ヤフーの転職難易度は?口コミ・評判や成功のコツも詳しく解説

ヤフーの転職難易度は?口コミ・評判や成功のコツも詳しく解説

検索エンジンやニュースまとめサイトとして知名度のある「Yahoo!(ヤフー)」。利用したことがある人も多いのではないでしょうか。

ヤフーの本社はアメリカにありますが、日本ではYahoo!Japanに転職することができます。

しかし、大企業となると転職に不安を覚えることもあるでしょう。

そこで今回はヤフーへの転職について、難易度や口コミ・評判などを詳しく紹介します。

この記事でわかること
  • ヤフーの企業情報
  • ヤフーの転職難易度
  • ヤフーの転職面接でよく聞かれること
  • ヤフーへの転職を成功させるコツ

ヤフーを目指す人におすすめの転職エージェントも紹介するため、ぜひチェックしてみてください。

転職前に知っておこう!ヤフーの基本情報

Yahoo

ヤフーへの転職を希望する場合、まずは会社概要について知っておく必要があるでしょう。まずは、企業概要や年収について紹介します。

企業概要

ヤフーの主な事業内容は、インターネット広告や会員サービス、イーコマース事業です。また最近では、ファイナンスなどの金融業も盛んになっています。

 PayPayなどの決済サービスもヤフーの傘下です。

今後も電子決済などの新しい技術は発展するといわれているため、ヤフーの事業拡大にも期待できるでしょう。

ヤフーのサイトに表示される広告から得られる収益のほかにも、会員登録することでネットショッピングがお得にできるなどのサービスを付与。

サービスを付与することで、顧客の囲い込みに成功していますね!

提携しているショッピングサイトは多数あるため、普段ネットショッピングをする若い世代にとってもメリットが大きいでしょう。

また、今後高年齢層の獲得ができると、ますます業績の成長に期待できます。

会社名 ヤフー株式会社
事業開始日 2019年10月1日
資本金 199,250百万円(2020年6月30日)
従業員数 6,993人(2020年3月31日)
親会社 Zホールディングス株式会社

出典:https://about.yahoo.co.jp/info/company/

平均年収

転職前に知っておこう!ヤフーってどんな会社?

ヤフーの親会社であるZホールディングス株式会社によると、平均年収は1,105万円です※1

国税庁が発表した令和元年の報告によると日本の平均年収は436万円※2なので、高水準であることがわかります。

勤続年数や役職に応じて年収は上がっていくようです。

※1https://www.z-holdings.co.jp/ja/ir/presentations/earnings.html
※2https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/r01/R01.pdf

ヤフーの転職難易度は?

ヤフーの転職難易度は?

ヤフーへの中途採用には、キャリア採用とポテンシャル採用があります。ポテンシャル採用は、新卒、第二新卒や30歳以下の若い世代を対象に行っているそうです。

 30代以上であれば、必然的にキャリア採用になるでしょう。

そのため、未経験職での転職の場合は若いうちに行動するのがおすすめです。また、キャリア採用では即戦力になる人材が求められます。

キャリア採用の場合は、経験職やスキルがないと難易度が高いです。

自分も転職できる?ヤフーの採用情報とは

キャリア採用の場合、大きく分けて3つの職種が募集されています。それぞれの特徴と求められる人物像を見ていきましょう。

ビジネス

自分も転職できる?ヤフーの採用情報とは

ビジネスでは、プロダクトの企画や交渉、内部監査や広報、経理など会社運営に携わる業務の行います。

ビジネス職の中でもぞれぞれの部門に細分化されているため、自分の経験や性格に合った部門への応募が可能です。

 事務管理や広報など、女性が多く活躍できる職種もあります。

サポートする業務やチームで運営していく業務もあるため、コミュニケーション能力が必要です。

必要となる応募条件のほかに、あると望ましい条件も記載されているため、採用率を上げたい場合は条件クリアを目標にすると良いでしょう。

あると望ましい条件は入社後に習得していけるため、意欲を見せることも大事ですね。

エンジニア

エンジニア職では、ヤフーのデータ解析や開発のほかに、デザインを行うデザイナーなども募集されています。

広告収入が大きいヤフーでは、データの解析や分析、新しいシステムの導入は欠かせません。経験者でスキルがなければ応募できないため、未経験者は一度ほかの企業に転職してから応募しましょう。

専門知識は必要不可欠であるほか、求められるスキルも高度です!

ギグパートナー

自分も転職できる?ヤフーの採用情報とは

ギグパートナーとは、正社員や契約社員、アルバイトとして働くのではなく、業務委託として自由に働ける職種です。

会社に出向くことなく、原則オンラインで仕事を行うため、どこにいてもヤフーの仕事に携われるのが特徴。

 ギグパートナーでは、地方在住の人もヤフーで働くことができます。

ギグパートナーでは、ヤフーのインターネット募金の企画やヤフー事業のけん引ができる人材を募集しています。業務内容は幅広いため、自分に合った職種も見つかりやすいでしょう。

副業として在学中の人でも働けますが、未成年は親の同意が必要です。

転職先としてどう?ヤフーの口コミ・評判

転職先としてどう?ヤフーの口コミ・評判

ヤフーへの転職を検討するとき、業務の内容や待遇などをあわせて口コミをチェックしておくと良いでしょう。

口コミでは実際に働く人のリアルな声が届くため、転職の際の参考になります。

良い口コミ

ヤフーで働く人の良い口コミ
  • ママ社員は働き方の選択肢が多く、バリキャリに向けて働きたい人も十分発揮できる
  • 社内環境が良くサービスが充実している
  • 大学で専攻していたことや、前職での経験が活かせられる部署に配属できた
  • ライフワークバランスが取りやすく休みはプライベートの時間がしっかりとれる

ヤフーの良い口コミには、職場環境や就業時間についてが多く見られました。残業が少ないことや休みを満足にとれることで満足度は高いようです。

また、キャリアを目指す女性にとっても働きやすい環境とのこと。

育児にも理解があるので、女性にとって働きやすい環境ですね!

イマイチな口コミ

ヤフーのイマイチな口コミ
  • 役職につくと仕事量が増えて残業が増える
  • 技術職に対する評価が低く、優秀なエンジニアの退職が多い
  • 部署が細分化されている分、各部署に共通して行われている業務もあり効率の悪さを感じる

役職者になると、通常の業務に加え部下のマネジメントなどもこなす必要があるため、残業が増えるようです。

また、部署が細分化されていることから業務に効率の悪さを感じるという声も見られました。

いずれも今後の企業努力で解消されそうな事案ですね。

ヤフーの転職面接でよく聞かれること

ヤフーの転職面接でよく聞かれること

ヤフーに限らず、転職の場において面接は切っても切り離せないステップです。公表されている採用プロセスは以下のように3ステップですが、職種によっては面接が3回程度行われるようです。

ヤフーの採用プロセス
  1. エントリー
  2. 書類選考
  3. 面接

そのため、複数回行われる面接すべてをクリアする必要があります。

ヤフーの面接でよく聞かれること

ヤフーの面接対策をするためには、面接の質問傾向を把握しておく必要があるでしょう。

ヤフーの面接でよく聞かれること
  • なぜヤフーに転職したいのか
  • どうすれば〇〇(既存のサービス)をもっと伸ばせられるか
  • これまでのキャリアを〇分で説明してください
  • どのようなキャリアを歩んでいきたいか
  • ヤフーのサービスのどこが好きか

今のヤフーに対する意見や改善点を聞かれることも多いようですが、「〇分以内に」と短い時間の中で意見をまとめられる工夫も求められるようです。

また、「自分を野菜に例えると?」「自分を都道府県に例えると?」などといったユニークな質問も過去にはありました。

変化球を投げられても打ち返せるような事前練習が必要ですね!

ヤフーへの転職が向いている人の特徴

ヤフーへの転職が向いている人の特徴

頑張ってヤフーに転職したものの、社風が合わず早期退職することになるのは避けたいでしょう。ここでは、ヤフーへの転職が向いている人の特徴を紹介します。

新しいことへ挑戦できる人

ヤフーでは、既存のサービスを常にアップデートし改善していくのに加え、新しいサービスも次々開発しています。

そのため、新しいことへの挑戦に抵抗心のない人が向いているでしょう。

新しいことをするにはアイデアも大事ですが、勇気も大事ですよ。

協調性がある人

ヤフーへの転職が向いている人の特徴

ヤフーでは、個人での業務もありますがチームでひとつのプロジェクトを進行していくことがほとんどです。そのため、個人の成果ではなくチームの成果を追える人が向いているでしょう。

 エンジニアの技術職も個人での作業のほかにチームミーティングも行っています。

また、ヤフーは人材育成にも力を入れており、会議やミーティングを定期的に開催しています。その際、自分の意見を発信することや相手の意見を聞けるスキルも重要です。

自分の意見を押しつけるのではなく、人の意見を聞く傾聴力も必要ですね。

ヤフーへの転職を成功させるコツ

ヤフーのような大手企業は転職希望者も多く、採用までの難易度が高いのが特徴です。そのため、成功しやすいコツを押さえておきましょう。

ここでは、ヤフーへの転職を成功させるコツを3つ紹介します。

1.前職で経験のある職種へ応募する

ヤフーへの転職を成功させるコツ

ヤフーでは、未経験者でも応募できるポテンシャル採用を設けています。そのため、未経験でも希望があります

しかし、ポテンシャル採用には人間性や今後の成長性を見られるため、確実といえる強味にはなりません。

 30代を過ぎてのポテンシャル採用はほぼ不可能でしょう。

そのため、前職の経験が活かせられる職種への転職がおすすめです。職種によっては応募に実務経験歴を求められることもあるため、経験者であることは強味になります。

経験がない場合は、まず他社で経験を積んでから応募するのもひとつの手ですね。

2.なるべく若いうちに転職活動を始める

ヤフーでは、人材の育成やキャリア構築のため若い人材を積極採用しています。そのため、転職を目指すのであればなるべく早いうちに転職活動を開始することがおすすめです。

 実務経験の必須要項がある場合は、経験を積んでから応募しましょう。

また、ある程度の年齢がいくと即戦力になる人材でなければ採用されにくいのが実情です。

実績やスキルによっては、早くから転職活動をスタートさせる方が有利になるでしょう。

3.転職エージェントを活用

ヤフーへの転職を成功させるコツ

転職エージェントとは、求職者へ求人を紹介したり転職までサポートしたりするサービスです。転職サイトとは違い、担当のアドバイザーが転職に関する相談に乗ってくれるのがポイント。

 一人ではつまずきがちな面接や書類について助言を得ることができます。

また、企業からスカウトがくる転職エージェントもあるため、自分の条件に合った職種や企業を見つけられるでしょう。

大手企業は、登録した人しか見られない非公開求人になっていることも多いですよ。

高年収への近道!適正年収を調べてみよう

自分の年収を上げたい...と感じている人はまず、自分がどれくらいの年収をもらう価値があるのか、適正年収を知る必要があります。

適正年収が自分の今の年収よりも高ければ、転職によって年収アップの可能性があるでしょう。
dodaの年収査定サービスでは、無料の会員登録だけですぐに年収査定の診断を受けることができます。doda会員の186万人のビッグデータから算出された数字なので、信頼感もあります。
dodaの年収査定でわかること
  • 今の年収から何円アップするか
  • あなたの適正年収の求人
  • 転職によって年収がどう推移するか
診断結果のサンプルは以下のようになっています。

年収査定 今の年収から何円アップするかは以下のように表示されます。dodaは転職サイト・エージェントの機能もありますので、そのまま転職を開始することもできますよ。

年収診断

自分の市場価値を知ることは年収アップの近道になるでしょう。ぜひ年収査定を利用して、年収アップを達成しましょう。

ヤフーを目指す人におすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 完全無料で利用できる
  • 豊富な非公開求人を誇る
  • 書類添削や模擬面接など転職支援が充実

リクルートエージェントは、転職支援実績が豊富のため信頼できる転職エージェントです。また、転職において不安になりがちな面接などの対策も支援してくれます。

 2021年9月時点では、ヤフー子会社の求人があります。

転職したい職種に応じた支援制度もあるため、ITなどヤフーの中でも応募したい職種の情報が得られるでしょう。

また、担当してくれるキャリアアドバイザーは業界に精通した人のため、詳しい内情を知ることも可能です。

転職したい職種に応じた専門スタッフがいるのは心強いですね!
公開求人数※2021年9月28日時点 130,014件
ヤフーの求人取り扱い実績 あり
主なサービス・機能
  • 求人紹介
  • 転職サポート
  • 転職ノウハウ
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社リクルート

出典:https://www.r-agent.com/

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

おすすめポイント
  • 完全無料で利用できる
  • ハイクラスの求人が期待できる
  • 実績豊富なヘッドハンターが3,000人以上在籍

キャリアアップは、ハイクラスの求人を取扱い、転職後の年収アップに期待できる転職エージェントです。優秀なヘッドハンターが3,000人も在籍しているため、企業からのスカウトにも期待できます。

 2021年9月時点では、ヤフーが運営するPayPayでの求人があります。

キャリアカバーを利用する人の多くは、さらなるキャリアアップや将来の目標が定まっていることが多く、明確な目的に向かって走っていきたい人に向いている転職エージェントでしょう。

取り扱う求人には、有料会員限定レベルの希少なものもあるようです。登録することで、ヤフーの求人と出会える可能性も高まるかもしれません。

登録・利用は無料なので、一度登録してみるのがおすすめです!
公開求人数※2021年9月28日時点 74,698件
ヤフーの求人取り扱い実績 あり
主なサービス・機能
  • 求人紹介
  • ヘッドハント
  • 転職ノウハウ
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社リクルート

出典:https://careercarver.jp/

doda

doda

おすすめポイント
  • 完全無料で利用できる
  • チャットを使った転職相談が受けられる
  • ITなど職種に特化した転職イベントを開催

dodaは求職者のサポート体制が充実しており、チャットを使った相談も受け付けています。そのため時間を問わず気になったことをすぐに解消できるでしょう。

また、職種に特化した転職イベントも開催しています。ITやエンジニアなどヤフーに通じる職種もあるため、参加することで転職成功が近づくかもしれません。

 転職イベントの参加は無料なので、話を聞くだけでも転職イメージが深まるでしょう。

さらに、dodaではヤフーのさまざまな職種の求人を取り扱っています。dodaを介して応募することで、ヤフーに特化した書類添削や面接対策が可能。

キャリアアドバイザーも過去にヤフーへの転職を扱ってきた人のため、二人三脚で転職に挑めます。

転職ノウハウがある人のサポートは心強い存在ですよね。
公開求人数※2021年9月27日時点 99,543件
ヤフーの求人取り扱い実績 あり
主なサービス・機能
  • 求人紹介
  • 転職ノウハウ
  • 転職イベント開催
利用可能地域 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

出典:https://doda.jp/

まとめ

今回は、ヤフーへの転職について解説しました。ヤフーは誰もが知る大手企業です。そのため、自分の学歴や前職を活かした転職がしやすいのも魅力でしょう。

未経験職にも応募できるため、チャレンジ精神がある人にも向いていますね。

また、ヤフーへの転職成功において欠かせないのが面接のクリアです。ヤフーの面接は複数回行われるほか、頭の回転が必要なシーンもあるでしょう。

そのため、事前の対策や準備が必要です。転職エージェントを利用すれば、転職のプロであるアドバイザーが面接対策や書類添削を行ってくれます。

記事内で紹介した転職エージェントはいずれも無料で利用できるため、上手く活用しながらヤフーへの転職を成功させてくださいね!

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事