チャンスはいつ?中途採用に最適な時期

求人広告代理店事業TOP > 求人広告活用ノウハウ > チャンスはいつ?中途採用に最適な時期

求人広告活用ノウハウ

チャンスはいつ?中途採用に最適な時期

  • シェア
  • ツイート
  • G+ Share
  • はてなブックマーク

必要なときに必要な人材を採用できる中途採用。新卒採用のように「毎年4月」とゴールが決まっていない分、採用活動を始めるならいつがベストなのか悩んでしまうケースもあると思います。

売り手市場と言われる中途採用市場。だからこそ最適な時期を選んで採用活動に臨みたいものです。

 その採用の時期選定に欠かせないのが、中途採用の採用市場や求職者の動きを理解すること。
中途採用の年間トレンドを掴んで、効率の良い採用戦略を立てましょう!

【1】中途採用の年間トレンドは?

新卒採用と異なり、通年行われる中途採用。実は、企業や求職者の動きに波があることを知っていましたか?
ここではトレンドの背景と採用企業の動き、求職者の動きをご紹介します。

まずは求人サイトの求人掲載件数推移をまとめた下記の図をご覧ください。企業の中途採用活動が活発になる時期は求人掲載件数が伸びる1~2月 、6月、10月になります。一般的には中途採用には2~3ヵ月程度の時間がかかります。そのため、人事異動の時期や退職者が増える時期の数ヵ月前から企業の採用活動が活発になるのが主な傾向です。

求人広告掲載件数推移

1-1.採用市場が最も活発になるのは1~2月
求職者の動き

企業、求職者ともに動き中途採用市場が最も活発になるのが1~2月。3月の年度末で現在の仕事に区切りをつけ、4月から新しい職場に移ろうと考える人たちが積極的に転職活動を行うようになります。

企業の動き

3月を決算月とする企業が多く、年度初めの4月から人員を増強したり、新組織としてスタートするために採用を行う企業が多くなります。前述の通り3月末で従業員が退職する動きもあるため、その欠員補充として採用活動を行う場合も多々あります。
また、4月になると新卒社員が一斉に入社し人事担当が研修などで忙しくなるため、中途採用は3月末までに終わらせようと1~2月に動く場合もあります。

1-2.夏採用の6月
求職者の動き

7月に夏の賞与をもらってから次の職場に移ろうと考える求職者が転職活動を始めるのが6月。賞与支給後の8月頃入社をゴールとしているため、このタイミングから求人に応募し始めます。

企業の動き

6月から転職活動を始める求職者にあわせて企業が採用活動を行うのが6月の「夏採用」。年度初めの慌ただしさが落ち着き、新卒入社社員の研修も終わる6月というタイミングも中途採用に適しています。6月の夏採用は7月頃まで続きますが、8月に入ると夏季休暇やお盆の時期が重なるため、採用市場は少し落ち着きます。

1-3.下半期に向けた人員補充を行う9~10月
求職者の動き

4~9月までの上半期で仕事に区切りをつけ、10月からの下半期から新しい職場に移ろうという求職者が転職活動を行う時期です。1~2月同様、期の変わり目は人の動きが激しくなる傾向があります。
転職希望者は多くなる一方、企業の求人件数は1~2月程伸びないため、転職希望者と求人件数のバランスが良いのが9~10月の「秋採用」と呼ばれる時期の特徴です。

企業の動き

8月に一旦落ち着く中途採用市場ですが、秋になるとまた活性化していきます。
10月から下半期スタートとなる企業では人事異動などにあわせて求人をかけるようになります。年末の12月で退職する従業員もでてくるため、欠員募集のための求人も必要です。
10月になると新卒採用も落ち着いてくるため、新卒・中途採用のどちらも行っている企業にとって動きやすい時期になります。

チャンスはいつ?中途採用に最適な時期 TOPへ

【2】それぞれのタイミングにあわせた採用戦略

中途採用の年間トレンドはわかったけれど、実際に採用するならベストな時期はいつ?と疑問をお持ちのご担当者様も多いと思います。
果たして採用市場が活況な時期に採用を行うのが最適なのでしょうか。
タイミングによって考慮すべき点が変わる中途採用。それぞれの時期のメリット・デメリットを理解して採用戦略を練ると良いでしょう。

2-1.採用市場が活発な時期を狙う場合
メリット ・転職活動を行っている求職者が多く、多くの母集団の中から人材を採用できる。
・採用市場が活発な時期は年末や年度末などと重なるため、入社のタイミング調整がしやすい。
デメリット ・求人件数が多く、求人広告に掲載しても他社の求人広告に埋もれてしまうデメリットがある。
・競合他社も採用活動を行っている可能性が高く、内定辞退に繋がるリスクが高まる。

この時期に採用活動を行う最大のメリットは「多くの母集団の中から人材を採用できる」こと。一方で企業の求人が多くなるため、自社の求人が他社求人に埋もれてしまわないように注意が必要です。

具体的には

  • ①求人広告の上位企画に掲載し目立つようにする
  • ②スカウトメールなど求める人材にピンポイントでアプローチできるツールを使用する
  • ③面接では必ず応募者の他社選考状況を確認し、入社してほしいと思う人材にはしっかり自社の魅力をアピールする

などの工夫・努力が求められます。

2-2.採用市場が閑散な時期を狙う場合
メリット ・採用活動を行う競合他社が少ない。
・普段は忙しく働く優秀な人材が、GWや夏季休暇などの長期休暇を利用して転職活動を行っている。
デメリット ・転職活動を行っている求職者が少ないため、母集団形成で苦戦しがち。
・長期休暇と重なる時期が多く、採用担当者も休みを取るため採用の準備や選考が滞りやすい。

4~5月や8月などは転職活動を行う求職者も少ないため、応募数が減ることは覚悟した上で採用活動に臨む必要があります。
一方で普段は忙しく働く優秀な人材が長期休暇を利用して転職活動を行っていることもあり、応募は少ないものの、良い人材に出会えるのもこの時期の特徴です。
また、新卒採用にも力を入れる大手企業は春から夏にかけて、新卒採用に注力しているため、中途採用は後回しにする傾向があります。大手企業のネームバリューに負けることなく採用活動を行えるのもメリットの1つでしょう。

夏季休暇などの長期休暇期間を設けている企業は採用担当者不在で、選考が進まない…という事態が起こらないように事前に周囲に協力を仰いだり、面接日程を調整したりするなどの対応が必要です。

チャンスはいつ?中途採用に最適な時期 TOPへ

【3】ゴールから逆算して計画!中途採用スケジュールの立て方

採用計画はゴールから逆算してスケジュールを立てましょう。中途採用を行う際に発生する主な業務と流れをご説明します。 各フェーズで注意したい点もご紹介するので参考にしてください!

3-1.求めるターゲットや募集要項を明確化する

まずはゴール(どのような人材を、いつ採用したいか)を決めるところから始めます。

  • ・採用人数
  • ・いつまでに採用したいか
  • ・必要な経験/スキルは?
  • ・どのような人物像が好ましいか?

採用ターゲットが明確になったら、いつ採用したいかのゴールから逆算して、母集団形成の時期、選考の時期を決めていきます。

3-2.求人広告(人材紹介)などを利用して母集団を形成する

求めるターゲットが明確になったら、求人広告や人材紹介などを利用して母集団形成を行います。採用目標人数が多い場合は、母集団形成がしやすい1-2月、大手企業と競合しない時期に採用活動をしたい場合は8月など自社の採用戦略にあわせて母集団形成の時期を選ぶと良いでしょう。
欠員募集や人事異動の関係で、採用のゴールが決まっている場合は、目標の入社日の2~3ヵ月前を目安に母集団形成を始めるとスムーズです。
中途採用の母集団形成の方法は「基礎からわかる中途採用のイロハ」でご紹介しているので、参考にしてください。

3-3.書類選考、面接

母集団形成の途中から並行して、選考を行います。応募者対応はスピードが命です。「先に内定が出た他社」に人材を奪われないように、なるべく早め早めの対応を心がけましょう。
長期休暇と重なるタイミングでの採用活動ではどうしても対応が遅くなってしまうこともあると思います。応募のお礼メールや面接のお礼メールなどに一言付け加え、求職者の不安を払拭するような気遣いが求められます。

3-4.内定・入社

内定を出したからもう安心、というわけには行きません。前述した通り、競合他社も同時期に採用活動を行っている場合、求職者は複数内定を持っている可能性があります。内定後はすぐに面談日を設け、入社意志の確認、入社日の調整を行うようにしましょう。

チャンスはいつ?中途採用に最適な時期 TOPへ


いかがでしたでしょうか?採用の目的や時期によって採用で気を付けるポイントは変わるので、状況に応じて柔軟に採用計画を練るようにしましょう。
中途採用のを行うのが初めてという方はあわせて「基礎からわかる中途採用のイロハ」もご覧ください。
時期選定や、具体的な採用計画のプランニングまで、求人に関するご質問・ご相談がありましたら、求人広告代理店ONEにお気軽にご相談ください。

チャンスはいつ?中途採用に最適な時期 TOPへ

関連ページ

求人募集の方法とメリット・デメリット
押さえておくべき7つの求人募集方法と人材募集成功の秘訣

応募が来ない原因と対策
求人募集しているのに応募が来ない3つの原因と対策

その他、今日から使える採用ノウハウやあらゆるお悩みが解決できるコンテンツをご用意しています。ぜひご参考にしていただければと思います。

チャンスはいつ?中途採用に最適な時期 TOPへ