仕事に疲れた時の対処法!会社辞めたいと感じる原因やリフレッシュ方法も紹介!

仕事に疲れた時の対処法!会社辞めたいと感じる原因やリフレッシュ方法も紹介!

仕事に疲れた」「仕事がつらくて何もしたくない」「会社を休みたい」など、毎日つらい気持ちを抱えて無理をして過ごしていませんか?

気分が落ち込んでいたり疲れが全く取れなかったりするのは、心と体が限界のサインを出しているのかもしれません。

そこで今回は以下の項目を解説していきます。

この記事でわかること
  • 仕事に疲れた・会社を辞めたいと思う原因は?
  • 対処法・リフレッシュ方法
  • 仕事に疲れたときのNG行動3選

仕事と家庭の両立人間関係に振り回される、新卒で気が張っているなど、仕事を辛いと思う原因は人それぞれです。ぜひ本記事を参考にストレス解消を目指してみてください。

仕事に疲れたなら転職も考えよう!おすすめ転職エージェント比較表

リクルート
エージェント
doda
パソナキャリア
マイナビ
エージェント
JAC
リクルートメント
リクルート
ダイレクトスカウト
ビズリーチ
リクルートエージェント
doda
パソナキャリア
マイナビエージェント
JACリクルートメント
リクルートダイレクトスカウト
ビズリーチ
公開求人数
117,600
84,259
35,272
27,352
11,204
69,304
約127,000
非公開求人数
177,389
35,646
10万件以上
109,408
16,806
非公開
116,752
対象年代
20代〜50代
20代〜50代
20代〜50代
20代〜30代
30代〜50代
30代〜50代
30代〜50代
対応エリア
全国
全国
全国
全国
全国
全国
全国
得意分野
総合求人
総合求人
総合求人
第二新卒など
20代の求人
外資系企業など
グローバル求人
ハイクラス求人
ハイクラス求人
イチオシ機能
年収交渉の代行
年収交渉の代行
年収査定診断
キャリアアドバイザーの親身なサポート体制
未経験職種への
転職サポート
グローバルネットワークを駆使した
海外転職事業
優秀なヘッドハンターからのスカウトサービス
企業やヘッドハンターからのスカウトサービス

【仕事に疲れた・会社辞めたい】考えられる原因は?

【仕事に疲れた・会社辞めたい】考えられる原因は?

慢性的に疲れたと感じているのなら、何とかなると軽く考えるのではなく、自分自身の声に耳を傾けてみましょう。

 体調が優れない理由が仕事なら、具体的な原因や対処法を知る必要があります。

疲れの原因は人間関係・労働時間・業務内容など人それぞれです。ここでは主な原因を6つピックアップして紹介します。

当てはまるものがあった場合には、特に注意が必要ですよ。
疲れを感じる6つの原因
  1. 労働時間が長い
  2. 人間関係がうまくいっていない
  3. 頑張りすぎてしまう
  4. 仕事の成果をきちんと評価してもらえない
  5. 激務のわりに給与が低い
  6. 自分の好きな仕事ができない

1. 労働時間が長い

【仕事に疲れた・会社辞めたい】考えられる原因は?

毎日のように長時間の残業が続くなど、拘束時間・労働時間が長い状況が続くと、仕事の疲れを感じやすくなってしまいます。

職場の環境が以下のような状態の場合、ストレスを解消する余裕がなくなる場合があるので、注意しましょう。

ストレスを解消できる余裕がない職場環境
  • 残業が常態化している
  • 残業代の請求ができない
  • サービス残業が当たり前になっている

2. 人間関係がうまくいっていない

【仕事に疲れた・会社辞めたい】考えられる原因は?

人間関係に疲れてしまうこともあるでしょう。

 パワハラ・セクハラなどのハラスメントを受けている、職場に苦手な人がいる場合などは、非常に疲れやすいです。

人間関係の悩みによるストレスで起こる仕事疲れと言ってよいでしょう。また、一度嫌な思いをしてしまうと、我慢する癖がついてしまいます。

環境を変えても、また同じようなことが起こってしまうかもしれないと、新たな環境で働くことへの恐怖心が芽生えてしまうケースもあるので、注意しましょう。

人間関係が原因となって働くことが怖くなった場合、転職活動に踏み切れなく場合もあるので、早い段階でリフレッシュしておきましょう。

3. 頑張りすぎてしまう

【仕事に疲れた・会社辞めたい】考えられる原因は?

真面目な人は責任感が強いため、つい頑張りすぎてしまい、いつの間にかひどく疲れてしまっている場合があります。

 責任感から自分を追い込んでしまい、仕事が嫌になり、働く意欲を失ってしまう場合もあります。

頑張りすぎてしまう方は、以下のことを意識して仕事に取り組んでみてはいかがでしょうか。

頑張りすぎないためのポイント
  • 苦手なことは他人を頼る
  • 失敗しても落ち込まず次があると思うようにする
  • 気持ちのONとOFFを切り替える

4. 仕事の成果をきちんと評価してもらえない

【仕事に疲れた・会社辞めたい】考えられる原因は?

一生懸命仕事に取り組んで結果を出したのに正当に評価されない場合でも、疲れを感じてしまいます。

いくら頑張っても評価基準があいまいで、若いというだけで給料や賞与に頑張りが反映されないなら、仕事へのモチベーションが低下してしまいます。

上司に正当な評価をしてもらえない場合も、知らず知らずのうちにストレスがたまってしまいます。

5. 激務のわりに給与が低い

【仕事に疲れた・会社辞めたい】考えられる原因は?

こなさなければならない仕事量に見合う対価が支払われない場合、給与システムや評価への不満がたまり、そのストレスから疲れやすくなってしまいます。

ベースとなる給料や手取りが少ない場合や、自分の仕事量と年収のバランスが悪い場合は、仕事へのモチベーションが急激に低下し、疲れが出やすくなります。

頑張りを正当に評価してもらうか、仕事量を減らすように思い切って交渉してみましょう。

6. 自分の好きな仕事ができない

【仕事に疲れた・会社辞めたい】考えられる原因は?

専門知識が必要な技術職で採用されたはずなのに、慣れない営業や事務作業を担当させられてしまうなど、本来の希望の仕事とズレがある場合も注意が必要です。

 希望と現実のズレが原因で不満やストレスがたまり、仕事疲れを感じやすくなるケースがあります。

自分の本来やりたかった仕事や適性のある仕事をできない状況が続くようなら、思い切って環境を変えてみるのも有効な対処法です。

思い悩む前に転職エージェントを利用するなど、自分自身のための行動を起こしてみてはいかがでしょうか。

仕事に疲れた、会社を辞めたいと感じた時に出る4つのサインとは?

仕事に疲れた時に出る4つのサインとは?

「仕事に疲れた」と感じるとき、心や体に現れやすいサインを紹介します。場合によっては早めの対応が必要になるため、しっかりチェックしておきましょう。

1. 仕事に集中できない

目の前にやらなければならない仕事が山積みになっているのに、仕事が手につかず全く集中できないときは、疲れがたまっている可能性があります。

集中力が低下した状態が長期間続くようなら、積極的にストレス解消に取り組むように心がけましょう。

2. モチベーションが上がらない

仕事に疲れた時に出る4つのサインとは?

仕事に価値を見出せず、どんな魅力的な仕事を前にしてもモチベーションが上がらないという症状は、仕事に疲れているときのひとつの特徴です。

 「自分の仕事に意味があるのだろうか」など、仕事に対してネガティブになってしまうことが増えてきたら、心がSOSを出している可能性があります。

適切に対処しないでそのまま放置してしまうと、仕事自体が苦痛になってしまうかもしれません。

3. 良い睡眠がとれない

7~8時間と十分な睡眠時間を取っているにもかかわらず、いまいち疲れが取れず眠れた気がしない場合はかなり疲れがたまっているかもしれません。

 疲れは睡眠の質の低下させるため、仕事に疲れていると睡眠不足になりがちです。

「布団に入ってもなかなか寝付けない」「一度眠りについても、短時間で目が覚めてしまう」というときは、良質な睡眠を取れるように工夫する必要があります。

4. 精神的な余裕がなくなる

仕事に疲れた時に出る4つのサインとは?

精神的な余裕がなくなってくると人に怒りやすくなったり理由もなく焦りを感じたりなど、情緒不安定になるケースも珍しくありません。

 普段なら気遣いのできる方でも仕事によるストレスでゆとりが持てず、自己嫌悪におちいってしまう場合もあります。

また、精神的に余裕がない状態が続いてしまうと、適応障害やうつに発展する可能性もあります。

自分に最適なリフレッシュ方法を見つけて早めの対処を心がけましょう。

【何もしたくない】仕事に疲れたときの6つのリフレッシュ方法

仕事に疲れたときの6つのリフレッシュ方法

仕事に疲れたと感じたとき、具体的にどんなアクションを起こせばよいのかわからないという方も多いです。そこでここでは、仕事に疲れたときの対処法をまとめました。

疲れがたまりすぎて重症になる前に、対処法を試してみてくださいね。

1. 心身ともにしっかり休ませる

仕事に疲れを感じたら、まず良質な睡眠を取って体をしっかり休ませることが大切です。

疲労が蓄積した状態では、仕事に集中できないだけでなくネガティブ思考になってしまい、ミスを連発する可能性があります。

 疲れたと感じたら、栄養のある美味しいものを食べて、お風呂にゆっくり浸かり、しっかり眠りましょう。

休息を十分に取るだけで、体も心も軽くなるはずです。

2. 有給休暇を取る

仕事に疲れたときの6つのリフレッシュ方法

できることなら、たまった仕事の疲れを一気に解消できるように、長期休暇を取得して旅行など、自由に過ごせる時間を確保すると良いでしょう。

 有給休暇の利用は働く人の権利のひとつです。

いきなり休職や退職を選ぶのではなく、まずは在職中でも実行しやすい有給休暇を利用した長期休暇でリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

3. 意識を変える

周囲の人の評価ばかり気にしていると気疲れしてしまいます。社内の派閥争いや人間関係の問題からは、なるべく距離を取るようにしましょう。

 少し意識を変えるだけで、自分を見つめ直し仕事に集中できるため、失いかけていたモチベーションを取り戻せる可能性があります。

仕事の成果に対する評価が低くて納得いかない場合でも、あえて意識しないように心がけて見てください。

自分のスタイルを貫くことで、予想外の成果を得られる可能性があります。

4. 産業医や上司に相談してみる

仕事に疲れたときの6つのリフレッシュ方法

仕事上の不満の中には、誰かに話すことでリフレッシュできるケースも多いです。

 仕事のストレスにより心理的な不調が続いている場合は、会社の産業医に相談してみるのも有効な対処法です。

また、同じ部署にどうしても苦手な人がいる、どうしても仕事がしづらいといった場合は、上司に相談してみるのも良いでしょう。

しっかりと考えてくれる会社であれば、異動やチーム転換などの対応をしてもらえる可能性があります。

5. 休職する

思い切って休職することもひとつの手段です。

 自分では気が付かないうちに体力・気力が失われ、うつなどの症状を発症している可能性があります。

医療機関の診察を受け、診断書を書いてもらいましょう。仕事上のストレスが原因と診断されれば傷病手当も申請できます。

疲れが溜まっている場合は、まずは医師の診断を受けることから始めましょう。

6. 転職を考える

仕事に疲れたときの6つのリフレッシュ方法

仕事の疲れに対し、さまざまな対処法を試してみても改善されなかった場合は、転職を検討してみてはいかがでしょう。

 転職することで環境を変え、今までの仕事疲れの原因を一気に断ち切れる可能性があります。

仕事への不満が解決しない場合や自分ではどうしようもない場合には、転職をして環境を変え、新たな気持ちで再スタートしましょう。

仕事に疲れたときにやってはいけない3つの行動

仕事に疲れたときにやってはいけない3つの行動

ふとした瞬間に「仕事に疲れた。もう辞めたい!」と思ったことがある方は少なくないでしょう。

 仕事をして経済的な安定を得ることは日常生活を送る上でのベースになるので、辞めたくなったからといって辞める訳にはいかないのが現実です。

ところが、精神的にも肉体的にもヘトヘトに疲れてしまうと感情に任せて行動してしまうことがあります。

体も心も元気になったとき後悔しないためにも、仕事に疲れたときにやってはいけない行動を3つ紹介します。

1. 衝動的に仕事をやめてしまう

あまりにも疲れ切ってしまい「辞めたい」という一時的な感情のままに行動してしまうと、冷静になったとき後悔してしまう可能性があります。

 きちんと冷静に考えた上で退職しないと、再び社会とつながるときの不安材料になってしまう可能性があります。

どんなに仕事に疲れても、いきなり仕事をやめてしまうのではなく、会社にいながら自分自身を休める方法を考えてみてはいかがでしょうか。

しっかり休むためにも、休職制度・有給制度の利用・異動など、会社の制度もしっかり把握しておくと安心です。

2. 過度なストレス発散

仕事に疲れたときにやってはいけない3つの行動

仕事で疲れてしまうとついやってしまうのがストレス発散です。仕事のストレスを理由に、お酒の飲み過ぎ・過食など、発散行為を過剰にやってしまうと、後々後悔することもあるでしょう。

お酒に酔ってやってしまった行動を後悔して落ち込んでしまい、別のストレスとなってしまう可能性があるので、ストレス発散はほどほどにしておきましょう。

3. 周囲と自分を比較する

調子の悪いときに限って、何かと周囲と自分を比べて落ち込んでしまうことがあります。

またどんな仕事でもテキパキとこなす同僚や後輩を見て、「もっと頑張らないといけない」と思い込んでしまうケースもあります。

疲れているときこそ、誰かと自分を比べるのではなく、疲れている自分自身に目を向けて労ってあげましょう。

会社を辞めたい・仕事に疲れたと感じたら、適職診断を受けよう!

仕事が辛いと感じたら、今の仕事は自分にとって適職でない可能性があるでしょう。そんな方はまず、適職診断を受けてみましょう。

適職診断でわかること
  • 自分にはどんな仕事が適しているのか
  • どんな社風の会社が自分に適しているのか
  • 自分のパーソナリティ・性格
dodaの適職診断は無料の会員登録をするだけで、すぐに受けることができます。

 診断結果を元に、実際に自分に合っている企業名を見ることもできますので、転職の第一歩も踏み出しやすくなるでしょう。
パーソナリティの診断結果のサンプルはこちらです。会員登録のみの完全無料でかなり詳しく診断をしてくれるので、ぜひ受けてみましょう。

dodaキャリアタイプ診断 次にキャリア診断結果のサンプルです。自分がどのような仕事スタイルなのかが、ひと目でわかります。

dodaキャリアタイプ診断 さらにdodaでは年収査定診断も受けることができます。今の仕事の給与に不満があるのなら、一度年収査定診断を受けてみて、自分の適正年収を調べてみましょう。

自分の適正年収が今の給与よりも高ければ、自分の能力を正しく評価してくれる会社への転職を検討しましょう!
 

会社をやめたい転職を考える場合の5つのポイント

仕事での疲れが原因で転職する場合、現状の不満やストレスの原因を解決できる職場を選ぶことをおすすめします。

きちんと原因と向き合わなければ、転職先でも前の職場と同じような状況になってしまい、再び疲れやすい状況に陥ってしまう可能性があるからです。

転職も視野に入れているなら、これら5つのポイントをチェックしてみてくださいね。
新たな職場を探す際の5つのポイント
  1. 残業や休日出勤の少ない会社を選ぶ
  2. 職場の環境・制度・取り組みを確認する
  3. 通勤時間の短い仕事を探す
  4. リモートワークで働ける仕事を探す
  5. 転職エージェントの利用を検討する

1. 残業や休日出勤の少ない会社を選ぶ

転職を考える場合の5つのポイント

仕事疲れの原因が残業や拘束時間の長さだった場合、転職先は残業時間が少なく、休日出勤の必要がない会社を選ぶと良いでしょう。

 仕事にやりがいを感じ、人間関係に恵まれたとしても、長時間拘束されることで徐々に疲れが溜まってしまいます。

疲れを無視して強引に仕事を続けると、さらなる負担やリスクが生じる場合があるので、転職先を選ぶ際には時間拘束が長くないかを十分にチェックするのも大切です。

2. 職場の環境・制度・取り組みを確認する

多くの人が何らかのストレスを抱えていますが、転職先を探す際に職場のメンタルヘルス対策や取り組みなども確認しておくとよいでしょう。

 働いている人のストレスや不満に、会社が寄り添ってくれるかということがとても大切です。

2015年12月にストレスチェック制度が義務化され、労働者のメンタルヘルスへの取り組みは重要視されています。

パワハラやセクハラなどでストレスを抱える人にとってはありがたい制度ですね。

※出典:厚生労働省「ストレスチェック制度導入マニュアル」(https://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei12/pdf/150709-1.pdf)

3. 通勤時間の短い仕事を探す

転職を考える場合の5つのポイント

満員電車に乗るなど、職場環境以外でもストレスの原因になるケースは多々あります。

 通勤時間の長さも疲れの原因になるため、転職先を探す際は通勤時間もしっかりチェックすると良いでしょう。

就労時間が1時間増えるよりも、通勤時間が1時間増えることへの忌避感が強い傾向にあると言われています。

※出典:経済産業研究所「長時間通勤とテレワーク」より(https://www.rieti.go.jp/jp/publications/dp/18j009.pdf)

意外に長時間労働よりも、長時間通勤の方がストレスがかかりやすいので注意が必要です。

4. リモートワークで働ける仕事を探す

疲れの原因が人間関係によるものだった場合、リモートワークが可能な仕事を選ぶことも有効な対処法です。

チャット・メール・電話でのやり取りで完結するため、直接的なコミュニケーションを最小限にできます。ストレスを大幅に抑えられます。

リモートワークだからといって、会社の人とコミュニケーションを取る機会がゼロというわけではありませんが、精神的負担は格段に減るでしょう。

5. 転職エージェントの利用を検討する

転職を考える場合の5つのポイント

ステップアップのための転職とは異なり、仕事に疲れた状態での求職活動は、気力・体力・時間のどれをとっても難易度が高いのが現状です。

 健康な状態でも個人での企業調査には限界があるので、疲れた状態では思うように活動することはかなり難しくなる場合が多いです。

そのため転職のエージェントを利用し、転職のプロに相談しながら仕事先を探すのがおすすめです。

転職エージェントを利用すれば、自分にあった企業を見つけてもらえる可能性がアップしますよ。

年収アップの裏技をご紹介!

年収アップの裏技は「転職エージェント」の利用です。多くの人が転職の際にとりあえず登録する「転職サイト」と違い、転職エージェントはアドバイザーがあなたの転職をサポートしてくれます。

リクルートエージェント」は完全無料で利用可能な転職エージェントで、利用者の60%以上が年収アップを成功させたという実績があります。 ※https://www.r-agent.com/service/data/
経験豊富なキャリアアドバイザーはあなたの希望年収を企業と代わりに交渉してくれます!希望の年収はアドバイザーに事前に相談しておきましょう。
リクルートエージェントの強みは非公開求人の多さです。保有する非公開求人はなんと10万件以上!紹介してもらえる求人の幅も広がります。
 非公開求人は一般に公開すると応募が殺到してしまう好条件の求人であることが多いです。
内定獲得のための選考対策も充実しています。年収を上げたいと考えているなら、ぜひリクルートエージェントに登録しましょう!
リクルートエージェント


おすすめポイント
  • 業界でもトップクラスの非公開求人数!
  • 全国どの地域に住んでいても利用可能!
  • 模擬面接など、選考対策も手厚い!
  • 完全無料

仕事に疲れたなら転職を考えてみよう!おすすめエージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 業界でもトップクラスの非公開求人数!
  • 全国どの地域に住んでいても利用可能!
  • 模擬面接など、選考対策も手厚い!
  • 完全無料
リクルートエージェントは16万件以上※1の非公開求人を持つ転職エージェントです。

 非公開求人は公開すると応募が殺到してしまうような好条件求人である場合がほとんどです。
自分のアピールポイントや、どのような仕事がわからない、といった場合でもキャリアアドバイザーとの面談を通して、自分にぴったりの求人を見つけることができます。

応募書類の添削や、面接の対策も受けることができます。
企業の分析も細かく行っているため、求人を紹介する段階から、企業について詳しく教えてもらえます。入社後のミスマッチを防ぐことができますよ。
運営会社 株式会社リクルートキャリア
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 職務経歴書エディター
  • 面接力向上セミナー
  • 担当者面談
公開求人数 114,943件※2021年6月10日時点
拠点 全国対応可

東京/西東京/宇都宮/さいたま/千葉/横浜/京都/大阪/神戸/名古屋/静岡/北海道/東北/岡山/広島/福岡

doda転職エージェント

doda転職エージェント

おすすめポイント
  • 転職サイトと転職エージェントの機能を併用できる!
  • 大手から中小企業・ベンチャー企業まで幅広い求人を用意!
  • 年収査定で自分の給与相場がわかる!
  • 完全無料!
dodaは転職サイトと転職エージェントの両方の機能を持っています。

 自分で求人を探しながら、キャリアアドバイザーのサポートも受けられるということです。
アドバイザーは求職者のキャリアやスキルとともに、企業の目線から見て、その人が企業が求める人材かどうかを見極めます。これにより、選考に通過する確率もアップしますね。

また、簡単な質問に答えるだけで、自分の適正年収がわかる「年収査定」や手軽に職務経歴書を作ることができる「レジュメビルター」など、診断ツールが充実しています。
スキマ時間に転職活動を進めることができますね。
運営会社 パーソルキャリア株式会社
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • スカウト
  • パートナーエージェントサービス
  • 転職ノウハウ
  • 転職Q&A
公開求人数 84,814件※2021年6月10日時点
拠点 全国対応可

丸の内/北海道/東北/横浜/静岡/中部/関西/京都/神戸/岡山/広島/九州

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • アドバイザーや担当者の対応がよく、親身に相談に乗ってくれる!
  • 各企業の情報を分析し、手厚い選考対策で内定率UP!
  • 経歴に自信がない方でも正社員転職が目指せる!
  • 全国の転職に対応!WEB面談も可能
  • 完全無料
マイナビエージェントはアドバイザーの質の評価が高い転職エージェントです。ハードルが高く感じる面談も非常にスムーズで、信頼できる担当者に出会えたという利用者の声が多数あります。

また、大手企業であるマイナビの太いパイプを生かした各企業の分析は選考対策の際に役立ちます。

 マイナビエージェントはスキルや経験が少ない20代の転職をメインターゲットとしていますので、スキルに自信がなくても正社員として転職できる可能性は大いにあります。
未経験業種への転職を目指している方や、転職に不安を抱えている方はぜひマイナビエージェントに登録をしましょう!
運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 履歴書添削サービス
  • 面接対策
  • サポート期間は無期限
公開求人数 28,152件※2021年8月17日時点
拠点 全国対応可

京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

まとめ

今回は、仕事に疲れてしまう原因と対処法を紹介しました。仕事のストレスは、さまざまな要因が重なり肉体的・精神的疲労を引き起こします。

症状の軽い早めの段階で対処すると良いでしょう。万が一、対処法を試してみても仕事の疲れが改善しなかった場合は、思い切って転職することも有効な手段のひとつです。

転職エージェントを利用すれば、自分の希望する条件に合う転職先を見つけやすく、転職を成功させる可能性も高くなります。

疲れを感じたら思い切って休みを取り、リフレッシュをして心も体も休めましょう。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事