転職相談は誰にしたらいい?相談前にしておくべきことも徹底解説

転職相談は誰にしたらいい?相談前にしておくべきことも徹底解説

「転職相談は誰にしたらいいの?」と疑問に感じている人も多いのではないでしょうか。

転職相談はやみくもにすればいいわけではありません。人選も重要なポイントです。

しかし、一体誰に転職相談をすればいいのか悩んでしまいますよね。特に、はじめての転職に関して相談相手を決めかねている人もいるでしょう。

そこで本記事では、転職の相談に関する以下の項目に関してご紹介します。

この記事でわかること
  • 転職相談者が抱えがちな悩み
  • 転職相談するのにおすすめの人・向いていない人
  • 転職相談する前にしておくべきこと
  • よくある質問

この記事を読めば、転職相談するのにおすすめの人がわかるだけでなく、転職相談前にしておくべきことが明確になります。

転職相談を誰にすべきか悩んでいる人はもちろん、転職を視野にいれている人もぜひ参考にしてみてください。

転職の相談に来る人が抱えがちな悩みとは?

暗い部屋で頭抱えている人

転職相談に来る人が抱えがちな悩みには、どのような悩みがあるのでしょうか。それぞれ詳しく確認していきましょう。

転職相談に来る人が抱えがちな悩み
  • 給料が上がらない
  • 残業・休日出勤が多い
  • 仕事にやりがいを見いだせない
  • 人間関係に悩んでいる
  • 転職準備を何からすればいいかわからない

給料が上がらない

転職を考えている人にありがちな悩みとして、現職で給料アップが見込めないことが挙げられます。

 給料は働くうえで大きなモチベーションになる項目です。働いても結果が出なければ、転職を考えざるを得なくなるでしょう。

給料が上がらない原因として、「成長が見込めない業界・企業に勤めている」「年功序列の企業に勤めている」「評価制度が整備されていない」などが考えられます。

転職先を考える際は、なぜ現職は給料が上がりにくいのか徹底して考えるとよいでしょう。

残業・休日出勤が多い

頬杖ついている女性

残業・休日出勤が多いのも、転職を考えている人にありがちな悩みです。特に、プライベートを重視したい人から多く聞かれます。

 残業・休日出勤が多いと、プライベートの時間が減少してしまいます。1日の大半を仕事に費やさなければなりません。

仕事をする時間が長くなればなるほど、心身を休ませられないでしょう。体やメンタル面で不調を招くケースも多数見受けられます。

自分が希望している働き方から大きく逸脱しているようであれば、転職を本格的に考えてみてください。

仕事にやりがいを見いだせない

転職相談にくる人のなかには、仕事にやりがいを見いだせない人も一定数以上います。特に、20代・30代の若手世代が抱えがちな悩みです。

 仕事にやりがいを見いだせなければ、日々の労働が辛い時間に変わってしまいます。

辛い気持ちで働き続けるのは、誰だって困難なものです。

また、ルーティンワークに飽き飽きしている人も、仕事にやりがいを見いだせず悩んでいる人が多数見受けられます。

仕事内容が合っていないか、仕事環境に不満があるのか整理しておくとよいでしょう。

人間関係に悩んでいる

ソファで頭を抱えている男性

現職の人間関係に悩んでいる人も少なくありません。職場の人間関係が悪いと、仕事のパフォーマンスを低下させてしまいます。

 特に、直属の上司や教育係の先輩に対して苦手意識を持ってしまうと、仕事を効率よく進められない可能性もあるでしょう。

また、いわゆる「お局」の存在も気がかりです。お局がいると嫌味や皮肉を言われる機会が多く、メンタル面で不調を招いてしまいます。

異動という手段もありますが、難しいようなら転職を選んでみるのもおすすめです。

転職準備を何からすればいいかわからない

意外にも、転職準備を何からすればいいかわからない人も多数います。さまざまな情報があふれているなかで、何から進めればいいか迷ってしまう人もいるでしょう。

 なかには、転職活動の進め方がわからないばかりに、嫌々現職で働き続ける選択肢をとる人も少なくありません。

転職活動の始め方に正解はありませんが、おすすめなのは転職サービスに登録することです。無料で登録できる転職サービスがほとんどなので、気軽に活用してみましょう。

転職活動の進め方をエージェントがしっかりレクチャーしてくれますよ。

転職相談は誰にすべき?おすすめの人をご紹介!

店内で相談する男性

実際に、転職相談は誰にするのがおすすめなのでしょうか。転職相談におすすめの人は以下のとおりです。

転職相談におすすめな人
  • 転職したOB・OG社員
  • ハローワーク
  • 厚労省の「おしごとアドバイザー」
  • 社外の同業・同職種の人
  • キャリアカウンセラー

転職したOB・OG社員

転職相談をするなら、まずは転職したOB・OG社員に話を聞くとよいでしょう。自分の状況に近い話を聞くことができます。

 例えば、転職に至った経緯や業界・企業の選び方など、具体的な話を聞くだけで転職へのイメージが膨らみます。

ただし、相談する先輩社員は慎重に選ばなくてはなりません。現職の社員に相談したことが漏れてしまう可能性もあるからです。

やみくもに多くの人へ相談するのではなく、信頼できる人に相談相手を絞る方法がおすすめですよ。

ハローワーク

相談している女性

ハローワークは求人を斡旋する公的機関です。求人紹介だけでなく、無料で転職相談にものってくれるメリットがあります。

 ハローワークは職業訓練を実施しているため、スキルアップの方法がわからない人にもおすすめの相談相手です。

しかし、ハローワークは大手企業の求人やハイキャリアの求人をほとんど扱っていません。キャリアアップを目指している人にとって、物足りなさを覚える可能性もあります。

ハローワークまで出向く必要がある・待ち時間が長いのも要注意です。

厚労省の「おしごとアドバイザー」

おしごとアドバイザーは、厚労省が運営している転職相談窓口です。ハローワークと同じく、無料で利用できるメリットがあります。

 キャリアコンサルタントの資格を保有している担当者が相談にのってくれるため、安心して相談できるのも魅力です。

平日は17時〜21時・土日祝日は10時〜21時まで相談窓口が開かれており、メールや電話で相談可能です。仕事が忙しい人でも相談しやすいでしょう。

しかし、おしごとアドバイザーは求人紹介をしていない点には注意が必要です。

※「お仕事アドバイザー」は2022年3月31日にて終了となります。最終の相談受付は2022年3月15日です。

社外の同業・同職種の人

スーツを着ている人

社外の同業・同職種で働く人に相談するのもおすすめです。客観的なアドバイスを聞けるため、転職の視野が広がります。

 また、自分と似たような状況の話を聞けるため、転職へのイメージが膨らみやすいメリットを得られるでしょう。

しかし、社外の人に相談するためには、信頼関係を築かなくてはなりません。相談をする前にコミュニケーションを盛んにとる必要があるでしょう。

お互いの信頼関係を築けるようになるまで、時間がかかってしまう点には要注意です。

キャリアカウンセラー

転職相談を行う方法として、キャリアカウンセラーに相談するのもおすすめです。質の高いアドバイスをもらえるので、キャリア形成に役立てられます。

 しかし、キャリアカウンセラーへの相談には費用がかかる場合が多いので、留意しておきましょう。

キャリアカウンセラーの相場は、1回の面談につき数千〜数万円ほどです。中長期的に支援を受けるなら、数万〜数十万円ほどかかる場合もあります。

費用がかさんでしまう場合が多いため、サポート内容をしっかり吟味しましょう。

転職の悩みを身近な人に相談するのはOK?

疑問

結論から言うと、転職の悩みを身近な人に相談することは、メリットとデメリットの両方が存在します。

身近な人に転職を相談しようか悩んでいる方は、ぜひ以下のメリットとデメリットを確認し参考にしてください。

身近な人に転職の相談をするメリット

まずはじめに、身近な人に転職を相談する際に得られるメリットは以下のような項目が上げられます。

身近な人に転職の相談をするメリット
  • 自分のことを理解してくれているため相談がスムーズ
  • 時間を問わず相談に乗ってくれる
  • モチベーションが下がることが少ない

まずはじめに、身近な人は自分のことを理解してくれているため、相談がスムーズに進み効率の良い転職活動に繋がります。

転職における顕在的な条件だけではなく、あなたを理解している身近な人であれば、潜在的に自分が気づいていない条件も引き出してくれることも少なくありません。

 関係値が深ければ深いほど、自分のことを理解してくれているため的確なアドバイスを貰えます。

また身内の人間であれば、昼夜問わず相談ができる点もメリット。

現職が忙しくなかなかまとまった時間が取れないとしても、柔軟に対応してくる人であれば相談も進めやすいです。

身近な人だからこそ得られるメリットも様々あるため、状況によっては相談が効果的です。

身近な人に転職の相談をするデメリット

ノートパソコンとピンク色の服を着た女性の手元

次に、身近な人に転職をすることで起こりうるデメリットを紹介いたします。

身近な人に転職の相談をするデメリット
  • 転職のプロではない
  • 肯定的なことしか返ってこないことがある
  • スケジュールが確立しづらい

身近な人は相談しやすい相談である一方、転職のプロではないため、必ずしも的確な答えが返ってくるとは限りません。

また身近な人であるがゆえに、言いづらい点もあり肯定的な答えしたもらえないケースも考えられます。

 身近な人は本当のことはが言いづらい場合も。状況によっては傷つけないように問題点に目を瞑るケースも少なくありません。

またいつでも相談できる一方、期限を設けづらくついつい先延ばしになってしまうことも。

しっかりと時間に区切りをつけることが難しく、無駄に転職活動が伸びてしまうケースもあるので注意してください。

身近の人に転職相談を行うことで得られるメリットがある一方で、デメリットも一定数あるため注意しましょう。

転職エージェントに相談するのもおすすめ!

スーツを着ている男性

転職の相談は転職エージェントにするのもおすすめです。転職エージェントを利用するメリットをご紹介します。

転職エージェントを利用するメリット
  • 転職のプロが相談にのってくれる
  • 非公開求人をあわせて紹介してくれる
  • 選考サポートを無料で受けられる

転職のプロが相談にのってくれる

転職エージェントを利用すると、転職のプロが相談にのってくれます。客観的な意見が聞けるので、的を得たアドバイスを得られるでしょう。

 相談にのってくれるエージェントは、業界・企業に精通した人ばかりです。業界・企業研究にも役立てられます。

また、これまでのキャリアを丁寧にヒアリングしてくれるのもポイントです。自分ではわからなかった強みを教えてくれます。

無料でキャリア相談をしてくれるので、気兼ねなく利用したい人にもおすすめです。

非公開求人をあわせて紹介してくれる

書類を見ながら話し合う女性

非公開求人を紹介してくれるのも、転職エージェントを利用するメリットです。転職エージェントのなかには、非公開求人を多数保有しているところもあります。

 非公開求人はほかの転職サービスに掲載されていない場合が多く、ライバルと差をつけられるのが魅力です。

また、非公開求人は高待遇の求人が多い傾向にあります。そのため、掘り出し物の求人を見つけやすいのも嬉しいポイントです。

非公開求人の保有数が多い転職エージェントがおすすめですよ。

選考サポートを無料で受けられる

転職エージェントに登録すると、選考サポートを無料で受けられます。例えば、履歴書・職務経歴書の添削が選考サポートの代表です。

 履歴書・職務経歴書のポイントをおさえられるため、書類選考が通過しやすくなるでしょう。

また、面接対策ができるのもメリットです。面接で聞かれやすい質問を事前に教えてくれるので、面接本番までに心構えができます。

これらの選考サポートはすべて無料の転職エージェントがほとんどです。ぜひ積極的に活用してみてくださいね。

転職エージェントに相談だけで利用するメリット

転職エージェントを利用して応募をしないとしても、相談するだけで得られるメリットは複数あります。

詳細は以下の内容を確認し、利用前の参考にしてください。

転職エージェントに相談だけで利用するメリット
  • 質の高いアドバイスが受けられる
  • 自分では得られないような情報を共有してもらえる
  • 多くの求人を比較検討できる

質の高いアドバイスが受けられる

面談

転職エージェントに所属しているアドバイザーはプロのため、もらえるアドバイスひとつひとつの質が高く、転職活動を有利に進められます。

また、サポートは無料で受けられる点は比較的大きなメリットです。

 自分で解決できないような悩みでも、プロからアドバイスを受けることで解決するケースも多いです。

さらにアドバイザーは転職支援だけではなく、企業側の採用支援も行っているため、実際に出題される頻出質問など貴重な情報を得られます。

このように一人で転職活動の悩みを抱えていくのであれば、転職エージェントに相談だけでもしてみることがおすすめです。

転職エージェントは転職のプロなので、レベルの高いアドバイスが受けられます。

自分では得られないような情報を共有してもらえる

転職エージェントは採用支援として企業ともやり取りしているため、どんな人が欲しいのかなど具体的な情報を握っています。

求人票だけでは得られないような情報も、アドバイザーを通すことで偉るケースも少なくありません。

 初回カウンセリング時に様々希望条件を伝えることで、自分に合う情報・サービスを受けられます。

特に理想の人物像や中途採用時に重要視している点など、希少価値の高い情報を共有してもらえます。

転職活動で情報収集に困った際は、転職エージェントへ相談してみると良いでしょう。

ネット上に出ていないような情報が得られる点は、転職エージェントを利用する大きなメリットです。

多くの求人を比較検討できる

金の天秤

最後のメリットは、様々な求人を紹介してもらえるため、多くの求人を比較検討できる点です。

一つの企業だけではなく、同じ様な規模、業態の企業を検討することで、よりミスマッチの少ない転職ができます。

 情報量は転職活動において極めて重要なポイント。より多くの求人をチェックすることがおすすめです。

チェックする求人が少ないと、一見自分の条件に合うと思っても、他にも良い求人があるかもしれません。

そのため、転職活動を進める際は、転職エージェントを利用しより多くの求人を集めることがおすすめです。

ミスマッチを起こさないためにも、事前にいくつもの求人をチェックするようにしてください。

転職エージェントに相談だけで利用するデメリット

パソコン画面をみながら悩む女性

メリットが多いて転職エージェントですが、一方で起こりうるデメリットも存在するため、事前に把握しておくようにしてください。

転職エージェントに相談だけで利用するデメリット
  • 良い求人が紹介されないこともある
  • スキルによって選択肢が狭まる
  • まとまった時間を作る必要がある

良い求人が紹介されないこともある

転職エージェントは求職者を紹介して紹介料を得るビジネスモデルのため、エージェント経由の応募を考えていないと良い求人が紹介されないケースもあります。

そのためせっかく転職エージェントを利用しても、希望と一致する求人が紹介されないとなるとデメリットとなるでしょう。

 基本的に転職意識によって得られる求人の内容は異なるケースが多いです。

初回カウンセリング時に相談だけではなく、良い求人があれば転職したい姿勢を見せることがおすすめです。

転職意識が高いと、積極的に良い求人を紹介してもらえるため、ただ相談するだけだとしても、より転職エージェントのメリットを活かしていけます。

転職意識によって得られる求人が変わるため、初回のカウンセリングには力を入れましょう。

スキルによって選択肢が狭まる

スーツを着た人が書類を確認

次に、スキルが一定数低い場合、紹介される求人が少なくなるケースも考えられます。

アドバイザーもよりよい人材を紹介したいため、求職者のスキルもチェックされるケースがほとんどです。

 良い企業の情報がほしいとしても、スキルによってはかなわないこともあります。

そのため希望条件を高く設定せずに、自分の現状とマッチングする企業を探しましょう。

あまり高望みをせずに、少し上のレベル程度の求人を中心に転職活動を進めることが重要です。

自分の現状より上の求人を目指すのであれば、まずはスキルアップから手を付けましょう。

まとまった時間を作る必要がある

最後のデメリットは、カウンセリングやサポート受ける際、まとまった時間が必要な点がデメリットとなりえます。

特にh疎開カウンセリングは90分ほどかかるため、現職が忙しい場合はなかなか時間の工面が難しいでしょう。

 可能であれば電話やチャット、メールなどで済ませてもらうよう相談することもおすすめ。

転職エージェントも適切なアドバイスをするためには、より深いヒアリングを行う必要があります。

そのため、相談をしてアドバイスを貰うことが前提であれば、ある程度まとまった時間をとる前提で利用を検討しましょう。

時間が取れない場合は転職エージェントのメリットを活かしきれないため、可能であればなるべくまとまった時間を取るようにしましょう。

転職相談する前にしておくべきこと

TODOリストを書く人

転職相談をする前に、何をしておくべきなのでしょうか。相談前にしておくべきことは以下のとおりです。

転職相談する前にしておくべきこと
  • 悩みを言語化する
  • 転職先で譲れない条件を明確にする
  • キャリアの棚卸しを行う
  • 本当に転職すべきか再考する

悩みを言語化する

転職相談前に、悩みを言語化することからはじめましょう。悩みがあいまいなままだと、何を相談すればいいのか分からなくなってしまいます。

 悩みを言語化する際、頭の中だけで考えるのではなく、紙に書きだす方法がおすすめです。

思考が整理されて、何に悩んでいるのか分かりやすくなります。

また、悩みに対して深掘りするのも重要です。例えば、「仕事にやりがいを見いだせない」なら、「なぜ仕事にやりがいがないのか?」考えましょう。

深掘りしていくうちに、現在抱えている悩みの根本的な原因が明らかになりますよ。

転職先で譲れない条件を明確にする

会議中の人

転職先で譲れない条件を明確にするのも、転職相談前に明確にしておきましょう。

 特に、ハローワークや転職エージェントへ転職相談したいと考えている人におすすめです。

譲れない条件を整理しておくと、求人探しがスムーズに進みます。

 譲れない条件のイメージが湧きにくい場合は、「絶対にやりたくないこと」を意識して考えるとよいでしょう。

例えば、「朝が苦手だから早起きはしたくない」「1人で黙々と作業したくない」など、些細なことでもいいのでやりたくないことを考えます。

やりたくないことが明確になれば、自然と譲れない条件が見つかりますよ。

キャリアの棚卸しを行う

転職相談をする前に、キャリアの棚卸しを行うのもおすすめです。キャリアの棚卸しとは、これまでの業務と身につけてきたスキルを整理する方法を指します。

 例えば、営業職で働いていた場合、これまでの業務に「顧客との商談」・身につけてきたスキルを「プレゼンテーションスキル」と整理します。

キャリアの棚卸しをしていくと、得意な業務・苦手な業務が把握しやすくなるでしょう。得意な業務のなかから、自身の強みを見出せます。

自分の強みがまだわからない人は、時間をかけてキャリアの棚卸しをしてみてください。

本当に転職すべきか再考する

パソコンを見て考える男性

本当に転職すべきか考え直すことも重要です。働いている人なら誰しも一度は、「仕事を辞めたい」と考えるでしょう。

 「仕事を辞めて転職したい」という気持ちが一過性のものなのか、すぐにでも転職活動を始めたほうがいいのか慎重に吟味しなければなりません。

本当に転職すべきなのか再考する際、「今辞めて後悔しないか?」をとことん考える必要があります。

後悔する要素がほとんどなければ、迷わず転職活動をスタートさせましょう。

転職相談もできる!おすすめの転職エージェント3選

転職エージェントは企業紹介をしてくれるサポートをイメージする方も多いでしょう。

実際には、企業の紹介をする前に、転職について入念なカウンセリングを行って、自分の強みやアピールポイントを探してくれたり、転職するべきかの相談にも乗ってくれます。

ここからは転職を明確に意識していない方でも、転職のプロに相談するできる転職エージェントを紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 業界でもトップクラスの非公開求人数!
  • 全国どの地域に住んでいても利用可能!
  • 模擬面接など、選考対策も手厚い!
  • 完全無料
リクルートエージェントは16万件以上※1の非公開求人を持つ転職エージェントです。

 非公開求人は公開すると応募が殺到してしまうような好条件求人である場合がほとんどです。
自分のアピールポイントや、どのような仕事がわからない、といった場合でもキャリアアドバイザーとの面談を通して、自分にぴったりの求人を見つけることができます。

応募書類の添削や、面接の対策も受けることができます。
企業の分析も細かく行っているため、求人を紹介する段階から、企業について詳しく教えてもらえます。入社後のミスマッチを防ぐことができますよ。
運営会社 株式会社リクルートキャリア
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 職務経歴書エディター
  • 面接力向上セミナー
  • 担当者面談
公開求人数 114,943件※2021年6月10日時点
拠点 全国対応可 東京/西東京/宇都宮/さいたま/千葉/横浜/京都/大阪/神戸/名古屋/静岡/北海道/東北/岡山/広島/福岡

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • アドバイザーや担当者の対応がよく、親身に相談に乗ってくれる!
  • 各企業の情報を分析し、手厚い選考対策で内定率UP!
  • 経歴に自信がない方でも正社員転職が目指せる!
  • 全国の転職に対応!WEB面談も可能
  • 完全無料
マイナビエージェントはアドバイザーの質の評価が高い転職エージェントです。

ハードルが高く感じる面談も非常にスムーズで、信頼できる担当者に出会えたという利用者の声が多数あります。 また、大手企業であるマイナビの太いパイプを生かした各企業の分析は選考対策の際に役立ちます。
 マイナビエージェントはスキルや経験が少ない20代の転職をメインターゲットとしていますので、スキルに自信がなくても正社員として転職できる可能性は大いにあります。
未経験業種への転職を目指している方や、転職に不安を抱えている方はぜひマイナビエージェントに登録をしましょう!
運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 履歴書添削サービス
  • 面接対策
  • サポート期間は無期限
公開求人数 28,152件※2021年8月17日時点
拠点 全国対応可 京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

ビズリーチ

ビズリーチ

おすすめポイント
  • 年収1,000万円以上の求人が3分の1を占める!
  • 優秀なヘッドハンターからアドバイスをもらえる!
  • ハイクラス求人多数!登録後は企業・ヘッドハンターからのスカウトを待つだけ
  • 優良企業と直接コンタクトを取ることも可能!
ビズリーチ年収1,000万円以上の求人が3分の1※2以上を占める転職エージェントです。

年収600万円以上の方に支持される転職サービスNo.1※1に輝いています。
ビズリーチでは「プラチナスカウト」というものがあり、一流のヘッドハンターがユーザーの情報を見てスカウトを送ります。スカウトが届くと、確実に面接へ進める仕組みです。

厳選された優秀なヘッドハンターが約4,600人在籍※2しているので、優良企業とのマッチングを待ちながら転職活動を行えるでしょう。 ※1 転職サービスに関する調査/調査会社:シード・プランニング/調査期間:2019年1月〜2月/調査対象:年収600万円以上で、転職意欲がある人 ※2参照 公式サイト
運営会社 株式会社ビズリーチ
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • タレント・ハイクラス会員制度
  • ヘッドハンター
  • スカウト
公開求人数 72,762件※2022年4月1日時点
拠点 東京/首都圏拠点(渋谷)/関西/名古屋/福岡
出典:公式サイト

よくある質問

おすすめの転職エージェントは?

リクルートエージェント、doda、マイナビエージェントなど大手転職エージェントがおすすめです。いずれも各業界に精通した専任アドバイザーが親身に相談に乗ってくれるので、転職に関する相談も安心して行えるでしょう。無料で利用できるため、ぜひチェックしてみてください。

転職相談は誰にすべき?

転職相談するのにおすすめの人は以下のとおりです。

・転職したOB・OG社員
・ハローワーク
・厚労省の「おしごとアドバイザー」
・社外の同業・同職種の人
・キャリアカウンセラー

また、転職エージェントに相談するのもおすすめです。転職のプロが丁寧に話を聞いてくれるだけでなく、客観的なアドバイスを得られるメリットがあります。
※「お仕事アドバイザー」は2022年3月31日にて終了となります。最終の相談受付は2022年3月15日です。

転職相談をしないほうがいい人は?

転職相談を避けたほうがいい人は下記を参考にしてみてください。

・現職の上司や同僚
・家族や恋人

現職の上司や同僚に相談すると、会社全体に広まってしまう場合があるので注意しましょう。予期せぬトラブルに発展する可能性もあります。意外にも、家族や恋人への転職相談はおすすめできません。なぜなら、客観的なアドバイスが得にくいからです。家族や恋人には、ある程度転職への意思が固まったタイミングで話すとよいでしょう。

転職相談の前にしておくべきことは?

転職相談の前にしておくべきことは以下のとおりです。

・悩みを言語化する
・転職先で譲れない条件を明確にする
・キャリアの棚卸しを行う
・本当に転職すべきか再考する

転職相談にありがちな悩みってなに?

転職相談にありがちな悩みは下記を参照してください。

・給料が上がらない
・残業・休日出勤が多い
・仕事にやりがいを見いだせない
・人間関係に悩んでいる
・転職準備を何からすればいいかわからない

転職サービスに登録するとどのようなメリットがある?

転職サービスに登録すると得られるメリットは以下のとおりです。

・転職のプロが相談にのってくれる
・非公開求人をあわせて紹介してくれる
・選考サポートを無料で受けられる

転職するか迷っていても転職エージェントに登録できる?

転職するか迷っていても、転職エージェントに登録できます。エージェントによるキャリア相談を受けて、転職への視野が広がる人もいるでしょう。転職エージェントに登録する前に、転職するか迷っている旨を伝えておくことをおすすめします。

転職活動はなにからはじめるべき?

転職活動は転職エージェントの登録からはじめるとよいでしょう。転職エージェントに登録すると、転職活動の進め方に関するアドバイスもしてくれます。ほとんどの転職エージェントは無料で利用できるため、気兼ねなく活用してみてください。きっと転職のプロが有益なアドバイスをしてくれます。

まとめ

今回は、転職相談におすすめの人や転職相談をする前にしておくべきことなどをご紹介しました。

転職相談したい人の悩みは多種多様です。そのため、様々な角度からアドバイスしてくれる人に相談するとよいでしょう。

もし転職活動の進め方に疑問が生じたら、転職エージェントの登録がおすすめです。転職のプロが丁寧にヒアリングしてくれるだけでなく、的確なアドバイスを得られます。

ぜひこの記事を参考にしながら、信頼できる人に転職相談してみてください。転職相談をして、あなたの転職活動を成功させましょう!

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事