手取り15万円の年収や生活レベルを解説!一人暮らしや貯金は可能?

手取り15万円の年収や生活レベルを解説!一人暮らしや貯金は可能?

「手取り15万円ではどんな生活なの?」「手取り15万円で貯金はできる?」と不安に感じる人は多いのではないでしょうか。

手取り15万円の生活から抜け出したいという人もいるかもしれません。

そこで今回は手取り15万円でも安定して生活できる方法や、年収アップするために必要なことを詳しく解説していきます。

この記事でわかること
  • 手取り15万円の年収
  • 手取り15万円の生活レベル
  • 手取り15万円できついと感じやすいこと
  • 手取り15万円から年収アップを目指す方法

貯金をするためのポイントも紹介するため、ぜひ参考にしてみてください。

手取り15万円の給与・年収は?

手取り15万円の給与・年収は?手取りが15万円の会社員の場合、給与(総支給額)では約19万円程度だと考えられます。

 新卒の給与は20万円程度であることも多いため、手取り15万円の人は少なくありません。

手取りは給与からおよそ20%引かれた額だと言われています。手取り15万円の人は若年層や非正規社員に多いです。

手取り15万円であっても会社の福利厚生が充実していれば生活に困らないこともあります。

正社員なのか非正規雇用なのか、働き方によって手取り15万円の状況はさまざまです。

【ボーナスなし】手取り15万円の年収

年収は、給与額の1年分で計算します。前述したように、手取り15万円の月収は約19万円だと仮定しましょう。すると、ボーナスがない場合の年収は単純計算で約228万円になります。

 年収には、税金や残業代なども含まれています。また、年収は源泉徴収票の支払金額の欄に記載された金額になります。

なお、国税庁の「民間給与実態統計調査」によると20代前半の平均年収は264万円となっています。

手取り15万円でボーナスがない場合の年収は決して高いとは言えないかもしれませんが、20代前半であれば平均より大幅に下がる訳ではないため、そこまで低い金額でもないでしょう。

昇給が期待できる職場であれば、早い段階で同世代の平均年収に近づけるかもしれません。

【ボーナスあり】手取り15万円の年収

手取り15万円の給与・年収は?

ボーナスは、会社の利益を従業員に還元する目的で会社から支払われる一時金のことです。ボーナスは基本的に給与の○ヶ月分という形で支払われます。

ボーナスは年に2回支給する会社が多いですが、会社により異なるため規定が分からない場合は確認しておきましょう。

 ボーナスの金額は会社のボーナス額によって異なるため、一概に年収を計算することはできません。また、新卒の人はボーナスが少なかったり、なかったりするケースも多いです。

ボーナスが1カ月分であれば、手取り15万円の年収は約247万円になります。2ヶ月分なら約266万円になります。

ボーナスが2回支給される会社でも新卒や中途採用の場合、賞与査定期間が短いため支給がないこともあります。

手取り15万円の主な業種

お金が入った瓶

手取り15万円の給与明細額面は約19万円で、年収はボーナス無しだと約230万円。

ここからは、日本人の平均年収を大きく下回る手取り15万円の主な業種について解説していきます。

手取り15万円の主な業種
  • 介護業界
  • 建設業界
  • 保育業界

介護業界

介護業界は比較的給与の低い仕事が多く、手取り15万円程度になることも。

特に、資格を保有していない場合は対応できる仕事の範囲が限られるので、さらに給与が低い傾向があります。

 介護業界では活かせる資格が多数あるので、資格取得することで給与アップを目指すことも可能です。

また、人手不足が問題になっていることから、未経験歓迎の求人が多いのも介護業界の特徴。

多くの人が挑戦しやすい業界であることから、最初は給与が低いこともあるでしょう。

その分、研修制度や資格取得サポート制度が整っている施設も多いので、介護業界で長く働き続けたい人にはおすすめです。

建設業界

不動産

建設業界も、若年者や未経験者の場合は給与が手取り15万円程度になるケースがあります。

体力勝負の仕事が多く、10代~20代が多く活躍している業界であることから、平均年収は低い傾向があると言えるでしょう。

 建設業界にはさまざまな職種があり、仕事内容や保有資格によっては高年収を得られます。

最初は給与が低く、一人前になるまでに時間が掛かることの多い建設業界。

ただ、諦めずに根気強く続けることでスキルアップでき、年収アップやキャリアアップを目指すことも可能です。

一度スキルが身につくと長く活躍できるので、手に職をつけたい人には建設業界はおすすめの業界と言えるでしょう。

保育業界

国家資格保有者である保育士が勤めている保育業界も、手取り15万円程度の業界のひとつ。

近年少しずつ給与の見直しが行われていますが、依然として給与が低いのが問題となっています。

 保育業界は仕事量が多いことも、余計「給与が低い」と感じてしまう要因のひとつです。

私立と公立で給与は若干異なり、文部科学省「幼稚園・保育所等の経営実態調査結果( 収支状況等)によると、公立の方が私立よりも給与が高い傾向にあるという結果が出ています。

今も政府によって処遇改善に向けた対策が実施されているため、今後少しずつ給与が増える可能性もあるでしょう。

役職に就くことで昇給の可能性があるので、手取りを増やしたい場合は主任やリーダーなどの役職を目指すのもひとつの方法です。

手取り15万円の主な職種

職種によっても給与が手取り15万円程度となることがあります。

ここからは、手取り15万円程度の主な職種を紹介するので、参考にしてみてください。

手取り15万円の主な職種
  • ルート営業
  • 接客・販売
  • 介護士

ルート営業

スーツ

既存顧客を相手に営業を行うルート営業は、手取り15万円程度の仕事が多い職種です。

新規営業と異なり飛び込み営業やテレアポなどのプレッシャーは少ないですが、その分やりがいや給与が少ないと感じる方も多いかもしれません。

 ルート営業はルーティンワークが中心になることから、給与が低いことが多いです。

インセンティブ制度を導入している企業であれば、成果に応じて給与がプラスになることもあります。

その分基本給が少ないケースもあるので、成果が上がらない時は物足りなさを感じる可能性が高いでしょう。

ルート営業は資格や経験不問の求人が多いので、未経験者でも挑戦しやすい職種のひとつです。

接客・販売

アパレル業界や飲食業界、小売業界などの接客・販売職も給与が低く、手取り15万円程度になることもあります。

専門的なスキルや経験がなくても働けることが、給与水準が低い理由と言えるでしょう。

 人手不足が顕著な職種でもあるので、人手が足りないお店では勤務時間が長くなることもあるので注意が必要です。

接客・販売の仕事は、シフト制だったり、残業があったり、土日休みではなかったり、働き方が不規則になってしまいがちなのも特徴。

ライフスタイルに合わせて規則的な働き方がしたい人は、働き方や勤務時間などが自分の希望条件に合っているか確認してから働くことがおすすめです。

接客・販売も未経験OKの求人が多いので、職種転換を考えている人にぴったりです。

介護士

男性の背中

介護士も日本の平均年収と比較すると、決して高い給与水準ではない職種のひとつです。

介護士は業務内容によっては無資格でも仕事ができるため、専門スキルが必須でないことが、給与が低い理由だと言えるでしょう。

 身体介護を伴わない介護補助や事務などの業務では、無資格の介護士も多く活躍しています。

介護業界では、介護職員初任者研修や介護福祉実務者研修、介護福祉士、社会福祉士、サービス提供責任者、ケアマネージャーなど活かせる資格が多くあります。

施設によっては資格取得をサポートしているところもあり、資格に応じて資格手当を支給されることで年収アップを目指すことも可能です。

介護士として年収アップやキャリアアップを目指したい人は、業務に活かせる資格を取得してみてください。

手取り15万円で一人暮らしは可能?生活費の内訳

結論から言えば手取り15万円でも一人暮らしは可能です。ただ、住めるお部屋が限られていたり、毎月の固定費をどれだけ安くできるかが重要になってきます。

では、一人暮らしを想定したときの生活費の内訳について見ていきましょう。

家賃

手取り15万円で一人暮らしは可能?生活費の内訳

一人暮らしするために最も大きな支出となり得るのが家賃でしょう。家賃は収入の3分の1以内が目安だと言われているため、手取り15万円の場合の目安は5万円前後です。

 人気地区でなければ問題ありませんが、家賃5万円の物件を東京の23区内で探すのであれば困難でしょう。

家賃5万円の物件は基本的にワンルームが一般的です。また、初期費用で敷金・礼金が必要な場合があるので、ある程度貯蓄が必要になります。

「広い部屋に住みたい」「設備にこだわりたい」と家賃に生活費を使いすぎると、毎月カツカツで生活しなければなりません。

会社の社宅など福利厚生で補えることもあります。

食費

食費はなるべく節約しましょう。月に使える金額はおよそ23,000円〜30,000円が目安です。月30,000円でも外食できる回数は少ないので、自炊をしないとやりくりが難しいでしょう。

 食費30,000円だと日割りにすると1,000円/月になります。自炊すれば生活できますが、外食ばかりだと赤字になってしまいます。

また、総務省の調査によると男性の方食べる量が多いので食費が高いようです。女性の平均が約2.6万円/月なのに対し、男性の平均は約3.1万円/月と5,000円もの差があります。

食材を安い業務スーパーで購入したり、鶏肉中心の食生活にするなど工夫すればもっと安く食費を抑えられます。

水道光熱費

手取り15万円で一人暮らしは可能?生活費の内訳

水道光熱費には、ガス代・電気代・水道代などが含まれます。手取り15万円の世帯では、毎月の費用を大体は10,000円/月ぐらいで収めているようです。

 水道光熱費を抑えるためには利用量を減らすだけではなく、基本料金が安い会社を選ぶのが良いでしょう。

節約するコツとしては、「オール電化」にするなどガス代がかからないプランを選べばコストの削減が可能です。

また、水道代は洗い物はつけおきをして水の使用量を抑えたり、こまめに蛇口を閉めたりすれば節約できます。

なお、オール電化の物件は初期費用が高い場合があるため、物件選びの際に確認しておきましょう。

オール電化の物件ではIT対応の調理器具を揃えなければならないので、注意してくださいね。

通信費

通信費にはインターネットの料金や携帯電話料金などが含まれます。通信費は10,000円/月以内で収めるのが理想です。

 通信費が高い場合は、格安SIMを活用したりして節約しましょう。

また、大手キャリアと格安SIMの携帯料金の平均額を比較すると、大手キャリアは約7,227円なのに対し、格安SIMの平均は約4,503円となっています。(※20GB~の場合)

近年の生活では、ネット環境は必須になってきた影響で費用が嵩みやすいので注意してください。
参考:https://kakaku.com/keitai/article/smartphone/price.html

交際費・娯楽費

手取り15万円で一人暮らしは可能?生活費の内訳

交際費とは、主に会社などの付き合いで発生する費用のことです。娯楽費と合わせて15,000円/月ぐらいで収めるのが良いでしょう。

娯楽費が全く無いとストレスが溜まる可能性もあるので、切り詰めすぎもよくはありません。

 娯楽費は、きちんと考えて使わないとすぐになくなってします。1日に使う費用や回数を決めておきましょう。

交際費・娯楽費の目安は手取り額のおよそ5〜10%です。趣味や好きなことに使うお金も大切なので、工夫して使いましょう。

一回で使う費用を増やしたい場合は回数を減らしてカバーできます。月初にある程度の目安をつけておきましょう。

日用品・衣類品

日用品・衣類品は、生活する上で必ず発生する費用です。日用品・衣類品にかける費用の目安は、およそ25,000円/月が目安です。

洗剤や掃除用具などの消耗が早い場合は、注意して使いましょう。

 日用品は、セット売りしているものやネットのまとめ買いを利用すれば安く済みます。

日用品は基本的に毎月かかる費用が変化しないものです。しかし、衣類品は突発的に買わなければならないことがあるので注意しましょう。

現在かかっている費用リストアップしましょう。無駄な費用や削減できるものがあるかもしれません。

貯金・予備費

手取り15万円で一人暮らしは可能?生活費の内訳

手取り15万円だと貯金するのが難しいと思われますが、少額で貯金をしておいた方が安心でしょう。貯金があれば、急な出費に対応することができるからです。

 急な出費には、家具の故障や医療費などが考えられます。これらの出費は未然に防ぎにくいので、準備する必要があります。

これまで紹介した生活費を手取り額から引くと10,000円〜17,000円残ることになります。生活費を上手く節約できればもっと貯金する子ができます。

その他、家賃の更新料が2年ごとに発生するケースがあります。予定になかった出費に対応できる備えは必要です。

手取り15万円できついと感じること

これまで解説したように、手取り15万円でも一人暮らしをしたり貯金をしたりすることは可能です。しかし、手取り15万円で生活していくには我慢しなければいけないこともあります

ここからは、手取り15万円できついと感じやすいことについて見ていきましょう。

手取り15万円できついと感じること
  • 欲しいものが買えない
  • 外食ができない
  • 遊びに行けない
  • 貯金ができない
  • 生活費が足りない

欲しいものが買えない

手取り15万円できついと感じること

手取り15万円では好きなものが買えないという悩みを抱えている人が多いようです。

 物が買えない以外にも、美容院に行けないのでヘアスタイルを楽しめないといった悩みもあるようです。

計画を練ってお金を使わないと余裕が生まれないので、自由にお金が使えないもどかしさが常にあるのはしんどいでしょう。

手取り15万円では毎月の生活費でほとんどを消費してしまうので、欲しいものを買うにはまず貯金をしなければなりません。

欲しいものを買うのを我慢したくない人は生活コストを削減しましょう。浮いたお金で欲しいもの買うことができます。

外食ができない

手取り15万円での食費は自炊すること前提なので、外食にお金を使うのは厳しいでしょう。ランチだけではなく飲み会などに行けないという人も多いようです。

 1回の外食で3,000円使った場合、3日分の食費を消費したことになります。

ただ、食費を節約すれば月に何回かは外食ができるでしょう。食費は1日1,000円計算ですが、これより安く日々過ごせば食費に余裕が生まれます

外食をするためには、食費を切り詰めましょう。他の生活費を使ってしまう、と生活費が不足してしまいます。

遊びに行けない

手取り15万円できついと感じること

娯楽費が少ないため遊びに行けないという悩みも多いようです。せっかく遊びに誘ってくれたのに、お金がないから無理に理由をつけて断っている人もいるようです。

 せっかく誘ってもらったのを断るのは心苦しいでしょう。娯楽費は必須の生活費ではないとは言え、ストレスなく生活するためには必要なお金です。

娯楽費を有意義に使うコツは月の初めに今月は何回遊んで1回にどれぐらい使うのか計算しておくことです。予算を決めてそれ以上使わないようにしましょう。

他の生活費で足りない部分があれば娯楽費からお金をやりくりする場合もあります。

貯金ができない

生活費を使い切ってしまい貯金できないという悩みもあるでしょう。貯金は何かあった場合に必要です。貯金がないことで不安に感じている人が多いようです。

 まとまったお金が作れなくて引っ越しができないといった悩みもあるようです。

貯金は毎月コツコツすることが大切です。単発で貯金できない月があった場合は仕方ないですが、毎月貯金ができないなら生活コストを見直す必要があります。

生活費を抑えられればその分貯金を増やすこともできますね。

生活費が足りない

手取り15万円できついと感じること

将来的に結婚して子どもができた場合や、ローンを追加で組んだ場合に生活費が足りなくなることがあるようです。手取り15万円で支出を増やす場合は何かを削らなければなりません。

 先月の繰り越し分の支払いがあり今月も生活費が足りなくなるという状況にもなりかねません。

そもそも生活費がギリギリな場合が多いので、生活費がマイナスになるとカバーするのが大変です。支出を増やすときは十分注意しましょう。

特に子どもがいると年々支出が増えていくので、収入を増やすことを検討しましょう。

手取り15万円でできること・できないこと

金の天秤

手取り15万円では「生きていけない」といった声もネット上では見かけますが、一人暮らしでラインを決めて過ごせば十分暮らしていけます。

月給15万円で出来ること、出来ないことは以下の通りなので参考にして下さい。

月給手取り15万円できること

まず最初に、月給手取り15万円で無理なくできることは以下の通りです。

できること
  • 家賃5万円前後の家を借りる
  • 月に2回程度の外食
  • 月1万円前後の趣味

基本的に家賃は手取り収入の3分の1が相場と言われているため、手取り15万円の場合は約5万円前後の賃貸であれば借りられます。

またよほど高価な店を選ばない限り、月に2回ほどの外食・飲み会も可能です。

 家にこだわりがなければ、もう少し家賃を節約することもできるでしょう。

趣味や娯楽に関しても、手取り15万円であれば月に1万円前後は使用しても良いでしょう。ただ他にコンビニで少額ずつ利用するシーンが増えると、自由に使えるお金も減るため注意が必要です。

基本的に派手な豪遊でなければ、ある程度の生活水準は保てるので安心して下さい。

月給手取り15万円でできないこと

イスに座って落ち込む人

一方で手取り15万円だと、できないことは以下のようなことが挙げられます。

できないこと
  • 新車の購入
  • 毎週の外食
  • 駅チカ・デザイナーズマンションなど好条件の物件

手取り15万円の場合、新車の購入は厳しいでしょう。中古車であれば望みはありますが、最新の車種となると手取り15万円では返済が相当苦しくなります。

 車は購入後に維持費、駐車場代、保険、車税など出費が一気に跳ね上がります。

また毎週末飲み会となると月に4回、2万円近くの出費となるため、手取り15万円だと給料日前にお金が尽きてしまうことも。

住居に関しても好条件の物件だと、エリアによっては6万円以上かかってしまうため、なかなか厳しいでしょう。

月給の手取りが15万円だと、あまり贅沢な生活は難しいものの、節約を意識した生活であれば十分に暮らしていけます。

手取り15万円で貯金をするためのポイント

手取り15万円で貯金をするためのポイント

固定費を削減する

固定費の中には「家賃・食費・水道光熱費・通信費」などがあります。食費や水道光熱費を節約するのは想像つきやすいですが、家賃もやりようによっては削減できます

 手取り15万円の場合、家賃は5万円ほどですがルームシェアすれば半額にできることもあります。

水道光熱費で最も使用しているのは料理のときです。水道・ガス・電気すべて使うので、節約することができれば結構削減できます。

最近では、水要らずの料理器具や節電できる商品が出てきました。毎月のコストを減らすのに活用してみてください。

家計簿をつける

手取り15万円で貯金をするためのポイント

家計簿をつけたことがない人も多いのではないでしょうか。毎月何をどれぐらい生活費を使っているのか把握できなければ、節約することはできません

 最近では家計簿をつけてくれるアプリがあります。そのため、比較的簡単にお金の管理が可能です。

家計簿によって毎月の費用見えれば、対策を立てやすくなります。また、毎月の変動もわかるので安定して生活することができます

銀行やクレジットカードと連携すれば明細が出てくるので家計簿をつけやすくなります。

欲しいものリストを作成する

欲しいものリストを作成すれば、物欲をコントロールすることができます。欲しいものリストがあれば目標となって、衝動買いを抑えられたり計算しやすくなります。

 欲しいものリストはなるべく手書きや手入力で作成しましょう。作成途中で「やっぱり要らない」と書き換えることもできます。

また、買わなくてもレンタルで事足りる場合もありま。リスト化しておくと本当に必要なものか判断しやすいのでおすすめです。

欲しいものリストに優先順をつけるのも良いです。急ぎで必要なのか本当に必要なのか見分けがつきやすいです。

手取り15万円から年収アップを目指すには?

手取り15万円から年収アップを目指すには?

資格を取得してスキルアップする

資格があれば手当てを支給してくれる会社が多いです。どの資格が対象になるのかは職種や勤め先により異なるので調べてみると良いでしょう。

 会社が推奨している資格がある場合もあります。そういった資格を取得すると評価されやすいです。

資格を取得すれば将来的にも昇進しやすくなりますし、格があることで仕事につながる場合があるので、取得しておいて損はないでしょう。

ただし、資格は取得できる時期が決まっています。そのため、一度落ちてしまうと来年また受けなくてはなりません。

短期間で合格できるよう、計画的に勉強を進めたいですね。

副業をする

手取り15万円から年収アップを目指すには?

職場を変えずに年収アップするのには何年もかかってしまうことがあります。そこで、すぐに年収アップしたい人は副業するのがおすすめです。

副業は会社によって認めてないこともありますが、最近は副業OKの会社も増えています。

 副業禁止なのに副業をしたのが会社にバレた場合、ペナルティを受ける恐れがあります。副業をしても良いかは必ず事前に確認しておきましょう。

また、副業は即効性はあるものの時間を割かなければなりません。時間に余裕があり、副業OKなら始めてみると良いでしょう。

副業の探し方はさまざまですが、未経験の人はクラウドソーシングを活用するのがおすすめですよ。

転職する

転職してキャリアアップするのも、年収を上げるひとつの手です。転職でも特に重要なのが、スキルがあるかどうかです。

全くの未経験の業界に入れば年収アップしにくいですが、これまでの経験を活かしてキャリアアップできれば収入アップも期待できるでしょう。

 未経験の職種でも、将来性のある業界への転職なら将来的に年収アップが見込める可能性があります。

また、同じ業界でもより規模の大きな会社に転職したことで年収がアップした事例もあります。

転職では、企業は即戦力を探している場合が多いです。自分のスキルや経歴に自信がある人はチャレンジしてみてください。

ここからは、おすすめの転職エージェントを紹介します。

手取り15万円から給料アップする資格

【2021年最新】おすすめの資格一覧|学習方法や転職サイトも紹介

手取り15万円からステップアップを考えた際、以下の資格を取得すると良いです。

簿記

年収15万円を目指すのであれば、簿記の獲得がおすすめです。事務職を目指す際、簿記を持っていることで経理事務の選考が有利になります。

 企業によっては資格手当で3000円~2万円ほどとなっているため、大幅な月給アップが狙えます。

難易度もそこまで高くないため、ある程度まとまった時間があれば対策は十分。事務職で年収を上げるのであれば、簿記の獲得から目指してみるのも良いでしょう。

給与アップが難しい事務職ですが、簿記などの資格を取得することでしっかりと月給を上げられます。

ITパスポート

エンジニアやプログラマーなど、IT業界で年収アップを考えるのであればITパスポートの獲得を目指しましょう。

ITパスポートはIT業界初心者向けの資格ですが、獲得することで資格手当のが狙えます。

 ITパスポートを取得すると、基本的な知識が身についていることを証明できます。

基礎知識が身に付くことで任せられる業務も増え、キャリアアップも狙えることからさらなる年収アップも実現できるでしょう。

IT業界未経験の受講者も多いため、知識が浅い人でも十分取得のチャンスはあります。

IT業界でスキルを付けることで、中長期的に安定したキャリアを築き、継続的な年収アップが狙えます。

TOEIC800点以上

資格 TOEIC

近年多くの企業がグローバル化を進めているため、TOEIC800点以上を保有していると、任せられる仕事が増えたり資格手当がもらえたりとメリットが多いです。

事務や営業など職種を問わず、海外展開している企業であればTOEICの点数次第で資格手当がつくケースもあります。

 語学は一朝一夕では身につかないため、まとまった時間をしっかりと取り、学習期間を設ける必要があります。

また英語力があれば海外出張など大きな仕事のチャンスも巡ってくるため、スキルアップのシーンも増えるでしょう。資格手当だけではなく、スキルを上げることで手取り15万円から大きく月給アップが狙えます。

TOEIC800点は決して簡単ではないものの、取得後に大幅な月給アップが目指せます。

宅建

不動産

宅建は不動産業界へ転職を検討しているのであれば、ぜひ取得したい資格です。

そもそも不動産業界は取り扱い商材の単価が高いため、どの職種も年収が高く、月給15万円以上を狙いやすいメリットがあります。

 いずれの職種を目指すにしても宅建があることで、資格手当を受け取れるケースがほとんどです。

また不動産企業であれば、入社後に宅建取得のため会社側の負担で書籍を購入できたりとバックアップ体制が整っているケースも多いです。

自力で宅建の取得が難しければ、資格取得支援に力を入れている企業へ入社することも検討してみて下さい。

宅建は給与アップを考える求職者から人気の資格。ネットや書籍で勉強を進められるため、独学で知識を増やしていきましょう。

ファイナンシャルプランナー

最後におすすめの資格はファイナンシャルプランナーで、金融業界への転職が有利になります。

金融業界も不動産業界と同じく、取り扱い商材の単価が高いため、手取り15万円以上の月給が目指せるでしょう。

 ファイナンシャルプランナーは多方面で活かせるため、コンサルや企業の経理など選択肢は広がります。

難易度もそこまで高くないため、現職が忙しい求職者でも取得が目指しやすいです。資格講座やウェブ教材も豊富なため、スキマ時間をうまく活用して勉強を進めていくと良いでしょう。

金融業界は昇給額も大きいため、転職後に大幅な年収アップも期待できます。

年収アップを目指して転職するなら転職エージェントがおすすめ

年収アップを目指して転職するなら転職エージェントがおすすめ

転職エージェントとは、転職をしたい求職者と人材が採用したい企業の間に立って転職支援するサービスです。

担当するキャリアアドバイザーがキャリア相談から面接対策など転職成功するためのサポートをしてくれます。

 転職エージェントには一般公開していない非公開求人があります。非公開求人には人気の優良企業の求人が多くあります。

好条件の求人を非公開にしている理由は、求人が人気のため応募が殺到してしまうからです。そのため、転職エージェントにマッチする求職者を見定めてもらっているというわけです。

優良な求人が多いので年収アップしやすい。また、転職活動に不安な人もサポートしてくれるというメリットがあります。

年収アップを目指すなら年収査定を受けてみよう!

自分の年収を上げたい...と感じている人はまず、自分がどれくらいの年収をもらう価値があるのか、適正年収を知る必要があります。

適正年収が自分の今の年収よりも高ければ、転職によって年収アップの可能性があるでしょう。
dodaの年収査定サービスでは、無料の会員登録だけですぐに年収査定の診断を受けることができます。doda会員の186万人のビッグデータから算出された数字なので、信頼感もあります。
dodaの年収査定でわかること
  • 今の年収から何円アップするか
  • あなたの適正年収の求人
  • 転職によって年収がどう推移するか
診断結果のサンプルは以下のようになっています。

年収査定 今の年収から何円アップするかは以下のように表示されます。dodaは転職サイト・エージェントの機能もありますので、そのまま転職を開始することもできますよ。

年収診断

自分の市場価値を知ることは年収アップの近道になるでしょう。ぜひ年収査定を利用して、年収アップを達成しましょう。

年収アップを目指す人におすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 数多くの求人から収入アップとなるものを検索できる
  • 実績豊富なアドバイザーがサポートしてくれる
  • 年収交渉を実施してくれる

リクルートエージェントの特徴

リクルートエージェントは、公開・非公開ともに豊富な求人数を誇ります。そのため、今の仕事よりも収入アップを目指したい人にとって、可能性を見出せるでしょう。

転職支援の経験豊富なキャリアアドバイザーが在籍しており、求職者のスキルや希望に沿って仕事を厳選し紹介。求める年収となる仕事に出会える期待が持てます。

 キャリアアドバイザーは提出する書類の添削や面接対策、さらには独自に分析した企業情報などを提供。転職活動を全面的にサポートしてくれます。

また、キャリアアドバイザーが企業の人事担当者と年収交渉を実施してくれる点も魅力です。交渉の材料となるため、自身の希望はしっかりと伝えておきましょう。

譲れない最低条件と希望の年収額を切り分けてキャリアアドバイザーに伝えることで、企業側と交渉してくれます。

リクルートエージェントを利用するメリット

シャツ姿の男性

リクルートエージェントは経験豊富なキャリアアドバイザーが在籍しており、企業側に年収の交渉をはじめアクションを起こしてくれる点がメリットと言えます。

 自身での転職活動では実現が難しい年収交渉も、今までの経験から得たノウハウを活かし実施してくれるため大変心強いです。

非公開求人も非常に多いことから、一般公開されていないハイクラスな仕事に出会えるかもしれません。つまりは、年収アップが期待できるのです。

運営会社 株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 職務経歴書エディター
  • 面接力向上セミナー
  • 担当者面談
得意分野・特徴 多数の非公開総合求人を誇る充実のサポートが強み
公開求人数 311,566件※2022年11月25日現在
利用可能地域 全国
拠点 東京/西東京/宇都宮/さいたま/千葉/横浜/京都/大阪/神戸/名古屋/静岡/北海道/東北/岡山/広島/福岡

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 高年収となる条件で絞り仕事を検索できる
  • 年収交渉や入社日調整などのバックアップを受けられる
  • 求人票に載っていないリアルな情報を収集可能

マイナビエージェントの特徴

マイナビエージェントでは年収500万円・600万円・1,000万円といったように、高年収な条件で絞り込みをかけて仕事を検索できます。

また、ベンチャーや大手、さらには外資系企業の求人も保有することから、今よりも年収アップを図りたい人にとって魅力的な仕事に出会える可能性に期待できるのです。

 キャリアアドバイザーは、企業の採用担当者と年収交渉も実施。理想の転職を叶えるよう、最大限のサポートを実施してくれるのです。

そして、マイナビエージェントにはキャリアアドバイザーと別に企業担当アドバイザーも在籍。人事担当とやり取りし、職場の雰囲気をはじめ求人票に載っていない情報を伝えてくれます。

キャリアアドバイザーは気軽に相談できる距離感で接してくれるため、希望の年収をしっかりと伝えましょう。

マイナビエージェントを利用するメリット

ネクタイを締める男性

業界や職種に特化した支援も実施しているため、理想の転職を叶えやすいです。今よりも年収の高い業界に転職したい場合でも、希望の実現に期待が持てます。

さらに、アドバイザーに関しても業界専任制です。各業界の転職事情を熟知していることから、充実したサポート体制のもと転職活動に打ち込めるでしょう。

運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 履歴書添削サービス
  • 面接対策
  • サポート期間は無期限
得意分野・特徴 IT・WEBサービスエンジニア・モノづくりエンジニア・営業職の求人
公開求人数 ※2022年11月25日現在
利用可能地域 全国
拠点 京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

ハタラクティブ

ハタラクティブ

おすすめポイント
  • 大手企業への紹介実績あり
  • プロがしっかりとサポートしてくれるため心強い
  • 最短2週間で内定を獲得できる場合もある

ハタラクティブの特徴

ハタラクティブは大手企業への紹介実績があるため、今よりもキャリアアップを図り年収を上げたいと考えている人におすすめです。

3人に2人が未経験から就職していることから、経歴に不安を抱えている人でも安心して取り組めます。

 転職事情を熟知したプロのサポートを受けられるため、転職活動が不慣れな人にとって大変心強いです。

最短2週間で内定を獲得できる場合もあり、なるべく早く仕事を決めたい人は要チェックです。紹介している求人例の月給目安が掲載されているため、ぜひ比較材料として役立ててください。

こだわり検索では、希望の年収をベースに仕事を探せます。

ハタラクティブを利用するメリット

仕事をする男性

20代の無経験者向けと言うことで、若いうちから将来を考えて年収アップを目指したい人におすすめのサービスです。希望年収に絞り込みをかけて仕事を検索できます。

キャリアアドバイザーがマンツーマンでサポートしてくれるため、転職活動に慣れていない人でも安心できるでしょう。

質問に関しても、遠慮なく気軽に投げかけやすいです。

運営会社 レバレジーズ株式会社
主なサービス(機能)
  • 求職者カウンセリング
  • 選考対策
  • 求人の紹介
得意分野・特徴 未経験業種・フリーター・20代の転職
公開求人数 1,724件※2022年11月25日現在
利用可能地域 全国
拠点 渋谷/池袋/秋葉原/横浜/千葉/さいたま/大阪梅田/名古屋/福岡

よくある質問

手取り15万円の場合、額面の月給はいくら?
手取りが15万円の場合、額面の月給は約19万円程度です。総額19万円が振り込まれても、厚生年金、保険、住民税、所得税など合わせて約4万円ほど引かれます。
手取り15万円の年収は?
額面が15万円の場合、年収に換算すると約230万円です。
国税庁の調査によると、国内平均年収が461万円となっているため、手取り15万円だと平均の約半分ほどになります。
手取り15万円で一人暮らしはできる?
贅沢な暮らしは難しいですが、ある程度節約をし気をつけた生活をしていれば十分に一人暮らしが可能です。
なるべく外食やウーバーイーツなどに頼らず、自炊を行うことで賃貸物件で一人暮らしを送っていけます。
アルバイト・パートでも手取り15万円は可能?
週5日のフルタイムであれば、アルバイト・パートでも手取り15万円は超えられるラインです。
ただ時給にもよるので、手取り15万円を目指すのであれば、なるべく時給が高い企業を選ぶと良いでしょう。
手取り15万円の生活レベルは?
家賃5万円以下、自炊が基本といった生活スタイルが基本で、大きな贅沢や趣味に多額のお金をかけることは難しいでしょう。
ただ、月に1~2回程度であれば外食も出来るため、節約と贅沢のバランスが取れていれば快適な暮らしも可能です。
手取り15万円から月給を上げたい時はどうすれば良い?
まずは社内の資格手当などといった、昇給条件を確認し、規定に則って年収アップを考えましょう。
ただ企業によっては給与レンジ自体が低い場合もあるので、その際は成果が反映されやすかったり、実力主義と言った、年収を上げやすい企業への転職をおすすめします。

まとめ

今回は、手取り15万円の生活についてご紹介しました。手取り15万円では一人暮らしや自由に暮らすことは難しいです。

 余裕を持って生活するためには色々な施策が必要でしょう。家計簿をつけたりほしい物リストを作ることで毎月にかかるコストを減らすことができます。

生活費を見直したり節約するだけではなく、収入アップすることができれば余裕を持って生活できるようになります。

また、年収アップを目指して転職をする場合は、転職エージェントの利用がおすすめです。

記事内で紹介した転職エージェントはいずれも無料で利用できるため、上手く活用しながら年収アップを目指してみましょう。

この記事を参考に、生活費の見直しや年収アップにチャレンジしてみてください。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事