警察官の転職おすすめ職業と転職サイト・エージェントアイキャッチ
転職

警察官から転職するメリット・デメリットは?気をつけるべきことも解説

警察官はやりがいのある仕事ではあるものの、体力的・精神的に厳しく民間企業へ転職を検討している人も多いでしょう。

しかし、警察官から本当に民間企業へ転職できるのか・転職するメリットはあるのか気になりますよね。

そこで本記事では、警察官の転職にまつわる以下の項目についてご説明します。

この記事でわかること
  • 警察官から転職するメリットは「プライベートの時間が増える」「プレッシャーから解放される」など
  • 警察官が民間企業に転職する際のコツは”転職サービスに登録すること”
  • 警察官におすすめの転職エージェントはリクルートエージェント

この記事を読めば、警察官が異業種へ転職するメリットがわかるだけでなく、警察官におすすめの転職エージェントまで把握できます。

警察官から異業種への転職を本格的に考えている人はもちろん、転職を視野に入れている警察官もぜひ最後まで読んでみてください。

転職ベスト・プラスのお約束
本コンテンツで紹介しているサービスは、厚生労働省委託事業の職業紹介優良事業者認定制度・一般財団法人 日本情報経済社会推進協会のプライバシーマーク制度のいずれかもしくは両者に参加しています。また、厚生労働省の有料職業紹介事業(許可番号:13-ユ-307073)として許可を得ています。そして、コンテンツ内で紹介しているサービスの一部もしくは全てに広告が含まれております。ただし、広告が各サービスの評価に影響をもたらすことは一切ございません。当サイトは、読者の皆様が公正な評価や情報をもとに、より良い選択ができるよう尽力しております。本コンテンツは株式会社ONE(有料職業紹介許可番号:13-ユ-307073)が管理を行っております。転職エージェントおすすめランキングは、求人数の多さやサービスの使いやすさ(検索項目数)、対応可能エリア(拠点数)、利用実績、利用者の口コミなどを基準にし、独自に点数化にしております。詳しくは、転職ベストプラスの運営方針広告ポリシーをご確認ください。
広告ガイドライン
本記事では、不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)を参考に、景品類等の指定の告示の運用基準一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示のガイドラインに基づいた形式で広告を掲載しています。
本記事では、消費者庁アフィリエイト広告等に関する検討会報告書「アフィリエイト広告の意義」のガイドラインに基づいた形式で広告であることを明記しています。
各転職エージェントの評価は消費者庁景品表示法に基づき、公式サイトの情報・利用者の口コミや評判を元にランキング化しており、ユーザー方々がより良いサービス・商品を選べるよう尽力しています。

警察官から転職するメリット

まずは、警察官から異業種に転職するメリットをご紹介します。それぞれ詳しく確認していきましょう。

警察官から異業種に転職するメリット
  • プライベートの時間が増える
  • プレッシャーから解放される
  • 将来の選択肢が広がる
  • 警察官で培った経験を活かせる

プライベートの時間が増える

警察官から民間企業へ転職すると、プライベートの時間が増えるメリットがあります。警察官はたとえ休みの日でも、要請があれば出勤しなくてはなりません。

 しかし、民間企業は平日休み・土日休みと定められている企業が多い傾向です。

そのため、プライベートの時間を確保しやすいのが魅力といえます。有給休暇も警察官と比べると取得しやすいため、旅行にも行きやすくなるでしょう。

家族との時間を増やしたいと考えている人におすすめです。

プレッシャーから解放される

プレッシャーから解放されるのも、警察官から異業種に転職するメリットです。警察官は市民の安全を守るという仕事の性質上、プレッシャーがつきまといます。

 プレッシャーを感じるあまり、体調面・精神面で支障をきたす人もいるでしょう。

心身に影響があると、満足に働けません。

しかし、民間企業ならほどよい緊張感のなかで働けるのが魅力です。警察官のように過度なプレッシャーを感じることはほとんどないでしょう。

また、警察官よりも民間企業は上下関係がフラットな企業が多いです。

将来の選択肢が広がる

警察官から異業種に転職すると、将来の選択肢が広がります。警察官として働いていても、警察官のキャリアしか積めません。

 しかし、民間企業であれば無数の選択肢のなかからキャリアを積み上げられます。

経験・スキルを培うことで、キャリアアップが叶うでしょう。例えば、営業の仕事を行ったのちに、マーケティングを目指すというキャリアパスが考えられます。

自分がやりたいことを目指せるので、モチベーションを保ちながら働けるでしょう。

警察官で培った経験を活かせる

警察官で培った経験を活かせる

警察官で培った経験を活かせるのもメリットです。警察官はスキルが身につかないと考えられがちですが、民間企業にも通用するようなスキルは身につきます。

 例えば、体力や忍耐力です。警察官は日々の業務のなかで体力仕事の比重が高い傾向にあります。

また、時には忍耐力が必要となる場面もあるでしょう。こうした経験は民間企業の仕事でも大いに役立つことでしょう。

さらに、責任感を育めるのも警察官ならではです。

責任感が大きい人は民間企業でも重宝されるでしょう。

警察官か転職するデメリット

一方、警察官から異業種に転職するのにデメリットは生じるのでしょうか。ひとつずつ確認していきましょう。

警察官から異業種に転職するデメリット
  • 周りから評価されなくなる場合がある
  • 民間企業へなじむのに時間がかかる
  • 年収が下がる可能性がある

周りから評価されなくなる場合がある

警察官から民間企業に転職すると、周りから評価されなくなる場合があります。警察官は難易度が高い試験や厳しい訓練を経て、ようやくなれる職業です。

 そのため、警察官を辞めることを周囲に話すと、「もったいない!」と言われることもあります。

周りの反応を全く気にしない人なら問題ありませんが、少しでも周りの意見が気になる人は気をつけましょう。

ただし、周りから評価されなくても、自分が進みたい道を選ぶほうが後悔しません

周りの目を気にせず、自分がどうしたいか考えてみてください。

民間企業へなじむのに時間がかかる

民間企業へなじむのに時間がかかるのも、警察官が異業種へ転職するデメリットです。

想像している以上に、警察官は特殊な環境といえます。例えば、上下関係が厳しく、上司の命令は絶対に逆らえないという職場がほとんどです。

 しかし、民間企業のなかには上下関係がフラットな職場も多い傾向にあります。

慣れないうちはフラットな職場環境に戸惑うこともあるでしょう。ただ、時間はかかってしまうものの、徐々に民間企業の空気感にも慣れてきます。

焦らないことが大切です。

年収が下がる可能性がある

警察官が民間企業へ転職すると、年収が下がる可能性があります。警察官は公務員に位置づけられるため、昇給やボーナスなどが期待できるでしょう。

 一方、民間企業は必ずしも昇給・ボーナスがあるとは限りません。

仮にあったとしても、警察官よりももらえない可能性も考えられます。

しかし、多少年収が下がってもやりたいことができる仕事なら、大きなデメリットにはならないでしょう。なお、民間企業のなかには副業を容認している企業もあります。

下がった年収を副業でカバーするのもおすすめです。

まずはdodaで年収査定

doda 年収査定

dodaの年収査定でわかること
  • 今の年収から何円アップするか
  • あなたの適正年収の求人
  • 転職によって年収がどう推移するか
自分の年収がどうなるのか不安な方は、dodaの年収査定を受けてみましょう。無料の会員登録を済ませると自身の適正年収を知ることができます。

dodaの年収査定は会員186万人の膨大なデータを参考に行われます。

その膨大なデータからあらゆる可能性を立て予測結果を導くため、精度の高い予測結果を知ることができます。

 簡単なプロフィールと職務経歴を入力するだけなので気軽に利用できます。

また、dodaは業界最大規模の求人数を誇る転職サイトです。そのため、適正年収を知った後、そのままスムーズに転職を進めることもできます。

転職後の年収の推移も知ることができるので安心です。

警察官からの転職におすすめ!職種や業種をご紹介

警察から異業種への転職は比較的容易であり、そこまで難しくはありません。

しかし、その事実の一方で自身のキャリアやスキルに不安を感じる警察官が転職へのハードルを高く設定してしまっている場合が多くあります。

そこで、警察での経験を活かし、活躍できるおすすめの業種を大きく分けて5つ紹介します。

公務員(警察官以外)

その他の公務員

警察官が転職したいと思った時、まず最初におすすめなのが公務員です。

大前提として警察官も公務員であり、仕事内容が違えど文化や風習は近いため、ジョブチェンジ後順応するまで長い時間はかからないでしょう。

 市役所の職員・消防士など公務員としての転職先は様々です。

例えば、消防士であれば警察官時代に培った責任感・正義感を発揮し、多くの住民を救えるでしょう。

もしも責任感がプレッシャーとなり疲労を感じている場合、直接人の命にかかわることのない市役所職員も検討してみて下さい。

福利厚生や退職金制度など安定感が高いため、他の公務員を検討する人も多くいます。

スポーツジム・インストラクター

次に警察官から転職を考える際、ジムやインストラクターといった体を動かす仕事もおすすめです。

基本的に体力が求められ、トレーニングを積んでる警察官の場合、インストラクターとしてその肉体を最大限活かせます。

 お客さんとの接し方など他のスキルも必要ですが、まずは人に教えられる程のトレーニングを積んできた実績は武器になります。

お客さんとのコミュニケーションや、事務処理等は入社後に覚えられますが、鍛え抜かれた肉体は一朝一夕では身につきません。

自分の武器は最大限アピールし、足りない部分は入社後に補っていく姿勢を見せていくと良いでしょう。

民間企業は様々ありますが、体を動かす仕事は警察官から転職を目指す人におすすめです。

営業職

営業職

業界を問わず営業職も警察官からの転職に向いている仕事の一つです。法人・個人にサービスや商品を売るため、コミュニケーション能力といった対人スキルが求められます。

 市民や同僚と日々コミュニケーションを取ることが多い警察官は、営業職でもそのスキルを活かせるでしょう。

日々市民と接し様々な要望に答えていたり、仲間同士連携を図ってきた警察官であれば、一定以上のコミュニケーション能力も身についているはずです。

業界知識などは無いとしてもその持ち前のスキルで将来の可能性を買われ、営業職として転職できるケースも少なくありません。

研修制度が整っている企業であれば、専門知識は入社後に身につければOKです。

介護業界

介護業界は人手不足が問題となっており、最近では未経験者の採用を積極的に行ってる事業所も少なくありません。

警察官は体を使う場面が多く、すでに一定以上の体力は身についているでしょう。

 介助を伴う介護士の場合、肉体労働が多くある程度の力や体力は必須です。

利用者のケアをする際、体を起こしたり移動を手伝う介護士では身体的なタフネスも重要になります。

普段体を鍛えている警察官であれば、その体力を活かし多くの人を介助できます。

会社負担で資格取得ができる企業もあるため、中長期的なキャリアも安定しています。

商社

商社

商社は様々な素材などを取り扱う総合商社、特定のものを取り扱う専門商社と2つに分かれますが、警察官からの転職はそのどちらもおすすめです。

多くの取引先と連携を取るため、礼儀作法やコミュニケーション能力は必須になります。

 警察官時代に身に着けてきたものが最大限活かせます。

また多くの取引先を相手に仕事をする商社では、一人で仕事をすべて進めることは困難です。

同僚や上司との連携も必要になるため、様々な任務をこなしてきた警察官であれば、スムーズなチームワークが発揮できるでしょう。

商社は安定した企業が多く、中長期的なセカンドキャリアが築けます。

警備員

警備員は、施設のセキュリティのチェックや見回りなど警察官と仕事内容に類似している点があり、職務において求められることも似ているため、警察官としての経験が活かせる転職先となっています。

警備員は警察官と同様、体力や信頼が求められるます。警察官として培った体力が活かせるだけでなく、「元警察官」という経歴が有利に働く可能性が高いためおすすめです。

給与は高いというわけではありませんが、キャリアを積んで役職に就くことも可能です。

トラックドライバー

トラックドライバーは、パトロールで得た地理的知識を活かせることや高収入を目指すことも可能であることから警察官の転職先として選ばれることも多くなっています。

他にも、一人での仕事になることも多いという特徴があり、前職で人間関係に悩んでいた方におすすめです。

 ただし、荷下ろしや長時間の運転など体力が必要となる場面も多く、歳を重ねても続けていける職種であるのかは十分に検討することが必要といえるでしょう。

トラックドライバーは高収入を目指せると言いましたが、高収入を目指すには長距離ドライバーになることを選択することになるでしょう。理想の働き方についても考えておきたいところです。

警察官が異業種へ転職する際に気をつけるべきポイントは?

警察官が異業種へ転職する際、どのようなことを気をつけるべきなのでしょうか。気になるポイントは以下のとおりです。

気をつけるべきポイント
  • 在職中に転職活動をはじめる
  • 自分の強みを把握する
  • 企業が求めていることを理解する
  • 転職サービスに登録する

在職中に転職活動をはじめる

在職中に転職活動をはじめることをおすすめします。なぜなら、退職してから転職活動をスタートすると、焦って転職先を決めてしまいがちだからです。

 在職中に転職活動をスタートできれば、余裕を持ちながら自分に合った仕事を選べます。

なかには、「在職中だと転職活動の時間をとれない」と感じている人もいるでしょう。しかし、現在はオンライン面接を実施している企業も多数見受けられます。

実際に企業へ足を運ぶ必要がないので、在職中でも転職活動しやすいのがメリットです。

自分の強みを把握する

自分の強みを把握する

自分の強みを把握することは、転職活動において欠かせません。強みを把握することで、選考書類や面接などで採用側にアピールできます。

 自分の強みがいまひとつ掴めない人は、キャリアの棚卸しがおすすめです。

キャリアの棚卸しとは、経験してきた業務と培ったスキルを整理する方法を指します。

キャリアの棚卸しができると、得意な業務・苦手な業務の整理が可能です。得意な業務をリストアップし、得意分野を探していきましょう。

キャリアの棚卸しは時間をかけて丁寧に行うことで、しっかり自分自身を把握できます。

企業が求めていることを理解する

企業が求めていることを理解するのも、警察官が異業種へ転職する際に気をつけるできポイントです。

 いくら警察官として優れていても、企業が求める人材でなければ内定を獲得することは難しいでしょう。

企業が求めていることを理解するためには、募集要項や企業の採用ページをしっかり読み込むことが大切です。

また、企業の理念やヴィジョンを参考にすると、求める人材像のヒントを得られる場合があります。

転職サービスに登録する

転職サービスに登録する

警察官が民間企業に転職するなら、転職サービスへの登録がおすすめです。

 転職サービスに登録すると、エージェントが希望条件に合った求人を紹介してくれます。転職活動にさほど時間を割けない人にうってつけです。

また、履歴書・職務経歴書の添削や面接対策などの選考サポートが充実しています。はじめて転職活動する人にとって、心強い味方といえるでしょう。

これらの選考サポートは無料で行っている転職サービスがほとんどです。

自分一人で転職のための準備や対策を行うのは大変です。ぜひこれらのサービスを積極的に活用してみてください。

警察官におすすめの転職サイト・エージェント4選

今回紹介する、警察官におすすめの転職エージェントを一覧にすると以下のとおりです。

エージェント名リクルートエージェントdodaマイナビエージェントtype転職エージェント
特徴
  • 警察官におすすめの求人を多数掲載!
  • 公開求人数は26万件以上と豊富
  • 企業から直接スカウトが届く
  • 各業界に精通したアドバイザーが在籍
  • サポート体制が手厚い
  • 民間企業へ転職を目指す警察官におすすめ
  • 専任のキャリアアドバイザーのサポート
  • サービス開始から19年以上の実績

※ランキング根拠はこちらからご覧いただけます。
※当記事で紹介している転職サイト/エージェントの情報はこちらからご覧いただけます。

リクルートエージェント

リクルートエージェントLP

おすすめポイント
  • 業界最大級の非公開求人を扱っている
  • 各業界に精通したアドバイザーが在籍
  • 独自に分析された業界・企業情報を提供してくれる

リクルートエージェントは業界最大級の非公開求人を取り扱っています。非公開求人が20万件以上もあるのが魅力です。

取り扱う求人の業界や職種を幅広く取りそろえているだけでなく、数々の支援実績があるため転職に関するノウハウも豊富です。

 警察官から民間企業に転職したい人にとって、多種多様な求人のなかから自分に合った仕事を探しやすいでしょう。

各業界に精通したアドバイザーが在籍しているので、警察官から民間企業へ転職する際のアドバイスももらえます。

企業研究をする際は、独自に分析された業界・企業情報を活用してみてください。
公開求人数399,640件
おもなサービス
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 選考サポート
エリア全国
運営会社株式会社リクルート
厚生労働大臣許可番号
13-ユ-313011

※出典:リクルートエージェント
※求人数は2024年5月24日時点

リクルートエージェントの評判はこちら!
リクルートエージェントの評判がひどいって本当?特徴など徹底解説

doda

doda-LP

おすすめポイント
  • 企業に合わせた応募書類の添削や選考サポート
  • 経験・スキルを登録しておくとスカウトが届く
  • 最新の転職情報が手に入る

dodaに登録すると、企業に合わせた応募書類の添削や選考サポートを受けられます。民間企業への転職がはじめての警察官にとって、心強い味方といえるでしょう。

 また、自分でも希望の条件から求人を探すことが可能ですが、経験・スキルを登録しておくと企業から直接スカウトが届くのも魅力です。

警察官時代に培った経験やスキルを漏らすことなく登録してみてください。そのほかにも、dodaのメルマガに登録しておくと、最新の転職情報が手に入ります。

民間企業への転職に不安を抱えている人はメルマガ登録がおすすめです。
公開求人数244,178件
おもなサービス
  • 求人検索
  • スカウト機能
  • 転職お役立ち情報
エリア全国
運営会社パーソルキャリア株式会社
厚生労働大臣許可番
13-ユ-304785

※出典:doda
※求人数は2024年5月24日時点

dodaの評判はこちら!
dodaの評判・口コミは悪い?利用方法やサービスの特徴も解説

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 各業界の転職事情に精通したキャリアアドバイザーが在籍
  • リクルーティングアドバイザーの情報収集力
  • 徹底されたサポート体制

マイナビエージェントは、第二新卒など20代の若者世代の転職の支援実績が高い転職エージェントです。転職事情にも詳しいため、民間企業への転職でわからないことがある人にうってつけです。

 情報収集力に長けているリクルーティングアドバイザーは、各業界に精通してるためどの業界への転職でも相談が可能です。

求人票に掲載されていない人間関係や職場の雰囲気を教えてもらうこともできます。

警察官と民間企業は職場環境が大きく異なる場合が多いため、ミスマッチがおきないようにリクルーティングアドバイザーから情報を集めるとよいでしょう。

徹底されたサポート体制によって、転職活動を効率的に進められるのも魅力です。
求人数要問い合わせ
おもなサービス
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 選考サポート
エリア全国
運営会社株式会社マイナビ
厚生労働大臣許可番号
13-ユ-080554

※出典:マイナビエージェント

マイナビエージェントの評判はこちら!
マイナビエージェントの評判口コミは?特徴・メリットなど徹底解説

type転職エージェント

おすすめポイント
  • サービス開始から19年以上の実績を誇る
  • 専任のキャリアアドバイザーによるサポート
  • 求職者に寄り添ったキャリア相談

type転職エージェントはサービス開始から19年以上の実績を誇ります。民間企業への転職方法がわからない警察官にとって、安心して使えるサービスといえるでしょう。

 専任のキャリアアドバイザーが親身にサポートしてくれます。

担当アドバイザーは、面接日や入社後の条件交渉をしてくれるので、交渉が苦手な人にとって心強い味方です。また、求職者に寄り添ったキャリア相談も魅力です。

警察官から民間企業への転職を迷っているなら、一度キャリア面談を受けてみてください。
求人数※2024年3月22日時点17,329件
おもなサービス
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 選考サポート
エリア全国
運営会社株式会社キャリアデザインセンター
厚生労働大臣許可番号
13-ユ-040429

※出典:type転職エージェント

type転職エージェントの評判はこちら!
type転職エージェントの評判や口コミは?特徴や面談など徹底解説

警察官からの転職で使える自己PRの例文

警察官から転職をする場合、「責任感と正義感」「体力やコミュニケーションスキル」主にこの2つは武器になります。

責任と正義感に基づいた例文

警察官として培った責任感、正義感を基に、どの様なマインドで仕事に取り組めるかをRPすると良いです。

現在私は警察官として市民の安全や快適な暮らしを守ることに従事しています。もともと世の中の役に立ちたいという思いから警察官になり、責任を持って市民の安全を守っています。警察官として市民の命を任されていることは大きなプレッシャーであり常に責任を感じながら日々業務に取り組んできました。ただ今回はその責任感をより身近な、目の前の人の役に立てたいと思いこの介護施設へ応募いたしました。

大きなポイントとしては、責任感や正義感があるだけではなく、それ基にどう仕事に取り組むかです。

すでに持っているマインドを、新たな職場でも発揮できるよう、上手く関連付けて自己PRを行うと良いでしょう。

警察官が持つ正義感・責任感は極めて大きく、直接人の役に立つ仕事では長所になります。

体力やコミュニケーションスキルを活かす例文

次に、力やコミュニケーション能力を活かす場合、具体的にどう活かせるのか落とし込みましょう。

現在私は警察官として現場のパトロールはもちろん、いざという時のために日々トレーニングも欠かさず行っています。そのため体力はもちろん、市民の問題を解決するため向き合ってきたことから、一定のコミュニケーション能力も身についたと思っております。今回応募した貴社の営業職は、商談のため外回りが多いこと、様々な業界のお客様と取引があるとのことで、このコミュニケーション能力と体力を活かせると感じました。この2つのスキルを活かし、多くのお客様へ貴社のサービスを広め、利益向上に貢献したく思っています。

単に体力があるだけではなくどのように活かし、採用後した会社にとってどの様な利益が生まれるかまで、具体性のある自己PRに仕上げましょう。

営業職はコミュニケーションスキルはもちろん、意外と体力も必要とされる職種です。

警察官の転職事情と年収【転職前にチェック】

転職を考えている警察官はまず、警察官にまつわる転職事情と年収を把握しておくと良いです。

💡ここでわかること
  • 警察官の離職率は?
  • 警察官の年齢別の退職率は?
  • 警察官の年収はどのくらい?

離職率や転職理由、年収についての詳細をか解説いたします。現在の自分の状況と比較して参考にしてくださいね。

警察官の離職率

警察官の離職率

警察官全体の離職率は39.6%となっており、他の公務員の職種と比較してもやや高いです。※1

 死亡退職や懲戒免職などは除きます。

そのため、比較的多くの警察官が公務員を離れ民間企業へ転職を試みてるのが現状です。

加えて定年退職の割合が52.4%と約半分は、警察官としてのキャリアではなく、別の道を選択しています。※2

半分は警察以外の道を歩むため、民間企業への転職はそう珍しいことではありません。

年齢別警察官の退職率

次に、警察官の退職率を年代別に見ていくと、以下のような結果となっています。

年代退職率
25歳未満51.0%
25~30歳未満19.9%
30~35歳未満9.8%
35~40歳未満5.3%

特筆すべきポイントは、25歳未満の退職率が51.0%と極めて高く、全公務員の中で最高値となっています。

次いで25~30歳未満も19.9%と高く、総じて若手警察官の離職率は高いと言えるでしょう。

 転職を考えている若手警察官は、他の人も同じことを考えているので安心してください。

一方で40歳以上の離職率は最高でも1,7%にとどまっているため、若手から中堅までキャリアを築いた警察官はあまり転職しない傾向が強いです。

多くの人が同じ決断をしているため、転職という選択肢に自信を持ってよいでしょう。

25歳未満の転職率は警察官がトップ。若手の離職率が高い職種として有名です。

令和元年度 地方公務員の退職状況等調査より

警察官の給与事情

警察官の年収推移画像

出典:平成31年度の地方公務員給与実態調査結果より

警察官の年収・月収

警察官平均年収は約530万円となっています。月収に換算すると、約32万1,700円となっており、他の職種と比較しても高い部類です。

 基本給以外に、各種手当も含めた金額です。

そのため、年収から逆算すると賞与の金額も高いと言えるでしょう。

月収で30万円を超えることや、拘束時間が長いことを考慮すると、コンスタントに貯金額を増やしていけます。

月収30万円を超えることから、比較的裕福な生活を送れるでしょう。

警察官の手当

警察官の年収の高さを支える要因として、以下の豊富な手当が挙げられます。

警察官がもらえる手当
  • 扶養手当
  • 地域手当
  • 通勤手当
  • 特殊勤務手当
  • 管理職手当
  • 宿日当直手当
  • 時間外勤務手当
  • へき地手当
  • 期末・勤続手当

上記の通り、警察官の給料には様々な手当が含まれます。

公務員であるため福利厚生も充実しており、基本給以外にも年収を挙げられる要素が豊富です。

豊富な手当があるため、勤続する地域や役職によって年収が大きく変動します。

警察官が転職したい理由とは?

転職するかどうかで迷っていたら、転職理を確認しておきましょう。

警察官の転職理由
  • 拘束時間が長い
  • ワークライフバランスが取りづらい
  • 理想のキャリアアップとのギャップを感じる
  • 上下関係が厳しい

拘束時間が長い

まずはじめに挙げられる理由は、拘束時間が他の職種と比べても極めて長いことです。

特に交代勤務性は仮眠を挟むものの、基本的には1日通しての勤務が求められます。

 次の日が休みとは言え、丸一日仕事に時間が取られます。

他にも事件や事故が発生すれば急な召集があるなど、なかなか自分の時間を工面することが簡単ではありません。

結果的拘束時間の長さにより心身に疲労やストレスを感じ、早期に警察官から転職を検討する若手が多いです。

一日を通して勤務する警察官は、心身両方のタフネスが必要です。

ワークライフバランスが取りづらい

次の退職理由として多く挙げられているのが、ワークライフバランスが保ちづらい点です。

前述通り、拘束時間や急な出勤が多い警察官は、自分の時間を十分に取ることが簡単ではありません。

 特に家庭を持っている人は、家族との時間が取れずに転職を考えるケースが多いです。

特に事件、事故に関しての急な呼び出しは自分で決めることができず、ワークライフバランスに直結します。

警察官になって3年以内は特に業務に慣れていないため、早期の離職に繋がるケースも少なくありません。

拘束時間の長さだけではなく、急な呼び出しも含めプライベートの時間が確保しづらいことは大きな退職理由です。

理想のキャリアとのギャップを感じる

最後の転職理由は、警察官になる前に抱いていた理想と現実にギャップを感じることです。

 人の役に立つことを願っていたものの、上下関係が厳しく自由な働き方ができなかったり、思いのほか書類業務が多いなど様々。

事前にいくら調べても、実際に働くまでわからないことは多いです。

結果的に早いタイミングで転職を決断する警察官が多く、若手の離職率の高さに繋がっています。

よくある質問

警察官におすすめの転職エージェントは?

警察官におすすめの転職エージェントは以下のとおりです。自分に合った転職エージェントの登録を検討してみてください。

・リクルートエージェント
・doda
・マイナビエージェント
・type転職エージェント
・エン エージェント

いずれも無料で利用できるため、ぜひ転職活動に活かしていきましょう。

警察官を辞めたら後悔する?

警察官を辞めて後悔する人の多くは、退職理由があいまいな人です。後悔することが無いように、退職理由を明確にしておくとよいでしょう。

また、自分に合った転職先なら後悔することもありません。勢いで決めるのではなく、よく吟味して転職先を探しましょう。

警察官が転職する際に気をつけるべきことは?

警察官が転職する際に気をつけるべきことは以下のとおりです。

・在職中に転職活動をはじめる
・自分の強みを把握する
・企業が求めていることを理解する
・転職サービスに登録する

特に、転職サービスへの登録がおすすめです。警察官から民間企業への転職を悩んでいる人は、一度転職のプロにキャリア相談してみるとよいでしょう。

自分に合った転職サービスの選び方とは?

自分に合った転職サービスの選び方は以下のとおりです。

・求人数の多さ
・サポート体制の手厚さ
・非公開求人を扱っているか

求人数が多い転職サービスなら希望条件に合った求人に出会いやすくなります。また、手厚いサポート体制があれば、はじめての転職でも心強いでしょう。

元警察官の人を優遇してくれる求人は?

警察官のおもな転職先として警備関連会社が挙げられます。警察官で得た経験・スキルを活かしやすいのため、優遇してくれるケースもあるでしょう。

そのほかにも、トラックドライバーをはじめとした運送業への転職も多い傾向です。デスクワークよりも、体を使った仕事が好まれます。


警察官の転職の強みは?

警察官の転職の強みには以下のような点があります。

・仕事に対する責任感の強さ
・訓練や練習で磨かれた基礎体力
・状況をいち早く読み取る判断量 

警察官として働いていた際に培った能力やスキルをアピールできる点が、最大の強みと言えるでしょう。


警察官の転職は難しい?

結論から言うと、警察官の転職は難しくないでしょう。警察官として培った強みは、他の仕事では得られないものが多いです。そのため、転職先の仕事内容によっては需要が高いと言えるでしょう。一方で、公務員から民間企業への転職に不安を感じている方も多いため、転職を検討している方は転職エージェントに登録することをおすすめします。

まとめ

今回は警察官が民間企業に転職するメリット・デメリットや警察官におすすめの転職エージェントを中心にご紹介しました。

警察官から民間企業に転職すると、プライベートの時間を多く確保できます。また、過度なプレッシャーから解放され、のびのびと働けるのも魅力です。

警察官が転職する際は、転職エージェントの登録をおすすめします。キャリアアドバイザーが親身に相談にのってくれるので、はじめての転職活動でも安心です。

ぜひこの記事を参考にしながら、警察官から民間企業への転職を成功させてください!

執筆者 転職ベストプラス編集部
『転職ベストプラス』では、ユーザーの「仕事」を軸に、「転職」「就職」「退職」「資格」の関するあらゆる情報を発信する比較メディアです。
『転職ベストプラス』では、新しい仕事へ踏み出すで生まれる「不安」に対して、さまざまな情報を発信し、ひとりひとりにとって最良な選択を手助けする情報を提供するために、最新で有益なコンテンツ制作を日々行っています。
※詳しくはコンテンツポリシーをご覧ください。

執筆者片桐

編集者 katagiri
転職回数は5回以上。転職サイト・エージェントを実際に利用したからこそ分かる情報を提供しています。
分かりやすさ・正確性に留意した記事作りに努めています。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。