薬剤師が企業へ転職するには?働き方やメリット・デメリットも解説

薬剤師が企業へ転職するには?働き方やメリット・デメリットも解説

薬剤師資格を保有している人の中には、企業への転職を検討している人もいるでしょう。しかし、薬剤師の企業への転職の難易度は高く、未経験で転職できるのか不安に思うかもしれません。

また、薬剤師資格を活かして企業で働く職種にはどんなものがあるのか、よくわからないという人もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、薬剤師資格を活かせる企業の職や仕事内容、転職を成功させるためのポイントなどを解説します。
この記事でわかること
  • 企業での薬剤師の働き方
  • 薬剤師が企業に転職するメリット・デメリット
  • 薬剤師が企業への転職を成功させるポイント

さらに、薬剤師が活用すべき転職エージェントについてもご紹介します。この記事を活用して、企業薬剤師への転職を叶えてみてください。

薬剤師が企業へ転職するには?資格を活かせる仕事7選

手のひらに積み上げられた薬

企業へ転職したい!という漠然とした希望だけではなく、薬剤師の資格を活かしてどんな仕事をしたいか考えることが、転職活動を始める第一歩です。

薬剤師資格が必要な仕事から、必須ではないものの薬剤師資格を活かして働ける仕事をまとめてみました。

管理薬剤師

管理薬剤師とは、薬品の管理を担当する、薬の責任者のことです。医薬品を扱う場所には、管理薬剤師の常駐が義務付けされています。

 調剤薬局やドラッグストアはもちろん、製薬会社や医薬品卸売業者にも管理薬剤師が必要です。

管理薬剤師の仕事は、勤める先によっても差はありますが、品質や情報、在庫の管理といった、製品の品質維持がメイン

また、医薬品に関する情報を集めたり、薬剤師の指導をしたりといった仕事も業務の一環です。

土日休みで残業もほとんどないため、安定した働き方を求める人に最適でしょう。

治験コーディネーター(CRC)

注射とワクチン

治験の進行を調整するのが、治験コーディネーターの役割です。

医療機関で医師の指示のもと、治験に関わる事務作業やチームの調整、被験者のサポートを行うのが主な仕事となります。

 新薬についての情報提供や薬剤部との調整といった、薬の専門家としての立ち位置が求められるでしょう。

被験者と関わる機会が多く、患者さんとの触れ合いを重視した働き方がしたい人におすすめです。

治験コーディネーターになるための必須資格はありませんが、医療従事者経験者が多いようです。

臨床開発モニター(CRA)

医薬品開発において、臨床試験がGCPに従いきちんと行われているかどうかチェックする業務を担うのが、臨床開発モニターです。

 治験コーディネーターとの違いは働く先。治験コーディネーターは医療機関で働きますが、臨床開発モニターは製薬会社で働きます。

開始から最後まで、医師や看護師などと連携を取りながら、治験を円滑に進めるのが主な役割です。働きながら医療の知識を深めることもできるでしょう。

担当の医療機関への定期的な訪問の必要があり、出張が多くなる傾向にあります。

MR(医療情報担当者)

女医と話をするスーツ姿の男性

製薬会社で開発した医薬品を販売・広報するのが、MRの仕事です。

 病院やクリニックなどに出向き、商品の品質や安全性、正しい使用方法などの情報を提供します。

薬剤師でなくてもMRになることはできますが、専門知識のある薬剤師であればより高度な情報を提供できるでしょう。製薬会社と医療現場との懸け橋として、情報収集を行うのもMRの仕事の一環です。

薬の営業がMRの仕事なので、コミュニケーション能力が必要になります。成果により給料が異なることも。

品質管理(QC)・品質保証(QA)

製薬会社で自社の医薬品の品質が、定められた基準を満たすかどうかチェックするのが、品質管理(QC)や品質保証(QA)の仕事です。

 品質管理は製造過程のチェックに携わり、勤務場所は工場です。品質保証は製品設計から流通までの全工程で、製薬会社本社で勤務します。

製造過程における管理マニュアルを作り、製品を良くするための提案をすることもあるでしょう。

新薬の研究・開発

ワクチンと論文

新薬の研究や開発に携わる仕事もあります。企業によっては医薬外部品や化粧品の開発に携わることもあるでしょう。

 高いレベルの知識や技能が求められる専門性の高い仕事です。したがって、転職の難易度も高くなります。

実験を繰り返しながら、時には数年単位でひとつの研究を進めていくことになるでしょう。

仕事を通じて社会に貢献できる、やりがいのある仕事です。

企業内診療所の薬剤師

企業内診療所の薬剤師として働くという選択肢もあります。

 風邪や頭痛といった臨時で服用する処方がメインで、時間のかかる処方を受けることはあまりないのが特徴です。

少人数のスタッフで運営するケースが多く、調剤以外の業務も任されることがあるでしょう。

企業の福利厚生や勤務時間に準ずることが多く、安定した仕事が見込まれるのが特徴です。

薬剤師が企業へ転職するメリット

薬剤師

薬剤師が企業で働くメリットは、以下の通りです。

薬剤師が企業で働くメリット
  • 土日休みの職場が多い
  • 福利厚生が充実してい
  • 年収が高い傾向にある

仕事内容はそれぞれ異なりますが、共通するメリットとして挙げられるのは働き方や待遇です。

調剤薬局やドラッグストアは土日祝に営業していることもありますが、企業の場合は土日休みのところが多くなります。

 手当や産休といった、福利厚生が充実している傾向にあり、働きやすい環境を求める人にも最適です。

また、製薬関連企業は、調剤薬局やドラッグストアよりも給料が高い傾向にあり、高収入が期待できる可能性もあります。

プライベートを充実させやすいこと、働きやすい環境が整っていることが大きなメリットです。

薬剤師が企業へ転職するデメリット

ドラッグストア

メリットを理解できたら、デメリットも把握しておきましょう。

薬剤師が企業で働くデメリット
  • 職種によっては転勤や出張がある
  • 患者に直接関わる仕事は少ない
  • 転職後は年収が少し下がる可能性がある

企業によっては全国に支店を持つことがあり、転勤や出張があることもあります。家族がいる人にとっては、負担になることもあるかもしれません。

 また、直接患者さんと関わる仕事がしたい場合、希望の仕事は見つけにくくなるでしょう。

また、転職するにあたり、年収が下がる可能性も踏まえておく必要があります。特に初年度は研修になることが多く、一時的にではあっても年収が下がることは覚悟しておきましょう。

年収がアップするかどうかは転職後の頑張り次第ということもあります。

薬剤師が企業への転職を成功させるためのポイント

パソコン

転職して叶えたい点を明確にする

まず、年収が下がる可能性なぜ転職したいのか、転職して叶えたいのはどんなことなのかを明確にしておきましょう。

 転職したい理由がはっきりすると、転職先選びの軸ができます。

給料をアップしたい、プライベートを充実させたい、土日休みを希望するなど、現状の不満を踏まえた転職先の希望を洗い出してみましょう。

不満を自分の中で曖昧なままにしていると、また同じような仕事先を選んでしまう可能性もあります。

企業で働きたい理由を明確にする

オフィスビル

薬剤師の多くは薬局に勤務することが多いでしょう。薬局などではなく企業で働きたい理由を明確にしておくことも大切です。

 なぜ企業で働きたいのかという点は、採用面接でも質問される項目です。

企業で働きたい理由を上げることで、転職活動の方向性を定めることにもつながります。

希望の働き方に合わせて会社を選ぶことで、ミスマッチも少なくなります。

転職活動期間は長期になることを前提にする

薬剤師としての企業への転職は、求人数が少ない傾向にあります。転職活動してみたものの、なかなか希望の求人に出会えないという可能性も少なくありません。

 企業へ照準を合わせて転職活動する場合は、ある程度長期になることを前提にしておきましょう。

在職中に転職活動を進め、内定が決まってから退職するのがベストです。

転職活動期間は最低でも半年くらいは見ておきましょう。

社風もきちんとチェックする

パソコン

薬局では職場で雰囲気が大きく違うということは少ないですが、一般企業の場合は社風次第で働く環境は大きく異なります

企業の社風はしっかりチェックしておきたいポイントです。

チェックしておきたい社風の一例
  • トップダウンかボトムアップか
  • チャレンジ重視か堅実さ重視か
  • 子育てと仕事の両立の理解はあるか

企業のホームページや口コミサイトなどを活用して、企業の雰囲気が自分に合っているかどうかを見極めましょう。

転職エージェントを利用する

求人数が少ない企業への転職は、転職エージェントを利用するのがベストです。

転職エージェントを利用すると、転職サイトに掲載されない非公開求人を紹介してもらうことができるのが大きなメリット。

 企業の求人は応募が殺到しやすいため、一般には出回らない可能性が高く、転職エージェントでしか出会えない可能性もあります。

転職のプロに企業に転職したいという希望を伝え、相談しながら転職活動を進めることができるため、転職の成功率を高めることができるでしょう。

企業薬剤師の求人は非公開の可能性大!転職エージェントを活用して、企業への転職を叶えましょう。

企業への転職を目指す薬剤師におすすめの転職エージェント5選

お仕事ラボ

お仕事ラボ

おすすめポイント
  • 薬剤師に特化したコンサルタントが転職をサポート
  • 希望求人がないときは売り込みをしてくれることもある
  • 転職活動中はもちろん、転職後の相談窓口もある

「お仕事ラボ」は、アイセイ薬局を運営する株式会社AXISが提供する薬剤師の求人に特化した転職サポートサービスです。

正社員だけでなく、派遣やパートをいった働き方を選択することができます。

 転職先の事情を把握した担当者が求職者もサポートしてくれるため、安心です。

転職活動中のサポートはもちろん、転職後の悩みや戸惑いも相談できる窓口があり、何かあれば気軽に連絡することができます。

希望の求人がない場合は、コンサルタントが職場に求職者を逆指名してくれることもあるそうですよ。

公開求人数※2022年4月29日時点 27,300件
主なサービス・機能
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 転職サポートツール
  • 人材派遣サービス
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社AXIS

出典:お仕事ラボ

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

おすすめポイント
  • 薬剤師求人に特化したマイナビの転職サポートサービス
  • 顔を合わせての面談を重視
  • 薬剤師専任アドバイザーが情報力と交渉力で転職をサポート

「マイナビ薬剤師」は、マイナビのノウハウと薬剤師求人をかけ合わせた転職サービスです。

面談は全国の15拠点やWebツールなどを活用し、顔を合わせることを重視。希望やニーズをしっかりヒアリングしてくれます。

 サポートしてくれるのは、情報力と交渉力の高い薬剤師専任のキャリアアドバイザー。

求人票の見方のレクチャーや面接日程の調整、給与の交渉など、転職活動の「困った!」をキャリアアドバイザーが解消してくれるため、安心してサポートを依頼することができるでしょう。

保有している求人数も多く、たくさんの選択肢の中から希望に沿った求人を見つけることができます。

公開求人数※2022年4月29日時点 56,046件
主なサービス・機能
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 転職サポートツール
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社マイナビ

出典:マイナビ薬剤師

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

おすすめポイント
  • 医療業界求人に特化した転職サービス
  • 地域密着で求人票にない情報を提供
  • 日本調剤薬局の教育ノウハウを軸にした教育サービスもある

「ファルマスタッフ」は、医療業界求人に特化した転職サービスです。

全国に12拠点を持ち、各エリアの担当スタッフは保有する求人にできる限り足を運び、求人票に記載されない職場の雰囲気やビジョンなどを提供してくれます。

 手厚くサポートしてくれるため、仕事をしながらの転職活動でも安心です。

あた、グループ企業である日本調剤株式会社の教育ノウハウをもとに、多彩な教育サービスを提供してくれているのも特徴のひとつ。

スキルアップやキャリアアップにも役立てることができます。

大手薬局チェーンをもつノウハウを活かした転職サポートを受けることができますよ。

公開求人数※2022年4月29日時点 41,689件
主なサービス・機能
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 転職サポートツール
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社メディカルリソース

出典:ファルマスタッフ

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

おすすめポイント
  • 薬剤師に特化したリクルートの転職サポートサービス
  • 応募先の情報を徹底的に事前調査
  • 働きながらの転職活動を万全サポート

薬剤師求人に特化したリクルートの転職サービスが、「リクナビ薬剤師」です。

薬剤師専任のキャリアアドバイザーが担当につき、雇用先も求職者も満足できる転職を目指したサポートを提供。

 施設形態の選択肢に「企業」もあるため、企業の薬剤師求人を検索することができます。

応募する企業を徹底的に事前調査し、ミスマッチを防いでくれるのもうれしいポイントです。求人数も豊富に取り扱っているため、求人の選択肢を広げたい人にもいいでしょう。

条件交渉や日程調整なども請け負ってくれるため、忙しい人も安心して利用することができます。

公開求人数※2022年4月29日時点 164,320件
主なサービス・機能
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 転職サポートツール
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社リクルート

出典:リクナビ薬剤師

ワークポート薬剤師

ワークポート

おすすめポイント
  • 薬剤師に特化した転職エージェント
  • 求職者基準のサポートを提供するコンシェルジュがサポート
  • オリジナル転職支援ツールがある

「ワークポート薬剤師」は、薬剤師専任の転職コンシェルジュが在籍し、薬剤師の転職をサポートする転職エージェントです。

人材紹介業を展開してきたノウハウをもとに、ぴったりの職場を提案してくれます。

 コンサルタントではなく、求職者それぞれに向きあうコンシェルジュによる、求職者基準のサポートプランがm特徴です。

登録すると無料で使えるオリジナルの転職支援ツール「eコンシェル」の専用ページが発行され、求人検索やコンシェルジュとのやり取りなどすべての工程をこれひとつで対応できます。

サポートが手厚く、初めての転職でも安心して利用できるでしょう。

公開求人数※2022年4月29日時点 非公開
主なサービス・機能
  • エージェントサービス
  • 求人紹介
  • eコンシェル
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社ワークポート

出典:ワークポート薬剤師

まとめ

今回は、薬剤師の企業への転職について詳しく解説しました。そもそもの求人数自体が少ないため難易度が高い企業への転職は、転職エージェントを活用するのがベストです。

転職エージェントの非公開求人の中に、企業への求人が含まれている可能性が高いでしょう。

応募書類の添削や模擬面接など、転職のプロによるサポートを受けることで、転職の成功率も高まるはずです。

記事内で紹介した転職エージェントを最大限活用して、企業への転職という希望をぜひ叶えてみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事