転職に学歴は関係ある?学歴に自信がない人が転職成功する方法も解説

転職に学歴は関係ある?学歴に自信がない人が転職成功する方法も解説

「転職するのに学歴は関係あるの?」と疑問に感じている人も多いのではないでしょうか。新卒の就職活動には学歴フィルターがあるとよく耳にします。

転職にも学歴フィルターが存在するのか気になりますよね。

しかし、インターネット上にはさまざまな憶測が飛び交っており、一体どの情報を信じたらいいのか迷ってしまう人もいるでしょう。

そこで本記事では、転職と学歴にまつわる以下の項目をご紹介します。転職に学歴が関係あるのか心配な人は要チェックです。

この記事でわかること
  • 転職に学歴は関係ある?
  • 学歴チェックをしている企業が期待していること
  • 学歴チェックされがちな業種・職種
  • 学歴に自信ない人が転職を成功させる方法

この記事を読めば転職に学歴が関係あるか分かるだけでなく、学歴をチェックされがちな業種・職種を把握できます。

転職をしたいけど学歴に自信がない人はもちろん、転職活動に興味がある人もぜひ参考にしてみてください。

転職に学歴は関係ある?

カバンを持って移動する人

まずは、転職活動に学歴が関係あるか確認していきましょう。それぞれの項目について、詳しく解説するのでチェックしてみてください。

転職に学歴は関係あるのか
  • 中途採用は学歴よりもスキル重視
  • 応募資格に大卒とあっても絶対条件ではない
  • 人気企業は学歴フィルターをかける場合もある
  • 第二新卒は学歴をチェックされる可能性が大きい

中途採用は学歴よりもスキル重視

中途採用は、学歴よりもスキルが重視される傾向です。その理由として、企業による新卒採用と中途採用の評価基準の違いが挙げられるでしょう。

新卒は実務経験がないため、学生時代の頑張りを評価せざるを得ません。難関大学出身者は受験勉強を頑張った証として評価しやすい側面があります。

 一方、中途採用は実務経験があるため、学歴までさかのぼって求職者を評価する必要がありません。

学歴に自信がなくても、転職活動にそこまで大きな影響はないでしょう

裏を返すと、たとえ高学歴であっても、実績やスキルが乏しければ転職活動が難航してしまう場合があります。

応募資格に大卒とあっても絶対条件ではない

求人の応募資格に「4年制大学卒業」と書いてあると、それに満たない学歴の人は応募を諦めてしまいがちです。

しかし先述したとおり、中途採用は学歴ではなく実績・スキルを重要視されます。

 そのため、新卒採用のように学歴が選考の絶対条件にはなりにくいでしょう。

求人によっては、応募資格に大卒と書いていながらも、「どのくらいの学力があるか」程度にしか基準を設けていないケースもあります。

高学歴でないからといって諦めるのではなく、学歴以外のアピールポイントを見つけておくことが大切です。

人気企業は学歴フィルターをかける場合もある

パソコン画面をみながら文字を書く人

中途採用に学歴はさほど関係ないものの、人気企業は学歴フィルターをかけている可能性も考えられます。

 なぜなら、人気企業の中途採用枠は限られているなかで、求職者の応募が殺到することも少なくないからです。

人気業のなかには、数人の募集枠に何千人もの応募が集中する可能性もあります。応募書類を効率的に評価するために、学歴フィルターを設ける企業もあるでしょう。

ただし、すべての人気企業が学歴フィルターを設けるわけではありません。

積極的にチャレンジする姿勢が重要です。

第二新卒は学歴をチェックされる可能性が大きい

中途採用に学歴は影響がない一方で、第二新卒は学歴をチェックされる場合があります。

なぜなら第二新卒は経歴が浅く、実務経験やスキルが乏しい可能性が高いからです。

 実務以外の評価基準を設けるために、学歴がチェックされる可能性もあるでしょう。

第二新卒で転職を考えているものの学歴に自信がなければ、できるだけ実績やスキルをアピールしておくことが大切です。

業務をするうえで気を付けていること・業務を通じて学んだことなどエピソード中心にまとめるとよいでしょう。

学歴をチェックしている企業は何を期待している?

握手している人

学歴をチェックしている企業は求職者にどのようなことを期待しているのでしょうか。それぞれ詳しく確認していきましょう。

求職者に期待していること
  • 地頭のよさ
  • 努力できる人柄
  • 出身校のコミュニティ

地頭のよさ

企業のなかには、学歴によって求職者の地頭のよさをチェックしているところもあります。

 高学歴であればあるほど求職者の頭の良さを示す指標となるので、履歴書へ目を通す際に学歴を最初にチェックする企業も少なくありません。

なお、企業によって地頭がいいとされる大学レベルは異なります。いわゆるMARCHレベルを想定しているところもあれば、難関国立大学出身者を優遇する企業もあるでしょう。

学歴だけで採用結果が左右されることはそう多くはありません

しかし、ある程度参考にする企業があることを認識しておく必要があります。

努力できる人柄

打ち合わせ中

学歴によって、努力できる人柄かどうか確認する企業も少なくありません。学歴は努力の証として考えられる傾向が強いからです。

 難関大学出身者であれば、「この人は受験勉強を頑張ったんだな」という好印象を持ってもらえる可能性が高いでしょう。

特に20代若手や第二新卒はアピールできる実績やスキルがさほどないため、努力できる人柄かどうかを学歴で判断されがちです。

どの仕事でも入社後に努力できる人なら、大いに活躍してくれます。

採用側は努力できる人かどうか学歴によってイメージしているのでしょう。

出身校のコミュニティ

企業のなかには、出身校のコミュニティを期待しているところもあります。難関大学出身の友人や先輩などがさまざまな方面で活躍している場合があるからです。

人脈は企業の利益にとってプラスになるケースが多数見受けられます。

 難関大学出身者のコミュニティがあれば、活用したいと考える企業もいるでしょう。

面接でアピールする必要はありませんが、もし活用できる人脈があれば入社後に上司へ話してみるのもおすすめです。

ビジネスチャンスにつなげられるだけでなく、上司から評価される場合もあるでしょう。

学歴をチェックされがちな業種・職種は?

後ろを振り返る女性

学歴をチェックされがちな業種・職種はどのようなものがあるのでしょうか。それぞれ詳しくご説明します。

学歴をチェックされがちな業種・職種
  • 総合商社
  • コンサルティングファーム
  • 金融

総合商社

総合商社は中途採用であっても、学歴をチェックしがちです。総合商社はブランド力が強く、少ない枠に応募者が殺到することが考えられます。

 総合商社の採用側は学歴によって求職者を選別し、効率的に採用活動を進める可能性が高い傾向にあるでしょう。

もちろんすべての総合商社が学歴をチェックしているわけではありません。

あくまで、その傾向が強いという認識を持つことが大切です。

コンサルティングファーム

画面を指さしながら話している人

コンサルティングファームも学歴を重視する傾向があります。

 応募者を選別する学歴フィルター以外にも、企業のイメージを損ないたくない思惑があるようです。

コンサルティングを依頼するクライアントのなかには、「高学歴の人にコンサルティングをしてほしい」と考えている人も少なくありません。

企業側はこうした要望に応えるためにも、難関大学出身者を採用する傾向があります。

金融

金融業界も、求職者の学歴をチェックしがちです。金融は専門的な知識が求められるため、学歴によって地頭のよさを確認しています。

 特に、難関大学の経済学部や商学部などの出身者は優遇される可能性が高いでしょう。

金融業界への転職を希望するなら、大学で学んだこともアピールしてみてください。

ただし、経済学部や商学部でないからといって、転職活動が不利になるわけではありません。

学歴をさほどチェックされない業種・職種は?

ミーティング中の男女

一方、学歴をさほどチェックされない業種・職種はどのようなものがあるのでしょうか。ひとつずつ確認していきましょう。

学歴をさほどチェックされない業種・職種
  • IT・WEB業界
  • 旅行業
  • 小売・飲食業

IT・WEB業界

IT・WEB業界は学歴をさほど重視しない傾向があると言えるでしょう。なぜなら、IT・WEB業界は手に職をつける職業が多いからです。

 例えば、エンジニアやデザイナーなどスキルが求められる職業にはさまざまな種類があります。

学歴ではなく、スキルや実績によって採用の結果が判断されがちです。

また、IT・WEB業界は人手不足の企業も多いため、学歴によって評価されるケースが少ない傾向といえます。

旅行業

駅のホーム

旅行業に関しても、学歴を重視しない企業が多数見受けられます。旅行業は専門的な知識よりも、ホスピタリティが求められる職業です。

 そのため、学歴ではなく人柄ややる気・モチベーションが重視されると言えます。

学歴に自信がない人でも、比較的応募しやすい業界といえるでしょう。

未経験歓迎の求人が多いのも魅力です。旅行業の経験がなくても、十分にアピールできれば採用されやすいでしょう。

小売・飲食業

小売・飲食業も学歴をさほど重視しないでしょう。旅行業と同様に地頭のよさではなく、サービス精神が求められる職業だからです。

また、小売・飲食業は全体的に人手が不足しています。

 応募者を増やすためにも、学歴をあまり重視していないのが現状です。

小売・飲食業が未経験であっても、応募できる可能性が高いでしょう。

求人の応募資格をチェックしてみてください。

学歴に自信ない人が転職を成功させるには?

腰かけて考えこむ人

学歴に自信がない人が転職を成功させるために、どのようなことに気を付ければいいのでしょうか。それぞれ詳しく確認していきましょう。

転職を成功させる方法
  • 実績・スキルを積み上げる
  • 資格を取得する
  • 企業研究を徹底的に行う
  • 転職サービスを利用する

実績・スキルを積み上げる

中途採用において、実績・スキルを重視する企業は多いです。そのため、実績・スキルを積み上げておくとよいでしょう。

 特に、キャリアアップや年収アップを考えている人は、面接でアピールできるような実績・スキルを積み上げておくことが大切です。

30代以上の転職活動であれば、マネジメント能力も評価される可能性があります。マネジメントによってどのような実績が得られたのか整理しておきましょう。

未経験の業種・職種にチャレンジしたい場合でも、実績・スキルを積み上げておくことでアピール材料が増えますよ。

資格を取得する

業務と直接関係のある資格を取得するのもおすすめです。資格を取得することで、業務に活かせる可能性があります。

また、資格取得はやる気やモチベーションの高さをアピールするのにも有効です。

 実績やスキルの積み上げが難しい場合は、資格取得を視野にいれてみてください。

ただし、あまりにも業務とかけ離れた資格を取得しても、アピール材料にはなりにくいので注意が必要です。

あくまでも業務に直結するような資格取得を目指す必要があります。

企業研究を徹底的に行う

メモを取る人

企業研究を徹底的に行うことで、ほかの求職者と差をつけられる可能性があります。学歴に自信がなくても、企業へアピールできるでしょう。

 企業研究を行う場合は企業のホームページやパンフレットをくまなくチェックしてみてください。

企業理念や方針などで共感できる部分があれば、チェックしておくとよいでしょう。また新規事業の取り組みや売上高などの確認もおすすめです。

企業研究をしておくことで、志望動機をブラッシュアップする効果も期待できます。

転職サービスを利用する

学歴に自信がない場合は、転職サービスを利用するのおすすめです。転職サービスを利用すると、人気企業の非公開求人を紹介してくれる可能性があります。

 非公開求人は一般的に公開されていないので、応募者が殺到しないのがメリットです。学歴フィルターをかけられる可能性が少ないでしょう。

また、転職サービスに登録することで、選考サポートを受けられます。例えば、採用側の目に留まりやすい応募書類を添削してくれます。

面接の対策もしてくれるため、面接が苦手な人にとって心強い味方になってくれるでしょう。

選考サポートは無料で受けられる場合がほとんどなので、ぜひ積極的に活用してみてください。

学歴に自信がない人にもおすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 業界でもトップクラスの非公開求人数!
  • 全国どの地域に住んでいても利用可能!
  • 模擬面接など、選考対策も手厚い!
  • 完全無料
リクルートエージェントは16万件以上※1の非公開求人を持つ転職エージェントです。

 非公開求人は公開すると応募が殺到してしまうような好条件求人である場合がほとんどです。
自分のアピールポイントや、どのような仕事がわからない、といった場合でもキャリアアドバイザーとの面談を通して、自分にぴったりの求人を見つけることができます。

応募書類の添削や、面接の対策も受けることができます。
企業の分析も細かく行っているため、求人を紹介する段階から、企業について詳しく教えてもらえます。入社後のミスマッチを防ぐことができますよ。
運営会社 株式会社リクルートキャリア
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 職務経歴書エディター
  • 面接力向上セミナー
  • 担当者面談
公開求人数 114,943件※2021年6月10日時点
拠点 全国対応可 東京/西東京/宇都宮/さいたま/千葉/横浜/京都/大阪/神戸/名古屋/静岡/北海道/東北/岡山/広島/福岡

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • アドバイザーや担当者の対応がよく、親身に相談に乗ってくれる!
  • 各企業の情報を分析し、手厚い選考対策で内定率UP!
  • 経歴に自信がない方でも正社員転職が目指せる!
  • 全国の転職に対応!WEB面談も可能
  • 完全無料
マイナビエージェントはアドバイザーの質の評価が高い転職エージェントです。

ハードルが高く感じる面談も非常にスムーズで、信頼できる担当者に出会えたという利用者の声が多数あります。 また、大手企業であるマイナビの太いパイプを生かした各企業の分析は選考対策の際に役立ちます。
 マイナビエージェントはスキルや経験が少ない20代の転職をメインターゲットとしていますので、スキルに自信がなくても正社員として転職できる可能性は大いにあります。
未経験業種への転職を目指している方や、転職に不安を抱えている方はぜひマイナビエージェントに登録をしましょう!
運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 履歴書添削サービス
  • 面接対策
  • サポート期間は無期限
公開求人数 28,152件※2021年8月17日時点
拠点 全国対応可 京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

ビズリーチ

ビズリーチ

おすすめポイント
  • 年収1,000万円以上の求人が3分の1を占める!
  • 優秀なヘッドハンターからアドバイスをもらえる!
  • ハイクラス求人多数!登録後は企業・ヘッドハンターからのスカウトを待つだけ
  • 優良企業と直接コンタクトを取ることも可能!
ビズリーチ年収1,000万円以上の求人が3分の1※2以上を占める転職エージェントです。

年収600万円以上の方に支持される転職サービスNo.1※1に輝いています。
ビズリーチでは「プラチナスカウト」というものがあり、一流のヘッドハンターがユーザーの情報を見てスカウトを送ります。スカウトが届くと、確実に面接へ進める仕組みです。

厳選された優秀なヘッドハンターが約4,600人在籍※2しているので、優良企業とのマッチングを待ちながら転職活動を行えるでしょう。 ※1 転職サービスに関する調査/調査会社:シード・プランニング/調査期間:2019年1月〜2月/調査対象:年収600万円以上で、転職意欲がある人 ※2参照 公式サイト
運営会社 株式会社ビズリーチ
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • タレント・ハイクラス会員制度
  • ヘッドハンター
  • スカウト
公開求人数 72,762件※2022年4月1日時点
拠点 東京/首都圏拠点(渋谷)/関西/名古屋/福岡
出典:公式サイト

よくある質問

おすすめの転職エージェントは?
リクルートエージェント、doda、マイナビエージェントなどの大手転職エージェントがおすすめです。いずれも無料で登録・利用でき、豊富な経験を持つアドバイザーがさまざまなサポートを提供してくれます。学歴に関する相談にも乗ってくれるため、ぜひチェックしてみてください。
転職に学歴は関係ある?
転職に学歴は関係ない場合が多いでしょう。中途採用は学歴ではなく、実務経験やスキルが重視されがちです。学歴に自信がない人でも、アピールできる実績やスキルがあれば転職成功しやすいでしょう。
学歴を重視する業種や職種は?

学歴を重視する業種や職種は以下のとおりです。

・総合商社
・コンサルティングファーム
・金融

ただし、すべての企業が学歴を重視する訳ではありません。大切なのはこれまでの実績やスキルをアピールすることです。

学歴をあまり重視しない業種や職種は?

学歴をあまり重視しない業種や職種は以下のとおりです。

・IT・WEB業界
・旅行業
・小売・飲食業

IT・WEB業界は専門的なスキルが求められるため、学歴は関係ありません。旅行業や小売・飲食業はホスピタリティが重視されるため、さほど学歴は重視されないと言えるでしょう。

学歴が年収に関わることはある?
学歴が年収に関わることはほとんどありません。なぜなら、入社後の実績や努力が年収の査定に評価される場合が多いからです。学歴に自信がなくても、入社後の頑張り次第で年収アップが期待できます。
学歴以外に何をアピールしたらいい?
学歴以外にアピールできることとして、これまでの実務経験やスキルなどが挙げられます。また、業務に直結する資格を持っているなら資格取得もアピールしましょう。そのほかに、やる気やモチベーションの高さも大切なアピール項目です。
履歴書に学歴を書くときはどこから書くの?
履歴書に学歴を書く場合は、高校入学から書くとよいでしょう。一般的に、義務教育期間は履歴書に書かないケースが多数見受けられます。高校入学・高校卒業・大学入学・大学卒業の4項目を記載することがおすすめです。
応募資格を満たしていなくても応募できる?
応募資格を満たしていない場合でも応募自体は可能です。特に学歴が応募資格にあっても、合否の絶対条件ではない場合もあります。ただし、企業によっては応募資格を重視する可能性もあるので注意しましょう。

まとめ

今回は、転職に学歴は関係あるのか、学歴をチェックしている企業は何を期待しているのかを中心にご紹介しました。

新卒採用と違って中途採用は実績やスキルを重視されるため、学歴を重視している企業は少ないでしょう。

なかには学歴を重視しがちな業種・職種はあります。しかし、実績・スキルや業務に直結するような資格取得をアピールすることで、転職成功の道が開けるでしょう。

それでも学歴に自信がない人は、転職サービスへの登録がおすすめです。人気企業の非公開求人を紹介してくれる可能性があるほか、選考サポートも無料で実施してくれます。

ぜひこの記事を参考にしながら、満足のいく転職活動を行ってください!

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事