40代におすすめの転職エージェント人気比較ランキング!選び方もご紹介

40代におすすめの転職エージェント人気比較ランキング!選び方もご紹介

初めて入社した会社で定年まで働く人は、今の日本では希少です。そのため、どこかのタイミングで一度は転職を考える人が多いでしょう。

しかし、40代になると年齢を気にしてなかなか一歩を踏み出せない人もいるかもしれません。

そんな時には、転職エージェントの利用がおすすめです!

そこで今回は、40代におすすめの転職エージェントや選び方、40代が転職エージェントを利用するメリットなどを詳しく解説します。

この記事でわかること
  • 40代におすすめの転職エージェント
  • 40代が転職エージェントを利用するメリット
  • 転職エージェントの選び方

40代におすすめの転職エージェントの中から、公開求人数を比較したランキングも紹介します。

転職エージェントを利用する際の注意点も併せて解説するため、40代での転職に不安を覚える人はぜひチェックしてみてください。

40代におすすめの転職エージェント比較表

リクルート
エージェント
リクルート
ダイレクトスカウト
doda
パソナキャリア
リクルートエージェント
リクルートダイレクトスカウト
doda
パソナ
公開求人数
333,746
153,446
179,812
37,760
非公開求人数
276,137
-
10万件以上
対象年代
20代〜50代
30代〜50代
20代〜50代
20代〜50代
対応エリア
全国
全国
全国
全国
得意分野
総合求人
ハイクラス求人
総合求人
総合求人
イチオシ機能
年収交渉の代行
優秀なヘッドハンターからのスカウトサービス
年収交渉の代行
年収査定診断
キャリアアドバイザーの親身なサポート体制

40代におすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 完全無料で利用できる
  • 豊富な転職実績があるアドバイザーが担当してくれる
  • 非公開求人が充実している
  • 書類添削・模擬面接のサポートもある

リクルートエージェントは、業界ごとに専門のキャリアアドバイザーが在籍している転職エージェントです。

就きたい職種によっては書類の書き方や面接対策が異なるため、業界のプロのサポートは心強いでしょう。

 書類添削や模擬面接の支援も無料で受けられるため、40代での転職において気をつけたいポイントも教えてもらえます。

また、定期的に転職イベントを開催するなど、転職ノウハウを身につけられる場も豊富に用意されています。

転職経験が少ない人でも安心して活動できそうですね。
公開求人数※2021年9月29日時点 130,153件
主なサービス・機能
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 書類添削・模擬面接
  • 転職ノウハウ
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社リクルート

出典:https://www.r-agent.com/

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

おすすめポイント
  • 完全無料で利用できる
  • これまでのキャリアを活かした転職ができる
  • 高い年収の企業が多数
  • 企業から直接スカウトを受けられる

キャリアカバーは、年収800万円~2,000万円の高収入求人を多数取り扱っている転職エージェントで、東証一部上場企業の求人も掲載しています。

登録後は企業からスカウトされるのを待つだけなので、採用までのプロセスも簡単なのが特徴。

 ハイクラスの求人が豊富にあるため、40代というこれまでの豊富な経験を活かせられる転職に期待できます。

成功事例も豊富なため、同業種でキャリアアップを狙うほか異業種への転職成功も目指せるでしょう。

ハイクラス求人も充実しているため、これまでのキャリアを活かしたい40代にぴったりですね。
公開求人数※2021年9月29日時点 73,364件
主なサービス・機能
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • スカウト
  • 転職ノウハウ
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社リクルート

出典:https://careercarver.jp/

doda

doda

おすすめポイント
  • 求人情報は週に2回更新
  • 大手企業の求人が豊富
  • 転職相談はチャットにて24時間可能

転職活動をするうえで、相談したいことは随時でてくるでしょう。そんなとき、dodaではチャットで24時間相談することが可能です。

また、自分の性格や可能性から適している職種や働き方などを診断することもできます。

 転職を機に自分に合った企業を探す人には向いているでしょう。

dodaでは誰もが知るような大手企業の求人も取り扱っています。今の仕事からのキャリアアップも叶うかもしれません。

24時間相談できるため、仕事をしながら転職活動を進めることもできますよ。
公開求人数※2021年9月29日時点 98,989件
主なサービス・機能
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 転職ノウハウ
  • スカウトサービス
利用可能地域 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

出典:https://doda.jp/

パソナキャリア

パソナキャリア

おすすめポイント
  • 67.1%以上の人が転職後年収アップ
  • 大手有名企業を多数取り扱い
  • 転職成功実績28,000件以上

パソナキャリアは、豊富な転職実績にくわえて、67.1%もの人が年収アップに成功した転職エージェントです。

40代の転職特集だけでなく、女性のための転職特集も掲載。ITなど専門職から経験やスキルに合った企業を探せます。

 東証一部上場の大手企業の求人も多数掲載しているため、キャリアアップも目指せるかもしれません。

また、転職に成功するためのコラムも掲載しており、年代別にノウハウを紹介しています。

自分の就きたい職種やエリアに特化したキャリアアドバイザーも在籍するため、条件に合った求人が得られやすいでしょう。

女性の転職支援も手厚いため、安心して任せられますね。
公開求人数※2021年9月30日時点 37,509件
主なサービス・機能
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 転職ノウハウ
  • 転職イベント開催
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社パソナ

出典:https://www.pasonacareer.jp/

JACリクルートメント

JACリクルートメント

おすすめポイント
  • ハイクラス・専門職・グローバル転職におすすめ
  • 94.7%の利用者が周りに勧めたいと回答※公式サイトより
  • JAC独自の非公開求人も多数保有

JACリクルートメントはハイクラス・外資系の転職におすすめな転職エージェントです。管理職などスキル・経験を活かした転職をしたい方におすすめです。

 JACリクルートメントを利用して転職した方の94.7%が周りにも利用を勧めたいと回答しています。

充実したサポート体制も評価されている転職エージェントです。また、コンサルタントの中には、業界経験者も多く在籍しています。業界の傾向も踏まえて、最適な求人紹介を行っています。

JACが保有する求人の60%が非公開求人となっています。JACなら自分だけでは見つけることができない求人を紹介してくれます。
公開求人数※2022年7月14日時点
主なサービス・機能
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • エージェントサービス
利用可能地域 東京/北関東/横浜/名古屋/静岡/大阪/京都/神戸/中国
運営会社 株式会社JACリクルートメント

【女性向け】40代におすすめの転職エージェント3選

リブズキャリア

リブズキャリア

おすすめポイント
  • リモートワークを多数取り扱い
  • 求人企業の女性比率がわかる
  • キャリアアップを目指した転職が可能

リブズキャリアは、リモートワークやフレックス勤務など、多様な働き方ができる企業を多数掲載している転職エージェントです。

40代の子育て中の女性だと、勤務時間や通勤が難しく思ったような働き方ができないこともありますが、自分らしいワークスタイルが見つかります。

 前職での経験やスキルを活かせる仕事が掲載されているため、キャリアアップも可能です。

また、登録した情報をもとに、企業からスカウトされることもあります。

年収500万円以上の求人もありますよ!
公開求人数※2021年9月29日時点 非公開
主なサービス・機能
  • 求人紹介
  • スカウト
利用可能地域 首都圏中心
運営会社 株式会社リブ

出典:https://career.prismy.jp/

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント

おすすめポイント
  • 女性が活躍しやすい企業の求人掲載
  • 転職エージェント独自の情報を得られる
  • 女性ならではのキャリアプラン作成

type女性の転職エージェントは、転職者を女性に絞った転職エージェントです。

業界や企業に対する独自の情報が豊富であるため、転職経験の少ない女性でも安心して質問ができ、サポートを受けられます。

 求人は女性歓迎のものに特化しているため、効率良く仕事を探せるでしょう。

結婚や出産など女性特有のキャリアに対する不安なども、アドバイザーに相談することができるほか、キャリアプランも作成してくれます。

また、模擬面接書類添削など、転職成功に向けたサポートも充実しています。

ライフワークバランスが取れやすい転職をしたい人に向いているでしょう!
公開求人数※2021年9月30日時点 13,767件
主なサービス・機能
  • 求人紹介
  • 書類添削・模擬面接
  • 転職ノウハウ
利用可能地域 首都圏中心
運営会社 株式会社キャリアデザインセンタ

出典:https://type.woman-agent.jp/

おすすめ転職エージェント公開求人数比較ランキング

※本記事で紹介した転職エージェントの公開求人数を比較し、求人数に多いものを上位にしています。
※2021年9月30日時点の情報のため、最新情報とは異なる可能性があります。

1位:リクルートエージェント(公開求人数:130,153件)

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 豊富な転職実績があるアドバイザーが担当
  • 非公開求人が充実
  • 書類添削・模擬面接の実施

2位:doda(公開求人数:98,989件)

doda

おすすめポイント
  • 求人情報は週に2回更新
  • 大手企業の求人が豊富
  • 転職相談はチャットにて24時間可能

3位:キャリアカバー(公開求人数:73,364件)

キャリアカバー

おすすめポイント
  • これまでのキャリアを活かした転職ができる
  • 高い年収の企業が多数
  • 企業から直接スカウトを受けられる

40代が転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントを利用しなくても、転職活動は行えます。しかし、40代の転職市場において、エージェントを利用するメリットは大きいでしょう。

40代の転職でエージェントを活用するメリットを3つ紹介します。

1.キャリアを活かせる高収入の企業を紹介してもらえる

40代が転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントの中には、高収入の求人を多数取り扱っているものもあります。

 高収入の求人に特化しているエージェントもあり、前職より収入アップに期待できるでしょう。

また、キャリアアドバイザーが企業との交渉を代行して行ってくれるため、年収交渉も可能です。

自身では行いにくい交渉代行はうれしいサービスですね!

2.非公開求人を紹介してもらえる

転職エージェントは、それぞれ非公開求人を持っていることがほとんどです。非公開求人とは、登録していない一般人は閲覧できないため、好条件の求人が多い傾向にあります。

 また早急に求人したい企業も多いため、早く転職先が決まりやすいのが特徴です。

非公開求人は転職エージェントによって異なるため、複数掛け持ち登録するのもひとつの策でしょう。

非公開求人は企業が公式サイトに載せていないものもあるため、ライバルが少なくなります。

3.成功に向けて年齢に合った対策ができる

40代が転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントは求人紹介するだけけなく、求職者を転職成功へ導くためのさまざまなサポートを行ってくれます。

 たとえば、書類添削や模擬面接といった、選考の重要なポイントとなる箇所の底上げが叶うでしょう。

自ら応募して転職活動する場合は、自分へのフィードバックを自分自身で行う必要がありますが、転職エージェントではアドバイザーと二人三脚で成功に向けて努力できるため、心強いのがメリットです。

転職活動経験が少ない人や、年齢を気にしてなかなか一歩を踏み出せない人も、安心して転職を進められるでしょう。

40代ならではの強みやPRポイントも教えてもらえますよ。

40代におすすめな転職エージェントの選び方

40代におすすめな転職エージェントの選び方

転職エージェントは多数存在するため、どれに登録すれば良いのか迷うときもあるでしょう。

ここでは、40代におすすめの転職エージェントの選び方を3つご紹介します。

ポイント①求人数が多い

求人数が少ない転職エージェントでは、自分に希望の条件に合った求人は見つかりにくいでしょう。反対に、求人数が多い転職エージェントは選択肢が幅広いため、転職成功の実績に期待ができます。

 求人数が多ければ、複数の求人を比較しながらより希望に近い条件の仕事を探すことが可能です。

求人数が多い転職エージェントには求職者が集まるため、今後もさらに企業からの求人が増えることにもつながるでしょう。

ポイント②40代向けの特集がある

40代におすすめな転職エージェントの選び方

転職エージェントに記載されている求人は、さまざまな年代が対象になっています。そのため、新卒者や第二新卒者のような若い世代に向けた求人が多いこともあります。

よって、各サイトで40代向けの特集を扱っているかどうかもチェックしてみましょう。転職エージェントのなかには、40代の転職を特集しているものやイベントを開催しているものもあります。

自分の年代に合った特集があることで、条件に合う企業に出会いやすくなりますね。

ポイント③自分のキャリアに見合う

40代におすすめな転職エージェントの選び方

40代の転職者の中には、年齢を重ねている分、好待遇や若年層の転職エージェントに登録しようとする人も少なくありません。

自分の実績や経験、キャリアに見合った転職エージェントに登録することが重要です。

 ハイスペックの転職エージェントは登録を断られるケースもあるようです。

エグゼクティブなどの求人を取り扱う転職エージェントに、実績のない求職者が登録しても求人紹介を得るのは難しいでしょう。

まずは自分のキャリアの洗い出しから始めてみてくださいね。

【キャリア別】40代の転職エージェント選びのポイント

年代によって転職時に選ぶ転職エージェントには差が生じます。

そこで、40代で転職を希望する人が、どのような転職エージェントを利用すべきか、3つに分けて解説していきますので、転職を検討している40代は参考にしてください。

キャリア別にの40代の転職エージェントの選び方
  • ハイキャリアの求人が多いか
  • 待遇・年収面の交渉が上手いか
  • ミドル向け転職支援の実績の有無

ハイキャリアの求人が多いか

お金

まずはじめに、40代や管理職、高年収求人といったハイキャリア求人を多く取り扱っているかは大切なポイント。

40代の転職は基本的に即戦力や管理職としての採用が多いため、今までのキャリアを活かせる求人を取り扱っている転職エージェントを選択するようにしましょう。

 ハイキャリア求人の場合、前職での実績や経験値は必須となります。

ハイキャリア求人は即戦力としてカウントできる人材を募集しているため、専門スキルや過去の実績が高いレベルで求められます。

そのため、経験の深い業種や職種に絞り、自分の実績を活かせる求人が豊富な転職エージェントを選択することが、40代での転職を成功させるためのポイントです。

自分のキャリアと求人を比較し、ちょうどその中間に位置する職場が見つかれば転職活動はスムーズに進みます。

待遇・年収面の交渉が上手いか

次のポイントは、40代まで培ってきたスキルや経験を元に、転職先での待遇アップが狙えるかです。

経験や実績のある転職エージェントであれば、40代からのキャリアアップに精通しているため、転職後の待遇アップも期待できます。

 担当者は自由に変更できるため、もしも自分と合わない担当者がいた場合、運営会社に連絡を入れてみると良いです。

特に40代で転職を考えている人の場合、年収ダウンを避け収入を上げる、もしくは最低でも同じ金額で転職を考える人が多いでしょう。

希望条件を叶えるためにも、交渉が上手い転職エージェントを選択して、より自分の理想に近づけるよう転職活動を進めるようにしてください。

転職に慣れている人も、条件の交渉が上手い転職エージェントを利用することで、より希望条件に近い企業への転職が実現できます。

ミドル向け転職支援の実績の有無

ノートに文字を書く人

最後のポイントは40代以降の、ミドル層への転職支援実績が豊富かどうかです。

結論として、若手やポテンシャル採用ではなく、ミドル層以降の即戦力としての転職支援の実績が多い転職エージェントのほうが転職成功率は高まります。

 同じ転職エージェントでも、年代ごとの支援実績は担当者によって異なります。

せっかく転職エージェントを利用するのであれば、より実績のある担当者を指名したいところでしょう。

何人かのエージェントと話をして、自分似合う人や信頼できる人を見極めることも、転職成功に向けた大切なポイントです。

担当者の評判や実績を確認する際は、実際にその担当者を利用した人の口コミや意見を参考にすると良いです。

40代が転職エージェントを利用する際の注意点

転職エージェントは、求職者と一緒に転職を成功させる相棒のような存在です。しかし、利用するにあたって注意点もあります。

ここでは、代表的な2つの注意点を見ていきましょう。

1.複数の転職エージェントから同じ企業には応募できない

40代が転職エージェントを利用する際の注意点

転職エージェントは複数の掛け持ち登録が可能であるため、転職者の多くはいくつか登録しています。

ここで気をつけたいのが、複数の転職エージェントからひとつの企業への多重応募が不可能であることです。

 この場合、内定がもらえたとしても取り消しになってしまう可能性もあります。

同じ企業への求人を扱っていた場合、転職エージェントのサポート内容やキャリアアドバイザーの相性によって、利用するサービスを選ぶ必要があります。

誤って二重に応募してしまった場合は、速やかに担当者にご相談ください。

2.アドバイザーと相性が合わない場合がある

キャリアアドバイザーの中には、どうしても自分と相性が合わない人もいます

相性が合わないままだと信頼関係を築きにくいため、疑問に思ったことや悩みを相談しづらく、思ったように転職活動が進まないこともあるかもしれません。

担当者との相性が合わない場合は、担当者の変更を希望することも可能です。

自分に合わないと思った場合は、気軽に変更を申し出てみてくださいね。

40代の転職は厳しい?40代の転職難易度

40代の転職難易度は、目指す業界や経験によって左右されます。

そこで、転職先別に40代の転職難易度を解説していくので参考にしてください。

転職先別の40代の転職難易度
  • 即戦力の場合難易度は高くない
  • 未経験職は難易度が高い

即戦力の場合難易度は高くない

グラフ

まず最初に、経験職へ即戦力として転職する場合や、管理職として移る場合の転職難易度は、そこまで高くありません。

特に40代の場合、企業も管理職として採用したいケースが多いため、同一職種や業種での経験が長ければ、その経歴は武器になります。

 40代の場合、経験者採用を行っている企業への転職は比較的狙いやすいです。

状況次第では待遇や年収アップも狙えるため、これまでの経験に自身を持ち、積極的に待遇交渉を行うことがおすすめ。

もしも自分で交渉することが不安であれば、転職エージェントを利用し、交渉の代行をしてもらうことも視野にいれると良いでしょう。

40代以上の転職の場合は管理職や即戦力としての採用がメインのため、経験がある人であればそこまで転職難易度は高くありません。

未経験職は難易度が高い

グラフ

一方で未経験職種への挑戦やポテンシャル採用を狙っている場合、40代からだとなかなか転職難易度は高まります。

原則として未経験者の採用を行っている企業は、約35歳以下と年齢制限をかけているケースが多く、経験がない代わりに若くこの先のキャリアが長い人材を必要としていることは大きな特徴。

 求人票に年齢制限がなくても、現実的に見て未経験の40代の採用は避けたいと考えている企業が多いです。

もしも40代で未経験職種へ転職を考えている場合、ある程度独学で知識やスキルを取得するなど、全くのゼロベースでの転職を避けることがベター。

少しでも知識があることをアピールし、40代という年齢がデメリットにならないよう工夫した転職活動を心がけましょう。

年齢が上がるほど即戦力として見られるため、基本的には入社後すぐに活躍できる企業を中心に転職活動を進めることがおすすめです。

40代での転職を成功させるコツ

40代で転職する場合は、若年層のときとは違うポイントに気をつける必要があります。ここでは、転職を成功させるコツを3つご紹介します。

1.プライドを捨てて謙虚に学ぶ

40代での転職を成功させるコツ

40代の転職の場合、前職での経験や実績がある状況で行うことがほとんどです。熱意をもって仕事に取り組んできた分、プライドが邪魔をすることがあります。

前職の経験を活かしての転職は良いですが、実績にあぐらをかいての転職は企業から見てマイナスになるでしょう。

 転職後の上司が年下になる可能性も視野に入れておくのがおすすめです。

また、プライドが高いと企業も扱いにくく、なかなか採用に踏み込めません。年下からのアドバイスも素直に受け入れ、謙虚に学ぶようにしましょう。

素直さと謙虚さは、どの世代でも大切なポイントになりますね。

2.譲れない条件を絞る

転職を検討した際、年収や福利厚生、休日などの条件を洗い出すことが多いでしょう。もちろん、自分の希望をすべて満たす企業があればベストですが、なかなか出会うのは至難の業です。

その場合、どうしても譲れない条件を優先して条件を絞ると転職が成功しやすいでしょう。

休みは欲しいから年収は諦めるなど、譲れない条件に絞った転職活動が成功しやすいですよ!

3.ニーズに合った転職エージェントを活用

40代での転職を成功させるコツ

転職エージェントは、それぞれ得意としている分野が異なります。女性に特化しているものや、新卒・第二新卒に強いエージェントも存在します。

40代での転職活動をしているのに、若年層に強い転職エージェントに登録しても、理想とする転職活動はできません。

 40代特集があるものや実績がある転職エージェントを選ぶのが成功のコツです。

また、キャリア採用を行っている企業の求人が多い転職エージェントもおすすめです。

キャリア採用は、転職後すぐに即戦力となれる人材を求めています。そのため、実績やスキルのある40代という年齢を活かせられるでしょう。

記事内でご紹介した転職エージェントは、幅広い世代を対象としているので40代の人も安心して利用できますよ。

【未経験職種】40代での転職を成功させるコツ

40代でも未経験の職種への転職を成功させるコツは大きく分けて3つ存在します。

詳しくは以下で解説していくので、40代で転職を検討している人は参考にしてください。

未経験業種へ転職を成功させるコツ
  • 自己分析に力を入れる
  • 希望条件を明確にする
  • 自分の市場価値と合った企業を見つける
  • 転職先の候補は複数見つけておく
  • 転職エージェントを利用する

自己分析に力を入れる

書類作成

40代の方であればこれまでの人生経験を活かして、自己分析に力を入れましょう。

今までのキャリアを振り返り、豊富な人生経験を用いて20代が表現できないようなストーリーを見せつけ差別化することが大事です。

 20~30代では語れないような、深みのあるストーリーを全面的に出すことがおすすめ。

ただ、ストーリーの面白さだけじゃなく、誠実に仕事に取り組めるのかをアピールすることも大事です。

その場しのぎで喋ったことに気づかれて、採用を断られないように注意しましょう。

希望条件を明確にする

40代で転職を希望する場合は、年収、やりがい、待遇など多くの条件を欲張って提示していては、全て望むような求人は中々見つかりません。

転職を成功させるためにも「やりがいのみを求めています」「年収のみを求めています」のように希望する条件を絞って明確に提示することが大切です。

 あまりに譲歩しすぎても良くありませんので、1つも条件が当てはまらないものであれば別の転職先を検討しましょう。

40代での転職は簡単なことではありませんが、諦めずに続ければ採用してくれる会社も現れてくるでしょう。

希望条件の優先順位を明確にし、採用担当に効果的なアピールを実施することで、理想の転職先から内定を獲得できます。

希望条件は2~3つほどに絞り、あまり多くを望み過ぎずに転職活動を進めましょう。

自分の市場価値と合った企業を見つける

パソコン

自分が相手にできる価値提供は何かを考えて、それを活かせる企業を見つけて転職希望を出すことも重要です。

その場合は、ストーリーでも採用側が納得するようなものを作ることができます。

 40代の中途採用は、基本的に即戦力のケースがほとんどです。

採用側に、「それってこの会社じゃないとダメなの?」と言われても、「この会社だからこそ自分の価値が提供できる」といい切れるようにしましょう。

自分のスキルと空いてのニーズが噛み合えば、即戦力として重宝されるため、内定獲得率も高くなります。

自分の経験をもとに、現在の価値を客観視して転職先を探すと良いです。

転職先の候補は複数見つけておく

転職先の候補を複数見つけておくことも重要で、希望の事業所をいくつか比較検討し、より自分に合う転職先が見つかります。

さまざまな求人サイトを利用することで多くの情報が手元に入ってくるため、自分と相性が良い求人が見つかり次第応募して専攻へ進むと良いです。

 複数の企業の選考を同時に受ける場合、それぞれのスケジュールが混同しないようきちんと予定を管理しましょう。

また1つの企業へ複数の転職エージェントから同時に応募することはNGです。

そのため、1企業1応募を忘れずに、いくつかの企業で選考を進めてもらうようにしましょう。

気になる企業があれば随時応募し、少しでも多くの選考を経験すると良いです。

転職エージェントを利用する

握手

最後のポイントは転職エージェントを利用することです。

特に取扱求人件数が多い転職エージェントを利用することで選択肢が増え、希望条件に合う企業と出会える確率が高くなります。

 全てが優良企業ではなく、ブラック企業が混じりこんでいる場合もあり、注意が必要です。

転職エージェントでは、アドバイザーが内部事情も含め企業を判断して紹介してくれるため、優良企業の情報が手元に多く集まります。

転職リテラシーに自信があったとしても、プロのアドバイスを得ることで転職成功率が高まるため、転職エージェントは有効な手段です。

アドバアイザーや取扱求人はエージェントごとに異なるため、自分と相性が良いものを見つけましょう。

よくある質問

転職後の人間関係はどうしたらいい?
上下関係の逆転というのは起きやすいですが、まずは社歴のある既存社員を尊重した態度で勤務しましょう。年齢が離れている場合、業務を通して距離感などが変わるケースもありますが、まずは自分がその会社で新入社員であることを念頭においておくことがベストです。
未経験の分野でも40代での転職は可能?
可能ではありますが、簡単ではありません。未経験を対象としたポテンシャル採用は基本的に35歳以下がメインになるため、同業種、同職種への転職のほうが成功確率は高いです。
女性でも転職できますか?
男性女性関係なく可能です。場合によってはダイバーシティを推進している企業であれば、女性比率を上げるために、積極的に女性採用をしているケースもあるため、内定獲得率が高くなるケースも少なくありません。

まとめ

今回は、40代におすすめな転職エージェントや、転職エージェントを利用するメリットなどを解説しました。

40代の転職では、20代や30代に比べて柔軟性が求められます。また、40代ではキャリアのある人を採用したい企業が多いため、未経験職種ではなく、経験のある職種を選ぶのもポイントです。

自分の実績やスキルを洗い出してから転職活動をスタートしましょう!

転職活動は、自分で企業に直接応募することもできますが、転職エージェントを利用することで成功しやすくなります。

転職エージェントでは、書類添削や模擬面接などの転職サポートをしてくれるほか、企業への交渉代理も行ってくれるため、理想の転職を叶えられるでしょう。

記事内で紹介した転職エージェントはいずれも無料で利用できるため、ぜひ上手く活用しながら40代での転職を成功させてくださいね。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事