【2023年最新】税理士の通信講座おすすめ4選!選び方やメリットも解説

【2023年最新】税理士の通信講座おすすめ4選!選び方やメリットも解説

税理士試験は人気の資格であることから、多くの資格学校で通信講座が開講されています。

しかし、税理士試験は合格率15~20%と非常に難易度が高く、資格取得には5つの科目で合格点を取らなくてはいけないため、数年がかりの学習が必要になると言われています。

そのため、税理士試験においては自分に合う講座を選べるかどうかがとても重要です。

本記事では税理士の勉強におすすめの通信講座と、通信講座の選び方、通信講座で学ぶメリットなどを解説します。

この記事でわかること
  • 税理士の勉強におすすめの通信講座(価格・サポート体制・合格実績など)
  • 税理士の勉強におすすめな通信講座の選び方
  • 通信講座で税理士の勉強をするメリット

「どの通信講座を選んだらいいか分からない」「通信講座選びで後悔したくない」と思っている人はぜひチェックしてみてください。

出典:令和3年度(第71回)税理士試験結果|国税庁

税理士の勉強におすすめの通信講座4選

STUDYing

STUDYing

おすすめポイント
  • スマホ・スキマ学習に特化した通信講座
  • 相場に比べて格段に安い受講料
  • さらに嬉しい受講料割引やお祝い金制度あり

STUDYingの特徴

スタディングはスマホ学習に特化した通信講座です。

もともとは「通勤講座」という名称で、その名の通り通勤のスキマ時間を使ってスマホで学習することを前提に講義やテキスト・問題集が作られています。

 講義は1動画5分程度で作られており、教材はPDF形式のWebテキストやWebアプリの問題集を使用。場所や時間を選ばずすぐに学習できます。

そのほか学習サポート機能として、効率よく計画的な学習をガイドしてくれる『学習フロー機能』、学習時間を記録する『学習レポート』、受講生同士で繋がれる『勉強仲間機能』などが揃っています。

税理士講座の特徴

スタディングの税理士講座

スタディングの税理士講座の大きな特徴は受講費用の安さです。

他の通信講座では1科目10~20万ほどの受講料がかかるところ、スタディングなら簿財2科目で約6万円、各税法では1科目当たり約5万円となっています。

 受講料分割支払いなら月々4,200円で税理士試験合格を目指すことも可能です。

税理士試験を受けたいが簿記の知識がないという人向けには入門コースを用意しており、簿記の基礎知識を学んでから税理士試験の勉強を進められます。

講座は基本講座に加えて4段階のアウトプット演習が用意されているため、徐々にレベルアップしながら合格できる実力を身につけていけます。

キャンペーン期間中なら10%OFF・学割を使って受講できます。合格でお祝い金1万円が貰える嬉しい制度も。

講座の価格例(税込)
  • 簿財2科目パーフェクトパック:89,800円
  • 簿財2科目ミニマムパック:59,800円(アドバンスパック:74,800円)
  • 法人税法/消費税法/相続税法/国税徴収法ミニマムパック:各49,800円(アドバンスパック:各63,800円)
主なサポート体制
  • スマート問題集
  • 理論学習ツール
  • 学習レポート機能
合格実績 2021年度試験合格者168名
運営会社 KIYOラーニング株式会社

出典:STUDYing

LEC東京リーガルマインド

LEC東京リーガルマインド

おすすめポイント
  • ライフスタイルに合わせて受講形式を選べる
  • 割引キャンペーンやセール時の申し込みでお得に受講できる
  • 答練・模試の高い本試験的中率実績あり

LEC東京リーガルマインドの特徴

LEC東京リーガルマインドは全国に提携校を持っており、法律系資格に強い名門予備校としても有名です。

受講は自分のライフスタイルに合わせて通信・通学を選べ、通信講座なら「Web+スマホ+音声」または「DVD」で学習できます。

 学習サポートやバックアップ制度が充実しており、受講中はチューター・合格アドバイザーによる相談対応や法改正・試験情報が届くメールマガジンを受け取れます。

また、受講料の割引キャンペーンを随時行っており、「早期申し込み」や対象講座が最大30%割引になる「BIGタイムセール」を利用してお得に受講できます。

税理士講座の特徴

LEC東京リーガルマインド

LEC東京リーガルマインドは自社作成のオリジナルテキストが魅力です。

簿記と財務諸表の2科目同時合格を狙える「簿財横断テキスト」を業界で初めて開発。効率のよい学習を可能にしました。

テキストは重要度によって内容をA~Cランクに分けており、図表などもふんだんに用いて見やすく分かりやすいレイアウトになっています。

 模試・答練の本試験的中率が高く、2018年税理士本試験では20問以上の論点を的中させました。

また、LEC東京リーガルマインドは講師歴10年を超えるベテランが多数在籍しており、講師の指導力が高いことでも評判です。

分かりやすく質の高い講義はもちろん、受験ノウハウや最新の試験情報なども提供してくれる受講生の心強い味方と言えます。

全ての科目で「おためしWeb受講」ができますので、受講を迷っている人はぜひ視聴してみてください。

講座の価格例(税込)
  • 簿財横断プレミアムコース(全104回):225,500円
  • 簿財横断エッセンスコース(全100回):203,500円
  • 税理士パーフェクトコース(簿記論/財務諸表論/法人税法/所得税法/相続税法):123,200円
  • 税理士パーフェクトコース(消費税法):99,000円

※Web受講の場合

主なサポート体制
  • チューター/合格アドバイザーによる相談受付
  • 自習室/ロッカー貸出し(有料)
  • インターネット質問フォロー「教えてチューター」
合格実績 記載なし
運営会社 株式会社東京リーガルマインド

出典:LEC東京リーガルマインド

資格の大原

資格の大原

おすすめポイント
  • 2018年の官報合格者数50.2%を誇る高い実績
  • 長年の教育ノウハウと大手のデータベースを生かしたオリジナルカリキュラム
  • 講義時間を1/3に短縮した「時間の達人シリーズ」が好評

資格の大原の特徴

資格の大原は全国各地に校舎を持つ大手資格予備校です。ビジネス系の国家資格を中心にキャリアアップにも生かせる30以上の資格講座を揃えています。

 長年の教育ノウハウと大手ならではの情報網を生かし、「最小の努力で最大の効果を発揮する」カリキュラムやテキストを作っています。

学習サポート体制が整っており、通信受講生でも電話やメールで質問ができ、講師による採点・添削指導も受けられます。

税理士講座の特徴

資格の大原の税理士講座

資格の大原の税理士講座は高い合格実績を誇ります。2021年度試験の官報合格者(※)のうち、50.2%に当たる294名が資格の大原の受講生でした。

 毎年、官報合格者の約半数を大原生が占めているという高実績から、カリキュラム・教材・講師の質の高さが伺えます。

資格の大原のWeb通信講座は忙しい社会人向けの短時間講義「時間の達人シリーズ」が好評です。

1回180分かかる教室講義の情報量はそのままに、講義時間を60分に短縮して自習時間をたっぷり確保できるようにしました。

資格の大原の通信講座はWeb通信・DVD通信・資料通信の3つから選べます。

講座の価格例(税込)
  • 2023年受験対策 1月開講 簿記・財表初学者短期合格パック:281,000円
  • 2023年受験対策 1月開講 初学者短期合格コース(簿記論/財務諸表論/所得税法/法人税法/相続税法):158,000円
  • 2023年受験対策 1月開講 初学者短期合格コース(消費税法):140,000円
  • 2023年受験対策 1月開講 初学者短期合格コース(酒税法/国税徴収法/住民税/事業税/固定資産税):96,000円

※Web受講の場合

主なサポート体制
  • 質問(電話・メール)
  • 講師による採点・添削
  • 自習室解放
合格実績 2021年度官報合格者占有率50.2%(294名)
運営会社 学校法人 大原学園

出典:資格の大原
※官報合格者:税理士試験の合格科目数が5科目に達した合格者のこと

クレアール

クレアール

おすすめポイント
  • 資格指導実績50年を超える資格予備校
  • 独自の「非常識合格法」で効率よく最短期間での合格を目指せる
  • 受講料が最大約半額になる割引キャンぺーンが充実

クレアールの特徴

クレアールは資格指導実績50年を超える老舗の資格予備校です。講義やテキストには長年培われてきた合格ノウハウが詰め込まれています。

 クレアールの最大の特徴は「非常識合格法」。合格に必要な範囲だけに絞って学習し、必要最低限の時間と労力で最短合格を目指します。

また、通信講座には珍しい担任制を取り入れており、一人ひとりに合った学習法やスケジュールを提案してくれます。

受講期間内であれば講師への質問は何度でも無料でできますので、難関資格を目指す受講生に嬉しいサポート体制が整っています。

税理士講座の特徴

クレアールの税理士講座

クレアールの税理士講座は「非常識合格法」を採用しており、カリキュラムやテキストには他の通信講座と少し異なります。

テキストは薄い冊子で、合格に必要最低限の内容だけを記載しています。

 また、カリキュラムで扱う科目は簿記論・財務諸表論・相続税法・消費税法・法人税法のみ。得点しやすい科目だけに絞って学習します。

Web通信講座はパソコン・スマホ・タブレットを使った映像配信と音声のみの講義があります。

音声講義なら家事などと並行して「ながら学習」ができますし、映像や音声を倍速にして視聴すればスキマ時間を活用した学習にも最適です。

割引キャンペーン中は一般価格の半額ほどで受講でき、とてもリーズナブルです。
講座の価格例(税込)
  • 2023・2024年合格目標 簿財アドバンス2年セーフティコース:420,000円
  • 2024年合格目標講座 2年5科目合格セーフティコース:679,000円
  • 2025年合格目標講座 3年5科目合格セーフティコース:835,000円
  • 2026年合格目標 4年5科目合格セーフティコース:980,000円
  • 2027年合格目標 5年5科目合格セーフティコース:1,121,000円

※Web受講の場合

主なサポート体制
  • 講師による無制限の質問対応
  • 年度変更制度
  • マルチデバイス対応
合格実績 記載なし
運営会社 株式会社クレアール

出典:クレアール

税理士の勉強におすすめな通信講座の選び方

勉強

予算と相談する

通信講座は通学講座に比べて受講料は安いですが、それでも1科目あたり15万円前後、資格取得に必要な5科目となると70~80万円程度の費用が相場です。

 他の資格に比べて税理士講座は高額になりがちですが、オンライン完結型のカリキュラムであれば比較的安く受講できる講座はあります。

講座を選ぶ際は再受講割引や早割キャンペーンなどが利用できるか、複数科目を受講するとお得になるパックコースがあるかもチェックしつつ、慎重に選びましょう。

ただ税理士試験は難関資格ですから、いくら受講料が安くても自分の学習スタイルに合わない講座の受講を続けていると合格が遠のく可能性もありますので注意が必要です。

価格だけにとらわれず、内容も含めて総合的に判断するようにしましょう。

合格実績を比較する

勉強している男性

通信講座を選ぶ際に重要なのが合格実績です。通信講座では合格者を確認することが難しいため、公表していない資格学校も多いです。

 逆に、合格実績を公表している資格学校はそれだけ講座の内容や試験対策ノウハウに自信があると考えてよいでしょう。

もちろん合格率が高いからといって受講者全員が必ず合格できるわけではありませんが、実績を見れば講座のクオリティはある程度判断できます。

税理士試験は難易度が高く受講費用も高額ですから、信頼できる通信講座で学ぶためにも、合格実績はしっかり確認しておく必要があります。

取得したい科目を開講しているか

税理士試験は全部で11科目あります。税理士資格を取得するためには、このうちの5科目に合格すればよいことになっています。

必修とされているのは簿記論・財務諸表論の2科目で、残りの3科目は所得税法/法人税法/相続税法/消費税法または酒税法/国税徴収法/住民税または事業税/固定資産税のうちから選びます。

 ほとんどの講座は簿記・財務に加えて、法人税法・相続税法・消費税法の5科目を含んでいます。

しかしそれ以外のマイナーな科目は、大手の資格学校でないと講座自体が用意されていないこともあるので、もし受験したい科目が決まっている場合は注意が必要です。

教材の内容を比較する

勉強

税理士試験は5科目に合格する必要があり、通常学習には3~5年かかります。

そのため教材は途中で挫折してしまうような難解な内容のものでないか、読みやすく学習しやすいかどうか、自分に合っているかどうかといった点を特に重視して選びましょう。

 ホームページで公開しているデジタルテキストや無料の講義動画を見ておくのもおすすめ。特にテキストは重要度や頻出度が一目でわかるようになっているのが望ましいです。

また、理解しやすいように図やイラスト、具体例などが多く用いられているか、演習問題の数は少なくないかといった点も見ておく必要があります。

受講前には教材の内容をしっかり確認しておきましょう。

サポートの充実度を比較する

税理士試験は資格取得に数年がかかる難関資格です。厳しい試験勉強を乗り越え合格を掴むためにも、サポート体制が整っているところを選びましょう。

 特に、通信講座では分からない箇所があると手が止まってしまい、学習が行き詰まりやすいので、不明点があればすぐに聞けるよう、回数無制限で質問を受付けている講座が望ましいです。

また、受講生専用のSNSがあると受講生同士で情報交換をしたり励まし合ったりでき、試験勉強のモチベーションを保ちやすいです。

通信講座は、通学講座と違って講師や勉強仲間とのつながりが薄くなってしまうため、できるだけ手厚いサポートで孤独な学習をフォローしてくれる通信講座を選ぶようにしましょう。

講師による添削指導などもあるとなおよいですね。

利用者からの評判をチェックする

パソコン

通信講座を選ぶ際は、受講者の口コミもチェックしておきましょう。

 資格学校のホームページでは、基本的講座の良い面やメリットしか宣伝しません。そのため講座の悪い面やデメリットが分からないまま受講し始めてしまうことになります。

税理士講座は受講料が高額ですし、試験勉強も長期間にわたりますので、実際に講義が始まってから「こんなはずではなかった」と後悔したくはないですよね。

SNSはもちろん、口コミや評判を集めたサイトに目を通し、自分が受講しようと思っている講座のメリット・デメリットをしっかり把握しておきましょう。

口コミは良いもの、悪いものどちらもしっかりと読んでおくのが大切です。

税理士の通信講座と独学、どちらがおすすめ?

パソコンと文房具

税理士資格の取得を独学で目指す人もいるでしょう。独学なら費用は教材代のみですから、通学・通信に比べて費用を抑え、自分のペースで学習を進められるメリットがあります。

ただ、税理士試験は合格率15~20%と言われる難関資格です。受験に精通した講師やカリキュラム・教材なしに合格を勝ち取ることは難しいでしょう。

 専門知識がないと分からない語句も多く、初心者が初見ではテキストの内容を理解できないという可能性もあります。

覚えなくてはいけない知識量も膨大なため、独学の場合は約2,000時間の学習時間を要すると言われています。

過去に税制について勉強していた経験のある人や、よほどの自制心と強い意志を持っている人でないと、数年がかりの学習が必要な税理士試験の学習を完全に独学で行うのはほとんど不可能に近いでしょう。

実際、税理士試験に独学で挑む人はかなり少なく、そのため市販のテキストや問題集の種類も他の資格に比べてあまり多くありません。

なるべく短期間で効率的に資格取得を目指すなら、税理士資格は通信講座での学習がおすすめです。

通信講座はカリキュラムが整っているので、効率良く学習を進められますよ。

税理士を通信講座で学ぶメリット

パソコンとメガネ

通信講座で学ぶメリット
  • 自分のペースで学べる
  • 場所や時間を選ばす学習できる
  • スマホなどを使ってオンラインで学べる
  • 通学講座より受講料が安い

通信講座の最大のメリットは自分のペースで学習できるという点です。

通学講座のように決まった時間に学校に行って講義を受ける必要がないため、仕事で帰りが遅くなったときでも移動のスキマ時間や帰宅後の時間を使って自分のペースで好きな時間に学習を進められます。

 昨今は各社の通信講座が充実しており、PC・タブレット・スマホを使った講義の視聴はもちろんテキストもWebで閲覧する『オンライン完結型講義』も増えてきています。

オンライン完結型なら紙のテキストは不要ですから、スマホひとつあればいつでもどこでも学習できて便利でしょう。

また、通信講座は通学講座に比べて比較的受講料が安価です。校舎の維持費や人件費といったコストを削減できるため、相場の半分~1/3程度で受講できてお得です。

「税理士資格の講座を受講したいが予算が気になる」という人にはうってつけですね。

まとめ

税理士試験は人気の国家資格の一つで、多くの資格学校でさまざまなバリエーションの通信講座が提供されています。

しかしカリキュラムの作りや学習の進め方、テキストや講義の内容などは各学校によって違います。

 費用を抑えて効率的に学習したいならオンラインに特化した通信講座を、信頼感やサポートを求めるのなら大手の通信講座の受講がおすすめです。

また、税理士講座は数年がかりの学習になるため、テキストや講義の形式が自分に合っているかどうかを事前にチェックしておく必要もあります。

試験に合格するためには、受講料や公表している合格率よりも自分に合った講座を選べるどうかの方がよほど重要です。

それぞれの講座の良い点・悪い点を、口コミなども含めてしっかり比較し選ぶようにしましょう。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事