徳島の転職事情は?有効求人倍率や平均年収、転職のメリットも解説

徳島の転職事情は?有効求人倍率や平均年収、転職のメリットも解説

「徳島県へ転職したい!」「地元の徳島県へ戻りたい!」と考えている人もいるのではないでしょうか。

徳島県は自然豊かでのびのびと暮らせます。化学工業や電気機械などの工業も盛んです。

しかし、いざ徳島県へ転職しようと思っても、どのような方法で転職活動を進めたらいいのか迷ってしまうでしょう。

そこで本記事では、徳島県の転職に関する以下の項目を解説します。

この記事でわかること
  • 徳島県の転職事情
  • 転職における徳島県の地域特性
  • 徳島県に転職するメリット・デメリット
  • 徳島県へ転職したい人におすすめの転職エージェント

この記事を読めば徳島県に転職する方法がわかるだけでなく、おすすめの転職エージェントまで把握できます。

徳島県へ転職を本格的に考えている人はもちろん、徳島県で働くことに興味がある人もぜひ参考にしてみてください。

徳島県の転職事情を解説|有効求人倍率・平均年収

カバンを持っているスーツ姿の人

まずは、徳島県の転職事情を解説します。徳島県へ転職を考えているなら、まずは以下のポイントを抑えておきましょう。

徳島県の転職事情
  • 徳島県の有効求人倍率
  • 徳島県の平均年収

徳島県の有効求人倍率

最初に、徳島県の有効求人倍率を紹介します。有効求人倍率とは、求職者1人あたり求人がどれくらいあるか示す指標です。

 有効求人倍率が1倍を超えていれば、求職者にとって転職活動がしやすくなります。一方、1倍未満の場合、求職者1人あたりの求人が少ない状況です。

徳島県の有効求人倍率は、2021年で平均1.19倍でした。1倍を超えているので、比較的求職者にとって転職しやすい環境だといえるでしょう。

ちなみに、東京の有効求人倍率は平均1.18倍です。

若干ではありますが、東京よりも有効求人倍率を上回っています。

※参照:独立行政法人労働政策研究・研修機構

徳島県の平均年収

徳島県の平均年収は324万円(※1)という結果になりました。給料のボリュームゾーンは、258〜318万円の水準となります。

 一方、日本人全体の平均年収は403万円(※2)です。徳島県の平均年収と比較すると、およそ80万円も上回っている結果になりました。

日本人全体の平均年収よりも徳島県の平均年収が低い背景として、徳島県の最低賃金が関連しています。

厚生労働省によると、東京都の最低賃金が1,041円なのに対し、徳島県の最低賃金は824円です。(※3)

平均年収は低いものの、物価が安い傾向にあるので十分暮らしていけるでしょう。

※1:求人ボックス給料ナビ
※2:doda
※3:厚生労働省

転職における徳島県の地域特性

広大な土地

徳島県へ転職する前に、徳島県の地域特性を知っておく必要があります。それぞれ確認していきましょう。

徳島県の地域特性
  • 徳島県のおもな産業
  • 徳島県の気候

徳島県のおもな産業

徳島県のおもな産業は、化学工業・電気機械・電子部品です。特に、徳島県の産業のなかで化学工業は3割を占めます。

 徳島県には規模の大きいLED製造会社があります。日本国内だけでなく海外にも拠点があり、世界中へLEDの光を届けているのが魅力です。

また、機械製品の製造や家具・仏壇などの木工業も盛んに行われています。製造業に興味がある人や製造業を盛り上げたい人におすすめの環境です。

LEDを活かして、光のある景観づくりが行われているのも徳島県の魅力ですね。

※参照:経済産業省
出典:徳島県

徳島県の気候

風景

徳島県の気候は北部・南部でそれぞれ特徴が異なります。北部は瀬戸内海気候に属しており、雨が少ない・日照時間が長い点が特徴です。

 一方、徳島県の南部は太平洋気候に属しています。全国でも有数の降雨量を誇り、湿度の高さが特徴といえるでしょう。

また、徳島県は全域を通じて温暖な気候です。年間平均気温は16.8度となっており、移住者を選ばない気候が魅力といえます。

冬でも暖かくて過ごしやすい点は、寒さに慣れていない都市部に住んでいる人にとって嬉しいポイントですね。

※参照:気象庁

徳島県に転職するメリット

徳島県に転職すると、どのようなメリットを得られるのでしょうか。気になるメリットは以下のとおりです。

徳島県に転職すると得られるメリット
  • 都心部より生活費を抑えられる
  • 喧噪から離れて豊かな生活を送れる
  • 通勤ラッシュに巻き込まれずに済む

都心部より生活費を抑えられる

コインと新芽

徳島県に転職すると、都心部より生活費を抑えられるメリットがあります。食費や生活費などさまざまな価格が都心部より低い傾向です。

 例えば、東京都港区の家賃相場は1LD/2K/2DKで17.5万円(※1)です。一方、徳島県の1LDK家賃は5.42万円(※2)という結果になりました。

地域によって差はあるものの、東京都と比べるとおよそ3分の1の値段で同じ間取りの部屋を借りられます。

家賃をはじめとした生活費を抑えたいと考えているなら、徳島県への転職はおすすめです。

※1:SUUMO関東版
※2:ホームメイト

喧噪から離れて豊かな生活を送れる

徳島県へ転職すると、喧噪から離れて豊かな生活を送れます。リラックスして毎日を過ごしたい人におすすめです。

 都心部の場合、自然を感じられるスポットがさほど多くありません。しかし、徳島県なら至るところに自然があるため、豊かさを感じられるでしょう。

都会の喧噪に疲れた人は徳島県への転職をぜひ視野に入れてみてください。特に、小さなお子さんがいる場合は要チェックです。

自然に囲まれた生活を送ると、ゆとりのある生活を送れて心身共にリラックスできますよ。

通勤ラッシュに巻き込まれずに済む

自動車

通勤ラッシュに巻き込まれずに済むのも、徳島県へ転職するメリットです。人口が集中している都心部では、満員電車から逃れることは難しいでしょう。

 しかし、徳島県であれば都心部よりも人口が少ないため、満員電車に悩まされる可能性がほぼありません。

また、車通勤を選択している人も多く、毎日快適に通勤できるでしょう。通勤時にストレスを感じている人は、思い切って徳島へ転職は考えてみてはいかがでしょうか。

ただ、車を所持していないと移動が難しい地域もあるので、事前に確認しておきましょう。

徳島県に転職するデメリット

一方、徳島県に転職することで、デメリットは生じるのでしょうか。気になるデメリットは以下のとおりです。

徳島県に転職すると生じるデメリット
  • 都心部よりも年収が下がる可能性がある
  • 地域コミュニティに参加する必要がある

都心部よりも年収が下がる可能性がある

シャッターの奥で首をかしげる女性

徳島県へ転職すると、都心部よりも年収が下がる可能性があります。先述したとおり、都心部と徳島県の最低賃金は大きく差が開いています。

 東京都の最低賃金が1,041円なのに対し、徳島県の最低賃金は824円です。217円も最低賃金に格差があります。

しかし、年収は下がってしまうものの、都心部よりも生活費がかからないのがメリットです。家賃を含めた生活費を抑えられるでしょう。

年収が低くても、都心部より余裕ある生活を送れる人も少なくありません。

※参照:厚生労働省

地域コミュニティに参加する必要がある

徳島県に転職すると、地域コミュニティに参加する必要があります。町内会のボランティア活動や祭りの参加を求められるかもしれません。

 都心部では隣人と顔を合わせるだけのご近所付き合いをしていた人は、慣れるまで時間がかかってしまうでしょう。

しかし、それぞれの土地にルールがあるため、移住をする以上はルールに従う必要があります。

もし地域コミュニティへの参加に抵抗があるなら、できるだけ移住者が多いエリアを選びましょう。

徳島県へ転職する方法

パソコンを入力する人

ここからは、徳島県へ転職する方法をご紹介します。徳島県へ転職を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

徳島県へ転職する方法
  • 知人に紹介してもらう
  • 企業サイトから直接応募する
  • 転職エージェントに登録する

知人に紹介してもらう

徳島県に住んでいる・ゆかりのある知人から、転職先を紹介してもらう方法があります。求人を探す手間が省けるのがメリットです。

 また、知人の紹介ということもあり、通常の選考フローを省略できる可能性があるでしょう。効率よく転職活動を進めたい人におすすめです。

しかし、知人に紹介してもらう方法は、もし転職先が合わなかった場合に退職を言い出しにくいので注意してください。

知人に紹介してもらう際、自分に合う職場かどうかよくチェックしておきましょう。

企業サイトから直接応募する

スマホ画面を操作する人

徳島県へ転職したいなら、企業サイトから直接応募する方法もおすすめです。企業サイトから直接応募すると、採用担当者の目に留まりやすくなります。

 求人サイトから応募する求職者が多いなかで、直接企業サイトから応募する方法は志望度が高いと認識されやすいでしょう。

しかし、徳島県にある一つひとつの企業サイトを閲覧するのは時間がかかります。特定の企業に応募したいと考えている人のみ有効な方法といえます。

応募したい企業がすでに決まっているのであれば、企業サイトをチェックしてみてください。

転職エージェントに登録する

徳島県へ転職する方法で悩んでいるなら、転職エージェントに登録しましょう。転職エージェントに登録すると、あなたの希望条件に合った求人を紹介してくれます。

 徳島県へ転職したいことをキャリアアドバイザーに話しておけば、徳島県の求人をピックアップしてくれるでしょう。

また、転職エージェントでは定期的に転職フェアや相談会を実施しています。徳島県の企業がイベントに参加していれば、採用担当者と直接話せるチャンスです。

求人を紹介してくれるだけでなく、情報収集に役立つのも転職エージェントのメリットといえます。

徳島県への転職におすすめの転職エージェント4選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 業界最大級の非公開求人を保有
  • 各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍
  • 応募書類の添削や面接対策にも対応

徳島県のさまざまな求人を見比べたいなら、リクルートエージェントがおすすめです。2022年2月現在、徳島県の公開求人は699件あります。

 また、非公開求人を豊富に保有しているのも、リクルートエージェントの魅力です。徳島県の非公開求人は、2022年2月時点で956件ありました。

非公開求人はほかの転職サイトに掲載されていない求人も多く、ライバルが少ない環境で転職活動を進められます。

公開求人と比べて、非公開求人は給料や待遇が良いのも魅力ですね。

求人数※2022年2月19日現在 166,412件
徳島県の公開求人数※2022年2月19日現在 699件
おもなサービス
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 選考サポート
エリア 全国
運営会社 株式会社リクルート

※出典:リクルートエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 社風や人間関係を事前に伝えてくれる
  • 求職者の強みや価値観を丁寧にヒアリング
  • 夜間や土曜日の相談も受け付けている

求人票に掲載されていない情報を知りたいなら、マイナビエージェントがおすすめです。マイナビエージェントには、企業へ直接足を運んでいるリクルーティングアドバイザーがいます。

 リクルーティングアドバイザーは企業を直接見ているため、企業文化や働いている人のことを熟知しているのが魅力です。

慣れない土地へ移住し、働く人にとって心強い味方になってくれるでしょう。自分に合う企業かどうか判断しやすくなります。

マイナビエージェントに登録したら、ぜひ積極的に質問してみてください。

求人数※2022年2月19日現在 34,726件
徳島県の公開求人数※2022年2月19日現在 174件
おもなサービス
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 選考サポート
エリア 全国
運営会社 株式会社マイナビ

※出典:マイナビエージェント

doda

doda

おすすめポイント
  • 企業から直接スカウトを受け取れる
  • 転職フェアやセミナーが開催されている
  • 転職に役立つコンテンツが豊富

dodaに登録して履歴書・職務経歴書を記載すると、企業から直接スカウトを受け取れます。選考を有利に進めたい人におすすめです。

また、定期的に転職フェアやセミナーが開催されているのも魅力です。

 なかには徳島県から参加している企業もあるので、直接話を聞けるチャンスといえるでしょう。

そのほかにも、転職に役立つコンテンツが豊富なのも魅力です。転職活動でわからないことがあれば、dodaのコンテンツを閲覧してみてください。

キャリアタイプ診断や年収診断など、気になるコンテンツが満載です。

求人数※2022年2月19日現在 124,976件
徳島県の公開求人数※2022年2月19日現在 1,536件
おもなサービス
  • 求人検索
  • スカウト機能
  • 転職お役立ちコンテンツ
エリア 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

※出典:doda

いつか徳島

いつか徳島

おすすめポイント
  • 徳島県の正社員求人に特化している
  • ミスマッチを防ぐための情報提供
  • 地元企業ならではの情報収集力

徳島県に特化した転職エージェントを探しているなら、いつか徳島がおすすめです。徳島県の正社員求人のみを掲載しています。

 また、転職後のミスマッチを防ぐために、社風や社員のタイプ・有給消化率なども教えてくれる心強い味方です。

入社後のミスマッチを阻止したい人は、いつか徳島に登録して話を聞いてみるとよいでしょう。地元企業ならではの情報収集力にも長けています。

大手の転職エージェントと併用することで、それぞれのサービスの良いとこどりができますよ。
求人数※2022年2月19日現在 303件
徳島県の公開求人数※2022年2月19日現在 303件
おもなサービス
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 転職お役立ちコンテンツ
エリア 徳島県
運営会社 ムツビエージェント株式会社

※出典:いつか徳島

まとめ

徳島県は自然豊かなだけでなく、化学工業をはじめとした産業が盛んです。有効求人倍率を確認しても東京と大差ないため、働き口に困ることはほとんどないでしょう。

また、都心部よりも生活費を抑えられるのがメリットです。

家賃や食費が安いので、たとえ年収が低くなったとしても、ゆとりある生活を送れます。

徳島県へ転職したいなら、転職エージェントを活用してみてください。キャリアアドバイザーが徳島県の求人を紹介してくれるため、求人を探す手間が省けます。

さらに、転職フェアや相談会に参加すると、有益な情報を得られるチャンスです。ぜひこの記事を参考にして、徳島県への転職活動を成功させてください!

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事