未経験からエンジニア転職できる?おすすめの転職エージェントも紹介!アイキャッチ
転職

未経験からエンジニアへの転職はきつい?おすすめのエージェントもご紹介!

「未経験でエンジニアに転職したいけど、何をすればいいんだろう?」と悩んでいる方はいらっしゃいませんか?

エンジニアには、Webエンジニアネットワークエンジニアなどさまざまな職種の求人があり、それぞれ求められるスキルや業務内容が異なります。

そこで今回は以下の項目について徹底解説していきます。未経験でエンジニアを目指す方はぜひ本記事を参考にしてみてくださいね!

この記事でわかること
  • 未経験からエンジニア転職はきついのか
  • エンジニアの職種
  • 未経験からエンジニアになる方法
  • エンジニアを目指す人におすすめの転職エージェント
転職ベストプラスのお約束
本コンテンツで紹介しているサービスは、厚生労働省委託事業の職業紹介優良事業者認定制度・一般財団法人 日本情報経済社会推進協会のプライバシーマーク制度のいずれかもしくは両者に参加しています。また、厚生労働省の有料職業紹介事業として許可(許可番号:13-ユ-307073)を得ています。そして、コンテンツ内で紹介しているサービスの一部もしくは全てに広告が含まれております。ただし、広告が各サービスの評価に影響をもたらすことは一切ございません。当サイトは、読者の皆様が公正な評価や情報をもとに、より良い選択ができるよう尽力しております。本コンテンツは株式会社ONEが管理を行っております。転職エージェントおすすめランキングは、求人数の多さやサービスの使いやすさ(検索項目数)、対応可能エリア(拠点数)、利用実績、利用者の口コミなどを基準にし、独自に点数化にしております。詳しくは、転職ベストプラスの運営方針広告ポリシーをご確認ください。
広告ガイドライン
本記事では、不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)を参考に、景品類等の指定の告示の運用基準一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示のガイドラインに基づいた形式で広告を掲載しています。
本記事では、消費者庁アフィリエイト広告等に関する検討会報告書「アフィリエイト広告の意義」のガイドラインに基づいた形式で広告であることを明記しています。
各転職エージェントの評価は消費者庁景品表示法に基づき、公式サイトの情報・利用者の口コミや評判を元にランキング化しており、ユーザー方々がより良いサービス・商品を選べるよう尽力しています。

未経験からエンジニアへの転職はきつい?難しい?

未経験からのエンジニアへの転職は、ITで働いた経験がないと難しい・きついのでは?と感じる人も多いのではないでしょうか。

エンジニアへの転職がきつい・難しいと思われる理由
  1. 専門的な知識・スキルが求められるから
  2. 労働環境が厳しそうだから

専門的な知識・スキルが求められるから

未経験からエンジニアへの転職が難しいと思われる1番の理由として、ITに関する専門的な知識・スキルが求められる点が挙げられます。

エンジニアは、専門職なのでスキルが必要になります。研修を通じて、しっかり勉強を行うことで、段々と身につけられようになるでしょう。

 焦らずに、着々とスキルを磨いていけばエンジニア転職の成功に近づけるでしょう。

経験がなくても、スキルさえ身につければ、どこでも活躍できる職種なので、今後のキャリアに十分役に立つものになるでしょう。

研修を通じて、わからない部分を人に聞いて着実にスキルを磨いていきましょう。

労働環境が厳しそうだから

IT業界での仕事は、激務だと感じている人もいるかもしれません。

職場環境は、転職する上で重要になるので、キャリアアドバイザーにきちんと相談しておくことが大切です。

 企業によっては、フレックスタイム制を導入しているため、自分の好きな時間帯で働ける場合もあります。

納期が決められている業務に関しては、締め切り直前は忙しくなる場合があります。労働時間に波がある企業もあるため、事前に確認しとくと、安心できるでしょう。

未経験からエンジニアへの転職するための準備

未経験からエンジニアへの転職は誰でも簡単にできることではありません。

しかし、きちんとスキルを身につけて必要な情報収集をすれば転職に成功する可能性は高まります。

まずは、未経験からエンジニア職に就くためにしておきたい準備を2つご紹介します。

準備
  1. IT系求人に強い転職サービスを活用する
  2. ITやプログラミングに関する知識を勉強しておく

①IT系求人に強い転職サービスを活用する

①IT系求人に強い転職サービスを活用する

エンジニアの求人を探す際は、IT系の求人に強い転職サービスを活用しましょう。

転職サイトや転職エージェントなどのサービスによっては、それぞれ特定の業界に強みを持っていることがあります。

 IT系求人や未経験歓迎のエンジニア求人の取り扱いが多いサービスを利用すれば、それだけ職探しの幅が広がります。

また、転職サービスは主に以下の2種類に分けられます。

転職サービスの種類
  1. 転職サイト
  2. 転職エージェント

転職サイトは自分で条件を絞って求人を探しますが、転職エージェントは自分で求人を探すだけでなく、エージェントの担当スタッフは職探しをサポートしてもらえます。

より効率良く求人を探すためにも、ぜひ複数のサービスに登録してみてください。
▼【IT求人に強い】転職サイト・エージェントはこちら▼
IT/Webエンジニアにおすすめ転職サイト・エージェント18選

②ITやプログラミングに関する知識を勉強しておく

仕事に応募する前に、あらかじめITやプログラミングに関する勉強をしておきましょう。自分で勉強を始めておくメリットは以下の通りです。

メリット
  • スキルや知識があれば、新しい職場で早く活躍できる
  • 努力する姿勢が評価される

IT業界は技術の進歩が激しいため、必要な知識を自分で学んでいく姿勢が求められます。

事前に基本知識を身につけておけば、IT分野の勉強をしていることを評価してくれる会社と出会えるかもしれません。

未経験者におすすめの勉強方法は、後ほど解説します。

未経験からエンジニアになる方法(スクール・書籍など)

ここからは、未経験からエンジニアになるための勉強法をいくつかご紹介します。

主な勉強法
  1. プログラミングスクールに通う
  2. 勉強法・セミナーへの参加
  3. オンライン学習サービスの活用
  4. 書籍で学習

①プログラミングスクールに通う

プログラミングスクールに通って、スキルを勉強することで経験を積むことができます。

 初めての学習では分からないことが多いため、その都度講師に質問できる環境があることは学習者にとっても安心でしょう。

また、スクールによってさまざまなカリキュラムがあるため、目的や学費など状況に応じて自分に合ったカリキュラムを選択できます。

講師から直接プログラミングに関する知識を習得できるのがメリットです。

②勉強会・セミナーへの参加

未経験者を対象にした勉強会やセミナーへ参加してみるのもおすすめです。

 勉強会やセミナーへ参加すると、エンジニアに必要なスキルを学べるだけでなく、同じ目標を持った仲間と出会える可能性もあります。

エンジニア志望者同士で横のつながりを作ると、情報交換や悩み相談もできるでしょう。

勉強会やセミナーは無料で開催されていることもあります。

オンライン学習サービスの活用

最近では、プログラミングに関するITオンライン学習サイトが増えています。

スクールや勉強会・セミナーなど外部のコミュニティに参加するのが難しい場合には、オンライン学習サービスを活用するのも良いでしょう。

自宅で好きな時に勉強できるため、仕事をしながら勉強したい方にもおすすめです。

書籍で学習

エンジニアに関する書籍を読んで勉強する方法もあります。

初心者向けの教材も多く販売されているため、実際に比べながら自分の読みやすそうなものを選びましょう。

書籍で知識を得ながらも、無料のセミナーやオンライン学習サービスを併用するのがおすすめです。

未経験者が書籍だけでスキルを身につけることは難しいかもしれません。

エンジニア未経験者の失敗しない職場の選び方

未経験からエンジニアへ転職を成功させるためには、失敗しない職場選びが大切です。

そこで、この章では、職場選びにおいて失敗しないためのポイントを3つ解説していきます。

未経験者が失敗しないエンジニア転職の選び方
  • 職場の内部事情をリサーチする
  • 研修が充実しているかを確認する
  • 未経験の割合が多いか確認する

職場の内部事情をリサーチする

職場の内部事情をリサーチする

まず最初に、未経験エンジニアの定着率や、実際の研修内容など、求人票だけでは得られないない部位情報をリサーチしましょう。

ネット上の口コミサイトや、実際の社員の意見がとても効果的で、現場の社員から発せられるリアルな声は信憑性が高いです。

 あくまで個人の意見ではあるため、全て鵜呑みにしないよう注意しましょう。

もしも独力で内部情報が得られない場合は、転職エージェントを利用することもおすすめです。

IT業界に強い担当者であれば、各企業の内部情報を知っているケースもあり、どの企業がエンジニア未経験者におすすめかなど、効果的なアドバイスをしてくれます。

転職エージェントは無料で様々な情報を教えてくれるため、効果的に利用していくと良いでしょう。

研修が充実しているかを確認する

研修が充実しているかを確認する

次の注意点は、エンジニア未経験向けに研修が充実しているか、OTJ制度が整っているかといった教育面の確認です。

企業によっては現場で技術を磨く方針を取っており、たとえ未経験でもすぐに開発現場へアサインされるケースも珍しくありません。

 エンジニア未経験の場合、研修を受けずに開発に参加することはあまりおすすめできません。

研修制度に関しては、求人票にも記載があるため、事前に確認した上で応募するとよいでしょう。

特に、未経験エンジニアの募集を行っている企業であれば、研修制度の詳細が載っているため、自分の目標にあった教育体制が整っている企業を選択して下さい。

専門知識が求められるエンジニアの場合、いきなり現場配属をされるとキャッチアップになかなか困ってしまうこともあります。

未経験の割合が多いか確認する

最後のポイントは、未経験入社の割合を確認することです。

例えエンジニア未経験での募集だとしても、前例がなかったり未経験入社が定着していない場合、入社後思うようなキャリアを築けない場合もあります。

 実際に未経験から活躍しているメンバーの有無は企業選び軸の中でも大切です。

詳細情報を出している企業であれば、未経験入社の割合や定着率を公開しているため、数字やデータを判断軸に据えて転職活動を行いましょう。

社員の定着率や未経験入社の割合は、転職エージェントが把握しているケースもあります。

未経験者がエンジニア転職を目指すメリット

ここからは、未経験者がエンジニア職を目指すメリットをご紹介していきます。

メリット
  1. 今後もIT業界やエンジニア職の需要は高い
  2. 未経験歓迎の求人も多い
  3. 専門的なスキルが身につく
  4. 職種によっては在宅勤務も可能
  5. 独立を目指せる場合もある

①今後もIT業界やエンジニア職の需要は高い

IT業界は、現在も成長を続けています。

 業界全体の成長によってエンジニア職の需要も高くなるでしょう。

よって、求人も多く、希望に合った仕事を見つけやすいのがメリットのひとつです。

②未経験歓迎の求人も多い

エンジニア職の中には、未経験歓迎の求人も多く見られます。それだけ、エンジニア職が人手不足ともいえます。未経験歓迎の職場で働けば、勉強しながらお金を稼ぐこともできるでしょう。

後ほど、未経験OKの求人を多く扱う転職エージェントもご紹介します。

③専門的なスキルが身につく

エンジニア職を経験すれば、専門的なスキルが身につきます。

]エンジニアスキルを持っていると、次の転職などをする時にもアピールポイントとなるでしょう。

スキルの証明として資格の取得を目指してみるのも良いですね。

④職種によっては在宅勤務も可能

仕事内容や職種によっては、在宅勤務も可能です。

新型コロナウイルス感染防止のために外出自粛をしている方にとっては、自宅で仕事ができるのは大きなメリットでしょう。

在宅勤務を条件に求人を探すこともできますよ。

⑤独立を目指せる場合もある

エンジニア職は、将来的にスキルや人脈を身につければ、独立して働ける可能性があります。

独立して稼げれば好きな時間・場所で働けるようになるので、プライベートの時間も確保しやすく、生活の質がグッと上がるかもしれません。

仕事以外の趣味や家族との時間を大切にしたい方にも向いています。

未経験者がエンジニア転職を目指す注意点

未経験者がエンジニア職を目指すデメリットをご紹介します。

デメリット
  1. 常に勉強を続けていく必要がある
  2. 経験の差を埋めるのが大変

①常に勉強を続けていく必要がある

IT分野は、短期間で情報がアップデートされる業界でもあります。そのため、入社後も自分で勉強を続けていく必要があります。

ルーティン業務を好む方や新しい知識を取り入れるのが苦手な方にとっては、辛さを感じるかもしれません。

転職できたからと安心せず、常に新しい知識を習得する姿勢が大切です。

②経験の差を埋めるのが大変

エンジニア職は、これまで身につけたスキルや経験がものをいう職種ともいえます。

 既にスキルや知識を身につけている人との差を埋めるためには、コツコツと努力を続ければなりません。

プログラミング歴が長い人や既に高度なスキルを習得している人との差を埋めるのは努力が必要です。しかし、スキルさえ身につければ第一線で活躍できるかもしれません。

可能性に満ちた職種でもありますね。

未経験でエンジニア転職を目指す人の失敗例

未経験でエンジニアを目指す人が多いですが、失敗してしまう人にはある程度の共通項があります。

エンジニア転職を未経験から成功させるためにも、失敗する傾向を事前に把握し、対策に務めると良いです。

未経験がでエンジニアを目指す際のよくある失敗例
  • 事前対策が甘い
  • 自己分析が不十分
  • 求人・企業の比較不足

事前対策が甘い

事前対策が甘い

まず最初に挙げられるケースが、事前の対策が甘く、面接や書類選考で落選してしまうケースです。

未経験歓迎のエンジニア求人は多い一方で、人気が高い一面もあり転職倍率は近年上がっています。

 入社できたとしても、研修が整っておらずキャッチアップできずにミスマッチを感じるケースも多いです。

面接や書類の対策はもちろん、企業研究や自己分析も含めた事前対策が甘いと、思い通りの企業への転職は難しくなるでしょう。

そのため、転職活動にはまとまった時間を確保し、しっかりと対策を行った上で選考に進むことがおすすめです。

特に未経験の場合は情報収集を行った上で、慎重に企業選びを行いましょう。

自己分析が不十分

自己分析が不十分

次に挙げられるケースが、自己分析が不十分であるあまり、自分に合う企業が選べなかったり、入社後にミスマッチを感じる場合があります。

特にエンジニアはクラウドやサーバー、システム、ネットワーク、Webなど職種が多数に渡るため、どの分野に適正があるのかは事前に把握しておきましょう。

 ひとことに「エンジニア」といっても、職種次第で仕事内容は大きく変わります。

大きく分けるとインフラと開発に分かれており、この2つだけでも仕事内容の差は大きいです。

そのため、一概にエンジニアとして転職をするのではなく、「未経験からどんなエンジニアになりたいのか」を明確にしてから、転職活動を進めるようにしましょう。

未経験の場合、エンジニアごとの仕事の差が分かりづらいため、転職エージェントを利用することもおすすめです。

求人・企業の比較不足

求人・企業の比較不足

最後の失敗例は、求人や企業の比較検討が甘く、自分の理想通りの職場が見つからないケースです。

近年多くのIT企業が誕生しているため、日々未経験歓迎の求人は増加していますが、各企業ごとに待遇や仕事内容は大きく異なります。

 比較検討に時間をかけないと、自分の希望を叶えられる企業がなかなか見つかりません。

転職活動は情報量が成功の鍵を握っているため、時間をかけた事前対策は重要。

気になる求人があったらすぐにその企業には決めず、共通点が多い求人を2~3社比較しながら転職活動を進めると良いでしょう。

仕事内容や綺語規模が同じでも、片方の企業の待遇が良かったり、年収が高かったりと差があるため、同じような企業の比較検討は極めて大切です。

エンジニアへの転職に必要なスキル

未経験からエンジニアを目指す際、IT関連の資格とは別に以下のスキルを身につけておくことで内定獲得率が高まります。

コミュニケーションスキル

黙々と開発をするイメージが強いエンジニアですが実態は異なり、チーム単位で一つのプロジェクトを担当するためコミュニケーションスキルは必須です。

 相手の話を理解する力、自分の考えを伝える力がエンジニアに求められます。特にチーム単位で動くエンジニアは高いレベルで求められます。

そのため周りに気を配り、相手が何を望んでいるのか、自分がどう動けば良いのかを考えながら、相手の目線に立ってコミュニケーションを取ることが必要です。

また、未経験でエンジニアを目指す際は勉強会や講習へ出席するケースも多いため、その際にも積極的に講師と連携を取れると成長も早くなります。

一人で解決せず、周りとうまく連携を図ることで、エンジニアとして成長が出来ます。

スケジュール管理能力

次に必要なスキルはスケジュール管理能力で、常に納期を意識するエンジニアには欠かせないスキルです。

システム開発を進めていく上で、イレギュラーの発生はつきものなので、その都度優先順位を分けてタスクを処理していかなければなりません。

 優先順位を間違えると、チーム全体の進行に影響することもあります。

納期に合わせた開発を前提とし、「今何をすべきか」「どのタスクが優先か」を理解し、全体の進捗を管理する能力がエンジニアには求められます。

行き当たりばったりではなく、常に先を見越して業務を進めることが重要。

向上心

最後のポイントは、常に向上心を持ち続けること。特にIT業界は成長が早く、昨日までの常識が今日はもう古いといったことも珍しくありません。

 常にアンテナを張り、最新の流行を追うようにしましょう。

ベテランエンジニアも日々インプットを欠かさず、新しい開発言語やフレームワーク、最新の情報を追っています。

そのため、未経験からエンジニアを目指し長期的に活躍したいのであれば、向上心を持ち続け自らインプットする姿勢が重要です。

市場の動向や業界の変化をいち早くキャッチできるよう、ITの業界全般の流行り廃りはチェックするようにしましょう。

エンジニアの職種は?(Web、ネットワークなど)

エンジニアといってもさまざまな職種があり、職種によって求められるスキルが異なります

 そこで、エンジニアの種類やそれぞれの業務内容を把握し、自分のしたい仕事を具体的に想像してみましょう。

ここでは、エンジニアの中からいくつかの職種をご紹介します。

エンジニアの主な種類
  1. Webエンジニア
  2. ネットワークエンジニア
  3. プログラマー
  4. インフラエンジニア
  5. 営業・コンサルタント
  6. データアナリスト

①Webエンジニア

WebエンジニアはWebサイトやECサイトのシステム設計や運用、保守を行う仕事です。

今や私たちの日常生活に欠かせないものとなったインターネットに深く関わる仕事であり、需要も高いです。

特徴・求められるスキル
  • Webサイト・ECサイトのシステム設計や運用・保守を行う
  • 最新の知識を勉強し続ける必要がある
  • Webデザイナーやライター、ディレクターとの協力も必要

インターネットに関する技術は、日々アップデートされています。よって、常に最新の技術を勉強し、自分自身が扱えるようになっておく必要があります。

大きなプロジェクトで仕事をする場合には、協調性も求められますよ。

②ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、名前の通りネットワークの設計や監視、運用や保守を行う仕事です。

ネットワークの設置を行う場合には、設計のみでなく回線や製品に関する知識も必要になります。

特徴・求められるスキル
  • ネットワークに関する最新の知識
  • クライアントのニーズを把握する能力
  • 専門知識の乏しい方にわかりやすく伝える力

ネットワークエンジニアは、クライアントと打ち合わせをする機会もあります。

 よって、クライアントが必要としているネットワークや支払えるコストなどを適切に把握しなければなりません。

また、知識の乏しい顧客に対してわかりやすく伝える能力も必要です。

専門知識をいかにわかりやすく伝えられるかが重要となりますね。

③プログラマー

プログラマーとは、プログラミング言語を使用してシステムを作り上げる人を指します。

特徴・求められるスキル
  • プログラムを使用してシステム等を作り上げる
  • 各プログラム言語の知識が必要
  • 使用するプログラムの種類や作るシステムによって細分化される
  • プログラム知識とニーズを把握する力が必要

プログラムに関する知識はもちろんのこと、エンドユーザーやクライアント・ディレクター職の要望を把握するスキルも必要です。

④インフラエンジニア

インフラエンジニアは、サーバー構築などITのインフラ設計や管理を行う仕事です。顧客が求めるシステムやサービスによっては、24時間365日継続しての稼働を求められる場合もあります。

サービスやシステムの継続稼働を担うのがインフラエンジニアの仕事です。

特徴・求められるスキル
  • ITインフラの設計や管理を担当している
  • インフラ設定や定期メンテナンスなどが主な仕事内容
  • 急なトラブル発生時には対応を求められることもある
  • 高い知識とトラブル対応力が求められる

依頼されたサービスで不具合が起きたときには、すぐに対応しなければいけません。

他の職種よりもトラブルへの対応力が求められるといえるでしょう。

⑤営業・コンサルタント

特徴・求められるスキル
  • システム設計の技術を活用して営業を行う
  • 技術面に特化した営業もいれば、顧客交渉を全て行う営業もいる
  • IT知識の薄いクライアント相手でもわかりやすく設計を伝える能力が必要

営業職・コンサルタントは、システム設計の技術を用いて顧客のニーズに応える仕事です。

顧客が求めているものを把握し、システムの提案力やコミュニケーション能力が必要です。

⑥データアナリスト

データアナリストは、主にデータの分析を行います。顧客のサービスで集められた膨大なデータを集計し、今後の経営戦略やマーケティング戦略に役立てるのが仕事です。

特徴・求められるスキル
  • データの分析を専門としている
  • サービスなどを通じて集めた情報を分析する
  • 分析したデータはマーケティングや経営戦略に役立てる
  • 統計学やマーケティングに関する知識も必要

データアナリストは、IT系のスキルとマーケティングスキルの両方を求められることもあります。

自分のしたい仕事やキャリアプランに合った職種を選んでくださいね。

エンジニアへの転職におすすめの資格

未経験からITエンジニアを目指すのであれば、独学でいくつか資格を取得することがおすすめ。

以下の3つの資格はエンジニア、プログラマーを目指す上で役に立つ資格なので、ぜひ参考にして下さい。

ITパスポート

まず最初にITパスポートですが、未経験からエンジニアを目指す際、一番最初に取得を目指したい資格です。

ITをどのように活用するかといった基礎知識で、以下のどのエンジニアを目指すとしても有利になります。

ITパスポートがあると有利になるエンジニア
  • プログラマー
  • インフラエンジニア
  • フロントエンドエンジニア
  • Webエンジニア

ITパスポートを取得することで基礎知識が備わっていることを証明できることはもちろん、ベースが出来ているので入社後のスキルアップも早くなります。

また未経験エンジニアを採用する多くの企業がITパスポート取得者を優遇していることから、ITエンジニアを目指すのであれば挑戦してみると良いでしょう。

ITパスポートの合格率は約50%。ハードルは高くないため、未経験からでも十分に取得可能です。

基本情報技術者試験

次にエンジニアを目指す人へおすすめする資格は基本情報技術者試験です。

基本的にはITパスポートのレベルが高くなった試験と捉えてよいですが、以下の違いがあります。

ITパスポートと基本情報技術者試験の違い
  • ITパスポート:ITを使う人の全てに向けた資格
  • 基本情報技術者試験:ITを利用して仕事をする人に向けた資格

上記の違いがあるため、基本情報技術者試験の方がより実践的な内容を多く含みます。

つまり、ITパスポートを利用しITの基礎を知り、基本情報技術者試験を取得することで「IT業界で働く基礎」が身についていることを面接官へアピールすると良いでしょう。

ITパスポートと同様に、基本情報技術者試験も取得しておくと転職活動が有利に進みます。

応用情報技術者試験

最後におすすめする資格は応用情報技術者試験で、その名の通り基本情報技術者試験が応用されたもので、やや難易度が上がります。

また未経験からITエンジニアを目指す人のほとんどが基本情報技術者試験を取得している一方で、応用情報技術者試験まで取得している人は多くありません。

 相対的に見て持っている人が少ない資格のため、保有していることで選考が有利になります。

ただ難易度としては高いため、いきなり挑戦すると挫折する可能性もゼロではありません。

まずは基本情報技術者試験を取得し、その後さらにスキルアップを考えているのであれば応用情報技術者試験に挑戦すると良いでしょう。

難易度が高い分、独学で取得したとなると「向上心」「学習意欲」の高さもアピールできます。

エンジニアの転職事情

ここでは、エンジニアの転職市場動向や求人ニーズなどについて解説します。

エンジニアの最新転職事情
  • 求人数は増加傾向だがポテンシャル採用は減少
  • DX推進人材のニーズが非常に高い

求人数は増加傾向だがポテンシャル採用は減少

求人数は増加傾向だがポテンシャル採用は減少

第二新卒・未経験者を歓迎する「ポテンシャル採用」の求人数は減少傾向にあります。

ITエンジニアの求人数は増加傾向にありますが、ニーズは即戦力に集中しており、企業側の選別の目が厳しくなってきているというのが実情です。

 インフラ系エンジニア・アプリ系エンジニア共に共通しており、未経験者やキャリアの浅い方々の転職活動は今後厳しさを増すと考えられます。

ただし、ITエンジニアの場合、資格よりもスキルや実務経験が重視されやすく、企業側も応募者の自己研鑽の姿勢を評価する傾向にあります。

ポテンシャル採用が絶望的というわけではないです。

DX推進人材のニーズが非常に高い

日本は少子化による労働人口の減少が深刻化しつつありますが、打開策として、作業効率を上げるためのDXの推進が急務とされています。

このDXの導入・推進を担うことができるITエンジニアは、現状日本ではまったく足りておらず、転職市場においてDX人材の市場価値は非常に高くなってきています。

 ITエンジニアの中でも学習コストの高いスキルを持つ、IoTやスマートファクトリーに精通したエンジニアやAIエンジニアの需要は高く、好待遇の求人を探しやすい状況です。

コロナ禍以降、企業も人材育成にかけるコストの捻出が難しく、即戦力となる人材の確保に注力しているというのが実情です。

今後、ITエンジニアの転職において、今まで以上にスキルや経験・実績の重要度を増しています。

転職の成否を分ける項目となるのは自明の理と言えるでしょう。

エンジニアの年収相場はどれくらい?

ここでは、エンジニアの年収相場やエンジニアの職種別の年収などについて解説します。

エンジニアの年収相場の概要
  • エンジニアの年収相場
  • エンジニア職種別の平均年収

エンジニアの年収相場

エンジニアの年収相場

エンジニアの平均年収は調査によって差がありますが、おおむね550万円~600万円弱が相場だと考えられます。

 厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」における「システム・エンジニア」の平均年収は約556万円となっています。

前述の「賃金構造基本統計調査」における、全年齢男女の平均年収は約487万円のため、エンジニアの年収相場は平均よりも高いことがわかります。

IT業界の拡大に伴い、IT業界は常に企業側が人材を欲する「慢性人手不足」の状況に陥っています。

その影響を受け、平均年収も年々少しずつ上がってきています。

エンジニア職種別の平均年収

職種平均年収
システムアナリスト1,635万円
システムコンサルタント(業務系)1,024万円
プロダクトマネジャー(パッケージソフト・ミドルウェア)837万円
セキュリティコンサルタント788万円
システムコンサルタント(ネットワーク・通信)744万円
パッケージ導入コンサルタント(ERP・SCM・CRM等)679万円
通信設備計画策定673万円
プロジェクトマネジャー・リーダー(WEB・オープン・モバイル系)658万円
プリセールス・セールスエンジニア633万円

出典:2021年版 職種別 モデル年収平均ランキング

一口にエンジニアといっても、その職種は多岐にわたり、職種によって平均年収に大きな差があります。

 この調査における、ITエンジニア職の平均年収の最小値は、プログラマー(パッケージソフト・ミドルウェア)の427万円となっています。

職種別に平均年収を見比べ、システム開発の最上流工程を担当する「システムアナリスト」の年収の高さを考えると、ITエンジニアの業界がいかに実力主義であるかがわかります。

より高収入が期待できる職種へのステップアップが必須だと言えるでしょう。

エンジニア転職におすすめのエージェント

エンジニアの求人を多数取り扱っているおすすめの転職エージェントをご紹介しましょう。

※ランキング根拠はこちらからご覧いただけます。
※当記事で紹介している転職サイト/エージェントの情報はこちらからご覧いただけます。

レバテックキャリア

レバテックキャリア

おすすめポイント
  • 保有求人の8割以上が年収600万円以上のハイクラス求人
  • ご紹介可能な企業は大手IT系・Web系企業からスタートアップまで幅広く網羅
  • WEB・アプリエンジニア、インフラエンジニア、PM、ITコン、SEなど多様な職種に対応

レバテックキャリアは、ITエンジニア経験者向けの転職エージェントであり、IT専門のハイクラス求人紹介を得意として、転職成功者の77%が年収アップを実現しています。

年収UPやキャリアUPを狙うITエンジニア経験者におすすめのエージェントと言えるでしょう。

 オンラインや電話カウンセリングに対応し、平日夜や土曜日でも対応してくれる点もレバテックキャリアの強みです。

企業へ提出するポートフォリオの添削など、選考対策も手厚く行ってくれます。キャリアアップ・スキルアップ・年収アップを目指して、心強いサポートを受けることができますよ。

未経験でのエンジニアの転職サポートは行っていないのでご注意ください。
運営会社レバテック株式会社
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • キャリア相談
  • 書類添削・面接対策
  • 年収交渉・入社日調整
公開求人数25,372件
拠点東京本社/名古屋/大阪/福岡

出典:公式サイト
※求人数は2024年5月27日時点

≫関連記事:レバテックキャリアの評判や口コミは?特徴・メリットなど解説

ワークポート

ワークポート

おすすめポイント
  • 未経験歓迎や若手歓迎の求人が多い
  • 無料スクール「みんスク」も提供している
  • 無料講座や転職ノウハウが豊富に用意されている

ワークポートは、IT系求人やゲーム業界求人を多く取り扱っているサービスです。

 未経験歓迎の仕事も多いので、これからエンジニア職を目指したい方にぴったりのサービスといえるでしょう。

また、無料でスクールに通うこともできるため、ゼロからエンジニアを目指したい方にもおすすめです。

運営会社株式会社ワークポート
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 求人検索
  • 転職ノウハウ
  • 無料スクール
公開求人数97,256件
拠点東京/札幌/仙台/高崎/埼玉/横浜/千葉/静岡/名古屋/金沢/大阪/京都/神戸/岡山/広島/高松/小倉/福岡/熊本/沖縄

出典:公式サイト
※求人数は2024年5月27日時点

≫関連記事:ワークポートの評判・口コミを徹底解説!未経験向けの求人が多い?

ビズリーチ

ビズリーチ

おすすめポイント
  • 年収1,000万円以上の求人が3分の1を占める
  • 優秀なヘッドハンターからアドバイスをもらえる
  • 全国に対応

ビズリーチは、広いジャンルの求人情報を扱う転職エージェントで、ハイクラス求人も多いのが特徴です。

 ビズリーチは「IT・インターネット」の求人が32,788件あります。(2022年5月13日現在)

また、ヘッドハンターを自分で選ぶことができます。ヘッドハンターの得意な業界・業種、経験年数などの条件で絞り込みをかけて検索が可能です。

優秀なヘッドハンターが多く、ハイクラスな求人を取り揃えているので、高待遇な求人を見つけることができるでしょう。

運営会社株式会社ビズリーチ
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • スカウトサービス
  • ヘッドハンター情報閲覧・検索
  • 書類添削、面接対策
公開求人数118,817件
拠点本社/首都圏/関西/名古屋/福岡

出典:ビズリーチ公式サイト
※求人数は2024年5月27日時点

≫関連記事:ビズリーチの評判や口コミは?特徴やメリットなど徹底解説

doda

doda

おすすめポイント
  • 取り扱い求人数が多く、求人の業界も幅広い
  • 自分で検索した求人をエージェント経由で応募できる
  • 非公開求人も豊富に扱っている

dodaは、転職サイト・転職エージェント両方のサービスを兼ね備えているのが特徴です。

 転職エージェントを利用する時も自分で求人検索ができるため、希望に合った求人がスピーディーに見つかるかもしれません。

また、定期的に転職フェアも開催しているため、小まめに公式サイトをチェックして最新情報を入手しておきましょう。

豊富な求人の中から、自分に合った仕事を納得いくまで探せますね。
運営会社パーソルキャリア株式会社
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • スカウト
  • パートナーエージェントサービス
  • 転職ノウハウ
  • 転職Q&A
公開求人数246,527件
拠点丸の内/北海道/東北/横浜/静岡/愛知/大阪/京都/神戸/岡山/広島/九州など全国32カ所

出典:公式サイト
※求人数は2024年5月27日時点

≫関連記事:dodaの評判・口コミは悪い?利用方法やサービスの特徴も解説

ハタラクティブ

ハタラクティブ

おすすめポイント
  • 未経験歓迎・若手歓迎の仕事が多い
  • 職歴なしやフリーターの方でも利用可能
  • 面接時のビジネスマナーから教えてもらえる

これまでの職歴に自信のない方には、ハタラクティブがおすすめですです。ハタラクティブでは、IT系求人を多く用意しています。

第二新卒やフリーターを主な対象としているため、一定期間は仕事をせずにプログラミングスクールに通いながら仕事を探したい方も安心して利用できるでしょう。

未経験歓迎の求人や20代の若手を求めている求人もあるため、積極的に応募してみてください。
運営会社レバレジーズ株式会社
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 転職ノウハウ
公開求人数4,087件
拠点東京/神奈川/埼玉/愛知/大阪/福岡

出典:公式サイト
※求人数は2024年5月27日時点

≫関連記事:ハタラクティブの評判・口コミは?メリットやデメリットも解説

よくある質問

エンジニアの転職におすすめの転職エージェントは?
ワークポート、doda、ハタラクティブです。ワークポートは無料で利用できるエンジニアスクール「みんスク」も提供しています。dodaは取り扱い求人数が多いのが魅力です。ハタラクティブは未経験歓迎の求人が多く、職歴のない方やフリーターの方でも利用できます。
未経験者がエンジニア職に転職する方法は?
まずはIT系求人に強い転職サービスに登録しましょう。複数のサービスに登録すれば、それだけ職探しの幅も広がります。また、転職活動と並行して独学やスクール等でプログラミングやIT分野に関する勉強をしておくのがおすすめです。
エンジニアにはどんな職種があるの?
Webエンジニアやネットワークエンジニア、実際にプログラムを書くプログラマーなどがあります。同じエンジニアでも職種によって業務内容や求められるスキルは異なります。
エンジニア職の今後の動向や将来性は?
IT業界自体が今後も発展していくと予想できるので、エンジニア職の需要も高い状態が続くでしょう。特に機械学習分野とビッグデータの分析・マーケティング立案の分野が伸びると予測されます。
未経験者がエンジニア職を目指すメリット・デメリットは?
エンジニア職は未経験歓迎の求人も多く、働きながらスキルを身につけやすいです。その一方で向き不向きが分かれる業界でもあるので、不向きな人がエンジニア職を続けるのは辛いかもしれません。
エンジニア職が向いている人の特徴は?
チームメンバーやクライアントと協力できるコミュニケーション能力の高い人です。他にも常にIT分野やプログラミングの勉強を続けられる人も適性があります。
エンジニア職への転職を成功させるコツは?
複数の転職サービスに登録して自分に合う求人やサービスを見つけるのが良いでしょう。未経験歓迎の案件に応募するのであれば、熱意をアピールしましょう。

まとめ

今回は、未経験からエンジニアへ転職する方法や、おすすめの転職エージェントなどをご紹介しました。

ひとくちにエンジニアと言っても、Webエンジニアやネットワークエンジニアなどさまざまな職種があります。したがって、まずは自分がどんなエンジニアを目指したいのか、目標を明確にしてみましょう。

また、未経験からエンジニアを目指す場合は、プログラミングスクールや勉強会、セミナーなどを活用してあらかじめ基本的なスキルを身につけておくことがおすすめです。

今回解説した内容を参考にしながら、ぜひエンジニア職へチャレンジしてみてください。

執筆者 転職ベストプラス編集部
『転職ベストプラス』では、ユーザーの「仕事」を軸に、「転職」「就職」「退職」「資格」の関するあらゆる情報を発信する比較メディアです。
『転職ベストプラス』では、新しい仕事へ踏み出すで生まれる「不安」に対して、さまざまな情報を発信し、ひとりひとりにとって最良な選択を手助けする情報を提供するために、最新で有益なコンテンツ制作を日々行っています。
※詳しくはコンテンツポリシーをご覧ください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。