no.5_不動産 転職エージェント
転職

【2024最新】不動産業界向け転職エージェントおすすめ12選!

この記事はPRを含みます
本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品のご紹介が含まれます。本記事を経由しサービスのお申し込みや商品のご購入をした場合、サービスや商品の提供元の企業様より報酬を受け取る場合がございます。
当コンテンツ内で紹介するサービスには広告が含まれている場合がございますが、各サービスの評価や情報の正確さに影響をもたらす事は一切ありません。詳しくは、転職ベストプラスの運営方針広告ポリシーをご参照ください。

不動産業界に転職するにはどんな転職サイト・エージェントがおすすめ?」「未経験でも不動産業界に転職できる?」など迷っている方は多いですよね。

厚生労働省の令和3年度の調査によると、不動産業界が属するサービス業の有効求人倍率は、34歳以下が3.77と高く、年齢が若くても比較的転職しやすいといえます。
出典:厚生労働省「関東労働市場圏有効求人・有効求職 年齢別バランスシート

不動産業界に転職したい方はぜひ以下を参考してくださいね。

\不動産業界に転職ならこの3つ/

当サイト厳選おすすめ
転職エージェント
\1番おすすめ/
リアルエステートWORKS
リアルエステートWORKS ロゴ画像
  • ライフワークバランス重視したい方向け
  • 非公開求人5,000件以上
  • こだわり条件を活用し、理想の転職を実現できる
\完全無料/
宅建Jobエージェント
宅建Jobエージェント ロゴ画像
  • 月間6,000名以上が登録
  • スマホ1台ですぐに相談可能◎
  • 不動産業界に詳しいキャリアアドバイザーからの提案

\キャリアアップ/
RSG不動産転職RSG不動産転職 ロゴ画像

  • 収入アップ率99.4%
  • 「コンサルタント信頼度No.1」
    「転職サポート充実度No.1」
    の実績!

※公式サイトより引用

◎この記事の監修者
黒田 真行 さん
Twitter

黒田 真行

1988年リクルート入社。2006~13年まで転職サイトである「リクナビNEXT」編集長。リクルートエージェントネットマーケティング部部長、(株)リクルートメディカルキャリア取締役を歴任した後、2014年ルーセントドアーズを設立。 続きを読む

著書:
35歳からの後悔しない転職ノート
転職に向いている人 転職してはいけない人

転職ベスト・プラスのお約束
本コンテンツで紹介しているサービスは、厚生労働省委託事業の職業紹介優良事業者認定制度・一般財団法人 日本情報経済社会推進協会のプライバシーマーク制度のいずれかもしくは両者に参加しています。また、厚生労働省の有料職業紹介事業として許可を得ています。当サイトは、読者の皆様が公正な評価や情報をもとに、より良い選択ができるよう尽力しております。本コンテンツは株式会社ONEが管理を行っております。転職エージェントおすすめランキングは、求人数の多さやサービスの使いやすさ(検索項目数)、対応可能エリア(拠点数)、利用実績、利用者の口コミなどを基準にし、独自に点数化にしております。詳しくは、転職ベストプラスの運営方針広告ポリシーをご確認ください。
広告ガイドライン
本記事では、不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)を参考に、景品類等の指定の告示の運用基準一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示のガイドラインに基づいた形式で広告を掲載しています。
本記事では、消費者庁アフィリエイト広告等に関する検討会報告書「アフィリエイト広告の意義」のガイドラインに基づいた形式で広告であることを明記しています。
各転職エージェントの評価は消費者庁景品表示法に基づき、公式サイトの情報・利用者の口コミや評判を元にランキング化しており、ユーザー方々がより良いサービス・商品を選べるよう尽力しています。

不動産業界に強い!おすすめ転職エージェント7選

不動産業界に転職を考えている方で、転職エージェントを活用したいと検討している方は、まずは不動産業界特化型の転職エージェントの利用がおすすめです。

不動産特化型の転職エージェントは、不動産業界出身のキャリアアドバイザーや不動産業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しています。

不動産業界ならではの転職ノウハウやアピールポイントも教えてもらえるため、不動産業界で転職したい方はまず見ておいて損はありません。

これで解決!不動産業界向けおすすめ転職エージェント比較表

※右にスクロールできます

不動産業界に強い
おすすめ
転職エージェント

リアルエステートWORKS宅建jobエージェントRSG real-estate agentKS-CAREER資格de就職for不動産不動産キャリアいえらぶ不動産転職
リアルエステートWORKS宅建jobエージェントRSG real-estate agentKS-CAREER資格de就職for不動産不動産キャリアいえらぶ不動産転職
公開求人数6,322件約30,000件優良求人5,000件以上非公開非公開25,542件3,792件
非公開求人非公開非公開
強みワークライフバランス重視の求人あり!
最短11日で内定した実績も
非公開求人2,000件以上
資格取得サポートあり
年収アップ率99.4%
不動産・建設・不動産管理の3業界を横断した転職サポート

未経験・学歴不問求人あり
20〜30代の支援に強い

不動産業界の転職と資格の相談が一緒にできる!47%が年収600万円〜1,000万円の求人
中小企業の求人も豊富
LINEで気軽に相談ができる
書類・面接対策
スカウト
料金無料無料無料無料無料無料無料
対応エリア全国+海外全国全国全国全国全国全国

ここからは不動産業界に特化した転職エージェントを紹介します。

※求人数は2024年2月6日時点です。

リアルエステートWORKS

おすすめポイント
  • 不動産特化型転職エージェントで不動産業界に精通したサポートが受けられる
  • ワークライフバランス重視の求人掲載あり
  • こだわり条件が豊富で理想的な求人を絞り込める
  • 企業の深い情報を把握している

リアルエステートWORKSは、不動産のホワイト求人に特化した転職エージェントです。そのため、総合型転職エージェントと比較すると不動産業界に密着した手厚いサポートを受けることができます。

不動産業界の求人を幅広く取り扱っているため、ワークライフバランス重視の上場企業やベンチャー企業の求人など、希望に合わせて幅広い選択が可能。

特にプライベートと仕事を両立しつつ、キャリアップを求めている方におすすめの転職エージェントです。

 一口で不動産業界といっても、仲介営業や仕入れ営業から設計・事務・マーケティング・ITなどの広い職種の求人も多く掲載している点も魅力の一つでです。

職種一覧
  • 売買仲介
  • 賃貸仲介
  • 用地仕入れ
  • オフィス・テナント仲介
  • 不動産企画開発・店舗開発
  • アセットマネージャー
  • PM・不動産管理
  • 企画・提案営業
  • リーシング営業
  • 投資用不動産販売
  • 事務職・宅建事務
  • 不動産・建築営業
  • 不動産鑑定士
  • 設計・技術士・
    建築士
  • リフォーム提案営業

特に営業職では、固定給高めのワークライフバランス求人も豊富です。

稼げるの求人や年間求人120日以上求人など、こだわりの条件を厳選して紹介するコラムも充実しているため、自分が譲れない条件のコラムから理想の求人を探すこともできます。

安心のサポート体制も特徴で、スマホで簡単に履歴省を作成したり、担当アドバイザーとの面談を受けたり、転職をスムーズに進めるコツを掲載したコンテンツを利用して転職を有利に進められます。

不動産業界に精通したアドバイザーになんでも相談できる点は不動産業界特化型転職エージェントの最大の魅力ですよ。

運営会社株式会社BEYOND BORDERS
BEYOND BORDERS CO.,LTD.
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 履歴書作成
  • 面談サポート
公開求人数※2024年2月6日時点6,322
対応エリア全国+海外

出典:公式サイト

宅建jobエージェント

宅建job

おすすめポイント
  • 不動産業界専門の転職エージェントで不動産業界に詳しいキャリアアドバイザーがサポート
  • LINE・メール・電話で気軽に相談できる
  • 非公開求人2,000件以上掲載

宅建jobエージェントは、月間1,200名以上が登録している不動産業界専門の転職エージェントです。利用料金は追加料金無しで最後まで無料なので最後まで安心してサポートを受けられます。

 不動産業界に精通しているため、不動産業界市場にも詳しく、即戦力になる分野や、選考に有利になるアピール方法など、転職者と二人三脚で進める転職サポートを受けることができます。

不動産業界で具体的に何をしたいのか漠然としている方でも、自分のスキルや経験をもとに転職のプロがさまざまな求人を紹介してくれるため、ミスマッチを防ぐことができるでしょう。

不動産業界に携わる上で欠かせない宅建の資格を応援するサポートがあり、宅建資格の合格をアシストするWEBマガジンを多数掲載しています。

利用方法・相談ツールもLINE・メール・電話のみで、スマホ1台あれば転職サポートを受けることができる手軽さもポイントです。

運営会社株式会社ヘイフィールド
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • LINE転職相談
公開求人数※2024年2月6日時点約30,000件
対応エリア全国

出典:公式サイト

RSG real-estate agent

realestate

おすすめポイント
  • 不動産業界専門転職エージェントで不動産業界に精通したプロがサポート
  • 月収・年収1.2倍〜1.5倍にアップ・収入アップ率99.4%
  • 取扱企業数全国1,500社以上の業界トップクラスの求人数

RSG real-estate agentは、不動産業界専門の転職エージェントで「コンサルタント信頼度No.1」「転職サポート充実度No.1」の実績を誇ります。

取扱企業数全国1,500社以上、非公開求人を含めると常時5,000件以上の求人を掲載している点も特徴的です。その多くの求人数から、不動産業界に精通した転職のプロが厳選した求人を紹介してくれます。

 収入アップ率はなんと99.4%で月収・年収は1.2倍〜1.5倍にアップする求人を多数取り扱っています。条件交渉力も高く、求人票で掲載されている給与よりも好条件での入職できるケースもあります。

実際の転職実績を見ると年収1,000万円以上の転職を成功させた方や20代で年収600万円以上になった方もいるため、年齢問わず、不動産業界で年収アップを期待している方には魅力的なポイントです。

不動産業界の幅広い求人を取り扱っているため「発注側で働きたい」「経験の幅を広げたい」と不動産業界でさらなるキャリアアップを積みたい方も理想の転職が実現する可能性も。

RSGオリジナル面接対策で「勝てる面接攻略法」を身につけることができますよ。

運営会社株式会社RSG
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • オリジナル面接対策
公開求人数※2024年2月6日時点有料求人5,000件以上
対応エリア全国

出典:公式サイト

KS-CAREER

KS-CAREER

おすすめポイント
  • 不動産・建設業界特化型転職エージェント
  • 20代・30代の利用者は全体の8割以上
  • 年収1,000万円以上の求人あり
  • 業界未経験・学歴不問求人も掲載あり

KS-CAREERは、業界大手KEAIグループが運営する不動産・建設業界特化型の転職エージェントで、企業とのつながりが強く、不動産経営や施工管理、派遣などの仕事のサポートが得意です。

KS-CAREERの登録者の割合は、20代が58%、30代が25%と若い層が多く、手に支持される転職エージェントという特徴もあります。※公式サイト

 不動産業界の求人では、高収入や残業なしなど福利厚生が充実した求人のほかに、業種・職種未経験歓迎の求人も取り扱っているため、自分にスキルや働き方に合った求人を見つけることができます。

転職ではまず書類を通過しなければ内定率を上げることはできません。KS-CAREERでは、書類選考を通過するための履歴書や職務経歴書の書き方のアドバイスや添削を行ってくれるため、内定率が上がりやすいのです。

書類選考を通過すると、内定を見据えた具体的なサポートとして面接対策も行ってくれるため、初めての転職の方や、キャリアアップを求めている方も転職について手厚くフォローしてもらえます。

内定後の条件交渉や入職後のサポートを風土王産業界に詳しいエージェントに代行してもらえるのは心強いです。

運営会社KSキャリア株式会社
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 書類添削
  • 面談サポート
  • 条件交渉代行
  • 入社後サポート
公開求人数非公開
対応エリア全国

出典:公式サイト

資格de就職for不動産

資格de就職for不動産

おすすめポイント
  • 資格を軸に不動産業界の転職をサポート!
  • 資格検定運営団体でもあるから、不動産業界の転職事情と資格を一緒に相談できる!
  • 一生使える不動産業界の資格も紹介!
  • 働きながら資格を取れる求人を多数掲載!

資格de就職for不動産は、不動産業界で働くには欠かせない資格を軸に転職活動をサポートしてくれる転職エージェントです。

保有する資格や経験を元に、キャリアの棚卸しや不動産業界で携われる仕事内容を提案してくれるため、不動産転職でキャリアアップを目指している方には嬉しいサポートです。

 資格de就職for不動産は「日本の資格検定」や「試験に委託運営」行う会社でもあるため、資格に詳しい担当者も在籍し、不動産業界の転職事情を資格と一緒に相談することができます。

資格に詳しい資格de就職for不動産は、未経験からの転職にも強みがあり、就職後に働きながら資格を取れる求人も多数掲載しています。資格を取ってから転職するよりも、実践的な業務の中で資格を取る方が、キャリアアップもスムーズになります。

合わせて「一生使える資格」や「武器になる資格」も紹介してくれるため、これからどんどんキャリアアップをしていきたい方はぜひ相談してみるのもおすすめです。

面談満足度はなんと90%以上を獲得していますよ。※公式サイト

運営会社株式会社シー・ビー・ティ・ソリューションズ
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 書類添削
  • 面接対策
公開求人数
対応エリア全国

出典:公式サイト

不動産キャリア

不動産キャリア

おすすめポイント
  • 年収600万円~1,000万円の求人が47%を占める!
  • 大手だけでなく中小企業の求人が豊富!
  • 賃貸管理からアセットマネージャーまで幅広い職種を紹介!

不動産キャリアAgentは、不動産業界専門の人材紹介サービスです。年収600万円~1,000万円の求人が47%を占めるなど、キャリアアップを目指す上でおすすめの仕事が豊富に揃っています。

 大手だけでなく中小企業の求人も豊富に扱っているため、転職活動の幅が広がるでしょう。

賃貸管理からアセットマネージャーまで幅広い職種を紹介してくれるため、理想の仕事に出会える可能性に期待できます。分野に精通したコンサルタントのサポートは大変魅力的です。

企業からスカウトメールが届く場合もあるため、内定率アップの期待が持てます。

運営会社スラッシュ株式会社
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 書類添削
  • 面接対策
  • トーク機能
  • スカウトメール
公開求人数※2024年2月6日時点25,542件
対応エリア全国

出典:不動産キャリア公式

いえらぶ不動産転職

いえらぶ不動産転職

おすすめポイント
  • 不動産転職の専門スタッフがサポート!
  • LINEで転職相談ができる!
  • 不動産の転職に関するノウハウが学べる!

いえらぶ不動産転職は、不動産転職の専門スタッフが転職をサポートしてくれるため、内定率アップが期待できます。業界内でさまざまな職種を扱っているため、理想の働き方を叶えやすいでしょう。

 LINEで気軽に転職の悩みを相談できるため、気になる点があれば問い合わせてみましょう。また、電話でアドバイスを聞くことも可能です。

希望を伝えることで、自分に合った求人をメールで受け取れます。不動産業界に特化しているからこそ出会える仕事も多数あるため、マメに求人情報はチェックしておきましょう。

不動産の転職に関するノウハウが学べる点も、不動産業界に特化している特徴と言えます。

運営会社株式会社いえらぶGROUP
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • LINE転職相談
公開求人数※2024年1月時点3,792件
対応エリア全国

出典:いえらぶ不動産転職公式

不動産から幅広い業種に◎おすすめ総合転職エージェント5選

不動産業界特化型の転職エージェントのメリットは不動産業界ならではの転職サポートを受けることができるということでした。

一方、総合型の転職エージェントでは、公開求人数が多いことや、セミナーや相談会が頻繁に実施されているなど、不動産業界特化型の転職エージェントには見られないメリットがあります。

転職エージェントは1つしか登録してはいけないということはありませんので、不動産特化型の転職エージェントと総合型の転職エージェントを併用してみるのも転職を成功させるにあたりおすすめの方法です。

ここからは、総合型の転職エージェントを紹介します。

※ランキング根拠はこちらからご覧いただけます。
※当記事で紹介している転職サイト/エージェントの情報はこちらからご覧いただけます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 各業界に詳しいキャリアアドバイザーが在籍!
  • 非公開求人も含め多くの仕事に出会える!
  • 独自に分析した情報を提供!

リクルートエージェントは、各業界の転職事情に詳しいキャリアアドバイザーが在籍しているため、不動産転職において充実のサポートを受けられます。

数ある求人から希望に沿ったものを厳選し紹介してくれる点が特徴です。

 非公開求人も多く、2024年1月時点で268,817件あります。公開分とあわせて63万件を超えてくるため、理想の仕事に出会える可能性は高いでしょう。

提出する書類の添削や面接対策をはじめ、キャリアアドバイザーが独自に分析した業界・企業情報を提供してくれる点も魅力です。十分に活かすことで、転職活動の幅が広がります。

面接力向上セミナーなど独自のイベントも開催されているため、内定率アップのためにもぜひチェックしておきましょう。

運営会社株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 非公開求人の提供
  • 面談の実施
  • 面接対策
  • 志望企業への推薦
不動産業界の公開求人数※2024年2月6日時点66,696件(非公開求人17,326件)
対応エリア全国

出典:リクルートエージェント公式

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 希望に合わせた求人を厳選して紹介!
  • キャリアアドバイザーが業界ごとの専任制で在籍!
  • 企業担当アドバイザーも転職活動を全面的にバックアップ!

マイナビエージェントは、キャリアアドバイザーが職歴を丁寧にヒアリングし、強みや転職活動のプランを一緒に考えてくれます。希望に合わせて求人を厳選し紹介してくれるため、理想の転職が叶いやすいです。

 在籍するキャリアアドバイザーは、業界ごとの専任制となります。不動産業界の転職事情を熟知することから、内定獲得に向けて大変心強い存在です。

キャリアアドバイザーと別に企業担当アドバイザーが在籍し、企業の人事担当者とやり取りをします。求人票に載らない情報を提供してくれるため、有意義な転職活動を送れるでしょう。

転職成功ノウハウが提供されているため、あわせてチェックしておきましょう。

運営会社株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 書類添削
  • 面接対策
  • Web面談・LINE相談
  • 転職ノウハウの提供
  • テーマ別平均年収ランキングの紹介
不動産業界の公開求人数
対応エリア全国

出典:マイナビエージェント公式

≫関連:マイナビエージェントの評判口コミは?特徴・メリットなど徹底解説

doda

dodaファーストビュー

おすすめポイント
  • 専任制でキャリアアドバイザーが転職をサポート!
  • 採用プロジェクト担当も転職をバックアップ!
  • スカウトサービスにより転職活動の幅が広がる!

dodaは、業界・職種・エリア別の動向などに精通したキャリアアドバイザーが在籍しており、専任制で担当してくれます。キャリアカウンセリングから応募書類の添削面接対策まで非常に手厚いです。

 採用プロジェクト担当も転職活動を全面的にバックアップしてくれます。採用計画や求める人物像などの情報を提供してくれるため、転職活動に活かせるでしょう。

自分からの応募だけでなく、スカウトサービスにより企業側からアクションを起こせる点も特徴です。思わぬ企業からの面接確約のオファーが届く場合もあるため、転職活動の幅が広がります。

国内400社以上の転職エージェント5,000人以上のキャリアアドバイザーがサポートするパートナーエージェントサービスも利用可能です。

手厚いサポート内容は、大手ならではの魅力と言えるでしょう。

運営会社パーソルキャリア株式会社
主なサービス(機能)
  • 非公開求人の紹介
  • 専門スタッフによるプロ目線での求人紹介
  • 面接のスケジュール調整
  • 書類・面接手続きのサポート
  • スカウトサービス
不動産業界の公開求人数※2024年2月6日時点37,826件
対応エリア全国

出典:doda公式

≫関連:dodaの評判・口コミは悪い?利用方法やサービスの特徴も解説

パソナキャリア

パソナキャリア

おすすめポイント
  • オリコン顧客満足度「転職エージェント」で1位!
  • 目指す業界・企業に精通した転職コンサルタントが転職活動をサポート!
  • 全体の約70%が一般に知られていない非公開求人!

パソナキャリアは、オリコン顧客満足度「転職エージェント」部門で1位を獲得するなど、高評価を得ている転職エージェントです。応募書類の添削模擬面接の実施など、質の高いサポートが魅力となります。

 目指す業界・企業に精通した転職コンサルタントが転職活動をサポートしてくれます。経験・実績を理解し、希望に沿った仕事に出会わせてくれる点は大きなメリットです。

職種・業界の理解を深めるため企業の採用担当者を招いた勉強会を開催するなど、コンサルタントのスキルアップが利用者の満足度にも繋がっていると言えるでしょう。

全体の約70%が一般に知られていない非公開求人となるため、見たことがない仕事との巡り合わせに期待できます。

出典:オリコン顧客満足度おすすめの転職エージェントランキング・比較

運営会社株式会社パソナ
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • 応募書類の添削
  • 模擬面接対策
  • 日程調整
  • 年収交渉
  • スカウトサービス
不動産業界の公開求人数※2024年2月6日時点3,437件
対応エリア全国

出典:パソナキャリア公式

≫関連:パソナキャリアの評判・口コミは?特徴とメリットを詳しく解説!

JACリクルートメント

JACリクルートメント

おすすめポイント
  • オリコン顧客満足度「ハイクラス・ミドルクラス転職」で1位を獲得!
  • 業界・職種に精通した総勢800名のプロフェッショナルが転職をサポート!
  • 国内大手・外資系・海外進出企業など厳選求人が豊富!

JACリクルートメントは、オリコン顧客満足度「ハイクラス・ミドルクラス転職総合ランキング」で1位を獲得しています。キャリアアップを図れる求人を多く扱っており、紹介案件の質の高さは高評価の理由です。

 業界・職種に精通した総勢800名のプロフェッショナルが転職をサポートしてくれます。不動産業界の転職事情をもとに、一人ひとりに合った進め方を提案してくれるでしょう。

また、国内大手・外資系・海外進出企業など厳選求人が豊富です。約60%が非公開求人であることから、他では見たことがない仕事との出会いも期待できます。

コンサルタントが直接企業とコンタクトを取り、社風や雰囲気なども伝えてくれます。

出典:オリコン顧客満足度おすすめのハイクラス・ミドルクラス転職ランキング・比較

運営会社株式会社ジェイエイシーリクルートメント
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 書類添削
  • 面接対策
  • スカウト
  • セミナー・相談会
不動産業界の公開求人数※2024年1月時点493件
対応エリア全国(世界11ヵ国、34拠点

出典:JACリクルートメント公式

≫関連:ハイクラス向け転職ならJAC リクルートメント!評判や特徴など紹介

不動産業界に強い!転職エージェントの選び方 

不動産業界への転職を成功させるには転職エージェント選びが重要です。

ここからは、不動産業界に強い転職エージェントの選び方を解説していきます。

非公開求人の多さを確認する

8-h3非公開求人の多さを確認する

より好条件で転職したい方は、不動産業界の非公開求人を多数取り扱っている転職エージェントを選びましょう。

非公開求人は公開求人よりも好条件または人気企業であるケースが多いので、年収アップやキャリアアップを目指している方にはおすすめです。

 非公開求人数が多かったとしても、不動産業界の求人数が少ない可能性もあるので注意してください。

多くの転職エージェントでは非公開求人を公表していますが、求人内容等の詳細までは公式サイトで確認できないケースもあります。

その際は、転職エージェントへ直接問い合わせて、不動産業界の求人数を確認するのがおすすめです。

不明点をそのままにして利用してしまわないよう注意しましょう。

年収交渉の実績を確認する

9-h3年収交渉の実績を確認する

不動産業界で年収アップを目指したい方は、年収交渉の実績が豊富な転職エージェントを選ぶのがおすすめです。

条件交渉を代行してくれる転職エージェントは多いですが、成功率を高めるには、不動産業界での年収交渉実績が豊富である点に注目しましょう。

 条件交渉は、交渉したからといって必ず交渉成立するわけではないので注意してください。

また、年収交渉だけでなく、その他の条件交渉も同様のことが言えます。

希望の働き方を整理した上で、該当する分野の交渉実績が十分ある転職エージェントを選ぶと良いでしょう。

実績の確認は、転職エージェントへ直接問い合わせる方法もあります。

口コミ・評判を確認する

10-h3口コミ・評判を確認する

最後に、公式サイトだけでなく、口コミサイト等で実際の利用者の声を確認するのも重要です。

転職エージェント側が謳っている内容と、実態が異なるケースもあるので、リアルな声はあらかじめ確認しておくようにしましょう。

 口コミ・評判では、担当者の対応などに関する声が多く掲載されています。

リアルな声を確認すると、実際の利用をより具体的にイメージできるので、利用時のミスマッチを軽減できるのもポイント。

利用してみて「思っていたのと違った」となると、タイムロスにもつながるので、利用前の情報収集は非常に大切です。

口コミ・評判は、口コミサイトやSNS等で確認できます。

不動産業界への転職を成功させるために大切なこと

不動産業界への転職を成功させたいなら、ポイントを押さえた転職活動が有効です。

ここからは、不動産業界への転職を成功させるポイントを3つ紹介します。

実績のある転職エージェントを利用する

11-h3実績のある転職エージェントを利用する

まず、不動産業界への転職支援実績がある転職エージェントを選ぶのがポイントです。

業界によって傾向は異なるので、できれば希望転職先の業界に強い転職エージェントを利用するようにしましょう。

 不動産業界への転職支援実績があれば、業界や企業の内情に詳しい可能性が高いです。

特に、不動産業界の企業へ直接足を運んでいる転職エージェントだと、より深い情報まで把握していることが多いです。

十分な情報収集をした上で転職活動を行うことは、転職を成功させるために必要な要素のひとつと言えるでしょう。

業界動向はリアルタイムで変化するので、最新情報を把握している転職エージェントを選ぶようにしてください。

独学で勉強を進めておく

12-h3独学で勉強を進めておく

転職活動と並行して、不動産業界で活かせる知識を身に付けておくのも大切です。

特に未経験の場合は、少しでも知識を身に付けておくことで、選考の際に有利に働くでしょう。

 資格を取得できると、選考の際にアピールできます。

不動産業界で活かせる資格の種類はさまざま。

自分が就きたい職種で役立つ資格や知識を調べて、独学で勉強を進めておくのがおすすめです。

時間に余裕のある方は、通信講座やスクールを活用するのも良いですね。

不動産業界を目指す理由を明確にする

13-h3不動産業界を目指す理由を明確にする

自分に合う仕事に就くためにも、最初に不動産業界を目指す理由を明確にしておきましょう。

不動産業界で叶えたい夢やビジョンなどを考えると、目指す理由が見えてきます。

 選考の際に聞かれることもあるので、本気度や熱意を伝えるのにも役立つでしょう。

目指す理由を考える際には、目先のことだけでなく、長期的なビジョンを考えるのがポイント。

どのようなステップでキャリアアップしていきたいかや、最終的に目指す姿まで具体的に考えると、

就きたい職種が明確になるのでおすすめです。

なぜ不動産業界を目指したいか考えることは、自己分析の一種でもあります。

不動産業界へ未経験で転職は可能? 

不動産業界は難易度が高いイメージがあるかもしれませんが、未経験でも転職可能です。

ここからは、未経験で転職できる理由や仕事の選び方を解説していきます。

未経験歓迎の求人が多い

14-h3未経験歓迎の求人が多い

不動産業界の求人には、未経験歓迎の求人が多いです。

特に、営業や事務などは共通スキルが活かせる職種なので、不動産業界の経験がなくても比較的転職しやすいと言えるでしょう。

 ただし、不動産業界の場合は取引の規模が大きいため、数字的責任も大きく伴う仕事であることを十分理解する必要があります。

また、不動産業界では、販売会社・仲介会社・管理会社・ディベロッパーまでさまざまな転職先が挙げられます。

専門性の高すぎない仲介会社や管理会社は、未経験でも転職のチャンスがあるでしょう。

未経験でも挑戦しやすいかどうか判断するには、不動産業界の傾向を把握する必要があるので、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

資格がなくても転職できる企業がある

15-h3資格がなくても転職できる企業がある

不動産業界は資格が必要だと思われがちですが、資格がなくても転職できる企業もあります。

資格があれば資格手当など給与面で有利になる可能性がありますが、資格必須ではない企業もあるので、未経験でも挑戦しやすいでしょう。

 資格が必要かどうかは、求人票の「必須資格」欄を確認してみてください。

企業によっては、入社後に資格取得支援を行っていることも。

実務を通じてスキルアップしたい方は、資格取得支援のある企業を選ぶのがおすすめです。

給与や労働時間だけでなく、福利厚生面もしっかりチェックするようにしましょう。

OJTや研修の整っている企業を選択する

16-h3OJTや研修の整っている企業を選択する

未経験で転職する場合は、OJTなどの研修制度が整っている企業を選びましょう。

制度が整っていない企業の場合、右も左も分からない状態で実務を任される可能性もあるので注意が必要です。

 求人票だけで制度の有無が分からない場合は、直接問い合わせてみてください。

未経験者の採用実績がある企業だと、研修が充実している可能性が高いです。

よく分からないまま応募するのではなく、事前にしっかりと情報収集するようにしましょう。

長く働き続けられる企業を見つけるためにも、事前の情報収集や企業研究は必要不可欠です。

不動産業界の転職でエージェントを使った方がいい理由

不動産業界への転職を成功させたいなら、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

ここからは、転職エージェントを利用するメリットを詳しく解説していきます。

業界や企業の内部情報を教えてもらえる

1-h3業界や企業の内部情報を教えてもらえる

1人で転職活動を行うと、業界研究や企業研究をイチから自分で行わなければいけません。

転職エージェントを利用すると、業界や企業に精通したキャリアアドバイザーからさまざまな情報を教えてもらえるのが大きなメリットです。

 ネット等で調べた情報は信ぴょう性が低く、また、リサーチにも膨大な時間を要します。

企業ホームページや口コミサイトなどではわからない、職場の雰囲気や人間関係など、リアルな情報をキャッチできるのも大きなメリット。

また、不動産業界の傾向はエリアによっても異なるので、適切な情報を収集した上で転職活動するなら、転職エージェントの利用がおすすめです。

リサーチ時間を削減できるので、効率化にもつながります。

優良企業や人気企業を紹介してもらえる

2-h3優良企業や人気企業を紹介してもらえる

多くの転職エージェントでは、公開求人のほかに非公開求人を保しています。

非公開求人は、好条件の求人や人気企業の求人であることが多く、年収アップやキャリアアップを目指す方におすすめです。

 非公開求人は自分1人ではたどり着けない求人なので、転職エージェントを利用しないと出会えないと言っても過言ではありません。

不動産業界には数多くの求人があり、一つひとつ確認して精査していると時間が掛かってしまいます。

転職エージェントなら、初回カウンセリングでヒアリングした要望をもとに、条件にマッチする優良企業や人気企業を多く紹介してもらえるのがメリットです。

幅広い選択肢から、自分に合った転職先を見つけられます。

自分の市場価値を正しく把握できる

3-h3自分の市場価値を正しく把握できる

転職活動を行う上で、自己分析は必要不可欠。

しかし、キャリアの棚卸からスキルレベルの把握、適正年収などを自分だけで行うのは非常にハードルが高いでしょう。

 自分の市場価値と希望年収に大きな差が生じると、客観的な評価ができていないと思われる可能性があるので注意が必要です。

転職エージェントに在籍するキャリアアドバイザーは、転職支援実績が豊富なため、適切に市場価値を判断してくれます。

身の丈に合った転職を叶えるためにも、自分の市場価値を正しく把握しましょう。

市場価値の把握は、短期間で転職を成功させるのに大切なポイントです。

選考対策をしてもらえる

4-h3選考対策をしてもらえる

転職エージェントでは、求人紹介のほかにも、さまざまな無料サポートを提供しています。

その中で多くの転職エージェントが採用しているのが、応募書類添削や面接指導です。

 選考通過率が低いと悩んでいる方でも、安心して転職活動ができます。

選考対策では、不動産業界や応募企業が求めるスキルと内容が合っているか等、深いところまで確認してくれるのが魅力です。

プロの助言を受けることで、独りよがりの自己アピールを回避できます。

今までなかなか選考を進めなかった方は、特に選考対策サポートを利用するのがおすすめです。

企業とのやりとりを代行してもらえる

5-h3企業とのやりとりを代行してもらえる

面接日程調整や、内定後の条件交渉を代行してもらえるのも大きなメリットです。

特に在職中で忙しい方は、日中行わなければいけない企業とのやりとりを代行してもらえることで、時間を気にすることなく転職活動ができます。

 企業へ直接言いにくいことも代行して伝えてもらえるので、気になることは遠慮なく伝えるようにしましょう。

特に、条件交渉はなかなか直接しにくいもの。

転職エージェントのアドバイザーは経験が豊富なので、交渉を任せられるのは非常に安心です。

事前に、条件交渉の成功率や実績等も確認しておくと良いでしょう。

計画的に転職活動ができる

6-h3計画的に転職活動ができる

転職活動を1人で進めていると、「時間がない」「希望の求人が見つからない」などの理由で、思うように進まないことが多々あります。

転職エージェントを利用していれば、転職活動に関する悩みをいつでも相談でき、悩みに応じたサポートを受けられるのも魅力です。

 転職活動が滞ってしまうのによくあるのが、分からないことが多くて立ち止まってしまうパターンです。

計画を立てるのが苦手な方でも、キャリアアドバイザーにサポートしてもらいながら計画を立てて、途中の変更にも柔軟に対応できます。

分からないことは都度質問できるので、立ち止まってしまう心配が少ないのもうれしいポイントです。

キャリアアドバイザーとマンツーマンで転職活動を進められることで、孤独を感じにくいのもメリットと言えるでしょう。

的確なアドバイスを受けられる

7-h3的確なアドバイスを受けられる

転職活動全体を通して、的確なアドバイスをしてもらえるのも魅力のひとつ。

思い込みで進めてしまうと転職活動が長引く恐れもあるので、効率的に転職したい方にもおすすめです。

 アドバイスを素直に受け入れる姿勢が重要になります。

自身の考えはもちろん大事ですが、さまざまな考え方や意見を受け入れるのも大切。

客観的に自分や状況を分析した上で、自分に合った転職を叶えましょう。

頑固さは転職活動を妨げる要素のひとつになるので、注意が必要です。

不動産業界への転職で役立つ資格7つ

業務範囲の広い不動産業界では、職種や業種によって役立つ資格が異なります。

ここからは、不動産業界への転職で役立つ資格を6つ解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

宅地建物取引士

17-h3宅地建物取引士

不動産と言われて一番イメージしやすい「宅地建物取引士」は、不動産取引に役立つ資格のひとつです。

3種類の独占業務がある国家資格で、一度合格すると生涯有効な資格と言われています。

 宅地建物取引士の免許証は5年に1度の更新手続きが必要なので注意しましょう。

宅地建物取引士になるには、宅建試験に合格した上で受験した都道府県に宅建士証の交付申請を行う必要があります。

交付申請には実務経験2年以上もしくは登録実務講習の受講・合格が必要条件となるので、資格取得の際は気を付けてください。

特に、不動産仲介業では宅地建物取引士の資格が役立ちます。

マンション管理士

18-h3マンション管理士

「マンション管理士」は、マンション管理の国家資格。

マンション管理規約の作成や管理組合の運営・会計サポート、大規模修繕積立金の取り扱いなどが代表的な業務です。

 2021年度の合格率は9.9%と、難易度の高い資格試験です。

マンション管理士の資格があると、不動産会社などに在籍しながら、委託を受けてマンション管理士として働けます。

マンションの住民やオーナーと信頼関係を築くことで不動産売買につなげることもでき、不動産会社の営業スタッフとしても役立つ資格と言えるでしょう。

住民トラブルの解決など、業務範囲は多岐にわたります。

管理業務主任者

「管理業務主任者」はマンション管理士と似ていますが、マンションの管理側の立場に立って業務を遂行するのが特徴です。

マンション管理会社では、管理委託30契約ごとに管理業務主任者を1人設置しなくてはいけないので、資格保有者は非常に需要が高い存在と言えるでしょう。

 管理業務主任者も国家資格で、2021年度の合格率は19.4%です。

マンション管理会社で働きたい方は、取得しておくと非常に役立つ資格のひとつ。

宅地建物取引士とダブルで資格を取得すると、さらに活躍の場が広がるのでおすすめです。

近年はマンションの増加に伴い、さらに需要が高まってきています。

不動産鑑定士

19-h3不動産鑑定士

全国で約8,000人しかいない不動産鑑定士は、土地や建物の価格や価値を見定めるための国家資格です。

価値を決めるためには多くのプロセスやタスクを要するため、不動産に関する多くの専門知識が必要となります。

 不動産鑑定士試験は短答式と論文式の2段階で実施され、2021年の合格率は、短答式が36.3%、論文式が16.7%でした。

不動産鑑定士は知識が多岐にわたり、コンサルタントの一面もあるため、不動産業界ではさまざまな企業で活かせる資格です。

幅広い範囲で活躍したい方は、ぜひチェックしてみてください。

資格保有者がまだ少ないため、企業からの需要が高いと言えるでしょう。

土地家屋調査士

20-h3土地家屋調査士

土地調査を専門的に行う「土地家屋調査士」は、土地面積の登記を代理で行える資格です。

2021年の合格率は10.4%と難関資格ですが、不動産業界での需要は非常に高いので、資格を取得できればさまざまな場面で役立ちます。

 土地家屋調査士の独占業務は、不動産の表示に関する登記の代理です。

土地家屋を売買する際に必ず必要となる、土地面積の登記。

一般の方では登記申請を1人で完結させるのは難しいため、土地家屋調査士が必要とされるケースが多いです。

行政書士とのダブルライセンスで、申請関連をまとめて行えるようになります。

ファイナンシャルプランナー

21-h3ファイナンシャルプランナー

金融機関で必要なイメージのある「ファイナンシャルプランナー」も、不動産業界では非常に役立つ資格のひとつです。

不動産売買は一生に一度と言われるほど高い買い物であるため、ファイナンシャルプランナーとして資金計画やローンのアドバイスを行えると、顧客の安心感につながります。

 ファイナンシャルプランナーは3級からはじまり、2021年の3級合格率は90%前後と挑戦しやすい資格です。

ただし、業務として活かすなら2級以上の取得がおすすめ。

2級は、3級に合格しているか、2年以上の実務経験があるか、FP協会の認定研修修了者かが受験可能な資格です。

ファイナンシャルプランナーは、宅建士と併せて取得するのがおすすめです。

賃貸経営不動産管理士

22-h3賃貸経営不動産管理士

2021年4月から国家資格となった「賃貸経営不動産管理士」は、賃貸住宅管理の専門家。

管理戸数200戸以上の賃貸住宅管理業者は賃貸経営不動産管理士の設置が義務付けられているので、賃貸住宅を取り扱っている不動産会社で需要の高い資格です。

 宅建士と同様に実用性が高い資格なので、早めに取得しておくと非常に役立ちます。

近年では賃貸住宅のニーズの増加に伴い、賃貸経営不動産管理士の必要性はさらに高まってきているのが特徴。

時代の変化に合わせた管理方法の提案など、新たなビジネス機会を創出する役割としても期待されている存在です。

資格が注目されてきている今こそ、取得しておくと今後長期的に役立つでしょう。

不動産業界の平均年収は?

23-h2【転職の参考に】不動産業界の平均年収 

「令和2年度 民間給与実態統計調査」によると、不動産業界の平均年収は423万円で、賞与は48万円と言われています。※

中には年収1,000万円以上の割合が約8%あるので、高年収を目指す人にはおすすめの業界と言えるでしょう。

「令和2年度 民間給与実態統計調査」

不動産業界の男性の平均年収

性別で見ると、男性の平均年収は521万円で、賞与は64万円。

日本人の平均年収461万円と比較すると高い傾向にあり、年齢が上がることに年収が高くなる結果となりました。

 スキルアップと年収アップの両方を目指したい方にもぴったりの業界です。

不動産業界の年収が高い理由のひとつは、インセンティブ制度を取り入れている企業が多いことです。

不動産営業では、営業成果に応じてインセンティブが発生するため、年齢や職歴に関係なく、入社して間もない時期から高収入を得ている方もいます。

成果を出した分だけ評価されるため、熱意や成長意欲のある方に適しています。

不動産業界の女性の平均年収

対して、女性の平均年収は303万円で、賞与は28万円。

女性はパート社員も多いため、男性と比較して平均年収が大きく下回る結果となっています。

 女性でも活躍できるシーンは多くあるため、高年収を目指したい方にはおすすめです。

住宅営業や土地仕入れ営業と比べて、投資用不動産営業は特に年収が高い職種のひとつ。

投資目的でマンションやビルなどを購入したい方向けの営業で、年収1,000万円以上稼いでいる方も少なくありません。

将来のビジョンや希望の働き方を明確にした上で、業種や職種を選ぶと良いでしょう。

最も平均年収が高いのは50代

不動産営業の平均年収では、20代から少しずつ年収が上がり、50代前半でピークを迎えます。

50代になると年収1,000万円を超える方も出てくるので、長く続けてスキルアップしていくと、高年収を得られる可能性が高まるでしょう。

 男性・女性に関わらず、50代前半が最も平均年収が高いのが特徴です。

役職によって手当が支給されることで、年収が高まるのもポイント。

主任→係長→課長→部長の順で平均年収が上がるため、年収アップを目指すなら、マネジメントスキルを身につけて階級を上がっていくのもひとつの方法です。

企業規模や勤務エリアによっても年収は異なるので、事前にしっかりと調べておくことが重要です。

不動産業の有効求人倍率はどのくらい?

転職するにあたって、有効求人倍率は必ずチェックすべきポイントです。

有効求人倍率とは?

厚生労働省が公共職業安定所(ハローワーク)に登録している企業の求人数と求職者数をもとに算出した倍率。

自分の目指している業種では、どのくらい求人が出ていて、どれほどの求職者がいるのかということを把握しておきましょう。

有効求人倍率が1を超えると求人数が求職者を上回っているため、転職しやすいと考えることができます。

年代別有効求人倍率

厚生労働省「関東労働市場圏有効求人・有効求職 年齢別バランスシート」によると、不動産業が含まれるサービス業の年代別有効求人倍率は以下の通りです。

有効求人倍率
34歳以下3.77
35歳~44歳2.87
44歳~54歳1.90
55歳以上1.76

参考:厚生労働省「関東労働市場圏有効求人・有効求職 年齢別バランスシート

不動産業も含まれるサービス業は、すべての年代で有効求人倍率が1を超えています。

したがって、どの年代でも比較的転職のしやすい業界であるということがいえます。

若い年代になるにつれて有効求人倍率が高くなっています。

地域別有効求人倍率

厚生労働省の各地域別のデータによると、地域ごとの不動産業の有効求人倍率は以下の通りです。

なお、今回は「サービスの職業 居住施設・ビルの管理」を不動産業として見ていきます。

有効求人倍率
東京1.21
大阪1.58
福岡0.73

参考:東京労働局「職種別有効求人・求職状況」/大阪労働局「求人・求職バランスシート」/福岡労働局「職業紹介の状況」

今回は3都市を取り上げましたが、福岡のみ不動産業の有効求人倍率が1を下回りました。

しかし、極端に低い数値ではないので、福岡で不動産業をお探しの方も焦ることなく、業界研究を進めていきましょう。

東京・大阪は建築物の多さもあってか、有効求人倍率が1を超えていますね。

不動産業界に強い転職エージェント|公開求人数比較ランキング

不動産業界特化型の転職エージェントや総合型の転職エージェントで別れてはいるものの、サポート内容やサービスだけでは、どの転職エージェントを利用しようか迷っている方も多いでしょう。

 転職エージェントを選ぶ際には、公開求人数で選ぶのもおすすめな方法です。抱えている求人数が多いと、さまざまな企業に応募ができるほか、条件を細かく絞り込んでも、紹介できる求人が残っているというケースもあります。

ここからは、そんな方のために、ここまで紹介してきたおすすめの不動産業界に強い転職エージェントの公開求人数が多い3つをランキング形式で紹介します。

不動産業界で転職を考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

第1位 宅建jobエージェント|公開求人数:約300,000件※2024年2月6日時点

宅建Jobエージェント LP画像

おすすめポイント
  • 不動産業界専門の転職エージェントで不動産業界に詳しいキャリアアドバイザーがサポート
  • LINE・メール・電話で気軽に相談できる
  • 非公開求人2,000件以上掲載

第2位 リクルートエージェント|公開求人数:66,696件※2024年2月6日時点

リクルートエージェントLP画像

おすすめポイント
  • 各業界に詳しいキャリアアドバイザーが在籍!
  • 非公開求人も含め多くの仕事に出会える!
  • 独自に分析した情報を提供!

第3位 不動産キャリア|公開求人数:25,542件※2024年2月6日時点

不動産キャリア LP画像

おすすめポイント
  • 年収600万円~1,000万円の求人が47%を占める!
  • 大手だけでなく中小企業の求人が豊富!
  • 賃貸管理からアセットマネージャーまで幅広い職種を紹介!

転職に関する独自アンケート調査結果

転職ベストは、転職に関する独自のアンケート調査を実施しました。不動産業界の転職を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

Q1:転職先を決める際、重要視した点は何でしたか?(複数回答可)

重要視した点

アンケートの調査結果
パーセンテージ票(512)
給与51.6%115
職種47.5%106
労働時間・福利厚生など46.2%103
職場環境38.6%86
仕事のやりがい34.5%77
転職したことはない5.4%12
その他5.8%13

このアンケート調査結果から分かる通り、転職を決める際に最も重要視される点は「給与」で、これに続き「職種」や「労働時間・福利厚生」などが重要視されています。

 日々の生活の質を左右する力がある「給与」はやはり求職者が注目しているポイントと言えるでしょう。

不動産業界は年収1,000万円以上を稼ぐことも可能なので、比較的高年収を目指しやすい業界であると言えるでしょう。

「給与」がなるべく高い職種に就き、仕事もプライベートも充実させたいと考えている方には不動産業界への転職がおすすめです。

気になる方は転職エージェントを利用して理想の転職を実現させましょう。

Q2:転職に不安を感じましたか?(直近の転職についてお答えください)

不安度

アンケートの調査結果
パーセンテージ票(211)
不安を感じた59.7%126
どちらでもない19.4%41
不安は感じなかった20.9%44

アンケート調査に協力して下さった方の約6割が転職に「不安を感じた」と答えているように、転職活動はかなり負担になる場合が多いです。

 それでも、より自身が活躍できたり、理想とする働き方を叶えるために転職活動を進める方は多く、そのためには転職エージェントの利用がおすすめです。

不動産業界は比較的転職難易度の低い業界と言われていますが、転職エージェントを利用することでよりストレスフリーに転職活動を進められるでしょう。

また、不動産業界に特化した転職エージェントを利用することで自身では得られない業界特有の転職事情やノウハウを入手でき、自身に合った企業と出会えるでしょう。

転職エージェントではキャリアアドバイザーが真摯になって不安や悩みを聞いてくれます。

Q3:転職活動で不安に感じた点はどこですか?最も当てはまるものをお選びください。

どこに不安を感じたか

アンケートの調査結果
パーセンテージ票(211)
希望の職場が見つかるか43.6%92
選考に通過できるか20.4%43
特になし19.0%40
自己PR・志望理由書・職務経歴書が書けない5.7%12
前の職場を退職できるか4.7%10
その他6.6%14

アンケート調査では転職活動に対して不安を感じた方の中で「希望の職種が見つかるか」や「選考に通過できるか」といった点で不安を感じる方が多いという結果になりました。

 転職活動は一人で進めることも可能ですが、自身を客観視することで気づくことも多いため、転職エージェントを利用し他者の力を借りることも大切です。

また、選考対策を自身で進めることに不安を感じやすい方も少なくないため、経験と実績のある転職エージェントを利用して効率よく転職を進めてみましょう

不動産業界に特化した転職エージェントを選べばキャリアアドバイザーのサポートを受けながら、不安や悩みを解消しながら転職活動を進められます。

転職エージェントは無料で利用できるものが多いため、ぜひ有効活用して転職活動を有利に進めましょう。

Q4:転職して感じたメリットは何ですか?最も当てはまるものをお選びください。

メリット

アンケートの調査結果
パーセンテージ(100%)票(211)
特になし26.5%56
仕事にやりがいを感じるようになった22.7%48
給料が上がった18.5%39
ワークライフバランスが保てるようになった18.5%39
キャリアアップに繋がった8.5%18
その他5.2%11

転職して感じたメリットの中でも「仕事にやりがいを感じるようになった」や「給料が上がった」「ワークライフバランスが保てるようになった」を選んでいる人が多い結果となりました。

転職に対して後ろめたさを感じる方も少なくないですが、現在は転職をする人も増えているため、ポジティブに捉えて挑戦してみましょう。

 転職エージェントは現在の職場よりもやりがいを感じられたり、高収入を得られたり、ワークライフバランスを保てる求人を紹介してくれます。

求職者との相性も考慮しながら進めてくれるので、自分らしく理想とする働き方をしながら不動産業界で活躍できるでしょう。

転職に対して不安や悩みを抱えている人も、一度転職エージェントに相談してみましょう。

アンケート調査の概要

アンケート調査の概要
調査目的転職に関するアンケート
調査対象者数330
調査方法インターネットリサーチ
調査実施会社

株式会社ジャストシステムファストアスク

にて自主調査

調査実施期間2021年11月
 アンケート調査結果の詳細

不動産業界の転職に関するよくある質問

宅建を持っていると不動産業界の転職は有利?
結論、宅建があると有利です。
職種を問わず宅建を保有していることで手当が付いたり、行える業務の幅が増えたりするケースもあります。
そのため事前に宅建を持っていることで、選考の突破率は高まるでしょう。
未経験からでも不動産業界は転職できる?
経験問わず採用を行う不動産会社は多いため、未経験からでも十分チャンスはあります。
ただ事前にOJT制度・研修制度の有無を確認しておいたほうが、入社後活躍できる可能性は大きくなるでしょう。
不動産業界内でのジョブチェンジはあり?
業界内でのジョブチェンジは内定獲得率が高いためおすすめです。
職種ごとの知識は無いとしても業界の知識があるため、完全な未経験からの挑戦よりも内定獲得率は高いです。
不動産業界を目指すなら転職エージェントを利用すべき?
基本的には転職エージェントの利用をおすすめします。
各種サポートや非公開求人の紹介など、転職活動に役立つサービスが豊富です。

まとめ

この記事では、不動産業界に強いおすすめ転職エージェント11選をピックアップしてサービス内容など特徴を紹介し、選び方についても解説しました。

不動産業界の転職を成功させるためには、不動産業界に強い転職エージェントを使うことがおすすめです。

 今回に記事内では「宅建jobエージェント」がおすすめです。「宅建jobエージェント」は、不動産業界専門の転職エージェントです。利用料金は追加料金無しで最後まで無料なので最後まで安心してサポートを受けられるのが特徴です。

総合型と特化型をうまく併用することで、理想の転職を叶えやすくなります。キャリアアドバイザーの転職支援実績を調査し、手厚いサポートを受けられる転職エージェントを選びましょう。

また、不動産業界に役立つ資格を取得することも転職を成功させる上で重要な要素となります。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。