手取り30万円の年収は?生活レベルや目指せる職種などを詳しく解説

手取り30万円の年収は?生活レベルや目指せる職種などを詳しく解説

「今よりも収入の多い仕事に就きたい」「少しでも年収を上げたい」と思っている人は多いのではないでしょうか。

目標の一つとして、手取り30万円を掲げている人もいるかもしれませんね。

そこでこの記事では、手取り30万円を目指せる職種や手取り30万円の生活レベルなどを詳しく解説します。

この記事でわかること
  • 手取り30万円の年収例
  • 手取り30万円の生活レベル
  • 手取り30万円を目指せる職種
  • 手取り30万円を目指す方法

また、手取り30万円を目指して転職する際のポイントや、おすすめの転職エージェントも紹介します。収入アップを目指している人はぜひ参考にしてみてください。

【ボーナスなし】手取り30万円の年収

まずは、手取り30万円の月収・年収・控除額について見てみましょう。

収入とは、基本的には総支給額のことです。会社からもらう給料は既に税金が控除されています。この控除される前の金額が収入で、控除された後の金額が手取りとなります。

では、実際にボーナスがない場合の手取り30万円について、月収・年収の2つを解説していきます。

【ボーナスなし】手取り30万円の月収

手取り30万円の場合、毎月の月収はおよそ38万円です。そのため、手取りで30万円を目指している人は月収が38万円を超える必要があります。

ただし、住民税は住んでいる地域によって異なるため、住民税が高い地域では月収が38万円でも手取り30万円を超えない可能性もあります。

手取り30万円を超えるのは平均で30代後半〜40代前半の人が多いようです。

【ボーナスなし】手取り30万円の年収

【ボーナスなし】手取り30万円の年収

手取り30万円でボーナスがない場合の年収は約456万円です。これは手取り30万円の月収約38万円に12ヶ月かけた金額になります。

つまり、単純に手取り額に直すと年間360万円が手元に残るという計算です。

 国税庁の「民間給与実態統計調査」によると、年収450万円は日本人の平均年収よりもやや高い金額です。

しかし、性別で見てみると男性の平均年収は約539万円で女性は約295万円となっています。

よって、男性で年収450万円だと平均年収より下回っていて、女性だと平均年収より上回っていることになります。

 雇用形態別で見てみると、正規雇用の平均年収は約503万円・非正規雇用は174万円となっているため、正規雇用で年収450万円の人は全体平均よりも低いことが分かります。

なお、給料からは税金が引かれていると解説しましたが、生活にかかる全ての税金が引かれているわけではないので注意してください。

例えば自動車を持っている人は自動車税を払う必要がありますが、これは給料から引かれる税金ではありません。

出典:民間給与実態統計調査

【ボーナスあり】手取り30万円の年収

【ボーナスあり】手取り30万円の年収は約530万円次に、ボーナスがある場合の年収について解説していきます。

ボーナスとは、従業員に会社の利益を還元するために支払われる一時金のことです。そのためボーナスの金額は毎年会社の利益によって変化します。

 ボーナスは基本給の何ヶ月分かを目安に支払われます。飛び抜けた業績をあげた人には、さらにプラスで支払われることがあります。

ボーナスの支給方法は、一般的に毎年夏と冬に1回ずつ支払われます。そのほかにもボーナスが年に1回の会社や稀に年に3回ある会社も存在します。

ボーナスを会社が払わなければならない義務はなく、業績が悪化した場合ボーナスが0円の可能性もあります。

【ボーナスあり】手取り30万円の年収

年間のボーナスが4カ月分だと想定した場合、月収38万円の人のボーナス額は年152万円となります。よって、全体の年収は608万円です。

 民間給与実態統計調査によると年収500万円を超えている人の割合は全体の30%ほどになるそうです。

年代では40代に多い年収ですが、実力主義の会社では20代で年収500万円を超えるところもあるので、ボーナスはかなり年収を引き上げてくれます

ボーナス額の規定は会社により差があるため、入社前にはきちんと確認しておきましょう。

手取り30万円の生活レベルとは?

手取り30万円の生活レベルとは?

一人暮らしの場合

手取り30万円あれば、十分な余裕を持って生活できるでしょう。また、家賃は手取り額のおよそ30%と言われています。

 手取り30万円なら、家賃9万円程度の物件にするのが目安です。

地域によっては、より安い家賃でワンルームや1DKなど単身向けの物件を借りられることもあります。

では、家賃以外の生活費でどんなものに支払っているのでしょうか。以下のシミュレーションを参考に、具体的に見ていきましょう。

家賃 90,000円
水道・光熱費 8,000円
食費 30,000円
日用品・雑費 20,000円
通信費 10,000円
交際費 20,000円
貯金 212,000円

この例では約21万円が毎月の費用になっています。残りの金額は貯蓄に回したりすることができます。

手取り30万円で一人暮らしの場合、十分貯蓄することができるでしょう。

夫婦二人暮らしの場合

手取り30万円の生活レベルとは?

次に、夫婦二人暮らしの生活費を見てみましょう。

結論から言うと、手取り30万円で夫婦で二人暮らしは問題なく生活できます。一人暮らしのときよりも少し余裕を持って生活費の配分をすると良いでしょう。

 二人暮らしの場合の家賃は、世帯収入のおよそ30%を目安としましょう。

世帯主の収入だけで生活する場合は9万円の物件が目安ですが、1LDKや2DK以上の広い部屋に住みたい場合、地域によってはさらに家賃が高くなってしまうかもしれません。

今回は、家賃を10万円と仮定し、二人暮らしの場合の生活費を具体的にシミュレーションしてみましょう。

家賃 100,000円
水道・光熱費 10,000円
食費 40,000円
日用品・雑費 20,000円
通信費(二人分) 20,000円
交際費 40,000円
貯金 70,000円

この例では、合計23万円が生活費として必要です。

自炊する頻度や家賃、居住地域の物価などにより内訳は変動しますが、一人暮らしよりも出費は多くなることを想定しておきましょう。

より余裕を持って生活したい場合は、共働きで世帯収入を増やすと良いですね。

ファミリー世帯の場合

手取り30万円の生活レベルとは?

ファミリー世帯の場合、手取り30万円で生活するのは厳しいでしょう。総務省の発表によると、2人以上の世帯ではひと月あたり約26万円の生活費が必要だとされています。

 そのため、仮に30万円の手取りでファミリーで生活するとなると、赤字になってしまう可能性が高いでしょう。

では、ファミリー世帯で生活するにはどのくらいの生活費が必要なのでしょうか。ここでは、家族4人暮らしを想定してシミュレーションをしてみましょう。

住居費 120,000円
水道・光熱費 23,000円
食費 80,000円
日用品・雑費 20,000円
通信費 25,000円
交際費 20,000円
教育費(小学生2人) 53,000円
保険料 20,000円
お小遣い・娯楽費 36,000円
その他 30,000円

この例の場合、合計金額は42.7万円です。

 子どもの年齢によっては、習い事や塾などさらに費用がかかる場合もあります。

手取り30万円では4人での生活が難しいので、何か節約しなければなりません。節約が難しい場合は、共働きをして世帯収入を増やす方法が現実的です。

通信費や保険の見直しによって、月々の負担を軽減できることもありますよ。

参考:https://www.stat.go.jp/data/kakei/sokuhou/tsuki/index.html

手取り30万円を目指せる職種

手取り30万円を目指せる職種

ここからは、大手転職エージェントとして知られるdodaの調査結果を参考に、手取り30万円を目指せる職種について紹介します。

仕事選びで迷っている場合は、ぜひ参考にしてみてください。

出典:https://doda.jp/guide/heikin/syokusyu/
※各年収を12カ月で割った際に平均月収が30万円を超える職種をピックアップしています。

※ボーナスの金額や勤続年数、年齢などにより実際の収入が異なる場合があります。

営業職

営業職は良い業績を収めるとある程度評価してくれるので、成果を出せば手取り30万円を目指せるでしょう。

dodaの調査によると、営業系職種の平均年収は全体で442万円のため、ひと月あたりに換算すると30万円以上が期待できるかもしれません。

 逆に結果が出せない場合は収入が下がってしまうので注意が必要です。

成果報酬型の仕事には向き不向きがありますが、自分の仕事を最大限評価してほしい人にはおすすめです。

基本的にはノルマがあるので、数字に追われるのが苦手な人にとっては働きにくい可能性もあります。

金融専門職

手取り30万円を目指せる職種

金融専門職には、投資銀行業務ファンドマネージャー金融事務などがあります。

 金融専門職の平均年収は全体で426万円のため、ひと月あたりに換算すると30万円以上の収入が見込めるでしょう。

ただし職種によっては男女別・年齢別で平均年収に差があり、20代の若手世代では手取り30万円に届かない場合もあります。

年齢や男女差があるため、金融系専門職を目指す場合は事前のリサーチが重要です。

IT・通信

IT業界にはプロジェクトマネージャーITコンサルタントなど多くの職種がありますが、手取り30万円以上を目指しやすい職種が多いことが特徴です。

 dodaの調査によると、ひと月あたりの平均収入が30万円を超える職種にはサーバーエンジニアやシステム開発、プログラマーなどがあります。

転職サイトには未経験可の求人も存在します。未経験でもスキルがあれば評価されやすいので、年収を上げたい人はぜひチャレンジしてみてください。

IT業界に関するスキルは独学でも習得できますよ。

手取り30万円を目指すための方法

手取り30万円を目指すための方法

現在の会社で出世する

現在の会社で出世すれば、給与を上げることができます。そのためには今の自分はどの立ち位置にいて、出世するためにはどうすれば良いのか考える必要があります。

 出世するには会社にどれだけ貢献しているかが大切になってきます。

出世のタイミングは人それぞれですが、基本的に5年10年で1度のペースなのですぐに年収を上げたい人は転職部署移動を検討してみてください。

仕事の頑張りは結果で判断されるケースが一般的なため、具体的な数値で測れる成果であればなおさら評価されやすいでしょう。

スキルを習得する

手取り30万円を目指すための方法

スキルアップすれば社内で重宝されるだけではなく、独立して自分のスキルでお金を稼ぐことができます。独立前に人脈を作っておいて独立後に業務委託契約で仕事をするという選択肢もあります。

 しかし、前提としてスキルがあることが必須です。スキルがなければ、たとえ独立しても個人で仕事を受けることはできません

よって、目指したい職種があれば早い段階から知識を身につけておくようにしましょう。

スキルがあれば転職にも役に立ちます。独立や転職で収入が上がった事例も多くありますよ。

副業する

副業は、手っ取り早く収入を増やしたい人におすすめです。近年、副業可の企業は多くなってきました。

 副業を始める人の中には、別の業界で転職を考えていて経験を積みながら仕事を探したい人もいるでしょう。

クラウドソーシングには未経験でもチャレンジできる簡単な仕事が多くあるため、ぜひ活用してみてください。

クラウドソーシングで副業している人の中には、月5〜10万円程度の副収入を得ている人もいるようです。

転職する

手取り30万円を目指すための方法

転職で収入アップした人は多くいます。また、同じ仕事をしているのに大手企業と比較して収入が低いという人もいます。そんな人は転職を検討してみましょう。

 転職がきっかけで年収アップが実現したケースも少なくありません。

現在の会社で収入アップが見込めない人は同じ業界でキャリアアップするか、今後伸び代のある業界への転職を目指すのがポイントです。

現在の仕事で手取り30万円を超えられそうにない場合は、早めに転職活動を始めるのもおすすめですよ。

手取り30万円の各税金事情

お金

手取り30万円の所得税、住民税はそれぞれ以下のとおりです。

所得税

手取り30万円の場合、年収計算でおよそ450万円のため結論として所得税は約10.7万円となります。

 所得税=課税対象額(240万円)×10%ー控除(9.75万円)

年収450万円の場合、基礎控除38万円+所得控除144万円+社会保険料控除=246万円。つまり年収450万円から控除される246万円を引き、残った204万円が課税の対象となります。

 所得金額204万円の場合、所得税率は10%になります。

そのため月収の手取りが30万円の人は、所得税は約10万円ほどと見積もると良いでしょう。

※参照:所得税の税率

所得税は課税対象額が上がれば上がるほど高くなります。

住民税

不動産

続いて住民税は一部のエリアは異なりますが、基本的な標準税率は10%です。結論から言うと月収の手取りが30万円の場合、住民税は約21.2万円になります。

 住民税=所得割(209万円)×10%+均等割(5,000円)‐調整控除額(2,500円)

まず所得割209万円は、年収450万円に対し、基礎控除・所得控除・社会保険料控除を全て合わせ、241万円となります。

結果的に年収全体の450万円から、控除される241万円が引かれ最終的に所得割が209万円で計算します。

所得税同様、控除後の金額が高いほど支払う住民税は高くなります。

手取り30万円で楽に生活するための節約方法

メリット

原則手取り30万円あれば、節約せずともある程度の水準で生活は可能です。ただより楽な生活を望むのであれば、以下の項目において節約を検討すると良いでしょう。

家賃

まず真っ先に節約できるとすれば家賃です。

住むエリアによりますが、基本的には手取り月収の3分の1が家賃相場のため、手取り月収30万円の場合の家賃は約10万円が上限と言われています。

 管理費・駐車場など他にかかるお金も含めて3分の1で計算しましょう。

しかし「住居にこだわりがない人」「ほとんど仕事で家では寝るくらいと言う人」など、あまり家賃に高いお金を支払いたくない人もいるでしょう。

特にこだわりがなく家賃を抑えようと思うのであれば、1Kやワンルームで5万円の物件もおすすめです。

 あまりにも安すぎると築年数が古すぎる、駅から遠いなどデメリットもあるので注意。

家賃に関しては最大で約半分ほどまでカットできるため、節約を考えより自由に使えるお金を増やしたい人は、まず家賃から見直してみて下さい。

自分の中で「住居にどれくらいの価値を見いだせるか」を考え、家賃を節約すべきかどうか考えてみると良いです。

食費

スーパー

一人で暮らしている場合、手取り30万円の食費は約4万円。外食も含めているため、食費を節約したければまずは自炊に力を入れると良いです。

 ランチ1回1,000円と仮定すると、毎日弁当を作れば500円の節約。20営業日の計算で月に1万円の節約になります。

食費に関しては閉店前のスーパーで割引商品を買う、頻繁に外食をしないなど工夫次第で節約の幅が広がります。

気になるお店があったとしてもディナーではなくランチで行くことで、大きく予算を抑えられるでしょう。

 高級なレストランでも、ランチであれば格安で利用できるケースも多いです。

企業によっては格安で利用できる社員食堂が用意されている場合もあるため、なるべく食事にかかるお金を抑えることで、月1万円前後の節約が目指せます。

節約を意識するあまり、食事を抜くのはNG。エネルギーがきちんと取れる範囲で節約しましょう。

通信費

個人差はありますが通信費に関して、月収手取り30万円の目安は約1万5,000円ですがプランによっては節約が可能です。特に最近は大手キャリア以外にも、格安SIMや格安プランが主流。

 格安SIMを利用する場合、どの会社の回線を利用するのか、通信速度は十分化など確認するようにして下さい。

またネット料金も携帯電話同様、料金が安いサービスも豊富なため、選び方によっては節約が可能。そもそも家にあまりいない場合、光回線を契約しない選択肢もあるため、一気に通信費を下げられるでしょう。

1万5,000円が通信費の相場とされていますが、格安SIMやセットの光回線を利用するなど、工夫次第で約1万円ほど節約も目指せます。

交際費

お金

最も個人差が出る 交際費ですが、相場としては4万円となっていますが、あまり出かけない人であれば更に節約も可能です。

週末に外食を楽しむとしても1回の予算が5,000円、合計4回ほどなので2万円の計算となります。

 毎週外食をしなければ、更に節約もできます。

特に最近は外出自粛規制などが出されているため、外食などで利用するお金を抑えることも難しくないでしょう。

また、1回の予算を抑えるなどすることで更に節約できるなど、交際は比較的自分の力量で自由に節約の調整が可能です。

交際費は基本的に余ったお金から算出するため、最後に計算しましょう。

その他の費用

お金

上記外に節約できる費用は、以下の4つが挙げられます。

節約出来る費用
  • 水道・光熱費
  • 日用品

水道・光熱費は毎日お風呂に入らず、シャワーで済ませる日を作るなど工夫次第で節約が可能。車を持っている人も利用頻度次第でガソリン代を抑える、オイル交換の頻度を見直すといった方法もあります。

普段何気なく使っている少額のお金でも、気がつけば大きな額になることも。日頃から気をつけておくことで少しずつ節約が進んでいきます。

手取り30万円を目指して転職する際のポイント

手取り30万円を目指して転職する際のポイント

経験・スキルを活かせる仕事を選ぶ

全くの未経験の業界に転職する方法もありますが、手取り30万円で未経験の人を雇ってくれる企業を探すのは難しいでしょう。

 経験・スキルは価値が下がりにくいものです。よって、得意分野でキャリアアップするのが年収アップの近道です。

転職の際、経験・スキルは最大限にアピールしましょう。即戦力を期待される場合が多いので、アピールはより相手に伝わりやすく明確な数字で現しましょう。

アピールするときは、なるべく具体的に結果を伝えるのがポイントです。

将来性のある業界を選ぶ

手取り30万円を目指して転職する際のポイント

将来伸びていく業界に進むのか沈んでいく業界に進むのかでは、大きな差があります。

では、どのような業界を選ぶと将来性があると言えるのでしょうか。以下でその一例を紹介しましょう。

将来性のある業界
  • IT業界
  • 広告業界
  • 医療・介護業界
  • ドローン業界
  • 農業業界

    将来性がある業界は、基本的に市場が伸びているのかで判断します。

     市場が伸びている業界では雇用が生まれやすいですし、業績が伸びれば収入アップしやすいためです。

    その他の特徴として、AIに代用できない仕事かどうかを見極める必要があります。将来を見据えるのであればAIにはできない仕事を選択しましょう。

    AIにはできない仕事は需要が高まっていくため収入も需要とともに上昇していきます。

    年収アップを見込める仕事は「市場が伸びているか」「需要が高まっているか」がチェックポイントですね。

    転職エージェントを活用する

    手取り30万円を目指して転職する際のポイント

    転職エージェントとは、企業と求職者の間に立って転職支援をするサービスです。転職の知識があるキャリアアドバイザーがサポートしてくれます。

    転職エージェントには全ての業界の求人がある総合型特定の業界の求人を持つ特化型の2種類あります。

    幅広い業界の求人から選びたい人は総合型、転職したい業界が決まっている人には特化型をおすすめします。

     初めての転職活動は不安なことは多いでしょう。転職エージェントは、キャリア相談から面接対策まで手厚くサポートしてくれます。

    また、転職エージェントを活用するメリットは非公開求人があることです。非公開求人とは、公式サイトに公開してない求人情報のことです。

    非公開求人には大手企業や上場企業の求人が多くあるため、他では出会えない好条件の仕事が見つかる可能性も高いでしょう。

    非公開求人は競合することがほとんどないため、焦らずに転職活動をすることができます。

    手取り30万円以上の仕事を探す際の注意点

    注意

    月の手取り30万円を目指す際、給料ばかりに執着せず、以下のポイントにも注意するようにしましょう。

    ワークライフバランス

    収入に注目するあまり、残業時間や休日、有給休暇取得率を見逃さないよう要注意。

    手取り30万円を超えたとしても、月間残業80時間や休日出社が状態化しているような企業は避けるようにしましょう。

     求人票以外にも、実際の社員からの声なども参考にしたり、面接時にしっかり確認するなどして対応しましょう。

    最近では働き方改革や多様性を尊重する企業が増えている一方で、まだまだブラック企業と呼ばれる企業も残っているのが現状です。

    入社してからは遅いので、ワークライフバランスが保てるかは事前にチェックしましょう。

    月給30万円を手取りで越えたとしても、体調を壊しては元も子もありません。

    時給換算した際の金額

    時計とキーボードとスケジュール帳

    残業時間にも関連しますが、時給換算した際の金額も重要なチェックポイント。

    労働時間が多い中手取り30万円を超えたとしても、最終的に時給換算をした際に最低賃金を下回るケースも少なくありません。

     事前に月の合計労働時間と月給を確認し、自分が理想とする給料に近いか確認して下さい。

    また手取り25万円程度だとしても、残業時間や休日の多さを考慮すると手取り30万円よりも高待遇な場合もあります。

    手取り30万円のみにとらわれず、時給計算を含め多角的に判断することがおすすめです。

    給料も大切ですが、最終的にどれだけの労働時間が求められるのかも見逃さないようにしましょう。

    最高年収

    最後の注意点は最高年収で、最終的に自分の年収がいくらまで上がるのかは確認して下さい。

    転職後すぐに手取り30万円を超えたとしても、将来的に給与レンジが狭ければ昇給は見込めません。

     目先の収入だけではなく、中長期的にみて自分がいくら貰えるのか事前に確認して下さい。

    一見若いうちから高い年収が手に入っても、30代、40代になった際に同年代よりも年収が低いケースも。

    そのため事前に年収レンジや評価制度はある程度面接時に確認しましょう。

    一定期間働いてから最高年収が低いと気づいては遅いため、事前に必ずチェックしましょう。

    手取り30万円を目指せるおすすめ資格

    手取り30万円を目指すのであれば、以下3つの資格がおすすめです。

    TOIEC800点以上

    TOEIC

    まず最初におすすめの資格はTOEIC800点以上で、取得することで転職先の選択肢が一気に広がります。

    特に給料が高いグローバル企業や外資系企業へ挑戦できるようになるため、年収アップに軸をおいている人は取得しておくと良いでしょう。

     有名グローバル企業の募集要項は、TOEIC800点以上と要件を設定しているケースが多いです。

    また語学力以外に専門分野への知識を持ち合わせていれば、外資系企業やコンサルティングファームへの転職も狙えます。

     外資系企業は給料が高く手取り30万円を狙えますが、成果をあげられなければ月給は横ばいです。

    また語学力はどの業種でも活かせるため、持ち合わせている知識によっては選択肢が幅広くなります。

    ただしTOEIC800点以上は相当な学習時間が必要なため、スキマ時間を上手く活用するなどして、しっかりと対策をしてから受験することがおすすめです。

    今後グローバル人材の需要が高まることもあり、語学力を証明するすべとしてTOEIC800点以上は取得しておいて損はないでしょう。

    ファイナンシャルプランナー

    次にファイナンシャルプランナーもおすすめの資格で、資産運用や金融に対するアドバイスが行えるようになります。

    保険・証券業界など商材の高い業種へ転職する際に有利になり、さらに入社後に取り組める業務も多くなるため、早期キャリアアップや年収アップが狙えるでしょう。

     給料アップに効果的な一方で、学習期間は約半年と難易度が高いです。

    また不動産業界でもファイナンシャルプランナーを持っている人材が歓迎されるケースも多く、保険・証券業界同様単価の高い商材を取り扱うため手取り30万円以上が狙いやすいです。

    基本的に商材単価の高い業界で有利になるフィナンシャルプランナーは、年収アップを意識する人全般におすすめのします。

    資産運用の知識が身につくことで、自ずと自分自身の資産管理能力が向上するメリットもあります。

    日商簿記二級

    簿記

    日商簿記二級は企業が必要とする資格ランキングでも1位を獲得しているため、取得しておいて損はないでしょう。

    そもそも転職が有利になることに加え、入社後の高待遇も目指せます。

     給料が上げづらい事務職ですが、日商簿記二級を取得することで資格手当も狙えます。

    またその後日商簿記一級の取得を目指したり、公認会計士や会計士の勉強に役に立ったりと、将来的にも活かせます。

    日商簿記はその他の資格にも通ずる点が多いため、取得後の可能性も広がります。

    リクルートエージェント 転職における資格の有効性より

    高年収を目指すなら年収査定を受けてみよう!

    自分の年収を上げたい...と感じている人はまず、自分がどれくらいの年収をもらう価値があるのか、適正年収を知る必要があります。

    適正年収が自分の今の年収よりも高ければ、転職によって年収アップの可能性があるでしょう。
    dodaの年収査定サービスでは、無料の会員登録だけですぐに年収査定の診断を受けることができます。doda会員の186万人のビッグデータから算出された数字なので、信頼感もあります。
    dodaの年収査定でわかること
    • 今の年収から何円アップするか
    • あなたの適正年収の求人
    • 転職によって年収がどう推移するか
    診断結果のサンプルは以下のようになっています。

    年収査定 今の年収から何円アップするかは以下のように表示されます。dodaは転職サイト・エージェントの機能もありますので、そのまま転職を開始することもできますよ。

    年収診断

    自分の市場価値を知ることは年収アップの近道になるでしょう。ぜひ年収査定を利用して、年収アップを達成しましょう。

    年収アップを目指す人におすすめの転職エージェント3選

    リクルートエージェント

    リクルートエージェント

    おすすめポイント
    • 業界でもトップクラスの非公開求人数!
    • 全国どの地域に住んでいても利用可能!
    • 模擬面接など、選考対策も手厚い!
    • 完全無料
    リクルートエージェントは16万件以上※1の非公開求人を持つ転職エージェントです。

     非公開求人は公開すると応募が殺到してしまうような好条件求人である場合がほとんどです。
    自分のアピールポイントや、どのような仕事がわからない、といった場合でもキャリアアドバイザーとの面談を通して、自分にぴったりの求人を見つけることができます。

    応募書類の添削や、面接の対策も受けることができます。
    企業の分析も細かく行っているため、求人を紹介する段階から、企業について詳しく教えてもらえます。入社後のミスマッチを防ぐことができますよ。
    運営会社 株式会社リクルートキャリア
    主なサービス(機能)
    • エージェントサービス
    • 職務経歴書エディター
    • 面接力向上セミナー
    • 担当者面談
    公開求人数 114,943件※2021年6月10日時点
    拠点 全国対応可 東京/西東京/宇都宮/さいたま/千葉/横浜/京都/大阪/神戸/名古屋/静岡/北海道/東北/岡山/広島/福岡

    マイナビエージェント

    マイナビエージェント

    おすすめポイント
    • アドバイザーや担当者の対応がよく、親身に相談に乗ってくれる!
    • 各企業の情報を分析し、手厚い選考対策で内定率UP!
    • 経歴に自信がない方でも正社員転職が目指せる!
    • 全国の転職に対応!WEB面談も可能
    • 完全無料
    マイナビエージェントはアドバイザーの質の評価が高い転職エージェントです。

    ハードルが高く感じる面談も非常にスムーズで、信頼できる担当者に出会えたという利用者の声が多数あります。 また、大手企業であるマイナビの太いパイプを生かした各企業の分析は選考対策の際に役立ちます。
     マイナビエージェントはスキルや経験が少ない20代の転職をメインターゲットとしていますので、スキルに自信がなくても正社員として転職できる可能性は大いにあります。
    未経験業種への転職を目指している方や、転職に不安を抱えている方はぜひマイナビエージェントに登録をしましょう!
    運営会社 株式会社マイナビ
    主なサービス(機能)
    • エージェントサービス
    • 履歴書添削サービス
    • 面接対策
    • サポート期間は無期限
    公開求人数 28,152件※2021年8月17日時点
    拠点 全国対応可 京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

    ビズリーチ

    ビズリーチ

    おすすめポイント
    • 年収1,000万円以上の求人が3分の1を占める!
    • 優秀なヘッドハンターからアドバイスをもらえる!
    • ハイクラス求人多数!登録後は企業・ヘッドハンターからのスカウトを待つだけ
    • 優良企業と直接コンタクトを取ることも可能!
    ビズリーチ年収1,000万円以上の求人が3分の1※2以上を占める転職エージェントです。

    年収600万円以上の方に支持される転職サービスNo.1※1に輝いています。
    ビズリーチでは「プラチナスカウト」というものがあり、一流のヘッドハンターがユーザーの情報を見てスカウトを送ります。スカウトが届くと、確実に面接へ進める仕組みです。

    厳選された優秀なヘッドハンターが約4,600人在籍※2しているので、優良企業とのマッチングを待ちながら転職活動を行えるでしょう。 ※1 転職サービスに関する調査/調査会社:シード・プランニング/調査期間:2019年1月〜2月/調査対象:年収600万円以上で、転職意欲がある人 ※2参照 公式サイト
    運営会社 株式会社ビズリーチ
    主なサービス(機能)
    • エージェントサービス
    • タレント・ハイクラス会員制度
    • ヘッドハンター
    • スカウト
    公開求人数 72,762件※2022年4月1日時点
    拠点 東京/首都圏拠点(渋谷)/関西/名古屋/福岡
    出典:公式サイト

    よくある質問

    手取り30万円を目指すには額面でいくら必要?
    結論から言うと、額面で約38万円ほど必要です。
    厚生年金、所得税、住民税など様々なものが惹かれ、最終的に手取りとして自分の口座に振り込まれます。
    そのため、上記3つが惹かれることを考慮すると、額面で38万円ほど必要なラインになるでしょう。
    女性で手取り30万円を超える仕事は?
    女性で手取り30万円は十分可能な範囲です。
    前提として年収に関して男女差は特に関係なく、成果や実績次第で女性もどんどん年収を上げていけるでしょう。
    基本給が30万円の場合賞与はいくら?
    賞与の基準は基本給×○カ月とあるため、賞与4ヶ月分の企業の場合約120万円ほどの賞与が見込めます。
    ただ額面が30万円だとしても、基本給が低い場合賞与も低くなるので、給与の内訳は事前にチェックしましょう。
    手取り30万円の年収はいくら?
    額面が38万円と仮定すると、約450万円となります。
    ただ賞与次第では年収500万円を目指せるでしょう。
    手取り30万円を目指せる職種は?
    手取り30万円を目指すには、営業・エンジニア・コンサルタントがおすすめです。
    基本的に成果が年収に反映されやすい職種のため、自分の頑張り次第で若いうちから年収を上げていくことが可能です。
    手取りで30万円あれば生活に余裕は出る?
    基本的に楽な生活を送れるため、ある程度自分の好きなようにお金が使えます。
    また節約を頑張れば貯金もできるため、収入に関して困ることはそうないでしょう。
    手取り30万円を希望するのであれば、ある程度の残業は覚悟すべき?
    収入が高い分、残業時間が増える企業も少なくありません。
    ただ労働環境に気を配っている企業であれば、高収入でありながらワークライフバランスを保つことも可能です。

    まとめ

    今回は、手取り30万円の年収や生活レベル、手取り30万円を目指せる職種などを詳しく解説しました。

    一人暮らしや二人暮らしの場合は、手取り30万円あれば比較的ゆとりのある生活ができるでしょう。生活費を支払ってもお金が残るため、貯金に回す余裕もあります。

    しかし、子どもがいる世帯では手取り30万円では生活が厳しい可能性が高いでしょう。そのため、共働きや副業などによって世帯年収を増やすのが現実的です。

    手取り30万円を目指しやすい職種に転職したい場合は、転職エージェントの活用がおすすめです。

    転職エージェントでは応募書類の添削や面接対策などの転職サポートを受けられるほか、好条件の非公開求人を紹介してもらえる場合もあります。

    記事内で紹介した転職エージェントはいずれも無料で利用できるため、ぜひ上手く活用しながら年収アップを目指してみてください。

    関連記事

    こちらの記事も合わせて読みたい
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事