宅建の合格率・難易度は?試験内容やおすすめの勉強方法も紹介

宅建の合格率・難易度は?試験内容やおすすめの勉強方法も紹介

「宅建試験の合格率はどのくらい?」「宅建試験の効果的な勉強方法は?」宅建資格の取得を目指している人なら、こういった疑問を感じたこともあるのではないでしょうか?

宅建資格は、不動産業界のみならず多くの業界や職種で役立ちます。

本記事では、宅建試験の合格率や難易度、合格率を高めるための勉強方法などについて解説していきます。

本記事で分かること
  • 宅建試験の合格率・難易度
  • 宅建試験合格率が低い理由
  • 宅建試験の効果的な勉強方法
  • 宅建試験に必要な勉強時間

宅建試験の対策に効果的な通信講座も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

宅建は難しい?合格率・難易度を解説

ペンを持つ人

一般財団法人不動産適正取引推進機構が発表したデータによると、過去10年間の宅建試験合格率は以下の通りです。

年度 合格率
令和2年度(12月) 13.1%
令和2年度(10月) 17.6%
令和元年度 17.0%
平成30年度 15.6%
平成29年度 15.6%
平成28年度 15.4%
平成27年度 15.4%
平成26年度 17.5%
平成25年度 15.3%
平成24年度 16.7%
平成23年度 16.1%

15~17%が宅建試験の平均的な合格率と言えます。単純に考えて、10人中1~2人程度が合格する割合いであるため、決して難易度が低い試験とは言えないでしょう。

後述するように試験科目も広いため、計画的に勉強しなければ合格するのは困難です。

出典:一般財団法人 不動産適正取引推進機構
出典:試験実施概況(過去10年間)|一般社団 不動産適正取引推進機構

宅建の難易度をその他の資格の合格率と比較

スーツの社労士

社労士との比較

社労士とは、労働問題や社会保障問題を専門領域として、主に行政機関に提出する書類作成や提出代行などを行う職業です。社労士資格は、社会保険労務士法に基く国家資格です。

厚生労働省が発表したデータによれば、社労士試験の過去10年間の合格率は以下の通りです。

年度 合格率
令和3年度 7.9%
令和2年度 6.4%
令和元年度 6.6%
平成30年度 6.3%
平成29年度 6.8%
平成28年度 4.4%
平成27年度 2.6%
平成26年度 9.3%
平成25年度 5.4%
平成24年度 7.0%
平成23年度 7.2%

社労士試験の平均的な合格率は約6~7%です。単純に合格率を比較するなら宅建試験よりも社労士試験の方が難易度が高いと言えます。

宅建試験とは違い社労士試験には明確な受験資格が定めらており、誰でも受験できるわけではありません。それでも合格率が10%を下回る社労士は難関資格であると言えます。

出典:社会保険労務士試験の結果について‐厚生労働省 

行政書士との比較

働く男性

行政書士は、主に権利義務や事実証明に関する書類作成・提出手続きなどの業務を行う職業です。

行政書士資格は、行政書士法に基づく国家資格です。

一般財団法人 行政書士試験研究センターが発表したデータによれば、過去10年間の行政書士試験の合格率は以下の通りです。

年度 合格率
令和3年度 11.18%
令和2年度 10.72%
令和元年度 11.48%
平成30年度 12.70%
平成29年度 15.72%
平成28年度 9.95%
平成27年度 13.12%
平成26年度 8.27%
平成25年度 10.10%
平成24年度 9.19%
平成23年度 8.05%

行政書士試験には受験資格が定められていません。年齢や学籍・国籍に関係なく誰でも受験できます。

この点は宅建試験と共通しているため、純粋に合格率の差を難易度の違いと考えることができます。

表を見て分かるように行政書士試験の合格率は、10~11%ほどであり宅建試験よりも難易度が高いと言えます。

出典:令和 3年度行政書士試験実施結果の概要
出典:令和3年度(2021年度)行政書士試験 合格率は11.18%、合格者5,353人! – STUDYing

司法書士との比較

パソコンを見る女性

司法書士とは、登記業務や民事裁判における書類作成・訴訟代理をはじめとした法律に関する様々な事柄に対応する職業です。

司法書士資格は司法書士法に基づく国家資格です。

法務省が発表したデータによれば、司法書士試験の過去10年間の合格率は以下の通りです。

年度 合格率
令和2年度 5.2%
平成31年度 4.4%
平成30年度 4.3%
平成29年度 4.1%
平成28年度 3.9%
平成27年度 3.9%
平成26年度 3.8%
平成25年度 3.5%
平成24年度 3.5%
平成23年度 3.4%

司法書士の平均的な合格率は3~4%ほどであり、宅建士よりも10%ほど低くなっています。

前述した行政書士や社労士よりも合格率は低く、最難関資格の一つと言えるでしょう。

ここまで見てきたように、宅建試験の合格率は高くないものの、その他の難関資格と比べれば難易度は低く、充分に合格を目指せる資格だと言えます。

出典:法務省‐司法書士試験 

宅建は難易度が高い?合格率が低い理由

ペンを持つ人

本項では、宅建資格の合格率が低い理由について、「試験科目」「合格基準」「受験資格」の3つの観点から解説していきます。

試験科目

試験科目が広く対策が難しい点が宅建試験の合格率が低い理由の一つです。

宅建の試験科目は、「宅建業法」「法令上の制限」「その他の法令」「権利関係」の4つがあります。

試験科目 概要
宅建業法 不動産購入者の利益保護を目的に、不動産業者の不正などに関する規定を定めた法律。
「免許」「宅地建物取引士」「営業保証金」「35条書面」「37条書面」「クーリングオフ」などが出題される。
法律上の制限 土地計画法、建築基準法、国土利用計画法、農地法などが出題される
権利関係 民法、借地借家法、区分所有法及び不動産登記法などが出題される
その他の法令 税法、不当景品類及び不当表示防止法、住宅金融支援機構法、地価公示法

このように、幅広く法律を理解しておかなくなくてはなりません。試験科目になじみがなく法律の条文に慣れていなければ、どう勉強すれば良いか分からず万全な準備ができないまま試験を迎えてしまうといった状況に陥り兼ねません。

出典:宅建の試験内容とは?‐ユーキャン 

合格基準

かつて宅建試験には一定の合格ラインが定められていたものの、現在は明確な合格基準がありません。宅建試験は1問1点で50点満点ですが、合格点は毎年調整されます。

 合格基準が明確化されていた従来の宅建試験が、現在のように合格点が調整される仕組みに変更になったのは合格率を一定に保つためです。

その背景には、不動産業界の質向上のために宅建士のレベルを底上げしようとする政府の意図があり、これが原因で宅建試験の難易度が高くなったと考えられています。

受験資格

スーツの人

かつては、学歴や実務経験上の制限が設けられていましたが、それらが撤廃された現在では特別な受験資格は定められていません。

過去に不正受験をした人や試験に遅刻した人などを除き、国籍・年齢を問わず誰でも受験できます。

その分、気軽にチャレンジすることが可能です。実際に小学生が受験した例もあります。

多くの人がチャレンジできる公平な試験だからこそ実力試しで受験するも一定数おり、それが合格率を下げる一因になっていると考えられます。

宅建の合格率を高めるための勉強方法

本項では、宅建試験の合格率を高めるための勉強方法を3つ挙げ、その勉強方法が向いている人の特徴について解説していきます。

通信講座

パソコン

通信講座に向いている人の特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

通信講座に向いている人の特徴
  • 効率良く勉強したい人
  • 自分のペースで講座を受けたい人
  • リーズナブルな価格で質の高いサポートを受けたい人

あらかじめ収録された動画・音声講座を視聴するのが通信講座の一般的な学習スタイルです。

動画や音声をスマートフォンなどにダウンロードしておけば、場所や時間にとらわれず講義を受けられます。

 通勤時や移動時など隙間時間を有効活用しやすく、効率良く勉強できます。

受講生一人ひとりの学習進捗や理解度に合わせたカリキュラムを作成してくれる通信講座を選べば、自分のペースで自由度高く勉強することが可能です。

費用面のメリットもあります。通信講座は一つの講座あたり約5万円が相場です。不合格なら全額返金してもらえる場合もあり、通学講座よりも費用が安く収まるケースが大半です。

独学

勉強

独学が向いている人の特徴としては、以下のようなものが挙られます。

独学が向いている人の特徴
  • 失敗してもモチベーションを維持できる人
  • 目標が明確な人
  • 費用を抑えたい人

独学であれば自分で学習計画を立てて、自分のペースで勉強することが可能です。しかし、計画通りに勉強を進めることは容易ではありません。特に初学者であれば、思うように知識が身に付かず焦りを感じることもあるでしょう。

そういった時に「本当に必要な教材は何か」「効率の悪い勉強をしていないか」などを考え、臨機応変に計画を修正できる柔軟性が求められます。

 もし、少しの失敗で心が折れモチベーションが保てないようであれば、独学に向いていないと言えます。

勉強費用が節約できるのも独学のメリットです。教材は全て自分で選べるため、通学講座や通信講座よりも費用は安く済みます。

宅建の合格率を高める勉強時間

置かれた砂時計

勉強時間は知識や学習経験によって変わってきますが、基礎から独学で勉強する場合には500時間ほど必要になると考えられています。

一日2時間勉強するなら、250日(約8カ月)ほど期間を要することになります。

仕事がある日でも、朝や通勤、仕事終わりなどの時間を有効活用すれば、2時間の勉強時間は十分に確保できるでしょう。

 とはいえ、前述したように宅建の出題範囲は広いため、効率よく勉強しなければ試験までに必要な知識を身につけられない可能性も否めません。

その点、必要な知識のみを効果的に吸収するためのカリキュラムが組まれた通信講座や通学講座を利用すれば、200~300時間ほどに勉強時間を短縮することも可能です。

宅建の合格率を上げる勉強内容

独学での勉強

宅建の合格率は例年15%前後とあまり高くなく、しっかりとした事前対策が必要です。

これから宅建取得を目指している人は、以下の具体的な勉強内容を参考にして下さい。

一般財団法人 不動産適正取引推進機構より

権利に関する問題

まずはじめに、宅建では民法や借地借家法など、法律や権利に関する問題が出題されます。

しかし覚えるべき条文の数は1,000以上と極めて多いため、全てを暗記することは難しく、ある程度過去問の傾向などを頼りに範囲を絞ると良いでしょう。

 闇雲に全てを記憶しようとすると、返って中途半端になるため、ある程度範囲を絞ることが効果的です。

権利に関する出題は基本的に暗記しておけば解ける問題なので、勉強にかけた時間が点数に比例しやすい点が特徴。

事前に過去問を調べてどの範囲に取り組むのか定め、効率よく知識を吸収していくようにしてください。

基本的に暗記しておくことで点数が稼げるため、通勤や休憩時間など、スキマ時間も上手く活用できるか自分の時間を見直してみると良いでしょう。

宅建業法に関わる問題

不動産業界に転職する人

次に宅建業法に関わる出題ですが、全50問中20問と大きな割合を占めており、より集中的に取り組むべき分野です。

使用される条文の難易度も高くないため、まとまった学習時間を確保できればインプットは速いです。

 いきなり過去問を解かず、必要な知識をインプットすることに集中しましょう。

ある程度条文が頭に入ったら実際に過去問を解き、いかに早く、正確にアウトプットできるか確かめると良いです。

答え合わせの後、間違った問題を再度インプットしてまた過去問に挑戦するといった、反復を繰り返すことで知識が着実に付いてきます。

インプットとアウトプットの繰り返しが重要なため、何度も過去問を解くようにしましょう。

法令の制限に関する問題

ここでは各法令の基本的な知識を身に着けておく必要があります。

特に数字に関する情報や重要な項目など、インプットすべき点は明白なので、暗記するための時間が確保できれば大きな問題はありません。

 こちらも暗記パートのため、かけた時間にスコアが比例しやすいです。

基本的な勉強方法としては、テキスト内容をいかに記憶できるかにかかっているため、複雑に捉えず暗記のための時間を上手く作りましょう。

難解な条文もないため早めに覚えるき項目をインプットし、空いた時間を他の項目の学習に活用しましょう。

税と価格に関する問題

お金

最後のポイントは実際の価格や、不動産にまつわる税金に関する問題です。

 

前述と同じく、こちらもいかに知識を覚えているかが合否の鍵を握ります。

 

 税率など多少の計算が入ってくるため、基本的な数学が得意な人や、数字管理に強い人は有利でしょう。

 

ある程度知識が身についた後は、実際に過去問を解き、どれくらい知識として身についたのか振り返ることが有効です。

 

他のパート同様、間違ったところを再度確認し、苦手な分野を消していくよう学習を進めていきましょう。ここまでの解説通り、宅建の勉強は基本的に暗記科目がほとんどです。

できるだけ反復学習の時間を作り、知識が抜けないよう継続的な学習を意識しましょう。

宅建の合格率を上げたい人におすすめの通信講座7選

フォーサイト

フォーサイト

 

おすすめポイント
  • 宅建合格率が全国平均の4.63倍・合格率82.0%※公式サイトより
  • 宅建講座紹介ウェビナー参加で5,000円割引
  • eラーニング学習を取り入れているからいつでもどこでも学習できる
  • 全額返金保証あり

フォーサイトは圧倒的な合格実績を誇る通信講座で、国家試験などの難易度が高い資格でも毎年全国平均より高い割合の合格率を輩出しています。

 建試験講座では2021年度宅建合格率が全国平均の4.63倍・合格率82.0%の実績です。

フォーサイトは初学者でも学びやすいテキストカリキュラムが特徴なので、聞き慣れない法律用語も1から解説してくれます。

宅建試験の合格までに一般的に6ヶ月の学習期間が必要と言われていますが、フォーサイトではわずか3ヶ月で合格を目指せます。

万が一不合格だった場合も全額返金保証があります。
講座数※2022年5月20日時点 150講座以上
学べる資格例
  • 行政書士
  • 社会保険労務士
  • 宅地建物取引士
  • FP
  • 簿記2級・3級
運営会社 株式会社フォーサイト

資格のキャリカレ

資格のキャリカレ

おすすめポイント
  • 3カ月で短期合格を目指せるカリキュラム
  • 不合格なら全額返金
  • アウトプットを強化できる教材

資格のキャリカレは、初学者にも分かりやすい教材や充実したサポートが魅力の通信講座です。

「宅地建物取引士 合格指導講座」は、3カ月の短期合格を実現するためのカリキュラムが組まれています。

 もし、不合格だった場合には受験料を全額返還してもらえます。晴れて合格できたなら2講座目を無料で受けられるためコストパフォーマンスは抜群です。

教材は試験に出る部分のみを効率よく勉強できるように作られているため、無駄は一切省けます。

基本的な内容をインプットする講義映像だけでなく、「過去問題」や「おさらいクエスチョン」など、アウトプットを強化できる教材が充実しているのも魅力的なポイントです。

教材到着日から最長1年間の長期学習サポートも受けられるため、仕事が忙しくてもモチベーションを維持できます。

講座数※2022年4月28日時点 150講座以上
学べる資格例
  • 宅建士
  • メンタル心理カウンセラー
  • 行動心理士
  • カラーセラピスト
  • 整体ボディケア総合
運営会社 株式会社キャリアカレッジジャパン

STUDYing

STUDYing

おすすめポイント
  • 短期間で合格した人の勉強法を徹底分析
  • 移動時にも視聴できるビデオ・音声講座
  • 間違った問題だけを解ける「復習モード」

スタディングは、2008年に中小企業診断士講座としてスタートし、その後多くの人気講座を開講してきました。

短期間で合格した人の勉強方法を徹底分析することで、どんな人でも効率的に勉強できるためのノウハウを教材に落とし込んだスタディング 宅建士講座が用意されています。

 スマートフォンやPCで視聴できるビデオ・音声講座がメインなので、移動時間などを効果的に活用できます。

ノートや教科書を広げるのに抵抗がある人でも、STUDYingのスマート問題集ならスマートフォンさえあればアウトプットの練習が可能です。

また、間違った問題だけを解ける「復習モード」を使用すれば、弱点を効果的につぶしていけます。

初学者や勉強に苦手意識がある人を数多く合格に導いた実績があり、受講者の満足度も高いです。

講座数※2022年4月28日時点 30講座
学べる資格例
  • 宅建士
  • 司法書士
  • 中小企業診断士
  • 建築士
  • ITパスポート
運営会社 KIYOラーニング株式会社

アガルートアカデミー

アガルートアカデミー

おすすめポイント
  • 宅建合格率43.7%!(令和3年度)
  • 合格すると受講料全額返金orお祝い金がもらえる!
  • 不明点の質問がいつでも何回でも可能

アガルートアカデミーは宅建の合格率43.7%を誇る通信講座です。全国の合格率は17.67%なので、2倍以上の合格率を誇ります。

 アガルートアカデミーでは講義動画とテキストを中心に勉強を進めていくスタイルですが、わからない箇所は講師に無料で、何回でも質問をすることができます。

また、これまでのノウハウを活かし、頻出の問題から優先して解くことができる過去問も魅力です。優先度の高い問題から確実に勉強することができますので、合格率アップが期待できます。

資料請求をするとお試しで講義動画とテキストを見ることができます。気になる方はぜひ資料請求をしてみましょう。
講座数※2022年6月27日時点 33講座
学べる資格例
  • 宅建士
  • 行政書士
  • 中小企業診断士
  • 弁護士・司法書士
  • 社労士
運営会社 株式会社アガルート

LEC東京リーガルマインド

LEC東京リーガルマインド

おすすめポイント
  • 受講生の2021年宅建試験合格率71.3%※1
  • 講義映像をダウンロードできる
  • 本番的中率が高い模試シリーズ

LEC東京リーガルマインドは、宅建試験のデータを長年解析し続け、毎年教材の内容を改定することで、宅健士の講座は常に最適な学習サポートを提供できる環境を整えています。

結果、2021年度宅建試験において対象受講生443名中316名を合格に導いています。その合格率は71.3%※1です。

 受講スタイルは、「Web+スマホ+音声ダウンロード」と「DVD」の2種類から選択できます。

「Web+スマホ+音声ダウンロード」なら、講義映像をダウンロードさえしておけば、いつどこにいても視聴可能です。DVDなら、テレビ等の大画面で講義を視聴でき細かい図やグラフもしっかり確認できます。

本番試験問題の的中率が高い模試シリーズで実践的な対策ができるのもメリットです。

講座数※2022年4月28日時点 117講座
学べる資格例
  • 宅建士
  • 司法書士
  • 弁護士
  • 税理士
運営会社 株式会社 東京リーガルマインド

※:2021年度向け宅建士試験対策コースに含まれる全国公開模試を全て受験された方のうち、模試正答率60%以上の人

ユーキャン

ユーキャン

おすすめポイント
  • 3~5カ月の短期合格が目指せる
  • 合格ラインの点数を確実にとるための勉強方法
  • 重要な箇所を凝縮した1本約5分の講義動画

ユーキャンは、わかりやすさや合理性を追求するべく、開講から30年以上徹底的に試験分析をしてきました。そうした分析をもとに作られた「宅建士短期合格講座」なら3~5カ月の短期間で合格を目指せます。

 満点を目指すのではなく、合格ラインである約70%の得点を確実に取れるよう学習範囲を限定することで効率化を実現しています。

人が動画に集中できる時間とされる5分間に必要なポイントを凝縮した科学的論拠に基づいて構成された動画講義を視聴することで、効率良くインプットできるのも魅力です。倍速再生も可能なため時短学習に最適です。

「合格デジタルサポート」ならグラフ・図で学習進捗や課題を可視化できるため、スケジュール管理が苦手な人でも安心です

講座数※2022年4月28日時点 142講座
学べる資格例
  • 宅建士
  • 秘書検定
  • 簿記
  • 気象予報士
  • 保育士
運営会社 株式会社ユーキャン

資格の大原

資格の大原

おすすめポイント
  • 89.2%の宅建士講座受講生が高評価
  • 様々な問題集の情報を集約した専用アプリ
  • 各種ツールが充実

ハイレベルな教材を取り揃えた資格の大原は、多くの受講者から支持されています。89.2%の宅建士講座受講生が「大変分かりやすい」「分かりやすい」と高く評価しています。

 全科目総計約600問が収録されたスマートフォン専用アプリ「トレーニング問題集」に問題集何冊分もの情報が集約。ダウンロードしておけばWi-Fi環境がなくても利用可能です。

1問30秒の「タイムアタック機能」や、「理解度機能」など各種ツールが充実しているのもメリットです。

学習する順序にもこだわりを持っています。暗記項目が多い「法令上の制限・税その他」を最後に学習するスケジュールを組むことで、暗記力アップを図っています。

「入門期」「基礎期」「直前対策期」と学習ステップを3段階に分けて課題を明確化し、モチベーション維持に繋げています。

講座数※2022年4月28日時点 33講座
学べる資格例
  • 宅建士
  • 公認会計士
  • 税理士
  • 簿記1・2級
運営会社 学校法人 大原学園

※公式サイトに記載された数値

よくある質問

宅建の合格率は低い?
合格率は例年15%前後となっており、決して簡単に取得できる資格ではありません。
難易度も高いため、まとまった学習時間を確保し、万全の対策のもと受験すると良いでしょう。
宅建の合格点は何点から?
結論として、合格点は毎年変わります。
50問の50点満点の試験ですが、年により合格ラインが65%~70%と上下するため、明確にどれだけ正解すれば良いのかは、試験が終わるまで明確ではありません。
宅建合格はどれらい凄い?
合格率が15%前後であることを考慮すると、取得することで市場価値は上がります。
特に不動産業界では持っているか否かで任せてもらえる業務に違いが出たり、月給で1~3万円ほど資格手当による差が生じます。
宅建合格までに必要な勉強時間は何時間?
不動産関係の知識がなく、初めて挑戦する人の場合は約500時間。
すでに知識がある人であれば100時間とばらつきがありますが、平均すると約300時間前後となっています。
何れにせよまとまった学習時間が必要なことには変わりありません。
不動産業界を目指すのであれば、宅建は必須?
必須ではありませんが、宅建を持っていることで得られるメリットが大きいです。
また、宅建を持っていないと一部従事できない業務もでてくるため、基本的に不動産業界を目指す人は宅建の取得を目指しています。
宅建はいつ受けられる?
2022年の宅建申込み受付期間は7月1日~7月29日となっています。
試験日は10月16日となっており、最終的な合格発表は11月22日と進んでいくため、申込みを検討している人は、今のうちから準備を進めましょう。

まとめ

今回は宅建試験の合格率や、宅建試験対策に効果的な通信講座などについて解説しました。

宅建試験の合格率は15~17%ほどであり、決して簡単な試験ではありません。出題範囲が広く幅広い法律の知識が必要になるため、計画的に勉強しなければ合格するのは困難です。

 とはいえ、社労士や司法書士などの難関資格と比較すれば合格率は高く、知識がほとんどない状態からでも合格を目指すことは可能です。

自分で学習計画が立てられモチベーションを維持できる人は独学で勉強するのも一つの手ですが、専門的なサポートを受けながら最短で合格を目指したい人は通信講座や通学講座を利用するのがおすすめです。

記事内では宅建の勉強のおすすめの通信講座を紹介したため、ぜひチェックしてみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事