「転職したい」と思ったら何をするべき?成功のポイントも詳しく解説

「転職したい」と思ったら何をするべき?成功のポイントも詳しく解説

「転職したい!」「新しい仕事を見つけたい!」と考えている人も多いのではないでしょうか。

転職は新しい自分に出会えるチャンスです。キャリアの道が開けることもあります。

しかし、いざ転職しようにも、何からはじめたらいいか迷ってしまう人もいるかもしれません。

そこで本記事では転職したい人に向けて、以下の項目をご紹介します。

この記事でわかること
  • 転職したい人がはじめるべきこと
  • 転職のメリット・デメリット
  • 転職に成功する人の特徴
  • 転職を成功させるポイント

この記事を読めば転職活動を何から始めればいいかわかるだけでなく、転職を成功させるポイントまで把握できます。

本格的に転職活動をスタートしている人はもちろん、転職を視野にいれている人もぜひ最後まで読んでみてください。

転職したい!と思ったら何からするべき?

ソファで頭を抱えている男性

「転職したい!」と思ったら、まずは何からはじめればいいのでしょうか。具体的な方法をいくつかご紹介します。

転職したいと思ったらはじめるべきこと
  • 退職理由を明確にする
  • キャリアの棚卸しを行う
  • 転職先に求める条件を明確にする
  • 身近な人に転職相談をする

退職理由を明確にする

「転職したい!」と考えているのなら、退職理由を明確にすることが大切です。退職理由があいまいなままでは、転職先に求める条件があやふやになってしまいます。

 給料・職場環境・人間関係など、できるだけ具体的に退職理由を整理してください。

頭の中だけで考えるのではなく、紙に書き出す方法がおすすめです。

退職理由をきちんと整理できれば、転職先の条件が明確になります。転職を安易に繰り返さないためにも、時間をかけて退職理由を整理しましょう。

自分の気持ちに正直になって、退職理由を考えることが大切です。

キャリアの棚卸しを行う

ノート数冊とバラの花

転職を考えているなら、キャリアの棚卸しをするのもおすすめです。キャリアの棚卸しとは、これまで経験した業務をひとつずつ整理する方法を指します。

 例えば営業職の場合、顧客との商談・売上データの作成・在庫管理などの業務が挙げられます。

業務を整理したあとに、身についたスキルをあわせて整理しておきましょう。顧客との商談なら、傾聴力・課題解決力などが挙げられます。

キャリアの棚卸しをしておくことで、得意とする業務・転職先で使えそうなスキルが分かりやすくなります。

特に、自分の強みがわからない人にとっておすすめの方法です。

転職先に求める条件を明確にする

転職したい人は、転職先に求める条件を明確にしておきましょう。求める条件がクリアになれば、求人探しがしやすくなります。

 転職先に求める条件を考える際、給料や福利厚生などの待遇だけでなく、どのような働き方が理想的か考えるのもおすすめです。

例えば、柔軟な働き方を希望しているなら、フレックスタイム制を導入している企業やリモートワークを推奨している企業がおすすめです。

裁量をもって働きたい人は、ベンチャー企業やスタートアップ企業がねらい目ですよ。

身近な人に転職相談をする

店内で相談する男性

身近な人に転職相談をするのもおすすめです。1人で抱え込むことなく、客観的なアドバイスを得られます。

 ここで注意しておきたいのが、現職の上司・同僚に転職の相談を持ちかけることです。余計なトラブルが生じてしまう場合があります。

おすすめなのは、すでに転職した元上司・元同僚です。転職活動の方法について、具体的な話を聞ける可能性が高まります。

多くの人に転職の相談をするのではなく、信頼できる人に絞って話を聞いてもらうといいですね。

転職したい!と思ったら振り返るべきこと

転職をしたいと思った際、実際に行動に移る前にいくつか振り返るべき項目があります。

そこで転職を検討している人は、まず以下3つの項目を振り返り、転職活動の準備を進めていきましょう。

転職したいと思ったら振り返るべきこと
  • 本当に転職が最適解か確認する
  • スキル・実績を整理する
  • 転職後のキャリアビジョンを明確にする

本当に転職が最適解か確認する

書類

まずはじめに、転職をしたいと思った際は、本当に転職することが最適なのか、とりあえず転職したいだけではないのかを明確にしましょう。

次の職場で何を成し遂げたいのか、その内容は今職場ではできないのかなど、目先のことではなく中長期的に判断する必要があります。

 ネガティブな理由を中心に、現状から逃げたいだけの気持ちで転職活動を進めると、悩みの根本が解決されないこともあるので要注意です。

もしも今の悩みが転職をせずに解決できるのであれば、職場を変えずに対処する方法を考えることも一つの手段。

じっくりと転職したい原因を考え、本当に転職したほうが良いと思うのであれば、実際に転職活動に進みましょう。

転職したいと漠然と思い進めるのではなく、まずは本当に転職するべきなのかをじっくり考えることで、その後の転職活動の成功確率も高まります。

スキル・実績を整理する

次に重要な振り返りポイントが、「転職したいけどスキルがない」とならないよう、現職でどの様な実績・スキルが発揮できるかを整理しましょう。

自分のスキルを確認し、転職したい企業が求める募集要項に当てはまっているのかを確認する事が先決です。

 培ったスキルや実績をもとに、自分の能力が発揮される環境を選ぶことで、転職成功率が高まります。

いくら優れたスキルを持っていても、転職先の企業が必要としていいなければ「スキルがない」と判断されかねません。

転職したいと思った時は、アピールできるスキル・実績と、求められるスキルがマッチしているかを考えましょう。

一度自己分析を行い、自分のスキルを見極めて転職活動を進めると良いです。

転職後のキャリアビジョンを明確にする

グラフ

最後に重要なポイントは、どこに転職をするのかではなく、転職後に何をしたいのかなど中長期的に割きを見据えて転職活動をしましょう。

目先のメリット・デメリットだけにとらわれて転職活動を行うと、転職後もまた同じ悩みを抱えてすぐに転職したいと感じるケースも少なくありません。

 一度転職グセが付くと、なかなか抜けきらず、転職回数が増え今後のキャリアが不利なってしまいます。

そのためただ年収を上げたい、休日や待遇を改善したいと言った理由だけではなく、その先に何を叶えたいのかまで見通すようにしましょう。

中長期的なキャリアビジョンを持つことで転職の軸がかたまり、入社後のミスマッチを最小限に抑えられます。

もしもキャリアビジョンが固まっていない場合、転職エージェントに相談することも一つの方法です。

転職するとどのようなメリットがある?

ハイタッチしている男女

転職するとどのようなメリットを得られるのでしょうか。気になるメリットは以下のとおりです。

転職すると得られるメリット
  • キャリアアップが叶う
  • やってみたい仕事にチャレンジできる
  • 働く環境をリセットできる
  • 年収アップを望める
  • ワークライフバランスを改善できる

キャリアアップが叶う

転職することでキャリアアップが叶います。例えば、営業職で働いていた人が転職し、企画・マーケティングのような上流部門も担うことも可能です。

 キャリアアップができれば、業務の幅が広がります。業務の幅を広げたい人は転職を視野にいれてみてください。

また、キャリアアップによって新しいスキルを得られます。スキルが身につくたびに、市場価値の高い人間として周りに差をつけられるでしょう。

今よりも更に成長したい意欲があるなら、転職はおすすめの方法です。

やってみたい仕事にチャレンジできる

会議室でプレゼンテーションしている人

転職することによって、やってみたい仕事にチャレンジできるメリットがあります。今とは全く異なる仕事へキャリアチェンジできるのも、転職の醍醐味です。

 キャリアチェンジによって、新たな自分の可能性に出会えます。これまでと全く異なるキャリアを歩みたい人にも、転職はおすすめです。

ただし、キャリアチェンジはできる限り早めに考えておきましょう。転職は即戦力を期待される傾向が強く、年齢が上がるにつれてその傾向は顕著です。

やってみたい仕事がある場合は、早めに行動に移すとよいでしょう。

働く環境をリセットできる

転職すると、働く環境をリセットできます。現職の職場環境に不満がある人は、転職することで悩みを解決できる場合があります。

 例えば、現職で人間関係に悩んでいるのであれば、思い切って転職することで一気に悩みから解放されるでしょう。

新しい職場は気分も一新され、前向きな姿勢で仕事に取り組めます。何かしら悩みを抱えている人は転職を検討してみてください。

転職を通じて、自分に合った職場環境に出会える人も大勢います。

年収アップを望める

ドル札を持っている人

転職することによって、年収アップが期待できます。特に、経験職種への転職はより年収アップが見込めるでしょう。

 なかには、転職前と比べて年収が100万円以上アップする人も少なくありません。

職場を変えただけなのに、年収が上がるのは大きなメリットです。

転職で年収アップを期待している人は、昇給率をよくチェックしておきましょう。たとえ初任給の水準が低くても、昇給率が高ければ前職の年収を上回る可能性があります。

年収アップによって、日々の暮らしを豊かにできますね。

ワークライフバランスを改善できる

ワークライフバランスを改善できるのも、転職するメリットです。現職で残業や休日出勤が多く、プライベートの時間を確保しにくい人は転職を視野にいれてみてください。

 転職をすると、同じような業務内容でもワークライフバランスを大いに改善できる場合があります。

例えば、残業時間が月60時間の人が転職することで、月20時間以内に残業を抑えることも可能です。

特に家族との時間を増やしたい人は、ワークライフバランスが整った企業への転職がおすすめです。

転職する前に知っておきたいデメリット

暗い部屋で頭抱えている人

一方、転職することによってデメリットは生じるのでしょうか。考えられるデメリットをいくつか解説します。

転職で生じるデメリット
  • 年収が下がる可能性がある
  • 上司が年下になる場合がある
  • 人間関係を構築し直す必要がある

年収が下がる可能性がある

転職することで年収アップが期待できる人がいる一方、年収がダウンしてしまう人も少なくありません。

 特に、未経験職種にチャレンジする人は年収が下がる可能性があります。

即戦力として働けないのであれば、年収を低めに設定する企業が多い傾向です。

ただし、年収が下がるのは一時的である場合がほとんどです。昇給やボーナスによって、前職の年収を上回ることもできます。

転職前に昇給率をチェックしておくと、どれくらいのペースで前職の年収を上回るか推測できるでしょう。

上司が年下になる場合がある

腕を組んでいる人

転職すると、上司が年下になる場合があります。特に、ベンチャー企業やスタートアップ企業でよく見られる傾向です。

上司の年齢がさほど気にならない人は問題ありません。

 しかし、年下から指摘を受けることに慣れていない人はデメリットに感じてしまうでしょう。

人によってはやりにくさを覚えるかもしれません。ただし、こうした戸惑いややりにくさは時間の経過につれて薄まります。

最初のうちは慣れなくても、仕事を進めるにつれて気にならなくなりますよ。

人間関係を構築し直す必要がある

転職することによって、人間関係を一から構築し直す必要があります。人と話すのが苦手な人は苦労してしまいがちです。

 組織に所属する以上、社内の人間関係構築は必須です。今後の仕事のやりやすさにも関わってきます。

人と話すのが苦手でも、最低限のコミュニケーションはとれるように心がけましょう。挨拶や返事をしっかりするなど、基本的なことからはじめてみてください。

時間が経つにつれて、馴染んでいくので安心してくださいね。

転職しても後悔しない人の特徴は?

後ろを振り返りながら微笑んでいる女性

転職しても後悔しない人にはどのような特徴があるのでしょうか。それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

転職しても後悔しない人の特徴
  • やりたいことが明確な人
  • 現職でキャリアアップ・スキルアップが望めない人
  • 今までとは異なる働き方を目指したい人

やりたいことが明確な人

やりたいことが明確な人は転職しても後悔しにくいでしょう。なぜなら、やりたいことが明確なら、企業選びで迷うことがほぼないからです。

 やりたいことと業務内容が合致していれば、転職しても後悔することなく、生き生きと働けます。

もし現段階でやりたいことが明確でないなら、時間を見つけて考えてみるとよいでしょう。

やりたいことが整理されると、企業選びがスムーズに進みますよ。

現職でキャリアアップ・スキルアップが望めない人

パソコンを操作する人

現職でキャリアアップ・スキルアップが望めない人も、転職を後悔することはほとんどありません。

 キャリアアップ・スキルアップができない職場に長期間いても、自分自身を成長させることはできません。

一方、転職を通じてキャリアアップ・スキルアップできれば、成長と同時に仕事へのやりがいを見出しやすくなります。

特に、成長意欲が強い人は転職を検討してみてください。

今までとは異なる働き方を目指したい人

今までとは異なる働き方を目指したい人も、転職がおすすめです。現職では難しい働き方でも、転職によって簡単に叶えられる可能性があります。

 例えば、ライフスタイルが変化して出社が難しい場合、フルリモートの職場へ転職するのもひとつの手段です。

キャリアを手放すことなく仕事を続けられるメリットがあります。理想の働き方が具体的に定まっている人にも転職はおすすめです。

リモートワークのほかにも、時短勤務・フレックス制度などを導入している企業も要チェックですね。

転職すると後悔してしまいがちな人の特徴は?

頬杖をついている女性

一方、転職すると後悔してしまいがちな人にはどのような特徴があるのでしょうか。ひとつずつ確認していきましょう。

転職すると後悔してしまいがちな人の特徴
  • 退職理由があいまいな人
  • 他責思考の人
  • 高すぎる目標を設定している人

退職理由があいまいな人

退職理由があいまいなまま転職すると、後悔してしまいがちです。短期離職や同じ理由で転職をくり返してしまう人も少なくありません。

また、退職理由があいまいだと、企業選びに苦戦してしまいます。

 その結果、「今の職場を退職できればそれでいい」と考え方がシフトされてしまうのです。

転職はあくまで手段に過ぎません。しかし、退職理由があいまいなままでは、転職を目的と捉えてしまいます。

こうした事態を防ぐためにも、時間をかけて退職理由を明確にしましょう。

他責思考の人

シャッター越しに外を見つめる男性

他責思考の人も要注意です。他責思考とは、トラブルや問題が生じた場合、すべて他人や物事のせいにする人を指します。

 他責思考の人は仕事を辞めたい理由も「会社がすべて悪い」となりがちです。

しかし、本当に会社がすべて悪いのか再考する余地があります。

考え方を改めない限り、たとえ転職したとしても問題が生じるたびに、会社のせいにしてしまうでしょう。

他責思考のままでは自身の成長を妨げるどころか、人と信頼関係を築けなくなってしまいます。

高すぎる目標を設定している人

高すぎる目標を設定している人は条件面に固執しがちです。そのため、企業理念や社内の雰囲気などを蔑ろにしてしまうケースが見受けられます。

 しかし、企業理念や社内の雰囲気が自分に合わなければ、長期的に活躍することが難しくなってしまうでしょう。

条件面のこだわりは、ある程度柔軟に考えておくことをおすすめします。すべての希望を叶えてくれる企業はほとんどないと念頭に置きましょう。

条件を譲歩すると、自分にぴったり合うような企業が見つかる可能性もあります。

転職したいけどスキルに自信がない場合の対処法

ヤフーの給与・福利厚生

転職したいけどスキルがない、新しい職場を探したいけど怖いと感じるときには具体的に4つの対処方法があります。

資格取得・実績を積むなどスキル向上を目指す

スキルに自信がなければ、まずは実績を付けてスキル向上を目指しましょう。

転職したいけどスキルがない20代
  • 今の職種で成果を残す
  • 転職先企業に有利な資格を取る
  • ロジカルシンキング・コミュニケーション能力など共通して通用するスキルを高める

20代で転職したい場合は、まず基本的な能力の向上を目指すと良いでしょう。

企業側も高度なレベルを求めるケースは少ないため、今の仕事で実績や理解を積んだり、共通して求められるコミュニケーション能力などを全体的なレベルアップを目指して下さい。

転職したいけどスキルがない30代
  • マネジメント能力を磨く
  • 社外に通用する実績を積む
  • 0から1を作る経験をする

30代が転職したい場合は、20代に比べ高度な実績・スキルが求められ、特にマネジメント能力があると有利になります。

採用する企業側も管理職候補や即戦力を求めるケースが多いため、自分の市場価値を上げることに務めましょう。

求められるスキルは20代、30代で変わってきます。

倍率の低い中小企業も視野に入れる

オフィス

スキルが無いけど転職したい場合、転職難易度の高い企業を避け倍率の低い企業も視野に入れましょう。

転職したいけどスキルがない人におすすめの企業
  • 応募者が少なく倍率が低い企業
  • 未経験OK・研修ありなどハードルが低い企業

第一にあまり知名度がなく応募者が少ない企業は、倍率が低いため相対的に転職難易度は下がります。

また募集要項に「未経験OK」「研修・OJT制度あり」と書いてあれば、スキルよりも人柄を重視して採用しているケースが多いです。

 スキルに自信がなければ、人柄やポテンシャルをアピールしましょう。

上記のポイントを抑えておくことで、「転職したいけどスキルがない」と悩んでいる人も成功率が高まります。

スキルはもちろん大事ですが、他にも転職成功を左右するポイントはあります。

転職したい理由を明確にする

転職理由や入社したい思いを伝えることで、スキルの低さをカバーして内定を獲得できるケースも少なくありません。前述のようにスキルがあまり求められない企業の場合、以下のようなポイントが重要視されます。

スキル以外に選考で求められるポイント
  • 志望動機・転職理由
  • やる気・熱意など気持ちの要素
  • 将来成長を感じさせるポテンシャル

特に「なぜこの会社に転職したいのか」という理由は重要で、その会社にしか当てはまらない差別化した理由を考えておくと良いです。

また向上心や挑戦思考があるなどの熱意、自走心があり将来成長を感じさせるエピソードも用意しておくと良いでしょう。

スキルがなくても「明確な転職したい理由」「この会社じゃなきゃいけない理由」を用意すると選考が有利に進みます。

年収・待遇の希望条件を見直す

お金

転職したいもののスキル面に不安があれば、まずは希望条件を確認し再度優先順位を見直しましょう。大前提として好条件の企業の多くは、高いレベルの実績や専門スキルを求められるケースが多いです。

希望条件の見直し方
  • 絶対に譲れない条件を確認する
  • ある程度妥協しても良い条件を確認する

特に譲れない条件は自分では変えられない「給与や評価基準」といった、外的要因に左右されるものであれば問題ありません。

逆に「仕事がつまらない」「人間関係が良くない」など、ある程度自分で変えられる内的要因は優先順位を落とすと良いでしょう。

スキルがあったとしても、全ての希望条件を叶えることは極めて難しいです。

転職したいと思ったら取っておきたい資格

【2021年最新】おすすめの資格一覧|学習方法や転職サイトも紹介

転職検討する際、スキルはもちろん重要ですが、履歴書に書ける資格を保有しておくと有利に進みます。

業界により異なりますが、多くの場合転職を有利に進められる資格を3つ紹介するので参考にしてください。

転職したいと思ったら取っておきたい資格
  • TOEIC
  • 宅建士
  • 簿記

TOEIC

グローバル化が進む現代では、英語に関する資格の需要は高く、中でもTOEICは多くの企業で有利になる資格の代表です。

ただ新たに第二言語を習得するためには相当に時間が必要となるため、事前にスケジュールを立て転職活動と並行して学習を進める必要があります。

 TOEICを武器としてアピールしたい場合、700点以上が目安となります。

外資系企業のみならず、国外に支店を構える日系企業でも英語力が求められるケースが多いです。

そのため業界を問わず、TOEICを保有しておくことで、転職をしたいと思った際、転職活動が有利に進みます。

業界問わず、広く転職の際に有利なTOEICは、転職したいと思った際に取得したい資格の一つです。

宅建士

不動産業界に転職する人

次に宅建士もおすすめの資格で、主に不動産業界へ転職を検討する際に役に立ちます。

特に不動産業界ではどの職種でも宅建士が求められるケースが多いため、面接時にアピールする武器としては最適です。

 企業によっては月額で宅建士に対する手当が支払われるため、年収アップを考えた転職にも有利になるでしょう。

また、不動産業界では宅建士の有無で行える業務にも差が出るため、その後のキャリアップを考えても理想のビジョンに近づけます。

宅建士はやや難易度が高い資格ですが、取得することで得られるメリットは大きいです。

不動産業界の求人は多いため、選択肢も増え転職成功率も高まるでしょう。

簿記

最後に簿記ですが、主にバックオフィスで求める企業が多く、多業界での転職の際に有利になります。

経理はもちろんですが、成長段階のベンチャー企業では、経理に限らず様々な部門をバックオフィスで担うケースも少なくありません。

 スキルを持ち合わせ、対応できる業務の幅が広がればより転職先の候補も多くなります。

簿記は2級、3級と段階があるため、全くの未経験の場合はまずは3級からの挑戦がおすすめ。

慣れてきたころに2級とステップアップを考え、バックオフィスとしての輝かしいキャリアが実現できます。

どの企業にもバックオフィスはあるため、簿記を取得することでより理想の転職が叶えられます。

転職を成功させるポイントを徹底解説!

インタビューを受けている人

最後に、転職を成功させるポイントをご紹介します。転職活動を視野にいれている人は、ぜひ参考にしてみてください。

転職を成功させるポイント
  • すぐに会社を退職しない
  • 譲れない条件を洗い出す
  • 大企業だけでなく中小企業も視野にいれる
  • 転職サービスに登録する

すぐに会社を退職しない

転職を成功に導くために、すぐに会社を退職してはいけません。「転職したい!」と考えている人は、勢いあまって退職してしまいがちです。

 しかし、勢いで退職したせいで、経済面での不安から安易に転職先を決めてしまう人が多く見受けられます。

安易に転職先を決めると、後悔してしまう可能性があります。長期的なスケジュールをたてて、退職は慎重に行いましょう。

在職しながら転職活動することで、心にゆとりを持ちながら企業を選べます。

譲れない条件を洗い出す

勉強中の人

譲れない条件を洗い出すのも、転職を成功させる秘訣です。譲れない条件が明確であれば、スムーズに企業を選べます。

 給料をはじめとした条件面に目がいきがちですが、社風や働き方なども目を配るとよいでしょう。

例えば、リモートワーク・フレックス制度が導入されている企業であれば、柔軟な働き方が期待できます。

時間を見つけて、転職先に求めることを整理しておきましょう。

大企業だけでなく中小企業も視野にいれる

転職先の候補は大企業だけでなく、中小企業・ベンチャー企業も視野にいれることをおすすめします。

 誰もが知る大企業は競争倍率が高い傾向です。募集枠が数人しかないのに、数百・数千人が応募するケースもあります。

そのため、大企業ばかり選考を受けていても、全く選考通過しない場合も考えられるでしょう。転職活動が難航してしまうので、注意が必要です。

大手企業でなくても、自分に合った企業は必ず見つかりますよ。

転職エージェントを活用する

パソコンを操作する人

転職エージェントを活用するのも、転職を成功させる秘訣です。転職エージェントを利用すると、自分に合った求人を紹介してくれます。

 これまでのキャリアや希望条件をもとに求人を紹介してくれるので、求人を探す手間が省けるのがメリットです。

また、応募書類の添削や面接対策をしてくれます。1人では対策しづらいことも、転職のプロに任せられるので安心です。

しかも、ほとんどの転職エージェントは無料で利用できますよ。

【転職したい人必見】転職エージェントのメリット

転職したい人には、転職エージェントの利用がおすすめですが、大きく分けてメリットが3つあります。

それぞれ以下で紹介していくため、転職エージェントを利用したいと思っている人は、是非参考にしてください。

転職エージェントのメリット
  • 転職活動にかかる時間が抑えられる
  • 非公開求人の紹介が受けられる
  • 内定獲得率が高くなる

転職活動にかかる時間が抑えられる

時計

転職エージェントでは各種サポートが揃っているため、独力で転職活動を進めるよりも圧倒的に活動時間が抑えられます。

初回面談時に希望条件を伝えることで、自分に合う求人を紹介してもらえます。

 自分に合う求人を探すためにも、初回カウンセリング時には自分の条件をしっかりと伝えましょう。

全体的な時間を短縮することで、事前対策に回せる時間も増えるため、面接対策や書類制作の質も高まります。

転職エージェントの無料サポートをうまく使いこなすことで、効率的な転職活動を展開できます。

非公開求人の紹介が受けられる

次に、カウンセリング後に求人紹介を受けられますが、まとめて多くの求人をアドバイザーが提供してくれます。

また、中には一般公開していない非公開求人もあり、高待遇な企業が含まれているケースも難しくありません。

 非公開求人を受けるためには、転職エージェントへの登録が必須です。

非公開求人は転職エージェント最大のメリットなので、自分に合う転職エージェントへ登録し、多くの非公開求人をチェックしましょう。

非公開求人には高待遇な企業が多数掲載されています。

内定獲得率が高くなる

グラフ

最後のメリットが一番大きく、転職エージェントを利用することで内定獲得率が高くなるケースがほとんどです。

無料で質の高いサポートが受けられ、時間を大幅に削減できるため、より精度の高い事前準備が進められます。

 プロ目線でもらえるアドバイスの質は高いため、独力で進めるよりも正確性が高まります。

また、転職エージェントは無料で利用できるため、複数利用してみることがおすすめ。

同時並行でいくつかの転職エージェントを検討することで、自分と相性の合うサービスが見つかり、より心強い味方となるでしょう。

独力で進めるよりも精度の高い対策が取れるため、最終的に転職したい企業から内定を貰える確率が高くなります。

無料で利用できる!おすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 業界でもトップクラスの非公開求人数!
  • 全国どの地域に住んでいても利用可能!
  • 模擬面接など、選考対策も手厚い!
  • 完全無料
リクルートエージェントは16万件以上※1の非公開求人を持つ転職エージェントです。

 非公開求人は公開すると応募が殺到してしまうような好条件求人である場合がほとんどです。
自分のアピールポイントや、どのような仕事がわからない、といった場合でもキャリアアドバイザーとの面談を通して、自分にぴったりの求人を見つけることができます。

応募書類の添削や、面接の対策も受けることができます。
企業の分析も細かく行っているため、求人を紹介する段階から、企業について詳しく教えてもらえます。入社後のミスマッチを防ぐことができますよ。
運営会社 株式会社リクルートキャリア
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 職務経歴書エディター
  • 面接力向上セミナー
  • 担当者面談
公開求人数 114,943件※2021年6月10日時点
拠点 全国対応可 東京/西東京/宇都宮/さいたま/千葉/横浜/京都/大阪/神戸/名古屋/静岡/北海道/東北/岡山/広島/福岡

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • アドバイザーや担当者の対応がよく、親身に相談に乗ってくれる!
  • 各企業の情報を分析し、手厚い選考対策で内定率UP!
  • 経歴に自信がない方でも正社員転職が目指せる!
  • 全国の転職に対応!WEB面談も可能
  • 完全無料
マイナビエージェントはアドバイザーの質の評価が高い転職エージェントです。

ハードルが高く感じる面談も非常にスムーズで、信頼できる担当者に出会えたという利用者の声が多数あります。 また、大手企業であるマイナビの太いパイプを生かした各企業の分析は選考対策の際に役立ちます。
 マイナビエージェントはスキルや経験が少ない20代の転職をメインターゲットとしていますので、スキルに自信がなくても正社員として転職できる可能性は大いにあります。
未経験業種への転職を目指している方や、転職に不安を抱えている方はぜひマイナビエージェントに登録をしましょう!
運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 履歴書添削サービス
  • 面接対策
  • サポート期間は無期限
公開求人数 28,152件※2021年8月17日時点
拠点 全国対応可 京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

ビズリーチ

ビズリーチ

おすすめポイント
  • 年収1,000万円以上の求人が3分の1を占める!
  • 優秀なヘッドハンターからアドバイスをもらえる!
  • ハイクラス求人多数!登録後は企業・ヘッドハンターからのスカウトを待つだけ
  • 優良企業と直接コンタクトを取ることも可能!
ビズリーチ年収1,000万円以上の求人が3分の1※2以上を占める転職エージェントです。

年収600万円以上の方に支持される転職サービスNo.1※1に輝いています。
ビズリーチでは「プラチナスカウト」というものがあり、一流のヘッドハンターがユーザーの情報を見てスカウトを送ります。スカウトが届くと、確実に面接へ進める仕組みです。

厳選された優秀なヘッドハンターが約4,600人在籍※2しているので、優良企業とのマッチングを待ちながら転職活動を行えるでしょう。 ※1 転職サービスに関する調査/調査会社:シード・プランニング/調査期間:2019年1月〜2月/調査対象:年収600万円以上で、転職意欲がある人 ※2参照 公式サイト
運営会社 株式会社ビズリーチ
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • タレント・ハイクラス会員制度
  • ヘッドハンター
  • スカウト
公開求人数 72,762件※2022年4月1日時点
拠点 東京/首都圏拠点(渋谷)/関西/名古屋/福岡
出典:公式サイト

よくある質問

漠然と転職したいけど自分のしたいことがわからない
したいことがわからないのであれば、まずなぜ転職したいのかを考えましょう。
したいことがないのに転職をしたいと感じるのは、他になにか不満があるケースが多いため、不満が何か考えることで、転職が最適解かどうかが見えてきます
新卒入社しすぐに転職すると選考で不利になる?
明確な理由や新しい夢が見つかったのであれば、不利にはなりません。
転職したい企業でしか出来ないこと、今の会社では実現出来ないことであれば、転職は最適解と言えます。
転職したいけど怖いという気持ちが大きい場合は?
なぜ転職したいのか、転職することで何が変わるのか一度考えてみましょう。
怖いという感情は「まだ知らないこと」「準備不足」が原因のケースがほとんどなので、転職理由を整理して自分と向き合ってみて下さい。
転職したいけど迷っているうちはやめておくべき?
迷っているのであればまず、迷っている原因を探しましょう。原因が自分で変えられないのであれば、転職することで現状を変えられます。
30代でスキルがない場合、転職は難しい?
35歳以下であれば未経験採用を行う企業が多いため、転職成功のチャンスはあります。

まとめ

今回は、転職したい人がはじめるべきことや転職のメリット・デメリットなどをご紹介しました。

転職活動をはじめるにあたって、まずは退職理由を明確にしましょう。

退職理由を明確にすることで、転職先に求める希望条件がはっきりと見えてきます。

また、転職を成功させるために、転職エージェントの登録がおすすめです。自分に合った求人を紹介してくれるので、求人を探す手間が省けます。

そのほかにも、選考対策を無料で行ってくれるため、転職活動がはじめての人でも心強いでしょう。ぜひこの記事を参考にしながら、転職活動を成功させてください!

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事