20代薬剤師の平均年収は?男女別の違いや年収アップの方法も解説

20代薬剤師の平均年収は?男女別の違いや年収アップの方法も解説

薬剤師として働き始めた20代は、今の年収が相対的に適正なのか、また今後の年収推移について考えることもあるでしょう。

中には、想像より薬剤師の年収が低いと悩む人もいます。

そこで今回は、20代薬剤師の平均年収を他の職種と比較してみました。さらに、年収を上げるためのコツも紹介します。

この記事でわかること
  • 20代薬剤師の平均年収
  • 20代薬剤師の平均年収と他職種の違い
  • 薬剤師年収の将来性
  • 20代の薬剤師が年収を上げるための方法

20代を下積みと考えた場合、30代以降の年収が気になることもあるでしょう。今後期待できる年収を知っておくことで、キャリアアップの目安にもなります。

また、20代で年収を上げる方法も紹介しているため、今後年収を上げたい薬剤師の人は、ぜひ参考にしてください。

20代薬剤師の平均年収

薬

20代薬剤師の平均年収は、就任して間もない20代前半と、仕事に慣れてくる20代後半では異なります。

20代薬剤師の平均年収
  • 20~24歳…361万円
  • 35~29歳…471万円

薬剤師全体の平均年収は549万円となっているため、20代で平均に近づける可能性も高いでしょう。

また、平均年収のうち賞与が占めている額は、20代前半で4.4万円、20代後半で68.6万円となっています。

 勤務して間もない20代前半は、賞与が一般企業より少ないことも考えられるほか、月収も29.7万円となっており物足りなく感じるかもしれません。

そもそも、薬剤師になるためには6年制の薬剤師養成課程を修了し、国家試験に合格することが必須です。薬剤師として働くためには、早くても24歳にならなければいけません。

そのため、初任給でもらう金額が20代前半の平均年収ということになります。

苦労して取得した資格だからこそ、最初は年収に不満を感じることもあるようです。

出典:厚生労働省「賃金構造基本統計調査」

【男女別】20代薬剤師の平均年収

お金

20代薬剤師の平均年収は、20代前半後半とは別に男女によっても異なります

全体平均で見る年収とのギャップを埋めるためにも、自身の性別の平均年収を確認しておきましょう。

男性薬剤師の場合

20代男性薬剤師の平均年収は、以下の通りです。

20代男性薬剤師の平均年収
  • 20~24歳…336万円
  • 25~29歳…496万円

新卒である20代前半と仕事に慣れてくる後半では、100万円以上の差があります。

20代のうちに年収100万円以上伸ばすのは、一般職ではなかなか難しいため、20代の男性薬剤師は稼ぎやすいと考えられます。

20代男性薬剤師は、勤続することで年収が伸びますよ。

出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査 結果の概況」

女性薬剤師の場合

薬剤師

20代の女性薬剤師の平均年収は、以下の通りです。

20代女性薬剤師の平均年収
  • 20~24歳…391万円
  • 25~29歳…464万円

20代前半は、男性より女性の方が50万円以上高い結果になっています。また、20代前半と後半では約60万円年収が成長しています。

新卒時は男性より年収が良いですが、20代後半になると男性の方が稼ぐようになっているのが実情です。

 結婚や出産を考えるようになる年齢になると、女性はライフワークバランスを検討する傾向があります。

出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査 結果の概況」

【地域別】薬剤師の平均年収

薬剤師の年収を地域別に見ていくと、最上位と最下位で300万円弱ほどの差が出る結果となりました。

年代別の結果はありませんでしたが、地域別で年収を見ていっても年代ごとの差は余り大きくないので、以下の詳細を参考にしてください。

最も薬剤師の年収が高いのは静岡県

ランキングトップは静岡県で、薬剤師の平均年収は698,7万円とで、全体平均よりも100万円以上も高い結果となりました。

 首都圏だけが高年収なわけではなく、意外にも地方で年収が高い地域も多いです。

また、他の県を見ていくと、上位5つのエリアは以下のとおりです。

薬剤師の年収が高いエリア
  1. 静岡県:698.7万円
  2. 長野県:689.5万円
  3. 高知県:642.7万円
  4. 島根県:625.8万円
  5. 愛知県:622.1万円

上記に加え、ランキング9位の三重県までは年収が600万円を越える高年収となっており、薬剤師は年収の高い職業だということがわかるでしょう。

東京や大阪など、多くの企業が集まる大都市よりも、しっかりと地域に根ざして貢献している薬剤師の方が、年収面だけを見るとメリットが大きいといえます。

年収アップを考えている薬剤師は、そもそも高い年収を支払っている事業所が多いエリアも検討すると良いでしょう。

薬キャリより

最も薬剤師の年収が低いのは長崎県

一方でランキングワースト見ていくと、最も薬剤師の年収が低いのは長野県で428.2万円となっています。

全体平均と比較しても大きな差が生まれているため、年収アップが目的の人は注意が必要です。

 あくまで平均年収のため、事業所による差はあります。

ランキングワーストを見ていくと、以下5つの県は薬剤師の年収が低い結果となっています。

薬剤師の年収が低いエリア
  1. 長崎県:428.2万円
  2. 徳島県:444万円
  3. 新潟県:447.2万円
  4. 愛媛県:463.7万円
  5. 群馬県:483.5万円

ワーストにランクインするエリアに焦点を当てると、年収500万円に届かないため、高年収が魅力の薬剤師でも収入面では厳しいと言えるでしょう。

年収ももちろん大事ですが、労働時間やストレス、勤務環境など全てを考慮して自分に合う事業所を探すことがポイントです。

ただ年収以外の労働環境や勤務時間など、待遇面も考慮すると上記のエリアには優良事業所が多いです。

薬キャリより

地域別薬剤師の状況

地図

前述の上位5県と下位5県を比較すると、年収以外にも以下ような差が生まれています。

平均年収 平均年齢 平均労働時間(月間)
上位5県 655.8万円 41.2歳 173.0時間
下位5県 453.3万円 37.4歳 166.8時間

まず第一に、年収は約200万円ほどの差がでており、同じ薬剤師の中でも大きく異なります。

ただ一方で、上位5件に関しては平均年齢が40歳を超えているため、そもそも高年収の薬剤師が多いことも、全体の平均を上げている要因です。

 薬剤師は勤続年数により昇給が見込めるため、年収アップを考えるのであれば同じ事業所で年数を重ねるようにしましょう。

また下位5件は確かに年収が少ないものの、同時に労働時間も少ないです。

そのためワークライフバランスは保ちやすく、必ずしも薬剤師にとっておすすめできないわけではありません。

年収だけにとらわれず、全体を見ながら条件の良い事業所を見つけましょう。

マイナビ薬剤師より

20代の薬剤師年収を他職種と比較してみよう

朝刊を読む

20代薬剤師の年収は、他の職業と比べるとどのくらいの水準にあるのでしょうか。自身の年収が適正かどうか、今より稼ぐことができるのかどうか気になる人は、一度比較してみるのもいいでしょう。

一部の職種について、厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査 結果の概況」を参考に紹介します。

他の業種も男女や20代前半後半で年収が異なりますよ!
【男性】 20~24歳 25~29歳
建設業 221.1万円 259.7万円
製造業 203.1万円 238.4万円
情報通信業 228.7万円 269.2万円
卸売・小売業 215.6万円 251.4万円
金融・保険業 230.0万円 282.8万円
宿泊・飲食サービス業 200.2万円 225.4万円
教育・学習支援業 222.2万円 275.4万円

男性20代の他職種では、金融・保険業が最も年収が高いという結果になりました。金融業界は成績によって年収が変化することがあるため、実際は20代の中でも年収差は大きいでしょう。

反対に、宿泊・飲食サービス業は、20代他職種の中でも年収は低い結果になっています。

続いて女性の20代他職種年収もチェックしていきましょう。
【女性】 20~24歳 25~29歳
建設業 213.8万円 225.1万円
製造業 187.3万円 205.6万円
情報通信業 225.6万円 258.8万円
卸売・小売業 205.3万円 228.5万円
金融・保険業 211.2万円 236.0万円
宿泊・飲食サービス業 191.3万円 207.9万円
教育・学習支援業 208.6万円 237.9万円

女性は全体的に男性と比べて年収は低くなるようです。その中でも、情報通信業は年収が高くなっています。

 20代の他職種に就いている男性、女性は、どちらも20代の薬剤師より100万円~200万円程度低い年収となっています。

このことから、20代の薬剤師は働き方次第では稼げる職業だと言えるでしょう。

出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査 結果の概況」

薬剤師の年収は働く場所によって異なる?

都会

20代薬剤師の年収を上げるためには、年齢を重ねるのを待つしかないのでしょうか。実は、働き方を変えることで年収を増やすことが可能です。

具体的には、以下の2つの場合によって年収に差があると言われています。

働き方による年収の違い
  • 就業先による違い
  • 都道府県による違い

では、順に解説していきましょう。

就業先による違い

薬剤師が活躍する就業先は、病院薬剤師以外にも幅広く存在します。ここでは、マイナビ薬剤師が保有している求人の中から、業種別による年収の違いを紹介します。

病院薬剤師 434.6万円
調剤薬局 488.3万円
ドラッグストア 512.5万円
製薬会社 543.2万円

製薬会社での勤務は、患者相手ではなく新薬の開発などに携わるため、業務内容が大きく変化してくるでしょう。

また、最近ではドラッグストア内に調剤薬局を設けているパターンも増えているため、ドラッグストアの薬剤師の需要も増えています。

ドラッグストアは年収が高いですが、休みが不定休になることもあります。

都道府県による違い

町の景観

薬剤師の年収は、地域によっても大きく異なります。年収が高い都道府県の上位5つを見ていきましょう。

1位 静岡県 698.7万円
2位 長野県 689.5万円
3位 高知県 642.7万円
4位 島根県 625.8万円
5位 愛知県 622.1万円

都会の方が物価が高いため、薬剤師の年収も高いと思われがちですが、実際には薬剤師が少ない地方の年収が高い傾向にあります。

 地方では薬剤師や医師など専門職の人材が不足しており、年収を高く設定して流出を防ぐだけでなく、ほかの地域から集める目的があります。

また、薬剤師の年収が低かった都道府県も見ていきましょう。

45位 新潟県 447.2万円
46位 徳島県 444万円
47位 長崎県 428.2万円

上位の年収とは200万円程度差があるため、働く地域を変えるだけで年収アップに期待できるかもしれません。

 地域別の薬剤師年収は前年代を対象にしているため、実際の20代薬剤師の平均年収は紹介した数字より低くなることが考えられます。

出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査 結果の概況」

20代の薬剤師は将来的に年収アップが期待できる?

電卓

薬剤師の年収は、年齢とともに上がっていく傾向にあるため、20代の内は少ないと感じていても30代で一気に増加するかもしれません。

厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査 結果の概況」によると、男性薬剤師は30代になると年収600万円を超えていき、女性も500万円を超えています。

 その後の年収も50代までは増加傾向にあるため、20代時点での年収に不安を覚えていても継続することで将来安泰になるでしょう。

出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査 結果の概況」

20代薬剤師の年収を上げる方法

年齢を重ねることで年収アップが期待できる薬剤師ですが、20代のうちに年収アップを望むのは無謀なのでしょうか?

実際には、20代の行動で年収を上げることが可能です。具体的な5つの方法を紹介します。

20代薬剤師の年収を上げる方法
  • 雇用形態を検討する
  • 資格を取得する
  • 管理薬剤師になる
  • 薬剤師資格を活かして副業をする
  • 転職を検討する

ぞれぞれ詳細を見ていきましょう。

雇用形態を検討する

合意

薬剤師の主な雇用形態は、正社員、アルバイト、派遣社員の3つに分かれます。正社員は給与だけでなく各種保険などの福利厚生がついていることが多く、年収以上に安心感があるでしょう。

しかし、時給で働くアルバイトや正規ではない派遣社員の方が、年収単体で見た場合高くなる傾向にあります。

 正社員と比べて働き方が安定していないほか、今後転職する場合の履歴書への記入を考慮し、正社員を選ぶ人も少なくありません。

年収だけでみるとアルバイトや派遣社員が秀でて見えますが、長期的に考えて行動するのがおすすめです。

資格を取得する

薬剤師としてさらに年収を上げたい場合は、新たなスキルを身につけることが重要です。そのうちのひとつに「資格の取得」が挙げられます。

薬剤師資格を保有する20代薬剤師が、追加で取得するのにおすすめの資格を集めてみました。

薬剤師におすすめの資格例
  • 漢方薬・生薬認定薬剤師
  • 小児薬物法認定薬剤師
  • 認定薬剤師資格
  • 薬物療法認定薬剤師

そのほかにも、専門領域に応じた資格は豊富にあります。それぞれすでに知見のある薬剤師の資格にプラスで取得することで、スキルを身につけることが可能です。

「小児薬物法認定薬剤師」であれば、小児科病院に併設されている調剤薬局、「認定薬剤師資格」であれば総合病院など、働き先に応じて選ぶのもいいでしょう。

年収だけでなく患者からの信頼を得ることもできますね。

管理薬剤師になる

薬剤師

管理薬剤師とは、薬局など調剤を行う店舗にて法律で設置を義務付けられている薬剤師のことです。

管理薬剤師は、店舗に勤める薬剤師をまとめるリーダーの役割を担うため、ほかの薬剤師より高給となることが一般的です。

 管理薬剤師になるための特別な資格はありませんが、一定時間以上の勤務が義務付けられています。

調剤や服薬指導などの患者対応だけでなく医薬品の管理や従業員の管理も業務に加わってきます。実際に年収では100万円程度変わると言われているため、年収アップに有効です。

しかし、20代で管理薬剤師になるためには、ほかの薬剤師より努力が必要だと言えます。

そのため、リーダーシップのとれる人や責任感のある人が向いているでしょう。

薬剤師資格を活かして副業をする

副業を認められている職場の場合、薬剤師の資格を活かした副業を行う人も珍しくありません。

薬剤師におすすめの副業例
  • 翻訳業務
  • メディカルライター

薬剤師は勉強の時点で英語に親しみがあるため、翻訳を得意とする人の中には、翻訳で副業をしている人がいます。そのほかにも、薬剤師の資格を活かした執筆活動も可能です。

執筆は書籍だけでなくブログやメディアなど多岐に渡るため、副業を見つけやすいのもメリットでしょう。

医療分野の執筆活動は、報酬も高めに設定されていますよ。

転職を検討する

リラックスタイム

20代の薬剤師で年収に満足していない人は、そもそも現在働いている先の年収が低い可能性があります。その場合は、転職することで年収の引き上げが可能です。

高い年収が期待できる業種へ転職することや、働く地域を再考するのは有効でしょう。

 転職してすぐは年収が下がる可能性もあるため、転職後、目標とする年収までどれくらいの期間で達成できるか試算する必要があります。

転職に不安がある人は、身近にいる転職経験薬剤師に話を聞いたり転職エージェントを活用したりすることで、スムーズに転職活動が進められるでしょう。

20代薬剤師は年収だけでなく福利厚生も要チェック!

年収アップを検討する場合、福利厚生も避けては通れないポイントです。実際、福利厚生が整っていない企業に就職すると、実際の手取り金額は少なくなってしまうことがあります。

 また、有給休暇の消化率や育児休暇の取得実績は、今後のライフイベントにおいて外せない福利厚生になるでしょう。

育児休暇や介護休暇は制度だけ設けているものの、実際に取得した実績がほとんどない企業もあるため、事前に確認しておくのがおすすめです。

20代の薬剤師が年収アップを目指すなら転職エージェントがおすすめ

ビジネス

今の年収に満足していない20代の薬剤師は、転職エージェントを利用して転職活動を進めるのがおすすめです。

転職エージェントは、希望に合った求人を紹介してくれるだけでなく、受かるための書類添削や面接対策を行ってくれるのも特徴です。

 実際担当してくれるのは、薬剤師業界に詳しい専門のアドバイザーであるため、業界の動向や求められる人物像についても詳しく知ることができます。

アドバイザーは企業への年収交渉も代行してくれるので、想定より年収が上がることも十分にあり得ます。

薬剤師の転職実績がある転職エージェントがいいですね。

年収アップを目指す薬剤師におすすめの転職エージェント3選

お仕事ラボ

お仕事ラボ

おすすめポイント
  • マッチング精度の高い求人を厳選して紹介!
  • 転職後の定着率95.6%!※公式ホームページより
  • 選考対策が手厚いので、内定獲得率もアップ
お仕事ラボは、薬剤師業界に特化したコンサルタントのサポートが受けられる転職エージェントです。業界の具体的な相談ができるので、マッチング精度の高い求人を紹介してもらえます。

 希望に合う求人がない場合、コンサルタントを介して職場に逆指名をすることも可能です。

面接当日も求職者に付き添って適時フォローしてくれるので、面接が苦手な方も安心です。面接の同行サービスを行っている転職エージェントは少ないので、大きな魅力でしょう。

内定がもらえたら終わりではなく、入社後も面談が可能で、電話やメールを使っても気軽に相談できます。

アフターフォローがしっかりしているので、職場の悩みを一人で抱えることもありません。
運営会社 株式会社AXIS
主なサービス(機能)
  • キャリアアドバイザー
  • 個別面談
  • 応募書類添削サービス
  • 面接対策
  • 入社後のフォローアップ
公開求人数※2021年7月10日時点 27,951件
利用可能地域 全国

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

おすすめポイント
  • 大手マイナビが運営しているので、安心感が高い!
  • 全国15拠点に展開!全国どこからでも利用可能
  • 職務経歴書・自己PRの添削も対応してもらえる
マイナビ薬剤師は、全国15拠点でサービスを展開する転職エージェントです。引っ越し先など不慣れな土地での転職相談にも強みを持っています。

 薬剤師の職場カルテでは、求人を掲載している企業で働く薬剤師のインタビューや職場内部の写真が掲載されています。
登録すれば、薬剤師転職サポートブックのプレゼントや、会員限定のコンテンツが閲覧可能です。

キャリアアドバイザーが労働条件や年収など会社ごとに比較しながら、希望にマッチする求人をアドバイスしてくれますよ。
運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • キャリアカウンセリング
  • 応募書類添削サービス
  • 面接対策
  • 退職交渉
  • 転職相談会
公開求人数※2021年7月10日時点 58,602件
利用可能地域 全国

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

おすすめポイント
  • 地域ごとに担当スタッフが対応!
  • 地域密着が特徴なのでUターン転職にもおすすめ
  • 異業種転職の相談会も実施中
ファルマスタッフは、希望エリア担当のコンサルタントが、ご経験やご希望条件を伺い、適した求人を紹介してくれる転職エージェントです。

 地域密着を強みとしているため、U・Iターン転職を考えている方にもおすすめです。
平日仕事で忙しい方は、休日にゆっくり相談できる個別相談会を開催しています。異なる業種を考えている方には、異業種転職相談会が良いでしょう。
特集ページでは都道府県別の求人人気ランキングが公開されているので、気になる方はチェックしてみてください。
運営会社 株式会社メディカルリソース
主なサービス(機能)
  • 個別相談
  • 転職希望地域の転職市場・求人情報
  • 自己分析のサポート
  • 応募書類の添削
  • 面接対策
公開求人数※2021年7月10日時点 59,559件
利用可能地域 全国

よくある質問

薬剤師の年収が最も高い地域はどこ?
薬剤師の年収が最も高いのは、山口県で780万円となっています。
あくまで平均のため、40代後半のピーク時であれば1,000万円以上も狙えるエリアです。
薬剤師の年収が最も低い地域はどこ?
逆に最も低いのは、沖縄県で、461.4万円となっています。
最も高い山口県と比較すると、300万円程の年収差がでてくるため、年収にこだわる薬剤師は勤務地も気にするようにしましょう。
男女において年収の差は出る?
薬剤師に関しては、男女において年収の差がそこまで大きくありません。
男性で565.1万円、女性で527.2万円となっており、他の職種と比較しても男女差はない部類と言えるでしょう。
薬剤師が年収を上げるためにはどうすれば良い?
まず年収を上げるために、現在勤続している事業所でスキルや資格の取得を目指し、キャリアアップを目指しましょう。
もしくは、そもそも年収レンジの高い事業所へ転職する方法で、自分の年収と想定年収を見比べながら転職活動を進めると良いです。
薬剤師は転職後に年収が下がるケースもある?
全くゼロではありませんが、基本的薬剤師は転職後に年収が下がるケースは多くないです。
ただ事業所の規模や、給与レンジによっては下がることも考えられるので、事前に年収を把握してから応募するようにして下さい。
転職後に年収を上げるにはどうすれば良い?
転職エージェントでは、年収交渉の代行を行っており、薬剤師の代わりに年収アップの相談を事業所に持ちかけてくれます。
実績のあるコンサルタントであれば成功確率が高いため、積極的に依頼すると良いでしょう。

まとめ

最短で24歳まで学生をしなければいけない20代の薬剤師は、一般職より社会人になって間もないため、最初は年収が低く不安になることがあるでしょう。

しかし、専門職であり国家資格がないと働けないため、需要が減ることもなく安定して働けるのが特徴です。

専門職なのに、想像より年収が低いと思う20代薬剤師も少なくありません。

20代薬剤師で良い年収をもらおうと思うのであれば、働き先を検討する必要があります。また、年収だけでなく福利厚生にも注目する必要があるでしょう。

高年収がもらえる働き先を探す場合は、転職エージェントの利用が有効です。業界に詳しい専門スタッフが年収交渉も代行してくれます。

記事内でご紹介した転職エージェントはいずれも無料で利用できるため、自分に合ったサービスを見つけて、ぜひ転職活動を成功させてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事