手取り20万円だと年収はいくら?生活費や年収アップの方法も解説

手取り20万円だと年収はいくら?生活費や年収アップの方法も解説

「手取り20万円あれば、一人暮らしはできるだろうか」「手取り20万円だと生活レベルはどのくらいだろう」と、気になっている人も多いのではないでしょうか。

具体的に何にどれだけのお金を使えるのか、イメージしにくい人もいるかもしれません。

そこで今回は、手取り20万円の年収生活費などについて詳しく解説します。

この記事でわかること
  • 手取り20万円の年収やボーナスの有無による違い
  • 手取り20万円の生活費内訳
  • 手取り20万円から年収アップを目指す方法

手取り20万円からさらに年収アップを目指す人におすすめの転職エージェントも紹介するため、ぜひ参考にしてみてください。

手取り20万円の給与・年収は?

手取り20万円の給与・年収は?

手取り額は収入の約75〜85%が目安とされています。よって、手取り20万円の額面は約24万円が目安です。

 そのため、収入に0.75〜0.85をかければ大体の手取り額を予測することができます。

つまり、手取り20万円をもらうためには額面で24万円なければいけないことが予測できます。

額面には税金などが引かれる前の金額が記載されています。

【ボーナスなし】手取り20万円の年収

ボーナスがなく手取りが20万円の年収は、単純に額面月給24万円×12ヶ月を計算した額になります。

 ボーナスなしの場合はほとんど年収に差が出ないので、手取り20万円の年収はおよそ288万円が目安になります。

なお、額面年収では約288万円ですが、手当額などは毎月異なるので多少のばらつきが想定されます。

残業手当や資格手当があれば、目安よりも年収は高くなりますね。

【ボーナスあり】手取り20万円の年収

現金

ボーナスが支給される企業に勤めていれば、年収に加算されます。手取り20万円の月収が24万円だった場合を想定して、ボーナス込みの年収を計算していきましょう。

 ボーナスは夏と冬の年2回で支給されるのが一般的です。支給額は企業によって異なりますが、基本給の1〜2ヶ月分として計算されることが多い傾向です。

そのため今回の概算では、ボーナス年2回、それぞれ基本給1ヶ月分と2ヶ月分で支給される2パターンを計算してみましょう。

ボーナス1カ月分・年2回支給の場合 月収24万円×14カ月=年収336万円
ボーナス2カ月分・年2回支給の場合 月収24万円×16カ月=年収384万円

このように、手取り20万円でボーナス込みの年収は、ボーナスがない場合と比べて約50万〜100万ほどアップすることがわかります。

またボーナスは個人の業務実績でも差が出ることがあります。成果を会社に認められればさらに多くのボーナスを支給されます。

ボーナスは会社の業績に左右されるため、業績が下がれば減額される可能性もあります。

手取り20万円の生活費は?家賃・貯金など

手取り20万円の生活費はどのような内訳になるのでしょうか。ここでは、一人暮らし二人暮らし家族暮らしそれぞれで家賃・貯金等の観点から見ていきましょう。

手取り20万円の生活:一人暮らし

手取り20万円の生活費は?家賃・貯金など

手取り20万円は、一人暮らしであれば十分に生活していける給与です。生活の内訳をシミュレーションしてみましょう。

家賃 50,000円
食費 30,000円
水道光熱費 10,000円
通信費 10,000円
娯楽・交際費 30,000円
日用品・服飾 30,000円
貯金 40,000円

頻繁に贅沢はできないですが、月に数回程度なら外食を楽しんだりする余裕もあるかもしれません。

 家賃は収入の3分の1程度を目安にしましょう。家賃の高いところに住むと、その分生活費が圧迫されて生活が厳しくなってしまいます。

また、シミュレーションでは貯金を3万円としていますが、自炊を心掛けたり通信費などを削ったりして収支をコントロールしていけば、目安以上の貯金も可能です。

毎月かかっている費用をリストアップして整理するのが節約のコツです。

手取り20万円の生活:二人暮らし

手取り20万円の生活費は?家賃・貯金など

手取り20万円で二人暮らしの生活は、共働きかそうでないかによって大きく状況は異なってきます。

では、二人暮らしの場合の生活費をシミュレーションしてみましょう。

家賃 70,000円
食費 40,000円
水道光熱費 10,000円
通信費 20,000円
娯楽・交際費 20,000円
日用品・服飾 20,000円
貯金 20,000円

このように、手取り20万円で二人暮らしをすることは可能ですが、一人暮らしに比べると食費や通信費などにお金がかかる分、貯金や服飾費にお金が少なくなってしまいます

 世帯収入を増やせば、より余裕を持って生活できるでしょう。

よって、共働きや副収入などを検討するのも一つの手です。

一人暮らしに比べると広いスペースが必要となるので、家賃相場も高くなりますね。

手取り20万円の生活:家族暮らし

手取り20万円での家族暮らしは、厳しいのが現実と言えるでしょう。

家族が増えることによって、より広い家に移り住むことも必要になってきますし、乳児はベビー用品、幼児は子ども用の服や生活品をそろえる必要があります。

 進学する際には、入学費用や教育費がかかってきます。子どもの成長につれて出費は増えていくことから、手取り20万円での生活は厳しいでしょう。

手取り20万円では家族を養うのは厳しいので、共働きをするなど世帯収入を上げる工夫が必要となります。

首都圏など物価の高い地域では、地方と比べて支出額が大きくなる可能性があることも理解しておきましょう。

【正社員・アルバイトなど】手取り20万円でも違いがある?

【正社員・アルバイトなど】手取り20万円でも違いがある?

正社員の場合

正社員の場合、会社によりますが一定額のボーナスがもらえるケースが多いでしょう。

 手取り20万円でボーナス込みの年収は、ボーナスがない場合と比べて約50万円〜100万円ほどアップすると考えられます。

ボーナスの有無によっては大きな年収の差が生まれるので、正社員にとってボーナスは年収を考える上でとても重要なものとなっています。

ボーナスは会社の利益によって決まります。毎年変動があるので注意してください。

アルバイトの場合

【正社員・アルバイトなど】手取り20万円でも違いがある?

アルバイトとして雇用されている場合は、ボーナスが支給されないのが一般的です。仮にボーナスが支給される場合でも正社員より少ないでしょう。

 アルバイトは基本的に時給制なので、働いた時間に応じてお金が発生します。

正社員のように固定給でではないため、手取り20万円を得るにはそれなりの時間働かなければいけません

アルバイトの時給は交渉しないと上がらない場合が多いです。経験や勤続年数によっては時給アップが期待できるでしょう。

契約社員の場合

契約社員も、アルバイトと同じくボーナスが支給されないことが多いですが、その分基本給が高い傾向があります。

 そのため、正社員と年収がそこまで差が無いこともあります。また、月収は契約社員の方が多い場合もあります。

ただし、契約社員は雇用期間があるため、正社員と比べると安定性の面で不安を感じる人も多いでしょう。

契約期間は3ヶ月単位で行われる場合が多いです。契約期間は最大3年でそれ以降は正社員登用されることもあります。

手取り20万円できついと感じやすいこと

手取り20万円できついと感じやすいこと

上記で解説したように、手取り20万円があれば比較的余裕を持って生活することが可能です。しかし、求める生活レベルによってはきついと感じてしまうこともあります。

ここからは、手取り20万円だとどんなことにきついと感じやすいのかを見ていきましょう。

手取り20万円できついと感じやすいこと
  • 欲しいものが買えない
  • 貯金に回すお金が残らない
  • 急な出費に対応しにくい
  • 常に予算を気にしてしまう
  • 旅行ができない

欲しいものが買えない

手取り20万円では、欲しい物を買うお金がなく断念せざるを得ない場合もあります。複数欲しいものがあったとしても、値段によってはどれを買うか取捨選択しなければなりません

 また、欲しいものを次々に買ってしまうと、その月の生活費も厳しくなってしまいます。

毎日コツコツ貯金をして準備をしておかなければならないので、日常を我慢して過ごすこととなります。

今月はどれぐらい使えるのかを整理し、優先順位を付けながら管理することで使い過ぎを防げるでしょう。

貯金に回すお金を残せないこともある

手取り20万円できついと感じやすいこと

貯金をしていかないと、手取り20万円では将来が不安です。しかし、生活費によっては貯金に回すお金がなくなることも考えられます。

 例えば、車が急に故障して修理代が高額になってしまったり、エアコンを使い過ぎていつもの倍以上の電気代を請求されたなど、思いも寄らない出費に悩まされることもあります。

突発的な出費があった場合、手取り20万円だと貯金に回すお金が残らないということが起こります。

急な出費に対応しにくい

手取り20万円では、急な出費に対応できなくなる場合があります。

毎日コツコツ貯金をしていれば心配ありませんが、手取り20万円だと生活費等の出費でなかなか貯金するお金が残っていないいう人が多いでしょう。

 急な出費が出てしまうと、その月の生活費自体が底をつき、残りの生活費を支払えないなどの問題が発生する可能性もあります。

急な出費に備えて日頃から貯金をしておくことが1番なのですが、手取り20万円だときついと感じると思います。

急な出費は自分ではどうしようもないことです。イレギュラーに対応できるように備えをしておきましょう。

常に予算を気にしてしまう

手取り20万円できついと感じやすいこと

手取り20万円ではお金に余裕がないため、常に残りの予算を気にする必要があります。

 予算を気にし過ぎるあまり買い物や旅行、娯楽を楽しめなくなってしまう可能性もあるでしょう。

常にお金のことを気にしないといけないので、精神的にストレスが溜まってしまう人もいるかもしれません。

旅行ができない

手取り20万円では、旅行に頻繁に行くことが難しくなります。一人で旅行へ行く場合は、コツコツ貯金をしていれば年に何回か旅行にすることは可能です。

 しかし家族がいる場合は、旅行費は人数に比例して増えていきます。

行き先や人数、旅行シーズンによっては1回あたり数十万円もの費用がかかることもあるため、貯金する余裕が少ない手取り20万円の生活では難しいかもしれません。

手取り20万円から年収アップを目指すには?

手取り20万円でも生活していけるとは言え、よりゆとりを持って貯金や娯楽にもお金を使いたいという人もいるでしょう。

そこで、ここからは収入アップを目指す方法について解説していきます。

資格を取得してスキルアップする

手取り20万円から年収アップを目指すには?

資格を取得し、スキルアップして年収アップを目指す方法があります。これは職種や業種によるものの、業務に必要な資格を取得すると、資格手当を支給してくれる企業もあります。

 勤めている企業の制度をしっかりと調べたうえで、現在の額面給与が上がる資格が指定されていれば、該当する資格を取得をすると良いでしょう。

資格を取得しスキルアップができたら、手当による給与アップだけでなく、仕事でそのスキルを活かすことができれば昇進もしやすくなることでしょう。

資格手当と昇給の一石二鳥で年収アップが期待できるかもしれません。

副業をする

本業での手取り20万円以外にも収入が欲しい場合、副業をするのも一つの方法です。現在では、正社員でも副業を行っても良いという企業が増えてきています

 2018年には「副業元年」という言葉も生まれています(※)。副業をする人の中で本業の手取りより収入がある人もいます。

本業と副業の両立が必要となってくるので、スケジュール、タスク、体調などをしっかりと管理しなくてはなりません。

ただし、副業は禁止されている場合は会社からペナルティを受ける場合もあるため、副業が認められているかどうかきちんと確認してから行ないましょう。

※https://www.nhk.or.jp/seikatsu-blog/1300/289071.html

転職する

手取り20万円から年収アップを目指すには?

「今の勤務先では収入アップは見込めない」「会社の業績が悪く昇給は期待できない」という場合は、転職を検討するのもおすすめです。

 今よりも額面給与が高く、手取り20万円以上が期待できる企業が見つかるかもしれません。

とは言え、給与が今よりも高いだけで転職先を決めるのはおすすめしません。給与が高くても働く職場環境が悪いブラック企業の可能性があります。

よって、転職先を探す場合は転職のプロからさまざまなサポートを受けられる転職エージェントを活用し、計画的に進めることが大切です。

以下では、おすすめの転職エージェントを紹介します。

手取り20万円から転職を目指すポイント

ポイント

手取り20万円から転職を目指すのであれば、大きく分けて5つのポイントがあります。

転職先を明確にする

まず最初になぜ転職をするのか理由を明確にし、転職先を決めていくことが重要です。月給の手取り20万円の場合、いきなり月給30万円など大幅なステップアップは難しいでしょう。

 今の自分が目指せる範囲で、業種・職種を定めていきましょう。

転職先を決める際、様々な希望条件があると思いますが全ての条件を叶えることは難しいです。そのため自分が譲れない条件をもとに、まずは転職先を定めて準備を進めていきましょう。

事前に転職先をある程度決めることで、今後のスケジュールや対策など効率よく進められます。

自身の市場価値を把握する

グラフ

次に目指す転職先に対して、自分の市場価値で挑戦可能かどうか判断しましょう。

同業界であればステップアップをして手取り20万円超えも目指せますが、未経験業種へ転職する場合は若干の年収ダウンが考えられます。

 市場価値以上の企業へ転職を目指すのであれば、実績やスキルを積むなど一定の時間が必要になります。

逆に自分の市場価値で挑戦できる企業であれば、比較的内定が獲得しやすくなり様々な企業を比較検討できます。

市場価値が自分で判断できない場合、転職エージェントの「市場価値診断」なども利用すると良いでしょう。

自分の市場価値を正しく判断し転職活動を進めることで、内定を獲得しやすい企業に絞って求人を集められます。

転職エージェントを利用する

握手

手取り20万円以上を目指し、優良企業へ転職を目指すのであれば、転職エージェントのサポートを上手く利用すると良いです。

転職エージェントは以下のサポートが無料で利用できるため、登録しておいて損はないでしょう。

転職エージェントで受けられるサポート
  • 求人紹介
  • 書類添削
  • 面接対策
  • 面接動向
  • 年収交渉

転職エージェントでは初回の面談後に、希望条件を伝えておくことで自分に合う求人を紹介してもらえます。

さらにその後、内定獲得のために面接対策や書類添削などサポートが無料で受けられるため、転職に不安がある人も安心です。

 初回の面談では今後のスケジュールやサポートなど、重要なことを決めるため時間をかけて擦り合せをしましょう。

さらに年収交渉を代わりに行ってくれるため、実績がある担当者に依頼すれば手取り20万円以上で好条件で入社できるケースもあります。

高い賞与も希望するのであれば、基本給も確認しましょう。賞与の計算は基本給が基になるため、給与の内訳も事前に確認して下さい。

非公開求人を活用する

書類

最後のポイントは転職エージェントの非公開求人を利用することで、一般公開求人よりも高年収・好待遇といった魅力的な求人が多い点も特徴です。

特に人気の企業や大手企業は、応募の殺到を避けるために条件の良い求人は非公開にされているケースも珍しくありません。

 非公開求人の閲覧方法は転職エージェントに登録することのみ。他の方法はないため、非公開求人が気になる人は転職エージェントを利用するとよいでしょう。

非公開求人の紹介を受けるために、初回の面談時に希望条件やスキルの擦り合せを行います。今後の求人紹介にも影響が出るため、自分の現状をありのまま伝えるようにして下さい。

非公開求人をチェックすることで手元に集まる情報量が増えるため、転職活動が捗ります。

高年収を目指すならまずは年収査定を受けてみよう

自分の年収を上げたい...と感じている人はまず、自分がどれくらいの年収をもらう価値があるのか、適正年収を知る必要があります。

適正年収が自分の今の年収よりも高ければ、転職によって年収アップの可能性があるでしょう。
dodaの年収査定サービスでは、無料の会員登録だけですぐに年収査定の診断を受けることができます。doda会員の186万人のビッグデータから算出された数字なので、信頼感もあります。
dodaの年収査定でわかること
  • 今の年収から何円アップするか
  • あなたの適正年収の求人
  • 転職によって年収がどう推移するか
診断結果のサンプルは以下のようになっています。

年収査定 今の年収から何円アップするかは以下のように表示されます。dodaは転職サイト・エージェントの機能もありますので、そのまま転職を開始することもできますよ。

年収診断

自分の市場価値を知ることは年収アップの近道になるでしょう。ぜひ年収査定を利用して、年収アップを達成しましょう。

年収アップを目指す人におすすめな転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 完全無料で利用できる
  • 豊富な求人を取り扱っている
  • 非公開求人を多数保有している

リクルートエージェントは、幅広い世代の人におすすめできる大手転職エージェントです。

 一般には公開されていない非公開求人が10万件以上あり、あらゆる業種、職種の求人に対応しています。

豊富な経験を持つ専任のアドバイザーが、あなたに合った求人を提案してくれます。

求人数だけでなくサポートも手厚く、履歴書の添削や面接対策などのサポートも提供しているため、アドバイザーと二人三脚で年収アップを目指せるでしょう。

求人数が多いので、それだけ理想の転職先が見つかる可能性も高まりますね。
公開求人数※2021年10月31日時点 139,010件
主なサービス・機能
  • 求人検索
  • 求人提案
  • 面接力向上セミナー
  • 担当者面談
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社リクルート

出典:https://www.r-agent.com/

doda

doda

おすすめポイント
  • 完全無料で利用できる
  • 転職エージェント・転職サイトの2つの機能を備えている
  • 企業との年収交渉も代行してもらえる

dodaエージェントは、豊富な非公開求人を持つ転職エージェントです。非公開求人とは、転職エージェントからの紹介でのみ応募することができる求人です。

 転職エージェントと転職サイトとの機能を備えているため、自分に合った方法で求人探しを進められます。

企業との年収交渉も代行してもらえるため、「今よりも年収の高い会社で働きたい」「どのくらいの年収アップが目指せるか知りたい」と考えている人も安心して利用できるでしょう。

登録して非公開求人を活用すれば、好条件の求人も見つかりやすいですよ。
公開求人数※2021年10月31日時点 104,411件
主なサービス・機能
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 転職ノウハウ
  • スカウト
利用可能地域 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

出典:https://doda.jp/

パソナキャリア

パソナキャリア

おすすめポイント
  • 完全無料で利用できる
  • 非公開求人を豊富に扱っている
  • 転職後の年収アップ率が67.1%

パソナキャリアは、利用者の年収アップ率に定評がある転職エージェントです。

パソナキャリアを利用して転職した人のうち、67.1%が年収アップに成功したデータがあるため、年収アップを目指す人にもぴったりでしょう。

 オリコンによる顧客満足度調査で1位を獲得しており、実績も十分で信頼できる転職エージェントです(※)。

キャリアアドバイザーに対する満足度も高く、面接の指導や現在の会社の退職についてのアドバイスまでも行ってくれるなど、幅広いサポートを提供しています。

転職して年収アップを目指したいと思う方は、まずパソナキャリアに登録しておくと良いでしょう。
公開求人数※2021年10月31日時点 37,631件
主なサービス・機能
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • スカウト
  • キャリアカウンセリング
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社パソナ

出典:https://www.pasonacareer.jp/
※https://career.oricon.co.jp/rank_shoukai/

よくある質問

手取り20万円だと贅沢な生活はできる?
月給の手取りが20万円あれば、ある程度贅沢な生活が出来ます。
月に3回程度の外食や、趣味として3万円ほど利用できるなど、あまり我慢することなく生活が送れるでしょう。
手取り20万円から上を目指すにはどうしたら良い?
まずはスキルや実績を積み、市場価値を高めると良いでしょう。
もしくは同じスキルでも高い給与を支払ってくれる企業、成果に応じてインセンティブを支払っている企業であれば転職後すぐに年収アップが狙えます。
手取り20万円の場合、額面の給料はいくら?
額面では24万円ほどで、その中から各種税金、保険金、厚生年金など合計4万円ほど引かれます。
また年収換算で336万円ほどとなっており、国全体の平均年収より少し低い金額となっています。
女性で手取り20万円を越えるのは難しい?
月給20万円は、特に男女差はなく個人の力量で十分超えられます。
企業によっては新卒入社で手取り20万円を超えているケースがあるため、特に性別の差を感じることはないでしょう。
30代で手取り20万円の企業へ転職すべき?
年代別の平均から比較するとやや低いですが、手取り20万円の企業へ転職しても十分生活を送っていけます。
また転職をする際、入社後すぐの年収だけではなく、その後の年収の伸び率や昇給までの期間も考えるようにして下さい。

まとめ

今回は手取り20万円の収入について、年収やボーナスによる違い、生活費、年収アップの方法などを解説しました。

 手取り20万円があれば、一人暮らしや二人暮らしでも比較的余裕を持って生活できるでしょう。

ただし、よりゆとりを持って貯金や娯楽にもお金をかけたい場合や家族を養わなければならない場合は、手取り20万円では物足りなく感じる可能性があります。

よって、資格取得によるスキルアップや副業、共働き、転職などで世帯収入を上げる工夫が必要です。

転職で年収アップを目指す場合は、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

記事内で紹介した転職エージェントはいずれも無料で登録・利用できるため、上手く活用しながら自分の条件に合った求人を探してみてください。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事