転職エージェントを複数利用するメリット・デメリット|注意点も解説

転職エージェントを複数利用するメリット・デメリット|注意点も解説

転職エージェントは1社だけでなく複数に登録すべきだといわれていますが、そもそも複数の転職エージェントを併用してもいいのか不安に思っていませんか?

また、複数の転職エージェントに登録するメリットが知りたいという方も多いでしょう。

そこで本記事では、転職エージェントの複数利用がおすすめな理由とメリット・デメリットをご紹介します。

この記事でわかること
  • 複数の転職エージェントを使うメリット・デメリット
  • 転職エージェントを複数利用する際の選び方
  • 複数の転職エージェントを上手に活用する方法
  • 複数の転職エージェントを使う際の注意点

転職エージェントを複数利用する際の選び方や注意点もあわせて解説しますので、これから転職活動を始める方はぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントの複数使いは転職成功への近道!

パソコンと文房具

転職を成功させるためには、複数の転職エージェントに登録するのが第一歩となります。

 「リクナビNEXT」の調査結果では、転職エージェントの利用社数は全体で平均2.1社ですが、そのうち転職決定者は平均4.2社を利用していたという結果が出ています。※

実際に「リクルートエージェント」をはじめ各社では、転職エージェントの複数利用を推進しています。

転職エージェントによって得意分野は異なるため、それぞれの特徴を理解しながら自分の希望に合った転職エージェントを併用することが成功への近道となります。

転職決定者は複数のエージェントを活用しているので、併用に後ろめたさを感じる必要はありませんよ。

出典:転職エージェントを活用するメリットとは?|リクナビNEXT

転職エージェントを複数登録する目安は5〜6社

履歴書と人物フィギュア、RECRUITの文字

転職エージェントは、少なくても2〜3社、できれば5〜6社に登録するのがおすすめです。無理にたくさん登録する必要はありません。管理が大変になって転職活動がスムーズに行えない心配があるなら、2〜3社でも良いでしょう。

転職エージェントといっても種類はさまざまで、大きく「総合型」と、「特化型」に分かれています。「大手総合型」は、全業界の幅広い選択肢から希望の求人を紹介してもらえるのが魅力。

「特化型」は一人のアドバイザーが企業と転職者の両方を担当するケースが多いので、詳細で具体的な情報を得られる可能性が高いメリットがあります。

 転職エージェントを登録する際は、「総合型」と「特化型」をバランスよく分けて登録することで、それぞれのメリットを最大限活用できます。

「特化型」はさらに「業界特化型」「年齢や属性特化型」に分かれているので、種類を分けて登録してみましょう。

転職エージェントはどれも無料で登録できるので、気になるエージェントを見つけたら、まずは登録してみましょう。

転職エージェントを複数利用する5つのメリット

会議

転職エージェントは会社ごとに抱えている求人数はもちろん、得意な分野、提供するサービスは異なります

 それぞれの利点をうまく活用するためにも、複数の転職エージェントを併用するのがおすすめです。

転職エージェントを複数登録することで得られるメリットは、主に以下の5つです。

複数の転職エージェントに登録するメリット
  • 求人情報を幅広く得られる
  • 自分にマッチする転職エージェントがわかる
  • 相性の良いキャリアアドバイザーと出会える
  • さまざまな視点からアドバイスを得られる
  • 出会える非公開求人の幅が広がる

それぞれのメリットを細かく見ていきましょう。

求人情報を幅広く得られる

パソコン

転職エージェントの求人数や募集業界・職種はエージェントによってさまざまで、得意な分野や強みも異なります。

 複数の転職エージェントを利用すると、各社の求人情報を幅広く得られるのがメリットです。

希望に合った仕事に巡り合える可能性が増えるため、転職の早期決定にもつながります

各転職エージェントからそれぞれ求人を紹介してもらえるので、希望に合った求人に出会えるチャンスが増えますよ。

自分にマッチする転職エージェントがわかる

複数の転職エージェントを利用すると、自分の希望業界や相性の合う転職エージェントがわかるようになります。

1社だけでは他との比較ができないので、デメリットや不満があってもそんなものかと利用を続けてしまいがちです。

さまざまな転職エージェントに登録すれば比較できるようになり、自分に合ったサービスが見つかりやすくなるでしょう。

 不安や不満を抱いたまま転職活動をしても成功にはつながりません。

自分が希望する求人が豊富なところ、面接対策などのサポートが手厚いところなどを比較して転職エージェント選ぶことで、転職活動がよりスムーズに行えるようになるでしょう。

転職が成功するかどうかの鍵は、自分にマッチする転職エージェントと出会えるかどうかにかかっています。

相性の良いキャリアアドバイザーと出会える

話し合う女性

複数の転職エージェントに登録すれば、相性の良いアドバイザーと出会うチャンスが増えるのも大きなメリットです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアアドバイザーが付きます。キャリアアドバイザーのスキルや得意分野はそれぞれ異なり、相性が合うかどうかは実際に面談をしてみないとわかりません

 複数の転職エージェントに登録して何人かのキャリアアドバイザーと面談をすることで、優秀で信頼できるキャリアアドバイザーをしっかりと見極められるようになるでしょう。

相性の良いキャリアアドバイザーとの出会いもまた、転職成功への近道となります。

キャリアアドバイザーはあなたのキャリアやスキルを見極め、適切な求人を提案して相談にも乗ってくれる存在です。

さまざまな視点からアドバイスを得られる

転職エージェントの複数利用は、複数のアドバイザーからサポートが受けられるということ。

それぞれ精通する業界や分野、経験が異なるため、さまざまな視点からのアドバイスを得られることは、転職希望者にとって嬉しいメリットになります。

複数のキャリアアドバイザーと話すことで、新たな発見があったり悩みが解消できたりするでしょう。

出会える非公開求人の幅が広がる

パソコン

転職エージェントには、登録者しか確認できない非公開求人が存在します。転職エージェントの複数登録によって、出会える非公開求人の幅が広がるのは大きなメリットとなります。

非公開求人とは、企業のサイトや転職サイトには掲示していない求人のこと。企業が非公開求人を行う理由は主に、自社の事業戦略を公開したくない場合や、効率的な採用活動を進めたい場合です。

 非公開求人を紹介してもらえるということは、あなたが企業の求めている人物像にマッチしているからなので、採用の確率もアップするでしょう。

非公開求人は好条件のものが多く、まで出会えなかった理想的な求人を見つけられるチャンスです。

転職エージェントによっては半分以上の求人が非公開案件といったことも珍しくありません。

転職エージェントを複数利用する3つのデメリット

パソコンとメモ

転職エージェントを複数登録するデメリットは、主に以下の3つです。

複数の転職エージェントに登録するデメリット
  • スケジュール管理が大変になる
  • 情報がありすぎて迷いやすくなる
  • 同一企業にエントリーしてしまう恐れも

複数の転職エージェントを上手に活用するためにも、しっかりとデメリットを把握しておきましょう。

スケジュール管理が大変になる

転職エージェントの複数登録は手間がかかるもの。転職エージェントの数が多ければ多いほど、アアドバイザーとの面談、やり取り、求人チェックなどの分スケジュール管理が大変になります

また、面接や選考スケジュールなどが重なってしまうことも考えられます。

 希望の面接が受けられなくなってしまったり、直前のキャンセルで先方に迷惑をかけてしまったりしないためにも、しっかりとしたスケジュール管理が必要になります。

今の仕事を続けながら転職活動をしている場合などは時間も限られているはず。転職エージェントの登録社数は、自分できちんと管理できる数に絞りましょう。

情報がありすぎて迷いやすくなる

仕事をする人

複数の転職エージェントに登録するということは、複数のキャリアアドバイザーからアドバイスを得ることにもなります。

 アドバイザーのスキルや人間性は人それぞれなので、まったく異なるアドバイスをされることもあるかもしれません。

たくさんの情報が得られるのはメリットではありますが、何が正しいのかがわからなくなってしまう可能性もあります。

迷っているからと返信が遅れてしまうと、転職に消極的だと判断されてしまい求人紹介の優先順位が下がってしまうこともあるので注意しましょう。

自分にとって何が必要なのか、何が大切なのかをきちんと判断することが大切です。

同一企業にエントリーしてしまう恐れも

転職エージェントを複数同時に利用していると、同一企業に応募してしまうこともあり得ます。そのような場合は、管理能力不足と思われてしまう恐れもあります。

 同一企業に別の転職エージェントから重複して応募してしまうと、企業からの信用を失ってしまうでしょう。

うっかり同一企業に応募してしまわないためにも、きちんと応募先を把握し、記録をしながらしっかりと管理しておきましょう。

転職エージェントを複数利用する際の選び方

デスクワーク

求人数で選ぶ

転職エージェントを選ぶ際はそれぞれの求人数に注目してみましょう。

 求人が多ければ多いほど出会える案件が増え、選択肢が増えるというメリットがありますが、希望の職種の求人がなければ意味がありません。

そこでおすすめなのが、さまざまなジャンルの求人数が多い「大手総合型」の転職エージェントと希望の業界「特化型」のエージェントの両方に登録する方法です。

ハイクラスを狙っている場合や未経験の職種を希望する場合、それぞれの属性に合った転職エージェントも登録しましょう。

希望の業界・職種にマッチしているかで選ぶ

パソコンと文房具

転職エージェントを選ぶ際に重要なのは、希望の業界や職種にマッチしているかどうかという点です。

 特定の業界への転職を希望している場合は、業界特化型の転職エージェントを選びましょう。

希望の業界がまだわからない、未経験の職種にも応募してみたいという人は総合型の転職エージェントがおすすめです。

「大手総合型」は幅広い業界・職種をカバーしているので、少なくても1社は登録しておきましょう。

キャリアアドバイザーとの相性で選ぶ

転職が成功するかどうかは、担当のキャリアアドバイザーとの相性が鍵です。希望の職種や条件などをきちんと把握し、適切な求人紹介をしてもらえないことには転職活動がうまく進みません。

 複数の転職エージェントに登録することで、アドバイザーとの面談数も増えます。

以下のチェック項目を参考に相性の良いキャリアアドバイザーを見極めましょう

キャリアアドバイザーを見極めるためのチェック項目
  • 希望の職種や業界に詳しいか
  • 親身に相談に乗ってくれるか
  • 希望に沿った求人を提案してくれるか
  • キャリアを考えた助言やアドバイスがあるか

相性が合わない場合は担当のキャリアアドバイザーを変更してもらうこともできるので、納得いくアドバイザーを見つけましょう。

心から信頼できるキャリアアドバイザーを見つけることが転職成功への近道となります。

サポート内容の充実度で選ぶ

相談

転職エージェントを選ぶときは、サポート内容にも注目してみましょう。

各転職エージェントでは転職を決めるためのサポートが充実しています。例えば、応募書類の確認や模擬面接、企業との面接日や給与・待遇についての交渉など、手厚いサポートがたくさんあります。

 転職エージェントごとに力を入れているサポート内容は異なるので、自分に合ったサービスを受けられるかどうかを事前に確認しておきましょう。

ただ求人紹介をするだけでなく、キャリアの相談に乗ってくれたり将来のビジョンについて提案してくれたりなど、個人に寄り添ってサポートしてくれる転職エージェントなら安心して転職活動が可能です。

複数の転職エージェントを最大限活用するためのポイント

パソコンを操作する女性

なるべく同時期に複数登録をする

気になる転職エージェントをいくつか選んだら、なるべく同じ時期に登録するようにしましょう。時期がずれると比べるのが難しくなってしまいます。

 複数の転職エージェントに登録をして、それぞれキャリアアドバイザーとの面談を済ませたら、この人なら信頼できるというアドバイザーを見極めましょう。

やりとりを進めているうちに、相性の良い転職エージェントやアドバイザーがわかってくるので、なるべく早い段階で1〜2社に絞ると良いでしょう。

複数のエージェントを利用していることを伝えておく

複数の転職エージェントを利用していることは、あらかじめ各社の担当アドバイザーに伝えておきましょう

 どんな企業に応募しているのか、どこまで選考がすすんでいるのかを共有することで、同じ企業に応募してしまうなどのトラブルを防ぐことができます。

他社のエージェントを利用しているのは言いにくいと感じるかもしれませんが、エージェント側も複数利用は当たり前のこととして認識しているので心配はいりません。

競争意識が高まり、求職者へのサポートが手厚くなる可能性もあるでしょう。

経歴やスキルに嘘をつかない

話し合う女性

転職を優位に進めたい一心で、プロフィールの経歴やスキルを偽ってしまう方がいますが、それはやめましょう。

 虚偽の申告が発覚した場合は信用を失い、求人紹介が受けられなくなる可能性があります。

どうしても企業に知られたくないことや気になることがある場合は、担当のキャリアアドバイザーに正直に相談してみましょう。

たくさんの求職者と関わってきたキャリアアドバイザーは、同じような悩みを持つ人をたくさん見てきているはず。オープンに話してくれる求職者には親身になって対応をしてくれるでしょう。

こまめな連絡&返信が遅れないように注意

メール

複数の転職エージェントを利用していると、スケジュールの把握やキャリアアドバイザーとのやり取りに時間がかかり、忙しい思いをしてしまうこともあるでしょう。

 しかし、できるかぎりこまめに連絡をとったり、返信が遅れたりしないように心がけておくことが大切です。

なぜなら、こまめな連絡や返信は、事をする上でもかかせないコミュニケーションだからです。

また、スムーズな連絡や返信がある人は、転職意欲が高いと思われて積極的に求人紹介をしてもらえるようになるでしょう。

連絡が途絶えてしまったり、必要な返信がなかなか来ない人は、意欲が低いと判断されて求人紹介の優先順位が下がってしまう可能性があります。

連絡がスムーズに取れない人には仕事を任せられないと思うのは当然のことですね。

複数の転職エージェントを利用する際の注意点

パソコン

複数のエージェントから同じ求人に応募しない

転職エージェントを掛け持ちで利用している中で起こりがちなトラブルが、同じ企業の求人に別のエージェントから応募してしまうことです。うっかり同じ企業にエントリーしないよう、以下のポイントを徹底しておきましょう。

トラブルを避けるためのポイント
  • 転職エージェントを併用していることを事前に伝えておく
  • 別のエージェントで応募した企業や選考状況を報告しておく
  • 自分で記録を取るなど管理を徹底する

企業側にも担当のキャリアアドバイザーにも迷惑をかけてしまうだけでなく、信用を失ってしまう恐れもあるので注意しましょう。

スケジュール管理を徹底する

カレンダー

複数の転職エージェントを利用していると、キャリアアドバイザーとの面談や企業との面接が重なることもあるでしょう。

先約があって希望の求人に応募できない、ダブルブッキングに気がついて直前にキャンセルするなどといったことにならないよう、自分自身できちんとスケジュール管理をしておきましょう。

転職エージェントやアドバイザーとの相性を見極めた上で最終的には1〜2社に絞るのがおすすめです。

あくまでも最終判断は自分で行うこと

複数の転職エージェントに登録することで、たくさんの情報に惑わされてしまっていてはスムーズな転職活動ができません。

 すべてを転職エージェントやキャリアアドバイザーに任せるのではなく、あくまでも最終判断は自分で行うと言う意識を常に持っておくことが大切です。

自己分析やキャリアプランをしっかり考えておき、しっかりとした軸を持っておくことで、たくさんの情報やアドバイスに惑わされずに判断ができるようになるでしょう。

複数利用にもおすすめ!人気の転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 業界でもトップクラスの非公開求人数!
  • 全国どの地域に住んでいても利用可能!
  • 模擬面接など、選考対策も手厚い!
  • 完全無料
リクルートエージェントは16万件以上※1の非公開求人を持つ転職エージェントです。

 非公開求人は公開すると応募が殺到してしまうような好条件求人である場合がほとんどです。
自分のアピールポイントや、どのような仕事がわからない、といった場合でもキャリアアドバイザーとの面談を通して、自分にぴったりの求人を見つけることができます。

応募書類の添削や、面接の対策も受けることができます。
企業の分析も細かく行っているため、求人を紹介する段階から、企業について詳しく教えてもらえます。入社後のミスマッチを防ぐことができますよ。
運営会社 株式会社リクルートキャリア
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 職務経歴書エディター
  • 面接力向上セミナー
  • 担当者面談
公開求人数 114,943件※2021年6月10日時点
拠点 全国対応可 東京/西東京/宇都宮/さいたま/千葉/横浜/京都/大阪/神戸/名古屋/静岡/北海道/東北/岡山/広島/福岡

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • アドバイザーや担当者の対応がよく、親身に相談に乗ってくれる!
  • 各企業の情報を分析し、手厚い選考対策で内定率UP!
  • 経歴に自信がない方でも正社員転職が目指せる!
  • 全国の転職に対応!WEB面談も可能
  • 完全無料
マイナビエージェントはアドバイザーの質の評価が高い転職エージェントです。

ハードルが高く感じる面談も非常にスムーズで、信頼できる担当者に出会えたという利用者の声が多数あります。 また、大手企業であるマイナビの太いパイプを生かした各企業の分析は選考対策の際に役立ちます。
 マイナビエージェントはスキルや経験が少ない20代の転職をメインターゲットとしていますので、スキルに自信がなくても正社員として転職できる可能性は大いにあります。
未経験業種への転職を目指している方や、転職に不安を抱えている方はぜひマイナビエージェントに登録をしましょう!
運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 履歴書添削サービス
  • 面接対策
  • サポート期間は無期限
公開求人数 28,152件※2021年8月17日時点
拠点 全国対応可 京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

ビズリーチ

ビズリーチ

おすすめポイント
  • 年収1,000万円以上の求人が3分の1を占める!
  • 優秀なヘッドハンターからアドバイスをもらえる!
  • ハイクラス求人多数!登録後は企業・ヘッドハンターからのスカウトを待つだけ
  • 優良企業と直接コンタクトを取ることも可能!
ビズリーチ年収1,000万円以上の求人が3分の1※2以上を占める転職エージェントです。

年収600万円以上の方に支持される転職サービスNo.1※1に輝いています。
ビズリーチでは「プラチナスカウト」というものがあり、一流のヘッドハンターがユーザーの情報を見てスカウトを送ります。スカウトが届くと、確実に面接へ進める仕組みです。

厳選された優秀なヘッドハンターが約4,600人在籍※2しているので、優良企業とのマッチングを待ちながら転職活動を行えるでしょう。 ※1 転職サービスに関する調査/調査会社:シード・プランニング/調査期間:2019年1月〜2月/調査対象:年収600万円以上で、転職意欲がある人 ※2参照 公式サイト
運営会社 株式会社ビズリーチ
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • タレント・ハイクラス会員制度
  • ヘッドハンター
  • スカウト
公開求人数 72,762件※2022年4月1日時点
拠点 東京/首都圏拠点(渋谷)/関西/名古屋/福岡
出典:公式サイト

まとめ

効率的な転職活動をするためには、転職エージェントの複数登録がおすすめです。

複数の転職エージェントに登録すると、希望に合った求人や信頼できるキャリアアドバイザーと出会えるチャンスが広がります。

登録しなければ得られない非公開求人の情報も幅広く得ることができますよ。

複数の転職エージェントを利用する際は、各キャリアアドバイザーにもしっかりと伝えて、余計なトラブルが発生しないように注意しましょう。

記事内では複数利用におすすめの転職エージェントをご紹介したため、自分に合った転職エージェントを見つけてスムーズな転職活動を始めましょう。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事