50代におすすめ転職サイト!専門家による求人数比較ランキングも紹介

50代におすすめ転職サイト!専門家による求人数比較ランキングも紹介

「50代におすすめの転職サイトを知りたい!」と考えている人も多いのではないでしょうか。

自分に合った転職サイトを見つけると、転職活動を効率よく進められますよ。

しかし、さまざまな50代向けの転職サイトがあるなかで、一体どれを選べばいいのか迷っている人もいるでしょう。

そこで本記事では、50代におすすめの転職サイトに関する以下の項目をご紹介します。

この記事でわかること
  • 50代におすすめの転職サイト
  • 50代女性におすすめの転職サイト
  • 50代におすすめ転職サイト公開求人数比較ランキング

この記事を読めば、50代におすすめの転職サイトがわかります。また、公開求人数を比較した転職サイトランキングにも注目です。

50代で本格的に転職を考えている人はもちろん、転職を視野にいれている人もぜひ最後までチェックしてみてください。

50代におすすめの転職サイトランキング

50代でこれから転職したいと考えていいる方の中には「50代の転職は求人数が少ない」「50代の転職は選考が通りにくい」など不安を抱えている方も多いでしょう。

 実際に、50代の転職は、採用条件が厳しい場合や、体力的に難しい業務など、転職成功までに多くの壁があります。

そんな50代の転職で便利なのが「転職サイト」です。

50代でも応募可能な求人や、これまでの経験やスキルを活かせる求人など、多くの求人を見ることができるため、スムーズな転職が実現する可能性を秘めています。
当サイトでイチオシの50代におすすめ転職サイト

当サイトでイチオシの転職サイトを比較表でご紹介します。どれも50代の転職におすすめのサービスです!

50代におすすめ転職サイト10選

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 非公開求人を豊富に取り扱っている
  • 年収交渉を代行してもらえる
  • 各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍

リクルートエージェントは、豊富な求人数が魅力の大手転職エージェントです。幅広い世代を対象にしているため、50代の転職活動も安心して進めることができます。

 各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しているため、希望の業界に合わせた転職サポートを受けることも可能です。

また、気になる企業があれば年収交渉も代行してもらえるため、より納得した形で転職を実現できるでしょう。

公開求人数はもちろん、非公開求人も多数保有していますよ。

リクルートエージェントのメリット・デメリット

メリット 公開求人数・非公開求人数ともに業界最大級

◯求人数が多いため、転職先の選択肢が広がる

取り扱い業種・職種も業界最大級

全国から利用可能

デメリット ✕大手サービスなので、エージェントの質にばらつきがある

✕サポート期間は最大3ヶ月

リクルートエージェントの基本情報

公開求人数※2022年1月28日現在 159,882件
おもなサービス
  • 求人検索
  • 職務経歴書エディター
  • キャリアカウンセリング
エリア 全国
運営会社 株式会社リクルート

※出典:リクルートエージェント

ビズリーチ

おすすめポイント
  • 年収1000万円以上の求人が全体の3割以上
  • 職務履歴書を作成してスカウトを待つだけ
  • 厳しい基準をクリアしたヘッドハンターにキャリア相談できる

50代でハイクラス転職を実現したいなら、ビズリーチがおすすめです。ハイクラス転職とは、現職よりも給料・役職をアップさせたい人向けの転職方法を指します。

 ビズリーチが保有している求人の3割以上が年収1000万円以上の求人です。給料アップを目指したい人にとって、おすすめの転職サイトといえます。

また、やみくもに求人検索するのではなく、履歴書を作成してスカウトを待つだけなのも魅力です。求人探しにさほど時間を割けない人でも、活用しやすいでしょう。

厳しい基準をクリアしたヘッドハンターにキャリア相談できるのも、おすすめポイントです。

ビズリーチのメリット・デメリット

メリット ◯一流のヘッドハンターや企業から直接スカウトが来る

特別選考が受けられる

求人の3割以上が年収1,000万円以上

職務履歴書を登録するだけで転職が進められる

デメリット ✕経歴がないとなかなか使いこなせない

✕希望通りのスカウトが来ないこともある

ビズリーチの基本情報

公開求人数※2022年1月28日現在 69,424件
おもなサービス
  • 求人検索
  • スカウト機能
  • キャリア相談
エリア 全国
運営会社 株式会社ビズリーチ

※出典:ビズリーチ

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • サポート体制が充実しており、初めての転職でも安心
  • 豊富な非公開求人を保有
  • 転職実現に向けた模擬面接も実施

マイナビエージェントは、業界や職種別に専任制のチームを編成している転職エージェントです。

各企業の人事担当者や現場スタッフからの声をもとに、社風や社内の雰囲気、採用ポイントなど求人には載っていないさまざまな情報を伝えてくれます。

 応募時には、キャリアアドバイザーが応募先に合わせた書類作成面接対策をサポートしてくれるため、安心して転職活動を進められるでしょう。

内定後には条件面の交渉や入社日の調整なども代行してもらえるため、転職活動に慣れていない人もミスマッチすることなく転職先を決めることができます。

転職後も長期的にキャリアアップをサポートしてくれますよ。

マイナビエージェントのメリット・デメリット

メリット 初めての転職でも使いやすいサポート

非公開求人多数掲載されている

面談の利用回数・サポート期間に制限がない

全国対応

デメリット ✕20代や第二新卒向けの求人やサポートがメイン

✕紹介可能の求人がないとサービスが利用できない

マイナビエージェントの基本情報

公開求人数※2022年1月28日現在 34,510件
おもなサービス
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 面接対策
  • 応募書類の添削
エリア 全国
運営会社 株式会社マイナビ

※出典:マイナビエージェント

doda

おすすめポイント
  • 経験やスキルに興味を持った企業から直接スカウト
  • 3分で診断できる年収査定
  • 選考前に企業と話せるイベント開催

dodaには求人を検索できる機能だけでなく、企業から直接スカウトが届く機能も搭載されています。

 dodaサイト内で登録したWeb履歴書・職務経歴書を企業が閲覧し、あなたの実績やスキルに興味を持った企業からスカウトが届く仕組みです。

スカウトの種類はさまざまあり、面接確約オファーをもらえる可能性もあります。書類選考なしで選考が進むため、効率よく転職活動を行いたい人にうってつけです。

スカウト機能は匿名設定なので、プライバシーが気になる人にもおすすめですよ。

dodaのメリット・デメリット

メリット エージェントサービスとスカウトサービスが利用できる

選考前に企業と話せるイベント開催

書類選考免除オファーあり

地方の求人も多数掲載されている

デメリット ✕電話やメッセージの頻度が高い

✕総合型なので業界知識や専門性があまり高くない

dodaの基本情報

公開求人数※2022年1月28日現在 120,412件
おもなサービス
  • 求人検索
  • スカウト機能
  • 転職お役立ちコンテンツ
エリア 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

※出典:doda

リクナビNEXT

おすすめポイント
  • 日本最大級の求人データベースから検索できる
  • 自分の強みがわかるグッドポイント診断
  • 豊富な条件で絞り込み可能

さまざまな求人を見比べたいなら、リクナビNEXTがおすすめです。日本最大級の求人データベースがあり、希望条件に合った求人が見つかりやすいでしょう。

 また、豊富な条件で絞り込みができるのも魅力です。「シニア歓迎」「50代以上が活躍中」などの条件から求人を探してみてください。

もし自分の強みがわからないなら、リクナビNEXTのグッドポイント診断を利用するのもおすすめです。質問に答えていくだけで、自分でも気付けなかった強みを見出せます。

リクナビNEXTのアプリを使用すれば、よりスムーズに転職活動を進められますよ。

リクナビNEXTのメリット・デメリット

メリット 日本最大級の求人データベースから検索できる

診断で自分の強みがわかる

◯条件項目が豊富

スカウト機能が3種類ある

デメリット ✕転職活動の期間を自分で決めなければならない

✕内定後の条件交渉は代行してもらえない

リクナビNEXTの基本情報

公開求人数※2022年1月28日現在 54,209件
おもなサービス
  • 求人検索
  • スカウト機能
  • 転職お役立ちコンテンツ
エリア 全国
運営会社 株式会社リクルート

※出典:リクナビNEXT

doda X

Doda X

おすすめポイント
  • 年収800万円以上の希少性が高い求人多数
  • 市場価値の向上を長期的サポート
  • 特定の企業に関して非公開設定可能

現職よりも年収アップを考えているなら、doda Xの活用がおすすめです。doda Xでは、年収800万円以上の希少性が高い求人を多数保有しています。

 また、市場価値の向上を長期的にサポートしてくれるのも魅力です。「50代で転職しようにも、市場価値がわからない…」という人に適しています。

約4,000人のヘッドハンターが親身に寄り添ってくれます。転職活動で不安なことや心配なことがあれば、迷わずヘッドハンターに相談してみてください。

登録情報は特定の企業に対して非公開設定できるため、現職の社員に知られてしまうリスクを防げます。

doda Xのメリット・デメリット

メリット 年収800万円以上の希少性の高い求人が多数掲載されている

自分の市場価値がわかる

特定の企業に対して非公開設定ができるから周囲にバレにくい

市場価値向上に向けた長期的なサポートが受けられる

デメリット ヘッドハンターの対応に差がある

審査に通貨しないと登録できない

doda Xの転職の基本情報

公開求人数 14,693
おもなサービス
  • スカウト機能
  • 求人紹介
  • キャリア相談
エリア 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

出典:doda X ※2022年11月時点

マイナビ ミドルシニア

マイナビミドルシニア

おすすめポイント
  • 40代・50代・60代に特化した転職サイト
  • 各都道府県の転職トレンドニュースを配信
  • 仕事や生活に役立つ「ミドルシニアマガジン」

マイナビ ミドルシニア40代・50代・60代に特化した転職サイトです。ミドルシニアに特化した転職サイトを探しているなら、ぜひ登録してみてください。

 マイナビ ミドルシニアでは、各都道府県別に転職トレンドニュースを配信しています。

最低賃金や有効求人倍率のデータを確認できるため、求人探しの参考になるでしょう。

また、仕事や生活に役立つ「ミドルシニアマガジン」を掲載しています。職業の紹介や年金・介護など、気になるテーマを定期的に更新しているのが特徴です。

ミドルシニアが気になる情報を配信しているので、チェックしてみてくださいね。

マイナビ ミドルシニアのメリット・デメリット

メリット 40代・50代・60代に特化した転職サイト

◯都道府県別の転職ニュースが公開されている

ミドル層のための転職情報コンテンツが豊富に掲載されている

デメリット 「経験者優遇求人」などスキルを求める求人が多い

自分で求人を探すサービスのため、エージェントからサポートが受けられない

マイナビ ミドルシニアの基本情報

公開求人数※2022年1月28日現在 22,979件
おもなサービス
  • 求人検索
  • 転職お役立ちコンテンツ
  • 転職トレンドニュース
エリア 全国
運営会社 株式会社マイナビ

※出典:マイナビ ミドルシニア

FROM40

from40

おすすめポイント
  • 企業の採用担当者から直接スカウトが届く
  • 3000件以上の非公開求人を閲覧できる
  • 40代・50代の転職に役立つ情報の配信

FROM40は40代・50代を対象にした転職サイトです。40代・50代向けの求人を多数保有しています。

 また、40代・50代の転職に役立つ情報を定期的に配信しているのも魅力です。40代・50代におすすめの仕事内容も紹介しています。

また、3000件以上の非公開求人を閲覧可能です。非公開求人はほかの転職サイトに掲載されていない場合が多く、ライバルが少ない状況で転職活動を進められます。

効率よく転職活動をしたいなら、非公開求人を積極的にチェックしてみましょう。

FROM40のメリット・デメリット

メリット 40代・50代に向けた転職サイト

ミドル層でも応募できる求人が多数掲載されている

登録するだけで企業からスカウトが来る

デメリット 能動的に動かないと使いこなせない

地域によって求人に偏りがある

FROM40の基本情報

公開求人数※2022年1月28日現在 16,957件
おもなサービス
  • 求人検索
  • スカウト機能
  • 転職お役立ちコンテンツ
エリア 全国
運営会社 株式会社ダトラ

※出典:FROM40

ミドルの転職

ミドルの転職

おすすめポイント
  • 専門分野に精通したエージェントが転職活動をサポート
  • 年収1000万円以上の求人を多数保有
  • 会員限定の非公開求人を公開

手厚いサポートを受けたいなら、ミドルの転職がおすすめです。専門分野に精通したエージェントが親身に転職支援をしてくれます。

 また、年収1000万円以上の求人を多数保有しているのも魅力です。特に、50代から年収アップを目指して転職したい人に向いています。

ミドルの転職に登録すると、会員限定の非公開求人を閲覧可能です。一般的に公開されていないので、掘り出し物の求人に出会えるかもしれません。

非公開求人は待遇や条件面が優れている傾向にあります。興味がある人は閲覧してみてください。

ミドルの転職のメリット・デメリット

メリット 専門分野に精通したサポートが充実

「年収1,000万円以上」や「経営幹部」の求人も多数保有している

◯スカウト経由で非公開求人から応募の案内が届く

デメリット スキルを求める企業が多い

紹介会社を利用するなら別途で登録しなければならない

ミドルの転職の基本情報

公開求人数※2022年1月28日現在 137,161件
おもなサービス
  • 求人検索
  • スカウト機能
  • 転職アドバイス
エリア 全国
運営会社 エン・ジャパン株式会社

※出典:ミドルの転職

OKジョブ シニア

OKジョブ シニア

おすすめポイント
  • 40代・50代・60代に特化した転職サポートが得意
  • ライフスタイルに合った働き方が選べる
  • 企業の見学・面接同行サービスが受けられる

OKジョブ シニアは、40代・50代・60代に特化した転職エージェントで、ドル・シニアの新しいキャリア探しをサポートしてくれます。

業界に特化した専門スタッフが、16,000件以上の求人からぴったりな企業を紹介してくれます。企業とのパイプを活かした非公開求人は、なんと10,000件以上もあり、魅力的な待遇の企業が見つかる可能性も秘めています。

 求人は「正社員」「派遣」「パートタイマー」「リモートワーク」からライフスタイルに合った働き方が選択できます。時間や場所、体力などに合わせて、無理のない転職の提案をしてくれます。

専門スタッフの丁寧なサポートも大きな特徴で、書類の書き方・添削や企業の見学、面接同行など、幅広く転職をサポートしてくれます。

利用者の声を見ると、50際でも正社員で転職できたという事例もあり、「50代だから正社員転職を諦めようか…」と悩んでいる方でも、安心して利用できる転職エージェントです。

たった2分で登録が完了するので、登録に難しいい作業はありませんよ。

OKジョブ シニアの転職のメリット・デメリット

メリット 50代の転職に特化した転職エージェント

50代で正社員転職した事例あり

企業見学・面接同行サービスが受けられる

デメリット スタッフの対応にバラつきがある

基本的に電話での連絡が多い

OKジョブ シニアの転職の基本情報

公開求人数※2022年10月20日現在 10,789件
おもなサービス
  • 求人紹介
  • 書類の書き方アドバイス
  • 面接練習・対策・同行
  • 企業の見学
  • 入社前サポート
エリア 全国
運営会社 株式会社 キャリアアップ

※出典:OKジョブ シニア

50代女性におすすめ転職サイト3選

女の転職type

おすすめポイント
  • 正社員で働きたい女性を応援する転職サイト
  • 企業で働く社員の口コミを閲覧できる
  • 働く女性を応援するライフワークマガジンの配信

女の転職typeは、正社員で働きたい女性を応援する転職サイトです。東京・神奈川など首都圏を中心に、女性が活躍できる求人を多数取り扱っています。

 また、実際に企業で働く社員の口コミを閲覧できるのも魅力です。職場の雰囲気や人間関係など、求人票に掲載されていない情報がわかります。

ただ求人を検索するだけでなく、働く女性を応援するライフワークマガジンも読めます。女性のキャリアや著名人のインタビューなどが掲載中です。

さまざまなカテゴリーがあるので、ぜひ転職活動の息抜きに読んでみてください。

女の転職typeのメリット・デメリット

メリット 女性の転職に特化したサポートが受けられる

実際に正社員で働いている人の声が聞ける

ワークバランスの整った働き方ができる求人が掲載されている

デメリット スカウトメールの量が多い

求めている条件のスカウトが来ない

女の転職typeの基本情報

公開求人数※2022年1月28日現在 2,141件
おもなサービス
  • 求人検索
  • スカウト機能
  • ライフワークマガジン
エリア 全国
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター

※出典:女の転職type

マイナビ転職 女性のおしごと

マイナビ転職 女性のおしごと

おすすめポイント
  • 「オンキャリ系」「オフキャリ系」から求人を検索できる
  • 直接企業と話せる転職フェアが全国で開催
  • 「社会人力診断」によって自分の強みがわかる

マイナビ転職 女性のおしごとでは、オンキャリ系・オフキャリ系で求人検索が可能です。

 オンキャリ系はバリバリ仕事をしたい人、オフキャリ系はワークライフバランスを重視したい人を指します。

例えば、オンキャリ系の場合は「女性の管理職活躍中」「業界経験者優遇」などのキーワードから求人を検索可能です。

一方オフキャリ系を希望するなら、原則定時退社」「時短勤務などのキーワードに沿って、仕事とプライベートを両立できる求人を見つけましょう。

直接企業と話せる転職フェアを全国で開催しているので、時間があれば足を運んでみてください。

マイナビ転職 女性のお仕事のメリット・デメリット

メリット 女性向けの転職サイトの中では求人数が多い

フレックス制度を導入している求人掲載あり

企業と直接話せる転職フェアが開催されている

デメリット バリバリ働きたい女性には物足りない求人が多い

希望条件に合う求人が見つかりにくい

マイナビ転職 女性のお仕事の基本情報

公開求人数※2022年1月28日現在 42,929件
おもなサービス
  • 求人検索
  • 転職フェア
  • 転職お役立ちコンテンツ
エリア 全国
運営会社 株式会社マイナビ

※出典:マイナビ転職 女性のおしごと

エン転職WOMAN

エン転職woman

おすすめポイント
  • 希望条件に合った新着求人がメールで届く
  • Web履歴書を登録するとスカウトを受け取れる
  • 面接本番に役立つ「面接サポート」を受けられる

エン転職WOMANに登録すると、希望条件に合った新着求人がメールで届きます求人を検索する手間が省けるので、在職しながら転職活動したい人におすすめです。

 また、Web履歴書を記載しておくだけで、採用担当者から直接スカウトを受け取れます。

なかには面接確約のスカウトもあるため、転職活動を効率的に進められるでしょう。

面接に自信がない人は、面接サポートを受けられるのも魅力です。面接サポートは無料で実施してくれるので、積極的に活用してみてください。

特に、50代ではじめて転職する人は面接サポートを必ず受けましょう。きっと、面接本番で役立ちますよ。

エン転職WOMANのメリット・デメリット

メリット ◯女性向けの転職サイト

地方の求人も取り扱いあり

WEB履歴書を登録するだけでスカウトが来る

デメリット
  • 地方求人が全国募集が中心になっている
  • 女性向け転職サイトの中では求人数が少ない

エン転職WOMANの基本情報

公開求人数※2022年1月28日現在 3,224件
おもなサービス
  • 求人検索
  • スカウト機能
  • 面接サポート
エリア 全国
運営会社 エン・ジャパン株式会社

※出典:エン転職WOMAN

50代におすすめ転職サイト公開求人数比較ランキング

※記事内で紹介した転職サイトの公開求人数を比較し、多いものから順にランキング形式で発表します。
※情報は2022年1月28日時点のものです。最新情報とは異なる場合があります。

①リクルートエージェント(公開求人数:159,882件)

おすすめポイント
  • 非公開求人を豊富に取り扱っている
  • 年収交渉を代行してもらえる
  • 各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍

②ミドルの転職(公開求人数:137,161件)

ミドルの転職

おすすめポイント
  • 専門分野に精通したエージェントが転職活動をサポート
  • 年収1000万円以上の求人を多数保有
  • 会員限定の非公開求人を公開

③doda(公開求人数:120,421件)

おすすめポイント
  • 経験やスキルに興味を持った企業から直接スカウト
  • 3分で診断できる年収査定
  • 選考前に企業と話せるイベント開催

【50代向け】転職サイト利用のメリット

50代でスムーズな転職を目指すなら、転職サイトを利用して効率的に進めることが重要です。

この章では、50代が転職サイトを利用するメリットを5つ解説します。

50代が転職サイトを利用するメリット
  • 正社員求人が豊富に掲載されている
  • 女性向け求人など特集が組まれている
  • スキル・実績が必要な即戦力募集が掲載されている
  • 情報量が多い
  • 企業の詳細を把握できる

正社員求人が豊富に掲載されている

書類

多くの転職サイトで正社員求人を豊富に掲載しているので、正社員としての転職を目指す人にぴったりです。

 多くの求人情報を得られると、複数を比較することで、より自分に合った仕事を見つけられるのでおすすめです。 

転職サイトは、転職検討中の段階でも登録・利用できるので、どのような求人があるかをあらかじめ確認して、目星をつけておくのもよいでしょう。

ただし、充足すると求人が取り下げられることもあるので、気になったらすぐにアクションを起こすことが重要です。

女性向け求人など特集が組まれている

女性向け求人特集を組まれていることもあるので、子育て中の女性や、ライフスタイルの変化に合わせた働き方をしたい女性も、転職サイトの利用がおすすめです。

 どのような働き方をしたいか、どんな制度があると安心かなど、希望条件をまとめておくと自分に合う求人を探しやすいでしょう。 

たとえば、「時短勤務」「残業無し」などの求人や、「出産・育児サポート制度」「介護休暇」などを導入している会社をまとめて確認できます。

「女性社員活躍中」「ママ社員多数」などの情報を得られることもあります。

スキル・実績が必要な即戦力募集が掲載されている

すぐに即戦力として働きたい人や、専門職に就きたい人は、転職サイトの「即戦力募集」求人を確認してみましょう。

「システムエンジニア」「看護師」「社会保険労務士」など、スキルや実績が必要な求人が掲載されているので、すぐに活躍したい人にぴったりです。 

 自分のスキルを必要としてくれる企業からのスカウトを希望する人も、転職サイトの利用がおすすめです。

求人企業が求職者へ直接面接オファーを出せる「スカウト機能」が実装された転職サイトを選ぶと、より多くの企業との出会いが期待できます。 

数多い求人をすべて見ることは難しいので、オファーしてもらえることで、自分では見つけられなかった素敵な求人に出会えることもあります。

情報量が多い

パソコンを操作する女性

一般的な求人票よりも検索しやすく、求人や企業に関する情報を多く得られるのも転職サイトの強みです。

たとえば、「営業職」で求人を探している場合、「メーカー営業職」「不動産営業職」など、さらに絞った条件検索できます。 

 膨大な求人数から自身に合う仕事を見つけるには、得られる情報量の多さが重要なポイントです。 

また、紙の求人票と異なり文字数が限られていないので、仕事内容や対象者など、より多くの情報が掲載されているのが特徴です。 

「この仕事に向いている人/向いていない人」など転職サイト担当者のアドバイスが付いている場合もあるので、自分に合う仕事を見つけやすいでしょう。

企業の詳細を把握できる

転職サイトでは、求人内容だけでなく会社の基本情報、福利厚生、働く環境、先輩社員の声など、さまざまな情報を確認できるのもポイントです。

 自分に求められている素質やスキルを把握したい人や、一緒に働く人や環境を事前に確認したい人は、転職サイトの企業情報を確認してみましょう。

企業側のコメントのほかに、会社の特徴や魅力、向いている人材など、転職サイト担当者の客観的なコメントが掲載されている場合もあるので、応募のきっかけにしやすいです。

転職サイトの企業情報だけでなく、会社ホームページも確認して、応募前にしっかりと企業研究を行いましょう。

【50代向け】転職の流れを解説

【50代向け】転職の流れを解説

50代での転職を成功させるには、正しい流れで転職活動を進めることが重要です。

この章では、50代の転職の流れを解説していきます。

50代の転職の流れ
  • 自己分析を行う
  • 希望条件を整理する
  • 転職サイトで求人を探す

自己分析を行う

まずは自己分析を行い、自分の長所や短所などを整理しましょう。

今までやってきたこと(学歴・職務経歴)、自分ができること(能力)、興味のあること(興味・関心)に分けて考えると整理しやすいです。

 専門的な知識・技能のような「専門能力」だけでなく、どのような仕事にも通用する「共通能力」も洗い出しましょう。

自己分析を行うと、自分の強みや自分に合う仕事の方向性が見えてきます。転職活動におけるアピールポイントにもなるので、最初に行うのがおすすめです。

自己分析で整理した内容は、応募書類や面接での自己アピールにも活かせます。

希望条件を整理する

次に、働くうえで何を一番優先したいかを考えましょう。
まずは思いつく限り書き出し、書き出した内容に優先順位をつけていくと、希望条件が整理できます。
 優先順位をつけた希望条件が、仕事選びの基準になります。
たとえば、「通勤時間は30分以内が良い」「家族との時間を大事にしたいから土日休みが良い」など、なるべく多く条件を挙げましょう。
「この条件をクリアしたら応募する」という応募ポイントも見えてきて、仕事探しがしやすくなります。

高望みしすぎると転職活動が長期化することもあるので、事前に妥協点も決めておくと良いでしょう。

転職サイトで求人を探す

転職サイトで求人を探す

自己分析と希望条件の整理が終わったら、転職サイトを利用して転職先を探しましょう。
50代の転職は、正社員求人数が少ないなど年齢的に厳しい傾向があるので、プロの力を借りるのもひとつの方法です。
 転職サイトごとに得意とする年齢層が異なるので、50代の転職に強いエージェントの利用がおすすめです。

転職サイトでは、求人情報の提供はもちろん、非公開求人の紹介や転職のプロによるカウンセリングも行っています。

一人で転職活動をするよりも効率的に進められる点が魅力です。

サポートが充実した転職サイトをチェックしてみてください。

【50代向け】転職サイトのおすすめの選び方

【50代向け】転職サイトのおすすめの選び方

自分に合う転職サイトを選ぶことが、理想の転職に近づくコツです。この章では、50代向けの転職サイトの選び方を解説していきます。

おすすめの転職サイトの選び方
  • 自分に合う求人が多いか
  • アドバイザーが50代の転職に詳しいか
  • 非公開求人を紹介してくれるか

自分に合う求人件数が多いか

応募の選択肢を広げるためにも、自分に合う求人数の多いサイトを選びましょう。

求人数が多くても、若年者向けや性別に特化したサイトだと、自分に合わない可能性があるので注意が必要です。

 ひとつのサイトに頼るよりも、複数の転職サイトに登録すると、より多くの情報を得られるでしょう。

自分に合うかどうかを判断する条件としては、「年代」「性別」「業界」のほかにも、「転職サポートの有無」「非公開求人数」などがあります。

条件を整理して、自分に合う求人件数を確認してみましょう。

子育て中の女性や、ブランクから復帰したい女性のサポート実績が豊富な転職サイトもあります。

アドバイザーが50代の転職に詳しいか

アドバイザーが50代の転職に詳しいか

年代によって転職事情が異なるため、50代の転職に詳しいアドバイザーが在籍しているかどうかは重要なポイントです。

アドバイザーは、転職に関する悩み相談から、業界や転職事情のアドバイスまで、幅広く転職をサポートしてくれます。

 複数のアドバイザーに相談して、比較検討するのも良いでしょう。

利用してみて、もし合わないと感じたら利用の停止もできます。信頼できるアドバイザーに出会えたら、相談やサポートを一本化するのもひとつの方法です。

応募書類の添削や、面接対策をしてくれるアドバイザーもいます。

非公開求人を紹介してくれるか

転職サイトを選ぶ際は、非公開求人があるかどうかも確認をしましょう。

非公開求人とは、一般的な求人情報誌や転職サイトに掲載されていない求人で、応募が殺到するような好条件求人である可能性もあります。

 非公開求人には、管理職クラスの求人情報があることも多いです。
非公開求人が豊富な転職サイトだと、希望に沿った求人を非公開求人の中から紹介してくれることもあります
非公開求人の数だけでなく、50代向けの幹部クラス求人などがあるかどうかも、転職サイト選びの参考にしてみてください。

即戦力を求める求人が多いので、これまでの経験を活かしてキャリアアップしたい方にもおすすめです。

50代で転職サイトを使って転職を成功させるコツ

50代で転職サイトを使って転職を成功させるコツ

より多くの転職サイトに登録したからといって、転職がうまくいくわけではありません。

 

この章では、50代の転職を成功させる転職サイトの使い方を解説していきます。

 

50代で転職を成功させるコツ
  • 自分に合う転職サイトを探す
  • 転職サイトのサポートを使いこなす
  • 複数の企業を比較検討する

自分に合う転職サイトを探す

一番大切なのが、年齢に合った転職サイトを選ぶことです。

 

50代の転職サポート実績が豊富なエージェントであれば、年齢に適した求人情報やアドバイスを得られます。

 

 若年層向けのエージェントだと、50代の登録を断られるケースもあるので要注意。
女性であれば、女性のサポート実績が豊富な転職サイトの利用もおすすめです。
ほかにも、即戦力を求めるハイキャリア向けの転職サイトもあるので、希望する方はチェックしてみてください。

自分に合うエージェントに絞って利用することで、より有益な情報を得られます。

転職サイトのサポートを使いこなす

転職サイトのサポートを使いこなす

転職サイトではさまざまなサポートを提供しています。転職活動に効果的なサポートを使いこなして、効率良く転職活動を進めましょう。

 

 転職サイトを選ぶときは、サポートが充実しているかどうかも重要なチェックポイントです。

 

サポート内容は、書類添削や面接対策、カウンセリングが一般的です。エージェントによっては、転職に役立つ講座の実施や、内定後・入社後のフォローをしてくれる場合もあります。

 

希望するサポート内容を明確にしておくと、転職サイト選びがスムーズに進みます。

複数の企業を比較検討する

転職先を探すときは、一社ではなく複数の企業を比較してみましょう。

 

いろいろな角度から業務内容や職場環境などの条件を比較することで、理想の転職先に近づけます。

 

 公式ホームページで企業理念や社員の声などを確認すると、より理解を深められます。

 

企業情報を提供してくれる転職サイトもあるので、気になることは質問してみると良いでしょう。

 

企業説明会などに参加して情報を収集するのもひとつの方法です。

 

必要な情報は自ら積極的に探しにいき、自分に合う転職先を見つけましょう。

【転職サイト利用の前にチェック】50代転職の注意点

【転職サイト利用の前にチェック】50代転職の注意点

50代の転職は厳しい傾向があるため、現実を理解したうえでポイントを押さえた準備が必要です。

 

そのため、50代転職の注意点をに関しては以下を参考にしてください

 

50代転職の注意点
  • 年収が下がるケースもある
  • 自分に合う正社員求人がない可能性もある
  • 市場価値と応募条件を確認する

年収が下がるケースもある

50代での転職は、年収が下がりやすい傾向があります。

 

厚生労働省が発表した「令和2年上半期雇用動向調査結果の概況」では、50代後半の2人に1人が転職により年収が減少したという結果でした。

 

 特に家族を養っている男性の場合は、給与面で家族から反対される可能性があるので、事前にしっかりと話し合いましょう。

 

年収が大幅に下がってしまうと、生活に支障が出ることもあるので、最低限の条件を決めておくことをおすすめします。

 

しかし、高望みをするとなかなか転職先が決まらない可能性があるので、ある程度の妥協は必要です。

4)転職入職者の賃金変動状況より

経験やスキル、入社後の働きによって昇進・昇給することも考えられます。

自分に合う正社員求人がない可能性もある

自分に合う正社員求人がない可能性もある

50代の転職は求人数が少ないので、自分に合う正社員求人が見つからない可能性もあります。

 

正社員採用では即戦力が求められるため、求人が見つかっても採用条件が厳しく、転職の難易度が高いのが現実です。

 

 正社員登用ありの非正規社員求人もあるので、視野を広げて求人を探してみましょう。

 

50代の転職では、これまで積み上げてきたキャリアや培ってきたスキル・経験から、プライドが高い人が多い傾向があります。

 

「絶対に正社員で転職したい」という志は素晴らしいですが、転職活動が長期化しては本末転倒です。

非正規雇用も含めて広い視野で求人を探すと、転職先の選択肢が増えるのでおすすめです。

市場価値と応募条件を確認する

50代での転職をスムーズに進めるためには、自分の市場価値を把握することが欠かせません。

 

市場価値を正しく把握していないと、転職活動中に「自分が思っていたよりも企業からの評価が低い」と気付き、なかなか転職が決まらないケースもあります。

 

 これまでの経験・スキルが転職市場でどのように評価されるか、客観的な視点で知ることが重要です。

 

自分の市場価値と応募条件にギャップがあると、いくら転職活動を進めても「自分に合う求人がない」という状況が続きます。

 

市場価値の思い込みを無くし、応募条件の整理をしたうえで転職活動を進めることが、転職成功のカギです。

客観的に自分の市場価値を把握するには、人材紹介会社などの転職の専門家へ相談するのもおすすめです。

【転職サイト利用の前にチェック】50代の転職事情

iX転職の口コミ・評判を調べる人

50代で転職を検討してる方は、まずは転職事情を把握しましょう。50代の転職事情を把握することで、転職をスムーズに進められます。

 

ここからは50代の転職事情について解説します。ぜひ参考にしてみてください。

50代転職者の割合

転職者数(万人)
45歳〜54歳 55歳〜64歳
2016年 51 43
2017年 50 42
2018年 55 49
2019年 57 51
2020年 59 47
2021年 52 42

総務省統計局「労働力調査(詳細集計)2021年(令和3年)平均」によると、2020年まで45歳〜64歳の転職者は年々増加傾向を見せています。

データを細かく見ると、45歳〜54歳の転職者は2020年まで増加していますが、55歳〜64歳の転職者は2019年をピークに減少しています。

 さらに、転職者全体の約18%を45歳〜54歳の転職者が占めているため、転職市場では50代の転職者は珍しくないとも言えます。

2020年を境目に転職者が減少した要因としては、新型コロナウィルスの影響が大きいと考えられます。業界によって著しく影響を受けたため、転職者の採用が厳しい状況が続いたことが関わっています。

現在では、働き方が変化し、総務省「令和元年通信利用動向調査」ではテレワークの導入状況が20.2%まで上昇しました。

東京都の「テレワーク「導入率」緊急調査結果」によると2020年4月では62.7%まで増加しており、働き方の多様化が進んでいることがわかります。

働き方が多様化することで転職しやすい環境になっていくでしょう。

50代の転職活動期間

厚生労働省「令和2年転職者実態調査の概要」によると、離職期間なしで転職した方が最も多い結果となっています。

離職期間なしということは、在職中に転職活動を行い、転職が終わってから離職したということを表しています。

 それに続いて、1ヶ月未満と回答した方は50代全体で約23%、1ヶ月以上2ヶ月未満の方は50代全体で約17%となっているため、50代の転職は短期間で終了する傾向があります。

50代の転職は難しいと不安に感じている方も多いですが、実際の結果では、転職活動がスムーズに終わった方も多いため、安心して転職活動を進めましょう。

離職期間が伸びてしまうのではないかと感じている方は、在職中に転職サイトを活用して、スムーズに転職を進めると空白期間が短くなる可能性があります。

空白期間を短くするためには、転職サイトの活用が近道ですよ。

【転職サイト利用の前にチェック】50代の平均年収

転職したいと考えているものの、「転職をすると年収が下がるのではないか」と不安な人もいるのではないでしょうか。

この章では、50代の平均年収を解説するので、転職活動の参考にしてみてください。

50代男性の平均年収

お金

2021年12月に公表された「doda『年代別・年齢別 平均年収情報』」によると、50代男性の平均年収は約680万円でした。

 職種や業種によっても平均年収は大きく異なります。 

50代で最も平均年収の高い職種は「企画/管理系」で794万円、業種は「総合商社」で832万円という結果でした。

50代は管理職などの役職に就くことで、高い年収が期待できるといえるでしょう。

doda『年代別・年齢別 平均年収情報』より

50代女性の平均年収

同調査によると、50代女性平均年収は約443万円で、男性と比べると200万円以上差があることが分かります。 

 ライフスタイルの変化でキャリアを一度リセットしたり、ブランクが空いたりすることで、継続的に働いている男性よりも年収が低い傾向があります。
 

男性よりも女性の方が管理職などの役職に就きにくのも、年収差が大きい要因です。

内閣府 男女共同参画局「男女共同参画白書 令和元年版(第2節 企業における女性の参画)」によると、2018年の管理的職業従事者に占める女性の割合は14.9%と非常に低い結果でした。

年収アップを目指したい方は、これまでのスキルや実績を最大限に活かせる会社や求人を選ぶことが大切です。

男女共同参画白書 令和元年版(第2節 企業における女性の参画)より

よくある質問

50代におすすめの転職サイトは?

リクルートエージェントやマイナビエージェント、dodaをはじめとした大手転職サイトがおすすめです。いずれも豊富な求人数が魅力で、さまざまな条件で絞りながら自分に合った仕事を見つけられるでしょう。ほかにも記事内では50代におすすめの転職サイトを多数ピックアップしてご紹介しているため、ぜひチェックしてみてください。

50代でも転職することは可能?

50代でも転職することは可能です。キャリアを積んできた50代なら、新しい職場でも即戦力として大いに活躍できます。ただし、20代・30代よりは転職活動がスムーズに進まない可能性もあります。転職サイトに複数登録しておくと、効率よく転職を進められるのでおすすめです。

50代におすすめの転職サイトの選び方は?

50代におすすめの転職サイトの選び方は以下のとおりです。

・求人数が多い転職サイトを選ぶ
・手厚いサポートを行っているかチェック
・転職に役立つコンテンツがあると便利

特に、転職サイトの求人数は必ずチェックしておきましょう。求人数が多ければ多いほど、希望条件に合った求人を見つけやすくなります。

50代が転職を成功させるコツは?

50代が転職を成功させるコツは、下記を参考にしてみてください。

・家族のサポートや理解を得る
・条件を譲歩する
・自分に合った転職サイトに登録する

50代の転職には、家族の理解やサポートは欠かせません。転職したい理由やいつまでに転職したいのか、事前に共有しておきましょう。

未経験でも50代で転職できる?

50代が未経験職種に挑戦するのは不可能ではありません。しかし、50代は企業から即戦力として働くことを期待されています。そのため、未経験職種への転職は時間がかかってしまう場合があります。長期的なスケジュールを組み、根気よく転職活動を進めましょう。

転職前に何を準備しておけばいい?

転職前に譲れない条件をいくつかピックアップしておきましょう。譲れない条件が明確になっていれば、効率よく求人を検索できます。また、現職で積み上げた実績・スキルを洗い出しておくのもおすすめです。企業にアピールしたい項目をいくつかまとめておくと、選考時に役立ちます。

在職中でも転職サイトに登録できる?

在職中でも転職サイトに登録可能です。なかには、在職しながら転職活動をしたい人に向けて、おすすめの機能を搭載している転職サイトがあります。例えば、企業から直接スカウトが届く機能です。求人を検索する手間が省けるので、効率よく転職活動を行いたい人に向いています。

まとめ

今回は、50代におすすめの転職サイトや公開求人数ランキングなどをご紹介しました。

50代から転職するなら、50代に特化した転職サイトの登録が欠かせません。自分に合った50代向け転職サイトに複数登録しておくことで、効率よく求人を探せます。

また、転職サイトによっては、求職者へのサポートが充実しているものもあります。特に、50代ではじめて転職活動をするなら、サポートが手厚い転職サイトを選んでみてください。

ぜひこの記事を参考にしながら、50代からの転職活動を成功させましょう!

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事