管理職におすすめの転職エージェントアイキャッチ
転職

管理職におすすめの転職エージェント6選を紹介!成功のコツも解説

コンテンツ内で紹介しているサービスの一部もしくは全てに広告が含まれております。ただし、広告が各サービスの評価に影響をもたらすことは一切ございません。詳しくは、転職ベストプラスの運営方針広告ポリシーをご確認ください。

管理職への転職を考えている人はいませんか?しかし、管理職への転職は難しいと感じている人もいるでしょう。

管理職の転職は転職エージェントを利用することがおすすめです。

管理職専門の転職エージェントもあるので自分の希望に合った転職を叶えられるでしょう。

この記事では、管理職への転職を考えている人に向けて下記の項目を紹介しています。

この記事で分かること
  • 管理職の転職を成功させるコツは”転職エージェント”を利用すること
  • 管理職におすすめの転職エージェントは「MS-JAPAN
  • 転職エージェントを利用することで、非公開求人を紹介してもらえるなどのメリットも!
  • 管理職に向いている人は”積極的に情報収集できる””部下の育成が得意な人””経営者目線で考えられる人
転職ベスト・プラスのお約束
本コンテンツで紹介しているサービスは、厚生労働省委託事業の職業紹介優良事業者認定制度・一般財団法人 日本情報経済社会推進協会のプライバシーマーク制度のいずれかもしくは両者に参加しています。また、厚生労働省の有料職業紹介事業として許可(番号:13-ユ-307073)を得ています。当サイトは、読者の皆様が公正な評価や情報をもとに、より良い選択ができるよう尽力しております。本コンテンツは株式会社ONEが管理を行っております。転職エージェントおすすめランキングは、求人数の多さやサービスの使いやすさ(検索項目数)、対応可能エリア(拠点数)、利用実績、利用者の口コミなどを基準にし、独自に点数化にしております。詳しくは、転職ベストプラスの運営方針広告ポリシーをご確認ください。
広告ガイドライン
本記事では、不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)を参考に、景品類等の指定の告示の運用基準一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示のガイドラインに基づいた形式で広告を掲載しています。
本記事では、消費者庁アフィリエイト広告等に関する検討会報告書「アフィリエイト広告の意義」のガイドラインに基づいた形式で広告であることを明記しています。
各転職エージェントの評価は消費者庁景品表示法に基づき、公式サイトの情報・利用者の口コミや評判を元にランキング化しており、ユーザー方々がより良いサービス・商品を選べるよう尽力しています。

管理職におすすめの転職エージェント

\管理職におすすめ転職エージェント/
おすすめ
転職エージェント
MS-JAPANジャスネットキャリアリクルートエージェントビズリーチJACリクルートメントパソナキャリア
特徴30年以上の実績・ノウハウ会計、税務、経理分野に特化業界トップクラスの求人数ハイクラス求人が豊富グローバル転職支援に特化

4年連続顧客満足度1位

公式サイト

※ランキング根拠はこちらからご覧いただけます。
※当記事で紹介している転職サイト/エージェントの情報はこちらからご覧いただけます。

MS-JAPAN

MS-JAPAN

おすすめポイント
  • 業界トップクラスの利用実績
  • 業界最大級の求人数
  • 年収アップができる

MS-JAPANは、管理部門・士業に専門特化した転職エージェントでそれぞれのトップエージェントです。

専門特化型として30年以上の実績ノウハウがあるので、各職種や資格に精通したアドバイザーがサポートしてくれ、常に最新の転職情報を教えてくれます

 職種・資格や地域から専門アドバイザーを検索することができます。

また、業界最大級の求人数を保有しているので、若手層から中堅層、40代以上のマネージャーや管理職まで幅広いです。公開求人よりも非公開求人の方が多く90%を占めています

独自の限定非公開求人も多くあるので他から紹介されない求人もあるでしょう。希望条件以外にも職場環境や募集背景など求人票に記載されていない情報も提供してくれます。

紹介される求人の52%が年収500万円以上で70%が上場企業なのでキャリアアップが期待できるでしょう。

さらに、年収アップも期待できます。自分では言いにくい条件交渉を代行してくれサポートが手厚いです。入社日などの日程調整なども代行してくれます。

運営会社株式会社MS-JAPAN
主なサービス(機能)

求人紹介(非公開求人の提供)
条件交渉
面接対策
応募書類の添削

公開求人数10,128件
対応エリア全国

出典:MS-JAPAN
※公開求人数は2024年5月17日時点

ジャスネットキャリア

ジャスネットキャリア

おすすめポイント
  • 会計、税務、経理分野に特化
  • 様々な雇用形態の求人がある
  • 企業に直接応募できる

ジャスネットキャリアは、会計、税務、経理分野に特化しており高い専門性が特徴の転職エージェントです。

この専門性を活かして求人紹介だけでなく、教育サービスも行っています。その専門性の高さから専門性の高い転職エージェントNo.1に選ばれています。

 転職活動に必要なノウハウやそれぞれのキャリア別の仕事内容なども掲載されているので、今後の働き方の視野が広がるでしょう。

雇用形態の種類が多く、業務委託派遣など正社員で働けない人も探しやすいです。

勤務形態や福利厚生の選択も豊富なので、自分の希望条件が叶うことも魅力的です。プライベートにも合わせた理想の企業が見つかるでしょう。

非公開求人も豊富にあり、取引実績企業は5000社以上あります。

また、エージェントを通さなくても自分で直接企業に応募することも可能です。求人を探すときに、エージェント求人直接応募求人の2種類が選べるので、それぞれ違う求人を見れるのも魅力です。

運営会社ジャスネットコミュニケーションズ株式会社
主なサービス(機能)

求人紹介(非公開求人の提供)
面接対策
日程調整
条件交渉

公開求人数4,304件
公開エリア全国

出典:ジャスネットキャリア
※公開求人数は2024年5月17日時点

リクルートエージェント

リクルートエージェントLP

おすすめポイント
  • ハイキャリア・グローバルコンサルティングが業界最大手
  • ハイクラス求人が多い
  • チーム体制の転職サポート

リクルートエージェントは、業界トップクラスの求人を保有している転職エージェントです。

そのため、エグゼクティブを含むハイクラス・高収入の様々な業界・職種の求人も豊富です。年収800万円以上の求人が多く、非公開求人も13万件以上と多いです。

 自分に最適な企業を見つけることができてキャリアアップが叶います。

一人一人がそれぞれの業界・職種に精通した専門コンサルタントで10年以上経験があるベテランも在籍しています。

その分、企業とのつながりも強く求人票やほかの転職エージェントでは手に入らない企業情報も入手できます。

また、チーム体制で転職をサポートしてくれるのも魅力です。企業の対応求職者の対応を両方行っているので、それぞれの情報をコンサルタント全員で共有しています。

チームとして協力してくれて情報伝達が行き届いているので、臨機応変に対応してくれて転職活動がスムーズに進みます。

運営会社株式会社リクルート
主なサービス(機能)

求人紹介(非公開求人の提供)
面接対策
日程調整
条件交渉

公開求人数395,608件
公開エリア全国

出典:リクルート
※公開求人数は2024年5月17日時点

ビズリーチ

ビズリーチ

おすすめポイント
  • 優良企業や一流のヘッドハンターからスカウトがくる
  • プラチナスカウトがある
  • 求人の質が高い

ビズリーチは日本で唯一、会員や求人、ヘッドハンターに審査を行っている国内最大級のハイクラス転職サイトです。優良企業やヘッドハンターからのスカウトでハイクラス転職を目指します。

プラチナスカウトは、国内外の優良企業と厳正な審査で選ばれたヘッドハンターが、スキルや経験から判断をする特別なスカウトです。直接スカウトを受けることで自分の市場価値が知れるきっかけにもなります。

 プラチナスカウトは面談・面接が確約されています

また、ハイクラス転職を目指す人のために向けた求人が多いので、役職やポジションなど質が高いものが多いです。他のサイトに出回っていない求人もあります。

ビズリーチは求人紹介や面接対策などありませんが、企業やヘッドハンターと直接連絡が取れるので、キャリアに自信がある人自分の市場価値を判断したい人におすすめです。

運営会社株式会社ビズリーチ
主なサービス(機能)

スカウト機能
会員制度
ヘッドハンター

公開求人数117,734件
公開エリア全国

出典:ビズリーチ
※求人数は2024年5月17日時点

JACリクルートメント

JACリクルートメント

おすすめポイント
  • 海外転職に強い
  • スペシャリストの領域に特化
  • サービスの質が高い

JAC リクルートメントは外資系企業や海外進出企業の実績が豊富グローバル転職支援に強いことが特徴です。

英国、ドイツ、アメリカ、アジアの12か国にグローバルネットワークがあり、企業との繋がりも強いため海外転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。

 英文でのレジェメ作成のアドバイスや添削も行っています。

管理職やエグゼクティブなどのスペシャリストに特化しているため、職務機能別最高責任者のポジションや、統括責任者クラス上級管理職レベルの求人を幅広く紹介してくれます。

各業界、職種のプロが個々に担当してくれるので転職希望者の能力やスキルを正しく判断して適切な求人を紹介してくれます。

また、企業と転職希望者の両方を一人のコンサルタントが担当している両面型を導入しているので、応募企業に適した面接対策応募書類の作成ができることも魅力です。

運営会社株式会社ジェイエイシーリクルートメント
主なサービス(機能)

求人紹介(非公開求人の提供)
スカウト機能
面接対策
日程調整

公開求人数12,560件
公開エリア全国、海外
(世界11ヵ国、34拠点)

出典:JACリクルートメント

パソナキャリア

パソナキャリア

おすすめポイント
  • 女性のための支援サービスがある
  • 顧客満足度が高い
  • 年収アップが期待できる

パソナキャリアは、ハイクラス転職に強い転職エージェントでサービスの質も高く4年連続顧客満足度1位です。

マッチング力と提案力が強みで、企業ごとの選考通過事例を分析し人事目線での応募書類の書き方の伝授をしたり、実践的な模擬面接を行うことで転職成功の精度を高めています。

 過去のデータベースから転職成功の可能性が高い求人の紹介や、適性を判断してオファーが届くこともあります。

また、女性リーダー・管理職のための支援に力をいれています。

マネジメント経験のある女性アドバイザーが、自身の経験も踏まえてカウンセリングやパソナキャリア独自の求人などの紹介をしてくれます。

無料で利用できるオンライントレーニングやネットワーキングイベントなどのスキルアップサポートや、家事代行、プロのマンツーマンレッスン、健康・美容など特別価格で利用できるライフサポートの特典もあります。

年収アップ率も61.7%と高く、年収交渉も行ってくれるのでキャリアアップが期待できます。企業との日程調整も行ってくれるので転職活動がスムーズに進みます。

運営会社株式会社パソナ
主なサービス(機能)

求人紹介
非公開求人の提供
面接対策
日程調整
条件交渉
スカウト機能

公開求人数36,945件
公開エリア全国

出典:パソナキャリア
※公開求人数は2024年5月17日時点

管理職の種類

一般的な管理職には以下のようなものがあります。

一般的な管理職の種類
  • 本部長
  • 部長
  • 次長
  • 課長
  • 係長
  • 主任
会社によって役職名や職務内容は変わってきます。また、どの役職から管理職になってくるのかも異なってきます。

本部長

本部長とは?

それぞれの事業の最高責任者

本部長は、それぞれの事業の最高責任者で経営方針を理解して組織全体の方針を決める最終決定権をもっています

主に社員の教育人事の取りまとめなどを行います。

部長

部長とは?
各部門や部署を統括する責任者

部長は、各部門や部署を統括する責任者です。経営者と同じ視点で事業を進めることが求められます。

さらに、業務管理や業務内容の改善、新規事業の立ち上げなど長期的な視野を持つことも求められます。

次長

次長とは?

部長の補佐を担う

次長は、部長の補佐を担うので、部長の業務のサポートを行いながら、部下の育成もしたり仕事内容が多岐にわたります

場合によっては、部長の代理になるときもあります。

課長

課長とは?
課全体の管理を行う

課長は、一般的に中間管理職に位置付けられています。課全体の管理を行います。

企業の現場をまとめて部下の指導や教育など部下の成長を促し、課を統括する役割です。

係長

係長とは?

社員をまとめる現場のトップ

係長は、課長の下で現場の作業を行いながら、チームの目標達成を目指し部下の仕事の管理をします。

チームを統括するチームリーダーのような役割です。

主任

主任とは?

現場の代表としてメンバーのサポートを行う

主任は、現場を一番理解していて、メンバーの業務内容や業務量を見ながらメンバーのサポートにまわります

部下の人数が多いほど、仕事内容は多岐にわたります

管理職に向いている人

管理職に向いている人はどのような人か紹介します。

管理職に向いている人
  • 積極的に情報収集できる人
  • 部下の育成が得意な人
  • 経営者目線で考えられる人

積極的に情報収集できる人

経済状況などの時事的な流れを情報収集できる人は新しい時代の流れを読むことができます。

 何事にも敏感にアンテナを張っていることで、新しい発想を得ることができます。

また、仕事に対して情報収集をできる人はモチベーションも高く業務に真剣に取り組めます。向上心がある人は管理職に向いているでしょう。

部下の育成が得意な人

部下が成長することで会社の継続と発展に繋がるため、指導力が必要になってきます。

 常に自分が主体となって動くことで部下にも良い影響を与えることもできます。

また、管理職には組織全体を見て仕事を振り分けすることも含まれます。

部下や後輩と良好な人間関係を築き、業務をわかりやすく伝えて分担できる能力が必要です。組織として成果を出すことができる人は管理職に向いているでしょう。

経営者目線で考えられる人

経営者目線で業務を考えられる人は管理職に向いています。管理職は経営者目線で事業を行うことが求められます。

 長期的に物事を考えられて具体的に目標を立てられることが大切です。

そして企業経営についての改善点を見つけ出して適切にサポートをしたり冷静に分析できる人は管理職に向いているでしょう。

管理職の転職を成功させるコツ

管理職への転職を成功させるには下記の3つがポイントです。

成功のポイント
  • 転職エージェントを利用する
  • 企業や職種の理解を深める
  • キャリアの棚卸をする

転職エージェントを利用する

管理職専門の転職エージェントを利用することで、コンサルタントが転職をサポートしてくれて効率よく転職活動を進めることができます。

非公開求人の紹介を受けれたり、スカウトをもらうこともできて求人の幅が広いので自分に合う企業が見つけやすくなります。

 求人票には記載されていない企業情報も提供してくれるので応募する企業を深く理解することができます。

また、応募書類のアドバイスや添削面接対策も行っているので内定率を上げることができるでしょう。

企業や職種の理解を深める

自分が応募する職種について理解を深めることで、求められているスキルや経験能力などが分かります

また、今の会社と比べて応募先の企業の規模はどのくらいかを把握することも大切です。

年代や市場規模などをあらかじめ把握することで自分のスキルや経験と比べることができます。

事前に企業について理解することで志望動機が明確になり自分に合う企業に応募できるでしょう。

キャリアの棚卸をする

キャリアの棚卸をすることで、自分のキャリアを把握、分析し強みを見つけることができます。

 応募する企業で活かせる保有スキルや経験を見つけて、応募書類や面接でわかりやすく伝えることが重要です。

転職では以前の管理職経験を重視されることがあります。

管理職の期間や今までの実績、具体的なエピソードをいれると企業の求める人材とマッチするかを見極めることもできます。

管理職の平均年収

部長、課長、係長の平均年収は以下の通りです。

男性女性
部長

令和4年:593.1千円

令和3年:585.8千円

令和2年:601.7千円

令和4年:520.1千円

令和3年:497.2千円

令和2年:520.5千円

課長

令和4年:495.6千円

令和3年:484.6千円

令和2年:499.0千円

令和4年:435.0千円

令和3年:422.1千円

令和2年:443.1千円

係長

令和4年:379.1千円

令和3年:376.7千円

令和2年:381.7千円

令和4年:337.6千円

令和3年:334.7千円

令和2年:337.3円

管理職の平均年収は全体的に大きく変わっていません。男女の平均年収も年々、差が小さくなっています

女性でも管理職へのキャリアアップが目指しやすいです。

転職エージェントを利用すれば、年収500万円以上の求人が多く見つかります。また、コンサルタントが年収交渉も行ってくれるので平均年収よりも多く年収が上がる可能性もあります。

出典:厚生労働省

よくある質問

管理職の転職でおすすめの転職エージェントは?

転職MS-JAPANがおすすめです。管理部門・士業に専門特化した転職エージェントでそれぞれのトップエージェントです。

専門特化型として30年以上の実績とノウハウがあるので、各職種や資格に精通したアドバイザーがサポートしてくれ、常に最新の転職情報を教えてくれます。

管理職の種類は?

一般的な管理職の種類は、本部長、部長、次長、課長、係長、主任です。
会社によって役職名や職務内容は変わってきます。また、どの役職から管理職になってくるのかも異なってきます。

管理職に向いている人は?

「積極的に情報収集できる人」「部下の育成が得意な人」「経営者目線で考えられる人」などです。

管理職は経営者目線で事業を行うことが求められるので、長期的に物事を考えられて具体的に目標を立てられることが大切です。

管理職の転職を成功させるコツは?

「企業や職種の理解を深める」「キャリアの棚卸をする」「転職エージェントを利用する」です。

管理職専門の転職エージェントを利用することで、コンサルタントが転職をサポートしてくれて効率よく転職活動を進めることができます。

管理職の平均年収は?

去年の男女計は586.2千円です。男女でみると男性が593.1千円、女性が520.1千円です。

管理職の平均年収は全体的に大きく変わっていません。男女の平均年収も年々、差が小さくなっています。

まとめ

今回の記事では、管理職での転職におすすめの転職エージェントから管理職への転職のコツについて紹介しました。

管理職へ転職する際には、今までのキャリアの経験やスキルを棚卸して自分の強みを知り、具体的に企業に伝えることが大切です。

棚卸をすることで転職のミスマッチも減らすこともできるでしょう。

転職エージェントを利用することもおすすめです。自分のスキルや経験に合った企業の紹介をしてくれたり、応募先企業の情報も教えてくれるので効率的に転職活動を進めたい人は転職エージェントを利用すると良いでしょう。

執筆者 転職ベストプラス編集部
『転職ベストプラス』では、ユーザーの「仕事」を軸に、「転職」「就職」「退職」「資格」の関するあらゆる情報を発信する比較メディアです。
『転職ベストプラス』では、新しい仕事へ踏み出すで生まれる「不安」に対して、さまざまな情報を発信し、ひとりひとりにとって最良な選択を手助けする情報を提供するために、最新で有益なコンテンツ制作を日々行っています。
※詳しくはコンテンツポリシーをご覧ください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。