無料のスマホアプリで勤怠管理ができる!?おすすめの勤怠管理アプリをご紹介!

求人広告代理店事業TOP > 勤怠管理システム > 無料のスマホアプリで勤怠管理ができる!?おすすめの勤怠管理アプリをご紹介!

無料のスマホアプリで勤怠管理ができる!?おすすめの勤怠管理アプリをご紹介!

  • シェア
  • ツイート

法律により、従業員の勤怠管理は義務づけられていますが、その管理方法は企業によって様々です。

勤怠管理にお金を掛けられない企業の場合、タイムカードや紙で管理しているケースも多いでしょうが、手動での勤怠管理にはリスクがあるためおすすめしません。

この記事では、手動で勤怠管理を行う危険性や無料の勤怠管理アプリについてご紹介いたします。

【1】手動で勤怠管理を行う危険性

タイムカードでの勤怠管理は、初期費用も安く手軽に導入できることから、今でも多くの企業で利用されています。

タイムカードの勤怠管理は、

  • タイムレコーダーに自分のタイムカードを挿入し、出退勤を打刻
  • 全従業員のタイムカードを集計
  • 月ごとの勤務時間をまとめて給料計算

といった形式が一般的ですが、手動だと様々なリスクがあります。

では、手動の勤怠管理を行うとどういった危険性が潜んでいるのか見ていきましょう。

1-1ヒューマンエラーが発生する

タイムカードの場合、従業員の打刻した出退勤時刻を手作業でExcelなどに転記するため、入力ミスが発生する可能性があります。

正確な給料を支払うには、出退勤の時刻はもちろん、休日出勤の有無や時間帯、残業時間数など、様々な情報が必要です。

そのため、何か一つでも入力を誤ってしまうと、従業員に正しい給料が支払われません。

そもそも、従業員によって基本給や手当は異なりますし、残業代の計算は非常に複雑なので、手動で管理するとミスが起こりやすいです。

悪意がなかったとしても、ヒューマンエラーによって人件費が増大したり、従業員から訴訟を起こされたりする可能性も考えられます。

1-2不正や改ざんのリスクがある

タイムカードを厳重に管理している事業所はほとんどなく、「タイムレコードの横に従業員それぞれのタイムカードを設置している」ケースが大半でしょう。

誰でも簡単にタイムカードを手にできる環境下では、

  • 同僚に打刻させる
  • 打刻せずに退勤し、実際の退勤時刻よりも遅い時刻を手書きで記入する

といった、不正打刻や改ざんが発生するリスクが高まります。

また、直行直帰の場合、タイムカードでは管理できません。従業員からの申告となるため、簡単に不正ができてしまいます。

1-3働き改革に対応できていない

働き方改革関連法で「年次有給休暇の義務化」や「時間外労働の上限規制」が定められているため、従業員ごとの有給休暇取得状況や残業時間を正確に把握する必要があります。

しかし、タイムカードの場合、従業員の勤怠状況をリアルタイムで把握することはできません。

そのため、上限規制をオーバーして働いている従業員がいても、締め日以降にならないと気づけず、結果的に法律違反をしてしまう可能性も考えられます。

年次有給休暇の義務化や時間外労働の上限規制を遵守できなかった場合、罰則を科される可能性もあるため、手動での勤怠管理はリスキーな手法と言えるでしょう。

無料のスマホアプリで勤怠管理ができる!?おすすめの勤怠管理アプリをご紹介! TOPへ

【2】無料で使える勤怠管理アプリ6選

タイムカードやExcelによる手動の勤怠管理には様々なリスクがあり、従業員の数が多くなるほど労務管理担当者の負担は大きくなります。

ここでは、できる限りコストを抑えたい企業向けに、無料で使える勤怠管理アプリをご紹介いたします。

2-1TIME CARD(タイムカード)

TIME CARD(タイムカード)

スマレジが提供しているクラウド勤怠管理で、iPhoneやiPad、各種PCから打刻可能です。

従業員30名までなら「スタンダードプラン」を無料で利用できます。
※31名以上は月110円/人

スタンダードプランは、勤怠管理機能のみのシンプルなプランですが、

  • パスコード
  • 写真撮影
  • 位置情報(GPS)

の不正防止機能を利用できます。

打刻時に撮影された写真を確認すれば、従業員の体調面を把握することも可能でしょう。

有料プランであれば、給与計算や年末調整、シフト管理、労務アラートなどの豊富な機能を利用できます。

TIME CARD(タイムカード)のアプリダウンロードこちら
2-2タイムカード

タイムカード

タイムカードは、無料で利用できる勤怠管理・給料計算アプリです。

出退勤時に出勤ボタンや退勤ボタンを押すだけなので、手間が掛かりません。

月ごとの勤怠状況が確認できるだけでなく、8時間を超えて働いたときや深夜労働を行ったときの計算も自動で行われます。

そのため、従業員の自己管理用としても利用できるでしょう。

タイムカードのダウンロードはこちら
2-3勤務ろぐFree

勤務ろぐFree

勤務ろぐは、無料の勤怠管理アプリです。

出社・退社のボタンを押すだけで勤務状況を登録できます。

勤務時間パターンで、

  • 基本就業時間
  • 残業時間
  • 深夜業時間
  • 休憩時間

などを入力すれば、勤務時間の自動算出も可能なため、シフト制で働く人にもおすすめです。

また、欠勤・有給・代休の消化数の管理もできます。

勤務ろぐのアプリダウンロードはこちら
2-4タイムシート - IS - 出退勤管‪理

タイムシート - IS - 出退勤管‪理

タイムシートは、多言語対応可能な勤怠管理アプリです。

あらかじめ、定時・休憩時間を設定しておけば、あとは出勤時に出社ボタン、退勤時に退社ボタンを押すだけで、就業時間や残業時間が一目で分かります。

メール機能も利用できるため、管理者への報告も簡単です。

また、タイムシートには日ごとのメモ機能も搭載されているので、電車遅延などの特記事項を記録しておけます。

タイムシート - IS - 出退勤管‪理のアプリダウンロードはこちら
2-5FastWorkLogプラス - タイムカードと勤怠管‪理

FastWorkLogプラス - タイムカードと勤怠管‪理

FastWorkLogプラスは、勤務時間や給与計算機能が搭載された勤怠管理アプリです。

出勤・退勤の時刻登録や給与の自動計算、勤務表、作業報告書などを、簡単に管理することができます。

メール機能も搭載されているため、締め日に勤怠情報を管理者へ報告することも可能です。

こちらもタイムシート同様、メモ機能付きなので、特記事項を残しておくことができます。

FastWorkLogプラス - タイムカードと勤怠管‪理のアプリダウンロードはこちら
2-6RedCardAp‪p

RedCardAp‪p

RedCardAp‪pは、タイムカード機能搭載の残業代計算アプリです。

ボタン一つで出勤・退勤の登録ができるのはもちろん、残業代のリアルタイム計算や年別の集計も行えます。

集計結果をPDF形式で添付して、メール送信することもできるため、管理者への報告も簡単です。

また、出退勤の打刻はAppleWatchでも行えます。

RedCardAp‪pのアプリダウンロードはこちら

無料のスマホアプリで勤怠管理ができる!?おすすめの勤怠管理アプリをご紹介! TOPへ

【3】KING OF TIMEなら月額300円から利用可能!

小規模な会社の場合、タイムカードや手書きで勤怠管理をしているケースも少なくありません。

しかし、タイムカードや手書きは、不正や改ざんが起こりやすく、集計作業をするまで労働時間を把握することができないため、勤怠管理方法としては不十分です。

また、こうした勤怠管理の集計には膨大な手間が掛かりますし、転記ミスなどのヒューマンエラーも発生する可能性があるため、かえってコストが高くなることもあります。

ご紹介したような無料アプリで管理するのも一つの手ですが、有給休暇取得状況やリアルタイムでの労働時間把握は難しいです。

よって、可能であれば有料の勤怠管理システムを使った方がいいでしょう。

そこでおすすめなのが、勤怠管理クラウドシステムのKING OF TIMEです。

勤怠管理クラウドシステム

KING OF TIME』なら、30日間の無料トライアルで全機能を利用できます。「トライアル中の環境 = 本利用の環境」となるため、導入後のギャップを感じません。

さらに、KING OF TIMEは、初期費用・固定基本料金なし「人数×300円/月」で即日スタートできる安心価格です。

余計な費用を払わずにすむため、費用を掛けられない小規模企業にも安心してご利用いただけます。

KING OF TIMEの機能は、

  • 勤怠打刻(生体認証・ICカード・チャット打刻・PC・モバイル 他)
  • スケジュール作成・シフト管理
  • 休暇管理機能
  • アラート機能(長時間労働や打刻エラーなどの勤怠異常時)
  • 申請承認機能(打刻修正・有給申請など)
  • 帳票出力
  • 各種給与ソフトとの連携
  • リアルタイムの勤務状況確認

など、勤怠管理に必要な機能が豊富に搭載されています。

なお、KING OF TIMEは、働き方改革関連法に沿った勤怠管理も可能です。

初期費用0円!導入後は使った分だけ300円

KING OF TIME(キングオブタイム)なら、勤怠管理にかかる手間やコストの大幅な削減が可能です。

勤怠管理クラウドシステム

無料トライアルは「無料トライアルのお問い合わせフォーム」からお申し込みいただけます。

勤怠管理システムや、その他の勤怠管理方法などに関するお悩みがございましたら、お気軽にONE(東京・大阪・名古屋)までご相談ください。

無料のスマホアプリで勤怠管理ができる!?おすすめの勤怠管理アプリをご紹介! TOPへ

関連ページ

Excel(エクセル)を使って無料で勤怠管理をする方法とは?
Excel(エクセル)のテンプレートを使った無料で勤怠管理をする方法をご紹介

タイムカードの改ざん・不正打刻は違法!防止方法を紹介
タイムカードによる勤怠管理で発生しやすい改ざんや不正打刻問題の防止方法についてご紹介