静岡の転職事情は?求人倍率や転職のメリット、人気の職業も紹介

静岡の転職事情は?求人倍率や転職のメリット、人気の職業も紹介

働き方や働く場所の自由化が進んでいる今、「静岡県で転職したい」と考えている人はいませんか?静岡県で転職を成功させたいのであれば、静岡県に特化した転職エージェントを探してみましょう。

静岡県の転職事情など、転職活動に有益な情報を得られるのでおすすめです。

この記事では、静岡県へ転職を希望している人のために以下の項目をご紹介します。

この記事でわかること
  • 静岡の転職事情
  • 静岡で人気職業
  • 静岡で転職するメリット・デメリット
  • 静岡への転職を成功させるポイント

静岡県への転職におすすめの転職エージェントも紹介するため、静岡県へ転職を検討しているという人は、ぜひ参考にしてください。

静岡県の転職事情|地域特性・求人倍率など

富士山

転職における地域特性

静岡県は、日本の象徴のひとつである富士山や観光地が数多くある伊豆半島など、観光資源が豊富な地域として有名です。

また、首都圏から近いこともあり、多数の上場企業が本社を構えるなど、産業も発達しています。

 静岡県は35の市町村で構成され、「東部」「中部」「西部」の3つのエリアに分けられることが多いです。

エリア別にそれぞれの特色があり、「東部」は、伊豆半島を中心とした観光資源が豊富な地域です。「中部」は静岡市を中心とし、文化やプラモデルなどの製造業が発達しています。

「西部」は浜松市を中心とした、自動車や楽器などの製造業や繊維業が盛んな地域です。

自動車や楽器などの製造業を希望するなら「西部」、木材や家具、プラモデルなどの伝統的地場産業を希望するなら「中部」の求人を探してみましょう。

製造業が発達している浜松市と静岡市に求人が集中している傾向にあります。

静岡県公式ホームページ

静岡県の求人倍率

スーツを着た人物の脚

静岡労働局が発表した、静岡県内と全国の間近の求人倍率は以下の通りです。

エリア 求人倍率
静岡県 令和2年2月:1.27
令和2年3月:1.22
令和2年4月:1.11
全国 令和2年2月:1.45
令和2年3月:1.39
令和2年4月:1.32

求人倍率は新型コロナウイルスの影響もあり、減少傾向となっています。また、静岡県の求人倍率は、全国の求人倍率よりも低いという結果です。

今後も減少する可能性もあるため、より転職成功の可能性を高めるためにも、静岡県の転職市場に精通した転職エージェントの利用をおすすめします。

静岡労働局

静岡県の平均年収

パソコンやスマートフォン

dodaが行った調査によると、静岡県の平均年収は比較的高い水準となっています。

全国・東海・静岡県別の平均年収は以下の通りです。

静岡県 405万円(全体)
441万円(男性)
327万円(女性)
東海 400万円(全体)
442万円(男性)
325万円(女性)
全国 409万円

静岡県の平均年収は、全国平均と大差はありません。また、東海エリアの平均と比べて、全体と女性は平均以上、男性はほぼ同等という結果です。

静岡県の平均年収が高い理由としては、静岡県に本社を構える上場企業が多い点もあげられます。

静岡県で転職が成功すれば、今よりも年収がアップする可能性もあるでしょう。

出典:doda

【男女別】静岡県で人気の職業

タブレットを操作する人物

静岡県では、どのような職業に就く人が多いのでしょうか?男女別に人気の高い職業を3つずつご紹介します。

男性に人気の職業

まず、男性に人気の職種を見ていきましょう。

生産工程従事者

「生産工程従事者」とは、主に原料・材料を加工してモノを作る人のことをいいます。

 静岡県は「ものづくり県」として知られていることもあり、モノを作る製造業が多いです。

静岡県には自動車・バイクを製造する有名企業もあるため、自動車・バイク好きの男性から選ばれている職業とも考えられます。

静岡県公式ホームページ

専門・技術的職業従事者

研究者

「専門的・技術的職業従事者」は、専門性の高い知識を活かした仕事に就いている人のことをいいます。たとえば、研究・技術者や医療関係者、教育者などです。

研究・技術者の分類には、製造技術者も入ります。静岡県には多数の製造業があるので、希望する人も多いと考えられます。

静岡県はお茶やしらすなど農林水産業も盛んなため、農林水産技術者の職に携わる人も多いのでしょう。

事務従事者

「事務従事者」とは、一般事務・人事・経理・秘書など、会社の運営が円滑に進められるようサポートする人のことをいいます。

 会社の経営に携われる仕事なので、地元大企業の経営に関わりたい人から人気があると考えられます。

また、静岡県に多い製造業は、一般的に残業が多いイメージでがあるため、ワークライフバランスを実現させたい人が、事務従事者を選ぶこともあるでしょう。

女性に人気の職業

会話する女性

続いて、静岡県の女性に人気の職種を見ていきましょう。

事務従事者

事務従事者は、全国的にみても女性に人気のある職業です。

 残業がなかったり、転勤がなかったりするため、女性が働きやすい仕事といえます。

家庭と仕事を両立させたい女性にとっては魅力的な職業でもあります。なお、静岡市は「共働き子育てがしやすいランキング(地方編)」で1位を獲得している地域でもあります。

静岡にはワークライフバランスを実現している女性が多いといえるでしょう。

出典:ゆとりすと静岡
出典:日経woman

サービス職業従事者

コーヒーを淹れる店員

サービス職業従事者も、事務従事者と並び全国的に女性に人気のある職業です。飲食店やアパレルなど、若い女性に支持されている職業も豊富です。

 静岡県は世界遺産の富士山などの観光資源が豊富なため、サービス業に就く人が多いと考えられます。

外国人観光客も多いため、語学力に自信がある人からも人気のある職業ともいえるでしょう。

専門的・技術的職業従事者

専門的・技術的職業従事者は、専門分野を極めた女性から人気のある職業といえます。静岡県によると、静岡県の女性の有業率は約50%と全国都道府県のなかでも上位です。

静岡の女性は、働く意欲が強い人が多いと考えられますね。

専門的・技術的職業従事者は、スペシャリストとしてキャリアを積んでいきたい女性から選ばれている職業といえるでしょう。

静岡県公式ホームページ

静岡県で転職するメリット

会議を行う人物

静岡県で転職を考えている人は、どんなメリットがあるか気になるのではないでしょうか?以下に主なメリットをあげてみました。

静岡県で転職するメリット
  • 地元優良企業が多数
  • 平均年収が比較的高め
  • 生活費のコストが安い

各項目を詳しく見ていきましょう。

優良企業が多数

静岡県には、スズキ株式会社・ヤマハ株式会社・はごろもフーズ株式会社など、本社を構える優良大企業が多数あります。

静岡の企業は製造業がメインとなりますが、どの企業も有名な大手企業です。

 つまり、首都圏ではなくても、有名大企業に転職できるチャンスがあります。

また、求人によっては、キャリアアップや年収アップも叶えられるでしょう。

自動車業界や食料品業界などの製造業への転職を希望する人に、静岡県はおすすめです。

平均年収が比較的高め

紙幣を広げる人

静岡県の平均年収は、全国都道府県の中で6番目に高い水準となっています。

 1位〜5位までは首都圏が占めていますが、静岡県の平均年収は5位の埼玉県と僅差になっています。

東京都の平均年収よりは劣るものの、全国平均と比べても大差はありません。転職先の企業によっては、年収アップに繋がる可能性もあるでしょう。

静岡県は地方でありながら、高い賃金をもらえるチャンスがありますよ。

doda

生活費のコストが安い

首都圏に近い静岡県ですが、生活費のコストが比較的安い点がメリットといえます。以下は、東京都と静岡県の家賃を比較したものです。

民間賃貸住宅の家賃(3.3㎡あたり)
東京 8,704円/月(都区内)
静岡 4,872円/月(静岡市)

東京都内と比べても静岡市は家賃が半分ほどになっています。また、物価指数も都心部より安いため、生活費全体を抑えることができます。

生活費のコストを抑えることができるので、転職後も生活レベルを下げることなく暮らせる点が魅力です。

東京都の持ち家比率が44.6%に対して、静岡県は64.8%という結果もあります。

出典:ゆとりすと静岡

静岡県で転職するデメリット

メモする手

静岡で転職をするメリットはさまざまありますが、デメリットも知っておくことが大切です。静岡で転職するデメリットは以下のようなものがあります。

静岡県で転職するデメリット
  • 地域によって求人数に差がある
  • 自動車通勤の人が多い

それぞれを理由と合わせて確認していきましょう。

地域によって求人数に差がある

静岡県の産業は、西部エリアの浜松市と中部エリアの静岡市に集中しています。そのため、県内の求人も西部と中部に集中しています。

 東部エリアに転職希望の人は、選択肢が少ないかもしれません。

また、転職エージェントによっては、希望するエリアの求人の取り扱いがない場合もあります。

転職エージェントを選ぶ際は、自分が希望するエリアの求人がどのくらいあるかチェックしましょう。地域に根付いた転職エージェントを選ぶことも重要です。

自動車通勤の人が多い

並んだ自動車

静岡県の調査によると、交通手段として鉄道を利用する人が約5%に対して、自動車を利用する人は55%という結果となっています。

この結果から、通勤に自動車を利用している人が多いと予想できるでしょう。

 今まで公共交通機関を使って通勤していたという人は、転職先によっては自動車が必要になる可能性があります。

家庭の状況によっては、自動車を購入しなければいけないこともあるでしょう。また、自動車通勤になった場合、自動車の維持費がかかる点もデメリットといえるでしょう。

静岡県公式ホームページ

静岡県への転職を成功させるポイント

首都圏に比べると、静岡県などの地方の求人は少ない印象です。地方への転職を成功させるポイントを以下の項目に沿ってご紹介します。

ハローワークを活用

資料を手にする男性

転職活動を始めるのであれば、まずはハローワークを利用する人も多いでしょう。

ハローワークは、厚生労働省が設置する公共職業安定所のことをいい、就職・転職問わず求職者であれば、誰でも無料で利用できる機関です。

 ハローワークでは、正社員を目指す35歳未満の若年層を対象とした「わかものハローワーク」や30代の就職支援に特化した「ジョブカフェ」などがあります。

ハローワークには、地元企業の求人が多く集まります。国が運営する機関なので、安心して利用できるのも魅力です。

静岡県で転職するのであれば、まずはハローワークをチェックしてみましょう。

静岡県で開催される転職イベントに参加する

転職イベントは、企業のリアルな声や業界の最新情報を得られるチャンスです。また、転職活動に対する疑問や悩みの相談にものってくれます。

企業によっては、選考に進むための情報を提供してくれることもあるようです。

 転職イベントは転職エージェントなどのさまざまな転職支援サービスが主催し、全国各地で開催されています。

遠方などが理由で参加が難しい場合は、オンラインで参加できる転職イベントを利用してみましょう。

転職エージェントを活用

握手をする人物

いざ、転職を決意したものの「何から始めたら良いかわからない」ということはありませんか?転職活動を始めるのであれば、まずは転職エージェントに登録してみましょう。

転職エージェントでは、求人紹介から内定後まで手厚くサポートしてくれます。

 希望条件や自分の強みを活かした求人を自分で探すには限界があるため、効率が落ち採用までこぎつけないことも多いでしょう。

また、転職エージェントによっては、得意とする職種や地域が異なります。実際に静岡県での転職経験があるエージェントを選びましょう。

静岡での転職で注意すること

注意

静岡で転職をする際、以下3つのポイントに気をつけることで転職の成功率が高まります。

転職難易度の高さ

まずはじめに、目指す企業の転職難易度を把握することは重要です。特に静岡に支社を構え、関東圏に本社を構える大企業の場合人気が高く、応募者も多くなるでしょう。

 転職難易度の高い企業は、事前対策にかなりの時間を掛けるようにしましょう。

もしも高い転職難易度を誇る企業から内定獲得を目指すのであれば、効果的に転職エージェントのサポートを利用することがおすすめ。

各企業ごとの対策や資料を用意しているケースが多いため、担当コンサルタントに相談してみてください。

人気企業には多くの希望者が存在するため、倍率が上がり相対的に転職難易度は高くなります。

希望条件が叶えられるか

労働条件

次に、転職後自分の希望条件が叶えられるか、悩みが解決するかも重要なポイントです。

そのため転職前に、一度「なぜ転職したいのか」「転職後に何を成し遂げたいのか」を整理し、優先順位をつけましょう。

 目先のことだけにとらわれると、入社後にミスマッチが生じることも。中長期的に見て自分のキャリアから逆算しましょう。

特に転職をせずとも自分の努力次第で変えられる項目は、優先順位を下げることをおすすめします。

環境や職場を変えないと叶えられない条件は優先順位を高くし、その条件と一致する企業を選択することで転職成功率は一気に高くなります。

初回のキャリアカウンセリング前に希望条件を決めておくことで、スムーズにカウンセリングが進み自分に合う求人を紹介してもらえます。

企業の内部情報の把握

最後のポイントは求人票の情報だけではなく、企業の内部情報まで確認することです。特に静岡に根付いている中小企業の場合は、ネットで検索してもなかなか情報を見つけることは難しいでしょう。

 知名度が高くない企業ほど、内部情報は掴みづらくなるためまとまった時間を確保しましょう。

コンサルタントは転職支援だけではなく、企業の採用課題などをヒアリングし、より詳細な情報を把握しています。

もしも応募したい企業の情報が不足していると感じた場合、コンサルタントに相談することで有益な情報を入手することが可能です。

 メンバーの特徴、社風、労働環境など実際に足を運ばないとわからないことを中心に質問しましょう。

転職活動において情報量は鍵となるため、最大限コンサルタントの協力を得るようにして下さい。

内部情報を把握することでより企業への理解が深まり、自信を持って面接に挑めます。

静岡の転職エージェントの選び方

静岡で転職エージェントを選ぶ際は、以下4つのポイントを抑えると良いです。

非公開求人の豊富さ

書類

まずはじめに非公開求人が豊富に取り扱っているかは重要なポイントで、特に静岡の非公開求人数はチェックしましょう。

非公開求人は転職エージェントに登録した人のみが閲覧できる求人で、今まで見たことがないようなレア求人と出会える可能性が極めて高いです。

 応募の殺到を避けるため、好条件の求人ほど非公開求人に潜んでいることも珍しくありません。

もちろん公開求人に静岡の案件があるかも重要ですが、同時に非公開求人数も極めて重要なポイント。

書く転職エージェントのサイトでは、社名はわからなくとも件数までなら確認できるため、事前にチェックして下さい。

初回の面談後、スキルや希望条件を伝えることで自分に合う非公開求人が紹介してもらえます。

静岡の人気エリアを抑えているか

地図

次に重要なポイントは、静岡でよく求職者が仕事を探す「人気エリア」を網羅しているかです。人が集まる場所には良い求人があるため、人気エリアの企業を探すことで魅力的な求人が見つけられるでしょう。

静岡の人気エリア
  • 静岡市
  • 浜松市
  • 沼津市
  • 富士宮市
  • 三島市
  • 袋囲市
  • 磐田市

上記のエリアは求職者から人気が高く、求人紹介の際によく絞り込み条件に入力されます。

静岡の転職に特化したエージェントでも、特にこのエリアに精通している転職エージェントを選択することがおすすめです。

人気エリアは応募者数が多く激戦区。転職エージェントのサポートを上手く利用し、内定獲得率を上げていきましょう。

自分の市場価値と合っているか

金の天秤

最後のポイントは、取扱求人と自分の市場価値が一致しているかです。魅力的な求人が多くても、自分の実績やスキルで応募が難しければ、最終的に多くの求人は紹介してもらえません。

 希望条件が多すぎるあまり、自分の市場価値とかけ離れた企業を選ばないように注意して下さい。

そのため自分の年収や実績をまずは確認し、転職後に自分が活躍できるかも一度考えてみましょう。

もしも自分で市場価値の判断がつかなければ、転職エージェントに登録後診断してもらえるため参考にして下さい。

応募したい企業のレベルが高い場合は、実績を積んだり資格を取得したりと、自身の市場価値を上げるよう努めていきましょう。

静岡県への転職におすすめの転職エージェント5選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 非公開求人数は10万件以上
  • 希望やスキルを考慮した求人紹介
  • 書類添削・面接対策など、手厚い転職サポート

リクルートエージェントは、業界屈指の非公開求人数を持つ転職エージェントです。実績豊富なキャリアアドバイザーが、ユーザーの希望やスキルを考慮した求人を厳選して紹介します。

 リクルートエージェントには静岡支社もあるため、静岡エリアの求人や転職事情にも精通しています。

静岡県の転職事情を熟知したアドバイザーによる、手厚い転職支援サポートを無料で利用できるのもポイントです。

静岡県へのU・Iターン希望の人にもおすすめの転職エージェントです。

公開求人数※2021年11月22日時点 146,368件
静岡県の公開求人数※2021年11月22日時点 3,992件
主なサービス・機能
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 提出書類の添削
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社リクルート

出典:リクルートエージェント公式

doda

doa

おすすめポイント
  • 業界トップクラスの求人数
  • 優良な地方企業求人が多数
  • 豊富な診断・書類作成ツール

dodaは、業界トップクラスの求人を保有する転職エージェントです。未経験OKの求人から専門的な求人まで幅広い業種・職種を取り扱っています。

全国各地の求人を網羅しているため、地方企業の求人も豊富です。

 近年、リモートワークを導入する企業が増えたこともあり、地方企業の求人にも力を入れています。

dodaは地域の金融機関と連携することで、数多くの地方優良企業の求人を保有しています。また、各都道府県が支援する求人情報も紹介可能です。

U・Iターン支援ありの求人も豊富に取り扱っています。

公開求人数※2021年11月22日時点 145,266件
静岡県の公開求人数※2021年11月22日時点 3,747件
主なサービス・機能
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • スカウトサービス
利用可能地域 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

出典:doda公式

パソナキャリア

パソナキャリア

おすすめポイント
  • 質の高いキャリアアドバイザーが多数在籍
  • マッチング力の高い求人を紹介
  • 取引実績企業は2万8,000社以上

パソナキャリアの特徴は、親身なキャリアカウンセリングと情報量の多さです。取引実績企業は2万8,000社もあります。パソナキャリアが保有する求人の約70%が非公開求人です。

 パソナキャリアでは、「他社にはないマッチング力」を強みとし、企業と求職者のベストマッチングを目的としています。

パソナキャリアのアドバイザーは、各業界・職種に精通しています。静岡県の求人も豊富に取り扱っており、専門のアドバイザーが支援してくれます。

ハイクラス求人が豊富なため、年収アップも夢ではないでしょう。

公開求人数※2021年11月22日時点 38,054件
静岡県の公開求人数※2021年11月22日時点 867件
主なサービス・機能
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • スカウトサービス
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社パソナ

出典:パソナキャリア公式

リージョナルキャリア静岡

リージョナルキャリア静岡

おすすめポイント
  • 静岡県に特化した転職支援サービス
  • 静岡県本社企業の正社員求人が90%以上
  • オンライン相談も可能

リージョナルキャリア静岡は、静岡エリアの求人に特化した転職支援サービスです。地元に密着しているため、企業との繋がりの強さが強みといえます。

企業の様子などの情報を提供してくれるので、入社後のミスマッチを防ぐことも可能です。

 一般職はもちろん、管理職などのハイクラス求人も豊富なため、キャリアアップや年収アップも狙えます。

また、U・Iターンのサポートも行なっており、直接足を運ばなくてもオンラインで相談できるのもうれしいポイントです。

静岡の求人に特化しているため、細かい部分をカバーしてくれる点が魅力といえます。
公開求人数※2021年11月22日時点 1,389件
静岡県の公開求人数※2021年11月22日時点 1,389件
主なサービス・機能
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 選考対策
利用可能地域 静岡県
運営会社 株式会社リンク・アンビション

出典:リージョルキャリア静岡公式

SJCナビキャリア

SJCナビキャリア

おすすめポイント
  • 静岡県に特化した独自の求人を紹介
  • 静岡県の企業に精通
  • キャリア・コンサルティングが無料で受けられる

SJCナビキャリアは、静岡県に特化した求人を長年紹介してきた実績をもとに、転職活動をサポートします。静岡県に特化した独自の求人も保有し、静岡県内の企業との繋がりの強さも特徴です。

 SJCナビキャリアは地元企業に強いため、全国版の転職サービスに掲載がない求人に出会える可能性があります。

SJCナビキャリアに登録すれば、国家資格「キャリアコンサルタント」によるキャリア・コンサルティングを無料で受けられるのも魅力です。

親身になって転職活動をサポートしてくれるため、初めての転職活動でも安心です。
公開求人数※2021年11月22日時点 非公開
静岡県の公開求人数※2021年11月22日時点 非公開
主なサービス・機能
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 選考対策
利用可能地域 静岡県
運営会社 株式会社就職情報センター

出典:SJCナビキャリア公式

まとめ

今回の記事では、静岡県で転職を目指す人に向けて、静岡県の転職事情からおすすめの転職エージェントまでご紹介しました。

静岡県は「ものづくり県」ということもあり、製造業が盛んな地域です。製造業への転職を検討している人にとっては、大企業に転職できるチャンスでもあります。

静岡県の転職市場や最新の動向を知るためにも、転職エージェントを上手に活用しましょう。

記事内で紹介した転職エージェントは無料で利用できるため、ぜひ上手く活用しながら静岡県への転職を目指してみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事