【費用比較】採用代行・採用アウトソーシング(RPO)会社5選!

【費用比較】採用代行・採用アウトソーシング(RPO)会社5選!

採用業務をもっと効率化したい」「自社で採用活動をするものの思うように人が集まらない」などとお悩みの企業や採用担当者はいませんか?

そんな方におすすめのサービスが、企業のかわりに採用活動を代行する会社やサービスを指す採用代行・採用アウトソーシング(RPO)です。

採用代行を活用すれば、自社内で人を雇うときにかかる工数を削減できます。社内では最終的な意思決定をするだけでよくなるので、その他の業務に集中できるようになる点が魅力です。

そこで本記事では、採用代行・アウトソーシングRPOとは何かについて解説していきます。採用代行・採用アウトソーシング(RPO)の特徴や利点・欠点も紹介するため、ぜひ参考にしてみてください。

「本記事を読めば、自社で採用代行を活用すべきかどうかがわかりますよ。」

採用代行・アウトソーシングRPOとは?

会議

採用代行とは、企業のかわりに人材雇用の様々な施策を行ってくれるサービスです。また、RPOとはRecruitment Process Outsourcingの略称で、日本語に訳すと採用代行を意味します。

「採用代行業務の例」
  • 採用サイトの作成
  • 説明会の準備・開催
  • 応募者の書類選考
  • 面接
  • その他、応募者からの質問回答

上記のように、人を雇うためには様々な作業や取り組みをする必要があります。全て自社内でこなそうとすると、それだけ人手がかかってしまいます。

工数がかかる上に、各種施策で思っていたような成果が出ないと、その後の事業の成長にも大きな影響が出てくるかもしれません。

 採用代行業者を活用すれば、自社内の工数を削減できるのでコストカットに繋がります。

「さらには、業者の手によって質の高い最新ノウハウを用いたアプローチを行うことも可能です。」

採用代行・採用アウトソーシング(RPO)を活用するメリット

採用代行を外部に依頼するメリットは主に以下5つです。これから採用を考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

企業のニーズに合った採用活動が出来る

握手

新しく人を雇いたいといっても、状況や企業規模によって具体的なニーズは異なります。サービスの活用によって、企業のニーズに合った人材を採用しやすくなります。

「企業が求めるニーズの例」
  • バイト・パート・正社員などの雇用形態
  • 外国人労働者
  • 資格保有者やハイキャリア人材
  • 新卒採用・中途採用

例えば、今まで人が足りなくなったタイミングで中途採用をしていたが、事業が安定してきたので新卒採用を始めようとしている企業があったとします。

この場合、自社内では新卒採用ノウハウがなく不安な状態ですが、採用代行を活用すれば効率よく求める人材を集められます。

「ニーズに合わせた取り組みを行えるのが、採用代行・採用アウトソーシング(RPO)の強みでもありますね。」

小規模の採用活動から大規模な採用活動にまで対応してもらえる

会議

サービスを活用すれば、小規模の採用活動から大規模な採用活動にまで対応可能です。業種によっては事業の規模や景気の良しあしによって、人材を流動的に確保したい場合もあるでしょう。

例えば、「大量に人手が必要になったときは大規模での採用」「少しの人材が欲しいときには小規模での採用」など状況に応じて使い分け可能です。

「毎回の活動規模に合ったプランを組んでもらえるので、コスト面で無駄がありませんね。」

採用担当の効率化ができる

サービスを活用すれば自社内で採用担当に関わる人数を減らせるので、業務の効率化にも役立ちます。

社内の人事・採用スタッフは業務を効率化した分、別の業務や研修業務などよって、自社内で必要性の高い仕事を行うことが可能です。

「新たに人事を採用するよりも外部に依頼するほうがコストを抑えられる可能性もあります。」

時代の流れに合った採用活動ができる

PC

代行業者に依頼をすれば、時代の流れに合ったアプローチを行うことが可能です。

 代行業者はアプローチに関するノウハウを持っている会社ばかりなので、今の時代に最適なアプローチを選択できます。

「例えば、バブルの時期の採用活動と現代の採用活動ではアプローチ方法が異なりますよね。」

「以前よりも求人広告の反応が減ってきた」「思うように応募者が集まらない」とお悩みの企業にもぴったりです。

短期間で成果を出しやすい

サービスを活用すれば、自社内で全ての取り組みを行うときよりも短期間で成果を出しやすいのが特徴です。

 代行業者は、豊富な経験をもとに結果につながるノウハウを保有しているので、各企業に合った最適な採用活動を行えるのです。

「急な事業拡大に対応したい」「今すぐに人を集めたい」と考えている企業や採用担当者にもおすすめのサービスとなっています。

採用代行・採用アウトソーシング(RPO)を活用するデメリット

人材の確保を求めている企業にとって、採用代行・アウトソージングRPOは便利なサービスです。

しかし、サービスを活用するときには、残念ながらいくつか欠点もあります。ここからは、サービスの欠点を確認していきましょう。

料金がかかる

お金

代行業者への依頼には、当然ですが料金がかかります。

 プラン内容や代行契約を結ぶ業者によっては、これまでの採用活動費用よりも代行費用の方が高くなってしまうかもしれません。

採用代行・採用アウトソージング(RPO)のサービスを利用する際は、以下のように気になる点をよく検討することが大切です。

費用の検討をするときの例
  • 自社で採用を行うときとの費用の違い
  • 代行費用に見合った結果が出せるのか

一般的には、具体的な料金が分かるのは見積もり後の場合が多いです。

「複数の会社で相見積もりをしてもらうのも良いでしょう。」

自社内で採用に関するノウハウを蓄積しにくい

会社

社外で採用活動を外注する分、自社内では採用ノウハウが蓄積しにくいというデメリットがあります。

「ノウハウが蓄積しない具体例」
  • 新卒採用のノウハウがいつまでたっても貯まらない
  • ハイキャリア人材や幹部候補生のヘッドハンティングができない
  • 必要なときにピンポイントで臨時スタッフを雇えない
 自社でノウハウを蓄積できないと、事業規模が拡大したタイミングや急に人材が必要になったときに困る可能性もあります。

外注していても自社でノウハウを蓄積するためには、ノウハウを開示してくれる業者や打ち合わせを細かく行ってくれる業者を選ぶのがおすすめです。

「採用プロセスの全てを外注するのではなく、一部を代行してもらうのも良いですね。」

内定者や応募者との交流機会が減る

会話

サービスを活用していると内定者や応募者との交流機会が減ってしまい、自社担当者との関係性を築けない場合があります。

 企業によっては、プロセスの全てもしくはほとんどを外注しているケースも多いです。

新しく人を雇うときには、入社日までの内定辞退をできるだけ減らすのも重要となります。代行会社に任せっきりにするのではなく、自社の担当者が内定者や応募者と関わる機会も積極的に作りましょう。

「二次面接以降や内定者の決定は自社で行うことができるので、内定者との関係席も築きやすいですよ。」

業者選びに手間がかかる

「結局どの代行業者を選べばよいの?」と悩んでしまう場合があるかもしれません。業者選びで意識しておきたいポイントは以下の通りです。

業者選びのポイント(例)
  • 料金
  • サービス内容
  • 過去の実績
  • 自社のニーズと合っているか

「上記のポイントを整理して複数の業者で相見積もりをもらって決定するのがおすすめです。」

求めている人材が集まらない可能性がある

会社

残念ながら、サービスを活用しても求めている人材が集まらない可能性があります。求めている人材が集まらない原因として考えられるものは、主に以下の通りです。

考えられる主な原因
  • 代行会社のスタッフとの摺り合わせが足りない
  • 採用活動や応募者へのアプローチが失敗だった
  • 自社でニーズを整理できていない

まずは自社で採用ニーズを整理しておきましょう。「人を雇いたい」と一言でいっても、どんな人材が欲しいのか、何人新しく人を雇いたいのかなどケースごとに異なります。

「人材確保の目的や理由を整理して代行業者と共有できれば、取り組みがうまくいく可能性はグッと高まります。」

採用代行・採用アウトソーシング(RPO)おすすめ5選!

採用代行サービスを行っている会社は30社以上とも言われています。その中から自社に適したサービスを選ぶのは至難の技です。

ここでは、採用代行サービスの実績がある会社を5つピックアップして紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

株式会社ONE

株式会社ONE

おすすめポイント
  1. 幅広いニーズに対応
  2. 明瞭な料金体系
  3. 求人広告連携サービスが利用できる

株式会社ONEは総合型の会社なので、雇用形態や目標の人数、費用など各クライアントに合ったプランを提案してくれます。

「例えば、毎年の新卒採用に加えて、急に必要になったアルバイトの大量確保も任せることが可能です。」

また株式会社ONEでは、「パッケージプラン」と「オーダーメイドプラン」2種類の料金プランを用意しているため、事前に費用を予測しやすいのが特徴です。

パッケージプラン オーダーメイドプラン
  • サービス内容がパッケージ化
  • 費用が明確
  • 希望するオプションをカスタマイズ
  • 個々のケースに応じた見積書作成可能
 費用を出来るだけ抑えたい企業、多少費用がかかっても個別の事例に丁寧に対応してもらい企業のどちらにも対応しています。

株式会社ONEでは、求人広告と連携したサービスを提供しています。応募者や母集団の反響を得やすいのも大きな魅力のひとつだと言えるでしょう。

株式会社エール

株式会社yell

おすすめポイント
  1. 全国都市にあるネットワーク
  2. 採用ノウハウが充実
  3. 経験豊富な採用プランナーが徹底サポート

エールは東京や大阪だけでなく、福岡や札幌など地方都市にも拠点を持っています。各地域に根付いた採用ノウハウを生かしたサポートが強みの会社です。

また経験豊富な採用プランナーから丁寧なサポートが受けられる点も大きなメリットです。採用の目的や課題に応じて的確なアドバイスが受けられます。

「求人広告を出した後のアフターサポートもしっかりしているので、採用活動がうまく進まなかった場合の心配は一切ありません。」

株式会社マイナビ

マイナビ

おすすめポイント
  1. 採用業務を全面的にバックアップ
  2. 採用ノウハウを生かしたサポート
  3. 中途採用に適した採用フロー

株式会社マイナビが運営するマイナビ転職は、採用業務を全面的にバックアップしてくれるサービスです。長年の業務で培った採用ノウハウを生かしたサポートが受けられます。

総合的な採用業務のサポートが受けられるため、初めて採用業務を行う人事担当者の方でも安心して利用できるサービスだと言えるでしょう。

マイナビで受けられる主なサポート
  • 採用戦略
  • 計画の立案
  • 人材要件の定義
  • 採用ブランディング
  • 採用プロセス設計
  • 求人媒体
  • 紹介会社の選定や一括管理
  • 応募者管理から面接代行

中途採用には、採用スケジュールや対応範囲など新卒採用にはない難しさがあります。

「RPOを導入すれば、採用業務に充てる時間を他の業務に活用でき、採用業務も効率よく進められるでしょう。」

株式会社パソナ

パソナ

おすすめポイント
  1. 採用のプロが課題・問題を解決
  2. 入社後の支援まで可能
  3. 中国における採用代行も可能

パソナグループでは、オリコン顧客満足度調査「転職エージェント」部門で高い支持を得ているパソナキャリアを運営しています。公式ページ参照

 株式会社パソナの採用代行サービスでは、転職エージェントなど採用手法を適切に組み合わせたコスパの高い採用活動をサポートしています。

パソナの採用代行サービスは、中国国内新卒生や日本国内留学生の採用代行も実施しています。即戦力中国人の採用を希望する会社にとっては、納得いくサポートが受けられるでしょう。

「中国の採用活動は、求職者の母数・経歴・スキルなどから日本とは大きく異なります。実績のあるパソナでサポートを受けられるのは大きなメリットになり得るでしょう。」

アデコ株式会社

アデコ

おすすめポイント
  1. 豊富な職種に対応
  2. 効果的な募集戦略を企画
  3. 個人情報をしっかりと管理

アデコ株式会社の採用代行サービスは、営業職、販売職、事務職などさまざまな職種に対応しています。雇用形態も正社員からパート・アルバイトまで幅広く採用可能です。

豊富な採用アウトソーシングの実績とノウハウによって、効果的な採用アプローチが可能な点もアデコの大きなメリットです。

「アデコは、プライバシーマークの使用認定をうける事業者です。個人情報の管理は適切に行ってくれるので安心です。」

採用代行・採用アウトソージング(RPO)利用を利用する流れ

仕事

採用代行サービスを利用する基本的な流れは以下の通りです。目標設定からアフターフォローまでしっかりと行ってくれるため、採用に関する問題を抱えている方はぜひ利用してみてください。

採用代行サービスの基本的な流れ
  1. 採用目標のすり合わせ
  2. 現在の採用プロセスの確認・改善
  3. 外注化する内容のすり合わせ
  4. 採用活動・代行をスタート
  5. サービス利用後の効果測定・改善

株式会社ONEの採用代行サービスは、打ち合わせから契約・代行を始めるまでは最短約1週間が目安です。

「急に人手が必要になった場合や新卒採用のテコ入れをしたい方におすすめのサービスだと言えます。」

採用代行・採用アウトソーシング(RPO)の費用相場比較

お金

採用代行サービスを行っている会社の多くが公式ホームページで料金を公表していません。その理由は、どのオプションを付けるかによって料金が細かく変わってくるからです。

会社名 料金(税込)
株式会社ONE 10万円〜※別途求人掲載広告料金
株式会社ネオキャリア 10万円前後〜
株式会社HRアソシエ 50万円〜

上記のように公式ホームページに料金詳細を公表している会社もあります。実際にどんなオプションサービスを利用するかによって費用相場は変わってきます。

「採用代行をサービス検討する際には、依頼したい会社を3社ほど絞り、お問い合わせから適切な見積もりを算出してもらうことをおすすめします。」

採用代行(RPO)サービスに関するよくある質問

採用代行・採用アウトソージング(RPOで)おすすめの会社は?
様々な採用ニーズに対応していて、料金プランもわかりやすいONEが魅力です。新卒採用・中途採用・アルバイトの大量雇用などシーンに合わせてプランを用意してもらえます。求人広告と連携したサービスも提供しているため、採用活動を効率よく進めたい方はONEの採用代行がおすすめです。
採用代行サービスを活用する利点は何?
代行サービスを活用すれば、自社の採用活動にかかる工数やコストを削減できます。低コストで質の高い採用アプローチができる点が利用をするメリットです。また自社の業務に時間を割くことができる点も、社員が少ない会社では特にメリットになり得るでしょう。
採用代行サービスを活用する欠点は何?
外注化する際に費用がかかるので、従来の採用活動と外注費用を比較する必要があります。
外注費用に見合った成果が出せるのかも要チェックです。適切な業者選びができない場合は効果を発揮できないこともあるため、業者選びは慎重に行いましょう。
採用代行サービスを利用するときの流れは?
まず担当者と初回打ち合わせをして目的や現在の課題を整理します。その後、どこまでの範囲を外注するのか契約を結び、実際に応募者へのアプローチをスタートします。求人を出した後も適切な効果が出ているのかしっかりと確認してくれます。
採用代行サービスの費用相場ははどれくらい?
採用代行サービスの費用相場は採用人数や採用者のスキルなどさまざまな要素によって異なるため、一概には言えません。例えばONEの場合、個々のケースに合った料金を提示してくれるオーダーメイドプランと料金の内訳が事前にわかりやすいパッケージプランの2種類が用意されています。パッケージプランの中途採用の一次面接設定までは、広告料金+1ヶ月10万円からとなっています。
株式会社ONEの採用代行サービス利点は?
様々なニーズに対応したサービスを行ってくれる点です。求人広告と連携した施策も行ってくれるので応募者の反響を得やすい点も魅力となっています。
株式会社ONEの採用代行サービスに欠点はある?
料金内容が分かりやすくコスパの良いパッケージプランの場合、自社で面接を行う必要があります。内定・入社までのトータルサービスを利用する場合、他社と比較検討した方が良いかもしれません。

まとめ

採用代行とは名前の通り、企業が自社内で行っていた採用プロセスの一部もしくは全部を代行してくれるサービスです。

企業は自社内で採用活動を行うときよりもコストを削減できます。代行業者は採用ノウハウを持っているので、低コストで質の高い採用活動を実現することも可能です。

日本国内に代行業者はいくつかありますが、中でもおすすめの業者はONEです。ONEは様々なニーズに合った採用活動を行うだけではなく、事前に料金の予測がしやすいパッケージプランも提供しています。

「コスパが良く、費用に見合った成果を出す外注先を探している方は、気軽にONEに相談してみてはいかがでしょうか。」
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事