商社への転職には何をすべき?転職のコツとおすすめの転職エージェントアイキャッチ
転職

商社に転職するには何をすべき?商社で働くやりがいや仕事内容も解説

「商社への転職を目指すために何をしたらいいの?」と疑問を抱えている人も多いのではないでしょうか。

商社はメーカーと小売企業を支える役割があります。大きなやりがいをもちながら働けるでしょう。

しかし、商社への転職を目指そうとしても、どのような方法で転職活動すればいいか迷ってしまいますよね。

そこで本記事では、商社への転職に関する以下の項目をご紹介します。

この記事でわかること
  • 商社の仕事内容
  • 商社で働くやりがい
  • 商社への転職を成功させるポイント
  • 商社への転職におすすめな転職エージェント

この記事を読めば、商社への転職を成功させるポイントがわかるだけでなく、商社への転職におすすめな転職エージェントを把握できます。

商社への転職を本格的に考えている人はもちろん、商社に興味がある人もぜひ参考にしてみてください。

転職ベストプラスのお約束
本コンテンツで紹介しているサービスは、厚生労働省委託事業の職業紹介優良事業者認定制度・一般財団法人 日本情報経済社会推進協会のプライバシーマーク制度のいずれかもしくは両者に参加しています。また、厚生労働省の有料職業紹介事業として許可(許可番号:13-ユ-307073)を得ています。そして、コンテンツ内で紹介しているサービスの一部もしくは全てに広告が含まれております。ただし、広告が各サービスの評価に影響をもたらすことは一切ございません。当サイトは、読者の皆様が公正な評価や情報をもとに、より良い選択ができるよう尽力しております。本コンテンツは株式会社ONEが管理を行っております。転職エージェントおすすめランキングは、求人数の多さやサービスの使いやすさ(検索項目数)、対応可能エリア(拠点数)、利用実績、利用者の口コミなどを基準にし、独自に点数化にしております。詳しくは、転職ベストプラスの運営方針広告ポリシーをご確認ください。
広告ガイドライン
本記事では、不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)を参考に、景品類等の指定の告示の運用基準一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示のガイドラインに基づいた形式で広告を掲載しています。
本記事では、消費者庁アフィリエイト広告等に関する検討会報告書「アフィリエイト広告の意義」のガイドラインに基づいた形式で広告であることを明記しています。
各転職エージェントの評価は消費者庁景品表示法に基づき、公式サイトの情報・利用者の口コミや評判を元にランキング化しており、ユーザー方々がより良いサービス・商品を選べるよう尽力しています。

商社の仕事内容とは?

商社は大きくわけると、総合商社・専門商社に分けられます。それぞれの仕事内容を詳しく確認していきましょう。

商社の仕事内容
  • 総合商社
  • 専門商社

総合商社

総合商社はさまざまな商材を扱っているのがポイントです。例えば、天然ガスや石油などの資源や金属・繊維といった素材が挙げられます。

 「ラーメンからロケットまで」と言われているほど、総合商社はあらゆる商材を取り扱いながらビジネスを展開しています。

また、海外とやりとりする機会が多いのも特徴です。アメリカ・ヨーロッパなどはもちろん、アジアや南米地域とも盛んにやりとりします。

事業の一環として、発展途上国の産業を支えているのも総合商社ならではです。

専門商社

専門商社では特定の商材を扱います。例えば、家具や食品・エンタメ商材など特定分野に特化しているのが特徴です。

 特定分野に特化していると、専門的な知識がつきやすいでしょう。特定の商材に関してプロフェッショナルになれます。

また、昨今では海外への輸出を盛んに行う専門商社も増加傾向です。例えば、日本の食材や工芸品、IT関連商品などが挙げられます。

専門商社であっても、海外とのやりとりを行えるのは魅力ですね。

【転職の参考に】商社の転職事情

商社はグローバルに活躍したい人などからの人気が高い転職先です。転職を目指すにあたって、商社の転職事情を確認しておきましょう。

商社の転職倍率は平均より高い

doda「転職求人倍率レポート(2023年11月)」によると、2023年11月の商社の求人倍率は1.81倍と、求職者1人に対して1.81件の求人があるという結果でした。

商社の求人数は前月比103.0%と増えているのに加えて、全体の求人倍率・求人数前月比も2.76倍、103.1%と増えていて全体的に求人数が増えていることがわかります。

 これは、コロナの第5類への引き下げや、それに伴うインバウンド需要の回復を見越して事業拡大を図る企業が増加したことによると考えられています。

また商社は転職倍率が比較的高いですが、転職倍率が高い理由としては、商社は新卒採用がメインであることが挙げられます。

中途採用は年に数人程度しか採用しない商社も多く、その分転職倍率が高いのです。

商社への転職では、即戦力となる専門知識やスキルを評価されることが多いです。

商社の志望理由

商社への転職が人気な理由としては、給与が高いことや、福利厚生の充実、将来性などがあります。

大手商社では世界的に有名な企業も多く、不況の影響を受けにくいことから、給与面や安定面で人気が高いと言えるでしょう。

 商社には総合商社と専門商社があるので、転職の際はそれぞれの特徴や違いをきちんと理解しましょう。

グローバルで活躍できることも商社が人気な理由のひとつです。海外で働きたい人や、キャリアアップを目指す人にとっては、活躍のフィールドが幅広いことが魅力となっています。

海外での活躍や大きなプロジェクトへの参加など、商社での仕事には大きなやりがいがたくさんあります。

商社の転職難易度

商社への転職は競争率が高いうえに、専門的なスキルや経験を求められることから、転職難易度が高いと言われています。

新卒採用をメインとしている商社が多いのも、転職難易度が高い理由のひとつです。

 採用枠が少ないところに多くの応募があるので、他の応募者と差別化するためのアピールポイントが必要です。

転職難易度の高さは、総合商社と専門商社でも異なります。

事業規模が大きく、年収も大手5社と呼ばれる三菱商事、三井物産、住友商事、伊藤忠商事、丸紅は特に人気なので、転職難易度が高いと言えます。

【転職の参考に】商社の平均年収を解説

dodaの調査によると、総合商社全体の平均年収は446万円で、生涯賃金は約2億8,478万円とされており業界別に見ても上位にランクインしています。

商社の年収分布

dodaによる商社の年収を見ていくと、全体的に300~400万円が多く一見するとその他の業界の平均年収と大差がなく思えるでしょう。

しかし他の業種と比べ1,000万円以上の割合が多いため、全体の平均年収が底上げされています。

 つまり商社に入社後、結果を出し高額な年収を手にしている割合が他業種よりも多いということです。

2022年度と比較すると、30代では平均年収が1万円ダウンしているものの、その他の20代・40代・50代以上の平均年収はアップしています。

新卒からの人気が高く入社が難しい商社ですが、年収の高さも魅力の一つです。

商社の平均年収ランキング

商社の企業別年収を見ていくと、ランキングは以下のとおりです。

総合商社の年収ランキング

上記の通りいずれも平均年収で1,000万円を超えており、トップ2社の三菱商事、三井物産に関しては2,000万円に迫る勢いです。

いずれの商社も国内に限らずグローバル展開をしているなど、提携先の多さや取り扱い商材の多さが高い年収につながっています。

総合商社の年収は基本的に高く、賞与も合わせると新卒で500万円近くに上るケースも珍しくありません。

商社で年収1,000万円を超えるのは何歳?

企業にもよりますが前述のTOP5の年収は早ければ20代後半から、遅くとも30代のうちに年収1,000万円を超えることが一般的です。

他の民間企業で1,000万円が狙えるとしても、30代後半移行のマネージャーや役員クラスが基本となるため、年収アップを軸においている人は商社も視野に入れると良いでしょう。

 ある程度は年次で上がりますが、もちろん成果や実力も必要です。

ただいずれの商社も残業時間の平均が40時間前後のため、ある程度の忙しさは伴います。そのため年収アップだけにとらわれず、実労働から逆算し時給換算して割に合うかも注意しましょう。

総合商社で5~8年ほど勤めると、年収1,000万円も射程圏内です。

商社で働くやりがい

商社で働くとどのようなやりがいを得られるのでしょうか。おもなやりがいを4つご紹介します。

商社で働くやりがい
  • 企業同士の利益を最大化できる
  • 海外勤務を目指せる
  • 大規模なビジネスに携われる
  • 知識・スキルが身につく

企業同士の利益を最大化できる

企業同士の利益を最大化できることに、大きなやりがいを見出せます。商社は製造・メーカー側と販売・小売り側の仲介役です。

 製造・メーカー側の商材を販売・小売り側に届けるだけでなく、双方の利益が最大化するように働きかけなければなりません。

例えば、市場動向を予測しながら、適正な数を仕入れるのも重要な仕事のひとつです。在庫過多・僅少にならないよう、適切な判断が求められます

自身の働きぶりによって、企業同士の利益がアップすると大きなやりがいを得られるでしょう。

海外勤務を目指せる

海外勤務を目指せるのも、商社で働くやりがいのひとつです。特に、総合商社は海外の支社・出向先も多く、海外勤務を目指しやすいでしょう。

 グローバル化が進む昨今、商社のフィールドも海外に広がりつつあります。海外勤務をしたい人にとって、おすすめの環境です。

ただし、商社に入ったからといって誰でも海外勤務できるとは限りません。まずは日本国内で実績・スキルを積み上げる必要があります。

海外勤務を目指すためにも、まずは目の前の仕事をコツコツ行いましょう。

大規模なビジネスに携われる

商社で働くと、大規模なビジネスに携われる可能性が高いです。数億円・数十億円のプロジェクトに参加できる場合があります。

 大規模なビジネスは影響力も大きいのが特徴です。なかには、政府も絡んだ国家プロジェクトを実行することもあるでしょう。

このような大規模なプロジェクトを成し遂げると、充実した達成感を得られます。特に長期間に及ぶプロジェクトの場合、成功したときの喜びはひとしおです。

商社のなかには、若手のうちから大規模プロジェクトに携われる場合があります。

知識・スキルが身につく

商社はさまざまな商材を扱う企業です。そのため、幅広い商品知識がつくのも商社で働くやりがいとなるでしょう。

 幅広い商品知識がつくと、顧客への商談・プレゼンテーション時に大いに役立てられます。

また、スキルが身につくのも商社で働く魅力のひとつです。代表的なスキルとして、プレゼンテーションスキルや課題解決力などが挙げられます。

社会人として大きく成長できるのも、商社で働く醍醐味といえるでしょう。

商社への転職で求められるスキルとは?

商社への転職で求められるスキルにはどのようなものがあるのでしょうか。それぞれ詳しくご説明します。

商社への転職で求められるスキル
  • 語学力
  • コミュニケーション力
  • 事務処理能力
  • プレゼンテーションスキル
  • 課題解決力

語学力

語学力は商社で働くうえで必要なスキルです。特に、海外とのやりとりが多い企業・部署では必須といえるでしょう。

 例えば、ある総合商社の求人を確認すると、募集要綱欄に「TOEIC800点以上」と書かれています。

さらに英語の読み書きだけでなく、スピーキング力も大切です。日常会話レベルではなく、ビジネス英語を流暢に話せなくてはなりません。

もし商社への転職を本格的に考えているなら、語学力を磨くことをおすすめします。

コミュニケーション力

コミュニケーション力は商社で働くうえで不可欠です。商社はメーカー・製造側と販売・小売り側双方とやりとりを行います。

 時には、利害調整で話がまとまらない場面もあるでしょう。そんなときに、コミュニケーション力に長けている人が重宝されます。

コミュニケーション力は話す力と認識されがちです。しかし、商社で働く際は話す力だけでなく、聴く力も同じように重要視されるでしょう。

コミュニケーション力は日々の仕事を通じて十分鍛えられます。聴く力を意識して業務を行うとよいでしょう。

事務処理能力

商社で働く際、事務処理能力があると効率的に仕事ができます。中途で商社に入ったとしても、即戦力となるでしょう。

 商社の仕事は商談・プレゼンテーションに目がいきがちですが、日々の業務には事務作業も多く含まれます。

例えば、顧客へ提出する資料作成や売上管理のデータ作成、入荷・出荷といったオペレーション業務が挙げられるでしょう。

こうした事務作業は事務処理能力がないと、大幅に時間がかかってしまいます。

プレゼンテーションスキル

プレゼンテーションスキルがあれば、商社で大いに活躍できます。例えば、顧客へ新製品の説明をする際に役立てられるでしょう。

 プレゼンテーションスキルは視認性の高い資料作成・わかりやすい話し方などさまざまな能力が求められます。

一朝一夕で身につく能力ではないため、場数を踏む必要があります。

プレゼンテーションの機会を積極的に設け、経験を積むとよいでしょう。

課題解決力

商社で働く際に、課題解決力は欠かせません。働いているとさまざまな課題が生じるため、何がおきても動じないような力を身につける必要があります。

 例えば、商品の発売日がメーカー都合で遅延した際、販売・小売り側へ急いで連絡しなくてはなりません。

イレギュラー時に対応が遅れてしまうと、顧客との信用問題にも関わります。顧客との信頼関係を壊さないためにも、柔軟な対応が求められるのです。

課題解決力を身につけるためには、常にあらゆるリスクを想定しながら行動するとよいでしょう。

商社の転職に向いている人の特徴

求職者の中でも、以下の特徴を持っている人は商社と相性がよく、内定を獲得しやすいです。

商社の転職に向いている人の特徴
  • 仕事に対してやりがい・目標がある
  • コミュニケーション能力が優れている
  • 成果にこだわりやりきる力がある
  • 論理的思考能力がある

仕事に対してやりがい・目標がある

まず最初に商社を目指すのであれば、高い目標ややりがいを持って、仕事を楽しむ力が必要です。

企業によりさはあるものの、基本的に商社で求められる仕事のレベルは高く、残業や長時間労働が発生するケースがほとんど。

 仕事に対して誇りが持てないと、労働環境によりモチベーションが低下することもあります。

そのため、将来どのような人になりたいのか、理想のキャリアが描けているのかなど、仕事を優先して考えられる人は入社後も活躍する傾向があります。

特に大手の総合商社などは求められるレベルが高く、仕事に対してエネルギーを注げるかは重要なポイント。

コミュニケーション能力が優れている

どの職種でもコミュニケーション能力は必要ですが、商社は特に周りを巻き込んだコミュニケーションが必要です。

顧客はもちろん、プロジェクト単位で動く際は社内のメンバーと協力するなど、接点を持つ人の多さも商社の特徴。

 一歩先の提案ができるか、相手の目線でものごとを見れるかなど、高いレベルが必要です。

またコミュニケーション能力といっても、大切なのは相手の話を聞くことで、顧客のニーズを正確に理解するヒアリング能力も大切です。

自分の考え、提案を押し付けることなく、相手が何を望んでいるのかを把握できる人であれば、商社からの内定も獲得しやすいです。

顧客やメンバーと対面することが多い商社では、高いレベルでのコミュニケーション能力は必須項目と言えるでしょう。

成果にこだわりやりきる力がある

基本的に商社は高い年収と引き換えに長時間労働となるケースが多く、仕事をやり抜くスタミナ・メンタルが必要です。

またメンバー内での出世争いも激しく、高い目標を掲げたからには最後までやりきる力が求められます。

 短期・長期どちらも目標を達成するために、高い集中力が重要。

どんなに優れた人でも、時には仕事が上手くいかない時期も経験するでしょう。

上手くいかないときこそモチベーションを下げず、当初掲げていた目標のため、愚直に仕事に向き合えれば、商社に転職した後も中長期的に成果が残せます。

高い年収やダイナミックな案件などきらびやかな一方で、仕事に対しての向き合い方は相当高いレベルが求められます。

論理的思考能力がある

最後のポイントは論理的思考能力で、ものごとを客観的に分析し、わかりやすく顧客に伝達する能力も必要。

顧客の競合他社や市場を分析し、俯瞰的に見てどのような戦略が必要なのかなど、感覚ではなく論理的に理解しなければいけません。

 プレゼンテーションが多い商社では、理解した内容を正確に伝達するアウトプットスキルも重要。

加えて顧客へ提案する際は、正確なリサーチ力も必要になります。

正しい情報を集め、正しい方法で理解するスキルが備わっていると面接時にアピールできると、採用担当から素質があると思ってもらえるでしょう。

多くの業界と取引がある総合商社では、市場全体の動きを把握した上で、論理的に状況を理解することが求められるでしょう。

商社への転職を成功させるポイント

ここからは、商社への転職を成功させるポイントをいくつかご紹介します。気になるポイントは以下のとおりです。

商社への転職を成功させるポイント
  • 自分の強みを把握する
  • 企業研究を徹底的に行う
  • 転職エージェントに登録する

自分の強みを把握する

商社への転職を成功させるには、自分の強みを把握することが大切です。履歴書の自己PRや面接のアピール時に役立ちます。

自分の強みがわからないなら、キャリアの棚卸しがおすすめです。

 キャリアの棚卸しとは、これまでの業務とそこで培ったスキルの整理を指します。

キャリアの棚卸しを行うことで、得意分野・苦手分野が明確に区別されます。得意分野のなかに自分の強みを見いだせるでしょう。

キャリアの棚卸しを行う際は、じっくり自分と向き合うことが大切です。

企業研究を徹底的に行う

企業研究を徹底的に行うことも重要なポイントです。たとえスキルや実績を兼ねそろえていても、企業が欲しい人材でなければ商社への転職は難しいでしょう。

 企業が欲しい人材を知るためには、企業研究が有効な方法です。企業のホームページやパンフレットなどをよく読み込みましょう。

企業理念やヴィジョンなどに目を通し、共感できるポイントをまとめておくのもおすすめです。

また、利益や売上高などの数値に着目すると、ビジネスの規模感を把握できますよ。

転職エージェントに登録する

商社への転職を成功させるために、転職エージェントの登録がおすすめです。

 転職エージェントに登録すると、自分に合った商社の求人を紹介してくれます。求人を探す手間を省けるのがメリットです。

また、履歴書・職務経歴書の添削や面接対策など選考サポートをしてくれます。はじめての転職でも、迷うことなく転職活動を進められるでしょう。

転職エージェントは基本的に無料で利用可能なのが嬉しいですね。

未経験で商社の転職を成功させるコツ

未経験でも商社への転職は可能ですが、業界を理解したうえでの対策が必要です。

この章では、未経験でも商社の転職を成功させるコツを5つ紹介します。

未経験から商社への転職を成功させるコツ
  • 今までのキャリアを振り返る
  • スキル・実績をアピールする
  • 総合商社・専門商社ごとに対策を立てる
  • 複数の商社を比較する
  • 転職エージェントを利用する

今までのキャリアを振り返る

未経験で商社への転職を考える際、キャリアをふりかえって、自分が今まで仕事でどのような経験をしてきたのか書き出すとよいでしょう。

 自分の経験をふりかえることで、スキルを再発見できる場合があります。商社への転職に大いに役立つ経験やスキルが見つかるかもしれません。

商社では語学力が求められる場合があるので、海外の会社と取引をした経験・海外で仕事をした経験などがあると転職に有利になるでしょう。

面接で話すネタのもとにもなるので、今までの経験を洗い出すことはとても重要なポイントになります。

今までの経験は、転職する際の武器になるのでぜひ一度キャリアの棚卸しをやってみてください。

スキル・実績をアピールする

商社への転職では即戦力が求められます。業界経験はなくても、商社で必要なスキルや素質を理解したうえで、過去の経験からスキルや実績をアピールしましょう。

 特に海外展開している商社で働くには、語学力は必須です。

ほかにも、さまざまな企業と関わるプロジェクトでは、コミュニケーションスキルやマネジメントスキルが求められます。

これまでの経験から活かせるスキルを整理して、自己アピールできるようにしましょう。

英語はもちろん、中国語など習得言語が多いほど評価につながりやすいです。

総合商社・専門商社ごとに対策を立てる

総合商社と専門商社では仕事内容はもちろん、求められるスキルや素質が違うので、分けて対策を立てる必要があります。

まずは、それぞれの違いを正しく理解するところから始めましょう。

 事業規模が異なることから、総合商社のほうが専門商社よりも年収が高いといった違いもあるので注意しましょう。

総合商社は事業規模が大きく、海外展開している企業が多いので、プロジェクトを成功に導いた経験や高い語学力がアピールポイントとなります。

専門商社は特定の分野に特化しているので、活かせる専門知識を持っていることやマーケティング経験などが強みとなるでしょう。

グローバルに活躍したい人は総合商社、分野に特化したスペシャリストを目指したい人は専門商社がおすすめです。

複数の商社を比較する

転職先を選ぶ際は、複数の商社を比較することもポイントのひとつ。

商社によって取扱商品や仕事内容が異なるので、自分のスキルを活かせる商社を見つけるために、徹底的に企業研究および比較をすることが重要です。

 会社ホームページには求人票にはない情報も掲載されているので、必ずチェックしましょう。

複数の商社を比較するにあたり、事前に自分の希望する働き方や仕事内容などの優先順位を決めておきましょう。

比較した後に、自分に合う商社がどこなのかを判断しやすいというメリットがあります。

ニュースサイトなどで、商社に関する情報もチェックしておくと、今後の動きや市場への影響なども判断しやすいです。

転職エージェントを利用する

商社への転職を効率よく進めるには、転職エージェントの利用がおすすめです。

実績やノウハウが充実している転職のプロと、業界ごとのポイントを押さえた転職活動ができるので、転職の成功率を高めることもできます。

 転職エージェント選びは、サポート内容や保有求人数などを基準に行いましょう。

保有求人数の多い転職エージェントを利用すれば、自分の希望に合った商社の求人を多く紹介してもらえる可能性があります。

業界ごとの専任アドバイザーがいる転職エージェントもあるので、商社への転職サポート実績の多いところをチェックしてみてください。

商社への転職で使える自己PR例文をご紹介

商社へ転職を考えた際、「なぜ商社なのか」そして商社の中でも「なぜこの企業なのか」この2つを明確にしましょう。

商社を選んだ理由を明確にする自己PR

まずポイントとなるのは、自分の長所や強みを活かせる業界が商社である明確な理由を記載することです。

商社を選んだ理由を明確にする自己PR
私は現在メーカーに努めていて、より商材を通して世界中のネットワークを作りたいと思い商社を選択しました。現在はガスなどの自然エネルギーを取り扱う企業へ部品を提供していますが、エネルギー当商材そのものをより、必要としている世界の人達へ届けたいと思っています。現在フロントに立ち顧客との折衝や、コミュニケーションを取り扱っていることに加え、エネルギー業界全体の基礎知識は兼ね備えています。そこでメーカーで培った経験、知識を活かし貴社でさらに多くの人の役に立ち、エネルギーを通し世の中を豊かにしていくことが私のビジョンです。

また商社でなければいけない理由も兼ね備えており、明確に自分の意志や武器がアピールできるでしょう。上記例文のポイントは、近しい業界ですでに基礎知識が身についている点で、入社後に即戦力として稼働できることがPRできています。

ただ経験やスキルを羅列するだけではなく、入社後にどう活躍できるかまで落とし込みましょう。

特定の企業を選んだ理由を明確にする自己PR

次に、商社の中でも「なぜこの企業を選んだのか」といった、差別化した理由も重要になります。

特定の企業を選んだ理由を明確にする自己PR
現在の職場ではインフラに携わるシーンが多いですが、あくまでも法人とのやり取りがメインです。そのため実際に人の役に立っているのか、困っている人の問題は解決できているのかまでは確認できません。しかし貴社は東南アジアを中心に、現地法人も構えられています。そこで私は実際に現地法人での勤務を希望しており、自分の取り組みによって人々の生活が豊かになっているかを見届けたいと思っています。海外クライアントの折衝経験もあるため、貴社の現地法人で現地の人たちの暮らしを豊かにしていくことが貴社を選択した理由です。

採用担当者に「他の会社でも良いのでは?」と思われないため、差別化した理由とそれに合わせて自分ができることをセットでアピールしていきましょう。

上記の例文のように、企業の特徴や差別化した取り組みを基に、自分のスキルが活かせることをアピールしていきましょう。

特に事業内容や、経営理念への共感といった部分は大きな差別化した志望動機となります。

商社の転職で使える志望動機例文

商社へ転職を目指すのであれば、総合商社と専門商社ごとに志望動機の書き分けを理解しておくと良いです。

総合商社向けの志望動機

総合商社向けの志望動機
国内のみにとどまらず、多くの国へ安定した食料供給を行っている点に関心を寄せ、貴社を志望いたしました。学生時代に南米でのボランティアを経験して依頼、私も世界の貧困に困る人達を救い、一人でも多くの人が幸せに暮らせる世界を作りたいと思っています。このポジションでは海外駐在のキャリアもあるということで、将来的にはまた南米へ移り、より現場で安定した食料供給を実現します。

また「なぜそのプロジェクトに関心があるのか」を、自身の体験をもとにアピールできると、より具体性が高まり採用担当へ良い印象を与えられます。

総合商社では海外展開している企業が多いため、より視野の広い志望動機を伝えることが効果的。

漠然とした志望動機ではなく、自分の経験から「なぜ商社で働きたいのか」を明確にしましょう。

専門商社向けの志望動機

専門商社向けの志望動機
普段身近な存在である金屬を、より効果的な利用ができるよう、少しでも多くの利用者の生活を豊かにしたいと思っています。そのため金属加工の分野で事業展開している企業を探していた際、御社を見つけました。加えて今後の中長期計画を拝見し、私が目指す将来とも合致しているため、今回このポジションへ応募いたしました。

特に身近に利用されているものであれば、自分の考えも伝えやすいので、様々な角度で質問をされても対応できるでしょう。

専門商社は総合商社と違い、特定の商材を取り扱う特徴があるため、その商材に対して想いや見解を伝えることが重要。

専門商社では特定の商材を取り扱うため、なにか一つに特化した知識を身に着けておくことで、内定獲得が実現しやすくなります。

商社への転職には転職エージェントの活用がおすすめ

商社へ転職を成功させるために、転職エージェントの活用がおすすめです。しかし、さまざまな転職エージェントがあるため、迷ってしまう人も少なくありません。

ここからは、自分に合った転職エージェントの選び方をご紹介します。転職エージェントの選び方に迷ったら、ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントの選び方
  • 求人数の多さ
  • サポート体制の手厚さ
  • 非公開求人を扱っているか

求人数の多さ

転職エージェントに登録する際、求人数の多さを確認しましょう。求人数が多ければ多いほど、自分に合った求人に出会いやすくなります。

 ここで確認しておきたいのが、「商社」の求人数です。求人検索欄で商社の求人がどれくらいあるのかチェックしましょう。

商社の求人が多い転職エージェントであれば、選択肢の幅が広がります

求人がバラエティに富んでいると、仕事探しを効率よく進められますよ。

サポート体制の手厚さ

サポート体制の手厚さに関しても、入念にチェックしましょう。よくあるサポートの例として、応募書類の添削や面接対策などが挙げられます。

 なかには、面接日程・入社日などの手続きを代行してくれる転職エージェントもあります。

このようなサポートがあれば、在職中でなかなか転職活動に時間を割けない人でも安心です。

入社後のアフターサービスが充実している転職エージェントも必見です。

非公開求人を扱っているか

非公開求人を扱っている転職エージェントもおすすめです。非公開求人は一般的に開示されていない求人を指します。

 ほかの転職サービスに掲載されていない求人も多いため、ライバルが少ない環境で転職活動を進められるのがメリットです。

また、非公開求人は待遇をはじめとした条件面に優れている求人が多い傾向にあります。

掘り出し物の求人が見つかる可能性が高いでしょう。

商社を目指す人におすすめの転職エージェント3選

※ランキング根拠はこちらからご覧いただけます。
※当記事で紹介している転職サイト/エージェントの情報はこちらからご覧いただけます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント TOP画像

おすすめポイント
  • 業界最大級の非公開求人を取り扱っている
  • 各業界に精通したアドバイザーが在籍
  • 独自に分析された業界・企業情報の提供

さまざまな求人を見比べたいならリクルートエージェントがおすすめです。商社の公開求人は15,322件もあります。(2024年1月現在)

特に、非公開求人が公開求人よりも上回っているのがポイントです。

 商社への転職は倍率が高くなりがちですが、非公開求人があれば効率よく転職活動を進められるでしょう。

また、各業界に精通したアドバイザーが在籍しています。

商社への転職で困ったことがあれば、気軽に相談してみてください。
求人数402,651件
おもなサービス
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 選考サポート
エリア全国
運営会社株式会社リクルート

※出典:リクルートエージェント
※求人数は2024年5月29日時点

≫関連記事:リクルートエージェントの評判は?特徴など徹底解説

doda

dodaトップ画像

おすすめポイント
  • 企業に特化した選考サポートが受けられる
  • 経験・スキルを見た企業から直接スカウトが届く
  • メルマガ登録すると最新の転職情報が手に入る

在職しながらスムーズに転職活動したいなら、dodaがおすすめです。dodaではスキル・経験を登録しておくと、企業から直接スカウトが届きます

 商社で働いたことがない人でも、商社で通用するようなスキル・経験があれば迷わず登録しておきましょう。

また、dodaのメルマガに登録すると、最新の転職情報が手に入ります。

転職活動の情報収集をしたい人にもうってつけです。
求人数243,633件
おもなサービス
  • 求人検索
  • スカウト機能
  • 転職お役立ち情報
エリア全国
運営会社パーソルキャリア株式会社

※出典:doda
※求人数は2024年5月29日時点

≫関連記事:dodaの評判・口コミは悪い?利用方法やサービスの特徴も解説

マイナビエージェント

マイナビエージェントロゴ

おすすめポイント
  • 各業界の転職事情に詳しいキャリアアドバイザーが在籍
  • ミスマッチを防止できる情報提供
  • 徹底したサポート体制

マイナビエージェントには、各業界の転職事情に詳しいキャリアアドバイザーが在籍しています。

 商社の市場動向や転職難易度も熟知しているので、有益な転職活動の情報を得たい人は登録を検討してみてください。

また、企業の人事担当者と直接やりとりを行うリクルーティングアドバイザーがいます。企業の雰囲気や人間関係などの情報を得られるのもポイントです。

求人票に掲載されていない情報を入手できるので、ミスマッチ防止に役立つでしょう。
求人数非公開
おもなサービス
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 選考サポート
エリア全国
運営会社株式会社マイナビ

※出典:マイナビエージェント

≫関連記事:マイナビエージェントの評判口コミは?特徴・メリットなど徹底解説

年収アップを目指すなら!まずは年収査定を受けよう

自分の年収を上げたい...と感じている人はまず、自分がどれくらいの年収をもらう価値があるのか、適正年収を知る必要があります。

適正年収が自分の今の年収よりも高ければ、転職によって年収アップの可能性があるでしょう。

dodaの年収査定サービスでは、無料の会員登録だけですぐに年収査定の診断を受けることができます。doda会員の186万人のビッグデータから算出された数字なので、信頼感もあります。
dodaの年収査定でわかること
  • 今の年収から何円アップするか
  • あなたの適正年収の求人
  • 転職によって年収がどう推移するか

診断結果のサンプルは以下のようになっています。

年収査定

 

今の年収から何円アップするかは以下のように表示されます。dodaは転職サイト・エージェントの機能もありますので、そのまま転職を開始することもできますよ。
doda自分の市場価値を知ることは年収アップの近道になるでしょう。ぜひ年収査定を利用して、年収アップを達成しましょう。

よくある質問

商社を目指す人におすすめの転職エージェントは?

商社への転職におすすめの転職エージェントは以下のとおりです。

・リクルートエージェント
・doda
・マイナビエージェント

いずれも無料で利用できるため、自分に合った転職エージェントを選びましょう。

商社の転職で求められるスキルは?

商社の転職で求められるスキルは以下のとおりです。

・語学力
・コミュニケーション力
・事務処理能力
・プレゼンテーションスキル
・課題解決力

特に、海外とやりとりをする機会が多い部署なら語学力は必須です。計画的に勉強する必要があります。

商社で働くやりがいは?

商社で働くやりがいは下記を参照してください。

・企業同士の利益を最大化できる
・海外勤務を目指せる
・大規模なビジネスに携われる
・知識・スキルが身につく

企業同士の利益を最大化できるのは商社で働く大きな魅力です。顧客との信頼関係を築いていきましょう。

商社はどんな人に向いている?

商社は好奇心が旺盛な人に向いているでしょう。商社で働くにあたって、幅広い商材の商品知識をつける必要があります。

好奇心旺盛な人は商品知識の吸収が早く、商談やプレゼンテーションの場で重宝されやすいです。

商社への転職を成功させるポイントは?

商社への転職を成功させるポイントは以下のとおりです。

・自分の強みを把握する
・企業研究を徹底的に行う
・転職エージェントに登録する

自分の強みを把握しておくと、面接の自己PR時に役立ちます。得意業務・苦手業務をしっかり整理すると、自分の強みを見出しやすいです。

商社の転職難易度は?

商社の転職難易度は比較的高い傾向です。特に、有名企業であればあるほど、採用難易度は跳ね上がるでしょう。

難易度が高い商社に転職するには、転職エージェントの登録がおすすめです。効率的に転職活動を進められるよう、アドバイスしてくれます。

自分に合った転職エージェントの選び方とは?

自分に合った転職エージェントの選び方は下記を参照してください。

・求人の多さ
・選考サポートの手厚さ
・非公開求人を扱っているか

特に、求人の多さに注目しましょう。商社の求人数が多ければ、その分選択肢の幅が広がります。

まとめ

今回は、商社に転職を考えている人に向けて、商社で働くやりがいや商社への転職を成功させるポイントなどを中心にご紹介しました。

商社で働くやりがいのひとつに、企業同士の利益を最大化できることが挙げられます。企業の橋渡し役として、大きな達成感を得られるでしょう。

商社への転職を考えているなら、自分に合った転職エージェントの登録を検討してみてください。商社の転職事情に詳しいアドバイザーから有益なアドバイスをもらえます。

この記事を参考にしながら、商社への転職を成功させましょう。

執筆者 転職ベストプラス編集部
『転職ベストプラス』では、ユーザーの「仕事」を軸に、「転職」「就職」「退職」「資格」の関するあらゆる情報を発信する比較メディアです。
『転職ベストプラス』では、新しい仕事へ踏み出すで生まれる「不安」に対して、さまざまな情報を発信し、ひとりひとりにとって最良な選択を手助けする情報を提供するために、最新で有益なコンテンツ制作を日々行っています。
※詳しくはコンテンツポリシーをご覧ください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。