no4-9_ゴールドマンサックス 年収
転職

ゴールドマンサックスの平均年収は?年代別・職種別に大公開!

この記事はPRを含みます
本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品のご紹介が含まれます。本記事を経由しサービスのお申し込みや商品のご購入をした場合、サービスや商品の提供元の企業様より報酬を受け取る場合がございます。

ゴールドマンサックスは高学歴の社員が集まる大手企業として知られています。

世界的にも知名度の高い企業なので、社員の年収や給料体系が気になる方も多いのではないでしょうか。

中には、高い年収や待遇の良さに魅力を感じて、ゴールドマンサックスに転職したいと考える方もいるかもしれません。

そこで今回は以下の項目について徹底解説していきます。

この記事でわかること
  • ゴールドマンサックスの年収
  • 役職・職種別年収
  • ゴールドマンサックスに転職する方法
  • ハイクラス向けのおすすめ転職エージェント

ゴールドマンサックスの30代・40代の平均年収を先に示すと、以下のようになります。どちらも同年代の平均を3倍以上上回る年収です。

ゴールドマン・サックス平均年収

ゴールドマンサックスに転職を考えている方、ハイクラス企業への転職を検討している方はぜひ本記事を参考にしてみてくださいね。

外資金融への転職ならリクルートエージェント
リクルートエージェント

  • 業界最大級の求人数!非公開求人も満載
  • 外資系金融の求人も多数保有
  • 年収交渉の代行も実施!年収アップを目指せる
リクルートエージェントの基本情報
公開求人数※2024年1月時点365,610件
主なサービス内容
  • エージェントサービス
  • 職務経歴書エディター
  • 面接力向上セミナー
  • 担当者面談
利用可能地域全国
運営会社株式会社リクルート
転職ベストプラスのお約束
本コンテンツで紹介しているサービスは、厚生労働省委託事業の職業紹介優良事業者認定制度・一般財団法人 日本情報経済社会推進協会のプライバシーマーク制度のいずれかもしくは両者に参加しています。また、厚生労働省の有料職業紹介事業として許可を得ています。そして、コンテンツ内で紹介しているサービスの一部もしくは全てに広告が含まれております。ただし、広告が各サービスの評価に影響をもたらすことは一切ございません。当サイトは、読者の皆様が公正な評価や情報をもとに、より良い選択ができるよう尽力しております。本コンテンツは株式会社ONEが管理を行っております。転職エージェントおすすめランキングは、求人数の多さやサービスの使いやすさ(検索項目数)、対応可能エリア(拠点数)、利用実績、利用者の口コミなどを基準にし、独自に点数化にしております。詳しくは、転職ベストプラスの運営方針広告ポリシーをご確認ください。
広告ガイドライン
本記事では、不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)を参考に、景品類等の指定の告示の運用基準一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示のガイドラインに基づいた形式で広告を掲載しています。
本記事では、消費者庁アフィリエイト広告等に関する検討会報告書「アフィリエイト広告の意義」のガイドラインに基づいた形式で広告であることを明記しています。
各転職エージェントの評価は消費者庁景品表示法に基づき、公式サイトの情報・利用者の口コミや評判を元にランキング化しており、ユーザー方々がより良いサービス・商品を選べるよう尽力しています。

ゴールドマンサックスとは?基本情報を解説

ゴールドマンサックス

ゴールドマンサックスの本社はアメリカのニューヨークにあります。日本国内の拠点は東京都港区です。主な事業内容は以下の通りです。

主な事業内容
  • 投資銀行業務
  • 資産運用および証券に関するサービス

ゴールドマンサックスはアメリカで始まった歴史のある金融会社です。

 歴史が長く規模も大きいがゆえに、事業内容も多岐にわたります。

扱っている金融商品も株式や債券、通貨や不動産など幅広いのが特徴です。

全世界に与える影響度も大きいので、責任重大ですがやりがいのある仕事ができるでしょう。

ゴールドマンサックスの給料体系

ゴールドマンサックスは正確な年収は公開されていません。まずは、ゴールドマンサックスの年収を調べる上で基本となる給料体系を解説します。

Up or Outの考え方

Up or Outの考え方

外資系企業の多くが採用しているUp or Out」の考え方により、日本企業と比べると平均年収が高いことで知られています。

Up or Outとは、「Up=昇進」「Out=辞める」の二者択一の文化を指します。

結果を出した社員は昇進して高い給料が支払われるのに対し、いつまでも昇進できない社員は会社に居続けられないという厳しい環境を読み取ることができます。

給与体系は年俸制

給与体系は年俸制

ゴールドマンサックスでは、年俸制を採用しています。

 年俸制とは、あらかじめ年間の報酬が設定され、年間報酬を12カ月に分割して毎月の給料として支払われる制度です。
外資系証券会社やスポーツ業界など、労働時間を計りにくい業界で良く見られます。

年俸にボーナスが加算される

ゴールドマンサックスでは、年俸に加えてボーナスも支払われます

ボーナスの金額は、各社員の成績や将来性、会社の業績、経済事情などさまざまな要素が考慮されると考えられているため、金額を断言することはできません。

【年代別】ゴールドマンサックスの平均年収

ここからは、ゴールドマンサックスに勤める社員の年代別に年収を確認していきましょう。今回は、新卒初任給・30代・40代・50代それぞれの平均年収を紹介します。

なお、上記でも解説したようにゴールドマンサックスの年収は公開されていません。したがって、今回はキャリアピックスの情報を参考に紹介します。

ゴールドマンサックスの新卒初任給

ゴールドマンサックスの新卒初任給

新卒でゴールドマンサックスに入社した場合、基本的には3年程度はアナリスト職として働きます。入社1年目から3年目のアナリスト職の平均年収は、約900万円~約1,500万円だとされています。

 令和4年の厚労省のデータによると、初任給(大学卒)の平均は228,500円でした。

また、同年の金融業の初任給(大学卒)は223,800円であることから、ゴールドマンサックスの初任給がいかに高いかが分かるでしょう。

金融業界の平均と比較してもかなり高いので、新卒採用はかなりの激戦が予想されますね。

※厚生労働省「令和4年賃金構造基本統計調査 結果の概況

30代の平均年収

30代の平均年収

日本企業と違って年功序列制は採用されておらず、完全出来高制の年俸制となっています。よって、一人ひとりの差が大きくなりやすいと言えるでしょう。

 ゴールドマンサックスに勤める30代の平均年収は、約1,500万円~約2,000万円だとされています。

dodaの調査によると、30代の平均年収は435万円※3なので、同世代と比較してみても3倍以上多い給料が期待できるでしょう。

責任も重く重要な業務を任される機会も増えてくる年代ですが、その分のリターンはしっかりもらえるともいえるでしょう。

※3doda「平均年収ランキング2021年9月~2022年8月)」

40代の平均年収

40代の平均年収

40代になると、これまでのキャリアを生かして他社に転職したり、独立したりする方も増えてくる年代です。

 ゴールドマンサックスに勤める40代の平均年収は、約1,800万円~約2,500万円だとされています。

dodaの調査によると、40代の平均年収は495万円※3なので、30代と同様に同世代より3倍以上高額の給料が期待できると考えられます。

年俸のみにとらわれず、今後の人生やキャリアプランを考えていく時期でもありますね。

50代の平均年収

50代の平均年収

50代の平均年収は、約2,000万円~約2,500万円だとされています。

 ゴールドマンサックスの業務量はかなり多いので、50代まで成果を出し続けるには、能力だけでなく体力も必要です。

dodaの調査によると、50代以降の平均年収は596万円※3となっています。

30代・40代に比べると全体の平均年収も上がるとは言え、同年代のゴールドマンサックス社員と比較するとその差がよくお分かりいただけるでしょう。

何歳まで働くのか、どういった働き方が自分の理想なのかも考えていけると良いですね。

【職種別】ゴールドマンサックスの平均年収

ここからは、職種別にゴールドマンサックスの平均年収をご紹介します。

なお、上記でも解説したようにゴールドマンサックスの年収は公開されていないため、年齢別の平均年収と同じく、今回はキャリアピックスの情報を参考にしています。

ゴールドマンサックスの職種

ゴールドマンサックスには、主に以下の4つの職種があり、それぞれの仕事は「フロントオフィス」「バックオフィス」に分けられます。

ゴールドマンサックスの主な職種
  1. アナリスト
  2. アソシエイト
  3. ヴァイスプレジデント
  4. マネージング・ディレクター

フロントオフィスとは、投資銀行部門や営業部門のように会社の収益責任に関わる仕事を指します。

また、バックオフィスとは、データ管理や経理、コンプライアンス管理など事務を中心とした仕事を意味します。

①アナリストの平均年収

①アナリストの平均年収

アナリストは入社1年目から3年目の社員に該当します。職種別の平均年収は以下の通りです。

フロントオフィスバックオフィス
約800万円~約1,500万円約600万円~約900万円
上記でご紹介した大卒の初任給と比較しても、3倍以上の年収が見込めると考えられるでしょう。

②アソシエイトの平均年収

②アソシエイトの平均年収

アソシエイトは、入社4年目から6年目の社員に該当します。職種別の平均年収は以下の通りです。

フロントオフィスバックオフィス
約1,500万円〜約3,000万円約900万円〜約1,500万円
フロントオフィスは成果が目に見えて分かりやすいので、自分の実績が年収に反映されやすくなっていると考えられます。

③ヴァイスプレジデントの平均年収

③ヴァイスプレジデントの平均年収

ヴァイスプレシデントは、主に入社7年目以降の社員です。職種別の平均年収は以下の通りです。

フロントオフィスバックオフィス
約2,000万円~約1,500万円〜約2,500万円
ヴァイスプレジデントまではキャリア年数に応じて昇進できる可能性があります。

しかし、以下でご紹介するマネージング・ディレクターは、さらに実力が認められた社員でなければ上り詰めるのは難しいようです。

④マネージング・ディレクターの平均年収

④マネージング・ディレクターの平均年収

マネージング・ディレクターは実力に応じて役職につけます。職種別の平均年収は以下の通りです。

フロントオフィスバックオフィス
約5,000万円〜約数億円約3,000万円〜約5,000万円
年収も自分のスキルや実績に応じて変動するので、同じマネージング・ディレクターでも年収には幅があるようです。

ゴールドマンサックスに転職・就職する方法

ここからは、ゴールドマンサックスに勤めるための主な手段を紹介していきます。

主な手段
  1. 新卒採用
  2. キャリア採用

①新卒採用

①新卒採用

ゴールドマンサックスでは、新卒採用を行っています。

 ゴールドマンサックスに新卒で採用されるとなると、やはり高い学歴が必要になるでしょう。

一般的にゴールドマンサックスに勤める社員の出身大学は、以下のように難関大学が多いようです。

社員の出身大学例
  • 東京大学
  • 京都大学
  • 一橋大学
  • 早稲田大学
  • 慶應義塾大学
ただし、実際の採用基準は公開されていませんので、少しでも気になったら挑戦してみるのも良いでしょう。

②キャリア採用

②キャリア採用

ゴールドマンサックスではキャリア採用も行っています。

 キャリア採用は職種ごとの募集となっているので、まずは自分の希望職種が募集されているか確認しましょう。

中途採用の情報は、ゴールドマンサックスのグローバルサイトから確認できます。

グローバルサイトでは勤務エリアの指定や自分のスキルや経験を生かせる職種の検索も可能なため、ぜひチェックしてみてください。

年収アップを目指す方向け!年収査定を受けてみよう

自分の年収を上げたい...と感じている人はまず、自分がどれくらいの年収をもらう価値があるのか、適正年収を知る必要があります。

適正年収が自分の今の年収よりも高ければ、転職によって年収アップの可能性があるでしょう。

dodaの年収査定サービスでは、無料の会員登録だけですぐに年収査定の診断を受けることができます。doda会員の186万人のビッグデータから算出された数字なので、信頼感もあります。
dodaの年収査定でわかること
  • 今の年収から何円アップするか
  • あなたの適正年収の求人
  • 転職によって年収がどう推移するか

診断結果のサンプルは以下のようになっています。

年収査定

 

今の年収から何円アップするかは以下のように表示されます。dodaは転職サイト・エージェントの機能もありますので、そのまま転職を開始することもできますよ。
doda自分の市場価値を知ることは年収アップの近道になるでしょう。ぜひ年収査定を利用して、年収アップを達成しましょう。

【ハイクラス向け】おすすめ転職エージェント4選

最後に、ハイキャリア求人を多く取り扱っている転職エージェントをご紹介します。

リクルート
エージェント
ビズリーチ
JAC
リクルートメント
パソナキャリア
リクルートエージェント
ビズリーチ
JACリクルートメント
パソナ
公開求人数
428,460※
93,413※
15,147
35,726※
非公開求人数
319,958※
-
5万件以上※
対象年代
20代〜50代
30代〜50代
30代〜50代
20代〜50代
対応エリア
全国
全国
全国
全国
得意分野
総合求人
ハイクラス求人
外資系企業など
グローバル求人
総合求人
イチオシ機能
年収交渉の代行
企業やヘッドハンターからのスカウトサービス
グローバルネットワークを駆使した
海外転職事業
キャリアアドバイザーの親身なサポート体制

※ランキング根拠はこちらからご覧いただけます。
※当記事で紹介している転職サイト/エージェントの情報はこちらからご覧いただけます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 業界でもトップクラスの非公開求人数!
  • 全国どの地域に住んでいても利用可能!
  • 模擬面接など、選考対策も手厚い!
  • 完全無料

リクルートエージェントは26万件以上※1の非公開求人を持つ転職エージェントです。

 非公開求人は公開すると応募が殺到してしまうような好条件求人である場合がほとんどです。

自分のアピールポイントや、どのような仕事がわからない、といった場合でもキャリアアドバイザーとの面談を通して、自分にぴったりの求人を見つけることができます。

応募書類の添削や、面接の対策も受けることができます。
企業の分析も細かく行っているため、求人を紹介する段階から、企業について詳しく教えてもらえます。入社後のミスマッチを防ぐことができますよ。
運営会社株式会社リクルートキャリア
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 職務経歴書エディター
  • 面接力向上セミナー
  • 担当者面談
公開求人数425,780件※2024年1月時点
拠点

全国対応可

東京/西東京/宇都宮/さいたま/千葉/横浜/京都/大阪/神戸/名古屋/静岡/北海道/東北/岡山/広島/福岡

※出典:公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

おすすめポイント
  • 年収1,000万円以上の求人が3分の1を占める!
  • 優秀なヘッドハンターからアドバイスをもらえる!
  • ハイクラス求人多数!登録後は企業・ヘッドハンターからのスカウトを待つだけ
  • 優良企業と直接コンタクトを取ることも可能!

ビズリーチは年収1,000万円以上の求人が3分の1※2以上を占める転職エージェントです。

年収600万円以上の方に支持される転職サービスNo.1※2に輝いています。

ビズリーチでは「プラチナスカウト」というものがあり、一流のヘッドハンターがユーザーの情報を見てスカウトを送ります。スカウトが届くと、確実に面接へ進める仕組みです。

厳選された優秀なヘッドハンターが約4,600人在籍※2しているので、優良企業とのマッチングを待ちながら転職活動を行えるでしょう。

※1 参照 公式サイト
※2 転職サービスに関する調査/調査会社:シード・プランニング/調査期間:2019年1月〜2月/調査対象:年収600万円以上で、転職意欲がある人

運営会社株式会社ビズリーチ
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • タレント・ハイクラス会員制度
  • ヘッドハンター
  • スカウト
公開求人数約89,000件 ※2024年1月時点
拠点東京/首都圏拠点(渋谷)/関西/名古屋/福岡

出典:公式サイト

JACリクルートメント

JAC Recruitment

JACリクルートメントは、外資系企業をはじめとしたハイキャリア求人の取り扱いが多いサービスです。

各業界に精通しているヘッドハンターもいるので、自分のスキルや経験を生かした仕事探しにも向いています。

おすすめな方の特徴
  • 外資系企業で働きたい方
  • ヘッドハンティングを受けたい方
  • スキルや経験をいかせる職場を見つけたい方

外資系企業への転職希望者や、英語を活かして働きたい人を対象にした個別相談会も開催されています。

外資系企業で働きたい方はぜひ登録してみてはいかがでしょうか。
運営会社株式会社 ジェイエイシーリクルートメント
主なサービス
  • エージェントサービス
  • 求人検索
  • 転職ノウハウ
公開求人数※2024年1月時点12,045件
拠点

東京/埼玉/神奈川/愛知/静岡/大阪/京都/兵庫/広島

世界11ヵ国、34拠点)

出典:公式サイト

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、オリコンお客様満足度で4年連続No.1を獲得している転職エージェントです

金融業界をはじめ、さまざまな業界に精通した専任のキャリアアドバイザーが在籍しているため、外資系企業への転職についても気軽に相談できるでしょう。

おすすめな方の特徴
  • スキルや経験をいかせる職場を見つけたい方
  • 年収アップを狙っている方
  • 金融業界に詳しいアドバイザーに相談したい方

公式サイトでは、無料で年収診断・年収査定シミュレーションも利用できるため、今の年収が適正かどうかを知りたい方はぜひ試してみてください。

運営会社株式会社パソナ
主なサービス
  • エージェントサービス
  • スカウト
  • 転職ノウハウ
  • セミナー・相談会
公開求人数※2024年1月時点35,770件
拠点東京/北海道/愛知/大阪/神奈川/広島/福岡/静岡など全国47都道府県

出典:公式サイト

よくある質問

おすすめの転職エージェントは?
外資系企業の求人取り扱いが多いJACリクルートメント、ハイキャリア職へのヘッドハンティングが多いビズリーチ、利用者の満足度が高いパソナキャリアなどがおすすめです。求人の質にこだわって利用サービスを選ぶのが良いでしょう。
年代別ゴールドマンサックスの平均年収は?
ゴールドマンサックスでは年収を公開していないため正確な年収は分かりませんが、新卒入社では約900万円~1,500万円程度です。
また、30代は約1,500万円~約2,000万円、40代は約1,800万円~約2,500万円、50代は約2,000万円~約2,500万円が目安だと言われています。
職種別ゴールドマンサックスの平均年収は?
ゴールドマンサックスでは年収を公開していないため正確な年収を断言することはできませんが、アナリストは約600万円~約1,500万円、アソシエイトは約900万円~約3,000万円が目安です。
また、さらにキャリアを積んだヴァイスプレジデントは約1,500万円以上、マネージング・ディレクターは約3,000万円以上だと言われています。
ゴールドマンサックスの年収の仕組みは?
ゴールドマンサックスでは、年俸制を採用しています。個人の成績や将来性、会社の業績、経済事情に応じてボーナスが支払われることもあります。
ゴールドマンサックスに勤務する方法は?
新卒採用・中途採用が主な方法です。新卒採用は、毎年約50名から100名程度の採用があるようですが、応募者も多いのでかなり激戦であると予想されます。キャリア採用は募集職種とご自身のスキルや経験がマッチしているかが重要になります。
ゴールドマンサックスに転職するコツは?
転職エージェントを上手く活用しましょう。これまでの経歴やスキルによっては、非公開求人を紹介されたり、ヘッドハンターからスカウトされたりする可能性もあります。
ゴールドマンサックスに転職するときの注意点は?
面接は落ち着いた雰囲気で行われるので、論理的な受け答えを意識してみてください。また、入社後の仕事はかなり激務なので、年収が高くても自分に向いているかどうかをよく考えた方が良いでしょう。

まとめ

今回は、ゴールドマンサックスの年収について解説しました。ゴールドマンサックスは非上場企業のため年収が公開されていません

したがって正確な年収を知ることは難しいですが、ネット上の情報によると同世代の平均年収と比較して高い給料が期待できると言えるでしょう。

また、ゴールドマンサックスなどの外資系企業には「Up or Out」の考え方があるため、実力に応じて年収が上がりやすい傾向にあります。

外資系企業に興味のある方は、ハイキャリアや外資系求人を多く扱う転職エージェントを活用し、希望に合った求人を探してみてください。

 

執筆者 転職ベストプラス編集部
『転職ベストプラス』では、ユーザーの「仕事」を軸に、「転職」「就職」「退職」「資格」の関するあらゆる情報を発信する比較メディアです。
『転職ベストプラス』では、新しい仕事へ踏み出すで生まれる「不安」に対して、さまざまな情報を発信し、ひとりひとりにとって最良な選択を手助けする情報を提供するために、最新で有益なコンテンツ制作を日々行っています。
※詳しくはコンテンツポリシーをご覧ください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。