ソフトバンクの転職難易度は?口コミ・評判、面接と成功のコツも解説

ソフトバンクの転職難易度は?口コミ・評判、面接と成功のコツも解説

ソフトバンクは、幅広い事業を展開するソフトバンクグループ株式会社傘下にある会社です。コロナ禍でも業績は好調で、グループとしてだけでなく、ソフトバンク株式会社自体に安定感があります。

在宅勤務など多様な働き方ができるため、転職先としても人気が高まっています。

しかし、中途採用者は高い応募資格が課せられるうえ、応募者の増加もあり難易度は上がっているのが現状です。

そこで今回はソフトバンクへの転職を成功させるためのコツや、面接のポイントなどをご紹介します。

この記事でわかること
  • ソフトバンクの基本情報
  • ソフトバンクの転職難易度
  • ソフトバンクの口コミ・評判
  • ソフトバンクへの転職を成功させるコツ

ソフトバンクを目指す人におすすめの転職エージェントも紹介するため、ぜひ参考にしてみてください。

転職前に知っておこう!ソフトバンクの基本情報

転職前に知っておこう!ソフトバンクの基本情報

転職活動をスタートするにあたって、まずは応募先の企業情報や年収などの基本情報は押さえておきましょう。

ここでは、ソフトバンクの企業概要や気になる平均年収をご紹介します。

企業概要

ソフトバンクは、携帯電話などの無線通信サービスや長距離、国際通信を提供する日本の大手電機通信事業者です。

国鉄が民営化される時に、鉄道電話事業の継承を行った鉄道通信株式会社(JR通信)がソフトバンクの原点となります。

携帯電話事業を主に行う一方で、AIや自動運転、VRなど新しいテクノロジーへの投資にも積極的です。

その後、国内通信事業によるフリーキャッシュフローをもとに、積極的にM&Aを行い急成長を遂げた企業でもあります。

会社名 ソフトバンク株式会社
資本金 2,043億円
売上高 1兆3,565億円
従業員数 連結 47,313名
単独 18,173名

出典:https://www.softbank.jp/corp/aboutus/profile/

平均年収

転職前に知っておこう!ソフトバンクの基本情報

ソフトバンク株式会社が有価証券報告書で公表している2020年度の平均年収は、821万円です。過去5年間の平均年収が779万円のため、コロナ禍においても年収は上昇傾向にあるといえます。

 2021年3月期の決算報告では売上高5%増収と、業績は好調です。

コロナ禍で経済が不安定な状況でも着実に業績を伸ばしていることから、今後も年収アップに期待できるでしょう。

出典:ソフトバンク株式会社

ソフトバンクで転職できる職種例

ソフトバンクではさまざまな職種で採用活動を行っているため、自分のスキルやキャリアに合わせた求人を見つけることが重要です。

ここではソフトバンクの募集職種の一部をご紹介します。

ソフトバンクの募集職種例
  • ビジネス
  • エンジニア
  • クリエイティブ
  • コーポレート
  • 障害者採用

ビジネス

ビジネスの分野では営業や企画、コンサルティング、マーケティング職種を募集しています。応募時には、業務上で必要なツールの利用経験やプログラミングスキルなども問われます。

応募資格はそれぞれの採用部門の専門知識や、関連業務の実務経験が必須です。

エンジニア

ソフトバンクで転職できる職種例

エンジニア部門では、AI、データ、研究開発、事業開発、運用保守などさまざまな分野のスペシャリストを募集しています。

業務内容は、データ分析、システム構築、運用や提案まで、担当分野が幅広いのが特徴です。

エンジニアとしての専門知識のほか、英語でのコミュニケーション能力などが求められます。

クリエイティブ

クリエイティブ分野では、ディレクター・デザイナーが募集されています。「国内通信事業」、「オンラインヘルスケア事業」、「DX事業」それぞれの事業ごとに採用されます。

業務内容によってはHTML、CSS、JaVaなどのコーディング経験や、他部門との円滑なコミュニケーションができるスキルを問われます。

コーポレート

ソフトバンクで転職できる職種例

コーポレートでは、企業の運営を支える財務、経理、人事、総務、広報などが募集されています。

 応募資格には3年以上の経理経験のほか、スキルの条件も高いです。

経理に関してはソフトバンクだけでなく、合併会社を中心とした子会社、関連会社の決算、税務申告も仕事に含まれます。

障がい者採用

障害者採用では、全国各地の事業所の事務系や内勤営業、総合職で募集があります。

総合職については転勤の可能性もありますが、基本的には希望や経験を踏まえた配属が行われています。

出典:https://recruit.softbank.jp/career/positions/

ソフトバンクの転職難易度

ソフトバンクの転職難易度

ソフトバンクのキャリア採用は即戦力となる人材募集がメインのため、転職の難易度は非常に高いといわれています。

 応募職種によって異なりますが、基本的には業務に関連する実務経験が3年以上必要です。

また、キャリア採用の門戸が広いことが国内外に知られており、求人にはハイスペックな人材がキャリアアップを求めて多数殺到します。

事業所勤務は難易度が高いですが、店舗販売クルーなら他業種からの転職や社会人未経験者も積極採用しています。

店舗販売クルーの求人には必須要件もなく、職歴に自信がない人も応募が可能です。

転職先としてどう?ソフトバンクの口コミ・評判

転職先としてどう?ソフトバンクの口コミ・評判

では、実際のソフトバンクの職場環境はどうなのでしょうか。ここではソフトバンクで働いた経験のある人の口コミ・評判をご紹介します。

ソフトバンクの口コミ・評判
  • 研修制度が整っており、学ぼうとする意欲を後押ししてくれる風土がある
  • 昔は数字にこだわるブラック企業的文化があったが、現在は改善されている
  • フレックス制度やテレワークなど働き方が多様で自由
  • リフレッシュ休暇があったり、有給消化を推奨されていたり、休みはとりやすい
  • 所属事業所によってはファミリー向けの福利厚生が充実している

以前は残業が多く、ノルマがきついなど企業的な働き方をする時代もあったようですが、現在は有給消化にも積極的で働きやすい環境のようです。

また、働き方も個人の自由に任されていて、在宅ワークを希望している人にとっても魅力的な職場環境が整っています。

子育てや親の介護などで仕事を諦める必要がないので、長期的なキャリアプランを描けますね。

ソフトバンクへの転職が向いている人の特徴

経験やスキルがマッチしていても、ソフトバンクの社風と合わなければ、転職は成功しません。そこで、ソフトバンクへの転職が向いている人の特徴をいくつかご紹介します。

ぞれぞれの項目をチェックして、自分が転職に向いているかどうか確認してみてください。

楽しんで仕事ができる人

ソフトバンクへの転職が向いている人の特徴

ソフトバンクは「ソフトバンクバリュー」として、社員の行動指針を以下のように定めています。

ソフトバンクバリュー
  • 「No.1」いちばんって、楽しい
  • 「挑戦」挑戦って、楽しい
  • 「逆算」逆算って楽しい
  • 「スピード」大至急って、楽しい
  • 「執念」あきらめないって、楽しい

どれもソフトバンクで仕事をする上で重要な項目ですが、それらすべてを義務感だけでなく、楽しんで取り組める人が、ソフトバンクへの転職に向いていると言えるでしょう。

楽しんで働くことは、仕事の質の向上にも繋がりますね!

出典:https://group.softbank/philosophy/value

挑戦し続ける人

ソフトバンクの求める人物像は、「ソフトバンクの変化を楽しみ、何事もチャンスと捉え挑戦する人」です。

ソフトバンクには、失敗を恐れずに挑戦をし続ける人をバックアップする企業風土があります。よって、現状に満足せず常に成長したい人はソフトバンクの社風にマッチするでしょう。

行動力のある人

ソフトバンクへの転職が向いている人の特徴

ソフトバンクの中途採用では即戦力となる人材確保が主な目的です。そのため、入社後も必要な場面ですぐに行動し、成果を出せる人材が求められます。

事業内容的にも同業他社との競争が激しいため、スタートで出遅れることは会社全体にマイナスとなります。

考え込むより行動に起こしてみる人がソフトバンクへの転職に向いているでしょう。

ソフトバンクへの転職を成功させる面接のコツ

ソフトバンクの採用フローから、面接を重視していることがわかります。ここでは、ソフトバンクの転職で重要となる、面接を成功させるコツを解説していきます。

ソフトバンクの採用フロー

ソフトバンクの中途採用の内定までのステップは以下の通りです。

ソフトバンクの採用フロー
  1. 応募(エントリー)
  2. 書類選考:選考にかかる期間は約2週間
  3. 面接:複数回
  4. 内定:内定から入社までは1か月程度が目安

募集職種にもよりますが、面接は2回以上行われるのが一般的です。一次面接では現場社員の管理職クラス、二次面接では役員と人事が面接官となります。

面接でのマッチングアピールが必要になるため、入念な面接対策をしましょう!

ソフトバンクの転職面接のコツ

ソフトバンクへの転職を成功させる面接のコツ

ソフトバンクの面接内容は、スピーディーな事業展開について行けるかどうかや、応募者と社風とのマッチングがメインとなります。

なかでも、過去の面接でよく聞かれていることをいくつかご紹介します。

ソフトバンクの面接でよく聞かれること
  • なぜソフトバンクを選んだのか
  • 社長に必要な要素は?
  • 入社後どのような貢献ができるか
  • 仕事をする上で大事なことは?
  • 有価証券報告書を読んできになったことは?
  • 当社の成長リスクは?

面接では、仕事に対する価値観や、入社後の展望などの質問では、ソフトバンクの社風に適しているかどうかが評価されます。

とくに「情報革命で人々を幸せに」というソフトバンクの理念の実現のために、自分がどのように貢献できるか具体的に説明することが必要です。

 職種によっては、有価証券報告書に関する意見や成長リスクへの見解を問われることもあります。

ソフトバンクの事業展開や経営方針に対する自分の見解を、ロジカルに伝えられるよう準備をしておきましょう。

また、面接でマストとなる志望動機に関しては、業界理解や職種理解を超えて、ソフトバンクという会社についての理解が必要です。

競合他社のリサーチも忘れずに行いましょう!

ソフトバンクへ転職する方法

ソフトバンクへ転職する方法

ソフトバンクへ転職する方法は、主に2つあります。どちらにもメリットがあるため、自分の転職スタイルに合わせて選ぶのがおすすめです。

企業の募集ページから応募

ソフトバンクは、公式ホームページで随時採用活動を行っています

 募集要項などをチェックすると同時にエントリーが可能です。

企業の情報収集に割く時間が多く、個人的に企業と直接日程調整などの交渉を行いたい場合は直接応募がおすすめです。

転職エージェントを利用

ソフトバンクへ転職する方法

転職エージェントを利用すると、通常の転職サイトで一般公開をしている求人に加え、非公開で行われるソフトバンクの求人を紹介してもらえることもあるようです。

 人気企業の場合は応募が殺到するため、あえて非公開で採用活動を行うことがあります。

また、転職エージェントに登録すると、求人紹介だけでなく、転職のプロによる転職成功までのサポートが受けられます。

転職エージェントのサービスは基本的に無料です。

高年収を目指すならまずは適正年収を調べてみよう

自分の年収を上げたい...と感じている人はまず、自分がどれくらいの年収をもらう価値があるのか、適正年収を知る必要があります。

適正年収が自分の今の年収よりも高ければ、転職によって年収アップの可能性があるでしょう。
dodaの年収査定サービスでは、無料の会員登録だけですぐに年収査定の診断を受けることができます。doda会員の186万人のビッグデータから算出された数字なので、信頼感もあります。
dodaの年収査定でわかること
  • 今の年収から何円アップするか
  • あなたの適正年収の求人
  • 転職によって年収がどう推移するか
診断結果のサンプルは以下のようになっています。

年収査定 今の年収から何円アップするかは以下のように表示されます。dodaは転職サイト・エージェントの機能もありますので、そのまま転職を開始することもできますよ。

年収診断

自分の市場価値を知ることは年収アップの近道になるでしょう。ぜひ年収査定を利用して、年収アップを達成しましょう。

ソフトバンクを目指す人におすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 完全無料で利用できる
  • ソフトバンクの求人数が多い
  • 非公開求人の保有数10万件
  • 転職支援実績No.1

リクルートエージェントは人材派遣会社大手で、多くの転職支援実績がある転職エージェントです。

転職支援実績の中にはソフトバンクへの支援も多く、幅広い転職ノウハウを持っているのがリクルートエージェントの強みです。

 保有求人数が多いため、さまざまなソフトバンクの募集職種の中から求人を選べます。

ソフトバンクの転職面接に関する情報を持つキャリアアドバイザーと面接対策を行うことで、面接突破率がアップに期待できるでしょう。

年収交渉や入社日の調整、円満退社のためのアドバイスなどに関するサポートも受けられます。
公開求人数※2021年9月24日時点 129,311件
ソフトバンクの求人取り扱い実績 あり
主なサービス・機能
  • 求人紹介
  • エージェントサービス
  • 交渉代行
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社リクルート

出典:https://www.r-agent.com/

doda

doda

おすすめポイント
  • 完全無料で利用できる
  • 転職サイト、転職エージェントの2つのサービスを提供
  • 充実したサイトコンテンツ
  • リクルートが保有していないソフトバンク求人

dodaは、転職サイトと転職エージェントの両方の機能をひとつのサイトであわせ持つ転職エージェントです。

エージェントサービス利用で、自分のスキルに合ったソフトバンクの紹介を待ちながら、別分野のソフトバンク求人の情報収集ができます。

 doda独自のソフトバンク求人にも出会える可能性があります。

サイトでは年収査定や合格診断、自己PR発掘診断など魅力的なコンテンツも無料で利用できるうえ、ソフトバンクの企業情報などもチェックできます。

ソフトバンクの求人情報をより多く入手するためには、エージェントの掛け持ち登録がおすすめです
公開求人数※2021年9月24日時点 134,379件
ソフトバンクの求人取り扱い実績 あり
主なサービス・機能
  • 求人紹介
  • エージェントサービス
  • 書類添削、面接対策
利用可能地域 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

出典:https://doda.jp/

パソナキャリア

パソナキャリア

おすすめポイント
  • 完全無料で利用できる
  • 企業との取引実績16,000件以上
  • オリコン顧客満足度転職エージェント部門第1位
  • 年収アップに強い転職エージェント

パソナキャリアは人材紹介業界で実績が高く、多くの企業との取引実績がある転職エージェントです。

競合他社への警戒から大手企業の多くがパソナキャリアで非公開の採用活動を行っています。

 登録することで一般のユーザーがエントリーできないソフトバンクの求人情報を入手することも可能です。

また、情報を登録するだけで、自分のキャリアやスキルに興味を持った企業から直接オファーが届くスカウトサービスも利用できます。

ソフトバンクは求人職種が幅広いため、自分のスキルを必要とする部署から直接オファーが貰えれば、転職活動がスムーズにすすめられるでしょう。

パソナキャリアの求人は80%が非公開のため、登録すればさらに求人の幅が広がりますよ!
公開求人数※2021年9月24日時点 37,373件
ソフトバンクの求人取り扱い実績 あり
主なサービス・機能
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • スカウト機能
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社パソナ

出典:https://www.pasonacareer.jp/

まとめ

今回は、ソフトバンクへの転職について難易度や口コミ・評判などを詳しくご紹介しました。

ソフトバンクは中途採用を積極的に行っているものの、採用までのハードルは高く、内定を勝ち取るにはかなりの激戦を制する必要があります。

また、スキルが高くても、転職活動の経験がなければ情報収集、書類作成、面接対策などで、ほかのライバルに遅れをとる可能性もあるでしょう。

転職を成功させるためには、転職エージェントのサポートを受けるのがおすすめです。

転職エージェントのサポートを受けることで、自信を持って転職活動を進められます。

記事内で紹介した転職エージェントはいずれも無料で利用できるため、上手く活用しながらソフトバンクへの転職を目指してみてください!

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事