【20・30・40代】転職を考えたきっかけ・理由を年代別に紹介!

【20・30・40代】転職を考えたきっかけ・理由を年代別に紹介!

今働いている会社から別の会社に転職したいと決意するきっかけはさまざまです。20代・30代・40代など、年代によっても理由は異なるでしょう。

転職を考えたきっかけについて年代別に解説するため、自分自身と比較しながら参考にしてみてください。また今回は、転職を決意したら使いたいおすすめの転職サイトもご紹介します。

また、Uターン転職についておすすめのサイトも含めて解説するので、地方での活躍を考えている方も併せてご参考ください。

女性が転職を決意するきっかけもご紹介しますよ。

【20代編】転職を考える理由・きっかけ5選

社会人経験を数年経験した20代が転職を考える理由やきっかけとして多いのは、下記の通りです。

20代で転職を考えるきっかけ
  • 人間関係がうまくいかなかったから
  • ライフプランに変更があったから
  • 若いうちに転職をしておきたかったから
  • 第二新卒は転職に有利だと聞いていたから
  • 仕事に対する理想と現実が違ったから

人間関係がうまくいかなかったから

仕事

入社して数年が経過すれば、ある程度職場内の人間関係は出来上がります。うまくコミュニケーションを取ることができなければ、仕事にも支障が出てしまうでしょう。

ストレスをため込みすぎると最悪の場合体調を崩してしまう可能性もゼロではないので、早めに転職を考えても良いかもしれません。

実際、人間関係でストレスを感じている社会人は多いようです。

ライフプランに変更があったから

プラン

結婚や出産はもちろん、親の介護や自身の体調の変化など、ライフプランに変更が起こることは珍しくありません。その結果、ライフワークバランスを見直す必要が出てきます。

家庭の事情で残業ができないなどの場合には、多少給料が下がっても定時退社ができる会社に転職するのが良いでしょう。

20代の内なら修正が利くので、早めに行動する方も比較的多いと言われています。

若いうちに転職をしておきたかったから

20代は社会人経験は少ないですが、これからの伸びしろを期待してもらいやすいので未経験の業種でも採用される可能性があります。

気力や体力も持ち合わせているので、新しい仕事にも意欲的に取り組んでくれると期待してもらえます。

第二新卒は転職に有利だと聞いていたから

PC

第二新卒とは、学校を卒業して3年以内に転職する人のことを指します。年齢は関係なく職務経歴で判断されるため、高卒でも大卒でも3年以内は第二新卒となります。

新卒とは違い、一度社会に出ているため最低限の社会人スキルがあるとみなされ、採用されやすく有利です。

前職のやり方に凝り固まっていないというメリットもあります。

仕事に対する理想と現実が違ったから

憧れて入った業界にも関わらず、実際の職場にギャップを感じ転職を考える方は多いです。この場合、転職を機会に軌道修正をすることができます。

スキルを学べない教育体制で周りとの差がつく前に、早い段階で見切りをつけて転職活動を始めるのも一つの手です。

モチベーションがアップすれば仕事への集中力も変わり、よりスキルを高めることができます。

【30代編】転職を考える理由・きっかけ5選

キャリアを積んだ30代が転職を考える理由やきっかけとして多いのは、下記の通りです。

30代で転職を考えるきっかけ
  • スキルアップがしたかったから
  • 会社の将来に不安を覚えたから
  • 実力に対して正当な評価を受けたかったから
  • Uターンがしたかったから
  • 休日が少ない・残業が多いなどの職場環境に不満があったから

スキルアップがしたかったから

画像

これまで培ってきたマネジメント経験やスキルを生かして、転職を機会にキャリアアップが実現することを考える方も多いです。

転職先ではスキルが評価され、プロジェクトリーダーなど責任ある仕事を任されることもあります。

よりスキルが高められるほか、年収アップも期待できるでしょう。

会社の将来に不安を覚えたから

会社の仕事内容や待遇には不満がないものの、経営状況などから会社の将来性に不安を覚えることもあるでしょう。将来性のない会社では安心して働くことができません。

伸びしろのある業界に転職すれば、給料や待遇の水準が良いというメリットもあります。

急な経営悪化でリストラに合う前に、早めに転職を考え始めましょう。

実力に対して正当な評価を受けたかったから

グラフ

会社や上司からの評価は、昇進や給与、賞与にも響く大切なものです。努力や成果に見合う評価を受けることができなかった場合、モチベーションが下がってしまいます。

成果を正当に評価してもらえる実力主義の会社に転職して、思う存分に力を発揮したいという方もいるでしょう。

中には、成績優秀者に対して表彰式を行うユニークな会社もあります。

休日が少ない・残業が多いなどの職場環境に不満があったから

休日が少なくプライベートな時間が取りづらい環境が続けば、私生活に影響が出てしまうこともあります。上司からのパワハラやモラハラで残業を強いられることもあります。

問題を回避できない・不満である場合は、転職でしか解決することができません。

Uターンがしたかったから

仕事

地方出身の方が一度は都会に出たものの、再度地元に戻って再就職を目指すことを、Uターン転職と言います。

「幼少期に慣れ親しんだ環境で生活したい」「家庭の事情」など、理由はさまざまです。

これまでのキャリアやこれからの人生設計をよく見直して判断することが大切です。

【40代編】転職を考える理由・きっかけ5選

キャリアが長く、役職を与えられることも多い40代が転職を考える理由やきっかけとして多いのは、下記の通りです。

40代で転職を考えるきっかけ
  • 労働条件に不満があったから
  • 自分や家族の健康を優先したいから
  • 働き方に対する価値観が変わったから
  • 早期退職を持ち掛けられたから
  • 会社都合による人員整理があったから

労働条件に不満があったから

会社

キャリアが長くなると役職や重要なポジションを任される機会も多くなるでしょう。

しかし、任される仕事の重要度や責任の大きさに見合った報酬をもらえていないと感じる方もいるようです。

労働に見合った対価が支払われると、仕事に対するモチベーションも上がるでしょう。

働き方に対する価値観が変わったから

キャリアを積む中で、仕事や働き方に対する価値観や考え方が変わったことが転職のきっかけになる場合もあります。

「老後を見据えて地元に戻りたい」「自分の力で起業してみたい」「プライベートの時間を大切にしたい」など、働き方への意識が変化して転職を決意することもあるでしょう。

自然豊かな田舎でゆっくりと過ごしたいと、Uターン転職を考える方もいるようですね。

自分や家族の健康を優先したいから

家族

40代になると、20代の頃には感じなかった体調の異変に気付いたり、親の高齢化により介護が必要になったりすることもあるかもしれません。

自分や家族の健康を優先するためにも、一度退職してゆっくりと休息する機会を作りたいと考える方もおられるでしょう。

身体への負担が少ない業種に移りたい、という理由で転職を思い立つこともあるようです。

早期退職を持ち掛けられたから

会話

一般的に考えると40代は定年には早い年代ですが、中には「相談」という形で早期退職を持ち掛けられることもあるようです。

まだ働く意欲はあるものの、提示された退職金に納得ができれば退職して、新たに仕事を探そうと考える方もおられるでしょう。

これまでのキャリアを強みに、40代からの転職が成功する例も多いですよ。

会社都合による人員整理があったから

転職するつもりはなくても、会社の業績悪化などによって人員整理が行われ、職を失ってしまうケースもあります。

会社都合で転職を余儀なくされた場合でも、しっかりと自己アピールができれば条件の良い企業に転職できる可能性もあります。

【女性編】転職を考える理由・きっかけ4選

働く女性が転職を考える理由やきっかけとしては、下記のようなものが挙げられます。

女性が転職を考えるきっかけ
  • 福利厚生・産休育休が充実した会社で働きたいから
  • 専門性を身に付けたいから
  • ライフワークバランスを取りたい
  • 給与に不満があったから

福利厚生・産休育休が充実した会社で働きたいから

赤ちゃん

女性は結婚や妊娠、出産、育児などのタイミングで働き方を見直す必要があります。

結婚後も長く働くためには、産休・育児が充実した会社を見つけることが大切です。

最近では、妊娠後も退職せずに働き続ける共働き世帯が増えています。

ライフワークバランスを取りたい

結婚を機に家事との両立のために、仕事と私生活のバランスを考え直す女性は多いです。

育児中にフレックス勤務・在宅勤務など多様な働き方ができる会社であれば、家庭を大切にしつつ働き続けることができるでしょう。

事業所内保育所の設置など、女性の働き方に理解のある会社もあります。

専門性を身に付けたいから

会議

スキルを身に付けるために、専門性を磨ける職場に転職を考える女性は多いです。

特定の専門に特化すれば年収アップが期待できるだけではなく、育児でブランクがあっても採用されやすいです。

資格取得支援・教育体制が整っている職場は、スキルを伸ばしやすいでしょう。

給与に不満があったから

生活していくためにはお金が必要です。現在の会社の給与が少なく、昇給の見込みもなければ転職を考えるでしょう。

伸びしろのあるIT業界などに転職するのもおすすめです。

面接で転職のきっかけを聞かれたときの上手な回答例

ビルを背景に握手する人

転職理由は、面接で聞かれることの多い質問のひとつです。この章では、好印象を与える回答例を2つの項目に分けて紹介します。

転職のきっかけを聞かれたときの上手な回答例
  • ネガティブな理由をポジティブに答える
  • 将来のキャリアビジョンを語る

ネガティブな理由をポジティブに答える

前職への不満や人間関係に関するネガティブな転職理由は、面接官に「転職後も同じ理由で辞めるのでは?」という不信感を与える可能性があります。

ただし、嘘の理由を作るのはNGなので、ネガティブな理由はポジティブに変換して答えるようにしましょう。

ネガティブな理由をポジティブに答える回答例
これまでの経験を最大限に活かした顧客ファーストの働き方を目指したいと思い、転職を決意しました。

現在は営業職として勤務していますが、お客様の生の声を聞く中で、商品企画・開発など課題解決の根本に関わる働き方がしたいと考えるようになりました。現職は下請け企業なので商品企画や開発に関わることができず、企画から開発、販売までを一貫して行っている企業へ転職したいという思いが強くなりました。

転職活動をする中で、お客様の声を直接商品開発へ生かす御社の取組みに深く共感し、これまで培った顧客ニーズの把握やコミュニケーションスキルを活かし、御社へ貢献したいと考えております。 

現職での不満をメインに回答するのではなく、転職で叶えたい夢があることに変換するのがポイントです。

「希望の仕事ができない、希望の部署へ異動できない」というネガティブ転職理由をポジティブに変換し、これまでの経験を活かせるなどのプラスアルファの強みも併せてアピールしましょう。 

やる気や熱意があるからこその転職であれば、面接官も納得でき、さらに好印象にもつながりやすいです。

将来のキャリアビジョンを語る

面接

今よりもキャリアアップしたいなど、将来のキャリアビジョンを語るのも有効です。

ただし、非現実的なビジョンは逆効果になる可能性があるので、これまでの経験や求人内容に合わせて回答すると良いでしょう。 

将来のキャリアビジョンを語る回答例
これまでよりも仕事の幅を広げたいと思い、転職を決意しました。

現在は国内メーカーに勤務し、国内企業向けに商品プロモーションを行っています。しかし、ここ数年インバウンドの普及に伴い、海外に向けて日本商品の素晴らしさをアピールしたいという思いが強くなりました。わたしは学生時代に留学経験があり、日本についてプレゼンした経験もあります。現在もTOEICや英会話を勉強しており、さらなるスキルアップも目指しています。

また、いずれは海外支店でも働きたいという思いがあります。そのため、世界中に商品を展開して海外支店も構えている御社で、これまでの経験を活かして活躍したいと考えております。

転職理由だけでなく、将来的に目指しているポジションなども明確にすると、熱意が伝わりやすいのでおすすめです。

 「海外に興味がある」「英語を使いたい」などの表面上の理由だけではなく、どのような思いを持って、どんな働き方がしたいかを簡潔かつ具体的に回答するのがポイントです。

これまでの経験や保有資格など、仕事で活かせるスキルも含めるとより説得力が増すでしょう。

転職理由と併せて志望動機も明確に伝えると、よりポジティブな印象を与えられます。

転職すべきか迷ったときの対処法

転職を考える中で、本当に転職すべきか頭を抱える人も多いのではないでしょうか。

この章では、転職に対する考えを整理する方法を2つに分けて解説します。

転職すべきか迷ったときの対処法
  • 希望の転職先が複数あるか確認する
  • 転職エージェントに登録する

希望の転職先が複数あるか確認する

書類添削

応募したい転職先が複数あるかどうかも、転職すべきかどうかを判断する重要なポイントです。

転職したい企業が1社のみなどピンポイントで内定を狙っている場合は、内定がもらえなかった場合のリスクが大きいので注意しましょう。 

 在職中の転職活動であれば応募先が少なくてもリスクはないですが、退職後に転職活動をする場合はなるべく多くの応募先があるのが理想です。

特に未経験業種や職種への転職を考えている場合は、応募先の選択肢を広げることが重要。

自己分析で自分の市場価値を正しく理解し、企業が求めるスキルや経験があるかを事前にチェックしたうえで、複数の転職先があるかを考えましょう。 

転職をゴールとするのではなく、転職後にどのようにキャリアを積み重ねていくかまで考えることが重要です。

転職エージェントに登録する

転職するかどうかを決める前に、転職エージェントに登録するのも有効です。

転職エージェントでは求人検索ができるほか、希望の整理につながるキャリアカウンセリングも受けられます。 

 希望の求人があるかどうかの確認や、専任担当者に相談することで考えを整理し、転職を判断するのもひとつの方法です。
自己分析や求人検索をまだしていない人は、「本当に転職したいかどうか」「自分に合う転職先があるかどうか」「転職で叶えたいキャリアビジョンは何か」などを見極めるためにも、転職エージェントを利用してみましょう。

年代や志望業界に合わせた転職エージェントもあるので、まずは受けたいサポートを洗い出したうえで、希望に合った転職エージェントを探してみてください。 

多くの転職エージェントは登録・利用ともに無料なので、気軽に利用してみましょう。

転職するなら転職エージェントの併用がおすすめ

女性

より効率を求めるなら、転職サイトと転職エージェントを併用することがおすすめです。

転職エージェントのメリット

併用することのメリットは、以下の通りです。

転職サイトと転職エージェントを併用するメリット
  • 書類の添削などのサポートを受けられる
  • 求人には載っていない内部情報が手に入る
  • 転職の悩みを都度相談できる

転職エージェントを利用すると、担当のキャリアアドバイザーが転職にまつわるさまざまなサポートをしてくれます。

ほとんどのサイトではこれらのサポートは無料で受けられるので、積極的に活用することがおすすめです。

 転職サイトで求人を探しつつ、書類の添削を受けるなど、使い分けることもできます。

また、転職サイト・転職エージェントの併用は禁止されていないため、複数登録しても問題ありません。

サイトの特色を見て、自分に合ったサイトを見つけてみましょう。

転職エージェントのサポート内容

握手

企業ごとに求める人物像は異なります。転職エージェントは実際に企業へ足を運んで採用担当者から話を聞くこともあるため、内部事情に詳しいことが一般的です。

自分一人で活動していては知ることのできなかった情報を手に入れることができるでしょう。

 企業に合わせて自己アピールの内容を工夫すれば、書類選考の通過率をアップさせることも可能です。

面接前には気を付けることやマナーなども教えてもらえます。

小さな悩みも遠慮せず相談して効率よく転職を進めましょう。

転職のきっかけに!適職診断を受けてみよう

仕事が辛いと感じたら、今の仕事は自分にとって適職でない可能性があるでしょう。そんな方はまず、適職診断を受けてみましょう。

適職診断でわかること
  • 自分にはどんな仕事が適しているのか
  • どんな社風の会社が自分に適しているのか
  • 自分のパーソナリティ・性格
dodaの適職診断は無料の会員登録をするだけで、すぐに受けることができます。

 診断結果を元に、実際に自分に合っている企業名を見ることもできますので、転職の第一歩も踏み出しやすくなるでしょう。
パーソナリティの診断結果のサンプルはこちらです。会員登録のみの完全無料でかなり詳しく診断をしてくれるので、ぜひ受けてみましょう。

dodaキャリアタイプ診断 次にキャリア診断結果のサンプルです。自分がどのような仕事スタイルなのかが、ひと目でわかります。

dodaキャリアタイプ診断 さらにdodaでは年収査定診断も受けることができます。今の仕事の給与に不満があるのなら、一度年収査定診断を受けてみて、自分の適正年収を調べてみましょう。

自分の適正年収が今の給与よりも高ければ、自分の能力を正しく評価してくれる会社への転職を検討しましょう!
 

転職を考えたらまず登録!おすすめ転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 業界でもトップクラスの非公開求人数!
  • 全国どの地域に住んでいても利用可能!
  • 模擬面接など、選考対策も手厚い!
  • 完全無料
リクルートエージェントは16万件以上※1の非公開求人を持つ転職エージェントです。

 非公開求人は公開すると応募が殺到してしまうような好条件求人である場合がほとんどです。
自分のアピールポイントや、どのような仕事がわからない、といった場合でもキャリアアドバイザーとの面談を通して、自分にぴったりの求人を見つけることができます。

応募書類の添削や、面接の対策も受けることができます。
企業の分析も細かく行っているため、求人を紹介する段階から、企業について詳しく教えてもらえます。入社後のミスマッチを防ぐことができますよ。
運営会社 株式会社リクルートキャリア
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 職務経歴書エディター
  • 面接力向上セミナー
  • 担当者面談
公開求人数 114,943件※2021年6月10日時点
拠点 全国対応可 東京/西東京/宇都宮/さいたま/千葉/横浜/京都/大阪/神戸/名古屋/静岡/北海道/東北/岡山/広島/福岡

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • アドバイザーや担当者の対応がよく、親身に相談に乗ってくれる!
  • 各企業の情報を分析し、手厚い選考対策で内定率UP!
  • 経歴に自信がない方でも正社員転職が目指せる!
  • 全国の転職に対応!WEB面談も可能
  • 完全無料
マイナビエージェントはアドバイザーの質の評価が高い転職エージェントです。

ハードルが高く感じる面談も非常にスムーズで、信頼できる担当者に出会えたという利用者の声が多数あります。 また、大手企業であるマイナビの太いパイプを生かした各企業の分析は選考対策の際に役立ちます。
 マイナビエージェントはスキルや経験が少ない20代の転職をメインターゲットとしていますので、スキルに自信がなくても正社員として転職できる可能性は大いにあります。
未経験業種への転職を目指している方や、転職に不安を抱えている方はぜひマイナビエージェントに登録をしましょう!
運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 履歴書添削サービス
  • 面接対策
  • サポート期間は無期限
公開求人数 28,152件※2021年8月17日時点
拠点 全国対応可 京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

ビズリーチ

ビズリーチ

おすすめポイント
  • 年収1,000万円以上の求人が3分の1を占める!
  • 優秀なヘッドハンターからアドバイスをもらえる!
  • ハイクラス求人多数!登録後は企業・ヘッドハンターからのスカウトを待つだけ
  • 優良企業と直接コンタクトを取ることも可能!
ビズリーチ年収1,000万円以上の求人が3分の1※2以上を占める転職エージェントです。

年収600万円以上の方に支持される転職サービスNo.1※1に輝いています。
ビズリーチでは「プラチナスカウト」というものがあり、一流のヘッドハンターがユーザーの情報を見てスカウトを送ります。スカウトが届くと、確実に面接へ進める仕組みです。

厳選された優秀なヘッドハンターが約4,600人在籍※2しているので、優良企業とのマッチングを待ちながら転職活動を行えるでしょう。 ※1 転職サービスに関する調査/調査会社:シード・プランニング/調査期間:2019年1月〜2月/調査対象:年収600万円以上で、転職意欲がある人 ※2参照 公式サイト
運営会社 株式会社ビズリーチ
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • タレント・ハイクラス会員制度
  • ヘッドハンター
  • スカウト
公開求人数 72,762件※2022年4月1日時点
拠点 東京/首都圏拠点(渋谷)/関西/名古屋/福岡
出典:公式サイト

面接対策あり!おすすめ転職サイト

続いて、おすすめの転職サイトをご紹介しましょう。

リクナビNEXT

リクナビnext

おすすめポイント
  • 求人データベースであなたの希望のカテゴリを検索!
  • あなたのレジュメを見た企業からオファーが届く!
  • 使いやすいアプリでスキマ時間に転職活動!

リクナビNEXTは、約5万件もの豊富な求人を取り扱う転職エージェントです。紀伊国屋や日本テクノ、旭化成など大手企業の求人も扱っています。

 レジュメを登録すれば企業から直接オファーが届く可能性もあります。

また、リクルートエージェントを併用すると、キャリアアドバイザーのサポートを受けながらより効率的に活動を進めることができます。

相談をしながら転職活動を進めたい方は、エージェントの活用もおすすめです。
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 59,307件
主な取り扱い職種
  • 営業
  • 事務・管理
  • サービス・販売・外食
  • ITエンジニア
  • 医療・福祉・介護
機能
  • スカウト機能
  • 新着求人メルマガ
  • 高精度AI分析機能
  • 企業からのオファー

※2022年4月5日時点

Uターン向け!おすすめ転職サイト

飛行機

今は都会で生活をしているものの、近い将来地方への移住を考えているという方もいるでしょう。

もともと地方で生まれ育ち、都会へ就職したものの、再び地方へ再就職することをUターン転職と言います。

 会社で身に付けた高いスキルは、地方でも十分に生かすことができます。

地方への転職は、地方の求人を多く取り扱っている転職サイトがおすすめです。ここでは数あるサイトから、Uターン転職に特化したサイトを紹介します。

企業で培った経験を高く評価してくれる会社もあるでしょう。

マイナビ転職

マイナビ転職

おすすめポイント
  • 求人検索機能・求人票が充実
  • 無料サポートで転職が有利に
  • 転職フェアが開催されている

マイナビ転職は、全国に求人を保有する大手転職サイトです。地元採用やUターン・Iターンなど、地方のエリア採用にも強い特徴があります。

 全国各地に拠点があるため、エリアの特色やノウハウの蓄積を生かした質の高いサポートを受けられます。

「女性」「エンジニア」「グローバル」など、特定のターゲットに絞った検索ページも用意されているため、転職先の業界が決まっている方も便利に利用できるでしょう。

また、全国各地で転職フェアも行われています。公式サイトにて最新情報をチェックしておくのがおすすめです。

転職フェアは、担当者に直接相談や質問ができるチャンスですね。
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 15,940件
主な取り扱い職種
  • 営業
  • 管理・事務
  • 医療・福祉
  • クリエイティブ
  • ITエンジニア
機能
  • 履歴書添削
  • 面接ノウハウ
  • Webセミナー
  • 女性のおしごと

※2022年4月4日時点

ヒューレックス

ヒューレックス

おすすめポイント
  • 地方転職に強い
  • 地域に特化した専門コンサルタント在籍
  • 企業分析を活かした面接対策

ヒューレックスは、地元企業の求人を多く取り扱っているサイトです。特に東北地方に特化しており、Uターンを考えている方に向いています。

通常のサポートはもちろん、転居先の相談やキャリアアップのスクール情報の共有、出張面談なども行ってくれます。

運営会社 ヒューレックス株式会社
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 履歴書・職務経歴書の添削サービス
  • 面接トレーニングサービス
  • U・Iターン支援サービス
公開求人数 130,850件
拠点 東京/宮城/愛知/大阪/福岡/沖縄

※2022年4月5日時点

よくある質問

転職を決意した時におすすめの転職サイトは?
20代の転職なら、社会人経験が浅い若者向けの求人を多く取り扱っているサイトが良いでしょう。
キャリアをある程度積んだ30代・40代には、ハイクラスな求人を多く取り扱っているサイトがおすすめです。
20代が転職を考える理由・きっかけは?
20代は人間関係や仕事に対する現実を知り、転職を考えます。結婚などでライフプランが変更するなども挙げられます。
30代が転職を考える理由・きっかけは?
ある程度経験を積んだ30代では、スキルアップを理由に転職を考える方が多いです。
会社の将来に不安を覚えた、実力に対して正当な評価を受けたいなども挙げられます。今までの経験が役立つでしょう。
40代が転職を考える理由・きっかけは?
任される業務の重要度や責任感の大きさに見合った報酬をもらえないなど、キャリアを積んだ40代ならではの悩みを抱える方が多いようです。
女性が転職を考える理由・きっかけは?
女性は結婚や出産・育児などがきっかけでライフワークバランスを考え直す方が多いようです。
働き方を改善する、専門性を身に付けたいなどがあります。育休産休が取れるかどうかも大切なポイントです。
Uターンにおすすめ転職サイトは?
地方の求人を多く取り扱っているサイトがおすすめです。
地方の転職情報に詳しいコンサルタントに相談できれば、現地の新鮮な情報を手に入れることができるでしょう。
自分に合った転職エージェントの選び方は?
サポートの内容や担当者の質が良いかどうかで判断することをおすすめします。サイトによって特色や強みは異なります。
専門が決まっているなら、その業界に詳しい知識を持ったエージェントが良いでしょう。

まとめ

転職を考えたきっかけを、20代・30代・女性の年代別に紹介しました。転職の理由は人によってさまざまですが、今よりもよりよい環境や待遇を求めることに変わりはありません。

生まれ育った地元で活躍したい方は、都心から離れてUターンを目指すのも良いでしょう。効率よく転職を進めるには、転職エージェントとの併用がおすすめです。

応募企業ごとに求める人材は異なるため、企業に合わせたアドバイスをもらえば内定率もアップするかもしれません。今回解説した内容を参考に、転職サイトを賢く活用して、理想の職場を手に入れましょう。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事