転職にベストなタイミングは?年代別に求められるスキルも解説

転職にベストなタイミングは?年代別に求められるスキルも解説

転職を考えたときに気になるのが、転職するタイミングではないでしょうか。

転職するタイミングはいつにすればいいのか、そもそも本当に転職してもいいタイミングなのか、悩んでしまいますよね。

そこで今回は、転職を意識するタイミングや、転職におすすめのタイミングについて詳しく解説します。

この記事でわかること
  • 転職を意識しやすいタイミング
  • 転職におすすめのタイミング
  • 【年代別】転職時に求められるスキル

この記事を読めば転職までにしておくべきことがわかるだけでなく、転職を考え直した方がいいケース、さらに転職にベストなタイミングまで把握できます。

転職を本格的に考えている人はもちろん、今後視野にいれている人もぜひ参考にしてみてください。

転職を意識しやすいタイミング4選

スーツ姿の男性

そもそも転職を意識しやすいタイミングはいつなのでしょうか。主なタイミングやその理由をチェックしていきましょう。

環境が変化したとき

結婚や妊娠・出産を経験した、身近にキャリアアップした人が増えた、親しい上司や同期が退職したなど、環境が変化したときが転職を意識するタイミングになるケースがあります。

 結婚や妊娠・出産を経験した場合は、「もっと家族と過ごす時間や子育てに専念する時間が欲しい」、「家族のためにより高待遇な仕事に就きたい」などが理由になりやすいでしょう。

身近にキャリアアップした人が増えた場合は、自分もキャリアアップするために転職したいと考えることがあります。

上司や同期が退職した場合は、職場に親しい人がいなくなってしまった寂しさや不安から転職を考える場合もあるようです。

待遇に満足できないとき

パソコンと文房具

「仕事内容や労働時間と給料が見合っていない」、「結果を出しているのに昇進できない」など、待遇に満足できないときも転職を意識するタイミングになりやすいでしょう。

 上司や会社に掛け合い、条件面について交渉することで解決する可能性もあります。

ただし、それが叶わなかったときにはより転職したい気持ちが強くなることもあるかもしれません。

人間関係で悩んでいるとき

「上司や同期と不仲である」、「困ったことがあっても相談できる人がいない」、「パワハラやセクハラなどのハラスメントを受けている」など、人間関係で悩んでいるときが転職を意識するタイミングになることもあります。

 転職する前に、勤務先の人事部やコンプライアンス窓口など、悩みの内容に適した相談先に打ち明けるという方法もあります。

しかし、それすら難しい、誰かに話すことすらツライという場合は転職したいという気持ちが強くなることが考えられます。

仕事にやりがいを見出せなくなったとき

パソコンの前で頭を抱える人

仕事にやりがいを見出せなくなったときも、転職を意識するタイミングのひとつです。

 やりがいを見出せなくなる原因としては、「自分がイメージしていた業務と違った」、「精神的・肉体的に疲弊している」、「現在の仕事よりもさらに興味のある仕事を見つけた」などが挙げられます。

一時的にそのような考えになっている可能性もあるので、休息やリフレッシュの時間を十分にとり、落ち着いた状態で再度転職について考えてみるのもいいでしょう。

少し休息の時間を取ると、もう一度仕事に前向きになれるかもしれません。

転職におすすめなタイミングとは?

転職にはおすすめなタイミングとそうでないタイミングがあることを知っていますか。ここでは転職におすすめなタイミングについて解説します。

キャリアアップなら社会人5~6年目

パソコンを見て考える男性

キャリアアップしたい場合、社会人5〜6年目のタイミングで転職するのがおすすめです。この時期は、社会人生活にもすっかり慣れて、業務の専門的な知識や経験が身に付いている人が多いでしょう。

 転職先で即戦力として採用されたり、これまでの経験をさらに活かせるポジションに抜擢されたりする可能性もあります。

年齢的にも20代後半ということで長期的な活躍も期待できるため、企業も積極的に採用する傾向があります。

キャリアチェンジなら第二新卒から20代

キャリアチェンジしたい場合、第二新卒から20代のタイミングで転職するのがおすすめです。この時期は、経験やスキルよりもポテンシャルが重視されやすいといわれています。

 新卒採用で採りきれなかった人員を卒業後3年未満の「第二新卒」として採用している企業もあり、未経験の業界や職種にも挑戦しやすいタイミングとなっています。

社会人経験が長くなるほど、異業種や未経験の転職は難しくなるといわれているので、キャリアチェンジしたい場合は早めに計画するのがおすすめです。

転職を意識したタイミングで考えておくべきことは?

転職したくても、何も考えずに転職してしまうと後悔する可能性も。そうならないためにも、転職したいタイミングで考えるべきことがいくつかあります。

転職したい理由

スーツを着た人

まずはなぜ転職したいのか、その理由をしっかりと考えましょう。

 「なんとなく仕事が嫌になったから」などのあいまいな理由で転職してしまうと、転職先でも同じ理由で辞めてしまい、転職を繰り返してしまうこともあります。

どうして転職したいのか、それは現在の勤務先ではどうしても解決できないことなのかどうか、よく考えてみましょう。

転職して活かせる実績やスキル

転職して活かせる実績やスキルがあるのか考えることも大切です。転職する場合、書類審査や担当者との面接などが必要となることがほとんどです。

 選考では必ずといっていいほど「これまでの実績やスキルをどんな形で活かして、転職先でどんな働き方ができるのか」について問われます。

意気込みやポテンシャルで採用されることがある新卒と違い、転職の場合はこれまでの実績やスキルが重視される傾向があります。

転職活動を始める前に、志望先の企業でどんな働き方がしたいのか、そのために活かせる実績やスキルはあるのかを考えましょう。

転職・退職したい時期

カレンダー

転職や退職の時期も、あらかじめしっかりと考えておくことが大切です。引き継ぎなどが必要だという理由から退職したい場合は数ヶ月前に申告することが求められる企業もあります。

 一日も早く退職したいという気持ちから、転職先が決まっていない状態で退職してしまうのは避けたほうがいいでしょう

転職活動がスムーズに進まず、無職の期間が長くなってしまったり、収入が絶たれて生活に支障が出たりする可能性があります。

仕事をしながら転職活動をするのは大変ではありますが、無事に転職先が決まってから勤務先に退職時期について相談するのが安心です。

勤務先に伝えるタイミング

転職することを勤務先に伝えるタイミングも考えておく必要があります。

 退職したくても、繁忙期や人員不足などを理由に引き止められてしまい、自分が考えていたタイミングよりも退職時期が遅れてしまうことがあります。

すでに退職する予定の社員が他がいる場合も、退職時期を遅らせてほしいと相談される可能性があります。

勤務先で退職を受理されやすいタイミングがいつなのかを考えた上で、転職活動を始めたほうがいいでしょう。

転職後の生活環境

会議

転職後の生活環境についても、事前に考えておきましょう。

 転職先が現在の職場よりも遠い場合は、通勤時間が増えても問題ないのか、引っ越しなどを検討する必要はあるのかを考えておいたほうがいいでしょう。

転職先によっては勤務時間帯が変わることもあり、その場合は自分の生活リズムがどうなるのかもイメージしておきます。

生活環境の変化に問題なく対応できるのかどうかも、転職をする上で大切な要素です。

【年代別】転職のタイミングで求められる経験やスキル

転職するタイミングによって、求められるスキルは違います。年代別に求められるスキルをみていきましょう。

第二新卒の場合

オフィス

第二新卒の場合は、ポテンシャルや意気込みで採用されることもありますが、勤務年数が短いことから、企業によっては「採用しても、不満を感じるとすぐに退職してしまうのではないか」と判断される可能性もあるでしょう。

転職する場合は「苦難を乗り越えた経験やそれにまつわるスキル」が求められる傾向があります。

よって、「与えられた業務を自分なりに工夫して、最終的に課題を達成できた」という経験があれば、転職活動で活かせます。

20代の場合

20代の場合は、ある程度社会人経験を積んでいることもあり、即戦力としてのスキルを求められる場合もあります。

例えば、志望先の企業や業界に関する知識・経験がある場合などは転職活動でも役立つでしょう。

さまざまな業務で求められる営業力やコミュニケーション能力、理解力などがある場合も、アピールポイントになります。

30代の場合

ミーティング

30代の場合は、即戦力としてのスキルはもちろん、マネジメントスキルやリーダーとしての経験を問われることもあります。

 「部下の指導やリーダーの経験がある」「他部署や外部業者と調整を担当したことがある」という場合、転職する際の選考でもアピールポイントになります。

どんな業務でも活かせる分析力や引率力、企画力などがある場合も、転職活動でプラスになるでしょう。

40代の場合

40代の場合は、社会人経験が長いこともあって、組織やチームを率いた経験が求められる傾向があります。

 「プロジェクトの立ち上げ経験がある」「商談を成功させた経験がある」という場合、転職活動がスムーズに進みやすくなるでしょう。

あらゆる業務で必要とされる交渉力や判断力、部下とのコミュニケーションを円滑に行う会話力などがある場合も、転職の際に役立ちます。

転職を考え直したほうが良いケース

オフィス

転職したいと思ったタイミングでも、考え直したほうがいいケースもあります。具体的に紹介していきます。

職場や業務内容に明確な不満があるわけではない

勤務先や仕事内容に明確に不満があるわけではなく、「なんとなく転職したい」と思っている場合は考え直したほうがいいでしょう。

 転職先が現在の職場よりも過酷な環境になるという可能性もあるため、転職を後悔することがあります。

我慢できないような不満がないかぎりは、しばらくそのまま仕事を続けてみて、それでも転職したいと考えたタイミングで行動に移してみましょう。

転職したい理由が漠然としている

書類に記入する人

「志望先企業に憧れている」「今の仕事に飽きてきた」「新しい環境で働きたい」など漠然とした理由で転職するのもやめた方がいいでしょう。

志望先企業に受かったとしても、実際働いてみて「想像と違う」と感じるケースは少なくありません。

 転職先ではどうしても仕事に慣れるまで時間がかかりがちですし、明確な理由なく転職してしまうと「以前の仕事のほうがよかった」と思うかもしれません。

まずはなぜ転職したいのか、転職先でどんな仕事をしたいのかを洗い出すことから始めましょう。

仕事に対して求めるものが多すぎる

「給料も仕事内容も勤務時間もすべて自分の条件に合う企業で働きたい」など、仕事に対して求めるものが多すぎる場合も、転職を思いとどまったほうがいいでしょう。

 求めるものが多すぎるせいで、自分の理想の企業が見つかるまで転職し続けることになってしまってはスキルやキャリアが身につきません。

すべての条件を満たしている企業はそう簡単には見つかりませんし、自分の理想の企業だと思っていたはずが、入社後にギャップを感じることもよくあります。

自分が仕事をする上で譲れない条件と妥協する条件を絞った上で、転職を考えましょう。

転職のタイミングで踏み切れないときの対処法

話し合う人

転職したいと思ったタイミングでも、いざ転職活動を始めることに踏み切れない場合もあります。そんなときの対処法を紹介します。

しばらく現在の仕事を続けてみる

どうしても踏み切れないときは、しばらく現在の仕事を続けてみましょう。仕事を続けてスキルアップした後、より最適なタイミングで転職できることもあるでしょう。

転職したいと気持ちが一時的なものであった場合、仕事を続けているうちにまだ転職しなくてもいいと気づくこともあります。

自分のキャリアプランを立てる

パソコンを操作する人

転職したい気持ちがあっても踏み出せない場合、この先のキャリアプランを具体的に立ててみましょう。

 将来的にやりたいことがある場合、どんなスキルや経験が必要で、いつまでに転職すればいいのか、転職しなくてもやりたいことができる可能性はあるのかどうかなどをしっかりと考えてみましょう。

具体的なキャリアプランを立てたことで、今すぐに転職する必要はなく、しばらく現在の勤務先に留まったほうが良いと気づく場合もあります。

転職エージェントなどのプロに相談

転職したいけど、転職活動をうまく進める方法がわからずに踏み切れないという場合は、転職エージェントなどのプロに相談しましょう。

転職エージェントは、転職活動が成功するためのコツを教えてくれたり、これまでのスキルや経験に合った仕事を紹介してくれたりと、転職活動を全面的にバックアップしてくれます。

一人で転職活動を進めるのは心細いという人も、転職エージェントに相談すれば自分に合った転職先に巡り会えるかもしれません。

無料で利用できる!おすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 業界でもトップクラスの非公開求人数!
  • 全国どの地域に住んでいても利用可能!
  • 模擬面接など、選考対策も手厚い!
  • 完全無料
リクルートエージェントは16万件以上※1の非公開求人を持つ転職エージェントです。

 非公開求人は公開すると応募が殺到してしまうような好条件求人である場合がほとんどです。
自分のアピールポイントや、どのような仕事がわからない、といった場合でもキャリアアドバイザーとの面談を通して、自分にぴったりの求人を見つけることができます。

応募書類の添削や、面接の対策も受けることができます。
企業の分析も細かく行っているため、求人を紹介する段階から、企業について詳しく教えてもらえます。入社後のミスマッチを防ぐことができますよ。
運営会社 株式会社リクルートキャリア
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 職務経歴書エディター
  • 面接力向上セミナー
  • 担当者面談
公開求人数 114,943件※2021年6月10日時点
拠点 全国対応可 東京/西東京/宇都宮/さいたま/千葉/横浜/京都/大阪/神戸/名古屋/静岡/北海道/東北/岡山/広島/福岡

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • アドバイザーや担当者の対応がよく、親身に相談に乗ってくれる!
  • 各企業の情報を分析し、手厚い選考対策で内定率UP!
  • 経歴に自信がない方でも正社員転職が目指せる!
  • 全国の転職に対応!WEB面談も可能
  • 完全無料
マイナビエージェントはアドバイザーの質の評価が高い転職エージェントです。

ハードルが高く感じる面談も非常にスムーズで、信頼できる担当者に出会えたという利用者の声が多数あります。 また、大手企業であるマイナビの太いパイプを生かした各企業の分析は選考対策の際に役立ちます。
 マイナビエージェントはスキルや経験が少ない20代の転職をメインターゲットとしていますので、スキルに自信がなくても正社員として転職できる可能性は大いにあります。
未経験業種への転職を目指している方や、転職に不安を抱えている方はぜひマイナビエージェントに登録をしましょう!
運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 履歴書添削サービス
  • 面接対策
  • サポート期間は無期限
公開求人数 28,152件※2021年8月17日時点
拠点 全国対応可 京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

ビズリーチ

ビズリーチ

おすすめポイント
  • 年収1,000万円以上の求人が3分の1を占める!
  • 優秀なヘッドハンターからアドバイスをもらえる!
  • ハイクラス求人多数!登録後は企業・ヘッドハンターからのスカウトを待つだけ
  • 優良企業と直接コンタクトを取ることも可能!
ビズリーチ年収1,000万円以上の求人が3分の1※2以上を占める転職エージェントです。

年収600万円以上の方に支持される転職サービスNo.1※1に輝いています。
ビズリーチでは「プラチナスカウト」というものがあり、一流のヘッドハンターがユーザーの情報を見てスカウトを送ります。スカウトが届くと、確実に面接へ進める仕組みです。

厳選された優秀なヘッドハンターが約4,600人在籍※2しているので、優良企業とのマッチングを待ちながら転職活動を行えるでしょう。 ※1 転職サービスに関する調査/調査会社:シード・プランニング/調査期間:2019年1月〜2月/調査対象:年収600万円以上で、転職意欲がある人 ※2参照 公式サイト
運営会社 株式会社ビズリーチ
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • タレント・ハイクラス会員制度
  • ヘッドハンター
  • スカウト
公開求人数 72,762件※2022年4月1日時点
拠点 東京/首都圏拠点(渋谷)/関西/名古屋/福岡
出典:公式サイト

よくある質問

おすすめの転職エージェントは?
リクルートエージェントやマイナビエージェント、dodaなど大手転職エージェントがおすすめです。いずれも専任のアドバイザーが転職実現に向けてしっかりとサポートしてくれます。無料で登録・利用できるため、ぜひチェックしてみてください。
転職にふさわしいタイミングはありますか?
キャリアアップなら社会人5〜6年目、キャリアチェンジなら第二新卒から20代です。それぞれのキャリアに合わせたタイミングを意識してみると良いでしょう。
年代ごとに転職のタイミングで求められることはありますか?
新卒は「苦難を乗り越えた経験やそれにまつわるスキル」、20代は「志望先の企業や業界に関する知識や経験がある」「後輩の社員やアルバイトの指導を担当したことがある」、30代は「部下の指導やリーダーの経験がある」「他部署や外部業者と調整を担当したことがある」、40代は「プロジェクトの立ち上げ経験がある」「商談を成功させた経験がある」といったスキルや経験が求められやすいです。
転職のタイミングで考えるべきことはありますか?
転職したい理由、転職後に活かせる実績やスキル、転職・退職の時期、勤務先に退職を伝えるタイミング、転職後の生活環境について考えておきましょう。
転職のタイミングでも考え直した方がいいケースはありますか?
職場や業務内容に明確な不満がない、転職したい理由が漠然としている、仕事に求めるものが多すぎるという場合は、考え直したほうがいいでしょう。
転職を意識しやすいタイミングはありますか?
環境が変化したとき、待遇に満足できないとき、人間関係で悩んでいるとき、仕事にやりがいを見出せなくなったときなどに、転職を意識しやすいでしょう。
転職のタイミングで踏み切れない時はどうしたらいいですか?
しばらく現在の仕事を続けてみる、今後のキャリアプランを立ててみる、転職エージェントなどのプロに相談するなどの方法があります。

まとめ

今回は、転職を考えるタイミングやおすすめのタイミング、転職で年代別に求められる実績やスキル、転職に踏み切れないときの対処法などをご紹介しました。

転職したいと思ったタイミングでも、転職すべきタイミングがそのときではない場合も珍しくありません。

転職後に後悔することがないように、転職したい理由や退職の時期などを事前にしっかりと考えておくことが大切です。

転職のタイミングに迷った際には、転職エージェントへの登録がおすすめです。自分に合った求人を紹介してくれるだけでなく、選考サポートを通じて効率的に転職活動できます。

ぜひこの記事を参考にしながら、転職のタイミングに役立ててみてください!

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事