転職活動の正しいやり方を徹底解説!20代やUターン転職のコツは?

転職活動の正しいやり方を徹底解説!20代やUターン転職のコツは?

20代・30代は将来について考える機会も多く、転職を意識する方も増える年代ではないでしょうか。少しでも早く新しい職場で働くために、つい焦って転職活動をしてしまうかもしれません。

しかし、ただやみくもに転職活動をするのではなく、いくつかのポイントを押さえておくことが大切です。

効率的な転職のやり方を把握しておけばスムーズに選考を進められるため、少しでも転職が成功する確率を高められるでしょう。

そこで今回は転職のやり方がわからない方のために以下の項目について解説していきます。

この記事でわかること
  • 転職活動の正しいやり方
  • Uターン転職のやり方とコツ
  • 20代30代の転職のやり方
  • おすすめの転職エージェント

年代別におすすめの転職サービスも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

転職の正しいやり方・手順

転職のやり方

転職活動には、大きく分けて以下の5ステップがあります。

転職のやり方
  1. 自己分析
  2. 応募書類の作成
  3. 求人への応募
  4. 面接の対策
  5. 内定・退職手続き

それぞれのステップについて、詳しく解説していきます。

①自己分析

転職のやり方

転職活動でまず行わなければならないのは「自己分析」です。

自己分析をせずに転職活動を始めてしまうと、転職活動の目的が定まらず、自分が本当に希望している仕事への転職が難しくなってしまいます。

 自己分析をすれば自分の強みを効果的にアピールできるようになるので、履歴書を魅力的に仕上げられたり、面接での受け答えも明確になったりとメリットが大きいです。

このため、転職活動を始める際には、必ず自己分析を行いましょう。

自己分析のチェックポイント

転職のやり方

自己分析でチェックすべきポイントは、主に以下の6つです。

自己分析でチェックすべきポイント
  • これまでの経歴
  • 持っているスキル
  • 積み重ねた実績
  • 性格
  • 特技
  • 人脈

これらのポイントについて整理すると、自分の強みがわかります。

 これまでのキャリアだけでなく、人間性やプライベートでの経験も十分にアピールできるポイントになり得ます。

例えば、山登りが趣味の場合、体力や強い精神力をアピールできるでしょう。

誰とでも仲良くなれる性格であれば、協調性やコミュニケーション能力が活かせる営業や販売の仕事に歓迎される可能性が高いです。

このように、自己分析を十分に行えば、キャリアを活かせる仕事だけでなく、本当に自分に合った仕事を見つけられるかもしれません。

自己分析を行ったら、自分の魅力を最大限にアピールできるように、強みを言語化しておくことが大切ですよ。

②応募書類の作成

転職のやり方

応募書類は、主に履歴書・職務経歴書を用意するのが一般的です。

経歴だけでなく、志望動機や自己PRを記入する欄があるので、必ず全ての項目を埋めましょう。

書式は決まっていませんが、ある程度のフォーマットがあります。よって、自分で1から作成するよりもインターネット上から用紙をダウンロードするか、市販のものを使用するのが安全です。

 自己PR欄には、自己分析をして言語化した自分の強みを書くと、企業にも好印象を与えられます。

プロに添削を頼むのもおすすめ

転職のやり方

履歴書や職務経歴書の書き方に迷ったら、転職エージェントの添削サービスを利用するのも良いでしょう。転職のプロに添削してもらえるので、書類選考の通過率がアップするかもしれません。

なお、資格を活かして転職をする場合は、資格欄に記入するだけでなく、資格を証明する書類の提出を求められる場合があります。

書類を紛失していた場合は再発行しなければならない可能性もあるので、早めに手元に用意しておきましょう。

③求人への応募

転職のやり方

応募書類が出来上がったら、いよいよ求人への応募です。自己分析で棚卸したキャリアやスキルだけでなく、希望条件に合った求人をコツコツと探しましょう。

また、求人の応募には転職エージェントの活用もおすすめです。

 一般には公開されていない好条件の非公開求人の中から、自分に合った求人を探し出してくれる可能性があります。

ただし、希望に合致した求人がすぐ見つかるとは限りません。

求人が出るタイミングにもよる上、良い求人は競争率も高いので応募しようか悩んでいるうちに応募を締め切られてしまう場合もあります。

自分にとっての優先順位が高い条件を明確にしておき、妥協できる条件には目を瞑る必要があるでしょう。

4.面接の対策

転職のやり方

求人に応募して書類審査に通過したら、企業の採用担当者との面接に進みます。面接に無対策で臨むと、ハキハキと答えられずに印象が悪くなってしまう場合があります。

 面接で緊張してもしっかりと質問に明確に答えられるように、あらかじめ練習しておきましょう。

面接で聞かれる内容

転職のやり方

面接で質問されることの多い内容は、以下の5つです。最低でもこれら5つの項目にははっきりと答えられるように、自分の答えを考えておくと安心です。

面接で質問される内容
  • 志望動機
  • 前職の退職理由
  • 自己紹介
  • 長所・短所
  • 何か質問はありませんか?

なお、面接当日は遅刻しないように10分前を目安に到着するのが安心です。服装は華美なものは避け、シンプルなビジネススーツやオフィスカジュアルなど、清潔感のあるものを選びましょう。

入室のマナーなどに不安がある人は、事前にきちんとチェックしておきましょう。

⑤内定・退職手続き

無事に内定をもらったら、入社の準備と退職手続きを並行して行う必要があります。

入社手続き

転職のやり方

内定をもらったら、必ず契約書や契約内容を確認しましょう。

 年収や職場、ポストなど、面接で伝えた希望条件と相違がないかをしっかりとみておかないと、入社後にこんなはずではなかったと転職を後悔することになりかねません。

また、入社日の確認も大切です。現在の職場の退職日より前に入社日が設定されていた場合には、入社日をずらしてもらえるように交渉しましょう。

なお、転職エージェントなら、給与や入社日の交渉を代行してくれる場合があります。

退職手続きや引き継ぎに忙しく、なかなか転職先への交渉ができない可能性があるので、代行サービスがあれば利用しましょう。

退職手続き

転職のやり方

内定をもらったら、なるべく早く現在の職場の退職手続きを進める必要があります。退職の意思を上司に伝え、退職日を設定しましょう。

 今までお世話になった職場なので、円満に退職できるように心がけると、気持ちよく新しい職場で再スタートを切ることができます。

理解を得られるように、必要であればしっかりと話し合いをするのがおすすめです。

退職日には必要書類を漏れなく提出し、借りていた備品は全て返却できるようにしておきましょう。

【Uターン編】転職のやり方・コツ

Uターン転職のやり方

Uターン転職とは、一度は地元を離れて都会で就職したものの、再び地元に戻って地元で再就職する転職方法を指します。

Uターン転職のやり方には、主に以下の7ステップがあります。

Uターン転職のやり方
  1. 地元の情報収集
  2. 地元の求人を探す
  3. 応募書類の作成
  4. 求人への応募
  5. 面接の対策
  6. 内定・退職手続き
  7. 引越し

一般的な転職活動との大きな違いは、地元の情報収集を行うことでしょう。たとえ住み慣れた地元だとしても、当時と現在とでは状況が変わっているかもしれません。

また、Uターン転職の面接時には地元に戻る決意をした理由を聞かれる可能性があります。

 地元に転職したい熱意や今後のキャリアプランが伝わるよう、志望動機をしっかりと練っておきましょう。

【20代・30代編】転職のやり方・コツ

20代と30代では、転職活動の流れに大きな違いはありませんが、アピールできるポイントが違います

ここでは20代と30代での転職のポイントについて、詳しく解説します。

20代の転職のポイント

【年代別】20代・30代の転職のやり方

20代の特に前半は、転職は難しいのではないかと思われがちです。しかし、実際の需要は高いと言えます

 20代に期待されるのは、ポテンシャルやモチベーションの高さです。

企業は、経験が浅いからこそ、柔軟な対応が可能で、知識も吸収しやすいだろうと考えます。

その証拠に転職には第二新卒という市場があり、20代前半の若い世代を積極的に採用する企業も珍しくありません。

20代が転職活動をする際の注意点

【年代別】20代・30代の転職のやり方

20代前半でも社会人としての最低限のマナーを習得していることが前提条件となるのが一般的です。よって、面接時の言葉遣い身だしなみには注意しましょう。

 また、20代後半ではある程度のスキルや能力が求められます。

自分が今までどのような仕事をこなしてきたのか、実績などをアピールすると効果的です。

20代は、未経験分野でも歓迎される場合が多いので、積極的に転職活動を行いましょう。

30代の転職のポイント

【年代別】20代・30代の転職のやり方

30代に入ると、責任ある仕事を任せられるケースも出てくる年代です。

その一方で、環境によっては思うように能力を評価してもらえず、スキルや能力はあるのに正当に評価されないと、転職を考えるケースも多いです。

 スキルや経験を積んだ働き盛りの30代には、即戦力が求められます。

このため、スキルや能力に自信があるなら、キャリアアップや年収アップを目指して転職活動をするのが良いでしょう。

ハイクラス向けの転職エージェントに登録し、自分の市場価値を確かめてみるのも良い手段です。

30代が転職活動をする際の注意点

【年代別】20代・30代の転職のやり方

しかし一方で、未経験分野への転職は難しくなる年代でもあります。20代の場合には、未経験でも人材を育てるという意識が企業にはあります。

 しかし、30代は将来性ややる気だけではなく、入社したらすぐに第一線で働いてもらえるかどうかも求められます。

よって、30代で未経験分野に転職したい場合には、年収が下がる可能性も考えておかなければなりません。

焦りは禁物なので、自分のキャリアや将来像をしっかりと考えて転職活動を行いましょう。

転職を決意したらやるべき3つのこと

転職を決意したらまずやるべきこと

転職を決意したら、まずは全体の流れを掴むことが大切です。ここからは、転職することを決めた時にやるべきことを紹介します。

全体の流れを把握することで新しい企業に入社するまでをイメージしやすくなるでしょう。

 

転職を決意したらまずやるべきこと
  1. 転職のスケジュールを把握する
  2. 自己分析を徹底して行う
  3. 転職に関する情報収集を行う

①転職のスケジュールを把握する

転職を決意したらまずやるべきこと

まずは、転職するまでのスケジュールを把握しましょう。転職活動にかかる期間は人によりますが、一般的には3ヶ月~6ヶ月程度かかるのが目安です。

転職活動の内容 期間の目安
求人を探して応募書類を作成する 2週間~1ヶ月
応募・面接などの選考 1ヶ月~2ヶ月
内定・入社 1ヶ月~3ヶ月
 ただし、退職する際にも有給の日数を確認したり、退職手続きや引き継ぎなどを行ったりする必要があるため、目安よりさらに長期化する可能性もあります。

まずは全体の流れとして大枠を押さえておくと良いでしょう。

②自己分析を徹底して行う

転職を決意したらまずやるべきこと

転職活動をする前には、徹底して自己分析を行うのがポイントです。

自己分析をすることで、自分のやりたいことや必要な収入などが整理されてまとまるため、より希望に合った求人を探しやすくなります。

転職のミスマッチも防げますね。
 今までの仕事を振り返ってキャリアの棚卸しをすることで、自己PRするポイントも見つかるでしょう。

③転職に関する情報収集を行う

転職を決意したらまずやるべきこと

自己分析が終わったら、転職に関する情報収集を行います。

 希望する業界の動向などを把握しておけば、戦略的な自己PRの方法を考えることができます。

また、希望する職種に必要な資格などの情報を知っておくと、資格取得にかかる期間も含めて計画的に転職活動を進められるでしょう。

業界や応募先の情報を集めておけば、面接対策にも生かすこともできますよ。

自己分析による自身の市場価値と、情報収集によって得た企業の情報があれば、自分に適した仕事を見つけやすくなるでしょう。

転職活動を始めるタイミング

転職活動を始めるタイミング

転職活動のやり方においては、転職活動を始めるタイミンも重要なポイントです。ここからは、各タイミングの特徴について紹介しましょう。

転職活動を始めるタイミングには、主に以下の2種類があります。

転職活動を始めるタイミングの特徴
  1. 辞める前に転職活動する
  2. 辞めてから転職活動する

①辞める前に転職活動をする

転職活動を始めるタイミング

多くの方は現職の仕事を辞めずに転職活動をするでしょう。この場合だと、仕事と両立する必要があるので、時間を有効活用する能力が求められます。

離職期間がなく収入も安定しているため、金銭面や期間の制約がないことがメリットですね。

②辞めてから転職活動する

転職活動を始めるタイミング

会社を辞めてから転職活動を始めるパターンでは、時間に余裕を持って転職活動ができるでしょう。

現職の仕事が忙しい場合は、転職活動に充てられる時間を取れないこともあるかもしれません。

退職後は情報収集に時間を使えるため、落ち着いて転職活動を進めることができるでしょう。
 ただし、転職活動の期間が長くなれば収入がない分、金銭的な余裕がなくなるので注意しましょう。

年収アップの裏技をご紹介!

年収アップの裏技は「転職エージェント」の利用です。多くの人が転職の際にとりあえず登録する「転職サイト」と違い、転職エージェントはアドバイザーがあなたの転職をサポートしてくれます。

リクルートエージェント」は完全無料で利用可能な転職エージェントで、利用者の60%以上が年収アップを成功させたという実績があります。 ※https://www.r-agent.com/service/data/
経験豊富なキャリアアドバイザーはあなたの希望年収を企業と代わりに交渉してくれます!希望の年収はアドバイザーに事前に相談しておきましょう。
リクルートエージェントの強みは非公開求人の多さです。保有する非公開求人はなんと10万件以上!紹介してもらえる求人の幅も広がります。
 非公開求人は一般に公開すると応募が殺到してしまう好条件の求人であることが多いです。
内定獲得のための選考対策も充実しています。年収を上げたいと考えているなら、ぜひリクルートエージェントに登録しましょう!
リクルートエージェント


おすすめポイント
  • 業界でもトップクラスの非公開求人数!
  • 全国どの地域に住んでいても利用可能!
  • 模擬面接など、選考対策も手厚い!
  • 完全無料

おすすめの転職エージェント3選

転職には、自分にあった求人を紹介してくれる転職エージェントのサービスを活用することをおすすめします。

ここからはおすすめの転職エージェントを3つご紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 業界でもトップクラスの非公開求人数!
  • 全国どの地域に住んでいても利用可能!
  • 模擬面接など、選考対策も手厚い!
  • 完全無料

リクルートエージェントは、非公開求人も含めて10万件以上の求人を保有し、全国各地に拠点がある転職エージェントです

全国展開しているため、地方に住んでいる方も利用しやすいですね。

応募書類の添削・面接対策が充実しているだけでなく、独自に分析した業界・企業情報も提供しています。

 各業界に精通したキャリアアドバイザーが的確にサポートしてくれるため活用しやすいでしょう。

公式サイト

運営会社 株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 職務経歴書エディター
  • 面接力向上セミナー
  • 担当者面談
公開求人数※2021年5月27日時点 111,030件
主な拠点 東京/西東京/宇都宮/さいたま/千葉/横浜/京都/大阪/神戸/名古屋/静岡/北海道/東北/岡山/広島/福岡

doda

doda

おすすめポイント
  • 転職サイトと転職エージェントの機能を併用できる!
  • 大手から中小企業・ベンチャー企業まで幅広い求人を用意!
  • 年収査定で自分の給与相場がわかる!
  • 完全無料!

dodaは、非公開求人やdodaのみが扱っている独占求人もあり、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

各業界の専門スタッフが企業視点でアドバイスしてくれるので、有効な自己PRを作ることができますよ。

キャリアアドバイザーのサポートを受けながら応募書類を作成し、dodaを経由して応募書類を提出するので安心感があるでしょう。

運営会社 パーソルキャリア株式会社
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • スカウト
  • パートナーエージェントサービス
  • 転職ノウハウ
公開求人数※2021年5月27日時点 82,862件
主な拠点 丸の内/北海道/東北/横浜/静岡/中部/関西/京都/神戸/岡山/広島/九州

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • アドバイザーや担当者の対応がよく、親身に相談に乗ってくれる!
  • 各企業の情報を分析し、手厚い選考対策で内定率UP!
  • 経歴に自信がない方でも正社員転職が目指せる!
  • 全国の転職に対応!WEB面談も可能
  • 完全無料

マイナビエージェントは、担当者が丁寧に転職活動を支援するので、制転職活動が初めての方でも安心できる転職エージェントです。

マイナビエージェントは業界ごとの専任制なので、希望する業界に詳しい最適なエージェントが求人を紹介してくれます。

企業担当のアドバイザーから、職場の雰囲気などを教えてもらうこともできますよ。
運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 履歴書添削サービス
  • 面接対策
  • サポート期間は無期限
公開求人数※2021年5月27日時点 25,970件
拠点 京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

よくある質問

転職活動に適した時期、有利な時期はありますか?
新卒と違い、転職の場合は採用時期が決まっているわけではありません。そのため、転職に適した時期・有利な時期というのは特になく、「一年を通してチャンスがある」と言えます。
転職活動のタイミングはいつがいいのでしょうか?
実際のところ、年度を通して人材を募集している企業の場合、新卒採用の時期を外した方が、人事担当者から丁寧な書類選考や面接を行ってもらえる傾向にあります。
しかし、このタイミングで希望する企業の求人が出るとは限りません。企業側の採用ニーズや人事の繁忙期などは気にせず、自分が転職したい!と思った時こそが、転職活動をはじめるのに適した時期だと考えましょう。
転職エージェントの利用で、転職活動が会社に知られてしまう可能性はありますか?

転職エージェントのキャリアアドバイザーやコンサルタントは、転職活動している事実が会社に知られないよう、連絡などに点で細かな配慮を行っていますので、エージェントの利用が原因で会社に転職活動がバレるといった可能性は低いと言えます。

転職エージェントを利用する際の注意点は?
求職者のちょっとした不注意や勤怠から、転職活動が現職の職場に知られてしまうケースがあります。転職エージェントを利用する場合は、「メールアドレスは転職活動用に専用のものを準備する」「面接などで不自然な勤怠にならないよう、事前に対策を立てる」といった点に気をつけて慎重に行動しましょう。
転職エージェントで、担当者の変更はできますか?
担当者が変更可能かどうかは、転職エージェントによって異なります。
担当者(キャリアアドバイザー)との相性は、転職活動を円滑に進める上で、とても重要な要素です。可能な限り、キャリアアドバイザーが変更可能な転職エージェントを選ぶことをおすすめします。
Uターン希望です。地方への転職活動はどう進めればいいですか?
おすすめなのは、Uターン転職のサポート実績を打ち出している転職エージェントへの登録・活用です。
地方の求人情報は、転職サイトや、自治体運営のUターン・Iターン相談窓口などでも効率よく探せます。しかし、これらのサイトや相談窓口は、面談日の調整などのサポートが弱いという弱点があります。
Uターン転職は「面接のため、遠方に出向く必要がある」という特徴があり、複数の会社にエントリーする場合、面接日の調整が難しく面倒という問題があります。この問題を、転職エージェントであれば解決可能です。
転職エージェントの中には、Uターン転職のノウハウの豊富さを売りにしているところもあるので、ぜひ各社の公式サイトなどをチェックして比較検討してみてください。

まとめ

今回は、転職・Uターン転職のやり方や20代・30代におすすめの転職エージェントなどをご紹介しました。転職活動をする時には、自己分析をはじめ、十分な準備と対策が必要です。

人生の転機になる転職を効率良く行うためには、自分に合ったスケジュールを立て、転職エージェントなどのサービスを有効活用しましょう。

自分の目的や希望に合った転職エージェントが見つかれば、転職の成功率も高まるかもしれません。

今回解説した内容を参考に、転職のやり方を把握して効率良く転職活動をしてみてください。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事