Webデザイナーは未経験でもなれる?求められるスキルや転職方法を解説

Webデザイナーは未経験でもなれる?求められるスキルや転職方法を解説

「未経験からWebデザイナーになりたい!」と考えている人も多いのではないでしょうか。

昨今Webデザイナーは人気が高まっている職業です。デザインが好きな人・手に職をつけたい人におすすめです。

しかし、インターネット上ではさまざまな情報があふれており、実際に未経験から目指せるのか疑問を覚えてしまいます。

そこで本記事では、未経験からWebデザイナーを目指したい人に関する以下の項目を解説します。

この記事でわかること
  • Webデザイナーの仕事内容
  • Webデザイナーに向いている人の特徴
  • Webデザイナーを目指したい人におすすめの転職エージェント

この記事を読めば未経験からWebデザイナーを目指せるかわかるだけでなく、Webデザイナーを目指したい人におすすめの転職エージェントも把握できます。

Webデザイナーを本格的に目指している人はもちろん、Webデザイナーに興味がある人もぜひ最後まで読んでみてください。

未経験者必見!まずはWebデザイナーの仕事内容を知ろう

デザインを決めている人

まずは、Webデザイナーの仕事内容を理解しましょう。Webデザイナーのおもな仕事内容は以下のとおりです。ひとつずつ解説します。

Webデザイナーのおもな仕事内容
  • Webサイトの構成とレイアウト考案
  • Webサイトのデザイン
  • Webサイトのコーディング

Webサイトの構成とレイアウト考案

Webデザイナーはすぐにデザインをスタートするのではなく、Webサイトの大まかな構成や方向性を考えることから仕事を始めます。

 構成や方向性をしっかり決めておかないと、目指していたWebデザインとズレてしまうので注意が必要です。

見た目の美しさはもちろん、ユーザーが使いやすいような工夫も欠かせません。UI(ユーザーインターフェース)の知識も求められます。

Webサイトに訪れるユーザーを想定しながら、構成を考えていくのがポイントです。

Webサイトのデザイン

デザインを行っている人

次に、Webサイトのデザインを考案します。レイアウトとズレがないように、色合いや装飾決めなどを決定していく段階です。

 このフェーズでは、illustratorやPhotoshopなどのツールを使用します。基本的な使い方はマスターしておくとよいでしょう。

基本的にレイアウト考案・Webサイトのデザインは、クライアントやWebディレクター・プロデューサーと相談しながら決定していきます。

Webデザイナーは1人で黙々と進める印象がありますが、意外にもコミュニケーションをとる機会が多くありますよ。

Webサイトのコーディング

クライアントとWebデザインの合意がとれたら、HTMLやCSSなどの言語を用いてWebサイトを構成していきます。

 HTMLは文章や画像などの要素を表し、CSSでは配置・フォント・色などを指定します。

Webデザイナーを目指すなら、これらの言語も習得していきましょう。最初は難しく感じるかもしれませんが、徐々に慣れていきます。

Webサイトの使いやすさやデザイン性に留意しながら、事前に決めたレイアウトとズレが生まれないようにしましょう。

集中力が必要な作業なので、根気よく業務を行っていくことが大切です。

Webデザイナーの平均年収とは?

ドル札を持っている人

Webデザイナーの平均年収は448万円です。月収に換算すると、およそ37万円という結果になりました。

 日本人全体の平均年収は433万円です。Webデザイナーの平均年収は日本人全体の平均年収よりも上回っています。

しかし、Webデザイナー全体の給与幅は274〜784万円と比較的広い印象です。求められるスキルや勤務先によって、大きく年収が異なります。

求人に応募する際は、未経験者の年収がどれくらいなのか確認しておくとよいでしょう。経験者・未経験者で年収の差が大きく開く可能性があります。

一時的に年収は低くなるかもしれませんが、昇給によって前職の年収を上回ることもあります。

※出典:求人ボックス 給料ナビ
※出典:国税庁『令和2年分民間給与実態統計調査結果』

未経験からWebデザイナーへ転職は可能?

紙に描いてデザインしている人

未経験からWebデザイナーへ転職することは可能です。Web集客に力をいれ始めている企業が多く、Webデザイナーの需要は今後高まっていくでしょう。

 しかし、いくら未経験といっても、完全な未経験からの転職は難しい場合があります。

実務ではなくても、作品をいくつか用意しておくとよいでしょう。選考の際に、作品を提出する必要があるかもしれません。

また、過去の作品を1つにまとめたポートフォリオの提出が求められることもあります。自主制作した作品はまとめておく方法がおすすめです。

ポートフォリオを無料で作れるサービスもあるので、ぜひ活用してみてくださいね。

Webデザイナーに向いている人の特徴

ペンタブで絵を描いている人

Webデザイナーに向いている人はどのような特徴があるのでしょうか。それぞれの特徴を詳しく確認していきましょう。

Webデザイナーに向いている人の特徴
  • ものづくりが好きな人
  • センスに自信がある人
  • 論理的思考を持ち合わせている人

ものづくりが好きな人

ものづくりが好きな人はWebデザイナーとして、すぐに活躍できる可能性が高いです。なぜなら、Webデザイナーは思いを形にする職業だからです。

 仕事内容でもご紹介したとおり、Webデザイナーはデザインの方向性やWebサイトのイメージを固めます。

一からデザインを考案する機会も多いため、ものづくりが好きな人は楽しみながら仕事を進められるでしょう。

時には納得のいくデザインが生まれるまで時間がかかるかもしれません。しかし、それを苦に思わない人がWebデザイナーに向いています。

時間をかけてでも、ものづくりを妥協しない人に適性があるんですね。

センスに自信がある人

パソコンを見ながら絵を描いている人

自分のセンスに自信がある人も、Webデザイナーに向いています。Webデザイナーはセンスが求められる仕事が大半です。

 Webサイトの見た目を良くするセンスはもちろん、ユーザーが使いやすいと感じる工夫もセンスが求められます。

日頃からインプット・アウトプットを繰り返すことで、センスは磨かれていきます。Webデザイナーを目指すなら、センスを磨くことも忘れずに行いましょう。

センスは一朝一夕で身につきません。長期的に磨いていきましょう。

論理的思考を持ち合わせている人

論理的思考を持ち合わせている人も、Webデザイナーとしてすぐに活躍が期待できます。

 Webデザイナーは見た目・使いやすさにこだわりながら、Webデザインを考えていくのがおもな仕事です。

そのため、直感だけでデザインを決めていくと、見た目・使いやすさを両立できない場合があります。論理的思考を用いながら、誰もが使いやすいWebサイトを目指しましょう。

論理的思考があれば配色や装飾を決める際、大いに役立ちますよ。

Webデザイナーに求められるスキル・能力は?

デザイン資料を広げている人

Webデザイナーに求められるスキル・能力にはどのようなものがあるのでしょうか。それぞれ詳しく確認していきましょう。

Webデザイナーに求められるスキル・能力
  • デザインスキル
  • コーディングスキル
  • コミュニケーションスキル

デザインスキル

Webデザイナーになるためには、デザインスキルは欠かせません。Webサイトの見た目となるデザインの構成や方向性を打ち出していくのも、Webデザイナーの仕事です。

 illustratorやPhotoshopなどツールを使用する機会が多いため、これらツールの基本的な使い方をマスターする必要があります。

また、デザインの理論も必要です。デザインの理論をおさえておくと、直感だけに頼らないデザインを身につけることができます。

未経験でもデザインスキルを身につけておくことで、早期に活躍できますよ。

コーディングスキル

コーディングする女性

Webデザイナーを目指す際、コーディングスキルも求められます。制作したデザインをWeb上で閲覧できる形にするのがコーティングの役割です。

 HTMLやCSS・JavaScriptなどの言語を使用しながら、考案したデザインを表示させていきます。

コーディングスキルがあれば、活躍できる幅が広がります。特に、ゆくゆくは独立を目指しているなら、コーディングスキルはあって損はありません。

最初はとっつきにくいかもしれませんが、勉強していくうちに慣れていきますよ。

コミュニケーションスキル

意外にも、Webデザイナーはコミュニケーションスキルが求められます。Webデザイナーは1人で黙々と作業する職業だと誤解されがちです。

 しかし実際は、クライアントやWebプロデューサーなどとデザインの方向性や修正案など、やりとりする機会が多くあります。

特に、クライアントの思いを形にすることが求められます。クライアントの意向を的確に判断するためには、コミュニケーションスキルが欠かせません。

話す力も必要ですが、それ以上にWebデザイナーは聴く力が求められます。

Webデザイナーへの転職におすすめな資格を解説

Webデザイナーは資格がなくても未経験から転職が可能ですが、以下5つの資格を持っていると転職が有利になるので取得をおすすめします。

Webデザイン技能検定

Webデザイン技能検定は国家資格の一つで、厚生労働省認可で未経験からWEBデザイナーを目指す人におすすめです。

レベル(級) 学科受験料金 実技受験料金
1級 7,000円 25,000円
2級 6,000円 12,500円
3級 5,000円 5,000円

ウェブデザイン技能検定より

未経験からWebデザイナーを目指すのであれば、まずは3級の取得がおすすめ。料金も合計1万円なので比較的受験しやすいでしょう。

 2級は実務経験2年以上、1級は7年以上と受験資格があります。

3級であれば誰でも受験可能なので、まずは取得することで「自ら学ぶ意志がある」「ある程度の基礎はできている」と選考も有利に進められるでしょう。

未経験でWebデザイン技能検定を持っていると大きな武器になります。

Webデザイナー検定

Webデザイナー検定はWebページのコンセプトやデザインなど、制作全般の知識が求められる資格です。

Webデザイナーに加えWebプログラマー、Webディレクターなど多方面に活かせるため、将来的にキャリアアップを考えている人にもおすすめできます。

レベル 受験料金
ベーシック 5,600円
エキスパート 6,700円

CG-ARTSより

ベーシックでは基礎知識、エキスパートでは専門的な知識が問われるため、未経験でWebデザイナーを目指すのであればまずはベーシックがおすすめです。

 受験資格は特にないため、自信があればエキスパートも受けてみると良いでしょう。

またベーシックは合格率が8割近いため、ある程度独学で知識をつけていればそこまで合格は難しくないです。

Webデザイナー検定を獲得し、独学で実績を積むとポートフォリオにも書けるので、時間に余裕があれば取得を目指すと良いでしょう。

資格を取ると自信・モチベーションが上がり独学での制作にも良い影響をもたらします。

Webクリエイター能力認定試験

Webクリエイター能力認定試験は、主にデザインやコーディングのスキルが求められる資格です。

実際のWebサイト制作を想定した資格のため、取得することで自分でWebサイトを作れることが証明できるでしょう。

レベル 受験料金
スタンダード 5,900円
エキスパート 7,500円

Webクリエイター能力認定試験より

Webクリエイター能力検認定試験はHTMLによるデザイン技術・レイアウトの表現が試されるため、より実践的な実力が身につきます。

比較的難易度が高くないため、未経験からでもおすすめ。

Illustrator®クリエイター能力検定

Illustrator®クリエイター能力検定は、その名の通りIllustratorのスキルが問われる検定です。

基本的なIllustratorの操作方法や機能の理解が必要で、コンセプト通りのデザインスキルが求められます。

レベル 受験料金
スタンダード 7,600円
エキスパート 8,600円

Illustrator®クリエイター能力検定より

どちらのコースも受験資格は特にありませんが、まずは未経験の場合スタンダードから挑戦すると良いでしょう。

Webデザイナーの求人では、Illustratorの実務経験を問う企業も多いです。

Photoshop®クリエイター能力検定

Photoshop®クリエイター能力検定もIllustratorと並び、Webデザイナーによく求められる資格です。

よく求人表の歓迎条件で、「Photoshop経験者優遇」など見かけたこともあるでしょう。

レベル 受験料金
スタンダード 7,600円
エキスパート 8,600円

Photoshop®クリエイター能力検定より

Photoshopは主に画像の加工や調整を行うソフトで、Webサイトの構築で必要な操作を行います。

Webデザイナーは画像編集を行うシーンも多いため、Photoshopはある程度自由に操れるようになりたいソフトの一つです。

IllustratorとPhotoshopはセットで必要とされる求人が多いので、どちらも獲得しておきたいところです。

未経験からWebデザイナーに転職する方法は?

色見本を見ている人

未経験からWebデザイナーに転職するためには、どのような方法があるのでしょうか。具体的に3つの方法をご紹介します。

未経験からWebデザイナーに転職する方法
  • スクールで仕事を紹介してもらう
  • 企業サイトから直接応募する
  • 転職エージェントを利用する

スクールで仕事を紹介してもらう

Webデザイナーになるためにスクールへ通っているなら、スクール経由で仕事を紹介してもらう方法もあります。

 スクールで仕事を紹介してもらうメリットは、スクールで学んだことをそのまま活かせる可能性が高い点です。

ただし、スクールに通うすべての人に仕事が紹介されるわけではありません。あくまでスクールは、Webデザインのスキルを身につける場所です。

スクールで仕事紹介を希望するなら、情報を常にキャッチアップしておく必要があります。

企業サイトから直接応募する

携帯の画面を見ている人

企業サイトから直接応募する方法もあります。特に、特定の企業で働きたいと考えている人はこの方法がおすすめです。

 企業サイトからの応募は採用担当者の目に留まりやすいメリットがあります。ポートフォリオを添えて応募してみましょう。

しかし、そもそも未経験者を募集していない企業も多く見受けられます。募集要項を入念に確認する必要があるでしょう。

企業サイトからの応募は時間がかかってしまうのも懸念点です。

転職エージェントを利用する

効率的に転職活動を進めたいなら、転職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントを活用すれば、自分に合った求人を提案してくれます。

 未経験でも応募できる求人をエージェントが提案してくれるため、転職活動にあまり時間を割けない人にもうってつけです。

また、エージェントが転職活動を徹底的にサポートしてくれるのも魅力といえます。ポートフォリオの書き方も教えてくれるでしょう。

キャリア相談にものってくれるため、転職活動が不安な人の心強い味方になってくれます。

Webデザイナーにおすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 業界トップクラスの非公開求人を保有
  • 過去の質問例や面接の雰囲気なども教えてくれる
  • 各業界に精通したキャリアアドバイザーによる丁寧なサポート

さまざまな求人を見比べたいなら、リクルートエージェントがおすすめです。Webデザイナーの公開求人件数は、2022年1月時点で390件以上ありました。

公開求人のほかにも、非公開求人を多数保有しているのも魅力です。

 非公開求人はほかの転職サイトに掲載されていない求人が多く、ライバルが少ないなかで転職活動できます。

また、業界・職種に長けたキャリアアドバイザーがいるのもメリットです。Webデザイナーの転職活動でわからないことがあれば、気軽に相談してみてください。

過去の質問例や面接の雰囲気なども事前に教えてくれますよ。

求人数※2022年1月20日現在 156,422件
デザイナーの公開求人数※2022年1月20日現在 393件
おもなサービス
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 選考サポート
対応エリア 全国
運営会社 株式会社リクルート

※出典:リクルートエージェント

ワークポート

ワークポート

おすすめポイント
  • 転職コンシェルジュがマンツーマンで転職サポート
  • 転職活動に便利な無料アプリとスクール
  • 履歴書・職務経歴書作成ツールを使用可能

手厚いサポート体制を望んでいるなら、ワークポートがおすすめです。転職コンシェルジュがマンツーマンで丁寧にサポートしてくれます。

 転職活動に便利な無料アプリやスクールも開講しているのが魅力です。

未経験からWebデザイナーを目指したい人にとって、心強い味方になってくれるでしょう。

さらに、履歴書・職務経歴書作成ツールを使用可能です。応募書類の作成にさほど時間をかけたくない人に適しています。

転職活動に役立つ情報も幅広く提供しているので、情報収集に役立てられますよ。

求人数※2022年1月20日現在 49,475件
デザイナーの公開求人数※2022年1月20日現在 490件
おもなサービス
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 選考サポート
  • 転職お役立ち情報
対応エリア 全国
運営会社 株式会社ワークポート

※出典:ワークポート

マイナビクリエイター

マイナビクリエイター

おすすめポイント
  • Web・ゲーム関連職専門の転職エージェント
  • ポートフォリオの作り方を教えてくれる
  • セミナーや説明会・相談会などを定期的に開催

Webデザイナーをはじめとしたクリエイティブ職に特化した転職エージェントを探しているなら、マイナビクリエイターがおすすめです。

 マイナビクリエイターはWeb・ゲーム関連職に特化した転職エージェントです。

キャリアアドバイザーもクリエイティブ業界に特化した人が在籍しています。

ポートフォリオの作り方を詳しく教えてくれるため、実務経験がまだない人でも安心です。独自のポートフォリオ作成ツールも無料で利用できます。

セミナーや説明会・相談会を定期的に開催しているので、気軽に利用してみてください。

求人数※2022年1月20日現在 4,133件
デザイナーの公開求人数※2022年1月20日現在 278件
おもなサービス
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 選考サポート
  • 転職に役立つイベント開催
対応エリア 全国
運営会社 株式会社マイナビ

※出典:マイナビクリエイター

よくある質問

未経験からでもWebデザイナーになれる?

Webデザイナーになるために必須な資格などはなく、スキルがあれば採用をする企業は多いため未経験からでも目指せます。

未経験でもポートフォリオは必要?
Webデザイナーやプログラマーのような、クリエイティブ系の職種は基本的に実力・スキルが重要視されるため、ポートフォリオは作成すると良いです。
Webデザイナーの将来のキャリアは??
Webデザイナーとして実績を積むと、Webディレクター・WebプロデューサーなどWebサイト全般を手掛ける職種も目指せます。
Webデザイナーにおすすめの資格は?
未経験であればWebデザイン技能検定、経験があればIllustrator®クリエイター能力検定、Photoshop®クリエイター能力検定がおすすめです。
Webデザイナーの求人を探すのにおすすめのサービスは?
転職エージェントや転職サイトで、クリエイティブ職に強いサービスがおすすめです。

まとめ

今回は未経験からWebデザイナーを目指す方法やWebデザイナーを目指す人におすすめの転職エージェントなどをご紹介しました。

未経験でもWebデザイナーは目指せます。デザイン力やコミュニケーションスキルを磨いていけば、早期に活躍できる人材になるでしょう。

効率的にWebデザイナーへの転職を行うなら、転職エージェントの活用がおすすめです。丁寧にサポートしてくれるので、未経験者の心強い味方になってくれます。

ぜひこの記事を参考にしながら、未経験者からWebデザイナーへの転職を成功させてください!

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事