トヨタへの転職の難易度は?評判や年収、役立つスキルもご紹介

トヨタへの転職の難易度は?評判や年収、役立つスキルもご紹介

トヨタは、日本だけでなく世界にも有名な巨大自動車メーカーです。企業名だけでなく、トヨタ独自の生産管理方式も注目されており、海外でそのノウハウやスキルが紹介されることもあります。

そんな一流企業であるトヨタへの転職を希望する方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、トヨタへの転職について詳しく解説します。

この記事でわかること
  • トヨタの企業情報
  • トヨタの口コミ・評判
  • トヨタへの転職に向いている人の特徴
  • トヨタへの転職に役立つ資格・スキル

トヨタを目指す人におすすめの転職エージェントも紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

転職前に要チェック!トヨタの企業情報

トヨタ

トヨタへの転職を考える人にとって、企業情報や平均年収は気になるポイントでしょう。ここではトヨタの規模や年収などをご紹介します。

会社名 トヨタ自動車株式会社
主なオフィス拠点 愛知・東京
資本金 6,354億円(2021年3月末時点)
従業員数 71,373人(2021年3月末時点)
売上高 7兆9355億円(2021年度)

出典:https://global.toyota/jp/company/?padid=ag478_from_header

企業情報

トヨタはトヨタ自動織機製作所の自動車部門が独立して誕生した自動車メーカーで、国内でのシェアは4割を超えています

また、自動車以外にも車とITを融合させた「e-TOYOTA事業」や、クルーザーを製作する「トヨタマリン」など幅広い事業展開を行っています。

トヨタは未来のモビリティ社会のリードを目標とし、車づくりで培ってきた技術を他分野にも注力しています。

平均年収

転職前に要チェック!トヨタの企業情報

トヨタが有価証券報告書で公表している2021年度の平均年収は858万円と発表されています

あくまで平均年収であり、年齢やポジションによって差があると考えられますが、一般企業と比較して高収入といえるでしょう。

最終学歴によって差が生じるため、高卒と大卒でも年収に開きが出るようです。

※https://global.toyota/pages/global_toyota/ir/library/securities-report/archives/archives_2021_03.pdf

転職先としてどう?トヨタの口コミ・評判

転職先としてどう?トヨタの口コミ・評判

ここではトヨタで働いたことのある人による口コミ・評判をご紹介します。

トヨタで働く人の口コミや評判例
  • ワークライフバランスが確保できている
  • 休みがとりやすく、給与水準も高い
  • 女性だからといって差別されることも優遇されることも特に無い
  • 近年実力主義をかかげているものの、まだまだ年功序列

働き方、年収に関してはおおむね高評価の口コミが多く見られました。

 女性の採用も積極的に行っており、職場での男女間の格差もない様です。

また、トヨタは正社員の在宅勤務制度を恒久化していて、工場勤務にも適用を検討しています。「在宅勤務によって移動時間や会議の手間が減る」とメリットを強調しており、制度拡充に前向きな姿勢を示しています。

新型コロナ感染予防に加え、育児中、介護中の社員が仕事と両立できる職場環境を目指しているようです。

人材不足が懸念される昨今のなか、ますます女性の活躍の場が増えそうですね!

トヨタへの転職で募集されている職種

トヨタでは通年で多くの職種の人材を募集しており、スキルや経歴次第では中途入社も可能です。ここではトヨタが募集している職種の中から、一部の職種をご紹介します。

トヨタが募集している職種例
  • ソフトウェア系
  • 技術系
  • 事務系
  • 新卒博士

ソフトウェア系

トヨタへの転職で募集されている職種

ソフトウェア系の業務内容は、電子制御システムに関わる部品の開発などです。

応募資格は学位のほかに車体構造の知識・構造力学、料力学、機械設計の知識や、CATIAスキルまたはCATIAの実務など、専門的なスキルの保有が必須となっています。

即戦力を求められるため、学校で専攻していたか、実務経験が必要不可欠となるでしょう。
主な仕事内容
  • 電子制御される内外装機能部品のシステム開発
  • システム企画およびアーキテクチャ設計
主な応募資格 学士卒以上もしくは同等の経験

技術系

技術職とは、工学などを元に組み立てられた作業レーンから、実際にものづくりを行う職種のことを指します。そのため、応募資格には学位以外に先進技術開発の実務経験が求められます。

主な仕事内容
  • アプリケーション開発
  • アプリケーションのグローバル展開
  • 車両開発と連動したシステム開発
主な応募資格
  • 学士卒以上もしくは同等の経験
  • 実務経験者

事務系

トヨタへの転職で募集されている職種

トヨタでは開発や技術関連の職種だけでなく、事務系の正社員求人も多く行っています。

応募資格は学位のほかにも経理、財務部門での実務経験などが設定されています。また、商社、金融機関の出資部門いずれかの経験があれば転職において優遇されるようです。

主な仕事内容
  • 経理・財務
  • 出資案件へのコンサルティング
  • 出資先の状況フォロー・ポートフォリオ管理
  • ベンチャーファンドの状況フォロー・管理
主な応募資格 学士卒以上もしくは同等の経験

自分にも転職できる?トヨタへの転職難易度とは

自分にも転職できる?トヨタへの転職難易度とは

トヨタでは採用を通年で行ってはいるものの、難易度が高いことでも有名です。では、実際どのくらいの難易度なのか、ここではトヨタへの転職状況を解説していきます。

トヨタへの転職事情をしっかり把握したうえで、転職準備を行いましょう!

採用倍率が高い

トヨタは転職先としても人気が高く、求人には多くの転職希望者の応募が集中します。その証拠として2021年の転職人気企業ランキングでは総合1位を獲得しています。

過去数年にわたり、同ランキングの上位であり続けることから、トヨタは多くの転職者の憧れの企業ともいえるでしょう。

そのため、採用倍率も高く自ずとライバルもハイスペックな人材が多くなります

選考工程は一次選考、二次選考、最終選考の3段階選考がほとんどで、エントリーから内定まで時間がかかるのも特徴です。

※https://doda.jp/guide/popular/

学歴・経験が必要

自分にも転職できる?トヨタへの転職難易度とは

トヨタは中途採用募集も通年で行っていますが、ほとんどの職種で学歴や経験が必須となっています。

トヨタへの転職に必要な学歴・経験例
  • 技術系は「理工系の高専」「大学」卒以上
  • 事務系は「大学」「短大」卒以上の学歴
  • 応募する職種での実務、研究経験または同等の経験

職種によっては理系学部の学士、博士以上の最終学歴が必要となり、応募自体が狭き門となっています。

中には「学歴不問」「第二新卒可」や「全学部全学科対象」の求人もありますが、応募が殺到し、かなりの倍率になることが予想されます。

いずれも中途採用は実務経験が必須のため、未経験での転職は難しいと考えられます。

トヨタへの転職が向いている人の特徴

応募資格などを踏まえたうえで、トヨタへの転職を成功させるためには「適性」が求められます。ここではトヨタへの転職が向いている人の特徴をご紹介します。

トヨタへの転職が向いている人の特徴
  1. トヨタウェイの理念を理解している
  2. 車が好き
  3. 幅広い業務に適応できる
  4. チームでの業務が得意

1.トヨタウェイの理念を理解している

トヨタへの転職が向いている人の特徴

トヨタは、経営理念として「トヨタウェイ2020」という行動指針を掲げています。トヨタへ転職するためには、このトヨタウェイへの理解が必要です。

トヨタウェイ
  • 「だれか」のために
  • 誠実に行動する
  • 好奇心で動く
  • ものをよく観る
  • 技能を磨く
  • 改善を続ける
  • 余力を創り出す
  • 競争を愉しむ
  • 仲間を信じる
  • 「ありがとう」を声に出す

公式サイト

トヨタウェイの2つの柱は「知恵と改善」「人間性尊重」です。

つまり、トヨタウェイでは現状に満足することなく改善のための知恵を出し続けること、あらゆるステークスホルダー(利害関係者)を尊重することを求めています。

トヨタでは、トヨタウェイの理念を理解して、それに基づいた行動をしなければなりません。

より高い目標を立ててチャレンジする人、関係者に感謝の気持ちを持ち続ける人が、向いている人になりますね!

2.車が好き

会社として先を見据えた多角化経営をしているトヨタですが、社員として関わるのは車に関連する業務です。

トヨタで高いモチベーションを保ちながら働くためには、「車が好き」であることが重要となります。

 直接車に関わることの少ない事務系の採用情報には、応募資格の歓迎項目で「車が好きであれば尚よい」という文言もあります。

車が好きという気持ちがあれば、スキルアップのための勉強も前向きに取り組めるでしょう。

3.幅広い業務に適応できる

トヨタへの転職が向いている人の特徴

トヨタには、進化し続ける人材を評価する風土があります。そのため、ひとつの業務、やり方にこだわらず幅広い業務に対応できる柔軟性のある人は、トヨタへの転職に向いているといえるでしょう。

急な配置換えなどにも前向きに対応してくれる社員は企業にとって、ありがたい存在です!

4.チームでの業務が得意

トヨタに限らず、自動車産業では各現場や関係各社との連携が必要です。個性を発揮しながらもチームとしての取り組みにやりがいを感じられる人がトヨタへの転職に向いています。

仲間を信じ、感謝の気持ちをきちんと口にできる協調性も必要となるでしょう。

トヨタへの転職に役立つ資格・スキル

トヨタへの転職に役立つ資格・スキル

トヨタへの転職では即戦力となる資格やスキルが重要視されます。応募要項などで記載されていた応募資格とは別の「歓迎項目」から、有効とされるスキルをまとめてみました。

役立つ資格・スキル
  • 語学
  • 応募したい職種での経験
  • SPIの非言語スコア

語学

語学力は採用時に必須の項目ではありません。しかし、トヨタはグローバル企業のため、語学スキルが高いことは転職において重要なアドバンテージとなります。

また、トヨタでは海外から技能実習生を受け入れているため、現場レベルでも語学スキルがある人材は優遇されるでしょう。

 TOEICスコアは採用時には問われない一方、昇進時には最低600点が必要となります。

中国からの技能実習生が多いので、中国語も歓迎される語学スキルのひとつです。

応募したい職種での経験

トヨタへの転職に役立つ資格・スキル

トヨタへの転職において専門知識があることは当然とみなされるため、中途採用の場では実務経験の中で培われた対応能力、提案能力など、プラスアルファの要素が問われます。

特に、技術職の中途採用ではその傾向が強く、システム開発などにおいては研究だけでなく、実際にサービスとして提供した経験を問われる職種もあります。

応募する職種によっては、3~5年の実務経験が求められることもあります。

SPIの非言語スコア

採用選考の筆記テストでは、言語・非言語の性格診断があります。

 トヨタへの転職では、とくに非言語スコアが重視されるといわれています。

非言語の科目には、以下の9つがあります。

非言語分野の科目
  1. 推論
  2. 割合と比
  3. 損益算
  4. 順列・組み合わせ・確率
  5. 代金清算
  6. 料金割引
  7. 速度算
  8. 集合
  9. 仕事算

このように、非言語分野では主に計算問題が出題されます。制限時間も限られているため、いかにスピーディーに解いていくかがカギとなるでしょう。

SPI通過のボーダーラインなどは発表されていませんが、内定をより確実なものにするためにもSPI対策は一通りしておくのがおすすめです。

トヨタへの転職面接で聞かれやすいこと

トヨタへの転職面接で聞かれやすいこと

トヨタの採用では基本的に、書類選考を通過した後、二次選考、最終選考と2回の面接の場が設けられます。面接を突破して内定に結びつけるためには、面接対策が最も重要です。

トヨタの転職面接では聞かれやすいことがいくつかあります。ここではトヨタの転職面接で聞かれやすい質問をご紹介します。

トヨタの転職面接で聞かれやすいこと
  • なぜトヨタを志望したのか
  • なぜ自動車業界なのか
  • 自分の強み・弱み
  • 成果を出すためのアプローチの仕方と理由
  • 挫折した経験
  • 大切にしている価値観
  • 周囲を巻き込んで成果を出したエピソード
  • トヨタで貢献できるスキル
  • 好きな車

中途採用では、なぜ転職先として選んだのか、必ず志望動機が聞かれます。その際、ほかの自動車メーカーではなく、なぜトヨタを選んだのかを明確に伝える必要があります。

 ホンダや日産など、競合他社の情報も頭に入れておくといいでしょう。

また、周囲を巻き込んで成果を出したエピソードなど、チームリーダーとしての素質を具体的なエピソードで提示できるよう準備が必要です。

転職の面接対策のためには自分のスキルや経歴の棚卸が不可欠です!

トヨタへの転職方法

トヨタへ転職するための代表的な方法は、主に2種類あります。それぞれにメリットがあるため、応募方法は転職活動のスタイルに合わせて選びましょう

1.公式サイトから応募

トヨタへの転職方法

トヨタでは公式サイトで採用活動を行っており、職種ごとに募集要項や選考スケジュールも記載されているため、そこで応募資格など詳細を確認することができます。

直接応募するメリット
  • 詳しい企業情報も併せて入手できる
  • 採用担当者と直接やりとりができる

企業サイトからの応募は、応募から選考までの期間がかかる場合もあるため、素早く転職したい人には不向きかもしれません。

また、自分の力で書類選考や面接をクリアしていく必要があるため、誰かのサポートを受けたい人には向いていないでしょう。

直接の応募は、転職活動に慣れている人向けと言えるでしょう。

2.転職エージェントを活用

転職エージェントなどの掲載求人から応募する方法もあります。

転職エージェントを利用するメリット
  • 新規求人情報がすぐ手に入る
  • 自分に合った求人を探しやすい
  • 非公開求人を紹介してもらえる
  • 職場環境などリアルな情報を教えてもらえる
  • 応募書類の添削や面接対策など転職活動のサポートが受けられる

転職エージェントを利用した場合、企業とのやりとりはキャリアアドバイザーが代行して行ってくれます。

 転職エージェントのメリットは、転職活動のサポートが無料で受けられることです。

書類選考で必要な履歴書・職務経歴書作成の添削や面接対策などのほかに、企業との面接日程調整や、待遇交渉の代行サポートも受けられます。

転職のプロのアドバイザーからのサポートを受けることで、ひとりでの転職活動よりも内定率がアップするかもしれません。

転職エージェントによっては各企業の採用情報や、面接で重視するポイントなども教えてもらえますよ!

年収アップの裏技をご紹介!

年収アップの裏技は「転職エージェント」の利用です。多くの人が転職の際にとりあえず登録する「転職サイト」と違い、転職エージェントはアドバイザーがあなたの転職をサポートしてくれます。

リクルートエージェント」は完全無料で利用可能な転職エージェントで、利用者の60%以上が年収アップを成功させたという実績があります。 ※https://www.r-agent.com/service/data/
経験豊富なキャリアアドバイザーはあなたの希望年収を企業と代わりに交渉してくれます!希望の年収はアドバイザーに事前に相談しておきましょう。
リクルートエージェントの強みは非公開求人の多さです。保有する非公開求人はなんと10万件以上!紹介してもらえる求人の幅も広がります。
 非公開求人は一般に公開すると応募が殺到してしまう好条件の求人であることが多いです。
内定獲得のための選考対策も充実しています。年収を上げたいと考えているなら、ぜひリクルートエージェントに登録しましょう!
リクルートエージェント


おすすめポイント
  • 業界でもトップクラスの非公開求人数!
  • 全国どの地域に住んでいても利用可能!
  • 模擬面接など、選考対策も手厚い!
  • 完全無料

トヨタを目指す人におすすめの転職エージェント4選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 業界でもトップクラスの非公開求人数!
  • 全国どの地域に住んでいても利用可能!
  • 模擬面接など、選考対策も手厚い!
  • 完全無料

リクルートエージェントは16万件以上※1の非公開求人を持つ転職エージェントです。

 非公開求人は公開すると応募が殺到してしまうような好条件求人である場合がほとんどです。

自分のアピールポイントや、どのような仕事がわからない、といった場合でもキャリアアドバイザーとの面談を通して、自分にぴったりの求人を見つけることができます。

応募書類の添削や、面接の対策も受けることができます。
企業の分析も細かく行っているため、求人を紹介する段階から、企業について詳しく教えてもらえます。入社後のミスマッチを防ぐことができますよ。
運営会社 株式会社リクルートキャリア
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 職務経歴書エディター
  • 面接力向上セミナー
  • 担当者面談
公開求人数 114,943件※2021年6月10日時点
拠点 全国対応可

東京/西東京/宇都宮/さいたま/千葉/横浜/京都/大阪/神戸/名古屋/静岡/北海道/東北/岡山/広島/福岡

doda

doda

おすすめポイント
  • 完全無料で利用できる
  • 非公開求人を豊富に扱っている
  • 専任アドバイザーによるサポートを受けられる

dodaは、非公開求人を豊富に扱っている転職エージェントです。一般公開されない求人の中には、自分では出会えなかった好条件の求人が含まれている可能性もあります。

 2021年9月10日時点で、トヨタの本社やトヨタ自動車出資企業の求人を多数掲載しています。

dodaに掲載されているトヨタの求人には、学歴・経験不問のものや第二新卒歓迎のものもあります。Web面接も行われているため、遠方からトヨタへの転職を目指す方も応募しやすいでしょう。

毎週月・木曜に新着求人が届くため、小まめに公式サイトをチェックしておきましょう。
公開求人数※2021年9月10日時点 97,353件
トヨタの求人取り扱い実績 あり
主なサービス・機能
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • スカウト
  • 転職ノウハウ
利用可能地域 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

出典:https://doda.jp/

パソナキャリア

パソナキャリア

おすすめポイント
  • 完全無料で利用できる
  • オリコン顧客満足度調査「転職エージェント」第1位を獲得
  • 16,000社以上の企業と取引実績がある

パソナキャリアは、オリコン顧客満足度調査「転職エージェント」第1位を獲得した実績を持つ転職エージェントです。

 公式サイトには注目企業としてトヨタ専用の求人ページが設けられ、エンジニアや営業、製品開発などさまざまな職種が募集されています。

パソナキャリアを利用して転職した人の年収アップ率は67.1%と高いため、トヨタへの転職で収入アップを目指したい方にもおすすめです。

公式サイトでは、転職セミナーや相談会の情報も入手できますよ。
公開求人数※2021年9月10日時点 37,053件
トヨタの求人取り扱い実績 あり
主なサービス・機能
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • スカウト
  • キャリアカウンセリング
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社パソナ

出典:https://www.pasonacareer.jp/
※https://career.oricon.co.jp/rank_shoukai/

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

おすすめポイント
  • 完全無料で利用できる
  • 年収800万~2,000万円のハイクラス求人を多数扱っている
  • 登録後はスカウトを待つだけで転職活動ができる

リクルートダイレクトスカウトは、年収800万円以上のハイクラス求人を多数保有している転職エージェントです。

 公式サイトでは厳選求人として、国内の大手企業とともにトヨタの求人もピックアップされています。

リクルートダイレクトスカウトでは、会員登録をして匿名のレジュメを公開するとヘッドハンターからスカウトが届きます。充実した魅力的なレジュメを作成することで、トヨタの求人にスカウトされる可能性も高まるでしょう。

スカウトを待つだけで良いので、忙しい方でも利用しやすいですね。
公開求人数※2021年9月10日時点 73,773件
トヨタの求人取り扱い実績 あり
主なサービス・機能
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • スカウト
  • ヘッドハンティング
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社リクルート

出典:https://careercarver.jp/

まとめ

今回は、トヨタへの転職について詳しくご紹介しました。福利厚生が充実していて、働きやすい環境整備に取り組むトヨタなら、転職後も長く働き続けられるでしょう。

ただし、内定を勝ち取るのは難易度が高く、また内定後もスキルアップへの前向きな姿勢が求められます。

高い目標を設定し挑戦し続けるトヨタの企業理念に共感できる人は、ぜひ転職にチャレンジしてみてください。

一人での転職活動が不安がある人や、転職に際し自分のスキルにあった条件交渉まで行いたい、という人は、転職エージェントで相談をしてみるのもおすすめです。

記事内で紹介した転職エージェントは無料ですべてのサービスを利用できるため、ぜひチェックしてみてください。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事