているのか
  • 自分のパーソナリティ・性格
dodaの適職診断は無料の会員登録をするだけで、すぐに受けることができます。

 診断結果を元に、実際に自分に合っている企業名を見ることもできますので、転職の第一歩も踏み出しやすくなるでしょう。
パーソナリティの診断結果のサンプルはこちらです。会員登録のみの完全無料でかなり詳しく診断をしてくれるので、ぜひ受けてみましょう。

dodaキャリアタイプ診断 次にキャリア診断結果のサンプルです。自分がどのような仕事スタイルなのかが、ひと目でわかります。

dodaキャリアタイプ診断 さらにdodaでは年収査定診断も受けることができます。今の仕事の給与に不満があるのなら、一度年収査定診断を受けてみて、自分の適正年収を調べてみましょう。

自分の適正年収が今の給与よりも高ければ、自分の能力を正しく評価してくれる会社への転職を検討しましょう!
 

仕事が辛い・飽きた人におすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 転職のプロに今後の動向を相談できる
  • さまざまな求人を保有しており希望に合わせた仕事が見つかる
  • 豊富な支援実績に基づいた役立つ機能が使える

リクルートエージェントの特徴

「リクルートエージェント」は、転職支援実績No.1の転職サービスです。登録すると転職に精通したキャリアアドバイザーが担当につき、希望を確認したうえで求人を提案してくれます。

 これまでの支援実績から有益な転職ノウハウを蓄積しており、より実践的なサポートを受けることができるでしょう。

面接対策セミナーや職務経歴書作成ツールなど、選考に役立つ機能にも定評があります。

業種や職種を問わずさまざまな求人を保有しているのが特徴。非公開求人も多数あります

リクルートエージェントを利用するメリット

相談

「リクルートエージェント」では、これまでの支援実績による転職ノウハウをたくさん保有しており、より実践的なアドバイスを受けることができます。

 未経験職種などを踏まえて適性のあると思われる求人を提案してもらうこともできるでしょう。

たくさんの求人を保有しているため、未経験歓迎・研修充実といった仕事を見つけることも可能です。

どうしたらいいかわからないけど現状を変えたいなら、まずはここに登録してみましょう。

運営会社 株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 職務経歴書エディター
  • 面接力向上セミナー
  • 担当者面談
得意分野・特徴 多数の非公開総合求人を誇る充実のサポートが強み
公開求人数 311,566件※2022年11月25日現在
利用可能地域 全国
拠点 東京/西東京/宇都宮/さいたま/千葉/横浜/京都/大阪/神戸/名古屋/静岡/北海道/東北/岡山/広島/福岡

出典:リクルートエージェント
※厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヶ月以上の有期雇用の合計人数(2021年度実績を自社集計)2022年6月時点

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 丁寧なヒアリングで方向性を一緒に検討してくれる
  • 業界専任制のキャリアアドバイザーによる手厚いサポート
  • 土曜や夜間も相談できるため仕事との両立もしやすい

マイナビエージェントの特徴

「マイナビエージェント」は、若い世代の転職支援に強みのある転職サービスです。業界専任制のキャリアアドバイザーに、転職活動を全面的にサポートしてもらうことができます。

 企業側にも希望する人材などをしっかりヒアリングしており、両面にミスマッチの少ない転職を叶えているのが特徴です。

土曜や夜間の相談も可能で、メールや電話以外にLINEでも連絡することができ、忙しい人でも転職活動が進めやすいでしょう。

企業への日程調整や条件交渉に加え、現在の会社への退職手続きについても相談にのってくれます。

マイナビエージェントを利用するメリット

相談する人

「マイナビエージェント」は、丁寧なヒアリングを重視しています。登録するとキャリアアドバイザーとの面談があり、今の不満や悩みをしっかり相談することができます。

 方向性が決まっていなくてもまず相談することで、どうしたいかが明確になるかもしれません。

方向性が固まったらそのあとはすべての工程を手厚くサポートしてくれるため、安心して転職活動を進めることができるでしょう。

しっかり話を聞いて相談に乗ってほしい人に最適です。

運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 履歴書添削サービス
  • 面接対策
  • サポート期間は無期限
得意分野・特徴 IT・WEBサービスエンジニア・モノづくりエンジニア・営業職の求人
公開求人数 ※2022年11月25日現在
利用可能地域 全国
拠点 京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

出典:マイナビエージェント

ビズリーチ

ビズリーチ

おすすめポイント
  • スキルや経歴の客観的な価値を図ることはできる
  • スカウトを待つ受け身の転職活動もできる
  • キャリアアップ転職できる可能性もある

ビズリーチの特徴

「ビズリーチ」はハイクラス求人に特化した転職サービスです。登録した職務経歴書を見て、興味を持ってくれた企業からのスカウトが届きます。

 年収1,000万円以上の求人が1/3と、キャリアアップ転職が叶う可能性があるでしょう。

スカウト機能による転職活動以外に、有料のプレミア会員になればヘッドハンターからの転職サポートを受けることもできます。

登録しているヘッドハンターはみんな優秀!転職活動を手厚くサポートしてもらうこともできます。

ビズリーチを利用するメリット

話し合い

「ビズリーチ」のメリットは、自分の経歴やスキルの客観的な価値を知ることができること。どんな企業からどんなスカウトが届くのかにより、市場価値を図ることにもなるでしょう。

 気になる内容のスカウトにだけ返信する、受け身の転職活動も可能です。

経歴やスキルに興味を持ってくれた先からのスカウトという前提があるため、転職活動もスムーズに進みやすくなるかもしれません。

思わぬ先からのスカウトが届き、自分の視野が広がる可能性もあります。

運営会社 株式会社ビズリーチ
主なサービス(機能)
  • プラチナスカウト
  • 求人検索
  • ヘッドハンター情報閲覧・検索
得意分野・特徴 厳選された企業から直接ハイクラススカウトが届く
公開求人数 84,488件※2022年11月25日現在
利用可能地域 全国
拠点 東京/名古屋/大阪/福岡/静岡/広島

出典:ビズリーチ

よくある質問

仕事が辛くて何も楽しめない場合はどうしたらいいですか?

まずは、しっかり休みを取りましょう。なかなか体調が戻らない場合は、精神科やメンタルクリニックへ相談して、休職を検討することをおすすめします。
仕事が辛くて体調が優れない場合はどんな医療機関を受診すればいいですか?
まずは、症状に合った医療機関で診てもらうことをおすすめします。そこで原因が分からない場合は、精神科やメンタルクリニックに相談しましょう。
辛い仕事から辞めて転職することは難しい?
面接時に「逃げた」「継続力がない」と思われないよう、伝え方に気をつけましょう。退職の理由を会社のせいにせず、将来の夢やビジョンなどポジティブな内容にフォーカスすることがおすすめです。
入社3年以内に退職しても大丈夫?
明確な自己アピールや、転職理由があれば早期に退職しても問題ありません。ただ、その際にネガティブな退職理由を伝えいないように注意して下さい。

まとめ

今回は、仕事が辛い・飽きたと感じる理由や対処方法などを解説しました。

仕事は決して楽しいことばかりではありませんが、少しでもやりがいを見いだせないとモチベーションが下がってしまいます

もし仕事が辛い・飽きたと感じるなら、まずは信頼できる人に相談してみてください。気持ちを吐き出すことで、気分がスッキリするかもしれません。

記事内では転職を検討した人におすすめの転職エージェントも紹介したため、ぜひこの記事を参考にして、仕事が辛い気持ちを乗り越えてください!

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事