活用ポイント|採用代行・採用アウトソーシングならONE

求人広告代理店事業TOP > 採用代行・採用アウトソーシング > 活用ポイント

採用代行

採用代行・アウトソーシングの活用ポイント

採用代行・アウトソーシングを頼むべきか迷っている、どんなときに有効な手段なのか知りたいというご担当者様もいらっしゃると思います。採用代行を活用し、限られたリソースの中で効果的な採用活動を行っていただくために、採用代行の活用ポイントをご紹介。数多くの実績を誇るONEが貴社の採用力強化のためにサポートします。 

1. 特に利用をおすすめする企業様の特徴

1-1. 通年採用を行っている

まずおすすめするのが、常に採用プロジェクトが進行している企業様。具体的には新卒採用を毎年行っている企業様や、大幅な増員で中途採用を行う企業アルバイトの大量採用を行う企業様が挙げられます。

採用業務を専任するスタッフを雇用するのも一手ですが、増員の採用コスト、教育の時間を天秤にかけたとき採用代行を依頼するほうが費用を抑えられる場合もあります。
また採用代行は導入後もモニタリング、最適化を行いながら運用します。長期プロジェクトの場合、目標達成に向けたPDCAをより強力に構築することができ、採用代行の効果を最大限まで引き上げていくことができます。コスト・効果の側面を考慮しながら採用代行を依頼するか、自社で対応するのか判断すると良いでしょう。

1-2. 人事部門がない、またはマンパワーが不足している

人事部や採用専任の担当者がない企業様や、各部署で採用業務を行っている場合にもアウトソーシングは有効です。通常業務と並行していたり、マンパワーが足りなかったりすると採用のスピード感も落ちてしまいがち。採用代行サービスなら専任スタッフがスピーディーに応募者対応するため、採用ご担当者様の労力を軽減できるだけでなく「他社で内定が出たため選考辞退する」という事態を防止する効果も見込めます。応募者情報や採用進捗もONEが一元管理。情報を蓄積し貴社の”勝ちパターン”を見つけることで次の採用も成功に繋げていくことができます。

1-3. 採用業務の見直しを行いたい

母集団形成から選考と採用業務は多岐に渡り、限りある労力の中では採用業務の見直しまで手が回らないというご担当者様も少なくないでしょう。採用代行の場合、導入前に貴社の採用状況をヒアリングの上、ボトルネックになっている部分や効率化できる部分がないかを分析します。採用活動の見直しすることで採用活動の全体像の把握できるのもメリットのひとつです。

採用代行 活用のポイントTOPへ

2.採用代行を依頼する前に見直しておきたいポイント

2-1. 採用コスト

自社の人材を1名採用するときの単価がどのくらいか把握されているでしょうか?調査によると1名あたりの求人広告費の平均額は39万円と言われています。
業種や職種、会社規模によって採用費は大きく異なるため一概には言えませんが、事前に採用コストを把握しておくことは重要です。採用費に見合う結果が得られていない場合、採用業務の質を高めることで採用コストを削減できることがあります。採用代行は採用のプロが採用進捗に応じてフォローするため、無駄を省いた費用対効果の良い採用を実現することが可能。限られた予算内で採用を成功させ、コスト削減を目指すという側面から採用代行を検討するのも一手です。

※出典:マイナビニュース(http://news.mynavi.jp/series/tensyoku2014/001/)
2-2. 採用課題の確認

明確な原因はわからないが採用が上手くいかない、という課題を感じている採用ご担当者様は多いと思います。どこがボトルネックになっているかまでは把握していない場合、課題点の見直しから行うといいでしょう。ウィークポイントを突き止めることで、採用業務の効率化を図る採用代行プランをご提供できるようになります。どこから見直せば良いのかわからないという方は下記のチェックリストを見ながら自社の採用を振り返ってみてください。

応募が満足に集まらない
求める人材からの応募が少ない
ターゲットとしている人材以外からの応募が多い
面接まで至らない
選考中に応募者の実力が見抜けない
面接辞退、内定辞退が多い
採用後の早期離職が多い

明確な採用課題を知りたいご担当者様のご要望にあわせ、ONEでは企業様ごとにコンサルティングを行い幅広い採用サービスの中から最適のソリューションをご提供しています。採用でお悩みの方はまずご相談ください。

採用代行 活用のポイントTOPへ

3. あわせて活用したい人材サービス

3-1. 人材紹介・派遣

採用業務の負担を減らしたいという場合は、人材紹介や人材派遣サービスのご利用もおすすめです。人材紹介会社や派遣会社の担当が企業様のご要望の人材を紹介するため、求人広告の作成や確認という手間を省き選考を進めることができます。特定の業種や職種に特化した紹介・派遣サービスもあり、採用難易度が高い職種・業種でも募集期間を短縮して人材を確保することが可能です。

▼人材紹介・派遣の仕組み

人材紹介・派遣の仕組み
3-2. 求人広告

アウトソーシングの前に欠かせない母集団形成の際に有効な求人広告。ターゲットとなる候補者を効率よく集められるかどうかが、その後の採用結果を左右します。求人広告にはそれぞれ特徴や強みがあり、採用ターゲットにあわせ使い分けることが必要とされます。各転職サイトの特徴は「求人サイト比較表」でご覧いただけますので参考にしてください。ONEは10,000社以上のお客様の人材採用支援を通じて培ったノウハウから、貴社のご要望にあわせた最適な掲載プランをご提案致します。

中途採用向け求人広告の一覧

マイナビ転職
若手に強い!総合転職サイト
マイナビ転職
@type
ITエンジニアなら@type
女の転職@type
女性採用の定番!
女の転職@type
DODA
IT・モノづくり系
エンジニア経験者採用ならDODA
エン転職
一律した原稿サイズ×高い露出度で
貴社の魅力を発信!
イーキャリア
ITエンジニア、クリエイターなら
イーキャリア
日経キャリアNET
メーカー、金融業界に圧倒的な強み
日経キャリアNET
Re就活
第二新卒、ポテンシャル採用なら
Re就活(リシュウカツ)
PROSEEK
スカウトメールが無料
PROSEEK(プロシーク)
バイトルNEXT(ネクスト)
若手の正社員・契約社員の採用に強み
バイトルNEXT
3-3. 採用サイト

HPに採用ページや採用のための特設サイトを持ち情報発信することも、アウトソーシングとあわせて取り組むといいでしょう。応募の獲得だけでなく、選考中の応募者の背中を後押しするツールとしても活用できます。求人広告や実際の面接などで伝えきれなかった魅力を発信することで、入社意欲を高める効果があります。ONEでは、成果の出る採用サイトの制作も案内しています。採用サイト制作・企業サイト制作に関するご相談を受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせください。

採用代行 活用のポイントTOPへ

関連ページ

採用代行・アウトソーシング
採用課題を解決する採用代行サービス。導入のメリットやONEの強みをご紹介しています。

採用代行 導入・運用のフロー
採用代行導入までのフローや運用の流れをご説明します。

採用代行のサービス料金
採用代行のサービス料金。パッケージプランや各業務の料金をご紹介しています。

採用代行 活用のポイントTOPへ

中途採用 取扱求人広告

アルバイト・パート採用 取扱求人広告

新卒採用 取扱求人広告