優秀な社員が辞める兆候とは?退職を見抜く質問、対策について

求人広告代理店事業TOP > 求人広告活用ノウハウ > 優秀な社員が辞める兆候とは?退職を見抜く質問、対策について

求人広告活用ノウハウ

優秀な社員が辞める兆候とは?退職を見抜く質問、対策について

  • シェア
  • ツイート
  • G+ Share
  • はてなブックマーク

採用難の昨今、費用と労力を投じて新たな人材を採用しても、既存の社員が辞めてしまい、人材が充足しないという悩みを良く耳にします。しかも、辞めていくのはなぜか優秀な社員ばかりで、業績にも影響が出てしまうという事も。

なぜ、優秀な社員ばかり辞めてしまうのでしょうか。今回は、優秀な社員が会社を辞めてしまう際の兆候から、退職者を見抜く質問、優秀な社員を辞めさせない為の対策について紹介します。

【1】優秀な社員ほど会社を辞めてしまう理由

「優秀な社員ほど辞めていく」
「辞めて欲しくない人に限って辞めてしまう」

というのは、業界や会社規模に限らずよく耳にする話です。
なぜ、優秀な社員ほど会社を辞めてしまうのでしょうか。

理由①成長の機会を求めて離職する

優秀な社員ほど、自身のキャリアについてよく考えています。
また、終身雇用の崩壊や、転職に対する意識の変化もあり、社内でのキャリア形成だけではなく、社外に出た場合のキャリア形成についても考慮しています。

その結果、最も転職しやすい”ある程度、実績を残したところ”で次のステップへ転職をしてしまい、会社側からすると、また優秀な社員が辞めてしまったと感じてしまうのです。

理由②評価に不満がある

会社組織において”優秀”と言われる人物は、当然、他の方よりも優れた成果を残しているはずです。
しかし、年功序列の慣習が残っていたり、正当な評価制度がない組織の場合、

『自分よりも明らかに劣っている人が、年上という理由で出世した』
『ライバルの○○さんよりも、2倍以上売上を上げているのに、給料はほとんど変わらない』

といった、理不尽は評価に遭遇することは珍しくありません。優秀な人物であれば、
だったら、正当な評価をしてくれる会社にいくまで
と会社を辞めしまうのです。

理由③仕事内容に飽きてしまう

周囲よりも優れた成果を残す人物というのは、他のメンバーよりも努力をしていたり、もともと適正があるなど、その仕事の習熟度が早く上げられる人でもあります。

習熟度が高くなるのに比例して、仕事から得られる刺激は減少
その結果、他のメンバーよりも早く仕事に飽きてしまうのです。

そして、新しいフィールドを求めて、離職してしまいます。

理由④業務量に不満を感じる

例えば、いつも同じ時間に帰る二人がいたときに、要領の良いAさんは10個のタスクを担当し、要領が良くないBさんは5個しかタスクを担当していない、というような状況があった時、公平な評価を行えるでしょうか。

おそらく、ほとんどの企業はそこまで管理、評価できていないと思います。

優秀な社員と言われる方は、要領良く仕事をこなして行きます。
その結果、他の社員よりも多くの仕事を任される事になり、『自分だけたくさんの業務をこなしている…』という不満につながってしまうのです。

理由⑤会社のビジョンや方向性に魅力を感じなくなった

入社して間もない頃や、若手の時は、目の前の業務に夢中で、会社のビジョンを意識する場面も多くはありません。

しかし、実績を残し周囲からも優秀と認められるようになった頃には、この会社で「どうなって行くべきか」というような事も考えるようになります。

このような場面で、
会社のビジョンや方向性に違和感を感じたり、そもそも、共感できないと判断した場合
優秀な社員は退職を考え始めてしまいます。

優秀な社員が辞める兆候とは? 退職を見抜く質問、対策について

【2】【要注意】退職の兆候15選

突然のように思える退職の告白も、そこに至るまでに様々な兆候があります。

ここでは、引き留めができるレベルから、引き留め不能なレベルまで3段階にわけて兆候を紹介しています。
思い当たる人物がいる場合、あてはまる兆候はないか思い出しながら確認してみてください。

危険度:低引き留め可能なレベル

退職に至るまでには、退職するべきか、続けるべきかと悩んでいる期間が少なからずあるはずです。
そんな、自分の進退について悩んでいる時の兆候について紹介します。

・仲の良い同僚と、頻繁にランチや食事に行っている
退職を検討している方は、心許せる同僚などに相談を始めます。
「最近、あの人、よく二人でランチに出かけているな…」といった変化がある場合、職場や仕事の愚痴や相談を聞いてもらっているのかもしれません。
・周囲から「○○さん大丈夫かな?」「辞めそうじゃない」といった噂が出始める
悩んでいたり、不満を感じていると、少なからず表情や振る舞いに変化が出始めます。
具体的に「コレ」というものが無くても、ちょっとした雰囲気の変化を察知した周囲のメンバーから「もしかして、○○さん辞めるんじゃない?」といった噂が出始めます。
・期末、年度末等の節目を境に雰囲気が変わった
期末や年度末といった節目は、昇進、昇給、転勤など様々な変化がおきます。
そして、その変化が自身のキャリアを考えるきっかけになります。節目を迎えて雰囲気が変わったという場合、転職も視野に入れて今後について考えている可能性があります。
・愚痴や不満を漏らすことが増えた
職場や同僚、上司の前で愚痴や不満を漏らすというのは、ストレスが限界に来て、投げやりになっている証拠かもしれません。
優秀な人物であれば愚痴や不満をいう事で、自分の評価に影響が出たり、周りの空気に悪影響を与える事は分かっています。それでも、ネガティブな発言をするというのは、相応の理由があるはずです。
・逆に、愚痴や不満を口にしなくなった
普段、強気で愚痴や不満を口にするタイプの人が、そういった発言をしなくなるというのも、兆候の可能性があります。”辞める気がない”からこそ言えていた愚痴や不満も、退職を意識しだした途端、言いづらいものになってしまいます。
危険度:中引き留めが難しくなってくるレベル

悩んでいた自分の進退について結論が出始め、具体的に「退職」を意識し始めると、引き留めも簡単では無くなってきます。
ここでは、引き留めの難しくなってくる時期の兆候について紹介します。

・髪を切るなど、いつも以上に身だしなみを整えている
具体的に退職を考え始めると、転職エージェントや転職サイトへ登録して、情報を集めます。そうなると、証明写真の撮影や面談に行く必要があるので、身だしなみを整え始めます。
・同僚や上司との飲み会に参加しなくなった
退職を意識し始めると、飲み会などの”付き合い”を避けるようになります。
それは、不用意に親しくすると、情が湧き辞めづらいからです。飲み会だけでは無く、会社での雑談などに参加しなくなったというのも、退職の兆候です。
・なんとなく、よそよそしい
「何が変わったとは言えないけど、なんとなく、よそよそしい気がする」
このような経験は誰にでもあるはずです。退職しようと考えている人は、悟られまいと平然を装いますが、表情が不自然だったり、声のトーンが違ったりと、よそよそしい態度になっていきます。
・数週間の内に、1回以上、会社を休んだ(半休、早退も含む)
会社を休んだり早退したりするのは、それ相応の理由があります。
適切な手続きを踏んだ休みであれば、それ以上問い詰める事はできませんが、面接に行くために休んだ可能性もあります。1回程度の休みだけでは、疑いの域を出ませんが、他の兆候を勘案して様子をうかがう必要がありそうです。
・いつもより、帰社時間が早くなっている
退職をする前は、転職活動の準備の為、気持ちが入らないといった理由から帰社時間が早くなる傾向があります。これまでより、退職時間が早くなったという場合、退職を検討している可能性は十分考えられます。
危険度:高引き留め不可能なレベル

ここまで来てしまうともう引き留めは不可能なレベルという兆候について紹介します。

・数週間の内に、2回以上、会社を休んだ(半休、早退も含む)
数週間の内に、2回以上、不自然に会社を休んだという場合は、既に転職活動がかなり進んでいる可能性があります。
体調不良や家庭の事情など、転職活動とは関係のない理由であることもあります。
しかし、これが転職活動による休みだった場合、引き留めはかなり難しいでしょう。
・目がよく合うor全く目をあわさない
貴方が上司の立場だった場合、何か言いたげな雰囲気で目が良く合う。反対に、不自然なまでに目が合わないというケースも、転職活動が進み、退職の告白をするタイミングをうかがっているのかもしれません。
・なんとなく、表情が明るくなった気がする
転職活動を行っている方は、転職先の目途がつくと、その悩みからも解放され表情が明るくなるものです。なんとなく、表情が明るくなり、解放感のようなものが漂っていたら、もう手遅れかもしれません。
・「お話したいことがあります」と言われた
ここまでくると、もう手の施しようがありません。
部下から「お話したいことがあります」と言われたら十中八九、退職の話しです。
最近では、メールやチャット等で、「実は、お話したいことがあるので、お時間頂けないでしょうか」と前置きするケースが一般的になっているようです。
・「退職したい」と打ち明けられた
すでに「退職したい」と打ち明けられたのであれば、あきらめるのも1つの選択です。
「退職しないでほしい」と引き留められるのはうれしい事ではありますが、一度、退職したいと口にした以上、残っても居心地が悪くなるのは本人が一番良く分かっているはずです。
退職したいと打ち明けられた後の、引き留め成功率は1割未満と言われています。

優秀な社員が辞める兆候とは? 退職を見抜く質問、対策について

【3】退職予備軍を見抜く方法

退職者を減らす為には、まず、退職予備軍に気づく必要があります。
しかし、「退職を考えていますか?」と直接聞いても、おそらく本音は教えてくれませんので何か別の方法で質問をする必要があります。
では、どのような質問をすれば、退職者に気が付くことができるのでしょうか?
それは「最近、仕事はどう?」という質問です。一見、日常会話でも使いそうなこの言葉が、退職者に気が付く為には最も効果があります。

効果的な「最近、仕事はどう?」の使い方

退職者を見抜く為には、できるだけ腹を割った話しができる状況を作る必要があります。
また、上司と部下の関係であれば「何か困ったことがあれば力になるよ」というスタンスも必要です。
このような関係性の上で「最近、仕事はどう?」と質問をすれば、正直に悩みや不満、考えている事を打ち明けてくれる可能性が高まります。また、悩みや不満を直接口にせずとも、不満や悩みを抱えていれば雰囲気で感じ取ることもできるはずです。

退職者を見抜く為には、日頃の信頼関係が重要

前述のように、質問や日常会話によって退職予備軍を見抜く事は可能ですが、日頃からの「信頼関係」が重要であることは言うまでもありません。

日頃からある程度の信頼関係があれば、何かあった時に、相手から相談がくるかもしれません。そこまででは無くとも、一声掛ければ、『実は…』と退職を考えている事を打ち明けてくれるかもしれません。もし、辞められたら困るという優秀な人物がいる場合、話やすい雰囲気を作り、本音を引き出せるように接してみましょう。

優秀な社員が辞める兆候とは? 退職を見抜く質問、対策について

【4】優秀な社員を辞めさせない為の対策

エン・ジャパンが行った『退職を考え始めたきっかけを教えてください』というアンケートによると、

▶ 700万人を超える求職者に選ばれる!転職サイト『エン転職』

8,600名に聞いた「退職のきっかけ」調査。

参考:エン・ジャパン『8,600名に聞いた「退職のきっかけ」調査。

以上のような結果になりました。

この結果をみると、『給与が低かった』、『残業・休日出勤など拘束時間が長かった』、『待遇(福利厚生など)が悪かった』など、すぐに改善することが難しいような内容もあります。
一方で、『やりがい・達成感を感じない』、『人間関係が悪かった』、『自分の成長が留まった・成長感がない』、『社風や風土が合わなかった』など周囲の行動次第で、改善できそうな項目も多数あります

例えば、『やりがい・達成感を感じない』という点については、日頃からコミュニケーションをしっかりと取り、どのような時にやりがいや達成感を感じる人物なのかという傾向を掴んでいれば”退職”という意思が固まるまでに対策を打てるかもしれません。
また、人間関係についても、人間関係の改善につながるイベントの立案、意見交換を行うようなMTGの実施といった対策を講じる事もできるのではないでしょうか。

このように、退職につながる原因をすべて排除する事はできなくとも、日頃からのコミュニケーションで改善できる部分はあるはずです。
離職率の高さや、優秀な社員の離職で悩んでいるという方は、上記のような点に着目し、対策を行ってみてはいかがでしょうか

入社前からできるミスマッチ対策

ミスマッチという言葉をご存知でしょうか。
採用におけるミスマッチとは、採用の前段階で既に『企業』、『応募者』の間に、認識のズレや勘違いが生じており、それが原因で早期離職が発生するような状態を指します。

なぜミスマッチが発生するのかというと、主な原因は、求人原稿に記載する情報や、面接で応募者に伝える情報にあります。

実は、ミスマッチの原因になるのは、ちょっとしたウソや何気ない一言であることが多いです。例えば、面接で『社内はどのような雰囲気ですか?』と質問された時、なんとなく『仲よいですよ。和気あいあいとしている雰囲気です。』と答えたとします。

社内の雰囲気や人間関係の話しは、面接官側もあまり深く考えずに答えることも多いのではないでしょうか。しかし、社内の雰囲気を聞いた真意は『前職が人間関係悪かったから、新しい職場では人間関係が良いところを選ぼう』と思っていたとするとどうでしょう。

入社後、応募者の期待する雰囲気では無かった時『面接でウソをつかれた』、『こんな雰囲気と知っていたらそもそも入社しなかったのに』という不信感が生まれ、それがきっかけで離職につながってしまうかもしれません。

面接だけでは無く、求人広告に記載する情報も同様です。
採用難が続く昨今、とにかく応募数を集めるために、事実と異なる事を記載してしまいがちです。しかし、重要な事は事実をしっかり伝えながら、応募を獲得する方法です。

関連記事:応募が来ない原因と対策

そのためには、企業の良い部分と悪い部分はしっかりと分析し、ターゲットに響くキャッチコピー、文章、写真作り、1つの求人原稿に落とし込まなければいけません。
これには、求人広告の知識はもちろんの事、業界知識、求職者理解といった様々な技術や知識が必要になります。

株式会社ONEでは、全国10,000社以上の採用支援実績があり、業界・業種問わず多数の採用実績があります。
優秀な社員の離職や、ミスマッチにお悩みの方はまずは、お気軽に問い合わせください。

関連ページ

求人募集の方法とメリット・デメリット
押さえておくべき7つの求人募集方法と人材募集成功の秘訣

応募が来ない原因と対策
求人募集しているのに応募が来ない3つの原因と対策

その他、今日から使える採用ノウハウやあらゆるお悩みが解決できるコンテンツをご用意しています。ぜひご参考にしていただければと思います。

面接官必見!面接で使える50の質問集